ラウンジしらかわ 広報白河 平成28年2月1日号 | 白河市公式ホームページ

Full text

(1)

広報白河 2016.2.1(H28)

   

     

P

P

ickup

≪鴻巣麻里香さん≫

白河市在住。1979年生。KAKE COMI代表、 NPO法人しらかわ市民活動

支援会理事。精神保健福祉 士の資格を持ち、公共機関 や学校でカウンセラーを務 めるほか、セルフケアやメ ンタルヘルス、コミュニテ ィケア等のワークショップ や講演を多数実施。

 非営利任意団体KAKE COMI(代表鴻巣麻里香さん) では、学校の人間関係や経済状況等で生きづらさを抱え る子どもたちを中心に、手料理の振る舞いや自主学習の サポート、悩みごと相談などを行う「おいしい塾 たべ よ・まなぼ」を行っています。

 料理や掃除、後輩の勉強の手伝いなど、自分のできる 範囲で塾の活動を手伝ってもらうことで、利用料金は無 料となります。興味のある方は、メールでお問い合わせ ください。

日 時 毎週月曜日/午後2時∼8時

場 所 月花心(愛宕町)

対象者 小・中学生、高校生

ホームページ http://www.kakecomi.org/

申し込み・問い合わせ先 info@kakecomi.org

広報白河 2016.2.1(H28) 16 17

various information various information { 話 題 の 情 報 あ れ こ れ }

ȣ

Ȯ

ɬ

ɇ

ȣ

ə

Ȭ

Ȯ

ɬ

ȿ

Ȧ

ȸ

ɡ

ȸ

ȹ

ȝ

ɗ

Ɉ

ȝ

ȣ

ə

Ȭ

Ȯ

ɬ

ț

ɣ

ȥ

Ɂ

ȡ

Ĉ

ʗ

˂

ʵ

Ȭ

ɥ

Ɉ

ȣ

ə

Ȭ

Ȯ

ɬ

ȱ

Ɇ

Ȩ

ȿ

ʱ

ʟ

ȹ

ɒ

ĉ

ɖ

Ⱥ

ȝ

Ȩ

ɢ

ȥ

Ȭ

Ƀ

ȝ

ȹ

ɇ

Ȱ

Ȩ

ȿ

Ę

Ȭ

Ɇ

ȸ

Ȥ

ɢ

ȿ

ʗ

˂

ʵ

ȿ

Ȧ

ȿ

Ɉ

ȝ

ȣ

ə

Ȭ

Ȯ

ɬ

Ⱥ

ț

ɬ

ɗ

ȝ

ĉ

ȭ

ȴ

ɝ

Ȫ

ɤ

ĉ

ȝ

Ȩ

ɢ

ȥ

Ȭ

Ƀ

ȝ

ȹ

ɇ

Ȱ

Ȩ

ȿ

Ę

Ȭ

Ɇ

ȸ

Ȥ

ɢ

ȿ

ʗ

˂

ʵ

ȿ

Ȧ

ȿ

Ɉ

ȝ

ȣ

ə

Ȭ

Ȯ

ɬ

Ⱥ

ț

ɬ

ɗ

ȝ

ĉ

ȭ

ȴ

ɝ

Ȫ

ɤ

ĉ

ダルマに名前をつけてあげましたとさ

ラウンジ shirakawa

■話題 

R

eport

悩みを抱える子どもたちに「おいしいご

悩みを抱える子どもたちに「おいしいご

はん」と「学習サポート」の場を提供!

はん」と「学習サポート」の場を提供!

おいしい塾 たべよ・まなぼ

おいしい塾 たべよ・まなぼ

日本一長いクレープに認定!

「Decoraしらかわ2015」

 昨年10月12日に行われた「Decoraしらか わ2015」で、市内の小学生を中心に約100人 が、「日本一長いロングクレープ作り」に挑戦 しました。

会場で焼き上げた350枚以上のクレープ生地 を並べ、生クリームや果物などをトッピング し、一斉に両端から折りたたみ、3時間掛けて 長さ60mのクレープを完成させました。この 結果を記録認定を行う日本一ネット事務局に 申請し、先日、「日本一長いクレープ」に認定 されました。

 認定証は、白 河観光物産協会 内に掲示してあ りますので、近 くにお越しの際 はぜひご覧くだ さい。

ちょっといいはなし

 12月24日、篠し の み や

宮勝か つ み

美さん(白坂) から、大型の門松一対が寄贈され、正 月期間中、本庁舎正面玄関に飾られま した。なお、門松は中央公民館にも寄 贈されました。

 12月24日、鈴す ず き

木涼す み か

花さん(中央中3年)が、「第35回全国中学生 人権作文コンテスト」の県大会最優

秀賞・福島地方法務局賞と、全国大 会の奨励賞の受賞報告に訪れました。  また、中央中は中学生の人権意識 高揚に尽力したとして、法務省と全 国人権擁護委員連合会長から感謝状 を受けました。

 12月24日、市公設市場の白河青果 ㈱(菊き く ち

池俊し ゅ ん い ち ろ う

一郎社長)から、二段重ね で重さ49.70㎏(よくなれ)の大鏡餅 が寄贈され、正月期間中、本庁舎1階 ロビーに飾られました。

 1月15日、JA東西しらかわ(鈴す ず き

木 昭あ き お

雄代表理事組合長)から、表郷中の 3年生に、山本不動尊(棚倉町)で高 校受験合格を祈願した「みりょく満点 米」(同JAブランド)が寄贈されました。

善意の窓

正面玄関を飾る門松

第35回全国中学生人権作文コンテストの県大会最優秀賞・福 島地方法務局長賞および全国大会奨励賞を受賞

復興を願う大鏡餅

高校受験合格を願う祈願米

 12月25日、本市出身の遠藤純さん(JFAアカデミー 福島)が、サッカー U-16(16歳以下)女子日本代表と して、アジア選手権に出場し準優勝したことを報告に市 役所を訪れました。全5

試合のうち遠藤さんは4 試合に出場し、チームの 勝利に貢献しました。  遠藤さんは、「練習は大 変でしたが、大会通算で 3得点を決められて良か ったです」と話し、鈴木 市長は、「澤さ わ

穂ほ ま れ

希選手のよ うな日本を背負う選手に なってほしい」とエール を送りました。

女子サッカーU-16アジア選手権 準優勝!

■人物 

RR

eport

eport

え ん ど うえ ん ど う

藤 

 純

じ ゅ んじ ゅ ん

さん

さん

日本代表FW 日本代表FW

皆さんから投稿していただいた写真を紹介

ハイ・チーズ!!

皆さん

皆さん

!!

 12月6日、県障がい者スポーツ 協会の主催で、車いすを使用して いる方を対象に、手こぎで乗れる 自転車(ハンドバイク)の体験走 行会が行われました。当日は、伴 走者を含め10人の方が参加し、谷 津田川せせらぎ通りなどでツーリ ングを楽しみました。

Figure

Updating...

References

Updating...

Download now (1 pages)