Mit der Aufquellung des Zellleibs stellt sich die Zellfunktion ein, und infolge dessen tritt der Apparat allmahlich in den Hintergrund, um endlich gan

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

131.

611.37

膽 汁 鬱 滯 ニ依 ル 膵 臟 ノ組 織 學 的 變 化 ニ就 テ

1. 特 ニ 「ラ」氏 島Golgi氏 装 置 ノ 變 化 ニ 就 テ

岡山醫科 大學解 剖學敎室(指 導上坂名譽敎授)

[昭 和7年4月6日 受 稿]

Aus dem Anatomischen

Institut

der Med.

Universitat

Okayama

(Leiter: Emeritus-Prof.

Dr. K. Kosaka).

Uber eine histologische Veranderung des Pankreas,

die durch die Gallenstauung hervorgerufen wird.

(Besonders uber die Veranderung des Golgischen Apparates

der Langerhanschen Inseln).

Von

Yoshiro

Tate.

Eingegangen am 6. April 1932.

Der Verfasser unterband bei Kaninchen den Ductus choledochus, um einen kunst

lichen Ikterus auftreten zu lassen. Er totete die Tiere am 2., 4., 6., 8., und 11. Tage nach

der Operation, und untersuchte ihre Pankreaszellen, besonders den Golgischen Apparat

der Inselzellen.

24 Stunden nach Operation erweist der Apparat noch keine nennenswerte Ver

anderung.

Am 4. Tage nach Operation ist der Apparat etwas deutlich entwickelt.

Spater aber, zerfallt der Apparat in Kornchen.

Am 11. Tage nach Operation sieht man

als seinen Rest nur staubchenartige Kornchen oder gar nichts. Der Leib der Inselzellen

selbst quellt desto mehr auf, je langer die Zeit nach Operation vergeht.

Der oben erwahnte Befund ist darauf zuruckzufubren, dass der Bestandteil der

Gallensaft, besonders die Gallensaure infolge der Unterbindung des Ductus choledochs

im Blut stagniert.

Dass der Golgische Apparat anfangs sich entwickelt, beruht

wahrscheinlich auf dem Cholesterin, welches als ein Bestandteil der Gallensaure im

Blut allmahlich sich vermehrt.

(2)

Mit der Aufquellung

des Zellleibs

stellt sich die Zellfunktion

ein, und

infolge

dessen

tritt

der

Apparat

allmahlich

in den

Hintergrund,

um endlich

ganz zu

verschwinden.

Die Aufquellung

der Zellen wird, wie ich glaube, dadurch

verursacht,

dass das

Eiweiss der Zellen um der Gallensaure willen aufquillt, indem die Letztere

das Wasser

in sich zieht.

(Kurze Inhaltsangabe).

1. 緖 論 2.  文 獻 3.  實 驗 材 料 竝 ニ實 驗 方 法 4.  實 驗 成 績 a)  一 般 所 見 b)  鏡 檢 所 見 5.  總 括 竝 ニ考 按 6.  結 論 1. 緖 論

Mann及

ビMagath氏

ノ犬 ニ於 ケ ル肝 臟 全摘 出 ノ實驗 ニ據 レバ最 モ著 明 ナ ル現象 トシテハ血

糖 量 ノ低 下 ヲ來 シ次 デ腦 症 状 ヲ惹 起 シ,死 ノ轉 歸 ヲ トル ト.他 方 ニ於 テ膽 汁 ガ種 々 ノ原 因 ニ依

リテ 腸 内 排 泄 ヲ阻 害 セ ラ レタル 場 合 ニ ハ膽 汁 ハ血 液 中 ニ移 行 シ黄 疸 ヲ發 シ,膽 汁酸 ガ血 球 ヲ溶

解 ス ル程 度 ニ達 ス レバ所 謂 膽 毒 症(Cholamie)ヲ

起 シ,皮 膚,粘 膜 ノ黄 染,脉

〓 ノ緩 徐,血 壓

下 降,血 糖 量 ノ低 下 竝 ニ腦 症 状 及 ビ昏 睡 状 態 ヲ來 ス事 ハ周 知 ノ事 實 ナ リ.

然 レ共 此 場 合 血 糖 ト重 大 ナル 關 係 ヲ有 ス ル膵臟 「ラ」氏 島 ノ組 織 學 的 變 化 ニ就 テ ハ未 ダ詳 細 ナ

ル 記 載 ヲ 見 ズ,又 從 來 膽 汁鬱 滯 ニ依 ル諸種 臟 器 ノ組職 學 的 變 化 ヲ檢 セ ン爲 メ輸 膽 管 結紮 試 驗 ノ

行 ハ レタ ル モ ノ少 カ ラズ ト雖 モ此 際 ニ於 ケル膵 臟 ノ組 織 學 的變 化 ニ就 テ ノ檢 索 ハ稍 々等 閑 ニ附

セ ラ レタ ル カ ノ如 キ感 ア リ.

尚 ホ膵 臟 「ラ」氏 島 ト甲 状腺 トハ 含水 炭 素新 陳 代 謝 ニ對 シ互 ニ頡 頏 作 用 ヲ有 シ,「 ラ」氏 島 ハ之

ヲ抑 制 セ シメ,甲 状 腺 ハ之 ヲ促 進 セ シム ル 事 實 ハ, Loland, Falta u. Bertell,山 田氏 等 ノ報 告 ニ

依 リテ モ明 カ ナ ル所 ニ シテ膽 汁 鬱 滯 ニ ヨル 甲 状腺 ノ組 識 學 的變 化 ニ關 シテ ハ,土 井, Hurthle,

Muller等

ノ諸 氏 ハ犬 ニ就 キ又Blumreich,

Yacoby氏

等 ハ家 兎 ニ就 キ實 驗 シ何 レモ同腺 ノ分 泌

機 能 ガ亢 進 セル ヲ認 メタ リ.之 ヲ以 テ 見 レバ 含 水 炭 素新 陳 代謝 上甲 状 腺 ニ對 シ互 ニ頡 頏 作 用 ヲ

有 スル膵 臟 「ラ」

氏 島 ガ膽 汁 鬱 滯 ノ際 如何 ナ ル組 織 學 的 變化 ヲ呈 ス ルヤ ハ特 ニ興 味 アル 事 トス.

是 レ余 ノ本 實 驗 ヲ企 テ シ所 以 ナ リ.

2.

上 陳 ノ如 ク輸 膽 管 結 紮 ヲ行 ヒ 人 工 的 ニ黄 疸 ヲ起 サ シ メ,種 々臟 器 ノ組 織學 的 檢 索 ヲ行 ヘ ル業 績 ハ 比 較 的 多 キ モ,膵 臟 ニ關 ス ルモ ノハ 余 ノ渉 獵 範 圍 内 ニ之 ヲ見 ズ,殊 ニ血 糖 ト重 大 ナ ル 關 係 ヲ有 ス ル膵 臟「ラ」

(3)

氏島 ニ 就 テ ノ報 告,就 中 同 島 細 胞 ノGolgi氏 装 置 ノ 變 化 ニ就 テ ノ報 告 ハ大 森 氏 ガ 甲 状腺 摘 出後 及 ビ葡 萄 糖 注 射 後 ニ之 ヲ檢 セ シ外 殆 ド絶 無 ナ ル ガ如 シ. 最 近 我敎 室 ノ柏 木 氏(1930)ハ 家兎 ニ 於 テ 輸 膽 管 結 紮 手 術 ヲ行 ヒ,又 一 方 ニ膽 汁竝 ニ「ヒ ヨ ー ル」酸 ヲ注 射 シテ 心 筋 繊 維 ノ組 織 學 的 檢 索 ヲ行 ヒ タ ル ニ,程 度 ニ差 異 ア ル モ何 レ モ 心 筋 繊 維 ハ 太 サ ヲ增 シ,核 モ多 少 膨 脹 シ殊 ニ肉 漿 ガ水 分 ヲ取 テ 膨 脹 ス ル事 ヲ認 メ, 岡 田 氏(1931)ハ 同 ジ ク家 兎 ニ於 テ 同 一 實 驗 ノ下 ニ諸 種神 經 細 胞 ノNissl氏 小 體 竝 ニGolgi氏 装 置 ノ形 態 的 變 化 ヲ追 及 シ タル ニNissl氏 小 體 ハ 塵 埃 状 崩潰 ニ 陷 リ或 ハ 融 解 シ細 胞 體 ハ 膨 脹 シ,核 モ亦 透 明 度 ヲ減 ジGolgi氏 装 置 ハ 術 後 ノ經 過 日數 ニ比 例 シテ 漸 次 消 失 シ,後 ニハ 只 幽 微 ナ ル痕 跡 ヲ殘 ス ニ至 ル ト報 告 セ リ. 新 島氏(日 本 微 生 物 學 會 雜 誌)ノ 輸 膽 管 ヲ結 紮 セ シ 家 兎 竝 ニ家 鷄 ニ於 テ 肝 臟 ノ組 織 學 的 檢 索 ニ依 レ バ一 定 時 日 ノ後 ニハ 肝 臟 組 織 ニ 小葉 間 結 締 組 織 ノ增殖 ヲ 認 メ タ リ. Hurthle (1894)ハ 輸 膽 管 ヲ結 紮 シタ ル犬 ニ就 キ 甲 状 腺 ヲ檢 セ シ ニ,分 泌 機 能 亢 進 ノ像 ヲ認 メ,之 ヲ循 環 血 中 ニ混 ゼ ル 膽 汁 ノ刺 戟 ニ依 ル モ ノ トセ リ.次 デ Bozzi (1895)ハ 此 成 績 ヲ否 認 セ シモMuller (1896) ハ 同 一 實 驗 ヲ犬 及 ビ猫 ニ施 シ,猫 ニ ア リテ ハ 何 等 特 記 スベ キ變 化 ヲ認 メザ リシ モ犬 ニ於 テ ハ 甲 状 腺 肥 大 ニ加 ル ニ臚 胞 内 容增 加 シ恰 モ膠 樣 性 甲 状 腺腫 ノ像 ヲ 呈 ス ル ヲ認 メ其 原 因 ヲHurthle氏 ト同 ジク 循 環 血 中 ノ膽 汁 ノ刺 戟 ニ依 ル モ ノ トセ リ. Blumreich u. Yacoby (1896)ハ 甲 状 腺 截 除 術 ヲ施 シ タル 家 兎 ヲ剖 檢 セ シ ニ,多 ク ノ場 合 ニ於 テ膽 汁 分 泌 ハ增 進 シ,膽 嚢 ハ 其 内容 充 盈 ノ爲 ニ著 シ ク緊 張 セ ル ヲ見,膽 汁 鬱 滯 ハ 甲 状腺 機 能 ニ一 定 ノ影 響 ヲ及 ボ ス モ ノ ニシテ 相 互 ノ間 ニ密 接 ナ ル關 係 ア ル モ ノ トセ リ. 以上 ノ報 告 例 ヲ通 覽 スル ニ膽 汁 鬱 滯 ハ常 ニ甲 状 腺 ニ 一定 ノ影 響 ヲ及 ボ シ其 分泌 機能 ヲ亢進 セ シム ル事 疑 ナ キ ガ如 シ. 然 ラバ 甲 状腺 ト一 定 ノ關 係 ア ル 膵 臟「ラ」氏 島 ハ 膽 汁 鬱 滯 ノ際如 何 ナ ル變 化 ヲ起 ス ヤ ハ 興 味 ア ル 問題 ナ リトス.

3. 實驗材料竝ニ實驗方法

實 驗材 料 ハ 總 テ 同一 條 件 ノ下 ニ一 定 期 間 豆 腐 粕 ニ テ飼 養 セ シ健康 ナ ル2000g内 外 ノ白色 雄性 家兎 ヲ使 用 セ リ.其 總 數27頭 ナ ル モ 内15頭 ハ所 定 ノ時 日内 ニ 斃 死 セ シガ故 ニ之 ヲ除 外 セ リ. 元 來家 兎 ニ於 ケ ル輸 膽 管 結 紮 ハ頗 ル危 險 ノ モ ノ ニ シテ,種 々 ノ文 獻 ヲ見 ル ニ,多 クハ5-6日 以 上 ハ 生 存 セ ズ ト云 フ.糟 谷 氏 ノ記 載 ヲ見 ル ニ,Landau氏 ハ 5-6日 以 上生 存 セ ズ トシ,Gerhardt氏 ハ36例 中 半 數 ハ3日 以 内 ニ死 ス ト云 ヘ リ.余 ノ實 驗 例 ニ徴 スル モ 1週 間 以 上 生 存 シ得 タル モ ノハ僅 々6頭 ニ ス ギズ. 手 術 ハ 早 朝 空 腹 時 ニ 於 テ 胃 ノ 空 虚 ナ ル 時 ヲ 選 ビ 背 位 ニ 固 定 シ 無 麻 醉 ニ テ 正 中 線 ニ 於 テ 開 腹 シ,輸 膽 管 ヲ 十 二 指 腸 開 口 部 直 前 ト夫 レ ヨ リ可 及 的 上 方 ニ 於 テ 二 重 ニ 結 紮 シ其 間 ヲ 切 除 セ リ.是 レ單 ニ 結 紮 シ 切 斷 ス ル ト キ ハ 其 兩 斷 部 癒 合 シ漸 次 膽 汁 流 通 ス ル 事 ア レ バ ナ リ.術 後2日,4日,6日,8日 ,11日 目 ニ 於 テ 各2-3頭 宛 ヲ 空 氣 栓 塞 ニ テ 殺 シ,可 及 的 速 ニ 膵 臟 ヲ 採 リ一 部 ハCajal氏 ノUransilber-methodeニ 依 リ Golgi氏 装 置 ヲ檢 シ,一 部 ハ10%Formalinニ テ 固 定 ノ 後Hamatoxylin-Eosin染 色 ヲ 行 ヘ リ.

4.  實

a)  一

107

(4)

術 後 動 物 ハ24時 間 以 内 ニ例 外 ナ ク黄 疸 ヲ發 シ食 慾 不 振,元 氣 阻 喪 トナ リ,多 クハ 術 後2-3日 ニ シテ 斃 死 セ リ.幸 ニ此 期 ヲ耐 ヘ得 タル モ ルハ一 時 元 氣 恢 復 シ食 慾 亦 稍 々亢 進 ス ル モ 間 モ ナ ク再 ビ元 氣 阻 喪 シ,食 慾 不 振 トナ リ,全 身 衰 弱 ハ 日 ト共 ニ著 明 トナ リ遂 ニ 沈鬱 状 態 トナ ル. 術 後10日 以 上 生 存 セ シモ ノハ 極 メテ 稀 ナ リ.體重 ハ 總 テ 減 少 ス.經 過 中 痙 攣 發 作 ヲ見 タル モ ノナ シ, 今,術 後 屠 殺 時 迄 ノ體 重 減少 ヲ表示 ス レバ 次 ノ如 シ. 各例 ハ2-3頭 宛 行 ヒ タル モ群 別 ニ シテ一 括 シテ 述 ブ.

b)  鏡

第1群  術 後2日 目 ニ致 死 セ シ メ シ モ ノ 剖 檢  眼 瞼 結 膜 淡 黄 ニ シテ,肝 臟 竝 ニ腹 腔諸 臟 器 黄 色 ヲ帶 ビ輸 膽 管 兩斷 端 結紮 部 ニ 輕 度 ノ纎 維 素 性 沈 着 ア リ,腸 竝 ニ其 周 圍 組 織 トノ癒 着 ナ シ,輸 膽 管 兩 斷 端 部 ハ完 全 ニ閉 鎖 セ リ,膽 嚢 ハ 中 等 度 ニ膨 滿 セ リ. 「ラ」氏島Golgi氏 装 置 ハ其 發育 平常 ノモ ノニ比 シ 大 差 ナ ク多 ク ハ互 ニ纒 絡 セ ル絲 状物 ノ集 團 トナ リテ 核 ヲ圍 繞 セ リ,尚 ホ 其他 核 ノ1側 ニア ル モ ノ,又 ハ 核 ノ兩 側 ニア ル モ ノ及 ビ核 ノ大 部分 ヲ圍 繞 ス ル モノ 等 種 々 ノ形 状 ヲ 呈 セ ル モ ノ ヲ 見 ル(Fig. 1). Fig 1. 第2群  術 後4日 目 ニ致 死 セ シ メ シ モ ノ 剖 檢  眼 瞼 結 膜 竝 ニ 口腔 粘 膜 著 シ ク黄 染 シ肝 臟 竝 ニ腹 腔諸 臟 器 復 高 度 ニ黄 染 セ リ.肝 臟 ハ其 組 織 脆 弱 ナ リ,輸 膽 管 兩 斷 端 部 ニ纎 維 素 性 沈 着 ア リテ 腸 竝 ニ 周 圍 組 織 ト輕度 ノ癒 着 アル モ結 紮 部 兩 斷 端 部 ハ完 全 ニ閉 鎖 セ リ.膽 嚢 ハ 著 シ ク膨 滿 ス. 「ラ」氏島 細 胞 體 ハ 稍 々 膨 大 シ,其Golgi氏 装 置 ハ 粗 大 ノ顆粒 及 ビ絲 状 物 ヨ リナ リ一 般 ニ著 シ ク發 育 シ 屡 々細 胞 體 内 ヲ充 填 セ ル ヲ見 ル(Fig. 2).

