問題を 解 こう

Download (0)

Full text

(1)

小学 6年

国語第回

32

ふしぎ

な こ と ば ことば

の ふ し ぎ⑧

池 上 嘉 彦

いけひこ

い ろ い ろ な こ と ば 子

ど も の こ と ば を 考 え る 場 合 に は

、 だ い た い 大 人 の こ と ば と 対 立 さ せ て 考 え る の が 普 通 で す

。 そ の 背 後 に あ る の は

、 大 人 の こ と

つうはい

ば の ほ う が 普 通 で あ っ て

、 子 ど も の こ と ば の ほ う は 普 通 で な い と

つうつう

い う こ と で し ょ う

。 ち ょ う ど そ れ と 同 じ よ う な 考 え 方 が 詩 の こ と ば に つ い て も な さ れ ま す

。 つ ま り

、 日 常 の こ と ば と い う の は 普 通 で あ っ て

、 詩 の こ

つう

と ば は 何 か 特 殊 な こ と ば で あ る と い う よ う な 発 想 で す

とく

こ れ を 次 の よ う に 書 き 表 し て み ま し ょ う

。 子

ど も の こ と ば

― 大 人 の こ と ば 詩の ことば

― 日 常 の こ と ば 上

「 子 ど も の こ と ば

」「

詩 の こ と ば

」の ほ う が 普 通 で な い も の

つう

それ に 対 し て 下の

「 大 人 の こ と ば

」「 日 常 の こ と ば

」 の ほ う が 普 通 つう

と い う わ け で す

。 も う 少 し 枠 を 広 げ て み て

、 た と え ば

、「 男 性 の こ と ば

」「 女 性 の

わく

(2)

こ と ば

」 と い う の を 比 べ て み ま す と

、 多 分

、 普 通 で す と

、「 女 性 の

つう

こ と ば

」 は 上 の ほ う に

、「 男 性 の こ と ば

」 は 下 の ほ う に 並 べ ら れ る

なら

で し ょ う

。 た と え ば

、 学 問 的 な 論 文 を 書 く 場 合

、 そ こ で は 書 い て い る 人 が

ろん

男 性 か

、 女 性 か 問 題 に な ら な い わ け で す

。 そ う い っ た 場 合

、 ど ち ら の こ と ば を 使 う か と い う こ と に な り ま す と

、「 男 性 の こ と ば

」 で 書 く と い う こ と に な り ま す

。 だ か ら あ る 人 に 言 わ せ ま す と

、 女 性 と い う の は

、 常 に 二 つ の 言 語 を 使 っ て い る

、 つ ま り

、 バ イ リ ン ガ

( b i l i n - g u a l ) だ と い う こ と に な る わ け で す

確 か に

、 そ う い う 発 想 が 成 り 立 つ よ う な 面 が あ る と 思 い ま す

。 そ れ か ら

、「 方 言

」 と い う も の と

、「 共 通 語

」 と い う も の を 比 べ て み ま す と

、 方 言 は 上 に き て

、 共 通 語 は 下 に く る と い う こ と に な る で し ょ う

。 こ の よ う に 位 置 づ け し て み ま す と

、 一 般 的 に 言 っ て

、 上 に 並 ん

いっぱんてきなら

だ も の の ほ う が 特 殊 で

、 下 に 並 ん だ も の の ほ う が 普 通

、 つ ま り

とくならつう

下 に 並 ん だ も の の ほ う が 中 心 的 で 優 勢 な も の

。 そ れ に 対 し て 上 に

ならゆうせい

並 ん だ も の の ほ う は そ れ に

属 す る も の と い う よ う に 受 け 取 ら れ

ならじゅう

る の が 普 通 で す

つう

し か し

、 最 近 の 一 つ の 発 想 と し て

、 そ う い う 考 え 方 を 逆 転 さ せ る よ う な 面 に 注 目 す る と い う こ と が よ く 言 わ れ ま す

。 つ ま り

、 少 し 見 方 を 変 え て 見 て み ま す と

、「 中 心

」 に あ る と い う こ と は

、 既 に

すで

で き 上 が っ て い る 秩 序 で あ る わ け で

、 そ れ を 維 持 し よ う と す る よ

ちつじょ

う な 形 で

、 い わ ば 保 守 的 な 傾 向 と 結 び つ く

けいこう

(3)

そ し て

、 だ ん だ ん 安 定 し て き ま す と

、 何 か 沈 滞 と い っ て よ い よ

ちんたい

う な

状況

が 生 ま れ て く る

。 そ れ に 対 し て

、「 中 心

」 に な い も の の

じょ

ほ う に は

、 ま だ 安 定 し て い な い

、 し か し

、 そ れ だ け に そ こ に は ま だ 新 し い 何 か が 起 こ り 得 る の だ と い う 面 が あ る わ け で す

「 中 心

」 の 部 分 と い う の は

、 き ち ん と 決 め ら れ て い ま す か ら

、 決 め ら れ た 部 分 か ら

、 余 り は み だ し た り す る こ と は で き な い

。 と こ ろ が

、「 中 心

」 で な い 部 分 で は

、 そ う い う 力 が 及 ん で い な い と い う

およ

こ と で す か ら

、 何 か 新 し い こ と

、 文 化 的 に 新 し い こ と が 起 こ る 場 所 で あ る

。 そ し て

、「 中 心

」 部 分 が 沈 滞 し て く る と

、 新 し く で き た も の が そ

ちん

こ へ だ ん だ ん 侵

し て き て

、 つ い に は

、 そ れ を ひ っ く り 返 し て と

しん

っ て 代 わ る と い う こ と に も な る

。 し か し

、 そ れ が

「 中 心

」 に な っ て ま た 沈 滞 し 始 め る と

、 ま た

「 中 心

」 で な い 部 分 に 始 ま っ た 新 し

ちんたい

い も の が 広 が っ て き て

、 そ れ に と っ て 代 わ る

こ う い う 絶 え ま な い 動 き を 通 じ て 文 化 と い う も の が ず っ と 発 展 し て い く

。 こ う

はってん

い う 発 想 が あ る わ け で す

。 大 人 の こ と ば と 子 ど も の こ と ば の 場 合 も

、 大 人 の こ と ば が

「 中 心

」 で

、 子 ど も の こ と ば は

「 中 心

」 で は あ り ま せ ん

。 だ か ら

、 普 通 つう

た ち は

、「 中 心

」 で あ る と こ ろ の 大 人 の こ と ば を 維 持 し な

わたし

け れ ば な ら な い と 思 っ て お り

、 子 ど も が 何 か 変 わ っ た 言 い 方 を し ま す と

、 そ れ は お か し い と 言 っ て 直 す と い う こ と を や り ま す

。 し か し

、 そ の 反 面

、 子 ど も の こ と ば と い う の は

、 必 ず し も 全 部 大 人 の こ と ば に 合 わ せ て 直 さ れ て し ま う わ け で は あ り ま せ ん

。 そ

(4)

れ は

、 こ と ば と い う の が

、 時 代 と と も に 変 わ る と い う こ と を み れ ば す ぐ わ か る こ と で す

「 こ と ば が 変 わ る

」 と い う 場 合

、 そ れ は

、 世 代 か ら 世 代 へ の 移 り 変 わ り で

、 ず れ が 起 こ っ て い る と い う こ と で す し

、 そ の ず れ と い う の は

、 子 ど も の こ と ば に 始 ま っ た も の が

、 そ れ を 直 そ う と す る 試 み に も か か わ ら ず

、 し き れ な く て

、 そ れ が 大 人 の こ と ば の 中 に 入 り こ み

、 言 語 を 変 え る の だ と 考 え る こ と が で き ま す

。 こ ん な ふ う に 考 え て き ま す と

、「 中 心

」 で な い も の も

、 最 近 の こ と ば を 使 い ま す と

、 文 化 と い う も の を

「 活 性 化

」 す る

、 つ ま り

、 そ れ に 活 力 を 与 え る

― そ う い う 意 味 を 持 っ て い る も の と し て と

あた

らえ な お すこと

が でき るわけ

で す

「 中 心

」 の ほ う が 沈 滞 し

、 前 も っ て き め ら れ た こ と が 前 も っ て き

ちんたい

め ら れ た 形 で 行 わ れ て い る だ け で

、 何 か が 起 こ っ て は い る の だ け れ ど も

、 実 際 に は

、 本 当 の 意 味 で の 新 し い こ と は 何 も 起 こ っ て は い な い

。 そ れ に 対 し

、 本 当 に 新 し い こ と が 起 こ る の は

、 む し ろ

「 中 心

」 では ない部分か

らで は な いかと

い う 発 想 がで てく るわけで

。 子 ど も の こ と ば に つ い て も

、 そ う い う 視 点 か ら と ら え て み る こ

てん

と が 十 分 で き る は ず で す

(5)

「 確 か に

、 そ う い う 発 想 が 成 り 立 つ よ う な 面 が あ る と 思 ま す

」 とあ りま すが、

「 そ う い う 発 想

」 と は

、 ど の よ う な 発 想 で す か

。 文 章 中 の 言 葉 を 使 て 1 答 え な さ い

筆 者 が こ の よ う に 思 う の は な ぜ で す か

。 最 も ふ さ わ し い も の を 次 ら 選 び

、 記 号 で 答 え な さ い

女 性 は

「 男 性 の こ と ば

」 と

「 女 性 の こ と ば

」 を そ の 時 の 気 分 で 自 由 使い 分けて

い る か ら

女 性 は

、 ふ だ ん は

「 女 性 の こ と ば

」 を 使 っ て い る が

、 正 式 な 文 章 を く 場 合 な ど は

「 男 性 の こ と ば

」 を 使 う か ら

女 性 は

、 心 配 り が 細 や か な の で

、 相 手 に 合 わ せ て わ か り や す い 言 葉 か い を し よ う と す る か ら

。 二

「 こ う い う 絶 え ま な い 動 き

」 と な る よ う に

、 次 の ア

~ エ な ら べ か え な さ い

。 た だ し 一 番 目 は ア と し ま す

・ ア

→(

→(

中 心 で な い 部 分 に 新 し い こ と が 起 こ る

新しい

も のが 中 心 のも の に と っ て 代 わる

中 心 部 分 が 沈 滞 す る

ちん

中 心 部 分 に 新 し い も の が 侵

す る

しん

問題を 解 こう

Figure

Updating...

References

Related subjects :