全文

(1)九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository. Rebellion in Madiun 谷川. 榮彦 九州大学法学部. https://doi.org/10.15017/14366 出版情報:法政研究. 22 (2/4), pp.107-124, 1955-03. Hosei Gakkai (Institute for Law and Politics) Kyushu University バージョン: 権利関係:.

(2) マ. デ. は. ィ. は. 目 が. ウ. し. ン. 次 き. の. 一︑ ハツ タ政 府 成 立 の背 景 二 ︑人 民 民 主 戦 線 の発 展. が. き. 蜂. 三 ︑人 民政 権 の樹 立 とそ の敗 退. し. 起. 谷. 川. 榮. 彦. 第 二 次 世 界 大 戦 が終 り ︑ オ ラ ンダ 帝 国 主義 が イ ンド ネ シア に復 帰 し よ う と す るや ︑ イ ンド ネ シ ア の 土着 民 は広 範 な. 民 族統 一戦 線 を 結 成 し て︑ 民 族 独 立 のた め にた ち あ がっ た︒ そ の た め オ ラ ンダ の復 帰 工作 も な か な か 計 画 通 り に は進. ま な か つた ︒ し か し ︑ オ ラ ンダ の復 帰 工作 が本 格 的 と な るに つれ て︑ 民 族統 一戦 線 の内 部 にも 各 種 の困 難 が お こり ︑. さ いご に は 民 族統 一戦 線 そ のも の に大 き な 亀 裂 を 生 じ た ︒ オ ラ ンダ に対 す る妥 協 か 徹 底 的 斗 争 かを めぐ つ て︑ 民 族統. 一戦 線 内 のブ ルジョ ア ジー や 地 主 と 労農 大 衆 と の間 に対 立 が 生 じ た こと が ︑ す な わ ち それ であ っ た︒ し か も そ の対 立. は 日増 し に激 し く な り ︑ 一九 四 八年 九 月 に ぱ つ いに マディ ウ ン暴 動 と いう形 を と っ て爆 発 し た︒ 労働 者 や農 民︑ 革命. 的 兵 士た ち が ブ ルジョ ア ジー と 地主 を 中 心 と し た バッ タ 政府 に 対 し て蜂 起 し ︑ マデ ィ ウ ン 一帯 に 人 民 政 権 を 樹 立 し た. 事 件 が それ であ っ た︒ も ち る ん︑ この蜂 起 は短 時 日 の う ち に 政府 のた め に鎭 圧 さ れ てし ま っ た が︑ そ れ が そ の後 の民.

(3) 族 独 立 斗 争 にあ た えた 影 響 ぱ き わ め て大 き か っ た ︒ そ れ にし ても ︑ 労農 大 衆 と革 命 的兵 士 た ち はど うし て こ の よ うな. し か も ︑ ど う し て彼 ら は この斗 争 に お いて 敗北 せ ざ るを え な か っ. これ ら の 問題 に答 え る た め に ぱ ︑ わ れ わ れ は ま す バッ タ 政府 成 立 の背 景 か ら述 べ る必 要 が あ る︒. 反 政府 斗 争 に た ち あ が ら ね ば なら な か っ た の か? た のか ? 一︑ バ ッ タ 政 府 成 立 の 背 景. オ ラ ンダ が イ ンド ネ シア に 復帰 し て き た と き ︑ そ こで はす で に 土着 民 自 身 に よっ て独 立 宣 言 が お こな わ れ ︑ イ ンド. シネア共 和 国 が樹 立 さ れ て いた ︒ そ の共 和 国 の支 配 権 を 握 っ て いた の ば︑ スカ ル ノや バッ タなど の指 導 者 に代 表 さ れ. た ブ ル ジョ ア ジ ー と 地主 層 で あ っ た ︒ し か し ︑ 彼 ら が オ ラ ンダ と の斗 争 を 徹 底 的 に推 し進 め よう と す れ ば ︑ 全 面 的戦. 争 を も 遂 行 せね ば な らす ︑ そ のた め にば ど うし ても 労農 大 衆 の革 命 的 力 量 に依 っ て斗 う以 外 にな かっ た ︒ そ の た め に. は ︑ 労 農 大 衆 の要 求 を満 足 さ せ る こと が 必 要 であ っ た︒ 労農 大 衆 の要 求 は 彼 ら の怨嗟 の的 にな っ て いた 植 民 地 的︑ 封. 建 的搾 取 体 制 を 払 拭 し︑ 彼 ら の生 活 を楽 にす る こ と以 外 にな かっ た ︒ こ と に 全人 ロ の 七 〇% 以 上 を 占 め る農 民 は ︑ 徹. 底 的 な 土 地改 革 に よっ て 土 地 を 獲 得 し︑ 地 主 や 高 利 貸 に よ る 封 建 的搾 取 を 一掃 す る こと を 切 実 に望 ん で いた ︒ し か. し ︑ ブ ルジョ ア ジ ー や 地 主 層 が 労農 大 衆 の要 求 す る社 会 改 革 を 徹 底 的 に実 行 す る なら ば ︑ 労農 大 衆 の社 会 的 地位 が 向. 上 し ︑ 彼 ら の支 配 権 を脅 か す に いた る であ ろ う こと は明 か であ っ た ︒ ブ ル ジョ ア ジ ーや 地主 層 に と っ て︑ これ ほど 恐. し い こと は な か っ た ︒ 彼 ら が 共 和国 の支 配 権 を握 っ た にも か か わ ら す ︑ 徹 底 的 な 社 会 改 革 を 実 行 す る こと が で き な か. っ た の は そ の た め であ っ た ︒ 労 農 大 衆 を 信 頼 す る こと が でき な い以 上︑ これ に対 抗 す るた め に は オ ラ ンダ と妥 協 し ︑. そ の力 を 借 り る 必 要 が あ っ た︒ 彼 ら が オ ラ ンダ 帝 国 主 義 に対 し︑ 最 初 か ら 徹 底 的 斗 争 を 推 し進 め よ う と は せす ︑ む し. ろ 媚 態 さ え 示 し た のは そ のた め であ っ た︒ こ の こと ぱ 一︑ 九 四 五年 十 一月 シャ リ ル政 府 に よっ て 発 表 さ れ た ﹁政 治 宣.

(4) 言 ﹂(Political. Ma のn 中iにfハ eッ sキ tリ oあ ) ら わ れ て いた ︒ そ の中 で︑ 戦 前 から イ ンド ネ シア 経済 を支 配 し てき た. す な わ ち ﹁イ ンド ネ シア 共産 党 ﹂ ︑ ﹁イ ン. 外 国 独 占資 本 の 活 動 が 保 証 さ れ ると と も に︑. 旧 蘭 印 政 庁 の負 債 が そ っ く り そ のま 曳共 和 国 政 府 に よっ て引 継 がれ る こ と が確 認 さ れ た か ら であ る︒ と ころ が︑ ブ ル ジョ ア ジ ーや 地主 層 が何 よ り も 恐 れ て いた 革 新 勢 力1. ド ネ シア 労 働 党 ﹂ ︑ ﹁社 会 党 ﹂ の左 派 ︑ ﹁中 央 イ ンド ネ シ ア労 働 組 合 機 構 ﹂ ︑ ﹁イ ンド ネ シ ア社 会 主 義 青 年 団 ﹂ など ー. は︑ オ ラ ンダ の復 帰 いら い急 速 に台 頭 し て き た︒ も つ と も ︑ 社 会 党 内 の右 派 を 形 成 し て いた シャ リ ル派 は ︑ 労 農 大 衆. に対 し てか な り の影 響 力を も つ て いた が︑ 実 際 には ブ ル ジョ ア層 や 知識 分 子 の利 益 を代 表 し て いた ︒ し か し︑ そ の他. の革 新 勢 力 ぱ 太 平 洋 戦 争 中 の抗 日 地下 組 織 を 中 核 と し て結成 さ れ て いた だ け に︑ オ ラ ンダ に対 す る態 度 も ブ ルジョ ア. 席. を K結 i成 ri し) て︑ オ ラ ンダ. そ のた め ︑ 革新 勢 力 の 一層 の 発展 を 恐れ た ブ ルジョ ア ジー や 地 主 層 は ︑ オ ラ ンダ が軍 事. にお( いK てN もI ︑P国)民 党 や マ シュ ミを 脅 威 す るま でに いた つた ︒. 遂 げ︑ 一九 四 七年 初 め には 左 表 に お いて 明 か な如 く︑ ﹁中 央 イ ンド ネ シ ア国 民 委 員 会 ﹂. と の斗 争 を 推 し進 め て き た ︒ そ のた め これ ら 革 新 勢 力 は短 時 日 の うち に め ざ ま し い発 展 を. 互 間 の統 一的 行 動 を 確 実 にす るた め に ﹁左 翼 戦線 ﹂(Sajap. を 結成 す Na るt にiい oたnっ aた l) のも ︑ そ のた め であ っ た ︒ そ れ と 同 時 に︑ 革 新 勢 力 ば 相. シャ リ ル政 府 が︑ 一九 四 六年 五月 広 範 な 層 を 網 羅 し た ﹁民 族集 中 戦 線 ﹂(Konsentrasi. 対 し て強 く 要 求 し た ︒ それ ま で 民 族統 一戦 線 の結 成 に積 極 的 でな か っ た スカ ルノ 大統 領 や. と 徹 底 的 に 斗 う た め に︑ 民 族 統 一戦 線 を 早 急 に樹 立す る こと を 政 府 や 国 民 党 ︑ マ シュ ミに. 政党 の ﹁イ ンド ネ シア 国 民 党﹂ や 地 主 政 党 の ﹁マシュ ミ﹂ な ど と は た し か に異 っ て いた ︒ これ ら 革 新 勢 力 は オ ラ ング 議 四 五. 党 賞 六 〇. 政. ミ. 三 五. 民. 党. 一 一 五. 国. 会 党. 三 五. ュ. 社 働 党. 八. シ. 労 産. キ リ スト教 覚. 四. マ. 共. カ ソ リッ ク覚.

(5) 力 を 強 化し ︑ 最後 通 牒 を つ き つけ て戦 争 か 安 協 か を迫 っ て き た と き ︑ アッ サ リ後 者 の途 を 選 ぼ う と し た ︒ 一九 四 七年. 五 月 オ ラ ンダ に よっ て つき つけ ら れ た 最後 通 牒 が︑ 共 和 国 の 主 権 を 全 く 無 視 し た も の で あ っ た に も か エわ ら す ︑ シャ. リ ル政 府 が これ を そ っ く り そ のま ︑呑 ま う と し た こと がす な わ ち そ れ であ っ た ︒ し か し︑ 政 府 の か 瓦る愛 協 的 態 度 は. 革新 勢 力 から の 猛烈 な 反対 を 引 起 し ︑ そ のた め政 府 は総 辞 職 し なけ れ ば な ら な か っ た ︒ そ こで こんど は ︑社 会 党 左 派. の シャ リ フディ ンを 首 班 とす る 政府 が成 立 し︑ ﹁左 翼 戦 線﹂ が そ の主 導 権 を握 っ た ︒ し か し ︑﹁左 翼 戦 線 ﹂ が 政府 を 完. 全 に独 占し た わけ で は な かっ た ︒ 国 民党 を はじ め ﹁キリ ス ト教 党 ﹂ ︑ ﹁カ ソ リッ ク 党 ﹂ な ど の ブ ルジョ ア 政党 も 政府 に参 加 し た か ら であ る︒. と ころ が︑ シャ リ フデ ィ ン政 府 が成 立 し た ば かり の と ころ に ︑ オ ラ ンダ に よっ て大 々的 な軍 事 攻 撃 が加 え ら れ た ︒. 戦 略 的 重 要 個 所 に 兵 力 を 蓄 積 し終 っ た オ ラ ンダ 軍 が︑ 一九 四 七年 七 月 二十 日陸 ︑ 海 ︑ 空 の 三方 面 から 一齊 に襲 いか か. っ てき た こと が そ れ であ つ た︒ も と よ り︑ 共 和 国 側 は ゲ リ ラ 戦 と 焦 土作 戦 を 展 開 し︑ オ ラ ンダ軍 と 勇 敢 に斗 っ た ︒ し. か し︑ 戦 斗 精神 が いか に旺 盛 であ っ ても ︑ 武 器 の点 で き わ め て貧弱 な 共 和 国 軍 は ︑ 米 式 重 装 備 にも の を いわ せ た オ ラ. ンダ 軍 の敵 で は な か っ た ︒ 共 和 国側 は短 時 日 の う ち に中 部 ジャ ワと ス マト ラ の 一部 を 残 し て︑ そ の他 の地 域 を悉 く オ. Aと c呼 ti んo でn み)ても ︑ そ れ が 共 和 国 に対 す る侵 略 行 為 であ り ︑ 世 界平 和 に対. ラ ンダ 軍 のた め に占 領 さ れ て しま っ た︒ オ ラ ンダ の か か る行 動 は ︑ 世 界 中 の非 難 の的 と なっ た︒ オ ラ ンダ が そ の軍 事 攻 撃 を いか に ﹁警 察 行 動 一(Police. す る破 壊 行 為 で あ る こと は明 か であ っ た か ら で あ る︒ 一九 四 七年 八月 一日︑ 国連 安 全保 障 理事 会 に お いて オ ラ ンダ の. 侵 略 行 為 が非 難 さ れ︑ そ の阻 止方 法 を め ぐ つ て各 理事 国 の間 に 激 し い論 戦 が 展 開 さ れ た のも ︑ そ の た め に外 な ら な か. っ た ︒ し か し ︑ 理 事 会 に おけ る決 議 は オ ラ ンダ の攻 撃 を 阻 止 し う る よ うな も の で は な か っ た︒ も し 理 事 会 が オ ラ ンダ. の攻 撃 を 阻 止 し よ う と す るな ら ば ︑ 理事 会 は両 国 軍 の即 時 停戦 と ︑ 彼 ら が交 戦 前 の位 置 ま で撤 退す る よ う命 す べき で.

(6) あ っ た ︒ そ れ にも か か わ ら す ︑ 理 事 会 に対 し︑ か か る措 置 を 要 求 し た イ ンド ネ シ アや ソ同 盟 ︑ポーランド の提 案 は︑. Office. Coの m設 m置 it がt 決e 議eさ )れ た だけ であ っ た ︒ これ で は︑ 理事 会 が. そ の度 毎 に英 ︑米 ︑ 仏 ︑ 白 など の帝 国 主 義 諸 国 の 反対 にあ っ て葬 り 去 ら れ た ︒ そ し て︑ そ の代 り に何 ら の命 令 権 も 附 与 され て いな い ﹁斡 旋 委員 会 ﹂(Good. オ ラ ンダ の攻 撃 を 効 果 的 に阻 止し う る筈 も な かっ た が︑ そ れ ば か り か ﹁斡 旋 委員 会 ﹂ を 構 成 す る米 ︑ 白 ︑ 濠 の 三 国 の. うち ︑ 前 二 国 は 理事 会 に お いて常 にオ ラ ンダ を支 持 し てき た 国 々であ っ た ︒ ﹁斡 旋 委員 会 ﹂ が イ ンド ネ シ ア側 か ら の. 再 三 の要 求 に も か か わ ら す ︑ 自 ら の権 限 内 の活 動 さ えも 積 極 的 に行 お うと し な かっ た のも ︑ そ の た め であ っ た ︒. Mook. Lと in 呼e ば) れ る境 界. 安 全保 障 理 事 会 の か か る行 動 ぱ︑ オ ラ ンダ に と っ て︑ も つ. け の幸 であ っ た ︒ 勝 に乗 じ た オ ラ ンダ は す こし も 進 撃 の. 手 を緩 めす ︑ 最 前 線 には 爾 後 の 政治 交 渉 に備 え て︑ ﹁ファ ン ・ モー ク ・ラ イ ン﹂(Van. 線 を 施 いた ︒ そ の う え︑ オ ラ ンダ ぱ 共 和 国 領 土 に対 し て厳 重 な 経 済 封 鎖 ま でも 続 行 し た ︒ そ のた め 共 和 国 の軍 事 的 ︑. 経 済 的 危 機 ぱ 日 に増 し 深 ま っ た︒ そ れ にも か か わ らす ︑ 労 農 大 衆 や 兵 士 の斗 争 心は す こしも 蓑 え を み せ な か っ た の. で︑ シマ リ フデ ィ ン政 府 が オ ラ ンダ と の斗争 を続 け よ う と 思 え ば ︑ 続 け る こ とも で き た ︒ し か し ︑ オ ラ ンダ と徹 底 的. に斗 う意 思 に欠 け て いた ブ ルジョ ア ジ ー や 地主 は︑ ま す ま す 動 揺 を き た し︑ ﹁斡 旋 委員 会 ﹂ の調 停 に よ っ て 一刻 も 早. く ︑ オ ラ ンダ と 要協 す る こ とを 望 ん だ︒ こ の こと は ︑ 社 会 党内 の分 裂 的 傾 向 が ハッ キ リ表 面 化 し て き た こと に よっ て. も 明 か で あ っ た ︒ 社 会 党 内 の右 派 つま り シャ リ ル派 が︑ シャ リ フデ ィ ンの左 派 から 訣 別 す る態 度 を と るに いた っ た か ら で あ る︒. し か る に︑ この機 に 直 面 し た ﹁左 翼 戦 線 ﹂ は ︑ 彼 ら 自 身 のた め に 必す し も 正確 な 行 動 を 揉 ら な かっ た ︒ 彼 ら が 政府. の指 導 権 を握 っ た と は いえ ︑ そ れ ぽ いま だ 確 実 な も の で は な か っ た ︒ し た が っ て︑ 彼 ら が そ の指 導 権 を 不 動 のも の に. す るた め に は︑ 社 会 的 諸 改 革 に着 手 し ︑ 労 農 大 衆 の支 持 を さ ら に確 実 にす ぺき であ っ た ︒ ま た ︑ 彼 ら は ブ ルジョ ア.

(7) ジ ー や 地主 の要 協 的態 度 を 人 民 大 衆 の前 に暴 露 し て︑ 大 衆 の批 判 を 仰 ぐ べ き で あ っ た ︒ それ にも か か わ らす ︑ 彼 ら は. そ の いつ れ を も 徹 底 的 に遂 行 し よ うと ぱ せす ︑む し ろ ブ ルジョ ア ジ ー や 地 主 に譲歩 し て︑あ く ま でも 従 来 か ら の民 族統. 一戦 線 を そ の ま ま維 持 し よ う と 努 め た ︒ これ ぱ 明 か に ﹁左翼 戦 線 ﹂ の右 翼 日和 見 的 誤 謬 か ら 生 じ た結 果 であ っ た が︑. 政 府 がアメリカ に 指 導 さ れ た ﹁斡 旋 委 員 会 ﹂ の性 格 を 承 知 し な が ら ︑ そ の斡 旋 方 を 同 委 員 会 に依 頼 し た のも そ のた め であ っ た ︒. シャ リ フ ディ ン政 府 の斡 旋 方 要 請 は︑ オ ラ ンダ やアメリカ に とっ てま さ に思 う壼 で あ っ た ︒ オ ラ ンダ は高 価 な 戦 争. に よら な く とも ︑ 政 治 交 渉 によ っ て自 己 の目 的 に近 づ く こ と が で き た し ︑ ア メ リ カはアメリカ で︑ 両 者 の交 渉 を ﹁斡. 旋 ﹂ す る こと に よっ て︑ 共 和 国 内 の親 米 的妥 協 分 子 に喰 入 り ︑ イ ンド ネ シ ア進 出 の足 揚 を 築 く こと が で き た か ら であ. る︒ シャ φ フデ ィ ン政 府 の斡 旋 方 要請 に よっ て ﹁斡 旋 委 員 会 ﹂ が動 き出 し ︑ オ ラ ンダ も ま た これ に応 じ た のぱ そ のた. め で あ っ た ︒ か く て︑ 一九 四 七年 十 二 月 八 日か らアメリカ の輸 送 船 レ ンヴ ィ ル(Renvil号l土 eで )︑ 蘭 ・イ交 渉 が 開. 始 さ れ た が ︑ 交 渉 にお け る共 和 国 側 の立 場 は ま こと に不 利 で あ っ た ︒ オ ラ ンダ が 二 一 原 則 の要 求 を 持 ち 出 し て︑ 三 日. 間 の期 限 付 き で 共 和 国 側 の受 諾 を 迫 ると ︑ ﹁斡 旋 委 員 会 ﹂ ゐ そ の 一二 原 則 にさ ら に六 原 則 を 追 加 し て︑ 共 和国 側 の 承. ﹁ファ ン・モーク ・ライ ン﹂ から両国軍が⁝撤退する こと︒. 認 を 勧 告 し た︒ これ ら諸 原 則 のう ち ︑ 主 な も のは 次 の如 く であ っ た︒ ("). (二) イ ンドネ シア共 和国 とオラ ンダ の支配地域1ボ ルネオ︑ セレベス︑モルッカ︑小 ス ンダ列 島1 は将来︑ ﹁イ ンド ネシア合象. 国じ を形成 する︒し かし︑それが正式 に発足寸るま で︑その臨時政府 に対する主権 はオラ ンダがこれを保持する こと︒. (三U オ ランダによって新 に占領 された地域に ついては︑向う 六ヶ月 から一 ヶ年以内に︑ ﹁斡旋委員会﹂ の監視下にお いて帰属 に 関する国民投票 を実施 する こと︒.

(8) す な わち ︑ これ に よ ると オ ラ ンダ の軍 事 攻撃 が是 認 さ れ た ば か り でな く ︑ 共 和 国 の主 権 ま で が 否認 さ れ た の であ つ. た ︒ し か し そ れ にも か か わ らす ︑ シャ リ フデ ィ ン政 府 ば 爾後 の斗 争 に備 え るた め に︑ これ ら諸 原 則 を 呑 ん だ の であ つ. た ︒ 世 に レ ンヴ ィ ル協 定 と 呼 ば れ て いる のが そ れ であ る が︑ この協 定 に対 す る共 和 国 人 民 の失 望 は大 き か っ た ︒ そ の. た め︑ シャ リ フ ディ ン政府 は不 利 な立 場 に立 た ね ば な ら な かっ た ︒ し か し ︑ 政 府 の主 導 権 を ﹁左 翼 戦 線 ﹂ に握 ら れ︑. 苦 々し く 思 っ てき た ブ ル ジョ ア ジ ー や 地主 に と っ ては ︑ か ︑る情 勢 は倒 閣 の た め に絶 好 のチャ ン スであ っ た ︒ 彼 ら が. こ の機 会 に乗 じ て ︑ シャ リ フ ディ ン政府 を倒 し ても ︑ 人 民 大 衆 の不 満 を 賀 う こと ぱ な いさ考 え ら れ た か ら であ る︒ も. ち ろ ん︑ そ の た め の下 準 備 は 彼 ら に よっ てす で にな さ れ て いた ︒ 彼 ら が レ ンヴィ ル協 定 の締 結 を内 心 では 望 みな がら. も ︑ 表 面 上 は 同協 定 に対 し て 反対 の態 度 を 乏 り ︑ 協 定 締 結 の責 任 を 政府 ︑ こと に ﹁左 翼 戦 線 ﹂ に負 わ せ た こと が ︑ す. な わ ち それ であ っ た ︒ こ こ に お いて︑ 彼 ら は倒 閣 を 決 意 す る に いた っ た ︒ レ ンヴ ィ ル協 定 の 調 印 が終 るや 否 や ︑ 国 民. 党 ︑ キ コ ス ト教 党 ︑ カ ソ ﹂ツ ク 党 ︑ シャ リ ル派 の各 閣 僚 が 一齊 に 辞職 し ︑ 一九 四 八年 一月 二十 三 日 シャ リ フディ ン政 府 が 崩壊 の 己む な き に いた っ た の は︑ そ の た め で あ っ た ︒. し か し ︑ シャ リ フ ディ ン政府 の 総 辞職 に よっ て下 野 し た ﹁左 翼 戦 線 ﹂ ば︑ 国 民委 員 会 に お いて いぜ ん強 力 な 地位 を. 占 め て いた の で︑ 次 期 政府 にお け る首 相 と 国防 省 の ポ スト を 強 硬 に要 求 し た ︒ し か るに 一方 ︑ 国 民 党 と マ シュ ミ は. シャ リ フデ ィ ン政 府 打 倒 に は 互 いに 団結 し た も の の︑いざ 組 閣 と な ると 閣 僚 のボ ストを めぐ っ て相 争 っ た︒ そ のた め︑. ﹁左 翼 戦 線 ﹂ に 乗 ぜ ら れ る こと を 恐 れ た ス ヵ ル ノ大 統 領 は︑ ﹁左 翼 戦 線 ﹂ か ら の猛 烈 な 反 対 を 押 切 っ て︑ 彼 の執 行 権. に よ っ て 大統 領内 閣 を 組 閣 す る に いた っ た ︒ 一九 四 八年 一月 二 十 九 日︑ 彼 の 腹 心 であ る バッ タ副 大 統 領 を 首 班 と し. て︑ 国 民党 ︑ マシュ ミ︑ キ リ スト 教 党 ︑ ヵソ リッ ク党 ︑ シャ リ ル派出 身 の各 閣 僚 か ら成 る政 府 が成 立 し た こと が︑ す な わ ち それ であ っ た︒.

(9) Manifesto. of the. Political pp. 182-188. Nationalism. Y„ 1947, G. M. Kahin,. pp.. pp.. Revolution. Government. and. The Survey. Republic. in Indonesia,. of the. State. Y., 1952,. of Indonesia. N.. 1947-1948,. ; H.. R. Isaacs,. New. Cycle. in Asia,. N.. p. 201 よ り 作成 ︒ な お︑ 当 時 の国 民 委 員 会. 1952,. pp. 396-400.. of Military. London,. to the Resumption. G. M. Kahin, op.. Action.. 1952, pp. 751-754.. 1947-1948,. London,. Agreement. Affairs,. 現代アジァの展望﹂︑ N. Y., 1951. 日本 太平洋間題調査会訳 ﹁ of International. of Asia,. 張 演﹁ 争 取 真 正 独 立 的 印 尼﹂ (﹁世 界知 識﹂︑ 一九 五 一年 五 月十 二 日号 ︑ 一七 頁) Associates,. cit.,. P. Calvocoressi,. and. op.. 207-208.. は政 党 代 表 の 外 に職 能 代 表 ︑地 域 代表 ︑少 数 民 族 代 表 ︑ 無 所 属 から成 り ︑ 定員 は 五四 一名 であ った ︒ ibid.. L. K. Rosinger. Kahin,. 213-222.. M.. G.. the Renvile. Affairs,. 1949, No. 3, p. 256). in Indonesia :from. on International. ", July—September. Documents. Quartely. G. Rasid, Developements ("India M. Carlyle, cit., pp. 224-229.. 二︑ 人 民 民 主 戦 線 の 発 展. バッ タ 政府 は オ ラ ンダ に対 す る愛 協 分 子 に よっ て構 成 さ れ て いた だけ に ︑ そ の妥協 政 策 も 徹 底 し て いた ︒ 政 府 は施. 政 方 針 の 中 で レ ンヴ ィ ル協 定 の履 行 を ま す 第 一に掲 げ︑ さ っ そ く オ ラ ンダ軍 と対 峙 し て いた 最前 線 の 共 和国 軍 に対. し ︑ 撤 退 を命 じ た ︒ と ころ が ︑ オ ラ ンダ の方 はど う であ っ た か と いう と ︑ レ ンヴ ィ ル協 定 の規 定 を 忠 実 に履 行 す る意. 思 は︑ 爪 の垢 ほ ど も も っ て いな かっ た ︒ そ の 証 拠 に は︑ 紛 争 地 域 つま り オ ラ ンダ が軍 事 攻 撃 に よっ て新 に 占領 し た 共. 和 国 領 土 にお いては ︑ ﹁斡 旋 委 員 会 ﹂ の監 視 のも と に国 民 投 票 が 実 施 さ れ る こと に なっ て いた が︑ オ ラ ンダ ぱ そ の規.

(10) Pasをu︑nマ dド aウ n) ラ に ﹁マド ウラ 国 ﹂ を ︑ 土着 の貴 族 や 地 主 を 先 頭 に押 し 立 て て樹. 定 を蹂 踊 し て︑ ヵ イ ラ イ ﹁自 治 国﹂ の樹 立 工作 を 押 し進 めた ︒ オ ラ ンダ が き わ め て非 民 主 的 な 方 法 で︑ 西 部 ジャ ワ に ﹁バ ズ ンダ ン国﹂(Negara. 立 し た こと がす な わ ち そ れ であ っ た ︒ オ ラ ンダ が この よ う な 不信 な 態 度 を と っ て い る限 り ︑ 共 和 国 と し ても オ ラ ンダ. の再 度 の 攻撃 に備 え て︑ 軽 々し ぐ 軍 隊 を 撤 退 さ す べき で はな か っ た ︒ そ のた め 最 前 線 の共 和 国軍 兵 士 たち は ︑後 方 へ の撤 退 に強 く 反対 し て いた が︑ バッ タ 政府 は彼 ら を 強 制 的 に撤 退 さ せた の であ っ た︒. か く の如 く ︑ オ ラ ンダ に対 し て安 協 政策 を つ ゴけ た 政府 は ︑ 他 方 では 対 米 依 存 政策 を とっ た︒アメリカ は あ ら ゆ る. 点 で オ ラ ンダ を 援助 し ︑ イ ンド ネ シ ア の 民族 独 立斗 争 を 抑 圧す る役 割 を 演 じ てき た ︒ し か し そ の 反 面 では ︑ ア メ リ カ. は イ ンド ネ シ ア にお け る オ ラ ンダ や イ ギ リ ス の勢 力 を 排除 し て︑ 自 己 の勢 力 を 伸 帳 す る こと を 狙っ て いた ︒ そ し て︑. そ れを 達 成 す る足 掛 り とし て︑ イ ンド ネ シア の親 米 分 子 や ア メ リ カ に依 存 し て独 立斗 争 を続 け よ う と す る民 族 主 義 者. を 自家 薬 籠中 のも の にす る 工作 を つづ け て き た ︒ レンヴ ィ ル協 定 締 結 の際 に︑ ﹁斡 旋 委 員 会 ﹂ のアメリカ 代 表 グ ラ ハ. ム (Grah) aが m共 和 国 の民 族 主 義 指 導 者 に対 し︑経 済 援 助 を 約 束 し たり ︑紛 争 地 域内 の国 民 投 票 の監 視方 を ﹁保 証 ﹂. し た り し て︑ 共和 国 に対 す る ﹁好 意 ﹂ の程 を 示 し た こと は そ のあ ら わ れ であ っ た ︒も ち ろ ん ︑ 国 民 投 票 の監 視 方 は ア. メリ カ に よっ て 少 しも 実行 さ れ な か っ た が ︑アメリカ の か か る態 度 が 共和 国 の 地 主 や ブ ル ジョ ア層 か ら 歓 迎 され た こ. と は ︑ いうま でも な い こと で あ っ た ︒ 彼 ら はアメリカ か ら の経 済 援 助 に よ っ て︑ 自 己 の政 治 ・経 済 的 力 量 を 強 化す る. こと が でき た か ら であ る︒ こう し て︑ 彼 ら の対 米 依 存 政策 は 実施 さ れ る に いた っ た ︒ バッ タ政 府 が 一九 四 八年 四月 ア. メ リ ヵ独 占資 本 の代 表 フオ ッ ク ス (M.Fo) xと の間 に経 済 協 定 を 結 び ︑ ア メ リ カ に 対 し 一五 ケ年 間 の イ ンド ネ シア. 貿易 の特 権 を あ た え た こと が︑ これ を 示 し て いた ︒ こ の経 済 協 定 に よ れ ば イ ンド ネ シ ア経 済 がアメリカ 資 本 のた め に. 支 配 さ れ る可 能 性 が歴 然 と し て いた の で︑ そ れ は ブ ル ジョ ア層 の 反対 さ え う け た ︒ ま た ︑ バッ タ政 府 は 同 年 七月 二 日.