108

(5)

Fig. 2. 第3群  術 後6日 目 ニ致 死 セ シ メ シモ ノ 剖 檢  眼 瞼 結 膜 竝 ニ 口腔 粘 膜 強度 ニ黄 染 シ,肝 臟 竝 ニ腹 腔諸 臟 器 復 著 シ ク黄 色 ヲ帶 ブ,殊 ニ肝 臟 ハ組 織 脆 弱 ニ シテ 其 表 面 ニハ 大 小 種 々 ノ帶 黄 緑 色 ノ斑 點 ヲ見 ル.膽 嚢 及 ビ輸 膽 管 ハ著 シク擴 張 シ,暗 緑 色 ノ 内容 ヲ充 滿 セ リ.輸 膽 管 結 紮 部 兩斷 端 ニハ纎 維 素 性 沈 着 ア リテ周 圍 組 織 竝 ニ腸 ト癒 着 ア ル モ結 紮 部 ハ完 全 ニ閉 鎖 セ リ. 「ラ」氏 島 ノ細 胞 ハ前 例 ニ比 シテ 稍 々 著 シ ク 膨 大 シ,Golgi氏 装 置 ハ一 般 ニ發 育 稍 々微 弱 ニ シテ 少 數 ノ 粗 顆 粒 ヨ リナ ル 其 全 體 ハ 多 クハ核 ヲ基 底 トシテ1側 ニ延 ビ タル 長 三 角 形 ヲ呈 シ,又 ハ 舌 状 ヲ呈 セ リ. 然 レ共 又 原 形 質 内 ニ廣 ク 分 散 セ ル モ ノ モ之 ヲ見 ル (Fig. 3). Fig. 3. 第4群  術 後8日 目 ニ致 死 セ シ シ メモ ノ 剖檢 所 見 ハ 總 テ第3群 ノモ ノ ト同 ジ.但 シ肝 臟 ハ 稍 々硬 度 ヲ增 シ表 面 ノ色 澤 ハ寧 ロ黒 色 ニ近 シ,結 紮 部 兩 斷 端 ハ完 全 ニ閉 鎖 セ リラ.

(6)

「ラ」氏 島 細 胞 ハ一 層 著 シ ク膨 大 シ,Golgi氏 装 置 ハ 微 細 ノ顆 粒 ヨ リナ リ互 ニ集 合 シテ 多 ク ハ環 状 ニ核 ヲ圍 繞 セ リ,所 々 ニ核 ノ兩 側 ニ長 三 角 形 ニ延 ビ タル モ ノ ヲ 見 ル モ 其 ノ數 僅 少 ナ リ.Golgi氏 装 置 ノ發 育 ハ 概 シ テ 微 弱 ナ リ(Fig. 4). Fig. 4. 第5群  術 後11日 目 ニ致 死 セ シ メ シ モ ノ 剖 檢 所 見 ハ 總 テ 前 例 ト同 ジ.但 シ肝 臟 ハ 一 層 硬 度 ヲ增 セ リ,結 紮 部 兩 斷 端 ハ完 全 ニ閉 鎖 セ リ. 「ラ」氏 島 細胞 體 ハ 一 層 著 明 ニ膨 大 シ,且 島 ト實 質 トノ境 界 ハ 稍 々不 明 瞭 ナ リ. Golgi氏 装 置 ハ微 細 ノ顆 粒 ヨ リナ リ發 育 極 メ テ幽 微 ニ シテ 其 顆 粒 ハ 原 形 質 内 ニ僅 ニ塵 埃 状 ニ散 在 シ或 ハ 殆 ド存 在 セ ザ ル ニ到 ル(Eig. 5). Fig. 5.

(7)

5.  總 括 竝 ニ 考 按

以上 實 驗 例 ノ所 見 ヲ總 括 ス レバ 家 兎 ニ於 テ輸 膽 管 ヲ結 紮 シ人 工 的 ニ黄 疸 ヲ起 サ シ ム レバ膵 臟

「ラ」氏 島 細 胞 ノGolgi氏

装 置 ハ術 後4日

目位 ニ ハ著 明 ニ發 育 シ屡 々細 胞 體 中 ヲ充 填 セル ヲ見

ル.然

レ共 其 後 ハ發 育微 弱 トナ リ術 後6日

目 ニハ装 置 ハ比 較 的 少 數 ノ粗 顆 粒 トナ ツテ顯 ハ レ8

日 目 ニハ微 細 顆 粒 トナ リ,11日 目 ニハ 極 メ テ幽 微 トナ リ極 微 細 ナ ル塵 埃 状 ノ粒 子 ニ變 ジ或 ハ 全

ク消失 スル ニ至 ル.細 胞 體 自己 ハ術 後 ノ經 過 日數 ニ正 比 例 シテ漸 次 膨 大 ス ル傾 向 ア リ.

以 上 ノ所 見 ハ輸 膽 管 結 紮 ノ爲 メ ニ膽 汁鬱 滯 ヲ來 シ血 液 中 ニ混 ゼ ル膽 汁 ノ成 分 殊 ニ膽 汁 酸 ノ爲

メ起 ル モ ノ トス.

柏 木 氏 ニ據 レバ膽 汁 及 ビ膽 汁酸 ニ由 テ心筋 繊 維 ノ肉 漿 ハ大 ニ水 分 ヲ取 テ膨 脹 シ繊 維 内 ニ峰 窩

状 ノ空 洞 ガ形 成 セ ラル ル ニ至 ル ト.「 ラ」氏 島 ノ細 胞 モ膽 汁酸 ノ爲 メ同樣 ノ變 化 ヲ起 ス モ ノナ ラ

ン,是 レ同細 胞 ガ輸 膽 管結 紮 後 日 ヲ追 テ益 々膨 脹 スル所 以 ナ リ トス.同 細 胞 ノGolgi氏

装 置 ガ

最 初 一時 著 明 トナ ル ハ恐 ラク ハ血 中 ニ膽 汁 ノ一成 分 タ ルCholesterinガ

蓄 積 ス ル ニ ヨツ テ起 ル

現 象 ナ ラ ン.卵

トナ レバ 池 田 氏 ノ實 驗 ニ據 レバ卵 細 胞 内 ノGolgi氏

装 置 ハCholesterinノ

輸 入

ニ由 テ發 育 ス レバ ナ リ,然 レ共 細 胞 ガ膨 脹 スル ト共 ニ 漸 次 装 置 ハ崩 潰 シ終 ニ不 明 トナ ル ニ至 ル

モ ノ トス.

6.  結 論 1.  家 兎 ニ於 テ輸 膽 管 結 紮 ヲ施 ス トキ ハ 術 後24時 間 以 内 ニ例 外 ナ ク 黄 疸 ヲ發 シ,食 慾 不 振, 元 氣 阻 喪 ヲ來 シ,全 身 衰 弱 ハ 日 ト共 ニ 加 ハ ル,10日 以 上 生 存 ス ル モ ノ ハ 極 メ テ稀 ナ リ. 2.  術 後 動 物 ヲ2日,4日,8日,11日 目 ニ 屠 殺 シ 膵 臟 「ラ 」氏 島 ノGolgi氏 装 置 ヲ檢 ス ル ニ 術 後 一 時 装 置 ハ 稍 々著 明 トナ ル モ 其 後 ハ 經 過 日 數 ニ 比 例 シテ 装 置 ハ 漸 次 崩 潰 シ先 ヅ粗 顆 粒 トナ リ後 ニ ハ 細 顆 粒 ニ變 ジ益 々 微 細 トナ リ終 ニ消 失 ス ル ニ至 ル モ ノ トス. 3.  「ラ 」氏 島 細 胞 ハ輸 膽 管 結 紮 後 漸 次 膨 大 ス.是 レ膽 汁 酸 ノ爲 メ 細 胞 内 蛋 白 質 ガ水 分 ヲ 敢 テ 膨 脹 ス ル ニ 基 ク モ ノ ナ ラ ン. 擱 筆 ス ル ニ際 シ終 始 御 懇 切 ナル御 指 導 ト御 校 閲 ノ勞 ヲ腸 リタル 恩 師 上坂敎 授 ニ衷 心 ヨ リ謝 意 ヲ捧 グ. 引 用 文 獻 ハ續 報 ニ於 テ 掲 グ. 111

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :