小学6年生 ・算数 の無料学習プリント速さ・道のり ②

全文

(1)

道のり

6年算数

(1) 時速80kmで走る自動車があります。 ①この自動車が2時間走り続けると、何km進むか求めなさい。 (式) (答え) ②この自動車が1時間30分走り続けると、何km進むか求めなさい。 (式) (答え) 速さ、道のり、時間 の関係について、さまざまな文章題をといてみよう。 (2) 時速130kmで走る電車があります。 ①この電車が3時間走り続けると、何km進むか求めなさい。 (式) (答え) ②この電車が1時間45分走り続けると、何km進むか求めなさい。 (式) (答え)

(2)

(3) 時速70kmで走る自動車があります。 ①この自動車が12分走り続けると、何km進むか求めなさい。 (式) (答え) ②この自動車が12分走り続けると何m進むか、①の答えを もとに求めなさい。 (式) (答え) (4) ショウは分速110mで30分走り続けました。サトシは分速100mで 35分走り続けました。どちらが何m多く走ったか求めなさい。 (式) (答え) (5) ショウは分速150mで20分走り続けました。サトシは分速120mで 30分走り続けました。どちらが何m多く走ったか求めなさい。 (式) (答え)

(3)

道のり

6年算数

(1) 時速80kmで走る自動車があります。 ①この自動車が2時間走り続けると、何km進むか求めなさい。 (式) (答え) ②この自動車が1時間30分走り続けると、何km進むか求めなさい。 (式) (答え) 速さ、道のり、時間 の関係について、さまざまな文章題をといてみよう。 (2) 時速130kmで走る電車があります。 ①この電車が3時間走り続けると、何km進むか求めなさい。 (式) (答え) ②この電車が1時間45分走り続けると、何km進むか求めなさい。 (式) (答え) 80km×2時間=160km 160km 1時間30分=1時間+(30分÷60分)=1.5時間 80km×1.5時間=120km 120km 130km×3時間=390km 390km 1時間45分=1時間+(45分÷60分)=1.75時間 130km×1.75時間=227.5km 227.5km 分を少数で時間にあらわす。 1時間=60分でわると少数で あらわすことができる。

(4)

(3) 時速70kmで走る自動車があります。 ①この自動車が12分走り続けると、何km進むか求めなさい。 (式) (答え) ②この自動車が12分走り続けると何m進むか、①の答えを もとに求めなさい。 (式) (答え) (4) ショウは分速110mで30分走り続けました。サトシは分速100mで 35分走り続けました。どちらが何m多く走ったか求めなさい。 (式) (答え) (5) ショウは分速150mで20分走り続けました。サトシは分速120mで 30分走り続けました。どちらが何m多く走ったか求めなさい。 (式) (答え) 12分÷60分=0.2時間 70km×0.2時間=14km 14km 14km×1000倍=14000m 14000m 110m×30分=3300m 100m×35分=3500m 3500-3300=200m サトシが200m多く走った 150m×20分=3000m 120m×30分=3600m 3600-3000=600m サトシが600m多く走った 分を少数で時間になおす。 1km=1000m

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP