再 犯 予 防 及 び 刑 の 個 別 化 に 関 す る 法 案 第 一 四 一 三 号 提 案 理 由

全文

(1)

再 犯 予 防 及 び 刑 の 個 別 化 に 関 す る 法 案 第 一 四 一 三 号 提 案 理 由

上 宜 裕

︵ 訳

は し が き 本 資 料 は︑ 二

〇 一 三 年 一

〇 月 九 日

Je a n -M a rc   A Y -

R A U L T

首 相 の 名 で︑ 国 璽 尚 書・ 司 法 大

T A U B IR A  

C h ri st ia n e

に よ って 国 民 議会 に 提 出さ れ た

︑ 再 犯 予 防 及 び 刑 の 個 別化 に 関 する 法 案 第一 四 一 三号

の 提案 理 由 書を 翻 訳 し た もの で あ る︒ 本 法 案 は

︑ 若 干 の 修 正 を 経 て

︑ 刑 罰 の 個 別 化 及 び 刑 事 制 裁 の 効 率性 向 上 に関 す る 二〇 一 四 年八 月 一 五日 の 法 律第 二

〇 一 四 八 九 六 号

と し て 成 立 す る

︒そ の 中 に は︑ 保 護 観 察 刑 で ある

﹁ 刑 事強 制

﹂ や必 要 的 仮釈 放 で ある

﹁ 強 制下

釈放

﹂ 等

︑フ ラ ン スの 社 会 内処 遇 の 根幹 に 関 わる 内 容 が含 まれ て い る︒ 上 記 の 両制 度 は

︑日 本 の 社会 内 処 遇に と っ て示 唆 的 であ り︑ こ れ らの 制 度 の提 案 理 由を 分 析 する こ と はき わ め て有 益で あ る よう に 思 われ る

︒ 以 下

︑ 本法 案 を 翻訳 し て 紹介 す る

︒ 再 犯 予 防 及 び 刑 の 個 別 化 に 関 す る 法 案 第 一 四 一三 号 提 案 理 由 書 皆 様

︑ 政 府 は

︑再 犯 予 防を 刑 事 政策 の 最 重要 課 題 の一 つ と し︑ 本改 正 に よっ て フ ラン ス 人 の安 全 強 化を 欲 し てい ま す

︒ 刑 罰 法 は︑ 近 年

︑し ば し ば︑ 現 状 に応 じ て

︑全 体 の 整合 性の な い まま

︑ 何 度と な く 修正 さ れ まし た

︒ 刑罰 法 は

︑特 に複 雑 に なり

︑ と きに は 相 反す る こ とも あ り

︑刑 罰 法 を支 配す る 諸 原理

︑ と りわ け

︑ 刑の 個 別 化の 原 理 に鑑 み て 異論 の余 地 が ある も の とな り ま した

︒ 相 次ぐ 改 正 が︑ よ り よく 再犯 の リ スク を 予 防し

︑ 新 たな 犠 牲 を回 避 す るた め に

︑そ の有 効 性 を示 し え なか っ た こと を 認 めざ る を えな い の です

︒ こ の 改 正を 練 り 上げ る た めに 政 府 によ っ て 採用 さ れ たア

(85‑1‑ 239 239

(2)

プ ロ ー チ は︑ 再 犯 予防 に 関 する 現 状 認識 に 基 づく も の で︑ 関 係 す る 全て の 当 事者 を 結 びつ け ま した

︒ 再 犯予 防 は

︑司 法 省 の 活 動に の み 属す る も ので は あ りま せ ん

︒治 安 警 察や

︑ 社 会 的

・ 職業 的 統 合︑ 雇 用 及び 居 住 に関 わ る 人々

︑ そ して

︑ 当 然 な が ら︑ 厚 生 部門 が

︑ 被有 罪 宣 告者 の 社 会再 統 合

︑及 び

︑ 社 会 の他 の 者 と調 和 し 一般 原 則 を尊 重 す る生 活 に 向け た 発 展 に おい て

︑ 本質 的 役 割を 果 た して い ま す︒ 司 法 省 は︑ 二

〇 一二 年 九 月か ら 二

〇一 三 年 二月 に か けて

︑ 再 犯 予 防 に関 す る コン セ ン サス 会 議 の革 新 的 形態 の 下

︑幅 広 い 協 議 を組 織 し まし た

︒ まず

︑ 司 法省 が 着 手し た の は︑ 刑 事 的 反 作用 の 有 効性 を 評 価す る こ とが 不 可 欠で あ っ て︑ そ の 領 域 にお け る 科学 的 研 究は 不 完 全で

︑ 現 存す る 法 律及 び 規 則 の 妥当 性 を 評価 す る には あ ま りに も 限 定的 で あ るこ と を 確 認 する こ と でし た

︒ 司法 省 は

︑認 識 の 現場 明 細 書を 作 成 し

︑ 再犯 の リ スク を よ りよ く 予 防す る よ う新 た な 公共 政 策 を 構 築す る た め︑ こ れ らの 問 題 に関 す る 省察 が

︑ 独立 し た 形 で

︑外 国 の 経験 に 基 づい て 行 われ る こ とを 望 ん だの で す

︒ コ ン セ ンサ ス 会 議の 準 備 は︑ 上 級 司法 官 に よっ て 主 宰さ れ

︑ 地 方 議員

︑ 研 究者

︑ フ ラン ス 及 び外 国 の 大学 教 員

︑ア ソ シ ア シ オン の 代 表者

︑ 並 びに

︑ 司 法︑ 行 刑 及び 警 察 の専

門家 に よ って 構 成 され る

︑ 独立 し た 組織 委 員 会に 委 託 され まし た

︒ この 委 員 会は

︑ コ ンセ ン サ ス会 議 に 付さ れ る 主要 な問 題 を 特定 し

︑ その 審 査 委員 を 指 名し ま し た︒ 非 常 に実 りの 多 い

︑二 日 に わた る 専 門家 の ヒ アリ ン グ の後

︑ コ ンセ ンサ ス 会 議の 審 査 委員 は

︑ 二〇 一 三 年二 月 二

〇日

︑ 以 下の 四つ の 大 きな 軸 に 関し て 作 成さ れ た 一二 の 勧 告を 含 む 報告 書を 首 相 に提 出 し まし た

︒ 即ち

︑ そ れは

︑ 民 主主 義 社 会に おい て 処 罰す る こ と︑ 法 律 上の 累 犯 の概 念 を 再考 す る こと

︑ 有益 な 拘 禁の 時 間 を構 築 す るこ と

︑ そし て

︑ 研究 を よ りよ く連 携 さ せる こ と の四 つ で す︒ こ れ らの 勧 告 の中 に は

︑自 動的 な 刑 罰の 廃 止

︑拘 禁 と 結び つ く こと も な くそ れ を 参照 する こ と もな い 独 立し た 新 たな 刑 罰 であ る 刑 事強 制 の 創設

︑ それ に

︑ とり わ け 累犯 被 有 罪宣 告 者 の社 会 再 統合 を 促 進し うる 規 定 を設 置 す るこ と も 含ま れ て いま す

︒ コ ン セ ンサ ス 会 議に よ っ て指 導 さ れた 作 業 の実 益 及 び質 を意 識 し つつ

︑ そ の勧 告 に 着想 を え た政 府 は

︑再 犯 予 防と いう 中 心 的問 題 に 関し て 刑 罰法 及 び その 執 行 の再 考 に 取り 組む 本 法 案を 練 り 上げ る 前 に︑ 新 た な協 議 の 行程 を 立 ち上 げま し た

︒こ の 法 文に よ っ て︑ 政 府 は︑ 熟 慮 の上 か つ 冷静 に︑ 刑 法 典及 び 刑 事訴 訟 法 典の い く つか の 規 定を 再 検 討し よ う と し て い ま す︒ そ れ は︑ 宣 告 刑 の よ り よ い 個 別 化 に

(法政研究 85‑1‑240 240

(3)

よ っ て 有 効な 再 犯 の予 防 を 可能 に し

︑裁 判 所 が宣 告 し うる 一 連 の 制 裁の 枠 内 で拘 禁 刑 を正 当 な 位置 に 置 く︑ 一 貫 しか つ 衡 平 な 体制 に 到 達す る た めで す

︒ 一定 の 場 合︑ 刑 務 所は 不 可 欠 で ある と し ても

︑ 再 犯予 防 に おけ る そ の有 効 性 は︑ と り わ け

︑短 期 刑 に関 し て

︑証 明 さ れて い ま せん

︒ 行 刑施 設 に お い て高 い 収 容率 が 維 持さ れ て いる の は

︑代 替 策 がな く

﹁ デ フ ォル ト で

﹂拘 禁 に よる こ と

︑そ し て

︑主 と し て最 低 刑 の 仕 組み 及 び 修正 手 続 の厳 格 さ によ る

︑ 拘禁 の 平 均期 間 の 長 期 化に 起 因 して い ま す︒ 本 法 案 は︑ か く して

︑ 以 下の よ う な刑 罰 の 機能 に 関 しそ の 有 効 性 を改 善 す るた め に

︑刑 罰 法 及び そ の 実施 態 様 を現 代 化 し

︑ 明確 化 す るこ と を 目指 し ま す︒ 即 ち

︑そ の 機 能と は

︑ 犯 罪 を行 う 者 に制 裁 を 加え る こ と︑ 及 び

︑再 犯 の リス ク を 最 大 限回 避 し

︑被 害 者 に生 じ た 損害 を 賠 償す る た め︑ 犯 罪 行 為 者の 社 会 体内 部 へ の再 統 合 を可 能 に する よ う 取り 組 む こ と の二 つ で す︒ 同 様 に︑ 本 法 案は

︑ 被 害者 に そ の利 益 に 対 す るあ ら ゆ る侵 害 を 司法 当 局 に提 訴 す るこ と が でき る よ う に し︑ ま た

︑場 合 に よっ て は

︑被 害 者 の平 穏 及 び安 全 を 保 障 する 必 要 性が 顧 慮 され な け れば な ら ない こ と を明 記 す る こ とに よ っ て︑ 刑 の 執行 期 間 中︑ 被 害 者の 権 利 を保 障 し

︑ 強 化す る こ とも 目 的 とし て い ます

刑 の 執 行中

︑ 法 文は

︑ 同 様に

︑ よ りよ く 被 害者 の 保 護を 図る た め

︑警 察 及 び憲 兵 に よる 被 有 罪宣 告 者 に命 じ ら れる 義務 及 び 禁止 の 監 督を 強 化 する こ と も定 め て いま す

︒ 改 正 は

︑二 つ の 柱に 基 礎 を置 い て いま す

︒ 第 一 の 柱は

︑ 宣 告の 際

︑ 刑を よ り よく 個 別 化す る 点 にあ りま す

︒ この た め

︑本 法 案 は︑ 以 下 のよ う に 規定 し て いま す︒

⎜ 個 別 化の 可 能 性を 制 限 する 自 動 的な 仕 組 みの 廃 止

⎜ 最 も 適合 し た 刑罰 を 決 定す る た め︑ 被 訴 追者 及 び その 環 境 をよ り 細 かく 評 価 する 法 律 上の 手 段

⎜ 開 放 環境 で 執 行さ れ

︑ 被有 罪 宣 告者 へ の 適合 的 で かつ 強 化 され た 寄 り添 い 及 び監 督 を 可能 に す る︑ 新 た な刑 罰 で ある 刑 事 強制 の 創 設︒ 第 二 の 柱は

︑ 再 犯リ ス ク の予 防 に おい て

︑ 有効 な 刑 の執 行過 程 の 構築 を 目 指す こ と です

︒ プ ロ セ スの 一 貫 性は

︑ 特 に︑ 何 ら のケ ア も ない 釈 放 と闘 い︑ 五 年 以下 の 刑 を宣 告 さ れか つ 収 容さ れ た 者の 監 督 下で の釈 放 を 可能 に す るた め の 特別 な 手 続の 創 設 によ っ て 保証 され る こ とに な り ます

︒ そ して

︑ こ の特 別 な 手続 は

︑ 決定 の迅 速 性 とそ の 審 理の 学 際 性を 結 び つけ ま す

︒ 提 案 さ れる 立 法 的進 展 は

︑改 正 の 基盤 を 構 成し ま す が︑

(85‑1‑ 241 241

(4)

そ れ だ け では 十 分 とは い え ず︑ ま た 別の 活 動 が政 府 に よっ て 開 始 さ れま す

︒ その 活 動 は︑ 一 方 で︑ 全 国 また は 管 区の 公 共 政 策 によ っ て もた ら さ れる 一 般 法上 の 体 制の 中 に

︑被 有 罪 宣 告 者を 再 統 合す る こ とを 目 的 とし て い ます

︒ 他 方で

︑ そ の 活 動 は︑ 一 般 的に 内 閣 の活 動

︑ 特に 行 刑 当局 の 活 動態 様 を 再 編 する こ と を目 指 し てい ま す

︒社 会 レ ベル で ま たそ の 人 格 に 関し て 被 有罪 宣 告 者の 状 況 を十 分 に 評価 し

︑ 被有 罪 宣 告 者 が犯 罪 か ら脱 出 す る可 能 性 を精 確 に 評価 す る ため に は

︑ 専 門家 が 自 由に 使 え るツ ー ル を創 設 す るこ と が 特に 重 要 で す

︒ま た

︑ 活動 能 力 の点 か ら 社会 復 帰

・保 護 観 察局 に 割 り 当 てら れ る 優先 的 目 標を 特 定 する こ と

︑そ し て

︑行 刑 当 局 の 部の さ ま ざま な 職 務や

︑ 割 り当 て ら れた 社 会 復帰 及 び 保 護 観察 の 任 務を 内 部 で強 化 す るこ の 部 の組 織 を 再定 義 す る こ とが 特 に 問題 と な りま す

︒ さ ら に

︑本 改 正 は︑ 二

〇 一四 年 か ら︑ 社 会 復帰

・ 保 護観 察 局 内 部 にお い て

︑有 意 な 数の 採 用 を伴 う こ とで し ょ う︒

* 第 一 編 は︑ 効 果 的か つ 適 合的 な 刑 罰の 宣 告 を保 証 す るた め の 諸 規 定に 関 す るも の で す︒ 第 一 章 は︑ 法 定 刑及 び 刑 の宣 告 に 関す る 一 般原 則 を 扱っ て い ま す

第 一 条 は︑ 刑 罰 に割 り 当 てら れ た 刑法 典 第 一部 第 三 編の 冒 頭 に︑ 刑 の 目 的 及 び 機 能 を 定 義 す る 第 一 三

〇 一 条 を 挿 入し ま す

︒こ の 基 本的 な 問 題は

︑ 実 際︑ 現 行 法典 に よ って 十 分 に は 論 じ ら れ て お ら ず

︑現 行 法 典 は 第 一 三 二 二 四 条 で︑ き わ めて 細 分 化さ れ

︑ しか も 不 正確 な 形 でこ の 点 に言 及し て い るに す ぎ ませ ん

︒ か く し て︑ 刑 罰 は︑ 社 会 を保 護 し

︑再 犯 を 予防 し

︑ かつ

︑ 被害 者 に 認め ら れ る権 利 の 尊重 の 下

︑社 会 の 衡平 を 修 復す るた め

︑ 次の 機 能 をも っ て いま す

⎜ 被 有 罪宣 告 者 に制 裁 を 加え る こ と︑

⎜ 被 有 罪宣 告 者 の改 善

︑ 社会 統 合

︑社 会 再 統合 を 促 進す る こ と︒ こ れ ら 二 つ の 機 能 は

︑ 第 一 三 二 二 四 条 の 現 行 規 定 が 想 起さ せ る とこ ろ と は異 な り

︑実 際

︑ 相補 的 で

︑相 対 立 する もの で は あり ま せ ん︒ 第 二 条 は

︑ 今 後 第 一 三

〇 一 条 に 挙 げ ら れ る 刑 罰 の 目 的 及び 機 能 に応 じ て

︑判 事 に よる 刑 の 個別 化 原 理を 改 め て明 確 に 示 す こ と を 提 案 す る た め に

︑同 法 典 第 一 三 二 一 条 を 補完 す る もの で す

︒ 第 三 条 は︑ 刑 の 修正 の な い施 設 内 拘禁 刑 の 選択 に つ き理 由づ け の 義務 を 改 良す る た めに 第 一 三二

一九 条 を 修正 し

(法政研究 85‑1‑242 242

(5)

こ れ に 伴 い︑ 先 の 諸条 で も 取り 上 げ られ て い た︑ 第 一 三二 二 四 条 の 諸 条 項 を

︑ 刑 事 訴 訟 法 典 に お い て 調 整 を 行 い つ つ

︑ 削 除 しま す

︒ 第 二 章 は︑ 個 別 化さ れ た 刑の 宣 告 を保 証 す るた め の 諸規 定 に 関 す るも の で す︒ 第 一 節 は︑ 被 告 人の 人 格 の認 識 を 改良 す る ため

︑ 刑 の宣 告 猶 予 を 促進 す る 諸規 定 に 関係 し ま す︒ 第 四 条 は︑ 刑 法 典第 一 三 二 七〇

一条 に お いて

︑ 制 裁の 宣 告 前 に

︑被 告 人 の人 格 及 び社 会 的 状況 に 関 して 補 足 的調 査 が 必 要 と思 わ れ る場 合 に

︑新 た に 宣告 猶 予 の可 能 性 を創 出 す る も ので す

︒ 判 事 は

︑手 続 上

︑人 格 の 判断 要 素 が欠 如 し てい る 旨

︑繰 り 返 し 確 認し て い ます

︒ 人 格の 判 断 要素 は

︑ たい て い の場 合

︑ 対 象 者の 申 告 とい う 唯 一の 基 礎 に従 い 作 成さ れ た

︑警 察 ま た は 憲兵 の 情 報カ ー ド に制 限 さ れま す

︒ 本規 定 は

︑司 法 官 の 手 元を 照 ら し︑ 制 裁 の個 別 化 の原 則 が 存分 に 威 力を 発 揮 す る ため に

︑ この 職 務 に精 通 し

︑認 可 さ れた 部 門 に委 託 さ れ る

︑徹 底 的 な調 査 の 実施 を 可 能に す る でし ょ う

︒ 第 四 条 は︑ 同 様 に︑ 刑 事 訴訟 法 典 の中 に

︑ 即時 出 頭 手続 の 枠 内 で

︑そ の よ うな 宣 告 猶予 を 決 定す る 裁 判所 に

︑ 必要 な 場 合

︑ 対象 者 を 移送 の 審 理ま で

︑ 司法 統 制 処分

︑ 電 視監

視付 居 住 指定 ま た は勾 留 命 令下 に 付 すこ と を 可能 に す る︑ 第三 九 七 三 一 条 を挿 入 し ます

︒ こ れ ら の補 足 的 調査 は

︑ とり わ け

︑裁 判 所 に︑ 特 に

︑即 時出 頭 で 係属 さ れ る際

︑ 被 有罪 宣 告 者に 適 合 した 期 間 の拘 禁刑 を 宣 告し

︑ 必 要な 場 合

︑半 自 由

︑外 部 収 容も し く は電 視監 視 に よる こ と で最 初 か ら拘 禁 刑 に修 正 を 付与 し

︑ また は︑ 刑 事 強制 刑 の ため

︑ 拘 禁刑 の 宣 告を 回 避 する こ と を可 能に す る こと で し ょう

︒ 第 二 節 は︑ 刑 の 個別 化 の 方法 に よ るこ と を 促進 す る 諸規 定に 割 り 当て ら れ てい ま す

︒ 第 五 条 は︑ 刑 法 典︑ 刑 事 訴訟 法 典 及び 犯 罪 少年 に 関 する 一 九 四 五 年 二 月 二 日 の オ ル ド ナ ン ス 第 四 五 一 七 四 号 に お いて

︑ 累 犯ま た は 暴力 犯 罪 の場 合 の 最低 刑 を 定め る 諸 条項 の廃 止 を 行い ま す

︒ 最 低 刑 の規 定 は

︑直 接 的 に裁 判 所 の個 別 化 権限 を 侵 害し たの み で

︑再 犯 予 防に 何 ら の影 響 も もた ず

︑ 単に 過 剰 拘禁 を悪 化 さ せた だ け でし た

︒ 第 六 条 は︑ 単 純 執行 猶 予 の取 消 は もは や 自 動的 で は なく

︑ たと え 裁 判所 が 認 識し て い なく て も

︑時 宜 を 失し 盲 目 的に 介入 す る 取消 を 回 避す る た め︑ 保 護 観察 付 執 行猶 予 の よう に︑ 新 た な有 罪 判 決を 宣 告 する 裁 判 所に よ っ て決 定 さ れる

(85‑1‑ 243 243

(6)

こ と に な る旨

︑ 定 めて い ま す︒ 裁 判 所は

︑ か くし て

︑ 自由 に か つ 情 を知 っ た 上で

︑ 被 告人 の 状 況及 び 人 格︑ 行 為 の重 大 性 を 顧 慮し

︑ 執 行猶 予 が 取り 消 さ れる べ き かど う か を評 価 す る で しょ う

︒ 法 文 は

︑同 様 に

︑相 次 い で宣 告 さ れる 保 護 観察 付 執 行猶 予 の 連 鎖 的な 取 消 に終 止 符 を打 ち ま す︒ 第 七 条 は︑ 刑 罰 を宣 告 す る場 合 の 軽罪 裁 判 所︑ ま た は︑ 収 監 さ れ な い 有 罪 宣 告 の 場 合 の 刑 罰 適 用 判 事 に 修 正 措 置

︵ 半 自 由

︑外 部 収 容

︑ 電 視 監 視

︶ の 命 令 を 可 能 に す る 拘 禁 刑 の 限 度 を︑ 非 累 犯者 に つ いて は 二 年か ら 一 年︑ 累 犯 者に つ い て は 一年 か ら 六ヵ 月 に 引き 下 げ ます

︒ こ れら の 修 正は

︑ 重 い 刑 の 即時 の 修 正を 可 能 にし

︑ ま さに そ れ によ っ て 刑務 所 の 刑 罰 の意 味 を 変質 さ せ る︑ 二

〇九 年 一 一月 二 四 日の 行 刑 法 に 由来 す る 諸規 定 を 廃止 し ま す︒ そ の 上︑ 刑 罰 適用 判 事 に よ って 宣 告 され る 修 正が 問 題 とな る 場 合︑ こ の 手続 は

︑ 場 合 によ っ て あり う る 修正 の 決 定が

︑ 修 正さ れ た 形態 の 下 で す ら︑ 刑 罰 がい か な る態 様 で も執 行 さ れな い 数 ヶ月 を 要 し う るた め

︑ 刑の 執 行 過程 を 緩 慢に す る 結果 を も たら し て い ま した

︒ 第 三 章 は︑ 刑 事 強制 刑 を 創設 す る 諸規 定 を 含ん で い ます

︒ 本 法 案 は︑ 裁 判 所が 自 由 に使 え る 制裁 手 段 を拡 充 し

︑よ

り有 効 な 態様 で

︑ 裁判 所 が 被有 罪 宣 告者 に 遵 守す べ き 義務 及び 禁 止 を命 じ る こと を 可 能に す る ため に

︑ いか な る 既存 の刑 罰 も 廃止 す る こと な く

︑新 た な 刑罰 を 創 設し ま す

︒ 第 八 条 は︑ こ の ため

︑ 刑 法典 を 修 正し ま す

︒ 刑 事 強 制刑 は

︑ この 法 典 の新 第 一 三一

八 二条 に よ って 規定 さ れ るこ と に なり ま す

︒ 軽 罪 が 五年 以 下 の拘 禁 刑 で処 罰 さ れる 場 合

︑当 該 行 為者 の人 格 が 個別 化 さ れ強 化 さ れた 社 会 教育 的 支 援を 正 当 化す る際 に は

︑刑 事 強 制刑 が 可 能で し ょ う︒ 刑 事 強 制刑 は

︑ 六ヵ 月 以 上五 年 以 下で 裁 判 所に よ っ て定 めら れ た 期間

︑ 刑 罰適 用 判 事の 監 督 の下

︑ 監 督及 び 援 助の 措置

︑ 並 びに

︑ 対 象者 の 社 会内 へ の 統合 ま た は再 統 合 を促 進し つ つ 再犯 を 防 止す る こ とを 目 的 とし た 特 別の 義 務 及び 禁止 に 服 する こ と を被 有 罪 宣告 者 に 義務 づ け るで し ょ う︒ こ れ ら の義 務 ま たは 禁 止 は︑ か く して

︑ 被 有罪 宣 告 者の 人格

︑ 当 該犯 罪 の 状況

︑ ま たは

︑ 被 害者 の 利 益を 保 護 する 必要 性 に よっ て 正 当化 さ れ るも の で す︒ 以 下 の 特別 な 義 務及 び 禁 止が 問 題 とな る で しょ う

⎜ 被 害 者に 生 じ た損 害 を 賠償 す る 義務

︑ 教 育も し く は職 業 訓 練を 受 け る義 務

︑ 治療 措 置 に服 す る 義務

︑ 犯 罪に よ っ て生 じ た 損害 を 賠 償す る 義 務︑ 市 民 訓育 研 修 を受

(法政研究 85‑1‑244 244

(7)

講 す る義 務

︑ また は

︑ 車輌 運 転 の禁 止

︑ 未成 年 者 との 日 常 的な 接 触 を含 む 活 動の 禁 止

︑特 定 の 場所 へ の 立入 禁 止

︑特 定 の 人と の 接 触禁 止

︑ もし く は

︑武 器 の 所持 も し くは 携 帯 の禁 止 と いっ た

︑ 保護 観 察 付執 行 猶 予に 関 し て定 め ら れた 義 務 及び 禁 止

⎜ 公 益 奉仕 労 働 に従 事 す る義 務

︵ 公的 施 設

︑地 方 公 共団 体 ま たは ア ソ シア シ オ ンの た め に行 わ れ るも の で

︑労 働 時 間二 一

〇 時間 ま で

︶︑

⎜ 対 象 者が 社 会 内司 法 監 督が 課 さ れる 軽 罪 につ き 有 罪宣 告 を 受け た 場 合で

︑ か つ︑ 医 学 鑑定 に よ って 対 象 者が 治 療 の対 象 と なり う る と結 論 づ けら れ た 場合

︑ 治 療命 令

︒ こ れ ら の措 置

︑ 義務 及 び 禁止 は

︑ 刑事 訴 訟 法典 に よ って 精 確 に 示 され た 条 件の 下 で かつ そ の 態様 に 従 って

︑ 社 会復 帰

・ 保 護 観察 局

︑ 刑罰 適 用 判事 に よ る被 有 罪 宣告 者 の 人格 調 査 の 後 に︑ 決 定 され る で しょ う

︒ これ ら の 措置

︑ 義 務及 び 禁 止 は

︑被 有 罪 宣告 者 の 評価 に 鑑 み︑ 刑 の 執行 中

︑ 修正 さ れ う る でし ょ う

︒ 第 九 条 は︑ 刑 事 訴訟 法 典 の中 に

︑ 刑事 強 制 の執 行 態 様に 必 要 な 詳 細を も た らし ま す

︒ と り わ け︑ 被 有 罪宣 告 者 は社 会 復 帰・ 保 護 観察 局 に よる

評価 の 対 象と な る こと が 定 めら れ ま す︒ こ の 評価 に 基 づい て︑ 刑 罰 適用 判 事 は︑ 命 令 によ り 被 有罪 宣 告 者に 課 さ れる 特別 な 義 務及 び 禁 止を 確 定 する こ と にな り ま す︒ 対 象 者 の状 況 は

︑刑 罰 適 用判 事 が 以下 の こ とが で き るよ うに

︑ 社 会復 帰

・ 保護 観 察 局及 び 刑 罰適 用 判 事に よ っ て︑ 刑の 執 行 中︑ 定 期 的に

︑ ま た︑ 少 な くと も 一 年に 一 度

︑再 評価 さ れ るで し ょ う︒

⎜ 保 護 観察 に 伴 う義 務 を 修正

︑ 強 化︑ ま た は消 滅 さ せる こ と

⎜ 保 護 観察 刑 が 少な く と も一 年 間 執行 さ れ てい る 場 合︑ こ の 刑罰 を 終 了さ せ る こと

︒ 被 有 罪 宣告 者 に よる

︑ 課 され た 措 置︑ 義 務 及び 禁 止 の不 遵守

︑ ま たは

︑ 軽 罪に 関 す る新 た な 有罪 宣 告 の場 合

︑ 刑罰 適用 判 事 は︑ 職 権 によ り ま たは 共 和 国検 事 の 請求 に 基 づい て︑ 監 視 の程 度 を 強化 し

︑ また は

︑ 被有 罪 宣 告者 に 課 され る義 務 も しく は 禁 止を 補 完 する こ と がで き る でし ょ う

︒ こ の 対 応が 刑 罰 の実 効 性 を保 証 す るの に 不 十分 な 場 合︑ 判事 は

︑ 職権 に よ りま た は 共和 国 検 事の 請 求 に基 づ き

︑裁 判所 に よ って 宣 告 され た 刑 事強 制 刑 の期 間 の 半分 及 び 科さ れる 拘 禁 刑の 上 限 を超 え な い期 間

︑ 拘禁 刑 を 被有 罪 宣 告者 に対 し て 執行 す る ため

︑ 理 由を 付 し た申 請 に より

︑ 大 審裁

(85‑1‑ 245 245

(8)

判 所 の 長 また は 大 審裁 判 所 の長 に よ って 指 名 され た 判 事に 本 件 を 付 託し ま す

︒こ の 拘 禁は

︑ 半 自由

︑ 外 部収 容 ま たは 電 視 監 視 の制 度 の 下で 執 行 され え ま す︒ 重 罪 ま たは 軽 罪 に関 す る 対象 者 の 新た な 有 罪宣 告 の 場合

︑ 判 決 裁 判 所は

︑ 同 様に

︑ こ の拘 禁 の 執行 を 命 令す る 旨 決定 す る こ と がで き る でし ょ う

︒ 第 一

〇 条は

︑ 刑 事強 制 刑 が未 成 年 者に 適 用 され な い 旨規 定 し て お り︑ 未 成 年者 に 関 する 刑 法 上の 諸 規 定は

︑ 犯 罪少 年 に 関 す る 一 九 四 五 年 二 月 二 日 の オ ル ド ナ ン ス 第 四 五 一 七 四 号 の 管轄 に 属 しま す

︒ 第 二 編 は︑ 刑 罰 の執 行 体 制を 精 確 にし

︑ 被 有罪 宣 告 者の 監 視 及 び 監督 を 強 化す る た めの 諸 規 定に 関 す るも の で す︒ 第 一 章 は︑ 刑 罰 の実 施 を 支配 す る 諸原 理 を 扱っ て い ます

︒ 第 一 一 条は

︑ 刑 事訴 訟 法 典の 前 文 が有 罪 判 決に 至 る こと を 可 能 に する 手 続 に関 す る 諸原 則 を 扱っ て い るの と 同 様に

︑ 刑 罰 が 刑 事裁 判 所 によ っ て 宣告 さ れ る度 に 刑 罰の 実 施 を支 配 す べ き 全て の 原 理を 明 確 かつ 矛 盾 なく 同 法 典内 に 挿 入す る た め

︑ 刑事 訴 訟 法典 第 七

〇七 条 を 修正 し ま す︒ 新 第 七

〇七 条 に おい て

︑ 被害 者 の 権利 の 尊 重原 則

︑ 刑罰 の 執 行 体 制の 合 目 的性

︑ 及 び︑ 自 由 の漸 進 的 回復 の 原 理が

︑ 相 次 い で 精確 に 示 され ま す

ま ず

︑ 刑の 執 行 中︑ 被 害 者が 有 す る以 下 の 権利 に つ いて

︑ 明記 さ れ ます

︒ 自1°

己 の利 益 に 対す る あ らゆ る 侵 害を 司 法 当局 に 提 訴す る こ と︑ 損2°

害 賠償 ま た はそ の 他 の適 切 な 手段 に よ って

︑ 自 己の 損 害 の補 償 を 受け る こ と︑ 被3°

害 者が 望 む 場合

︑ 本 法典 に よ って 定 め られ る 場 合に か つ その 条 件 にお い て

︑自 由 剥 奪刑 の 執 行の 終 了 につ い て 通知 さ れ るこ と

︑ 場4°

合 によ っ て は︑ 自 己 の平 穏 及 び安 全 を 保証 す る 必要 性 が 顧慮 さ れ るこ と

︒ 司 法 当 局は

︑ こ れら の 権 利の 尊 重 に配 慮 し なけ れ ば なり ませ ん

︒ 次 に

︑ 自由 剥 奪 及び 制 限 刑の 執 行 体制 は

︑ 被有 罪 宣 告者 が社 会 の 規範 を 遵 守す る

︑ 責任 あ る 生活 を 送 り︑ 新 た な犯 罪の 実 行 を回 避 す るこ と が でき る よ うに

︑ 被 有罪 宣 告 者の 社会 統 合 また は 社 会再 統 合 の準 備 を 目的 と す る旨 が 精 確に 示さ れ ま す︒ こ の 定式 は

︑ 二〇

〇 九 年一 一 月 二四 日 の 行刑 法現 行 第 一条 よ り 精確 か つ より 一 貫 した も の であ っ て

︑同 条は 従 っ て廃 止 さ れま す

︒ 刑 事 訴 訟法 典 第 七〇 七 条 の新 た な 起草 は

︑ 他方 で

︑ これ

(法政研究 85‑1‑246 246

(9)

ら の 刑 罰 の執 行 体 制が

︑ 被 有罪 宣 告 者の 人 格 の変 化 に 応じ た

︑ 刑 罰 の執 行 に 適応 し て いな け れ ばな ら な い旨 を 精 確に 示 し ま す

︒ 最 後 に

︑再 犯 の 要因 で あ る︑ い か なる 形 態 の司 法 上 の監 視 も な く 釈放 さ れ るの を 回 避す る た め︑ 自 由 剥奪 刑 の 執行 に お い て 収容 さ れ る全 て の 被有 罪 宣 告者 が

︑ 可能 と な る度 ご と に

︑ 既存 の 措 置︵ 半 自 由︑ 外 部 収容

︑ 電 子監 視

︑ 仮釈 放

︶︑ ま た は

︑ 法 案 第 一 六 条 に よ っ て 創 設 さ れ る 強 制 下 釈 放 の 新 た な措 置 の 枠内 で

︑ 漸進 的 な 自由 回 復 の対 象 と なら な け れ ば なら な い 旨示 さ れ ます

︒ 第 二 章 は︑ 被 有 罪宣 告 者 のケ ア に 関す る 諸 規定 を 含 んで い ま す

︒ 第 一 二 条は

︑ 行 刑公 役 務 を保 証 し また は こ れに 協 力 する 機 関 ま た は組 織

︵ 行刑 当 局

︑国 家 及 び地 方 自 治体 の 他 の機 関

︑ ア ソ シア シ オ ン︑ 及 び

︑公 人 ま たは 私 人

︶が

︑ そ れぞ れ

︑ こ の 点に つ き

︑被 有 罪 宣告 者 が 自ら の 社 会統 合 を 容易 に し う る 全て の 権 利を 有 効 に獲 得 す るよ う に 留意 し な けれ ば な ら な い旨 を 精 確に 示 す ため

︑ 行 刑法 を 修 正し ま す

︒ 第 三 章 は︑ 被 有 罪宣 告 者 の監 視 及 び監 督 に おけ る 行 刑公 役 務 の 役 割に 関 す る諸 規 定 に関 す る もの で す

︒ 第 一 三 条及 び 第 一四 条 は

︑社 会 復 帰・ 保 護 観察 局 の 任務

を精 確 に 示し

︑ 刑 罰適 用 判 事と の 関 係を 明 確 化す る た め︑ 行 刑 法 第 一 三 条 及 び 刑 事 訴 訟 法 典 第 七 一 二 一 条 を 補 完 し ます

︒ こ れら の 職 員は

︑ 被 有罪 宣 告 者の 状 況 及び 人 格 を定 期的 に 評 価し

︑ 被 有罪 宣 告 者に 課 さ れる 義 務 の尊 重 を 監視 する 旨

︑ 精確 に 示 され ま す

︒社 会 復 帰・ 保 護 観察 局 は

︑そ の評 価 に 応じ て

︑ 被有 罪 宣 告者 の ケ アの 態 様 を定 め ま す︒ 社会 復 帰

・保 護 観 察局 は

︑ その ケ ア につ い て

︑刑 罰 適 用判 事に 通 知 した 上 で

︑こ れ を 実施 し ま す︒ 刑 罰 適 用判 事 が

︑必 要 と 思料 す る 場合

︑ 被 有罪 宣 告 者の 監視 の 強 化に 関 す る修 正 を 行わ せ う る旨 を 精 確に 示 す ため

︑ デク レ に よっ て

︑ これ ら の 規定 は 補 完さ れ る こと に な るで しょ う

︒ 第 四 章 は︑ 司 法 の手 に あ る者 に よ る義 務 違 反の 場 合 に警 察及 び 憲 兵の 役 割 を強 化 す るた め の 諸規 定 に つい て 扱 って いま す

︒ 第 一 五 条は

︑ 被 有罪 宣 告 者ま た は 司法 統 制 処分 下 に ある 者に よ る 義務 の 遵 守を 監 督 する に 際 し︑ 警 察 及び 憲 兵 の果 たす 役 割 をよ り よ く識 別 す るた め に

︑刑 事 訴 訟法 典 に 複数 の修 正 を もた ら し ます

︒ 司 法 統 制処 分 下 にあ る 者 につ い て は︑ 違 反 の疑 い が ある 場合 に

︑ 司法 警 察 が対 象 者 を留 置 で きる よ う にな る

︑ 義務

(85‑1‑ 247 247

(10)

及 び 禁 止 のリ ス ト が拡 充 さ れま す

︵ 例え ば

︑ 次の よ う な場 合 に は

︑ 今後

︑ 留 置が 可 能 にな る で しょ う

︒ 即ち

︑ 予 審判 事 ま た は 自由 と 拘 禁判 事 に よっ て 定 めら れ た 特定 の 場 所へ の 立 ち 入 り禁 止 ま たは 場 所 的制 限 か らの 逸 脱 禁止 に 違 反し た 場 合

︑ 運転 禁 止

︑武 器 の 所持 ま た は携 帯 禁 止に 違 反 した 場 合︶

︒こ れ ら の 規 定 は︑ 同 様 に

︑ 電 子 監 視 付 居 住 指 定 下 に 置 か れ た者 に も 適用 さ れ ます

︒ 被 有 罪 宣告 者 に つい て は

︑現 行 で は︑ 刑 罰 適用 判 事 の監 督 下 に 置 かれ た 者 に対 し て のみ 留 置 が可 能 で すが

︑ 今 後は

︑ 検 事 の 監 督 下 に 置 か れ た 者

︑ と り わ け

︑ 例 え ば

︑運 転︑ 特 定 の 場 所へ の 立 ち入 り

︑ 特定 の 者 との 交 際

︑武 器 の 所持 の

︶ 禁 止 刑の 宣 告 を受 け た 者に つ い て︑ 裁 判 所が 禁 止 の不 遵 守 の 場 合に 科 さ れる 拘 禁 刑の 期 間 を定 め た 場合 に も

︑留 置 が 可 能 にな り ま す︒ 本 条 は

︑そ の 他 に︑ 司 法 統制 処 分 もし く は 電子 監 視 付居 住 指 定 下 に置 か れ た者 ま た は被 有 罪 宣告 者 が

︑武 器 の 所持 の 禁 止 に 服し て い るに も か かわ ら ず

︑そ の 住 居ま た は 居所 に 武 器 を 所持 し て いる こ と を疑 わ せ る合 理 的 根拠 が あ る場 合 に

︑ 司 法当 局 の 許可 を 得 た上 で

︑ 司法 警 察 が家 宅 捜 索を 行 う 可 能 性を 導 入 しま す

︒ 本 条 は

︑最 後 に

︑対 象 者 のフ ァ イ ルに 記 載 され な け れば

なら な い 情報 を 補 完す る こ とで

︑ 被 有罪 宣 告 者に 課 さ れる 義務 及 び 禁止 が 治 安部 隊 に 十分 に 知 らさ れ る よう に す る旨

︑ 定め て い ます

︒ 第 五 章 は︑ 被 有 罪宣 告 者 の監 督

︑ 監視 下 で の漸 進 的 な自 由回 復 を 保証 す る 諸規 定 に 割り 当 て られ て い ます

︒ 第 一 六 条は

︑ 五 年以 下 の 刑罰 を 宣 告さ れ た 者が 刑 期 の三 分の 二 の 執行 を 受 けた 場 合

︑そ の 者 が管 理 下 での 釈 放 措置 の恩 恵 を 受け る 理 由が あ る かを 評 価 する た め

︑被 有 罪 宣告 者の 状 況 を必 要 的 に調 査 す る手 続 を 創設 し ま す︒ 執 行 さ れた 刑 期 が少 な く とも 残 刑 期の 二 倍 に等 し い 場合

︑ 総計 で 五 年以 下 と なる 一 つ また は 複 数の 自 由 剥奪 刑 の 執行 を受 け る 被有 罪 宣 告者 の 状 況に つ い て︑ 必 要 的に

︑ 刑 罰適 用委 員 会 で裁 定 を 下す 刑 罰 適用 判 事 によ っ て

︑従 っ て

︑社 会復 帰

・ 保護 観 察 局︑ 施 設 の長 及 び 共和 国 検 事の 意 見 が聴 取さ れ た 後︑ 調 査 され る 旨 が刑 事 訴 訟法 典 新 第七 二

〇 条の 中に

︑ 規 定さ れ ま す︒ こ の 調 査 の 後︑ 刑 罰 適 用 判 事 は︑ 理 由 を 付 し た 命 令 に よっ て

︑ 次の い ず れか を 決 定す る で しょ う

︒ 一つ は

︑ 被有 罪宣 告 者 の強 制 下 釈放 措 置 です

︒ こ の場 合

︑ 刑罰 適 用 判事 は︑ そ の 態様 を 定 め︑ 半 自 由︑ 電 子 監視

︑ 外 部収 容 ま たは 仮釈 放 の 制度 の 下 で執 行 さ れる 旨

︑ 決定 す る でし ょ う

︒も

(法政研究 85‑1‑248 248

(11)

う 一 つ は

︑そ の よ うな 措 置 を宣 告 し ない 旨 の 決定 で す

︒ 最 後 に

︑新 規 定 によ っ て 定め ら れ る期 間 内 にそ の 態 様に 従 っ て

︑ 被有 罪 宣 告者 の 状 況の 調 査 が行 わ れ ない 場 合

︑控 訴 院 刑 罰 適用 部 の 長は

︑ 職 権に よ り また は 被 有罪 宣 告 者も し く は 共 和国 検 事 の付 託 に 基づ き

︑ これ ら の 措置 の 一 つを 命 じ る こ とが で き る旨

︑ 精 確に 示 さ れま す

︒ こ れ ら の新 規 定 は︑ 自 動 的な 仮 釈 放の 枠 組 を創 設 す るも の で は あ りま せ ん が︑ 迅 速 かつ 適 合 的な 新 手 続の 枠 内 で︑ 必 要 的 調 査を 創 始 しま す

︒ 第 一 七 条 は

︑ 同 様 に

︑新 第 七 三

〇 三 条 に お い て︑ 執 行 さ れ た 刑 期が 少 な くと も 残 刑期 の 二 倍に 等 し い場 合

︑ 総計 で 五 年 以 上と な る 一つ ま た は複 数 の 自由 剥 奪 刑の 執 行 を受 け る 被 有 罪宣 告 者 の状 況 が

︑対 審 の 後︑ も っ とも 対 象 者が 反 対 す る こと も あ りえ ま す が︑ 場 合 によ っ て はあ り う る仮 釈 放 の 恩 恵に つ い て裁 定 を 下す 刑 罰 適用 判 事 また は 刑 罰適 用 裁 判 所 によ り 必 要的 に 調 査さ れ る 旨定 め る こと に よ って

︑ 刑 期 の 三 分の 二 経 過時 点 で の長 期 刑 の必 要 的 調査 を 規 定し て い ま す

︒対 象 者 が無 期 懲 役を 宣 告 され た 場 合︑ こ の 審理 は

︑ 一 八 年の 拘 禁 後に 行 わ れな け れ ばな り ま せん

︒ 刑 事 訴 訟法 典 新 第七 二

〇 条に よ っ て規 定 さ れる 被 有 罪宣 告 者 の 必 要的 調 査 の措 置 に 鑑み

︑ 第 一八 条 は

︑刑 の 修 正の

単 純 化 さ れ た 手 続

P S A P

︶ 及 び 刑 の 終 了 時 の 電 子 監 視

S E F IP

︶ に 関 す る 複 雑 か つ 実 効 性 に 乏 し い こ の 法 典 の 規 定を 削 除 しま す

︒ 第 三 編 は︑ 最 後 に︑ さ ま ざま な 調 整規 定 を 扱い ま す

︒ 第 一 九 条は

︑ 経 過法 の 規 定で あ っ て︑ 裁 判 所が

︑ 被 有罪 宣告 者 に 対し て

︑ 第六 条 か ら生 じ る 新規 定 の 適用 前 に 自動 的に 介 入 する 執 行 猶予 の 取 消を 免 除 する も の です

︒ 第 二

〇 条は

︑ 刑 事強 制 及 び刑 の 修 正に 関 す る規 定 の よう に遅 れ て 発効 す る いく つ か の規 定 に つい て 定 めて い ま す︒ 同 条 は

︑第 一 六 条及 び 第 一七 条 の 規定 の 発 効時 に

︑ 既に 刑期 の 三 分の 二 以 上に 達 し てい る 被 有罪 宣 告 者の 状 況 を調 査す る た め︑ 刑 罰 適用 裁 判 所に 一 年 の期 間 を 与え て い ます

︒ 第 二 一 条は

︑ 本 法が 共 和 国領 土 全 域に 適 用 され る 旨 規定 しま す

︒ 刑 事 強 制刑 が ど の程 度 ま で広 が り

︑他 の 刑 罰︑ 特 に 保護 観察 付 執 行猶 予 に 代わ り う るの か を 精確 に 示 すた め

︑ とり わけ 刑 事 強制 刑 の 実施 に 関 わる 本 法 適用 の 評 価報 告 書 を本 法公 布 後 三年 以 内 に︑ 政 府 が議 会 に 提出 す る とい う 点 には 留意 す る べき で し ょう

(85‑1‑ 249 249

(12)

1 octobre 2013,n1413.   enregistreala Presidence de lʼAssemblee nationale le 9 Jean-Marc AYRAULT,par Christiane TAUBIRA,   alʼindividualisation des peines,presenteau nom de   ︶Projet de loi relatif ala prevention de la recidive et

な お︑ 本 法案 を 紹介 し た もの と して

︑ 井 上宜 裕

﹁再 犯 予防 及 び刑 の 個 別 化 に 関 す る 法案 第 一 四 一 三 号﹂ 法 政研 究 八四 巻 四号 九 七 五頁 以 下参 照

︒ 2

︶Loi n2014896 du 15 aout 2014 relative alʼin-

dividualisation des peines et renforçant lʼefficacitedes sanctions penales.

(法政研究 85‑1‑250 250

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP