福島第一原子力発電所及び福島第二原子力発電所

全文

(1)

福島第一原子力発電所及び福島第二原子力発電所 における対応状況について(平成 23 年 12 月版)

資料一覧

福島第一原子力発電所

○福島第一原子力発電所被災直後の対応状況について

○福島第一原子力発電所電源復旧に関する対応状況について

○福島第一原子力発電所1号機における地震発生から3月12日(土)までの主な時系列

・福島第一原子力発電所1号機注水に関する対応状況について

・福島第一原子力発電所1号機格納容器ベント操作に関する対応状況について

○福島第一原子力発電所2号機における地震発生から3月15日(火)までの主な時系列

・福島第一原子力発電所2号機注水に関する対応状況について

・福島第一原子力発電所2号機格納容器ベント操作に関する対応状況について

○福島第一原子力発電所3号機における地震発生から3月15日(火)までの主な時系列

・福島第一原子力発電所3号機注水に関する対応状況について

・福島第一原子力発電所3号機格納容器ベント操作に関する対応状況について

○福島第一原子力発電所4号機における地震発生から3月15日(火)までの主な時系列

○福島第一原子力発電所5号機における地震発生から原子炉冷温停止までの主な時系列

○福島第一原子力発電所6号機における地震発生から原子炉冷温停止までの主な時系列

・福島第一原子力発電所5/6号機原子炉冷温停止までの対応状況について

別 紙

(2)

福島第二原子力発電所

○福島第二原子力発電所1号機における地震発生から原子炉冷温停止までの主な時系列

○福島第二原子力発電所2号機における地震発生から原子炉冷温停止までの主な時系列

○福島第二原子力発電所3号機における地震発生から原子炉冷温停止までの主な時系列

○福島第二原子力発電所4号機における地震発生から原子炉冷温停止までの主な時系列

・福島第二原子力発電所原子炉冷温停止までの対応状況について

○別添:現場の声

なお,福島第一原子力発電所の事故に関する記録及びプラントデータについては、当社 公表の「福島第一原子力発電所の事故に係わる運転記録及び原子炉施設等の事故記録

(平成 23 年4月 26 日、5月 16 日お知らせ済み)」、「福島第一原子力発電所の地震発生時 におけるプラントデータ等を踏まえた対応(平成 23 年5月 24 日お知らせ済み)」を,福島 第二原子力発電所の事故に関する記録及びプラントデータについては,「福島第二原子力発 電所の地震発生時におけるプラントデータ等について(平成 23 年8月 10 日お知らせ済み)」 を参照ください。

以 上

(3)

福島第一原子力発電所 被災直後の対応状況について

本資料は,現時点で得られている各種情報や関係者の証言を基に事実関係を取りまとめ たものです。今後も事実関係の調査を継続していく中で,新たな事実が判明した場合には,

改めてお知らせいたします。

○「3/11 14:46 東北地方太平洋沖地震発生。」から「15:27 津波第一波到達。」まで の活動内容

【地震発生時の状況】

・ 1~3 号機は運転中,4~6 号機は定期検査中であった。4 号機はシュラウド交 換,5 号機は原子炉圧力容器の耐圧漏えい試験中であり,現場で多くの作業 が行われていた。

11 日 14:46,地震発生。揺れは 段々と大きくなっていった。事務 本館では,各部署のマネージャー などがメンバーに対して机の下 に隠れるよう指示。各自,現場作 業用のヘルメットをかぶるなど して,身の安全を確保した。

・ 揺れは長く続いた。天井のパネルは落下,棚は倒れて物が散乱,机は大きく動き,

机の下に閉じこめられる人もいた。

・ 揺れが収まってから,閉じこめられた人を救出し,避難場所の免震重要棟脇の 駐車場に移動。駐車場で人員確認を実施。1 週間程前に避難訓練を行ったば かりで,各自が避難通路,避難場所を把握していた。

・ 防災部門のマネージャー及びメンバーは,揺れている最中に緊急放送の部屋 に行き,避難の放送をしたが,途中で地震により放送設備が使用不能に。その 後,拡声器で避難するように呼びかけながら走り回った。

・ 現場では,中央制御室から,地震発生と津波及び避難についてページング及び PHSで周知された。3 号機原子炉建屋 5 階の天井クレーンから降りられなくな った作業員がいたため,運転員が現場に向かい,懐中電灯の明かりを頼りに誘導 して降ろした。

・ 港湾では,タンカー船から重油タンクに給油作業を行っていたが,作業を中止し て避難。タンカー船は津波に備えて沖合へ移動した。

事務本館の状況

(4)

2

【発電所緊急時対策本部(以下,「発電所対策本部」)での対応】

・ 非常災害対策要員は,免震重要棟へ入り,対応を開始。

・ 発電班は,各プラントの地震後の状況を確認。運転中であった 1~3 号機はスク ラムが成功し,原子炉停止との報告を中央制御室から受ける。その後,外部電源 が喪失して非常用ディーゼル発電機(以下,「D/G」)が自動起動しているとの連 絡が入る。

【中央制御室での対応】

<1,2 号機中央制御室>

・ 地震発生時,当直 14 名と作業管理グル ープ 10 名の計 24 名の運転員が勤務し ていた。

・ 揺れが収まるのを待って,運転員は通 常のスクラム対応操作を開始。当直長 は,スクラムしたことを確認し,1号機 と 2 号機のパネルの中間で指揮をとる。

各制御盤前にオペレータを配置,主任 の指示に従い,状態監視と操作を実施。

主任は,プラント状態,操作状況を当直長へ報告。外部電源喪失となり,D/G が起動し,非常用母線が充電されたことを確認する。パラメータも問題なし という報告を受け,当直長は「このまま収束(冷温停止)に持って行ける」と 感じていた。

・ 地震後,運転員は,1,2 号機それぞれに対して,地震発生と津波及び避難に ついて,ページングで

周知を行う。

・ 14:52,1 号機の非常用 復水器(以下,「IC」)

が,原子炉圧力高によ り自動起動したことを 確認。原子炉水位が通 常水位であることから,

高 圧 注 水 系 ( 以 下 ,

「HPCI」)は原子炉水位 が低下してきた際に起 動することとし,IC で の原子炉圧力制御を行

1,2 号中央制御室(後日撮影)

IC(A)蒸気圧力計,水位計

(後日撮影)

IC(B)蒸気圧力計,水位計

(後日撮影)

原子炉圧力を制御していた IC(A)の水位が IC(B)より低 い(通常,IC 水位は約 80%)。津波到達後は電源喪失に より指示は見えなくなった。

(5)

うこととした。

・ 15:03 頃,1 号機の原子炉圧力の低下が速く,操作手順書で定める原子炉冷 却材温度降下率 55℃/h が遵守出来ないと判断し,IC の戻り配管隔離弁(MO-3A,

3B)を一旦「全閉」とした。他の弁は開状態で,通常の待機状態とした。そ の後,原子炉圧力を 6~7MPa 程度に制御するためには,IC は 1 系列で十分と 判断,A 系にて制御することとし,戻り配管隔離弁(MO-3A)の開閉操作にて,

原子炉圧力制御を開始した。

・ 2 号機については,14:50,原子炉隔離時冷却系(以下,「RCIC」)を手動起動。

14:51,原子炉への注水により原子炉水位高で自動停止したことを確認。その 後,15:02 に手動起動し,15:28 に再度原子炉水位高で自動停止する。15:39 に再度手動起動。

<3,4 号機中央制御室>

・ 地震発生時,当直 9 名,作業管理グループ 8 名,定検チーム 12 名の計 29 名の運 転員が勤務していた。

・ 地震で中央制御室の中が埃で煙幕をはったように真っ白になる中,揺れが収 まるのを待って,運転員は通常のスクラム対応操作を開始。当直長は,スク ラムしたことの報告を受ける。外部電源喪失となり,D/G が起動し,非常用 母線が充電されたことを確認する。

・ 地震後,当直員の安否確認を行い,地震発生と津波及び避難について,発電 所構内一斉ページングの形で周知を行う。

・ 3 号機については,15:05,RCIC を手動起動。15:25,原子炉への注水により 原子炉水位高で自動停止したことを確認する。

<5,6 号機中央制御室>

・ 地震発生時,当直 9 名,作業管理グループ 8 名,定検チーム 27 名の計 44 名の運 転員が勤務していた。

・ 当直長は,自席でパネルを確認しながら,揺れが収まるまで身の安全を確保 する。他の運転員も,身をかがめる等身の安全を確保しながら,ラックやパ ネル表示に注意を払う。揺れが収まった後,ほとんどの警報が鳴り響く中,

警報確認を実施。外部電源喪失となり,D/G が起動し,非常用母線が充電さ れたことを確認する。

・ 地震後,ページングと PHS にて現場に対して地震発生と津波及び避難を周知。

当直員は,現場の控え室に集まってから,中央制御室に戻ってきた。

・ 屋外監視カメラ(ITV)を用いて津波の監視を試みるも,使用出来なかった。

(6)

4

○「3/11 15:42 全交流電源喪失の判断・通報」以降の活動内容

【津波到達時の状況】

・ 15:27 に津波第一波,15:35 に第二波が 到達。中央制御室や免震重要棟,避難 場所の駐車場で,津波の音は確認され なかった。中央制御室から発電所対策 本部に,D/G が停止したとの連絡が入 る。その後,中央制御室から,サービ ス建屋入口まで水が来ているとの連絡 があり,発電所対策本部内でも津波が 襲来したことが確認され始めた。

・ 11 日 15:42,原子力災害対策特別措置

法(以下,「原災法」)の第 10 条事象『所内全交流電源喪失』に該当すると 判断し,官庁等へ通報。

・ 11 日 16:36,1,2 号機の原子炉水位が確認できず,注水状況が不明なため,

原災法の第 15 条事象『非常用炉心冷却装置注水不能』に該当すると判断。

16:45 に官庁等に通報。

約 10mの防波堤を破壊して押し寄せる津波

約 50m の津波のしぶき

津波により 1~4 号機全域が浸水

津波で変形したタンク

(上の写真の右のタンクと同一)

津波襲来後の海側の状況

(7)

【中央制御室での対応】

<1,2 号機中央制御室>

・ 警報表示や状態表示灯が点滅し,一斉に消えていった。鳴っていた警報音も 消え,中央制御室内は一瞬シーンとなった。最初は何が起きたか分からず,目 の前で起こっていることが本当に現実なのかと疑いたくなるような状況。現場に 行っていた運転員が「海水が流れ込んできている」と,中央制御室に大声で 叫びながら戻ってきて,中央制御室の運転員は津波の襲来を知った。

・ D/G が停止し,全交流電源が喪失。中央制御室 1 号機側照明は非常灯のみ,2 号機側照明は真っ暗となる。当直長の指示に基づき,使用出来る設備,使用 出来ない設備の確認を実施。

・ 直流電源で操作可能な設備として,1 号機について,IC と HPCI の状況を確 認。IC は,表示灯が消灯しており,開閉状態が確認出来なかった。HPCI に ついては,制御盤の状態表示灯が全て消灯し,起動不能な状態。2 号機につ いては,RCIC の状態が不明となる。HPCI は,制御盤で状態表示灯が消灯し,

起動不能な状態。15:50 頃には,原子炉水位が不明となっていることを確認。

・ 中央制御室と発電所対策本部間の通信手段は,最終的に PHS は利用出来ず,

ホットライン 2 回線のみとなる。(3,4 号機、5,6 号機の中央制御室も同様)

<3,4 号機中央制御室>

・ D/G が停止し,全交流電源が喪失したが,3 号機について,直流電源で操作 可能な RCIC 及び HPCI の状態表示灯は点灯していた。

・ 全交流電源喪失により,中央制御室の照明は非常灯のみとなる。2 月頃に現 場巡視用に LED ライトが導入されており,これを明かりに活用。4 号機は定 検中であったため,3 号機を中心に,原子炉水位等のパラメータを確認する。

・ 全交流電源喪失時の手順書をもとに,RCIC,HPCI の運転制御に必要なバッテ リーを出来るだけ長く維持できるよう,監視及び運転制御に最低限必要な設 備を除き,負荷の切り離しを行う。

・ 16:03 に中央制御室の操作スイッチにて RCIC を起動し,原子炉水位,RCIC の吐出圧力や回転数を確認し,原子炉の水位確保を行う。

<5,6 号機中央制御室>

・ 津波発生により,5 号機の 2 台と 6 号機の 2 台の D/G が停止したことを確認。

6 号機の別の1台の D/G は周波数調整を行い,運転状態を維持。

・ 5 号機の中央制御室は照明が落ち,非常灯となったが,非常灯もだんだんと 消え,真っ暗となる。6 号機の照明は,通常と変わらず。

(8)

6

【消防隊による避難誘導,津波監視】

・ 地震発生後,消防隊は免震重要棟で消防服に着替えて待機。

・ 津波が繰り返し襲来する中,消防隊は,汐見坂(海側につながる坂道の道路)を 上がった五差路で,避難してくる人の誘導や,海側に行こうとする人や車の規制 を実施。地震発生時に現場に私物などを置いたまま避難して,取りに行こうとす る人もいたが,津波が押し寄せる状況がその位置から確認されていたことから,

全員を止めた。

・ 11 日 18:00 頃,消防隊は津波の監視を行うよう所長から指示を受ける。海沿 いの高台にある研修棟の付近で,2~3 時間交替で津波の監視を実施。真っ暗 になってからは,業務車のライトで海側を照らしながら監視を継続。12 日未 明,1 号機ベント実施の連絡が入り,免震重要棟に避難。

【構内道路の健全性確認の実施】

・ 11 日 16:00 頃,正門付近の道路が崩れているとの情報が寄せられたことか ら,社員 2 名が,協力企業数名と共に構内道路の健全性確認のために,作業 着,防寒着,ヘルメットを着用して徒歩で正門に向かった。正門付近を確認 したところ,正門を出た辺りに崩落があったものの,車両は通行可能な状態 であった。

・ 正門から出て,西門までの道路を確認。来た道を引き返して構内に戻った。

・ 次に,1~4 号機へ向かう道路を確認するために,旧事務本館前の道路を通 って海側へ向かったところ,重油タンクが津波で流されて道をふさぎ,通り 抜けが出来ない状況であった。道を外れて建物の裏側を通って海側へ行き,

物揚場と 1~4 号機の海側の道路を確認。

津波で流されて道をふさいだ重油タンク

(直径11.7m×高さ9.2m) 重油タンクは,津波により 1号機タービン建屋北側脇

まで漂流

(9)

・ 徒歩では健全性確認に時間がかかると考え,免震重要棟に戻って業務車を確 保し,業務車で通行可能な道を通って海側へ向かった。海側の道路は,瓦礫 等が散乱して車が 1 台通れる程度

の状況であった。

・ 次に,5,6 号機側へ向かった。5,6 号機の防護区域内へ入れず,山側 へ向かったところ,道路が陥没し ていた。車を降り,徒歩で先の道 路を確認したところ,5 号機原子炉 建屋西側の斜面が陥没し,土砂崩 れで崩落しており,通行不可能な 状況。

・ 来た道を戻り,更に山側にある 5,6 号機へのアクセス道路の健全性確認に向 かった。アクセス道路は,途中で段差ができており,通行不可能な状態。今 後の発電所の復旧作業に支障を来さないよう,道路復旧が必要な状況であっ た。

・ 11 日 19:24,社員 2 名は,健全性確認の結果,「西門は通行可能であること」

「旧事務本館前は通行不可能であること」「2 号機タービン建屋海側は通行不可 能であること」「物揚場は,ものが散乱して通行不可能であること」「5 号機原子 炉建屋西側斜面に 35cm の陥没があること」を発電所対策本部に報告。

【構内道路の復旧作業実施】

・ 構内道路の健全性確認の結果 から,5,6 号機へのアクセス道 路の復旧作業を行うこととし た。

・ 発電所の耐震強化工事等のた めに構内に入っていた協力企 業に連絡して,重機の手配を依 頼。バックホー(油圧ショベル)

と,段差の復旧に必要な砂利を 積んだダンプを確保。

・ 社員 3 名で,作業着,防寒着,ヘルメットを着用して現場に出発。重機を運 んできた協力企業と合流し,10 名程度で復旧作業を実施。ダンプに積んだ 砂利に加えて,通行不能となっていた片側の道路の舗装をはいで,その下の 砕石や砂利を復旧に使用。バックホーを使用して,もう片側の道路を平らに

ひび割れて通行不可になった構内道路

5,6 号へのアクセス道路の損傷状況

(復旧後の状況。片側の道路の舗装をはいで,

砕石や砂利を流用して片側車線を復旧)

(10)

8 して復旧。

・ 11 日 22:15,復旧が完了し,5,6 号機へのアクセスが可能となったことが,

発電所対策本部に報告された。

・ 作業終了後には,バックホーを体育館脇に止め,次の作業に備えた。

【防護区域内への移動経路の確保】

・ 通常使用する 1~4 号機側の防護区域のゲートは津波で流され,周辺の海側 の道路は津波による瓦礫が散乱。車両で往来できない状態であった。

・ 11 日夕方,他の防護区域のゲートを開放するため,復旧班は現場に出発。

免震重要棟から近い位置にあるゲートは,津波の影響による流木,資機材 等があり,開放出来る状態では無く,2,3 号機間のゲートを開けることとし た。

・ 11 日 19:00 頃,2,3 号機の間にあるゲートを工具を用いて開放。1~4 号機 への車両の通行ルートを確保した。

【中央制御室内仮設照明の復旧作業】

・ 復旧班は,中央制御室の照明が失われていたことから,発電所対策本部の指 示により,各中央制御室の照明確保に向けて,復旧班 3~4 名,協力企業 7 名で作業開始。

・ 構内協力企業が工事用に所有していた小型 発電機を,1,2 号機は原子炉建屋山側の変圧 器等が設置されている変圧器エリア,3,4 号 機はサービス建屋入口にそれぞれ設置。

・ 小型発電機から 1,2 号機及び 3,4 号機中央制 御室まで電工ドラムをつないで仮設照明に 接続。20:47 に 1,2 号機中央制御室,21:27 に 3,4 号機中央制御室に,ごく一部ではある が仮設照明により明かりが点された。

・ その後,小型発電機に定期的に給油を実施。

【中央制御室内計器類の復旧作業】

・ 復旧班は,中央制御室内の計器類の復旧のために,必要な図面の用意,構内 の企業からバッテリーやケーブルの収集を始める。2~3 名一組で,免震重要 棟から徒歩で協力企業事務所へ向かい,収集できたバッテリーを,協力企業 から借りた業務車で,2,3 号機間のゲートを通って,1,2 号機中央制御室に 運ぶ。

当直副長席で仮設照明を照らして対応

(11)

・ 収集できたものから順次中央制御室に運び込み,図面の確認を行い,1,2 号 機中央制御室の計器盤への接続を開始。原災法の第 15 条事象『非常用炉心 冷却装置注水不能』が発生し,原子炉への注水状況を把握することが最優先 だったことから,直流電源で動作する原子炉水位計から順次バッテリーを接 続し,復旧作業を始める。

・ 作業場所である制御盤裏は,中央制御室の仮設照明設置後も照明が届かず真 っ暗であったため,手持ちの懐中電灯の明かりを頼りに,配線図とケーブル 番号の確認や,配線の端末処理及び接続作業を実施。

・ 21:19 に 1 号機,21:50 に 2 号機の原子炉水位が判明した。

・ その後も,構内にある業務車からの取り外しや,自衛隊ヘリによる広野火力 発電所からの輸送など,バッテリーの調達を継続。

照明,計器復旧によって,プラント状態を把握するための監視手段が少しずつ確保さ れていく一方,現場は依然として真っ暗で,限られた通信手段の中,余震・津波警報が 継続する状況下での対応が続いた。

家族の安否確認が出来ない中で対応を続ける社員も多かった。当日勤務ではなかった 社員も,発電所に続々と駆けつけた。事象を収束し絶対にここを出て家族に会おうと励 まし合ったり,現場で汚染して廃棄処分となる危険性がある中で,もしもの時に自分の 身元が分かる手がかりになるかもしれないと思い,家族からもらった大事な時計や指輪 をお守りとして身につけて現場に行く運転員もいた。

このような状況の中,発電所長の指揮の下,原子炉注水,格納容器ベント,電源復旧 といった事故収束に向けた対応が行われた。(詳細は,別資料「注水に関する対応状況」

「格納容器ベント操作に関する対応状況」「電源復旧に関する対応状況」参照)

懐中電灯の明かりを頼りに指示値を確認 仮設バッテリーをつないで計器用電源として使用

(12)

10

正門 技能 訓練棟

西門 北門

1・2号 開閉所 5・6号

開閉所 事務本館

6号T/B 6号 R/B

5号 R/B 5号T/B

1号T/B 2号T/B 3号T/B 4号T/B

3・4号 開閉所 運用補助

共用施設 廃棄物

集中 処理建屋 1号

R/B 2号 R/B

3号 R/B

4号 R/B

免震重要棟

工事用変電所 防火用水池 1・2号

C/B

3・4号 C/B 1・2号

S/B

3・4号 S/B

5・6号

C/B

4号逆洗弁ピット 3号逆洗弁ピット

2号逆洗弁ピット 1号逆洗弁ピット

物揚場

5号逆洗弁ピット 6号逆洗弁ピット

6号スクリーン 5号スクリーン 1号スクリーン 2号スクリーン 3号スクリーン 4号スクリーン

消防車車庫

R/B:原子炉建屋 T/B:タービン建屋 S/B:サービス建屋 C/B:コントロール建屋

汐見坂

福島第一原子力発電所の構内図

以 上

(13)

福島第一原子力発電所

電源復旧に関する対応状況について

本資料は,現時点で得られている各種情報や関係者の証言を基に事実関係を取りまとめ たものです。今後も事実関係の調査を継続していく中で,新たな事実が判明した場合には,

改めてお知らせいたします。

○「3/11 15:42,全交流電源喪失の判断・通報」以降の活動内容

【電源車の確保】

・ 11 日 16:10,本店配電部門から全店に対して,高圧電源車・低圧電源車の確 保と福島第一原子力発電所(以下,「発電所」)への移動経路の確認を指示。

・ 11 日 16:30 頃,本店本部から他電力へ電源車の救援を要請。

・ 11 日 16:50,全店の電源車が福島に向け順次出発。

・ 11 日 17:50,本店配電部門は,道路被害や渋滞により電源車が思うように進 めないことから,自衛隊ヘリによる電源車の空輸の検討を依頼。発電所では,

構内のグランドに協力企業や社員の車を約 30 台集め,ライトを照らして簡 易ヘリポートを準備する。

・ 11 日 18:15 頃,東北電力から,高圧電源車 3 台が発電所に向かっているこ とを確認。

・ 自衛隊ヘリや米軍ヘリでの電源車の輸送について検討を行うも,電源車の重 量が重く,11 日 20:50,ヘリによる電源車の空輸を断念。全電源車は陸路で 発電所へ向かう。

【電源設備の現場状況確認の実施】

・ 11 日 15:30 頃,本店本部に新福島変電所で被害が発生したとの報告が入る。

(詳細は「電気事業法第 106 条第 3 項の規定に基づく報告の徴収に対する報 告について(平成 23 年 5 月 16 日)」参照)

・ 津波警報発令が継続し,余震が頻発する状況であったが,電源復旧のために は電源設備の状況確認が必要と考え,復旧班のベテラン数名が現場調査を志 願。津波の危険性から海側の現場調査に対して慎重な意見もあったが,電源 復旧が急がれる状況であったことから,11 日 16:39,復旧班は所内電源と外 部電源に分かれて現場に向かった。

<所内電源>

・ 海沿いは瓦礫が散乱し,マンホールの蓋が開いている箇所や,道路が陥没し

(14)

12

ている箇所が多数ある状況の中,復旧班他計 4 名で 1 号機から現場状況確認 を開始。

 1 号機タービン建屋大物搬入口から建屋内に入り,1 階に設置されている 6.9kV 高圧電源盤(以下,M/C),480V 低圧電源盤(以下,P/C)を見たとこ ろ,浸水跡を確認。

 次に,P/C(1C)(1D)や直流 電源設備のあるコントロー ル建屋地下階の電気品室に 向かう。電気品室の堰(高さ 30~40cm)まで水が溜まって いたため,遠目で P/C(1C)

(1D)は浸水跡があることを 確認。

 同じ階の非常用ディーゼル 発電機(以下,D/G)室に向

かい,D/G(1A)制御盤は約 1m の浸水跡,低い位置にある D/G(1B)室 は D/G 本体が水没していることを確認。

 次に,2 号機タービン建屋 1 階の 2 号機 P/C が設置されている電気品室 に向かう。電気品室の床面は高さ 5cm 程度の浸水で,2 号機 P/C に浸水 跡は見られず。

 2 号機 M/C,直流電源設備の確認のため,地下階への移動を試みるも,約 1.5m の水位があったため断念。

 建屋内電源設備の確認後,1,2 号機中央制御室に向かう。中央制御室内 は,1号側はごく一部の状態表示灯は点灯していたが,2 号側は真っ暗 な状況。

 屋外に出て,津波で流されて道を塞いでいる重油タンクの脇を通り,屋 外変圧器エリアへ向かう。1

号機,2 号機の変圧器エリア では,機器に損壊はないよう に見えたが,津波による浸水 跡を確認。

 トレーラや瓦礫が道を塞いで いたため,その脇を通りぬけ,

3 号機,4 号機変圧器エリアへ 向かう。機器に損壊はないよ うに見えたが,津波による浸

1号機タービン建屋1M/Cの状況

トレーラや瓦礫を脇へ寄せた後の 3/4号機変圧器エリアの様子(後日撮影)

津波に浸水した跡が,M/Cの柵の泥の境目とし て残っている(後日撮影)

(15)

水跡を確認。

 3,4 号機の所内電源の状況を確認するため,3,4 号機タービン建屋大物 搬入口に向かう。4 号機大物搬入口は奥までトラックが流されているな ど瓦礫が散乱しており入ることが出来ず。3 号機大物搬入口はシャッタ ーが閉まっており入ることが出来ず。その後,免震重要棟へ引き返す。

・ 11 日 20:56 頃,運転員による点検結果と合わせて,以下の所内電源設備の状 況が発電所対策本部に報告される。

 1 号機:M/C,P/C 使用不可。

 2 号機:P/C は使用見込み有。M/C 使用不可。

 3 号機:M/C,P/C 使用不可。

<外部電源>

・ 外部電源の状況を確認するために,

復旧班 3~4 名で開閉所に向かう。

 1,2 号機の開閉所では,しゃ断 器などの機器が損壊している ことを確認。

 次に,66kV 東電原子力線の工事 用変電所の確認に向かう。工事 用変電所の機器は外観上の損 傷は見られなかったものの,所 内電源側の点検において,受電

設備である M/C に浸水跡が確認されたことから,東電原子力線による外 部電源の復旧は困難な状況。

 その後,一度免震重要棟へ戻り,現場の状況を報告。

 電源車輸送のため,構内グランドでの簡易へリポートの準備作業に加わ った後,11 日 20:34 に 3,4 号機の開閉所の確認に向かう。3,4 号機の開 閉所では,機器に損壊は見られなかったが,津波による浸水跡を確認。

・ 所内電源及び外部電源の現場状況確認の結果,外部電源の早期の復旧は困難,

また,D/G 本体や M/C 等は水没・浸水状態であり早期の復旧は困難であるこ とから,使用可能な所内電源設備と電源車を用いた電源復旧を目指した。

・ 並行して,工務部門では 12 日から新福島変電所の復旧を初めとした外部電 源復旧工事を開始。

地震により開閉所の遮断器が損傷して 一部が落下

(16)

14

写真のケーブルは約15mで重さは約90kg 1,2号の電源復旧はこの10倍以上の長さを

使用。(後日撮影)

【1,2 号機電源復旧の準備】

・ 1,2 号機は原子炉への注水状況が不明で,3 号機は原子炉への注水が行われ ていたことから,1,2 号機の電源復旧を優先。11 日夕方から,復旧班は,ケ ーブル手配や復旧機器の選定等,電源復旧の準備作業を開始した。

 使用見込みのある 2 号機 P/C のうち,接続されている負荷やケーブル敷 設の作業性等から,2 号機 P/C(2C)動力変圧器(6.9kV/480V)を用いて 電源復旧を行うこととした。暗闇の中,懐中電灯を用いて現場調査を行 い,2 号機タービン建屋の定期検査用仮設ケーブル貫通口が使用可能で あることを確認。その近傍の 2 号機タービン建屋脇に高圧電源車を配置 することとした。

 復旧機器としては,原子炉への高圧注水が可能なほう酸水注入系(以下,

SLC)等を復旧することとし,各機器につながる 480V 小容量低圧電源盤

(以下,MCC)の位置など,電源供給の経路を確認。

 仮設ケーブルの敷設距離は,機器配置図を用いて,6.9kV の「高圧電源 車~P/C」(以下,高圧側)の距離が約 200m,480V の「P/C~MCC・各機 器」(以下,低圧側)の距離が約 80mと算出。

 高圧側のケーブルは,発電所近辺の協力企業事務所(以下,発電所構外企 業事務所)に,4 号機定期検査の工事用として保管されていることを確認 し,発電所構外企業事務所にてケーブル切出し作業を開始。数時間かけ て,高さ約 2mのケーブルドラムから人力でケーブルを切り出し,敷設 時のねじれ防止のために 8 の字状に巻き,24:00 頃に 4tユニック車に積 載。その後,構内へ運搬。

 11 日 22:00 頃,応援の電源車 の第一陣として,東北電力高 圧電源車 1 台の到着を確認。

津波による瓦礫を撤去して通 路を確保した後,2,3 号機間 に誘導して配置した。

 11 日 22:00 頃,社員 3 名は,

閉じていた 2 号機タービン建 屋大物搬入口の開放に向かう。

工具を用いて大物搬入口のシ ャッターを開けようとするも

開かず,24:00 頃,協力企業の重機が到着してシャッターを開放。高圧 側ケーブルをタービン建屋内に搬入するための経路を確保した。

 浸水跡の無かった 2 号機 P/C(2C)の健全性を確認するため,復旧班 3

(17)

名で 2 号機タービン建屋に向かう。P/C(2C)に到着後,まず P/C に接続 されている本設ケーブルの取り外しを開始。懐中電灯で照らしながら,

何重にも巻かれて内側は溶け合っている絶縁テープをカッターで切れ込 みを入れながら数時間掛けて剥がし,本設ケーブルを取り外した。その 後,測定器で絶縁抵抗を測定し,使用可能であることを確認。

 ケーブル敷設作業に当たって,電気系以外の社員も動員して,協力企業 と合わせて約 40 名を確保。ケーブルの担ぎ方や人の配置について免震重 要棟で説明を行った。

【1,2 号機の電源復旧作業】

・ 電源車と高圧側ケーブルが現場に到着し,ケーブル敷設作業を開始する直前 に余震が発生。津波の危険性から,電源車と高圧側ケーブルを高台まで移動 し,作業員は免震重要棟へ退避した。

・ 12 日 1:20 頃,当社の高圧電源車 1 台の到着を確認。つなぎ込み前に当社の 電源車が到着したことから,復旧

班は,当社の電源車を使用するこ ととし,その後 2,3 号機間に配置。

高台に避難していた東北電力の電 源車は免震重要棟脇の駐車場に移 動して待機した。

・ その後,ケーブル敷設作業を開始。

高圧側ケーブルは太さ十数センチ,

長さ約 200m で重量は 1 トン以上。

通常なら機械を使用して相当の日 数をかけて敷設するものを,約 40 名で人力にて急ピッチで実施。

1,2 号機ケーブル敷設ルートの概要図 1,2号機の電源供給経路

480V P/C 1D 480V P/C 1C

予備

6900V M/C 2Cより

480V P/C 2C P/C2C動力変圧器

6900V M/C 1Cより

P/C1C 動力変圧器

6900V M/C 1Dより

P/C1D 動力変圧器

【2号機】

【1号機】

弁(

:浸水により使用不可

:仮設ケーブル 高圧電源車2台

H&V MCC1A R/B MCC1D

高圧側

低圧側

大物搬入口から高圧側ケーブルを搬入し,P/C2C まで敷設。その後,貫通口を通してケーブルの片 側を出し,建屋脇に配置した電源車に接続。

1,2号 1号 S/B

T/B 1号

R/B 2号

R/B 2号 T/B 1号

C/B 2号 C/B

P/C2C

高圧電源車

貫通口 大物搬入口

ケーブル敷設作業のイメージ 5m間隔でケーブルを持ち,1人当たり

30kg位の負荷

(18)

16

電源盤へのケーブル接続。3線のケーブル端子が ボルトで固定され絶縁テープが巻かれている。

端末処理でケーブルに接続する端子。

3 線×2(両端)の 6 箇所の接続が必要。

・ ケーブル敷設作業中にも余震が発生して,作業員はタービン建屋 2 階へ避難。

作業再開まで 1 時間以上の中断を余儀なくされた。

・ ケーブル敷設作業は通常の作業着で行っていたが,12 日 4:00~5:00 頃に構 内の放射線量が上昇し,避難指示が出されたため,全員で免震重要棟に退避。

・ その後,必要な人員を確保し,装備を整えて作業を再開。高圧側ケーブル敷 設作業を引き続き行うとともに,P/C への接続に必要なケーブルの端末処理 を実施。端末処理は,3 相(3 線)あるケーブルの端をそれぞれ接続用の端 子に固定する特殊作業で,1 本のケーブルだけで 3 線×2(両端)の 6 箇所の処 理が必要。数名の技術者で数時間かけて実施。

・ 電源車と高圧側ケーブルの接続部分は,触れると感電するおそれがあるので,

現場にあった枠組み足場を集めて,応急の接近防止用の枠を設置。

・ 高圧側を進めながら,低圧側の作業を実施。低圧側のケーブルは,発電所構 内協力企業倉庫に在庫があることを確認し,切り出して運搬。ケーブルの敷 設及び接続作業を実施。

・ 暗所,水たまりの中,電源盤近接での作業は,感電の恐怖があった。また,

足下に水たまりがある状態では,作業を行うにも工具を下に置けないため,

明かりを照らしたり,道具を持ったりする人が必要だった。

・ 12 日 10:15 頃,当社及び東北電力が派遣した電源車 72 台が福島に到着して いることを確認。両社合わせて,高圧電源車は福島第一 12 台,福島第二 42 台,低圧電源車は福島第一 7 台,福島第二 11 台。その他,自衛隊の電源車 が到着していた。

・ 高圧電源車から 2 号機 P/C(2C)動力変圧器まで高圧側のケーブルを敷設し て接続。2 号機 P/C(2C)予備遮断器から 1 号機 MCC ケーブルの端子まで低 圧側のケーブルを敷設して接続。高圧電源車から 2 号機 P/C を介し,1 号機 MCC に供給する経路を構成した。

写真は本電源復旧と同種のケーブル 接続の様子。(後日撮影)

(19)

・ 高圧電源車 2 台を運転して 2 号機 P/C(2C)の受電確認を行い,12 日 15:30 頃,1 号機 SLC ポンプ手前まで送電を開始したが,直後の 15:36 に 1 号機で 爆発が発生し,SLC ポンプの起動に至らず。

【3,4 号機の電源復旧作業】

・ 1,2 号のケーブル準備に続き,3,4 号機 の電源復旧のために,発電所構外企業事 務所から高圧側ケーブルをドラムごと ユニック車で運搬し,現場に仮置き。電 源復旧の際には現地で切り出し作業を 行うこととした。

○「3/12 15:36 1 号機原子炉建屋で爆発」以降の活動内容

【爆発後の状況】

・ 2 号機 P/C(2C)は受電を停止。当社及び協力企業の作業員は免震重要棟へ退 避。爆発により電源復旧に関わっていた社員 2 名が負傷。現場の状況が確認 されるまでは復旧に着手できず。特に,爆発の原因が分からない中,爆発し た 1 号機付近で作業を再開できる状況ではなかった。

・ 11 日夜に設置した 1,2 号機中央制御室の仮設照明用の小型発電機は,爆発の 影響で損傷して送電を停止。

【3 号機電源復旧】

<電源設備の健全性確認の実施>

・ 1 号機爆発の原因が分からない状況であり,現場に行くことを復旧班では不 安に感じる中,ベテランの復旧班 1 名と保安班 1 名の計 2 名が,3,4 号機へ 使用できる電源設備の調査に向かう。

 4 号機タービン建屋大物搬入口から建屋内に入る。大物搬入口の奥まで 流されているトラックの横を通り,瓦礫が散乱する通路を進んで,ター ビン建屋 1 階にある電気品室に向かう。そこで,4 号機 P/C が使えそう なことを確認。

 その後,3 号機へ向かおうとしたが,途中,3,4 号機のコントロール建 屋連絡通路にある防火扉が変形して通れる状況でなかったため,免震重 要棟に引き返した。

・ 12 日 20:05,4 号機 P/C が使用できる可能性があることを発電所対策本部に 報告。

高さ約2mのケーブルドラム(後日撮影)

(20)

18

<電源復旧の準備>

・ 3 号機は,原子炉への高圧注水が可能な SLC ポンプや,PCV ベント弁,直流 電源設備の充電盤等を復旧することとした。

・ 高圧電源車の配置のため,バックホーで津波による障害物を撤去して道路を 整備。ケーブル敷設経路の確保のため,協力企業に依頼し,構内の技能訓練 施設からガスボンベを運搬して,3 号機タービン建屋大物搬入口の閉まって いるシャッターや,3,4 号機のコントロール建屋連絡通路の変形した防火扉 を溶断。13 日未明にケーブル敷設ルートを確保した。

・ 3,4 号機の電源復旧のために予め準備していた高圧側の電源ケーブルは,1 号機原子炉建屋の爆発の影響で損傷して使用不能なことを確認。13 日 6:30 頃,高圧側ケーブルを再度搬送するために,復旧班 2 名は協力企業とともに 発電所構外企業事務所へ向かう。数時間かけて,高圧側ケーブル約 280m の 切り出しを行うとともに,当該事務所でケーブルの端末処理を実施。

・ 同じく 13 日 6:30 頃,別の復旧班員と協力企業は,発電所構内協力企業倉庫 へ向かい,低圧側ケーブルの切り出し及び端末処理を実施。

・ ケーブル敷設作業のために,約 40 名を確保して,ケーブルの担ぎ方や人の 配置について免震重要棟で説明を実施。全面マスク等の装備やヨウ素剤の服 用など準備を行い,13 日 10:00 頃,現場作業を開始。

予備

6900V M/C 4Dより

480V P/C 4D

P/C4D動力変圧器

【4号機】

【3号機】

純水

( B 弁(

高圧電源車1台

T/B MCC 3C-2 R/B MCC3D

予備 充電 弁(

RHR MCC3A

計装用電源

:浸水により使用不可

:仮設ケーブル

:浸水により使用不可

:仮設ケーブル

480V P/C 3D 480V P/C 3C

6900V M/C 3Cより

P/C3C 動力変圧器

6900V M/C 3Dより

P/C3D 動力変圧器

高圧側

低圧側

3号機計装用電源

<電源復旧作業>

・ 先に準備が完了した低圧側ケーブルから敷設を開始。作業においては,建屋 内は真っ暗で懐中電灯の数も少なかったことから,単独行動は絶対にさせず 団体で行動した。

3,4号機の電源供給経路

高圧電源車

3号 T/B

3,4号 S/B

3号 R/B

4号 R/B 4号 T/B 3号

C/B 4号 C/B

P/C4D

大物搬入口

連絡通路の 防火扉

3,4 号機ケーブル敷設ルートの概要図 大物搬入口及び連絡通路の防火扉を溶断し,大物

搬入口前に設置した高圧電源車からP/C4Dまで 高圧側ケーブルを敷設。

(21)

・ 4 号機 P/C(4D)から 3 号機原子炉建屋二重扉まで低圧側ケーブルを敷設し,

二重扉内側にある MCC まで敷設するために二重扉を開けたところ,白いもや がかかっている状況を確認。通信設備がほとんど使えず,中央制御室へ戻っ てホットラインで復旧班に状況を報告。その先の作業を中断することとし,

13 日昼頃,入口にケーブルを丸めて仮置きした。

・ その頃,高圧側のケーブルが現場へ到着したことから,引き続き高圧側ケー ブルの敷設を開始。高圧電源車から 4 号機 P/C(4D)までの間の高圧側ケーブ ル敷設の完了後,13 日 14:20 頃に高圧電源車を起動して 4 号機 P/C(4D)が受 電開始。

・ 並行して低圧側の別のラインのケーブル敷設を行い,13 日 14:36 頃,4 号機 P/C(4D)から 3 号機タービン建屋 MCC まで低圧側ケーブル敷設を完了。

・ その後,3 号機計測用電源復旧のため,原子炉建屋二重扉前に置いたケーブ ルを流用して,4 号機 P/C(4D)から 3 号機計測用分電盤へ低圧側ケーブル を敷設。14 日 4:08,4 号機使用済燃料プール水温計及び,3 号機格納容器雰 囲気モニタ(CAMS)の一部機能が復旧。

【1,2 号機電源復旧】

・ 1 号機の爆発の影響で送電が停止していた 2 号機 P/C(2C)への送電再開のた め,13 日 8:30 頃,高圧電源車を起動して 2 号機 P/C(2C)への再送電を試み るも,送電できず。原因を調査したところ,高圧側ケーブルが損傷している ことを確認。

・ 損傷部分約 30m を切り離してその部分に新たなケーブルを接続することとし,

発電所構外企業事務所でケーブルを切り出して搬送,高圧側ケーブル損傷部 分の取替作業を開始。2 号機 P/C(2C)への再送電前に 3 号機原子炉建屋で爆 発が発生。

<1,2 号中央制御室の仮設照明の復旧>

・ 1 号機爆発の影響で損傷した小型発電機を取り替え,1,2 号機サービス建屋 入口に設置。12 日夜に送電を再開し,その後も運転員が定期的に給油を実施。

○「3/14 11:01 3 号機原子炉建屋爆発」以降の活動内容

【爆発後の状況と一時退避】

・ 4 号機 P/C(4D)は受電を停止。1,2 号機の電源復旧などを行っていた当社及 び協力企業の作業員は免震重要棟へ退避。

(22)

20

【電源の復旧】

・ 工務部門・配電部門による外部電源復旧 工事は,12 日に開始して以降,作業を 継続。使用済燃料プールへの放水と時間 を調整しながら作業を進め,20 日 15:46 に 2 号機 P/C(2C),22 日 10:36 に 4 号機 P/C(4D)が受電を開始。29 日までに全号 機の中央制御室の照明が外部電源によ り復旧。

以 上

中央制御室の照明復旧(4号機)

(23)

福島第一原子力発電所1号機における

地震発生から3月12日(土)までの主な時系列

本資料は,現時点で得られている各種情報や関係者の証言を基に事実関係を取りまとめ たものです。今後も事実関係の調査を継続していく中で,新たな事実が判明した場合には,

改めてお知らせいたします。

平成23年3月11日(金)

14:46 東北地方太平洋沖地震発生。原子炉自動スクラム。第3非常態勢を自 動発令。

14:47 主タービン自動停止,非常用ディーゼル発電機自動起動。

14:52 非常用復水器(以下,「IC」)自動起動。

15:02 原子炉未臨界確認。

15:03頃 原子炉冷却材温度降下率 55℃/h を遵守するために,ICの戻り配管隔 離弁(MO-3A,3B)を一旦「全閉」。その後,ICによる原子炉圧力制御 開始。

15:06 非常災害対策本部を本店に設置(地震による被害状況の把握、停電等 の復旧)

15:27 津波第一波到達。

15:35 津波第二波到達。

15:37 全交流電源喪失。

15:42 原子力災害対策特別措置法(以下,「原災法」)第 10 条第1項の規定に 基づく特定事象(全交流電源喪失)が発生したと判断,官庁等に通報。

15:42 第1次緊急時態勢を発令。緊急時対策本部を設置(非常災害対策本部 との合同本部となる)。

16:00頃 構内道路の健全性確認を開始。

16:10 本店配電部門から全店に高・低圧電源車の確保と移動経路の確認指示。

16:36 原子炉水位が確認出来ず,注水状況が不明なため,原災法第 15 条第1 項の規定に基づく特定事象(非常用炉心冷却装置注水不能)が発生し たと判断,16:45 官庁等に通報。

16:36 第2次緊急時態勢を発令。

16:39 電源設備(外部電源,所内電源)の健全性確認を開始。

16:45 原子炉水位が確認出来たことから,原災法第 15 条第1項の規定に基づ く特定事象(非常用炉心冷却装置注水不能)発生の解除を判断,16:55

(24)

22 官庁等に通報。

16:50 全店の高・低圧電源車が福島に向け順次出発。

16:55 ディーゼル駆動消火ポンプの現場確認を開始。

17:07 再度,原子炉水位が確認出来なくなったため,原災法第 15 条第1項の 規定に基づく特定事象(非常用炉心冷却装置注水不能)が発生したと 判断,17:12 官庁等に通報。

17:12 発電所長は,アクシデントマネジメント対策として設置した消火系ラ イン,及び消防車を使用した原子炉への注水方法の検討開始を指示。

17:30 故障復帰操作により,ディーゼル駆動消火ポンプが自動起動したが,

原子炉代替注水ラインが未構成だったため停止(その後,起動しない よう停止状態で保持)。

18:18 ICの戻り配管隔離弁(MO-3A),供給配管隔離弁(MO-2A)の開操作実 施,蒸気発生を確認。

18:25 ICの戻り配管隔離弁(MO-3A)閉操作。

18:38 原子炉代替注水ライン構成を開始。

19:00頃 2,3 号機の間にあるゲートを開放,1~4 号機への車両の通行ルートを 確保。

19:24 構内道路の健全性確認の結果を発電所対策本部に報告。

20:47 中央制御室内の仮設照明が点灯。

20:50 原子炉代替注水ラインが完成したことから,停止状態の保持を解除し,

故障復帰操作により,ディーゼル駆動消火ポンプ自動起動(原子炉減 圧後に注水可能な状態)。

20:50 福島県が福島第一原子力発電所から半径 2km の住民に避難指示。

20:56 電源設備(外部電源,所内電源)の健全性確認結果を発電所対策本部 に報告。

21:19 原子炉水位判明,有効燃料頂部(以下,「TAF」)+200mm。

21:23 内閣総理大臣が福島第一原子力発電所から半径 3km 圏内の避難,半径 3km~10km 圏内の屋内退避を指示。

21:30 ICの戻り配管隔離弁(MO-3A)開操作実施,蒸気発生を確認。

21:51 原子炉建屋の放射線量が上昇したことから,原子炉建屋への入域を禁 止。

22:00頃 東北電力第一陣,高圧電源車1台の到着を確認。

22:10 原子炉水位が TAF+450mm 近辺にあることを官庁等に連絡。

23:00 サーベイの結果として,タービン建屋内での放射線量の上昇(タービ ン建屋1階北側二重扉前 1.2mSv/h,タービン建屋 1 階南側二重扉前 0.5mSv/h)を 23:40 官庁等に連絡。

(25)

平成23年3月12日(土)

0:06 ドライウェル(以下,「D/W」)圧力が 600kPa abs を超えている可能性 があり,格納容器ベント(以下,「ベント」)を実施する可能性がある ことから,準備を進めるよう発電所長指示。

0:30 国による避難住民の避難措置完了確認(双葉町及び大熊町の 3km 以内 避難措置完了確認,1:45 に再度確認)

0:49 D/W 圧力が 600kPa abs を超えている可能性があることから,原災法第 15 条第1項の規定に基づく特定事象(格納容器圧力異常上昇)が発生 したと判断,0:55 官庁等に通報。

1:20頃 当社の高圧電源車1台の到着を確認。

1:30頃 1号機及び2号機のベントの実施について,内閣総理大臣,経済産業 大臣,原子力安全・保安院に申し入れ,了解を得る。

1:48 ディーゼル駆動消火ポンプ停止を確認。

2:03 消防車から消火系ラインの送水口につなぎこむことを検討開始。

2:47 2:30 に D/W 圧力が 840kPa abs に到達したことを官庁等に連絡。

3:06 ベント実施に関するプレス会見実施。

4:00頃 消防車により消火系ラインから原子炉内に淡水注入開始,1,300 リッ トルを注入完了。

4:01 ベントを実施した場合の被ばく評価結果を官庁等に連絡。

4:55 発電所構内における放射線量が上昇(正門付近 0.069μSv/h(4:00) → 0.59μSv/h(4:23))したことを確認,官庁等に連絡。

5:14 発電所構内における放射線量が上昇していること及び,D/W 圧力も低下 傾向にあることから「外部への放射性物質の漏えい」が発生している と判断,官庁等に連絡。

5:44 内閣総理大臣が福島第一原子力発電所から半径 10km 圏内の住民に避難 指示。

5:46 消防車により消火系ラインから原子炉内に淡水注入再開。

5:52 消防車により消火系ラインから原子炉内に淡水 1,000 リットルを注入 完了。

6:30 消防車により消火系ラインから原子炉内に淡水 1,000 リットルを注入 完了。

6:33 地域の避難状況として,大熊町から都路方面へ移動を検討中であるこ とを確認。

6:50 経済産業大臣より法令に基づくベントの実施命令(手動によるベント)。

7:11 内閣総理大臣が福島第一原子力発電所に到着。

(26)

24

7:55 消防車により消火系ラインから原子炉内に淡水 1,000 リットルを注入 完了。

8:03 ベント操作を9時目標で行うよう発電所長指示。

8:04 内閣総理大臣が福島第一原子力発電所を出発。

8:15 消防車により消火系ラインから原子炉内に淡水 1,000 リットルを注入 完了。

8:27 大熊町の一部が避難できていないとの情報を確認。

8:30 消防車により消火系ラインから原子炉内に淡水 1,000 リットルを注入 完了。

8:37 福島県へ9時頃ベントの開始に向けて準備していることを連絡。避難 状況を確認してからベントをすることで調整。

9:02 大熊町(熊地区の一部)の避難が出来ていることを確認。

9:04 ベントの操作を行うため運転員が現場へ出発。

9:05 ベント実施に関するプレス発表。

9:15 消防車により消火系ラインから原子炉内に淡水 1,000 リットルを注入 完了。

9:15頃 格納容器(以下,「PCV」)ベント弁(MO 弁)を手動開。

9:30頃 圧力抑制室(以下,「S/C」)ベント弁(AO 弁)小弁の現場操作を試みる が,高い放射線量のため断念。

9:40 消防車により消火系ラインから原子炉内に淡水 15,000 リットルを注入 完了。

9:53 再度,ベントを実施した場合の被ばく評価結果を官庁等に連絡。

10:15頃 当社及び東北電力が派遣した電源車 72 台が,福島に到着していること を確認(高圧電源車:福島第一 12 台,福島第二 42 台,低圧電源車:

福島第一 7 台,福島第二 11 台)。

10:17 中央制御室にて S/C ベント弁(AO 弁)小弁を開操作。(計装用圧縮空気 系の残圧を期待)

10:40 正門及びモニタリングポスト No8 付近の放射線量が上昇していること が確認されたことから,ベントにより放射性物質が放出された可能性 が高いと判断。

11:15 放射線量が下がっていることから,ベントが十分効いていない可能性 があることを確認。

11:39 ベント操作のために,原子炉建屋内に入域した当社社員1名の被ばく 線量が 100mSv を超過(106.30mSv) したことを官庁等に連絡。

14:30 S/C ベント弁(AO 弁)大弁を動作させるため,14:00 頃に仮設の空気圧 縮機を設置したところ,D/W 圧力が低下していることを確認し,ベン

(27)

トによる「放射性物質の放出」と判断,15:18 官庁等に連絡。

14:53 消防車による原子炉への淡水注入,約 80,000 リットル(累計)を注入 完了。

14:54 原子炉への海水注入を実施するよう発電所長指示。

15:18 ほう酸水注入系の復旧作業を進めており、準備が整い次第、ほう酸水 注入系ポンプを起動し、原子炉内へ注入する予定。また、今後準備が 整い次第,消火系にて海水を原子炉へ注水する予定であることを官庁 等に連絡。

15:30頃 高圧電源車から 2 号機 P/C を介して 1 号機 MCC に電源を供給する経路 を構成,ほう酸水注入系ポンプ手前まで送電を開始。

15:36 原子炉建屋で爆発発生。

16:27 モニタリングポスト No4 付近で 500μSv/h を超える放射線量(1,015μ Sv/h)を計測したことから,原災法第 15 条第1項の規定に基づく特定 事象(敷地境界放射線量異常上昇)が発生したと判断,官庁等に通報。

17:20頃 消防車,建屋などの状況の調査に出発。

18:05 経済産業大臣から法令に基づく命令(注水すること)があったことを 本店・発電所間で共有。

18:25 内閣総理大臣が,福島第一原子力発電所から半径 20km 圏内の住民に対 し避難指示。

18:30頃 消防車,建屋などの状況調査の結果,現場は散乱している状態でほう 酸水注入系の電源設備や準備していた海水注入のためのホースが損傷,

使用不可能であることを確認。

19:04 原子炉内に消火系ラインから消防車による海水注入開始。

20:45 ほう酸を海水と混ぜて原子炉内へ注入開始。

以 上

(28)

福島第一原子力発電所1号機 注水に関する対応状況について

本資料は,現時点で得られている各種情報や関係者の証言を基に事実関係を取りまと めたものです。今後も事実関係の調査を継続していく中で,新たな事実が判明した場合 には,改めてお知らせいたします。

○「3/11 16:36 非常用炉心冷却装置注水不能の判断・通報」以降の活動内容

【原子炉水位の確認】

・ 11 日 16:44,それまで見えなかった原子炉水位が一時的に確認出来るように なったこと(有効燃料頂部 TAF+250cm 相当)が発電所対策本部に報告される。

・ 原子炉水位が確認できたことから,原災法第 15 条第 1 項に基づく特定事象(非 常用炉心冷却装置注水不能)発生の解除を判断,11 日 16:55 官庁等に通報。

・ 中央制御室では,原子炉水位を継続的に監視していたが, 11 日 17:07,再度 原子炉水位が確認出来なくなったため,発電所対策本部は,原災法第 15 条第 1 項に基づく特定事象『非常用炉心冷却装置注水不能』が発生したと判断,

17:12 官庁等に通報。

【原子炉注水手段の状況確認,検討,操作】

<ディーゼル駆動消火ポンプ(以下,DDFP)の対応状況 その 1>

・ 11 日 16:35,当直長の指示により使用可能な設備を確認していたところ,中 央制御室の DDFP の状態表示灯が停止状態で点灯していることを確認。

・ 11 日 16:55,DDFP の設置されているタービン建屋地下階の消火系(以下,FP)

ポンプ室へ運転員が確認に向かう。現場へ向かう途中,タービン建屋 1 階 の廊下には工具ラックのようなものが移動して通路を塞いでいた。それを 避けながら原子炉建屋の二重扉付近まで行ったところで,津波の状況をサ ービス建屋屋上で監視していた運転員から,繋いだままにしていた PHS に て,津波が来るとの情報が入り,一旦引き返した。

<高圧注水系(以下,HPCI)の対応状況>

・ HPCI については,中央制御室の状態表示灯が全て消灯し,運転制御に必要 な直流電源が喪失したため,起動不能となった。

・ 11 日 16:39,復旧班は,地震・津波後の電源設備の現場状況確認を開始。

直流電源設備が設置されているコントロール建屋地下階の電気品室は,堰

(高さ 30~40cm)まで水が溜まっていたことから点検を断念した。

(29)

○「3/11 17:12 発電所長は,アクシデントマネジメント(以下,AM)対策として設置し た代替注水手段及び消防車(中越沖地震の教訓として設置)を使用した原子炉への注水 方法の検討開始を指示」以降の活動内容

<原子炉への代替注水ラインの検討,操作>

・ 11 日 17:12,発電所対策本部では,AM 対策として設置された代替注水手段

(消火系(以下,「FP」),復水補給水系,格納容器冷却系)及び消防車の使 用について検討を開始。

・ 中央制御室では,原子炉への代替注水手段の確認のために AM 操作手順書を 当直長席に出し,代替注水ラインを確認。11 日 18:35,DDFP を用い FP ライ ンより炉心スプレイ系(以下,CS)を経由した原子炉への代替注水ライン の構成を開始した。電源がなく中央制御室では操作ができない状況。運転 員 4 名と発電班 1 名の計 5 名は,全面マスクを着用し,照明が消えた暗闇 の中,懐中電灯を照らしながら,原子炉建屋にて CS などの 5 つの電動弁を 手動で開け,20:30 頃に原子炉への代替注水ライン構成を完了した。

・ 特に CS 注入弁は,手動操作用のハンドルが直径約 60cm で弁棒のストロー クが長く,操作後は,着用していた全面マスクの中に汗がたまっていた。

<DDFP の対応状況 その 2>

・ DDFP の現場確認に向かい一旦引き返していた運転員は,津波の監視を行っ ていた運転員から,津波が到達したものの高くなかったとの情報を得たこ とから,11 日 17:19,再度現場確認に向かった。タービン建屋地下階は浸水 していたが,屋外巡視用の長靴を履いて FP ポンプ室に入室した。

・ 11 日 17:30,FP ポンプ室にある FP 制御盤の故障表示灯が点灯していること を確認した。FP 制御盤で故障復帰ボタンを押したところ, DDFP が自動起 動した。この際,DDFP は代替注水ラインが整うまで停止することとした。

・ その後約 3 時間,運転員は DDFP が自動起動しないように中央制御室にて交 代で操作スイッチを「停止」位置で保持した。

<非常用復水器(以下,IC)の対応状況 その 1>

・ 電源喪失により,中央制御室では監視計器や各種表示ランプが消灯し,IC に関する確認が出来ない状況であった。11 日 17:19,運転員は,現場の状 況確認を行う中,通常の作業着に長靴を着用し,懐中電灯と GM 管を持って,

IC の設置されている原子炉建屋内にある IC 胴側の水の水位計レベルなどの 確認に向かった。原子炉建屋入口付近で,放射線量レベルが通常より高い 値を計測したため,17:50 一旦引き返した。

・ 中央制御室では,一部の直流電源が復活し,IC の戻り配管隔離弁(MO-3A), 供給配管隔離弁(MO-2A)の表示ランプが点灯していることを運転員が発見,

点灯状況を確認したところ,閉であった。

Updating...

参照

関連した話題 :