ー ﹁ 山 高 み 川 と ほ し ろ し ﹂ の 系 譜 ー

Download (0)

Full text

(1)

第5号 34 奈 良 大 学 紀 要

日 本 の 風

見尿  

ー ﹁ 山 高 み 川 と ほ し ろ し ﹂ の 系 譜 ー

菅 木 村 紀 子

(一)

﹁ 山 高 み 川 と ほ し ろ し ﹂ と い う形 で ︑万 葉 集 に は 二 つ用例 を 残 す

 一だけの﹁とほしろし﹂という語は︑﹁ろ(呂)﹂の特殊仮名遣が乙類で⁝あり︑甲類の﹁ろ﹂で表記された﹁白し﹂﹁いちじうし﹂等とは同類

.と考えられないという橋本進吉博士の提言以降︑現行の多くの辞書・

注釈書類は︑おおむねこの線に沿った﹁雄大な・偉大な・広大な・大

一きい﹂といった解釈に落ちついている︒ただし︑これについては︑村山七郎氏の︑﹁とほしろし﹂の﹁と﹂の母音が乙類︑文献上は甲乙の

再 のな い ﹁ ほ ﹂ も 本 来 は 乙類 と み ら れ る と こ ろ か ら ︑﹁ と ほ ﹂ と U

[うし﹂とが結合して一語となれば︑その﹁ろ﹂の母音も乙に転化する

と考えられ︑﹁とほしろし﹂はやはり﹁遠顕(白)し﹂であるとする批

判がある︒なお︑村山氏は︑意味のうえでは︑﹁遠くまで輝りはえる一・遠くまで顕著である﹂という意味が﹁雄大である﹂という意味に変

}化したとし︑さらにそれは︑もともと﹁トホ(遠)﹂と﹁オホ(大)﹂

下 起 源 上 密 接 な か か わ り があ る と み ら れ つ・ こ と に由 来 す る と し てお ら

単 純 明 解 な

 コ

山 高 み

れ る

0

に対 し て ︑﹁ 川 と ほ し ろ し ﹂ の解 釈 が 江 戸 国 学 以来 さま ざ ま な 議 論 を 生 ん でい る の は ︑ 上 古 の用 例 が極 端 に少 な い

う え に 日本 書 紀 の ﹁ 大 小 之 魚 ﹂ の ﹁ 大 ﹂ ︑ 石 山寺 蔵 大 唐 西域 記 の ﹁ 人

骸 偉 大 ﹂ の ﹁ 偉 大 ﹂ に ﹁ ト ホ シ ロ シ ( ク ) ﹂ の訓 が残 る こと ︑ 中 古 の

和文 文 献 に は み え な い そ の語 が ︑﹁ 長 高 く遠 白 し ﹂ と いう 歌 論 の 重 要

な用 語 と し て 復 活 し てい る こと 等 に よ る だ ろ う ︒用 例 数 が限 ら れ て い

る う え に ︑ 川 ・ 魚 ・ 人 骸 ・ 歌 の象 徴 的 気 分 な ど ︑ およ そ何 の類 縁 性 も

な い と 思 え る 対 象 に︑ 他 に何 の限 定 詞 も な く述 語 と し て何 ら か の様 相

的 把 握 を 示 し ︑ し か も 現 代 は 死 語 で あ る と な れば ︑ 用 例 か ら 抽 き だ す

し か な い そ の意 味 は ︑ 結 局 普 遍妥 当 的 な も の にな ら ざ る を え な い ︒﹁ 偉

大 ﹂ と い い ﹁ 雄 大 ﹂ と い う も ︑ そ れ ら の概 念 を 包 括 でき る ↓ 語 の素 朴

な意 味 と な れば 結 局 は ﹁ 大 ﹂ であ る ︒ とす れば ︑ そ れは ﹁ 小 ﹂ を 意味

す る形 容 詞 に対 応 し ︑﹁ 高 し ・ 低 し ﹂﹁ 遠 し ・ 近 し ﹂ ﹁ 深 し ・浅 し ﹂ と

い っ た 反対 概念 を 明 確 にで き ︑対 象 限定 性 の弱 い︑ 素 朴 で基 本 的 な 属

性 把 握 の形 容 詞 の 類 に 入 る の が ふ つう であ る︒ し か し ﹁ と ほ し ろ し ﹂

は た だ ち に そ の類 の形 容 詞 で あ る と は思 い に く い︒

活 川 か ら み れば ﹁ と ほ し ろ し ﹂ は ク活 用 形 容 詞 であ る ︒ 万葉 集 の 二

例 は ど ち らも 終 止形 な の で そ れ だけ から は ク活 用 か シ ク活 川 か断 定 で

き な い が︑ 少 く とも 以後 の用 例 では 明 ら か に ク活 用 を し てい る ︒ と こ

*国 文 学 研究 室(1976年9月30受 理)

(2)

風 の

木 村:日 35

ろで︑ク活用形容詞の語幹は︑二音節を基本とし︑一音節三音節のも

のも若干あるが︑四音節以上になると︑何らかの転成・合成的要因に

よって成立しているものに限られてくる︒すなわち︑﹁あきらけし・

あざらけし・やすらけし﹂のような﹁けし﹂尾をもつもの︑﹁あづき

なし・おぎうなし・かたじけなし﹂のような﹁なし﹂尾をもつもの︑

﹁うら!わかし・ほのーぐらし・ありfがたし・いさぎーよし・おも

ーしろし・おとーだかし﹂のように明らかに二要素の合成になるもの

の三類に括られ︑それ以外︑四音節単独語根であるようなものは認め

られない︒そこで︑﹁とほしろし﹂もこの最後の類に入るとみられる

のだが︑﹁とーほしろし﹂﹁とほしーうし﹂という合成の切れ目を考え

ることは古代日本語として不可能であり︑切れ目があるなら当然﹁と

ほーしろし﹂ということになる︒そして︑村山氏も言われるように︑

少なくともその﹁とほ﹂は︑﹁とほざかる﹂﹁とほながし﹂﹁とほづま﹂

等の﹁とほ(遠)﹂と同様であるとのみかた以外はできないし︑また︑

﹁しろ﹂も︑﹁ろ﹂の音韻の問題が解決できるとすれば︑まずは﹁顕

(白)﹂ということになるだろう︒

ところで︑﹁とほ(遠)﹂を語頭にもつ語は︑﹁とほざかる・とほそく﹂

のような動詞︑﹁とほづま・とほと(音)・とほな(名)・とほひと・

とほやま﹂のような名詞︑﹁とほながし・とほどほし﹂のような形容

詞など︑いずれにしてもその﹁とほ(遠)﹂の意味をそのまま明らか

に生かして意味を形成している︒中古以降の文献になってはじめて出

てくる﹁とほあさ(浅)・とほぎき(聞)・とほかりがね(雁)・とほ

えん(縁)・とほよそ(余所)﹂等でも︑いずれも﹁とほ(遠)﹂の意

味が顕わであり︑その他たとえば日本国語大辞典(小学館)収載のど

の語をみても︑下接語と合体して﹁遠﹂の意味から転じた新たな意味

を展開しているものはみあたらない︒もともと下接語は︑﹁とほ﹂の

ク活 用 形 容 詞 語幹 的性 格 か ら し て ︑ま ず は名 詞︑ そし て動 詞 か ら 転 じ

た いわ ゆ る居 体 言 ︑お よ び若 干 の 動 詞 のま ま のも の であ り ︑ それ ら で

表 わ さ れ た対 象 概 念 に い わば 逆 述 語 的 な 意味 を も っ て ﹁ と ほ ﹂ が 冠 せ

ら れ て い る︒ そ れ は ︑﹁ と ほ ﹂ に 限 ら ず ︑ 同 様 な形 容 詞語 幹 を 語 頭 に

も つ語 の 一 般 的 な意 味 形 成 の あ り 方 であ る︒ し た が っ て︑ 名 詞 ・ 動 詞

に 比 べて よ り 抽 象 的 な形 容 詞 の 概 念 を ︑ そ のま ま で さ ら に別 の形 容 詞

で 限 定 す る よ う な こ と は ︑ 言 葉 の 根 ざ す 素 朴 な 日常 の直 観 の世 界 では

あ り に く く ︑ 下 接 語 に形 容 詞 が くる こと は 論 理 的 に も考 え が た い︒ ひ

と つの対 象 にか か わ っ て︑ 形 容 詞 的 判 断 を 重 ね よ う と す る場 合 ︑ し ょ

せ ん ﹁ 神 さ び て 高 く貴 き ﹂ ( 万 三 一 七) ﹁ 松 が 根 や 遠 く久 し き ﹂

( 同 四三 一 ) ﹁ た ま き は る 現 の限 り は 平 け く 安 くも あ ら む を ﹂

( 同 八 九七 ) 等 と ︑ 二 つの形 容 詞 的 把 握 の並 列 的 な 重 畳 に な ら ざ る

を え な い の であ る︒ 数 少 な い ク活 用 形 容 詞語 幹 を 重 ね た 例 であ る 現 代

語 の ﹁ 細 長 い﹂ ﹁ 甘 辛 い ﹂ な ど が︑ いさ さか 熟さ な い 形 であ る が ﹁ 長

細 い﹂ ﹁ 辛 甘 い ﹂ と 倒 置 でき る のも ︑ や はり ︑ 上 接 ・ 下 接 ど ち ら にも

意 味 の主 体 が片 よ らず ︑ 並 列 の関 係 で合 成 さ れ て い るか ら であ る ︒ 唯

一 の例 外 とも い え る ﹁ 薄 暗 い ・ 薄 汚 い ・薄 甘 い ・薄 鈍 い﹂ 等 ︑ 比 較 的 自

由 に ク活 用 形 容 詞 に接 頭 す る ﹁ う す t ﹂ は︑ 本 来 の ﹁ 薄 い﹂ と いう

形 容 詞 の 意味 か ら は や や ず れ た 副 詞 的 意 味 合 で 接 し て いる ︒ ﹁ と ほ し

ろ し ﹂ と の かか わ り で ぜひ 触 れ てお か ね ば な ら な い万 葉 集 だけ に み ら

れ る ﹁ と ほ な が し ﹂ にし ても ︑ ﹁ ふ じ の 嶺 の い や等 保 奈我 伎 山 路 を も ﹂

( 万 三一 二 五六) ﹁ 天 地 の い や遠 長 久 偲ひ ゆ か む ﹂ ( 同 一 九六)

﹁ は ふ 葛 の い や遠 永 よ う つ 世 に 絶 え じ と 思 ひ て ﹂( 同 四二三) と ︑

いず れ も 時 間 空 間 的 に ﹁ と お く な が い ﹂ の であ る︒ と く に時 間 的 な 意

味 合 の後 二例 な ど にお い て ︑﹁ い つ ま でも ・ とわ に﹂ と い っ た 熟し た

意 味 のよ う に感 じ ら れ る の は ︑ 我 々 に そ の語 に 対 す る リ ア ルな 語 感 が

(3)

第5号 36 奈 良 大 学 紀 要

ないために︑時間自体のすぐれて抽象的心理的なあり方からおのずと

導かれる意味にすぎない︒

以上のことから︑﹁とほしろし﹂の﹁とほ﹂が﹁遠﹂以外の語根要

素としては考えられないということとともに︑その意味は︑﹁しろし﹂

がク活用形容詞の﹁顕(白)し﹂であるなら︑﹁とおくしろい﹂とい

った並列的なあり方が︑﹁しろし﹂が﹁顕(白)し﹂とは別のもので

あるなら︑その﹁しろし﹂の意味を﹁遠﹂で限定するあり方が成立し

ているとみることができる︒ク活用の﹁顕(白)し﹂とは別の﹁しろ

し﹂については︑﹁遠白﹂という歌学書での用字︑﹁コムアヲニノウチ

水干二夏毛ノムカバキ︑マコトニトヲ白クテ﹂(愚管抄六)等からは

考えにくいのであるが︑さきにも述べたように万葉集の用例からは活

用のあり方は不明であり︑その時点ですでに﹁山高み川とほしろし﹂

という慣用句的な固定をしているむきもあり︑中古和文においては常

用語ではなかったようであるところから︑歌学書等の用例が︑万葉集

の例をク活用と解釈して用いたとみる余地も残されているわけである︒

推測に推測を重ねることははばかれるが︑ちなみに次のような﹁しろ

し﹂であるとみることも可能ではないだろうか︒

﹁いきどほろし・よろし﹂という形容詞が上古からあるが︑この

﹁tうし﹂の﹁ろ﹂は乙類である︒また︑﹁高殿を高知りまして﹂

(万一六し)﹁この山のいや高知らす﹂(同三六)のように﹁た

か﹂というク活用形容詞語幹と﹁しる・しら(ろ)す﹂とが結合して︑

正や宮や大君の述語となヴる語があ.︒が︑この﹁しろす﹂の﹁ろ﹂も︑

一﹁しろしめす﹂の用字からしてやはり乙類である︒このことから︑﹁と一ほしろし﹂の﹁しろし﹂も﹁しる﹂という動詞との何らかのかかわり

でとらえることができるのではないだろうか︒ただしその場合︑﹁し

一 る ﹂ 〜 ﹁ し ろ し ﹂ と対 応 す る動 詞 出 自 の シク 活 用 形 容 詞 の終 止 形 か ︑ 一

﹁しらす﹂の連用中止形﹁しろし﹂かは︑﹁山高み川とほしろし﹂と

いう唯一の形からは何とも決めがたい︒しかしいずれの場合も︑あた

かも﹁山高知らす﹂に対応するかのような﹁川が遠くまで(野を)領

じている﹂ありさまの把握にかかわって意味が成立することには相違

がない︒﹁とほそく・とほみ・とほあるき﹂等︑﹁とほ﹂の下接語が動

詞ないし居体言のものは︑﹁遠くに・遠くより・遠くまで﹂等の補語

的な意味で下接語の意味とかかわるのである︒

﹁しろし﹂をどのような性格の語とみるにしても﹁とほ(遠)﹂の

意味を﹁とほしろし﹂から欠落させることは︑以上述べてきたような

語構成・意味構成のあり方からは考えられないだろう︒したがって︑

橋本博士が従来の解釈を二説に集約された﹁大なり﹂と﹁あざやかな

り●さやけし﹂のどちらにも私は疑問をもち︑﹁遠方まではっきり見

える﹂﹁遠目に見てもはっきり見える﹂という折口信夫博士の解釈に

集約される説をとりたいと思う︒﹁山・川﹂と対置され︑﹁山﹂につい

ての褒辞的な様相把握が単純素朴に﹁高し﹂であるのに対し︑﹁川﹂の

ほうは﹁雄大である﹂というのでは︑いささか次元のちがうような異

和感をもってしまうのは私だけだろうか︒その異和感がどこに根ざす

かは︑﹁川﹂が︑万葉集で人々にどのような姿として見られ歌われて

いるかを示すことによって明らかにできるだろう︒

(二)

数 あ る 川 を 詠 ん だ万 葉 集 の歌 は︑ そ の内 容 か ら ま ず は 単 純 に︑実 生

活 と のか か わ り で 詠ま れ たも の と︑ 自 然 観 照 的 な あ り 方 で 詠ま れ た も

のと に 二大 別 す る こ と が で き る︒ む ろ ん︑ 万 葉 集 の場 合 ︑ 実 生 活 か自

然 観 照 か を 裁然 と 二 分 す る こと には 問題 があ ま り に多 い の であ る が ︑

両者 の 灘 然 と し た あ り 方 や そ こ にか らま る神 事 的要 素 に つい ては ︑ 本

(4)

旦力  

木 村:日

37 矯の目的にかかわ.Q範囲で︑要に応じふれ・︒に止めたい︒

ま ず ︑ 明 ら か に 実 生 活 と 密 着 し て 川 が 詠ま れ て い る も の には ︑﹁ 松

浦 川 川 の瀬 光 り 鮎 釣 る と ﹂ ( 八五五) ﹁ 川 隅 の 尿鮒 は め る ﹂ ( 三八二八 )

﹁ 鰻を と る と 川 に流 る な ﹂ ( 三八五四) など の 魚 を と る ︑ ﹁ 宇 治 川 に生

ふ る 菅 藻 を 川 速 み 採 ら ず 来 にけ り ﹂ ( = 三 六 ) ﹁ 我 が 刈り て 笠 も 編 ま

な く 川 の しづ 菅 ﹂( 一 二 八四) な ど の菅 ・ 藻等 を 採 る ︑ ﹁ 川 遠 み 曝 さ ず

縫 ひし 吾 が下 衣 ﹂ ( ; = 五) な ど の布 を 曝 す ︑ ﹁ 川 上 に 洗 ふ 若 菜 の 流

れ 来 て﹂ ( 二 八三七)﹁ こ の川 に朝 菜洗 ふ 児﹂ ( 三四四 〇 )な ど の 洗 い も の

を す る ︑ ﹁ 佐 保 川 の水 を 塞 き 上 げ て植 ゑし 田 を ﹂ ( 一 六一 二 五) の よ う な

潅 概︑ と い っ た 日 常 の生 業 にか か わ るも の と ︑ ﹁ 夏 の夜 は道 た つ た つ

し 舟 に 乗り 川 の瀬 ご と に 竿 さ し のぼ れ ﹂( 四 〇六 二 ) な ど 舟 で の往 来 ︑

﹁ 百 敷 の 大 宮 人 は 船 並 て 朝 川 渡 り 船 競 ひ 夕 川 渡 る ﹂( 三六)

﹁ 飛 鳥 川 な つ さ ひ渡 り 来 し も の を ﹂( 二八 五九) な ど 舟 や 徒 歩 で の 渡

り ︑﹁ 上 つ 瀬 に 打 橋 渡 し 淀瀬 には 浮 橋 渡 し ﹂ ( 三九 〇七 ) な ど橋

を 架 け る ︑ と い っ た交 通 にか か わ る も の︑ そ の他 ﹁ 檜 隅 川 に 馬 と ど

め 馬 に水 飼 へ ﹂ ( 三〇九七) ﹁ 古 郷 の明 日香 の 川 にと み そぎ し に ゆ く ﹂

( 六 二 六 ) な ど があ る︒

お そ ら く︑ 川 と 人 々の実 生 活 と の か か わ り は ︑ こう し て歌 に 詠ま れ

て い る 以 上 に︑ 多 岐 にわ たり 密 接 だ っ た であ ろ う ︒ そし て︑ そ こを 省

み れば ︑ つぎ のよ う な 川 への美 辞 褒 辞 も ︑ 単 な る ほめ 歌 と し て の形 式

以 上 の実 感 が︑ 底 に ひ び い て い る よ う に思 わ れ る の であ る︒

ωやすみしし吾が大君神ながら神さびせすと

悶 高殿を 高知りまして ー

つると上つ瀬に鵜川を立ち

てまつれる神の御代かも(三八)

②やすみししわご大君の高知らす吉野の宮は

吉野川 だぎ つ 測 内

ゆき副ふ川の神も大御食に仕へま

下つ瀬にさでさし渡す山川も寄り

たたなつく青垣隠り 川並の清き河内そ⁝⁝⁝その山のいやますますに

ことなく百敷の大宮人は常にかよはむ(九二三)

個⁝⁝⁝明日香の旧き京は山高み川とほしろし

がほし秋の夜は川しさやけし(三二四)

四⁝‑:‑山並のよろしき国と川並の立会ふ里と

まに宮柱太しきまつり⁝⁝⁝(一〇五〇) この川の絶ゆる

春の日は山し見

山城の 鹿背山の

ω・②は吉野離宮︑㈹は明日香故京︑傾は久遍京の︑それぞれ宮ぼ

め的な表現であるが︑これらからすすんで︑さらに観照的態度で川を

詠みこんでいる多くの歌が︑実生活とじかにかかわりあう﹁川﹂にみ

られる多様性に対し︑かなり単純な表現類型に括られてしまうことは︑

万葉集の一つの位置を示唆している︒

すなわち︑まず川というより川の水への関心から︑その静的なあり

方の把握として出てくる詞が︑②・㈹にもみられる﹁きよし﹂﹁さや

けし﹂である︒これらは︑﹁山高く︑川の瀬きよし﹂(一〇五二)﹁山見

れば見のともしく川見れば見のさやけく﹂(四三六〇)というよ

うに︑山のほめ詞に対する端的な川のほめ詞であり︑川固有の形容詞

ではないにしても︑川の静的なあり方をいう形容詞は︑﹁とほしろし﹂

をひとまず措けば︑ほとんどこの二語に極まるということができる︒

﹁とほしろし﹂に︑本居宣長以降﹁さやけし・清浄なり﹂とする解釈

があるのは︑これらの例から︑﹁山は高く﹂﹁川はさやけし﹂であると

いう表現の類型が導かれ︑そこからおのずと育まれた語感にもとつい

た直観的意解として出てきた側面もあるだろう︒なお︑﹁さやけし・

きよき﹂は︑﹁いざ率川の音のさやけさ﹂(=一二)﹁川近み瀬の音ぞ

きよき﹂(一〇五〇)などの例にみられるように︑見た目の清浄だけで

なく︑耳にふれてのそれでもあった︒

ところで︑そうした川の音とは︑﹁石ばしりたぎち流るる泊瀬川﹂

(5)

第5号 38  

大 学

 

奈 ( 九九 一 ) と いう 流 れ の速 さ と相 伴 ってい る のだ ろ う が︑ そ のよ う な

動 的 な 流 れ ゆ く も の と し て の水 のあ り 方 の 描 写を ︑ つぎ の 表 現 類 型 と

し てあ げ る こ と が で き る ︒ そし て︑ ﹁ 吉 野 川 ゆ く瀬 のは や み ﹂ ( = 九 )

﹁ 松 浦 川 川 の 瀬 は や み ﹂( 八 六 一 ) のよ う な ﹁ 瀬 は や し ﹂ ︑ ﹁ 雨 ふ れば た

ぎ つ山 川 ﹂( 二 一二 〇八)﹁ 川 の瀬 の たぎ つ を 見 れ ば ﹂( 一 六八五)の よ う な

﹁ た ぎ つ﹂ ︑ ﹁ 宇 治 川 の水 な わ 逆 巻 き ﹂( 二 四三〇)の よ う な ﹁ さ か ま く ﹂︑

﹁ 痛 足 川 川 浪 立 ち ぬ﹂ ( 一 〇八七) ﹁ 吉 野 川 川 浪 高 み ﹂ ( 一 七 二 二) の よ う

な ﹁ 川 浪 た つ﹂ ︑ ﹁ 落 ち た ぎ ち 流 る る 水 の岩 に ふ れ 淀 め る 淀 に﹂( 一 七 一

四) ﹁ 松 浦 川 七 瀬 の 淀 は よ ど む と も ﹂( 八 六〇 )のよ う な ﹁ よ ど む ﹂ と

い っ た表 現 か ら は ︑ 概 し て︑ 川 幅 は あ ま り 広 く な く て流 れ は 速 く ︑ 二︑

れゆ え岩 か げ や 浅 瀬 には 淀 も でき る 日本 の川 の あり 様 が う か び あ が っ

て く る ︒ ﹁ 鴨 川 の後 瀬 静 け く﹂( 二 四 三 一 )﹁ 明 日香 川下 濁 れ るを 知 ら ず

し て ﹂( 三五四四)な ど は︑ それ ら の中 では き わ め て例 外 的 な と ら え 方

で あ る と い え よ う ︒

万 葉 集 にお け る ﹁ 川 ﹂ は ︑ そ のほ か ﹁ 蝦 鳴 く甘 南 備 川 に 影 見 え て 今

か 咲 く ら む 山 吹 の花 ﹂ ( 一 四三五) ﹁ ぬ ば た ま の夜 の 更 け ゆ け ば 久 木 生

ふ る清 き 河 原 に千 鳥 し ば 鳴 く﹂ ( 九 二 五) ﹁ 河 の上 の ゆ つ岩 む ら に草 む

さ ず ﹂( 二二 )な ど に代 表 さ れ る 動 植 物 や岩 な ど と か か わ っ て 詠ま れ る

も の も多 く み ら れ る が ︑ 総 じ て ﹁ き よ し ・ さ やけ し ﹂ 以 下 にみ てき た

も の は ︑ 耳 目 に映 る 折 々 の川 の変 化 の相 に応 じ た も の で あ り ︑ 川 の全

体 的 な 姿 と い う よ り 局 所 局 所 のあ り あ り と し た 息 づ き へ の 関 心 で歌 わ

れ た も の で あ る ︒ そし て︑ 川 全 体 の姿 や川 の本 性 と い う べき こ と にか

か わ っ て は ︑ 結 局 ︑ 山 々 か ら ﹁ 帯 ﹂ のよ う に長 く 蛇 行 し て流 れ 出 で︑

さま ざま の 変 転 を み せな がら も ﹁ 絶 ゆ る こ と な き ﹂ も のと い っ た 単 純

な 讐 喩的 表 現 に求 め る し か な い の であ る︒

㈲ 大君の御笠の 山の帯 にせ る細谷川の 音 のさや けさ ( = 〇 二 )

(8)(7)(6)

三諸の神の帯ばせる泊瀬川水脈し絶えずは吾れ忘れめや(一七七〇)

石ばしりたぎち流るる泊瀬川絶ゆることなくまたも来て見む(九九一)

泉川ゆく瀬の水の絶えばこそ大宮処うつろひゆかめ(一〇五四)

万葉歌人の川への情感は︑大きく広々として豊かに流れゆくという

ようなところでははたらかなかったようである︒﹁度会の大川﹂(一一=

二七)﹁山川をひろみあつみと﹂(四〇九四)といった用例はあるが︑前

者は﹁おほやまと・おほみけ﹂等の﹁おほ﹂と同様な観念的な美称で

あるし︑後者は﹁山や川が幾重にも広く厚く国土を成している﹂とい

った意味であり︑一筋の川についての形容ではない︒

さて︑以上の万葉集における川への関心の検討から︑ただちに﹁川

とほしろし﹂の解釈がひらけるわけではない︒ただ︑さきの㈹にあげ

た﹁山高み川とほしろし﹂を含む歌が︑山部赤人が﹁神岳﹂に登って

作ったとなっていること︑今一首の﹁天ざかる鄙にしあれば山高

み川とほしろし野を広み草こそ繁き﹂(四〇=)という例が︑

対になっている﹁野を広み草こそ繁き﹂からしても︑やはり広々と野

を見はるかす視点が設定されているとみられることを考えると︑﹁川

とほしろし﹂が高みから眺めた川の︑帯のように長く野をぬって流れ

てゆく全体的な姿をとらえての表現であるとみてよいだろう︒﹁山高

し﹂が︑垂直的な視点の伸びひろがりを志向し︑﹁高知らす﹂意識を

反映するのに対して︑﹁川とほしろし﹂は︑﹁遠くまで﹂かがやき流れ

てゆ く 川 に沿 っ た 水 平 的 な 視 点 の 伸 び ひろ がり t 奥 ゆ き の感覚 に 対

応するとみるのが自然ではないだろうか︒そしてそこに︑﹁山高み川

とほしろし﹂が︑単なる山と川の姿の描写であるに止まらず︑おのず

からその山と川とで限定される空間の豊かな広がりと︑﹁絶ゆること

なき﹂時間的志向をも詠みこんで︑国ぼめ的ひびきも出してくるので

ある︒﹁山川﹂や﹁山水﹂という詞が︑﹁自然﹂や﹁風景﹂という抽象

(6)

木 村:日 39

的 な 詞 にと っ て代 ら れ るま で︑ 具 体 的 な 山 や 川 で あ る と と も に︑ そ れ

ら 個 別 的 存 在 を 根 抵 か ら 支 え ︑ そ こ に端 的 に集 約 さ れ る 自 然 や 風 景 を

指 し てき た 日本 語 のあ り か たは ︑ 単 に も と の 漢 語 と し て そう であ っ た

と いう にと ど ま ら ず ︑ ﹁ 山 高 み 川 と ほ し ろ し ﹂ な ど にも す で に予 定 さ

れ てい る ︒

﹁ と ほ し ろ し ﹂ の解 釈 に ﹁ 雄 大 な ﹂ と い う 語 が 用 いら れ るよ う に な

っ た のは 比 較 的 最 近 のよ う で あ る ︒( 契 沖 以 来 の ﹁ 大 な る ﹂﹁ 大 き い ﹂

と ﹁ 雄 大 な ﹂ は 語 感 のう え で か な り 違 う ︒ 我 々 日本 人 は 形 容 詞 の類 を

結 局 は 極 め て微 妙な 語 感 の 違 い に よ って 使 い わ け て いる は ず であ る ︒ )

﹁ 山 高 み 川 と ほ し ろし ﹂ を 含 む 二 首 の歌 は ︑ それ ぞれ 後 続 句 に ﹁ 春 の

日 は 山 し 見 がほ し 秋 の夜 は 川 し さ や け し 朝 雲 に 鶴は 乱 れ 夕

霧 に 蝦 は さ は く ﹂ ( 三二四) ﹁ 鮎 は し る 夏 の盛 り と 島 つ 鳥 鵜 飼

がと も は ゆ く 川 の 清 き 瀬 ご と に 簿 さ し な つ さ ひ の ぼ る ﹂ ( 四〇

一一 ) と いう 川 の細 部 描 写 が つづ くが ︑ こ の こと や ︑ こ の章 で み て き

た さ ま ざ ま の川 と実 生 活 と の か か わ り ︑ 瀬 々を たぎ ち 流 れ る水 へのも

っ ぱ ら の関 心 な どを ︑ ﹁ 雄 大 な ﹂ 川 と いう イ メ ー ジ でど う 包 み う る の

か ︑私 は 疑 問 に思 う︒

(三)

働白雲とみゆるにしるしみよし野の吉野の山の花盛りかも

是こそはよき寄の本とは覚え侍れ︒させる秀句もなく︑飾れる詞もなけ

れど︑姿うるはしく清げにいひ下して︑長高くとをしろき也︒(無名抄)

㎝余所にのみ見てややみなん葛城や高間の山の峯の白雲

始めの寄は︑姿清げにとをしろければ︑高間の山殊に叶ひて聞ゆ︒(同)

ω前参議忠定

風体遠白くめづらしき様なり︒玉川の里の明がたに垣根つづきなる卯 の花とやいふべからむ︒

有家

風体遠自︑姿おほきなるさまなり︒雪つもれる富士の山をみる心ちなむ

する︒

前宮内少輔光経

風体すみたるをさきとして︑遍自ぐあはれなるさまなり︒月は入方ちか

く空清くのどけきにゆふつけ鳥の遥かなる声きく心地なむする︒

(続歌仙落書)

中世歌論における﹁遠白﹂の解明は︑﹁川とほしろし﹂の解釈以上

に容易ではない︒ともかく︑どちらも我々の語感ではすぐにはとらえ

がたく︑用例もきわめて限られているために︑万葉集の﹁川とほしろ

し﹂の解釈に歌論の用例を以てし︑歌論の﹁遠白し﹂の解明に万葉集

の例を用いるといった堂々めぐりにもなってしまう︒歌学用語にもと

つくきわめて象徴的な気分を︑我々の多分に分析的な論理で説明して

も仕方がない面もあるだろうが︑﹁川とほしろし﹂の系譜をたどるた

めに︑たしかなところからはいってゆくこととしたい︒

まず︑歌論の﹁遠白し﹂が︑しばしば﹁長高くとをしろし﹂と続け

て用いられることがあるように︑︑力葉集の﹁山高み川とほしろし﹂を

直接継承した川語であることは明らかだろう︒しかしそのことは︑﹁と

ほしろし﹂が万葉集以来延々と︑日常語にせよ歌語にせよ実用されて

きて︑そうしたリアルな語感をふまえたうえで歌論中に用いられたと

いうことでは必ずしもない︒﹁とほしろし﹂の解釈において︑今鏡や

愚管抄の例がひかれることはあるが︑それ以前の和文文献には用例が

みあたらないのである︒ただ︑歌論において︑﹁遠白﹂と漢字が宛て

られているところからは︑少くともその時点では︑語としての一般的

な意味は﹁遠く白い﹂﹁遠目にしるく﹂といったあたりでとられられ

(7)

第5号 40

奈 良 大 学 紀 要

ていたと推察できる︒﹁遠白し﹂をいう歌論中比較的初期のものであ

るはじめにあげた用例において︑﹁白雲・卯の花・雪つもれる富士﹂

といった文字どおりの﹁白﹂が︑その歌や警喩の中に出ているのは偶

然ではないだろう︒しかも︑無名抄の歌では︑それらがどちらも﹁よ

そ目﹂はるかに望まれたものとなっている︒続歌仙落書の忠定の条の

﹁卯の花﹂は︑﹁明がた﹂の薄明の中にしるくうかぶそれであるし︑﹁ゆ

ふつけ鳥のはるかなる声﹂の場合は︑あたかも万葉集の﹁きよし・さ

やけし﹂が目に見るだけでなく耳に聞く音のそれでもあったのと同様

に︑はるかからたしかに聞えてくる﹁声﹂としてのしるさである︒そ

して︑﹁遠し﹂が︑一般に空間的な遠さはるけさから︑時間のうえでの

遠さはるけさに転じて用いられるように︑﹁遠白し﹂においても︑当

然時問的なあり方を志向する場合が出てくることとなる︒

働天の戸をおし明方の雲間より神代の月の影そのこれる

働ささ浪や国つみかみの浦さびてふるき都に月ひとbすむ

肋は三五記に︑鰍は愚見抄に︑いずれも遠白体の歌としてあげられ

ているものであるが︑皓々と澄む月影がはるかなときの射程の中にと

らえられている︒もともと言葉の世界では︑すぐれて心理的抽象的な

時間概念は︑より具体的な空間概念をあらわす詞で代行されることも

多いのであるが︑﹁遠白し﹂の場合それがさらに進展してほとんど純

粋に﹁心﹂のあり方のみにかかわっても言われることは︑三五記や愚

見抄の同じ所にあげられたつぎの歌によってみることができるだろう︒

︑舳岡のべの里のあるじを︑野ぬれば人はこたへず山おろしの風

㈲住む人もあるかなきかの山ならし簾間の刀のもるにまかせて

個ほのばのと有明の月の月かげに紅葉吹きおろす山おろしの風

働をぐら山しぐるる比の朝なく昨日はうすき四方の紅葉ば

愚 見 抄 が ﹁ 遠 白 体 ぞ 猶不 思 議 の体 ﹂ と し ︑ さ ら に ﹁ 小 倉 山 の 歌 は 愚

詠の中にはすこしつかうまつれる﹂と言う働の歌などは︑はてしなき

昨日はてしなき明日へのはるかなときが今朝の一点の紅葉ばの色に見

すえられているといえるだろうか︒三五記は﹁遠白体は器量天性なら

むが稽古としふりたらむ所に終によまるべき姿なり︒﹂と至極の体で

あると語っている︒

歌論の理念に深入りすることは本稿の目的ではなく︑またいま︑そ

れができる用意もないが︑ただ︑たとえば︑長高体ひとつに括られる

こともある高山体・遠白体の別は︑それぞれ眼差しを﹁高く持す﹂﹁遠

く持す﹂といったあり方の別とみることもできるように思う︒眼差し

は︑﹁心﹂におきかえてもよいだろう︒こうして歌論の﹁遠白し﹂は︑

その志向を時間へとひらきながら︑はるかに遠く奥深いところにたし

かにすえられた眼といった内観的な意味合をも出してくるのである︒

雪ながら山蘇かすむタベかな

ゆく火とほく梅にほふ里︑

川風に一むら柳春見えて

舟さす音もしるきあけがた

有名な水無瀬三吟の冒頭四句を︑こうして連歌の様式からはずし↓

まとまりで見てみると︑歌がらや拝情の質のいちじるしい異なりにも

かかわらず︑万葉集の﹁山高み川とほしろし﹂の歌の場合と︑詠まれ

た対象のとらえ方において︑妙に似通っている面があることに気づく︒

すなわち︑︑力葉集の場合︑二章でも述べたように︑﹁山高み川とほし

ろし﹂と全体の景を叙べたあとに︑﹁朝雲に鶴は乱れ夕霧に蝦はさ

はく﹂あるいは﹁往く川の清き瀬ごとに簿さしなつさひのぼる﹂と︑

いわば折々の細部の様相がとらえられているが︑水無瀬三吟の場合も︑

初め二句と後二句とで一見同様なあり方をしている︒しかしながら︑

(8)

木 村:日

41

} 万 葉 集 の実 景 描 写 と 異 な り ︑ ﹁ 雪 な がら 山 本 か す む 夕 べか な /ゆ く 水

と ほ く 梅 にほ ふ 里 ﹂ が ︑﹁ み わ た せば 山 も と霞 む 水 無瀬 川 ﹂ を 意 識 し

な が ら も ︑ 水 無 瀬 の実 景 そ のも のか ら 出 て 山 と 川 と か ら な る イ メー ジ

と し て の 一 つ の風 景 を 志 向 し て い る こ と は ︑ 言 をま た な い ︒ そし て︑

﹁ ゆ く水 と ほ く﹂ に表 わ さ れ た奥 ゆ き の 感 覚 が ︑ そ の心 的 風 景 に の び

や か な 広 がり を も た せ て︑ 山 と 里 と の 遠 近 相 映 え る 構 図 を あ ざ やか に

一成立させており︑そこにはおのずと︑歌学で醸成されたきわめて心的

⁝な﹁遠白し﹂の感覚もにおってくるのである︒言語表現におけるこの

 ようなパースペクティブの伝統と完成が︑絵画においては近代洋画の

影 響 を 受 け るま で 遠 近 画 法 を生 ま な か っ た と いう こ と とど のよ う に か

⁝かわり合うのか不明であるが︑雲や霞や霧の中のおぼろな遠近感が︑

一そのまま西洋の遠近感と同じであるとみることはできないといった視

点もあるだろう︒それについてはまたあらためて︑雲や霞の言語表現

一において風景を考えることにより︑fがかりをえることとしたい︒一ところで︑我々は子供の時分から︑目の前の実景を写生するのでな

⁝く︑落書き風に一つの風景を描く場合︑しばしば二瘤酪駝のような山

・と︑その山の間からS字風に蛇行して流れ出る川を描くことがあるだ

一ろう・それはまた︑﹁兎追いしかの山/小鮒釣りしかの川﹂という小

一学唱歌から誰でもが心に描く風景︑悪くいえば﹁名所土産の包紙にで

(6)も書かれてあるような︑平凡な︑お定まりの﹂風景ということでもあ

⁝る︒しかし︑二瘤騎駝とのびたS字の山川が︑我々日本人の風景のイ⁝メージとして﹁お定まり﹂になったのはいったいいつごろからであろ

⁝う︒これまでの言語表現のうえで見て来た限りでは︑それは︑万葉の

一昔からということになるのだろうか︒ただ︑そうした山と川が︑これ

}こそ日本の風景そのものだともいえる︑どこにでもありふれた様相で}}ある一方で︑つぎのような民話の中に出てくる描写をみれば︑往古か らの川と実生活との深いかかわり︑とりわけゆたかな流域での稲作と

のかかわりゆえに︑とおくのびひろがる川の風景が︑ある種のユート

ピア的イメージを担っている側面にも︑思いを致さざるをえない︒

︿三日月を見たことのない山間の村に住む種作さんは︑年をとるにつれ︑

いっぺん山のむこうを見ておきたいと思い︑ある日息子に背負われて峠に

登る︒Vーーうわあ何たら広いもんずら!‑〜峠の下にひろがっている盆

地にはむこうの遠い山すそまでみわたす限り田んぼがさやさやと波うって

いる︒その間を帯のようにくねくねと川が光って流れていた︒(百田ばな ア し〜信濃の民話〜1)

(1)

(2)

((

uu43  

(5)

(6)

(7)

﹃上代語の研究﹄〜橋本進吉博士著作集5iー所収一とほしろし

考﹂﹁辞書さまざま﹂

古代語﹁とほしろし﹂と﹁のどよひについて﹂i1国語国文21巻7

号 ‑

﹃日本語の語源﹂﹃国語学の限界﹂

用例の詳細は︑注(1)や各注釈昌︑辞書類にあるので省略する︒

﹃口訳万葉集上・下﹄﹃万葉集辞典﹄‑ー折口信夫全集4・5・6

‑1注(1)の見解が出される以前のものであるが︑﹁辞書さまざ

ま﹂では︑この系統の解釈は根拠あいまいとして否定されている︒

なお︑ここで問題になるのは﹁大・偉大﹂の﹁トホシロシ﹂をどう

するかだろうが︑折口博士にはそこを包摂した﹁瞭火を巨大(トポ

ジロ)くする﹂という実用例(﹁霜及び霜月﹂全集15)がある︒﹁遠

目にしるしー大いなり﹂というところだろう︒

前田妙r﹃和歌卜体論の研究﹄に詳しい︒

藤田⊥雄﹃歌の中の日本語﹄

信濃の民話編集委員会﹃日本の民話!﹄採集牧内武司再話

松谷みよ子

(9)

奈 良 大 学 紀 要 第5弓 ・ 42

TheJapaneseLandscapeinVerbalExpressions TheGenealogyof̀YamatakamiKafatofosirosi'

NorikoKIMURA

Summary

InthisessaythewriterconsiderstheimageofJapaneselandscapeconsistingof

mountainandriverinourmind,throughelucidatingthemeaningsof"yα 吻 α'盈o吻

kafatofosirosi'inMany∂ ∫勧,e'oωos乃 〃03乃 ゴ'inKaron(criticismofpoem)intheMiddle Agesandtheotherverbalexpressions.

Figure

Updating...

References

Related subjects :