(11) には ︑ ﹁斡 旋 委員 会﹂ のアメリカ 代 表 オグ ボ ー ン(Ogbourか nら ) 左 翼 勢 力 の弾 圧 資 金 と し て 六︑ 五 〇 〇 万ド ルを 受 け た と いわ れ た︒. ハッ ク政 府 の か ︑る対 米 依 存 政策 や 対蘭 妥 協 政 策 は ︑ ﹁左 翼戦 線 ﹂ を は じ め 人 民大 衆 の大 き な 憤満 を 買 っ た ︒ こ と. に ︑ 人 民 大 衆 ぱ 斗 争 の過 程 で︑アメリカ の真 意 を ハッ キ リ認 識 し はじ め て いた か ら であ る︒ し か し︑ 彼 ら の憤満 は 刻. 々 に悪 化 す る経 済 情 勢 に よっ て︑ 一層 拍 車 を か け ら れ た ︒ イ ンド ネ シ ア の経 済 ば 太 平 洋 戦 争 に よっ て大 打 撃 を うけ た. のに か て て加 え て︑ 戦 後 の植 民 地戦 争 のた め に徹 底 的 に破 壊 さ れ ため た と え ば ︑ イ ンド ネ シ ア経 済 に とっ て 一番 重要. 別 一戦前平均 一 一九 四 七 年. 黍. 薯 生. ゴ. 種. 糖. ム. 別. ラ. 砂 コ ブ. ー. 那. コ ー・ピ. 窺. ※. 輸出作物 の生産 の低下. 一戦 前 平 均. 一 一九 四 七年. な 意 義 を も つ て いた 農 業 生産 は︑ 左 表 にお いて明 かな 如 く ︑ 戦前 に 比 し て 激減 し た ︒ ま た ︑ 農 業 に つ いで重 要 な 意 義 種 米 玉 蜀. 下 豆. ※ 印1948年. ト リ ツ ク ・ トン. 単 位:メ. キャッサバ. 甘 落 大. メ ト リ ラ ク ・ トン) (単 位:千. の 一以下 に落 ち ︑ 人 民 大 衆 の最 小 限 の需 要 さ え賄 いえ な く な っ て いた ︒. の それ ぞ れ 三 三 %︑ 二 九 % にす ぎ な かっ た ︒ 同 じ こと は 工 業 に つ いて も い いえ た ︒ そ の生 産 は 一九 四〇 年 当 時 の三分. を も っ て いた鉱 業も ぴ ど く 破 壊 さ れ ︑ 戦前 ま で錫 生産 の中 心 で あ っ た バ ンカ︑ ビ リ ト ンでは 一九 四 七年 に は戦 前 平 均. 食 糧 生 産 の低 下.

(12) かく の如 く ︑ イ ンド ネ シア の経 済 が 破 壊 さ れ て しま っ た の にも つ て き て︑ 封 建 的 搾 取 体 制 も いぜ ん と し て 温 存 さ れ. た の であ る か ら︑ 農 民 や 労 働 者 の経 済 生活 が 悪 化 す る のも 無 理 はな かっ た︒ と ころ が︑ 共和 国 の支 配 地 域 に対 し て. は ︑オ ラ ンダ に よっ て厳 重 な経 済 封鎖 が 続 行 さ れ ︑共 和 国 の対 外 貿 易 は 朴 絶 し た ︒こと に︑共 和 国 が支 配 し て いた 中 部. ジャ ワ では 平 時 でも ・ 食糧 品 や織 物 類 な ど 生 活 必 需 品 のほ と ん ど が︑ 他 地 域 か ら の輸 入 や 移 入 に よっ て賄 わ れ て いた の. で︑ 経 済 的 封鎖 の影 響 は き わ め て 大 き か っ た ︒ そ れ に︑ 人 ロ の方 は オ ラ ンダ の 占領 地域 か ら の避 難 民 や軍隊 の撤 退 に. よっ て︑ 平 時 より も 約 百 万も 膨 れ あ が っ た ︒ そ のた め ︑ 生 活 必 需 品 の欠乏 と騰 貴 は 物凄 か っ た ︒ た と え ば︑ 食 糧 品 の. 米. 塩. 肉 類. 豆 大. ※共 和 国支 配地 域 の主 要 市 場 に お け ピア ※ 単位:ル. る 一キ ログ ラム 当 りの平 坪 価 格. し か る に︑ バッ タ 政府 に よ っ て実 行 さ れ た 経 済 政策 は︑ 労農 大 衆 の要. 求 と は お よ そ かけ 離 れ たも の であ っ た ︒ 成 程 ︑ 政府 は物 価 の統 制 や 農 民. 協 同 組 合 の設 立 ︑ 食 糧 生産 のた め の開 墾 な ど に努 力 した ︒ し か し ︑ 政 府. は 農 民 や 労働 者 に対 し て 猛威 を 振 っ て いた 高 利 貸 や 地 主 の苛 敏 諌 求 を 禁. 止 し よ う と は し な か っ た ︒ そ れ ば かり か︑ 政府 は ﹁合 理 化 計 画 ﹂ の名 の. も と に︑ 兵 士 や 労 働 者 ︑ 官 吏 の馘 首 を 容 赦 な く 実行 し た ︒ と く に︑ 革 命. 的 性 格 の濃 厚 な も の に対 す る 政府 の馘 首 政策 は徹 底 し︑ そ のた め 多 く の 者 が 失 業 し な け れ ばな ら な かっ た︒. た ︒ か ︑る情 勢 は ﹁左 翼 戦 線 ﹂ にと っ て︑ き わ め て 有利 で あっ た ︒ こ こ にお いて︑ ﹁左 翼 戦 線 ﹂ は 一九 四 八年 二月 二. いρ た ︒ な か でも 労 働 者 や軍 人 ・兵 士 の憤懣 は 著 し く︑ そ のた め ﹁左 翼 戦 線 ﹂ に対 す る 彼 ら の支 持 は 一層 強 く な つ. こ う し て︑ ハッ ク 政 府 に対 す る 人 民大 衆 の憤懣 は︑ 政 府 の対蘭 妥 協 政策 や対 米 依 存 政策 と相 待 っ て 日 に増 し募 っ て. 熱. 価 格 は 一九 四 八年 八月 に は︑ 左 表 の如 く 暴騰 し た ︒ 労 農 大 衆 や 都 市 生活 者 の生 活 は 悪 化 す る ば かり であ っ た ︒. 糖 砂. 騰 貴 の 品 糧 食.

(13) 十 三 日 を 期 し て そ の再 編成 を お こな い︑ シ領 リ フデ ィ ンを議 長 と し て ﹁人 民 民 主 戦 線﹂(Front. Democrasi. を 結成 し た ︒ そ れ に は社 会 党 の シャ リ ル派 を除 いて︑ 社 会 党 の左 派 ︑ 労働 党 ︑ 共 産 党 ︑ ソ ブ シ︑ ペ シ ンド が 参 加 した. のは も ち ろ ん︑ 各 種 農 民 団 体 や 革 命 的 第 四 師 団 を は じ め多 く の軍 人 ・兵 士 が これ を 支 持 し た ︒. ﹁人 民 民 主 戦 線 ﹂ は結 成 と 同時 に ︑ 彼 ら の イ ニシァ ティ ヴ に よ る 民 族統 一戦 線 政 府 の樹 立 を 目 指 し て︑ 活 淡 な 活動. を 展 開 し た︒ ます ︑ 労 働 者 工作 に積 極 的 に 乗 り出 し た 同 戦 線 は︑ 一九 四 八年 五 月 に は デ ラ ング ー(Derangg棉u作 ). 地帯 の農 園 労働 者 の スト ラ イ キを指 導 し た︒ これ は約 一ケ 月 間 にわ た っ て続 け ら れ︑ 二 万 の 労働 者 が 参 加 し た 大 スト. ラ イ キ であ っ た︒ 折 し も 織 物 類 の欠 乏 甚 し かっ た 時 だけ に ︑ そ の ス ト ラ イ キ が 政府 の経 済 政策 に あ た え た 打 撃 は 大 き. か っ た ︒ ﹁人 民 民主 戦 線 ﹂ は 労働 者 工作 と同 時 に︑軍隊 に 対 す る 工作 も 積 極 的 に押 し進 めた ︒ こ と に︑ シャ リ フデ ィ. ンは 共 和 国 の成 立 いら い︑ 歴 代 政府 の国 防 相 に就 任 し ︑ 軍 部 の事 情 に精 通 し て いた ば か り でな く ︑ 将 兵 の間 に 多 く の 支 持 者 を も っ て いた︒ そ れ だ け に︑ 同 戦 線 の軍 隊 に対 す る影 響 力 は 急 速 に増 大 し た ︒. Rakj. し か し ︑ ﹁人 民 民主 戦 線 ﹂ の 活 動 は 労働 者 や 軍 隊 に対 し てだ け で は な かっ た ︒ 彼 ら は ﹁民 族 綱 領 ﹂(National. を 発 表R しrて o︑ gr 民a 族m 統)一戦 線 政 府 の樹 立 を 政 府 や 国 民党 そ の他 の諸 党 派 に対 し ても 強 く 呼 び か け た ︒ こ と. に ︑ バッ タ政 府 は スカ ル ノ大 統 領 の権 限 に よっ て組 閣 さ れ た 大 統 領 内 閣 で︑ そ れ は議 会 の勢 力 を 反 映 し た も の でも な. け れ ば ︑ ま た議 会 に対 し 直接 的 責 任 を負 うも の でも な かっ た ︒ そ れ だけ に︑ 大 統 領内 閣 を 廃 止 し て議 院 内 閣 を 樹 立 せ. よ と いう ﹁人 民 民 主 戦 線 ﹂ の要 求 は ︑ 人 民 大 衆 の強 い支 持 を うけ た ︒ 政 府 や そ の与 党 が 鳳 戦 線 の要 求 を 一蹴 す る こ と. が でき な か っ た ば か り か︑ か えつ て そ れ を 一応 受 け 容 れ る こと を 発 表 した の は そ のた め であ っ た ︒ し か し︑ 政 府 や そ. の与 党 が考 え て いた 政府 改 造 と ﹁人 民 民 主 戦 線 ﹂ に よっ て 要 求 さ れ て いた そ れ と は︑ お よ そ か け 離 れ た も の であ つ. た ︒ そ のた め︑ 同 戦 線 の要 求す る政 府 の改 革 は︑ す こし も 実 行 され な かっ た︒ そ れ ば か り か ︑ 同 戦 線 の軍 隊 に対 す る.

(14) 影 響 力 の増 大 を 恐 れ た 政府 は︑ 同戦 線 系 の軍 隊 や 将 校 ︑ 兵 士 を 強 制 的 に復員 さ せた り ︑ 左 遷 し た り し た ︒ ま た ︑ 政 府. は ︼九 四 八年 七 月 の初 め に は︑ 前 述 の如 き ﹁入 民 民 主 戦線 ﹂ 弾 圧 資 金 をアメリカ か ら仰 ぐ 一方 ︑ せ っ か く 締結 さ れ て いた ソ同 盟 と の領事 交 換 条約 も ︑ これ を 棚 上 げ に し て し ま つ だ αっ). バッ タ政 府 の か 曳る 反動 的行 動 は ︑ ﹁人 民 民主 戦 線 ﹂ を し て 一層 強 力 な 斗 争 を 決 意 さ せす に ば お か な か っ た ︒ 一九. 四 八 年 七月 初 め に 発 表 さ れ た 同 戦 線 の斗 争 綱 領 の中 で︑ コ議会 斗 争L と と も に軍 事 的 斗 争 方 針 が ハッ キ リ打 ち出 さ れ. た こと や 同 戦 線 の各 党 指 導 者 間 に 共産 党 への統 一気 運 が 生じ て き た こと が ︑ そ のあ ら われ であ っ た︒ ζ︑ のようなとき. に ︑ 往年 の イ ンド ネ シア 共産 党 の指 導 者 ムソ(Mussoが)プ ラ ーグ から 帰 国 し︑ ア リ ミ ン(Alimiに n代 )っ て 共産 党. の書 記 長 と な っ た ︒ 彼 は豊 富 な 国 際 的 経 験 にも と づ き︑ 民族 独 立 斗 争 を 徹底 的 に 斗 い抜 く た め には ︑﹁人 民民主 戦 線 ﹂. 内 の各 組織 が 共 産 党 に統 一さ れ る 以外 に な いこ と を強 調 し た ︒ こ こに お い て︑ 各 組 織 の共 産 党 への合 体 は 急 速 に進. み︑ 一九 四 八年 九 月 一日を 期 し て統 一共 産 党 が 発 足 す る こと と な っ た ︒ 統 一共産 党 は 発 足 に あ た っ て自 己 批 判 を お こ. な い︑ 過 去 に お いて彼 ら が 帝 国 主 義 や 支 配 階 級 と妥 協 し︑ 組織 上 の点 に お いても 誤 謬 を 犯 し て き た こと を認 め ると 同. Quarterly,". op.. cit... pp.. 250‑260.. G.. M.. Kahin,. op.. cit,. ,. pp.. World. of. Southeast. Asia,. 1949,. P.. Indonesia 92.. ;. L.. A.. Mills. and. 235‑247. 時 に︑ 反帝 .反対建 的 民 族革 命 を 達成 す るた め に︑ 彼 ら の指 導 に よ る民 族統 一戦 線 政府 を 樹 立 し な け れ ば なら な い こ とを 再 確 認 し た︒ ( 一)"India. New. o列 p明 . ﹁美 c英 i之 t間 .的 ,経済 P矛 .盾与 2斗5争 8﹂.(東北計画委員会統計局編訳 ﹁資本主義国家. .. Vandenbosh,. (二) 戦 前 イ ンド ネ シア に 投 下 さ れ てい た外 国 資 本 の投 資 総 額 二〇 億米 ド ルの う ち ︑ ナ ラ ンダ がヒ 五 % ︑ イ ギ リ スが 一三 ・五 % を. Quarterly,". 占 め て いた の に対 し ︑アメリカ は 二 ・五% であ った ︒A.. (三)"India.

(15) 的 経 済 情 況﹂︑ 一 一〇頁 ) 河 南 史 地 学 系 教 研 組 編 ﹁世 界 現 代 史 資 料 選 輯 ﹂ 下 冊 ︑ 一四 〇 頁 ︒. P.. E.. The. Asien:. Economy. of Indonesia,. der. P. 38,. Menschheit,. P. 99,. Oldb.,. July 28, 1948, P. 83). Washington,1952,. Survey," der. in Banka Islad (" Far Eastern Moglichkeiten. Hiilfte. and. neutralen. AgricuItural. Plane. Tin Mining. 78 よ り 作 成 ︒. Metcalf,. ステ ク ロ フ ﹁帝 国 主義 の イ ンド ネ シア侵 略 ﹂ ( ﹁新 時 代 ﹂ 一九 四九 年 十 一月 十 六日 号 ) J. and. Zischka,. Van Lummel, A.. G.. M.. Kahin,. op.. cit.,. op.. p. 252 よ り 作成. cit.,. P.. 277 ff.. シャ リ ブデ ィ ン政 府 の と き に ︑ プ ラ ーグ へ派遣 さ れ てい た 共 和 国 代 表 ス リプ ノ. Kahin.. P. 64,. 1950,. P. 66,. P. 70. S. 255.. (SoeripnoD と︑ ソ同 盟 との間 に締 結 さ. (八 ) こ の地 域 の 年 間 の織 物 消 費 量 三億 五千 万 メ τ ト ル のう ち︑ 三 億 三千 万 メ ー ト ル は他 地 域 から輸 入 さ れ て い た︒. (一〇 ). M.. れ て いた ︒ G.. 三 ︑ 人 民 政 権 の樹 立 と そ の敗 退. ﹁人 民 民 主 戦 線 ﹂ が 共産 党 の指 導 下 にガ ッ チ リ固 ま っ た こ と は︑ ハツ タ 政府 を し てぴ ど く 狼 敗 さ せた ︒ 増 大 す る 人. 民 の支 持 の波 に乗 っ た 革 新 勢 力 が︑ 共 産 党 の指 導 に よ っ て 政府 を さ ら に脅 威 す る よ う にな る こ と は確 実 であ っ た︒ し. か し ︑ 政 府 と革 新 勢 力 の 力 関 係 は︑ いま だ前 者 に とっ て有 利 で あっ た ︒ そ のた め ︑ 政 府 ば 革新 勢 力 の切 崩 し 工作 に 公. 然 と 乗 り 出 す に いた っ た ︒ そ の手 始 め とし て︑ 政府 は在 獄 中 のト ロッ キ スト︑ タ ン ・ マラ ヵ 一派 を釈 放 し ︑ 彼 ら を し. て革 新 勢 力 に対 し さ か ん に挑 擬 活 動 を お こな わ さ せ た︒ ク ン ・マ ラ カ派 は 共 和 国 内 の最 右 翼 と結 び ︑ 一九 四 六年 初 め.

(16) に は ﹁斗 争 戦 線 ﹂(Persatuan. Pardを j結 u成 an しg てa ︑n権)力獲 得 のた め に強 力 な 反政 府 斗 争 を 展 開 し ︑ 時 の シセ. リ ル政府 を 脅 威 し た ︒ そし て︑ 一九 四 六年 七月 には シャ リ ル逮 捕 事 件 を ぴ き お こし て︑ マラ カを はじ め数 名 の指 導 者. Buruh. Meを r中 de心kに a)﹁人 民革 命 運 動 ﹂. が 政府 に よ っ て 投 獄 さ れ た ︒ し か し ︑ そ の後 ﹁人 民 民主 戦 線 ﹂ の 勢 力 が 増 大 す る に つれ て︑ マラ カ派 は バッ タ 政府 を 強 く支 持 し ︑ 一九 四 八 年 六 月 に は同 派 の ﹁独 立 労働 党 ﹂(Partai. を 組 織 し て︑ ﹁人 民 民主 戦( 線G ﹂eにr鋭aく k対 a立 n し てR きeたv︒ oそ iれ uだ si け にR ︑a危k機 iに a直 t) 面し た 政. 府 が ︑ マラ ヵ派 の最 高 指 導 者 を 釈 放 す ろ こと に よ っ て ︑ ﹁人 民 革 命 運 動 ﹂を 強 化 し ︑ 彼 ら を し て対 供産 党 工作 に 一役. Baぱ nt 革e命n的 gな )第 四 師団 や 海 兵隊 ︑ ペ シ ンド な ど に対 し 執拗 な挑発 を 加 え た ︒ 一. 買 わ せ よ う と し た こと は 当 然 の成 り 行 き であ っ た ︒ 事 実 ︑ マラ カ派 は 共 産 党 を 激 しく 非 難 す ると と も に︑ 同 派 武装 団 体 1ー ﹁水 牛 部 隊﹂(Barisan. 九 四 八年 九月 に 入 っ て︑ こ れら 革 命 的 軍 隊 の将 兵 が︑ ﹁水 半 部 隊 ﹂ に よ っ て瀕 繁 に殺戮 さ れ た り︑ 誇 拐 さ れ た り し た 事 件 が これ を 示 し て いた︒. し か し ︑ 革新 勢 力 に対 す る挑發 は︑ マラ ヵ派 に よ っ て加 えら れ た ば か り では な く ︑ 政府 に よっ ても ま た 直 接 加 え ら. れ た ︒ 共 産 党 員 が 数 回 に わ たっ て 政府 軍 や国 家 警 察 に よ っ て逮 捕 さ れ た のを 手 始 め と し て︑ 革 命 的 軍 隊 に対 し ては い. た うと ころ で軍 事 攻 撃 が加 え ら れ た こと が ︑ これ を 示 し て いた︒ そ の攻 撃 の表 面 的 理由 は︑ 革 命 的 軍 隊 が 政府 の復 員. 命 令 を 実 行 し な いから だ と いう こと にな っ て いた ︒ し か し ︑ そ の真 の狙 いが革 命 的 軍 隊 を 懐 滅 さ せ︑ 共 産 党 の軍 事 力. を 弱 化 さ せ る こ と にあ っ た こと は 明 か で あ っ た︒ そ のた め ︑ 一九 四 八年 九 月 十 日 以降 にな る と︑ これら 革 命 的 軍隊 に 対 す る攻 撃 は いよ いよ本 格 化 し ︑ いた ると ころ で衡突 事 件 が勃 発 し た︒. 情 勢 は 共 産 党 に とっ てま こと に 重 大 であ っ た ︒ し かし ︑ 党 の指 導 部 は極 力 自重 し︑ 政府 の挑 擾 に乗 じ て蜂 起 す る こ. と を 避 け よ うと 努 め た ︒ 共 産 党 に対 す る人 民大 衆 の支 持 が 強 かっ た こ とは 事 実 であ っ た が︑ 彼 ら が革 命 を 実行 す る た.

(17) め に は︑ さら に周 到な 政 治 的 ︑ 軍 事 的 準 備 工作 が絶 対 に必 要 であ っ た から であ る︒ そ の た め に こそ ︑ ムソ ︑ シャ リ フ. ディ ン︑ ア リ ミ ンら の指 導 部 は新 共 産 党 の発 足 と同 時 に︑ 全 国を 遊 説 し︑ 民族 統 一戦 線 工作 を つづ け て いた ︒ そ れ ば. か り か︑ 党 本 部 は 国 民党 や マ シュ ミ に対 し ても ︑ ﹁民族 統 一樹 立 の た め の合 同 会 議 ﹂ への 参加 を 申 入 れ て いた の であ. っ た ︒ と こ ろ が そ の矢 先 ︑ 政府 軍 の挑 機 を うけ た マディ ウ ン市 周 辺 の革 命 的 軍 隊 は ︑ 労 働 者 や農 民 た ち と と も に︑ つ. いに政 府 軍 に抗 し て たち あ が っ た の であ っ た ︒ マデ ィ ウ ンには 有 数 の鉄 道 工場 があ り︑ 他 地 域 に 比 し て 労働 者 の数 も. 多 かっ た ︒ こ と に︑ オ ラ ンダ 占 領 地 域 から 避 難 し てき た 失 業 労働 者 や 政 府 の た め に鼠 首 さ れ た 失業 者 が マディ ウ ンに. 殺 倒 し ︑ 経 済 状 態 も 著 し く悪 化 し て いた ︒ そ の関 係 で︑ 当 地 は共 産 党 の橋 頭 墾 とな っ て お り︑ 革 命 的軍 隊 と と も に 労. 働 者 や農 民 た ち も た ち あ がっ たの であ っ た ︒ 彼 ら は た ちま ち のう ち に 政府 軍 を 駆 逐 し︑ マディ ウ ン市 を は じ め そ の周. 辺 諸 都 市 を 占 領 し てし ま っ た︒ そ し て 九 月 十 八 日 に ぱ ︑ 彼 ら は 軍 司 令 部 ︑ 市 政庁 ︑ 放 送 局 そ の他 の政府 機 関 を 接収 し ︑ そ こに 人 民 政 権 を 樹 立す る に いたっ た︒. 共 産 党 指 導 部 は 今 や ﹁革 命 の概成 事 実﹂ に直 面 せ ね ば な ら な かっ た ︒ マディ ウ ンに おけ る蜂 起 が いか に 伺 党 指 導 部. の指 令 を 逸 脱 し て 実行 さ れ たも の であ っ た と は いえ ︑ 政府 が それ を ロ実 と し て 共産 党 に対 し大 弾 圧 を加 え てく る こと. は 必致 であ っ た ︒事 態 が こ こま で発 展 し た 以 上 ︑ 指 導 部 が遅 疑逡 巡 す る こ とは ︑ 政 府 に時 を 稼 が せ る のみ で あ っ た ︒. 彼 ら は 一刻 も 速 か に 人 民 政 権 を 指 導 し ︑ 全 国 人 民を 革 命 に蹶 起 さ せ る 以外 にな かっ た︒ こ こに お いて︑ 革 命 が 決 意 さ. れ た ︒ ムソを は じ め 共産 党 の最高 指導 者 が急 遽 マディ ウ ンに赴 き︑ ラ ジ オ放 送 に よっ て 全 人 民 の蹶 起 を 呼 び か け る に. いた つた のぱ そ のた め であ っ た ︒彼 ら は 直 ち に革 命 政 権 の綱 領 を 発 表 し て︑ そ の 政権 が ソ ヴェ ト 政 権 では な く ︑ 人 民. 民 主 主 義 政 権 であ る こと を 操返 し強 調 し た ︒ これ は 労 農 大 衆 の みな ら す ︑ 進 歩 的 ブ ルジョ ア層 も 革 命 に 参 加 さ せ るた め であ っ た︒.

(18) し か し ︑ 全 国 人 民 は 革命 政権 に 呼 応 し てた ち あ が ら な かり た ︒ ま た マディ ウ ンに お いても 人 民 大 衆 の多 く が蹶 起 し. よ う と は し な か っ た ︒ し か る に他 方 ︑ 陣 容 を 整 え た 政府 軍 の包 囲 攻 撃 ば 熾 烈 を き わ め ろば か り で あ っ た ︒ 革命 軍 の奮. 戦 にも か か わ ら す ︑ そ の支 配 地域 は 日増 し に 狡 めら れ︑ 十 月 初 め には つ いに マディ ウ ン市 も 政府 軍 に よっ て 奪 回 さ. れ て しま っ た︒ そ の た め︑ 革 命 政 権 は マデ ィ ウ ンから の撤 退 を 余 儀 な く さ れ ︑ 爾 後 の ゲ リ ラ戦 に 備 え て ︑ ヴ ィ リ ス. に 立籠( っWたi︒ ll しi かs し)︑ 大 勢 は す で に決 し て いた ︒ ムソ の戦 死 に つづ いてき シャ リ フデ ィ ンを は じ め 十 一名. の最 高 指 導 者 と 三 万 五 干 名 に の よ る革 命分 子 が つぎ つ ぎ に逮 捕 さ れ︑ 十 一 . 月 初 め ま で には 革 命 は 完 全 に鎭 圧 さ れ て し. 主 な 原因 ぱ 次 の点 に あ っ た ︒. ま っ た ︒ こう し て︑マディ ウ ンにおけ る革 命 は 無 残 な 敗 北 に終 り︑今 や 昂 揚 し つ つあ っ た 革命 勢 力 は大 打 撃 を うけ た ︒ し か し それ に し ても ︑ こ の革 命 は何 故 に失 敗 した の であ ら う か? e ︑ 周 到な 準 備 工作 を 欠 き ︑ 時 期 尚 早 に実行 さ れ た こ と︒. ⇔ ︑従 来 の対 農 民 工作 が不 徹 底 であ っ た た め に︑ 彼 ら の大 多数 を革 命 に動 員 す る こと が でき な かっ た こ と︒. イ ンド ネ シ ァ の 土 地制 度 に よ れ ば ︑ 土 民 の 土 地 は 村 落 共 有 物 とし て︑ 農 民 によ つて 各 自 占 有 さ れ る こと にな つ て い. た︒ し か し ︑ そ れ は法 律 上 の こと であ り ︑ 実 際 に は彼 ら の 占有 権 は貴 族 や大 地 主 な ど封 建 的 支 配 者 層 の独 占物 と 化 し. て いた︒ 多 く の農 民 は 土 地 を 保 有 す る こと が で きす ︑ 生 活 の た め に は 地 主 の土 地 を 小 作 せね ば な ら な か つ た︒ し か. も ︑ そ の小 作 条 件 は法 外 に苛 酷 で︑一現物 ・労 役 地代 ぱ彼 ら の 収 入 の大 部分 を 占 め て いた︒ そ の た め 極 度 に貧 困 化し た. 農 民 た ち は ︑ 徹 底 的 な 土 地改 革 に よ つ て 土 地を 実 際 に保 有 す る こと を 切 望 し てき た︒ し た が つ て︑ 革 命 勢 力 が 農 民 の. 支 持 を確 実 に す るた め に は︑ ﹁土 地 を 農 民 へ﹂ の 土 地綱 領 にも とづ き ︑ 彼 ら の要 求 を 実 現す る こ と が何 よ り肝 要 であ. つ た︒ と ころ が ︑ 革 命 勢 力 の指 導 者 が自 認 し て いる如 く ︑ 彼 ら は ﹁土地 を 国家 へ﹂ の綱 領 を 掲 げ て︑ 農 民 工作 を進 め. て き た︒ 農 民 の多 く は それ が彼 ら の 少 し ば か り の 土 地 や財 産 ま でも 剥 奪 す る こ とを 目 指 し たも の と 誤解 し ︑ そ の綱 領.

(19) にた いし て恐 れ を な し た も の が 少く な か つた ︒ そ の た め マデ ィ ウ ンの革 命 政 権 は ﹁土 地を 貧 農 へ﹂ の綱 領 に切 り替 え. た︒ し か し︑ 革命 勢 力 が そ の 綱 領 に よ つ て広 範 な 農 民 層 を 動員 す るた め に は︑ そ れ は手 遅 れ であ つ た︒. Kahin,. op.. p.. 288. cit.尚 ,︑ 箪 p命 . 政 権2の 9綱 2領 の 主 ff な. も の は次 の 如 く であ った ︒. M.. Kahin,. か く て︑ マデイ ウ ンに お け る革 命 は 中 途 で失 敗 に 終 っ た が ︑ そ れ が 民族 の独 立 と 民主 的 社 会 改 革 を 要 求 し た 人 民 大 衆 の強 い決 意 のあ ら わ れ であ っ た こと は ︑ 間 違 な い事 実 で あっ た︒. 280.. (一) 時事通信社刊 ﹁海外電 報版﹂ ︑ 昭和 二十三年九月 二十 二日︑ 第八六 二号︑ 二六四五ー 二六四六頁︒G.. (二)ibid.,ci p. t.2 ,88p ... (三) ﹁海 外 電 報 版﹂︑ 昭和 二十 三年 九月 二十 二日 ︑ 第 八 六 二 号 ︑ 二 六 四 四‑ 二 六四 五 頁 ︒. M.. (四 ) ﹁海外 電 報 版﹂︑ 昭 和 二 十 三年 九 月 二十 五 属 ︑第 八 六四 号 ︑ 二 六 六九 頁 ︒ (五 )G.. e ︑ こ の革 命 は反 帝 ・反対建 的 民族 革 命 であ り ︑社 会 主 義 革 命 で はな い︒ こ の箪 命 は労農 同 盟 を 基礎 とし ︑労 働 者 階 級 r. ⇔ ︑軍 隊 は人 民 の手 に よ っ て握 られ ︑労 農 大 衆 に協. ⑳ ︑ 国 内 の治 安 と国 防 の た め に ︑治 安 委 員 会 を 設 置 す る ︒. ⇔ ︑人 民 政 府 は敵 の所 有 す る 一切 の 工場 ︑農 園 ︑銀 行 ︑交 通 機 関 を 奪 取 す る︒ 分 配 でき る す べ ての 土 地 は ︑ これ. よ っ て指 導 され ︑ 進 歩 的 ブ ルジ ョ ア ジ ーも こ れ に参 加 す べき であ る ︒ 力する︒. を 農 民 ︑ こ と に貧 農 に分 配 す る ︒. (六) ﹁海 外 電報 版 ﹂ 昭 和 二十 三年 十 月 一日︑第 入 六 九 号 ︑ 二 七三 六 頁 ︒ 同年 十 月十 一日号 ︑ 第 八 七 七 号 ︑ 二八 三五 ー 三 七頁 , り同 年 十 月 十 四 目 ︑第 八 八 〇 号 ︑ 二八 七 一‑ 七 二頁︒. (七) 文 地 ﹁印 尼 農 民 運動 的 前 途﹂ ( ﹁世界 知 識 ﹂ 誌 ︑ .九 五 三年 十 一月 十 八 日 号 ︑ 一八頁 ) 参 照 ︒. op..

(20)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP