第二章品目別認証基準 ( 品目別認証基準 ) 第 5 第 1から第 4に定めるもののほか 別表に掲げる認証の対象となる品目 ( 以下 認証品目 という ) ごとに 認証に関して必要な基準 ( 以下 品目別認証基準 という ) を別に定めるものとする 附則 ( 施行期日 ) 1 この基準は 平成 30

72 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

山梨県農産物等認証基準 山梨県農産物等認証要綱第3の規定に基づき、認証基準を次のように定める。 目次 第一章 横断的基準 第二章 品目別認証基準 附則 第一章 横断的基準 (適用範囲) 第1 本認証制度において、認証の対象となる食品は、次の各号の全てに該当するもので なければならない。 一 主たる原材料(生鮮食品にあってはその食品そのもの)が山梨県内で生産されたも のであること。 二 加工食品にあっては、山梨県内で製造されたものであること。 三 食品の製造にあたり、法令の規定による許可を要するときは、当該法令の規定によ る許可を受けた者が製造したものであること。 (食品表示) 第2 認証を受けようとする者は、食品表示法(平成 25 年 6 月 28 日法律第 70 号)及び食 品表示基準(平成 27 年 3 月 20 日内閣府令第 10 号)、不当景品類及び不当表示防止法(昭 和 37 年 5 月 15 日法律第 134 号)、酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律(昭和 28 年 2 月 28 日法律第 7 号)その他関係法令、公正競争規約等の規定に基づき適正に食品表 示をしなければならない。 (品質管理) 第3 品質管理は、食品衛生法(昭和 22 年 12 月 24 日法律第 233 号)に基づき、適正な製 造、加工及び施設の管理を行うこと。 2 山梨県食品衛生法施行条例(平成 12 年 3 月 29 日条例第 11 号)の規定により、食品衛 生責任者の選任が必要な業種にあっては、食品衛生責任者を1名以上選任すること。 (技術指導) 第4 認証を受けた者は、国や県その他関係機関が実施する製造技術や食品表示、品質管 理、食品衛生等に関する指導を積極的に受けるよう努めること。

(2)

第二章 品目別認証基準 (品目別認証基準) 第5 第1から第4に定めるもののほか、別表に掲げる認証の対象となる品目(以下「認 証品目」という。)ごとに、認証に関して必要な基準(以下「品目別認証基準」という。) を別に定めるものとする。 附 則 (施行期日) 1 この基準は、平成30年4月1日から施行する。 (既認証基準の改正) 2 この基準の施行の日(以下「施行日」という。)前に山梨県農産物等認証要綱第3に基 づき設定された認証基準(以下「既認証基準」という。)は、第5で別に定めるとした品 目別認証基準とみなす。ただし、既認証基準の規定のうち、第1から第4の横断的基準 に相当する規定は一部削除若しくは改正するものとする。 (経過措置) 3 施行日前に認証した食品に係る認証基準の適用については、なお従前の例による。 4 この基準に記載のある関係法令において経過措置の適用がある場合は、当該経過措置 期間においては、この基準の規定にかかわらず、なお従前の例によることができる。 別表(第5関係) 番号 認証品目 1 生いもこんにゃく 2 甲州調合味噌 3 平飼鶏卵 4 甲州きそば 5 甲州地どり 6 清酒 7 ジャム 8 ハム類 9 長かぶしょうゆ漬け 10 マーマレード 11 ソーセージ 12 甲州小梅(梅漬・梅干し・調味梅漬・調味梅干し)

(3)

13 きゃら蕗 14 やまめの甘露煮 15 ぶどうジュース 16 かりんはちみつ漬け 17 やまめのくん製 18 六郷のあんびん 19 フルーツワイン 20 しそエキス入り飲料 21 果物のシロップ漬け 22 豆腐 23 干し柿 24 地菜の油炒め 25 しいたけの旨煮 26 さといも焼酎 27 ニジマスの梅酒煮 28 きゅうりのしょうゆ煮 29 ベーコン 30 ももジュース 31 果実ミックスジュース 32 牛乳 33 飲むヨーグルト 34 ナチュラルチーズ 35 納豆 36 きな粉 37 煎り豆 38 大豆煮豆 39 ヤーコン茶 40 農産物のかす漬 41 りんごジュース 42 米味噌 43 干し芋 44 梅漬・梅干し・調味梅漬・調味梅干し 45 煎茶 46 はちみつ 47 乾燥果実

(4)

48 県産果実又は野菜を使用した菓子類 49 ウコン(加工品) 50 なすの煮付け 51 甲州頬落鶏 52 桑茶 53 バジルソース 54 いも床 55 ワインビネガー(ぶどう酢) 56 練り梅 57 ポタージュの素 58 サフラン 59 スイートコーン(加熱済み)

(5)
(6)

第 1 号 生 芋 こ ん に ゃ く の 認 証 基 準 平 成 3 年 3 月 2 8 日 制 定 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 ○ 生 芋 こ ん に ゃ く 認 証 基 準 1 認 証 品 目 ・ 生 芋 こ ん に ゃ く 2 定 義 ・ こ ん に ゃ く 芋 若 し く は 蒸 煮 し た こ ん に ゃ く 芋 を 摺 り お ろ し た も の に 水 又 は 温 湯 及 び 凝 固 剤 ( 水 酸 化 カ ル シ ウ ム を 主 体 と し た も の で 、 こ ん に ゃ く の マ ン ナ ン を 凝 固 さ せ る も の を い う 。 た だ し 、 水 酸 化 ナ ト リ ウ ム は 使 用 し な い 。) を 加 え 、 加 熱 し て 凝 固 さ せ た も の を い う 。 3 使 用 原 材 料 ・ こ ん に ゃ く 芋 は 、 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ た も の で あ る こ と 。 4 製 造 方 法 等 ・ 下 図 の と お り 。 玉 洗 い 玉 煮 沸 玉 摺 練 合 せ 凝 固 剤 混 合 缶 盛 り 切 断 シ ― ル 石 灰 水 貯 蔵 ボ イ ル 販 売

(7)

第 2 号 甲 州 調 合 味 噌 の 認 証 基 準 平 成 3 年 3 月 2 8 日 制 定 平 成 1 5 年 8 月 2 5 日 改 正 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 ○ 甲 州 調 合 味 噌 認 証 基 準 1 認 証 品 目 ・ 甲 州 調 合 味 噌 2 定 義 ・ 米 麹 と 麦 麹 を 混 合 し て 製 造 し た 味 噌 で あ っ て 、 原 料 で あ る 大 豆 ( 脱 脂 加 工 大 豆 を 除 く 。 以 下 同 じ 。) と 米 ・ 麦 と の 比 率 を 1 対 1 と し 、 米 麹 に 対 し 麦 麹 の 割 合 を 多 く し て 製 造 し た も の を い う 。 3 使 用 原 材 料 ・ 原 料 の 大 豆 は 、 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ た も の で あ る こ と 。 4 製 造 方 法 等 ・ 大 豆 を 蒸 煮 し た も の に 米 麹 と 麦 麹 を 調 合 し 、 さ ら に 、 食 塩 を 混 合 し て 、 こ れ を 3 か 月 以 上 発 酵 熟 成 さ せ る こ と 。 ・ 保 存 料 を 使 用 し な い こ と 。 優 良 酵 母 や 乳 酸 菌 又 は 種 味 噌 選 別 仕 込 ・ 混 合 大 豆 浸 漬 蒸 し 冷 却 種 付 種 水 発 酵 菌 精 白 洗 浄 洗 浄 浸 漬 蒸 煮 冷 却 製 麹 出 麹 塩 切 種 麹 食 塩 麦 米 発 酵 ・ 熟 成 掘 出 し 調 整 検 査 包 装 ・ 表 示 製 品

(8)
(9)

第 3 号 平 飼 鶏 卵 の 認 証 基 準 平 成 3 年 3 月 2 8 日 制 定 平 成 1 3 年 3 月 2 8 日 改 正 平 成 1 8 年 8 月 3 0 日 改 正 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 ○ 平 飼 鶏 卵 認 証 基 準 1 認 証 品 目 ・ 平 飼 鶏 卵 2 定 義 ・ 平 飼 い ( 鶏 が 直 接 地 面 に 接 す る こ と が で き る 鶏 舎 で 飼 う 方 法 ) で 飼 育 し た 採 卵 鶏 か ら 採 れ た 卵 を い う 。 3 飼 育 動 物 ・ 採 卵 鶏 4 成 鶏 の 飼 育 方 法 等 ・ 日 中 自 由 に 太 陽 光 の 下 で 運 動 が で き る よ う な 運 動 場 を 備 え 、鶏 が 直 接 地 面( 土 面 ) に 接 す る こ と が で き る 鶏 舎 で 飼 育 す る こ と 。 ・ 鶏 舎 の 飼 育 密 度 は 3 . 3 ㎡ 当 た り 1 0 羽 以 下 と す る こ と 。 ・ 毎 日 、 緑 餌 を 給 与 す る こ と 。 ・ 山 梨 県 内 で 飼 育 さ れ て い る も の で あ る こ と 。

(10)

第 4 号 甲 州 き そ ば の 認 証 基 準 平 成 3 年 1 2 月 2 0 日 制 定 平 成 1 6 年 3 月 2 6 日 改 正 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 ○ 甲 州 き そ ば の 認 証 基 準 1 認 証 品 目 ・ 甲 州 き そ ば 2 定 義 ・ 石 臼 で 製 粉 し た そ ば 粉 を 使 用 し 、 手 打 ち の 製 法 に よ り 製 め ん し た 生 そ ば で あ っ て 、 そ ば 粉 の 割 合 が 6 0 % 以 上 で 製 造 し た も の を い う 。 3 使 用 原 材 料 ・ 主 原 料 の そ ば が 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ た も の で あ る こ と 。 4 製 造 方 法 等 ・ 石 臼 で 製 粉 し た そ ば 粉 と 小 麦 粉 を 混 合 し た も の に 水 又 は 温 湯 を 加 え 、 手 で 混 練 し 、 熟 成 さ せ た 後 、 延 棒 で 圧 延 し 、 包 丁 で め ん 線 状 に 裁 断 す る こ と 。

(11)

第 5 号 甲 州 地 ど り の 認 証 基 準 平 成 3 年 1 2 月 2 0 日 制 定 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 ○ 甲 州 地 ど り の 認 証 基 準 1 認 証 品 目 ・ 甲 州 地 ど り 2 定 義 ・ シ ャ モ と 白 色 プ リ マ ス ロ ッ ク を 交 配 し た 肉 用 鶏 で あ っ て 、 平 飼 い ( 鶏 が 直 接 地 面 に 接 す る こ と が で き る 鶏 舎 で 飼 う 方 法 ) に よ り 飼 育 し た 鶏 肉 を い う 。 3 飼 育 動 物 ・ シ ャ モ ( ♂ ) と 白 色 プ リ マ ス ロ ッ ク ( ♀ ) を 交 配 し た 肉 用 鶏 。 4 成 鶏 の 飼 育 方 法 等 ・ 日 中 自 由 に 太 陽 光 の 下 で 運 動 が で き る よ う な 運 動 場 を 備 え 、鶏 が 直 接 地 面( 土 地 ) に 接 す る こ と が で き る 鶏 舎 で 飼 育 す る こ と 。 ・ 鶏 舎 の 飼 育 密 度 は 3 . 3 ㎡ 当 た り 1 0 羽 以 下 と す る こ と 。 ・ 毎 日 、 緑 餌 を 給 与 す る こ と 。 ・ 山 梨 県 内 で 飼 育 さ れ て い る も の で あ る こ と 。 ・ 飼 育 日 数 が 概 ね 1 2 0 日 前 後 で あ る こ と 。 5 表 示 方 法 山 梨 県 農 産 物 等 認 証 基 準 第 2 の 規 定 に 加 え 、 次 に よ り 表 示 す る こ と 。 ・ シ ャ モ と 白 色 プ リ マ ス ロ ッ ク を 交 配 し た 肉 用 鶏 で あ る 旨 を 表 示 す る こ と 。 ・ 「 産 地 等 表 示 食 肉 の 生 産 及 び 出 荷 等 の 適 正 化 に 関 す る 指 針 」 及 び 「 食 肉 販 売 店 等 に お け る 食 肉 の 産 地 等 表 示 に 関 す る 指 針 」 を 厳 守 す る こ と 。

(12)

第 6 号 清 酒 の 認 証 基 準 平 成 5 年 6 月 1 7 日 制 定 平 成 1 5 年 3 月 2 5 日 改 正 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 ○ 清 酒 の 認 証 基 準 1 認 証 品 目 ・ 清 酒 2 定 義 ・ こ の 基 準 に お い て 清 酒 と は 、 酒 税 法 ( 昭 和 2 8 年 法 律 第 6 号 ) 第 2 条 に 規 定 す る 酒 類 の う ち 同 法 第 3 条 第 4 号 イ に 規 定 す る 清 酒 を い う 。 3 使 用 原 材 料 ・ 使 用 す る 米 は 、 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ た も の で 、 農 産 物 検 査 法 で 定 め ら れ た 醸 造 用 玄 米 ( 酒 造 好 適 米 ) と し 、 か つ 精 米 歩 合 7 0 % 以 下 で あ る こ と 。 4 製 造 方 法 等 ・ 清 酒 の 製 法 品 質 表 示 基 準 ( 平 成 元 年 国 税 庁 告 示 第 8 号 ) に 定 め る 吟 醸 酒 、 純 米 酒 及 び 本 醸 造 酒 の い ず れ か の 製 法 に よ る も の で 、 吟 味 し 製 造 さ れ た も の で あ る こ と 。 5 品 質 基 準 ・ 吟 醸 酒 、 純 米 酒 及 び 本 醸 造 酒 の 品 質 基 準 は 、 品 質 上 優 れ た 香 味 、 色 沢 を 有 す る も の で あ る こ と 。 6 表 示 方 法 山 梨 県 農 産 物 等 認 証 基 準 第 2 の 規 定 に 加 え 、 次 に よ り 表 示 す る こ と 。 ・ 清 酒 の 製 法 品 質 表 示 基 準 ( 平 成 元 年 国 税 庁 告 示 第 8 号 ) を 遵 守 す る こ と 。

(13)

第 7 号 ジ ャ ム の 認 証 基 準 平 成 5 年 6 月 1 7 日 制 定 平 成 1 6 年 3 月 2 6 日 改 正 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 ○ ジ ャ ム の 認 証 基 準 1 認 証 品 目 ・ ジ ャ ム 2 定 義 ・ ジ ャ ム と は 、 ジ ャ ム 類 の 日 本 農 林 規 格 ( 昭 和 6 3 年 4 月 2 0 日 農 林 水 産 省 告 示 第 5 2 4 号 ) に 規 定 、 適 合 し た も の で あ っ て 、 次 の 条 件 に 合 致 す る も の を い う 。 ア 良 質 な 原 料 を 使 用 し 、 か つ 、 原 料 そ の も の か ら 加 工 し て い る こ と 。( 液 状 化 さ れ て い な い も の ) イ 食 品 添 加 物 は 使 用 し な い こ と 。 た だ し 、 ペ ク チ ン 含 有 量 が 少 な い 果 実 等 に 限 り ゲ ル 化 剤 ( ペ ク チ ン ) を 使 用 す る こ と が で き る 。 3 使 用 原 材 料 ・ 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ た 果 実 、 野 菜 又 は 花 弁 を 原 料 と す る こ と 。 4 品 質 基 準 ・ ジ ャ ム 類 の 日 本 農 林 規 格( 昭 和 6 3 年 4 月 2 0 日 農 林 水 産 省 告 示 第 5 2 4 号 ) 第 3 条 の ジ ャ ム 類 の 特 級 の 規 格 に 適 合 し て い る こ と 。

(14)

第 8 号 ハ ム 類 の 認 証 基 準 平 成 6 年 4 月 1 日 制 定 平 成 1 3 年 3 月 2 8 日 改 正 平 成 1 7 年 3 月 2 4 日 改 正 平 成 1 8 年 1 2 月 1 3 日 改 正 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 定 義 こ の 基 準 に お い て 、 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 用 語 の 定 義 は 、 同 表 の 右 欄 に 掲 げ る と お り と す る 。 用 語 定 義 ボ ン レ ス ハ ム 1 豚 の も も を 整 形 し 、 塩 漬 し 、 骨 を 抜 き 、 ケ ー シ ン グ 等 で 包 装 し た 後 、 く ん 煙 し 、 及 び 湯 煮 し 、 若 し く は 蒸 煮 し た も の 又 は く ん 煙 し な い で 、 湯 煮 し 、 若 し く は 蒸 煮 し た も の 2 豚 の も も 肉 を 分 割 し て 整 形 し 、 塩 漬 し 、 ケ ー シ ン グ 等 で 包 装 し た 後 、 く ん 煙 し 、 及 び 湯 煮 し 、 若 し く は 蒸 煮 し た も の 又 は く ん 煙 し な い で 、 湯 煮 し 、 若 し く は 蒸 煮 し た も の 3 1 又 は 2 を ブ ロ ッ ク 、 ス ラ イ ス 又 そ の 他 の 形 状 に 切 断 し た も の ロ ー ス ハ ム 1 豚 の ロ ー ス 肉 を 整 形 し 、塩 漬 し 、ケ ー シ ン グ 等 で 包 装 し た 後 、 く ん 煙 し 、 及 び 湯 煮 し 、 若 し く は 蒸 煮 し た も の 又 は く ん 煙 し な い で 、 湯 煮 し 、 若 し く は 蒸 煮 し た も の 2 1 を ブ ロ ッ ク 、 ス ラ イ ス 又 そ の 他 の 形 状 に 切 断 し た も の シ ョ ル ダ ー ハ ム 1 豚 の 肩 肉 を 整 形 し 、 塩 漬 し 、 ケ ー シ ン グ 等 で 包 装 し た 後 、 く ん 煙 し 、 及 び 湯 煮 し 、 若 し く は 蒸 煮 し た も の 又 は く ん 煙 し な い で 、 湯 煮 し 、 若 し く は 蒸 煮 し た も の 2 1 を ブ ロ ッ ク 、 ス ラ イ ス 又 そ の 他 の 形 状 に 切 断 し た も の 第 2 品 質 基 準 ハ ム 類 の 品 質 の 基 準 は 、 次 の と お り と す る 。 区 分 基 準 品 位 1 形 態 が 良 好 で 、 損 傷 及 び よ ご れ が な い こ と 。 2 色 沢 が 良 好 で あ る こ と 。 3 香 味 が 良 好 で あ る こ と 。 4 肉 質 及 び 結 着 が 良 好 で 、 液 汁 の 分 離 が な い こ と 。 赤 肉 中 の 水 分 7 2 % 以 下 で あ る こ と 。 赤 肉 中 の 粗 た ん 白 質 1 8 . 0 % 以 上 で あ る こ と 。

(15)

原 材 料 原 料 肉 1 ボ ン レ ス ハ ム に あ っ て は 、山 梨 県 で 生 産 さ れ 県 内 で と 畜 解 体 さ れ た 豚 の も も 肉 2 ロ ー ス ハ ム に あ っ て は 、山 梨 県 で 生 産 さ れ 県 内 で と 畜 解 体 さ れ た 豚 の ロ ー ス 肉 3 シ ョ ル ダ ー ハ ム に あ っ て は 、山 梨 県 で 生 産 さ れ 県 内 で と 畜 解 体 さ れ た 豚 の 肩 肉 原 料 肉 及 び 食 品 添 加 物 以 外 の 原 材 料 1 調 味 料 食 塩 、 糖 類 そ の 他 調 味 料 と し て 使 用 す る も の 2 香 辛 料 食 品 添 加 物 次 に 掲 げ る も の 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 1 調 味 料 5 ’ ― イ ノ シ ン 酸 二 ナ ト リ ウ ム 、 塩 化 カ リ ウ ム 、 5 ’ ― グ ア ニ ル 酸 二 ナ ト リ ウ ム 、 L ― グ ル タ ミ ン 酸 ナ ト リ ウ ム 、 コ ハ ク 酸 二 ナ ト リ ウ ム 及 び 5 ’ ― リ ボ ヌ ク レ オ チ ド 二 ナ ト リ ウ ム の う ち 3 種 以 下 2 結 着 補 強 剤 ピ ロ リ ン 酸 四 カ リ ウ ム 、ピ ロ リ ン 酸 二 水 素 二 ナ ト リ ウ ム 、ピ ロ リ ン 酸 四 ナ ト リ ウ ム 、ポ リ リ ン 酸 カ リ ウ ム 、ポ リ リ ン 酸 ナ ト リ ウ ム 、メ タ リ ン 酸 カ リ ウ ム 及 び メ タ リ ン 酸 ナ ト リ ウ ム の う ち 3 種 以 下 3 発 色 剤 亜 硝 酸 ナ ト リ ウ ム 、硝 酸 カ リ ウ ム 及 び 硝 酸 ナ ト リ ウ ム の う ち 2 種 以 下 。 4 酸 化 防 止 剤 L ― ア ス コ ル ビ ン 酸 ナ ト リ ウ ム 、 エ リ ソ ル ビ ン 酸 、 エ リ ソ ル ビ ン 酸 ナ ト リ ウ ム 、d l ― α ― ト コ フ ェ ロ ー ル 及 び ミ ッ ク ス ト コ フ ェ ロ ー ル の う ち 2 種 以 下 。 5 香 辛 料 抽 出 物 6 強 化 剤 食 品 表 示 基 準 ( 平 成 2 7 年 3 月 2 0 日 内 閣 府 令 第 10 号 )第 3 条 第 1 項 に 規 定 す る 栄 養 成 分 の 強 化 を 目 的 と し て 使 用 す る も の 。 異 物 混 入 し て い な い こ と 。 内 容 量 表 示 重 量 に 適 合 し て い る こ と 。 容 器 又 は 包 装 の 状 態 防 湿 性 を 有 す る 資 材 を 用 い て お り 、 か つ 、 薄 切 り し た も の に あ っ て は 、 通 気 性 の な い 資 材 を 用 い て 密 封 さ れ て い る こ と 。

(16)

第 9 号 長 か ぶ し ょ う ゆ 漬 け の 認 証 基 準 平 成 6 年 4 月 1 日 制 定 平 成 1 3 年 3 月 2 8 日 改 正 平 成 1 8 年 1 2 月 1 3 日 改 正 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 定 義 こ の 基 準 に お い て 、 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 用 語 の 定 義 は 、 同 表 の 右 欄 に 掲 げ る と お り と す る 。 用 語 定 義 長 か ぶ し ょ う ゆ 漬 長 か ぶ ( 根 部 及 び 葉 部 を 一 体 と し た も の )を 主 原 料 と し 、 こ れ を し ょ う ゆ 、ア ミ ノ 酸 液 若 し く は し ょ う ゆ 若 し く は ア ミ ノ 酸 液 に 調 味 料 、酸 味 料 若 し く は 香 辛 料 を 加 え た 調 味 液 又 は こ れ ら に こ ん ぶ 、 か つ お ぶ し 等 を 加 え た も の に 、 漬 け こ ん だ も の を い う 。 第 2 使 用 原 材 料 使 用 す る 長 か ぶ は 、 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ た 長 か ぶ で あ る こ と 。 第 3 品 質 基 準 1 長 か ぶ し ょ う ゆ 漬 の 品 質 の 基 準 は 、 次 の と お り と す る 。 区 分 基 準 色 沢 漬 け 上 が り 固 有 の 色 沢 が 良 好 で あ る こ と 。 歯 切 れ 及 び 肉 質 漬 け 上 が り 固 有 の 歯 切 れ 及 び 肉 質 が 良 好 で あ る こ と 。 香 味 漬 け 上 が り 固 有 の 香 味 が 良 好 で あ る こ と 。 調 製 ひ げ 根 等 の 除 去 が 良 好 で あ る こ と 。 全 窒 素 分 0 . 2 % 以 上 で あ る こ と 。 食 品 添 加 物 次 に 掲 げ る も の 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 調 味 料 、酸 味 料 、甘 味 料( 化 学 的 合 成 品 以 外 の も の )、着 色 料( 化 学 的 合 成 品 以 外 の も の )、 保 存 料 。 異 物 混 入 し て い な い こ と 。

(17)

内 容 量 液 汁 を 除 い た 重 量 が 表 示 重 量 に 適 合 し て い る こ と 。 包 装 の 状 態 清 潔 な 資 材 に よ り 包 装 さ れ て お り 、液 汁 も れ の 恐 れ が な い こ と 。 2 使 用 す る 原 材 料 の う ち 、 農 林 物 資 の 規 格 化 及 び 品 質 表 示 の 適 正 化 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 2 5 年 法 律 1 7 5 号 ) 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づ く 日 本 農 林 規 格 が 制 定 さ れ て い る も の に あ っ て は 、 当 該 日 本 農 林 規 格 に よ る 格 付 が 行 わ れ た も の で な け れ ば な ら な い 。 た だ し 、 輸 入 品 の 原 材 料 と し て 使 用 す る 場 合 等 や む を 得 な い 場 合 に は 、 当 該 日 本 農 林 規 格 に 適 合 す る も の と す る こ と が で き る 。

(18)

第 1 0 号 マ ー マ レ ー ド の 認 証 基 準 平 成 7 年 3 月 1 7 日 制 定 平 成 1 3 年 3 月 2 8 日 改 正 平 成 1 8 年 1 2 月 1 3 日 改 正 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 定 義 こ の 基 準 に お い て 、 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 用 語 の 定 義 は 、 同 表 の 右 欄 に 掲 げ る と お り と す る 。 用 語 定 義 ジ ャ ム 類 次 に 掲 げ る も の を い う 。 1 果 実 、 野 菜 又 は 花 弁 を 糖 類 等 と と も に ゼ リ ー 化 す る よ う に な る ま で 加 熱 し た も の 。 2 1 に ゲ ル 化 剤 、 酸 味 料 、 香 料 等 を 加 え た も の 。 マ ー マ レ ー ド ジ ャ ム 類 の う ち 、か ん き つ 類 の 果 実 を 原 料 と し た も の で 、か ん き つ 類 の 果 皮 が 認 め ら れ る も の を い う 。 果 実 含 有 率 原 料 と し て 使 用 し た か ん き つ 類 の 果 実( 使 用 し た 果 皮 の 果 実 全 体 に 対 す る 割 合 が 通 常 の 果 実 が 有 す る 果 皮 の 割 合 を 超 え る 場 合 に あ っ て は 、 そ の 超 え る 部 分 に 相 当 す る 果 皮 を 除 く 。) 及 び そ の 搾 汁 の 重 量 の 製 品 の 重 量 に 対 す る 割 合 を い う 。 第 2 品 質 基 準 マ ー マ レ ー ド の 品 質 の 基 準 は 、 次 の と お り と す る 。 区 分 基 準 品 位 1 香 味 が 良 好 で あ り 、 か つ 、 異 味 異 臭 が な い こ と 。 2 色 沢 が 良 好 で あ る こ と 。 3 ゼ リ ー 化 の 程 度 並 び に 果 皮 の 形 及 び 量 が 適 当 で 、 果 皮 の 分 布 が 均 一 で あ り 、 病 害 虫 こ ん 虫 及 び へ た そ の 他 の き ょ う 雑 物 が な い こ と 。 可 溶 性 固 形 分 4 0 % 以 上 で あ る こ と 。 果 実 含 有 量 2 0 % 以 上 で あ る こ と 。 原 材 料 食 品 添 加 物 以 外 の 原 材 料 次 に 掲 げ る も の 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 1 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ た か ん き つ 類 の 果 実 2 糖 類 砂 糖 、 ぶ ど う 糖 、 果 糖 、 ぶ ど う 糖 果 糖 液 糖 、 果 糖 ぶ ど う 糖 液 糖 、 砂 糖 混 合 ぶ ど う 糖 果 糖 液 糖 、 砂 糖 混 合 果 糖 ぶ ど う 糖 液 糖 、 水 あ め 、 粉 あ め 、 麦 芽 糖 、 砂 糖 結 合 水 あ め 、 異 性 化 乳 糖 、 パ ラ

(19)

チ ノ ー ス 及 び フ ラ ク ト オ リ ゴ 糖 3 糖 ア ル コ ー ル 粉 末 還 元 麦 芽 糖 水 あ め 、 還 元 麦 芽 糖 水 あ め 及 び 還 元 水 あ め 4 は ち み つ 5 酒 類 6 酸 味 料 レ モ ン 果 汁 ( 含 有 率 が 4 % 以 下 で あ る 場 合 に 限 る 。) 食 品 添 加 物 次 に 掲 げ る も の 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 1 酸 味 料 ク エ ン 酸 、 D L - 酒 石 酸 、 L - 酒 石 酸 及 び D L - リ ン ゴ 酸 2 p H 調 整 剤 ク エ ン 酸 三 ナ ト リ ウ ム 3 消 泡 剤 シ リ コ ー ン 樹 脂 4 酸 化 防 止 剤 L - ア ス コ ル ビ ン 酸 5 甘 味 料 D - キ シ ロ ー ス 6 ゲ ル 化 剤 ペ ク チ ン 7 香 料 ( 原 料 果 実 と 同 一 種 類 の 果 実 か ら 抽 出 し た も の に 限 る 。) 異 物 混 入 し て い な い こ と 。 内 容 量 1 表 示 重 量 に 適 合 し て い る こ と 。 容 器 又 は 包 装 の 状 態 1 瓶 詰 及 び 缶 詰 の も の に あ っ て は 、 密 封 が 完 全 で 、 適 当 な 真 空 度 を 保 持 し て お り 、 外 観 が 良 好 で あ る こ と 。 2 缶 詰 の も の に あ っ て は 、 内 面 塗 料 缶 を 使 用 し て い る こ と 3 瓶 詰 及 び 缶 詰 以 外 の も の に あ っ て は 、 防 湿 性 及 び 十 分 な 強 度 を 有 す る 資 材 を 用 い て 密 封 さ れ て い る こ と 。 2 使 用 す る 原 材 料 の う ち 、 農 林 物 資 の 規 格 化 及 び 品 質 表 示 の 適 正 化 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 2 5 年 法 律 第 1 7 5 号 ) 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づ く 日 本 農 林 規 格 が 制 定 さ れ て い る も の に あ っ て は 、 当 該 日 本 農 林 規 格 に よ る 格 付 が 行 わ れ た も の で な け れ ば な ら な い 。 た だ し 、 輸 入 品 の 原 材 料 と し て 使 用 す る 場 合 等 や む を 得 な い 場 合 に は 、 当 該 日 本 農 林 規 格 に 適 合 す る も の と す る こ と が で き る 。

(20)

第 1 1 号 ソ ー セ ー ジ の 認 証 基 準 平 成 7 年 3 月 1 7 日 制 定 平 成 1 7 年 3 月 2 4 日 改 正 平 成 1 8 年 1 2 月 1 3 日 改 正 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 定 義 こ の 基 準 に お い て 、 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 用 語 の 定 義 は 、 同 表 の 右 欄 に 掲 げ る と お り と す る 。 用 語 定 義 ソ ー セ ー ジ 1 豚 肉 を 塩 漬 し 、 ひ き 肉 し た も の に 、 豚 の 脂 肪 層 を 加 え 又 は 加 え な い で 、 調 味 料 及 び 香 辛 料 で 調 味 し 、 結 着 補 強 剤 、 酸 化 防 止 剤 、 保 存 料 等 を 加 え 又 は 加 え な い で 練 り 合 わ せ た も の を ケ ー シ ン グ 等 に 充 て ん し た 後 、 く ん 煙 し 又 は く ん 煙 し な い で 湯 煮 又 は 蒸 煮 に よ り 加 熱 し た も の 。 2 1 を ブ ロ ッ ク に 切 断 し 、 又 は 薄 切 り し て 包 装 し た も の 。 フ ラ ン ク フ ル ト ソ ー セ ー ジ ソ ー セ ー ジ 1 の う ち 、豚 腸 を 使 用 し た も の 又 は 製 品 の 太 さ が 2 0 m m 以 上 3 6 m m 未 満 の も の を い う 。 ウ イ ン ナ ー ソ ー セ ー ジ ソ ー セ ー ジ 1 の う ち 、羊 腸 を 使 用 し た も の 又 は 製 品 の 太 さ が 2 0 m m 未 満 の も の を い う 。 セ ミ ド ラ イ ソ ー セ ー ジ ソ ー セ ー ジ 1 の う ち 、塩 漬 し た 原 料 畜 肉 類 を 使 用 し 、か つ 、原 料 臓 器 類 ( 豚 の 脂 肪 層 を 除 く 。ド ラ イ ソ ー セ ー ジ に お い て 同 じ 。) 及 び 原 料 魚 肉 類 を 加 え な い も の で あ り 、湯 煮 若 し く は 蒸 煮 に よ り 加 熱 し 又 は 加 熱 し な い で 、 乾 燥 し た も の で あ つ て 水 分 が 5 5 % 以 下 の も の ( ド ラ イ ソ ー セ ー ジ を 除 く 。 ) を い う 。 ド ラ イ ソ ー セ ー ジ ソ ー セ ー ジ 1 又 は 3 の う ち 、塩 漬 し た 原 料 畜 肉 類 を 使 用 し 、か つ 、 原 料 臓 器 類 及 び 原 料 魚 肉 類 を 加 え な い も の で あ り 、加 熱 し な い で 乾 燥 し た も の で あ つ て 水 分 が 3 5 % 以 下 の も の を い う 。 第 2 品 質 基 準 ソ ー セ ー ジ の 品 質 の 基 準 は 、 次 の と お り と す る 。 区 分 基 準 内 容 物 の 品 位 1 色 沢 が 良 好 で あ る こ と 。 2 香 味 が 良 好 で あ る こ と 。 3 肉 質 及 び 結 着 が 良 好 で あ り 、 か つ 、 気 孔 が ほ と ん ど な い こ と 。 外 面 の 状 態 1 変 形 し て い な い こ と 。 2 密 封 が 完 全 で あ る こ と 。 3 損 傷 し て い な い こ と 。

(21)

4 損 傷 し て い な い こ と 。 5 ケ ー シ ン グ の 結 さ つ 部 に 内 容 物 が 付 着 し て い な い こ と 。 水 分 1 フ ラ ン ク フ ル ト ソ ー セ ー ジ 、 ウ イ ン ナ ー ソ ー セ ー ジ に あ っ て は 6 5 % 以 下 で あ る こ と 。 2 セ ミ ド ラ イ ソ ー セ ー ジ に あ っ て は 5 5 % 以 下 で あ る こ と 。 3 ド ラ イ ソ ー セ ー ジ に あ っ て は 3 5 % 以 下 で あ る こ と 。 結 着 材 料 1 フ ラ ン ク フ ル ト ソ ー セ ー ジ 、 ウ イ ン ナ ー ソ ー セ ー ジ に あ っ て は 使 用 し て い な い こ と 。 2 セ ミ ド ラ イ ソ ー セ ー ジ 、 ド ラ イ ソ ー セ ー ジ に あ っ て は 5 % 以 下 で あ る こ と 。 食 品 添 加 物 以 外 の 原 材 料 次 に 掲 げ る も の 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 1 山 梨 県 で 生 産 さ れ 県 内 で と 畜 解 体 さ れ た 豚 の 豚 肉 2 豚 の 脂 肪 層 3 セ ミ ド ラ イ ソ ー セ ー ジ 、 ド ラ イ ソ ー セ ー ジ に あ っ て は 結 着 材 料 と し て 、 で ん 粉 、 小 麦 粉 、 コ ー ン ミ ー ル 、 植 物 性 た ん 白 、 卵 た ん 白 、 乳 た ん 白 及 び 血 液 た ん 白 4 調 味 料 食 塩 、 糖 類 そ の 他 調 味 料 と し て 使 用 す る も の 5 香 辛 料 食 品 添 加 物 1 フ ラ ン ク フ ル ト ソ ー セ ー ジ 、ウ イ ン ナ ー ソ ー セ ー ジ に あ っ て は 、 次 に 掲 げ る も の 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 ( ア ) 調 味 料 5 ’ - イ ノ シ ン 酸 二 ナ ト リ ウ ム 、 塩 化 カ リ ウ ム 、 5 ’ - グ ア ニ ル 酸 二 ナ ト リ ウ ム 、 L - グ ル タ ミ ン 酸 ナ ト リ ウ ム 、 コ ハ ク 酸 二 ナ ト リ ウ ム 及 び 5 ’ - リ ボ ヌ ク レ オ チ ド 二 ナ ト リ ウ ム の う ち 3 種 以 下 。 ( イ ) 結 着 補 強 剤 ピ ロ リ ン 酸 四 カ リ ウ ム 、 ピ ロ リ ン 酸 二 水 素 二 ナ ト リ ウ ム 、 ピ ロ リ ン 酸 四 ナ ト リ ウ ム 、 ポ リ リ ン 酸 カ リ ウ ム 、 ポ リ リ ン 酸 ナ ト リ ウ ム 、 メ タ リ ン 酸 カ リ ウ ム 及 び メ タ リ ン 酸 ナ ト リ ウ ム の う ち 3 種 以 下 ( ウ ) p H 調 整 剤 ク エ ン 酸 、 グ ル コ ノ デ ル タ ラ ク ト ン 及 び フ マ ル 酸 の う ち 2 種 類 以 下 。 ( エ ) 発 色 剤 亜 硝 酸 ナ ト リ ウ ム 、 硝 酸 カ リ ウ ム 及 び 硝 酸 ナ ト リ ウ ム の う ち 2 種 以 下 。 ( オ ) 保 存 料 ソ ル ビ ン 酸 及 び ソ ル ビ ン 酸 カ リ ウ ム

(22)

( カ ) 酸 化 防 止 剤 L ― ア ス コ ル ビ ン 酸 ナ ト リ ウ ム 、エ リ ソ ル ビ ン 酸 、エ リ ソ ル ビ ン 酸 ナ ト リ ウ ム 、 d l ― α ― ト コ フ ェ ロ ー ル 及 び ミ ッ ク ス ト コ フ ェ ロ ー ル の う ち 2 種 以 下 。 ( キ ) 香 辛 料 抽 出 物 ( ク ) く ん 液 ( ケ ) 強 化 剤 ク エ ン 酸 第 一 鉄 ナ ト リ ウ ム 、 焼 成 カ ル シ ウ ム 、 炭 酸 カ ル シ ウ ム 及 び 未 焼 成 カ ル シ ウ ム 2 セ ミ ド ラ イ ソ ー セ ー ジ 、ド ラ イ ソ ー セ ー ジ に あ っ て は 、1 の( ア ) か ら ( ケ ) に 掲 げ る も の 及 び 次 に 掲 げ る も の 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 ( ア ) 乳 化 安 定 剤 カ ゼ イ ン ナ ト リ ウ ム ( イ ) 甘 味 料 カ ン ゾ ウ 抽 出 物 異 物 混 入 し て い な い こ と 。 内 容 量 表 示 重 量 に 適 合 し て い る こ と 。

(23)

第 1 2 号 甲 州 小 梅( 梅 漬 ・ 梅 干 し ・ 調 味 梅 漬 ・ 調 味 梅 干 し ) の 認 証 基 準 平 成 8 年 1 月 1 6 日 制 定 平 成 1 3 年 3 月 2 8 日 改 正 平 成 1 7 年 3 月 2 4 日 改 正 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 適 用 の 範 囲 こ の 基 準 は 、 甲 州 小 梅 を 原 材 料 と し た 梅 漬 、 梅 干 し ま た は 調 味 梅 漬 、 調 味 梅 干 し に 適 用 す る 。 な お 、 こ の 基 準 の 適 用 を 受 け る こ と が で き な い 梅 漬 、 梅 干 し ま た は 調 味 梅 漬 、 調 味 梅 干 し に つ い て は 、「 第 4 4 号 梅 漬・梅 干 し・調 味 梅 漬・調 味 梅 干 し の 認 証 基 準 」 を 適 用 す る 。 第 2 定 義 こ の 基 準 に お い て 梅 漬 、 梅 干 し ま た は 調 味 梅 漬 、 調 味 梅 干 し と は 、 農 産 物 漬 物 の 日 本 農 林 規 格 ( 平 成 1 2 年 1 2 月 2 8 日 農 林 水 産 省 告 示 第 1 7 4 7 号 ) に 定 め る も の を い う 。 第 3 使 用 原 材 料 使 用 す る 梅 は 、 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ た 小 梅 で 、 収 穫 適 期 の 果 実 の 大 き さ ( 横 径 ) が 1 8 ㎜ ( 約 3 . 6 g ) 以 下 で あ る こ と 。 第 4 品 質 基 準 甲 州 小 梅 の 梅 漬 、 梅 干 し ま た は 調 味 梅 漬 、 調 味 梅 干 し の 品 質 の 基 準 は 、 次 の と お り と す る 。 区 分 基 準 香 味 漬 け 上 が り 固 有 の 香 味 が 良 好 で あ る こ と 。 肉 質 肉 質 が 良 好 で あ る こ と 。 色 沢 漬 け 上 が り 固 有 の 色 沢 が 良 好 で あ る こ と 。 調 製 病 虫 害 果 等 の 除 去 及 び 粒 ぞ ろ い が 良 好 で あ る こ と 。 液 汁 の 状 態 ( 梅 漬 及 び 調 味 梅 漬 で あ っ て 液 汁 を 封 入 し た も の に 限 る 。 ) 沈 殿 及 び 混 濁 が な い こ と 。 水 素 イ オ ン 濃 度 1 梅 漬 け 、 梅 干 し に あ っ て は 、 p H 3 . 5 以 下 2 調 味 梅 漬 け 、 調 味 梅 干 し に あ っ て は 、 p H 3 . 8 以 下

(24)

調 味 等 ( 調 味 梅 漬 に 限 る 。) 調 味 が 均 一 で あ り 、 か つ 、 調 味 料 の 沈 殿 ま た は 析 出 が な い こ と 。 食 品 添 加 物 使 用 し て い な い こ と 。 脱 塩 梅 漬 に つ い て は 、 梅 本 来 の 成 分 を 生 か す た め 、 脱 塩 は し な い こ と 。 異 物 混 入 し て い な い こ と 。 内 容 量 液 汁 及 び し そ ( し そ の 葉 で 巻 い た 場 合 の し そ の 葉 を 除 く 。) を 除 い た 重 量 が 表 示 重 量 に 適 合 し て い る こ と 。 た だ し 、 調 味 梅 漬 で 、 細 刻 し た し そ を 合 わ せ て 包 装 し た も の に あ っ て は 、 こ れ を 含 め た 重 量 が 表 示 重 量 に 適 合 し て い る こ と 。 第 5 測 定 方 法 第 4 の 基 準 に お け る 小 梅 漬 の 塩 分 濃 度 の 測 定 方 法 は 、「 モ ー ル 法 」 に よ る こ と と す る 。

(25)

第 1 3 号 き ゃ ら 蕗 の 認 証 基 準 平 成 8 年 1 月 1 6 日 制 定 平 成 1 3 年 3 月 2 8 日 改 正 平 成 1 8 年 1 2 月 1 3 日 改 正 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 定 義 こ の 基 準 に お い て き ゃ ら 蕗 と は 、 ふ き の 葉 柄 部 ( 以 下 、「 ふ き 」 と い う 。) を 醤 油 砂 糖 等 の 調 味 料 で 煮 詰 め た も の を い う 。 第 2 使 用 原 材 料 使 用 す る ふ き は 、 山 梨 県 内 で 収 穫 さ れ た も の で あ る こ と 。 第 3 品 質 基 準 品 質 に つ い て は 、 次 の と お り と す る 。 ( 1 ) 香 味 が 良 好 で あ る こ と 。 ( 2 ) 食 品 添 加 物 は 、 調 味 料 以 外 は 使 用 し な い こ と 。 ( 3 ) 原 料 と な る ふ き に 、 病 害 虫 や 傷 な ど 欠 点 が な く 、 太 さ や 長 さ が お お む ね 揃 っ て い る こ と 。 ( 4 ) 清 潔 で 防 湿 性 及 び 十 分 な 強 度 を 有 す る 資 材 を 用 い て 密 封 さ れ て い る こ と 。 ( 5 ) 製 品 の 外 観 が 良 好 で あ る こ と 。

(26)

第 1 4 号 や ま め の 甘 露 煮 の 認 証 基 準 平 成 8 年 1 月 1 6 日 制 定 平 成 1 3 年 3 月 2 8 日 改 正 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 適 用 の 範 囲 こ の 基 準 は 、 缶 詰 及 び 瓶 詰 以 外 の や ま め の 甘 露 煮 に 適 用 す る 。 第 2 定 義 こ の 基 準 に お い て や ま め の 甘 露 煮 と は 、 や ま め ( 冷 凍 品 を 除 く 。) を 醤 油 、 砂 糖 等 の 調 味 料 で 煮 込 ん だ も の を い う 。 第 3 使 用 原 材 料 使 用 す る や ま め は 、 山 梨 県 内 で 養 殖 ま た は 漁 獲 し た も の で あ る こ と 。 第 4 品 質 基 準 品 質 に つ い て は 、 次 の と お り と す る 。 ( 1 ) 香 味 、 肉 質 が 良 好 で あ る こ と 。 ( 2 ) 食 品 添 加 物 は 、 使 用 し て い な い こ と 。 ( 3 ) 形 が お お む ね 整 っ て お り 、 か つ 、 異 物 が 混 入 し て い な い こ と 。 ( 4 ) 清 潔 で 防 湿 性 及 び 十 分 な 強 度 を 有 す る 資 材 を 用 い て 密 封 さ れ て い る こ と 。 ( 5 ) 製 品 の 外 観 が 良 好 で あ る こ と 。

(27)

第 1 5 号 ぶ ど う ジ ュ ー ス の 認 証 基 準 平 成 9 年 3 月 2 8 日 制 定 平 成 1 3 年 3 月 2 8 日 改 正 平 成 1 9 年 3 月 2 8 日 改 正 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 定 義 こ の 基 準 に お い て 、 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 用 語 の 定 義 は 、 同 表 の 右 欄 に 掲 げ る と お り と す る 。 用 語 定 義 ぶ ど う ジ ュ ー ス ぶ ど う の 果 汁 1 0 0 % で あ る も の 。 第 2 品 質 基 準 ぶ ど う ジ ュ ー ス の 品 質 の 基 準 は 、 次 の と お り と す る 。 区 分 基 準 原 材 料 原 料 ぶ ど う 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ た ぶ ど う を 使 用 す る こ と 。 ぶ ど う 以 外 の 原 材 料 使 用 し て い な い こ と 。 食 品 添 加 物 使 用 し て い な い こ と 。 内 容 物 の 品 質 濃 縮 還 元 果 汁 で な い こ と 。 他 基 準 の 適 用 果 実 飲 料 の 日 本 農 林 規 格( 平 成 1 0 年 農 林 水 産 省 告 示 第 1 0 7 5 号 。 以 下 「 日 本 農 林 規 格 」 と い う 。) 第 1 7 条 ( ぶ ど う ジ ュ ー ス の 規 格 ) の 品 質 の 基 準 に 適 合 し て い る こ と 。

(28)

第 1 6 号 か り ん は ち み つ 漬 け の 認 証 基 準 平 成 9 年 3 月 2 8 日 制 定 平 成 1 3 年 3 月 2 8 日 改 正 平 成 1 8 年 1 2 月 1 3 日 改 正 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 定 義 こ の 基 準 に お い て 、 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 用 語 の 定 義 は 、 同 表 の 右 欄 に 掲 げ る と お り と す る 。 用 語 定 義 か り ん は ち み つ 漬 け は ち み つ に か り ん を ス ラ イ ス し て 種 を 抜 い た も の を 加 え て 、7 ~ 1 0 日 間 つ け 込 み 、か り ん の エ キ ス を 十 分 出 し た も の を 加 熱 処 理 し た も の を い う 。 第 2 品 質 基 準 か り ん は ち み つ 漬 け の 品 質 の 基 準 は 、 次 の と お り と す る 。 区 分 基 準 原 材 料 食 品 添 加 物 以 外 の 原 材 料 次 に 掲 げ る も の 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 1 か り ん 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ た か り ん で あ る こ と 2 は ち み つ 食 品 添 加 物 食 品 衛 生 法 施 行 規 則 第 1 2 条 の 規 定 に よ る 食 品 添 加 物 の う ち 、 次 に 掲 げ る も の 以 外 を 使 用 し て い な い こ と 。 1 酸 化 防 止 剤 と し て 使 用 す る も の 異 物 混 入 し て い な い こ と 。 容 器 又 は 包 装 の 状 態 清 潔 で 防 湿 性 及 び 十 分 な 強 度 を 有 す る 資 材 を 用 い て 密 封 さ れ て い る こ と 。

(29)

第 1 7 号 や ま め の く ん 製 の 認 証 基 準 平 成 1 1 年 3 月 3 1 日 制 定 平 成 1 3 年 3 月 2 8 日 改 正 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 適 用 の 範 囲 こ の 基 準 は 、 缶 詰 及 び 瓶 詰 以 外 の や ま め の く ん 製 に 適 用 す る 。 第 2 定 義 こ の 基 準 に お い て や ま め の く ん 製 と は 、 や ま め ( 冷 凍 品 を 除 く 。) を 食 塩 で 漬 け 込 み チ ッ プ で く ん 煙 し た も の を い う 。 第 3 使 用 原 材 料 使 用 す る や ま め は 、 山 梨 県 内 で 養 殖 ま た は 漁 獲 し た も の で あ る こ と 。 第 4 品 質 基 準 品 質 に つ い て は 、 次 の と お り と す る 。 ( 1 ) 香 味 、 肉 質 が 良 好 で あ る こ と 。 ( 2 ) 食 品 添 加 物 は 、 使 用 し て い な い こ と 。 ( 3 ) 形 が お お む ね 整 っ て お り 、 か つ 、 異 物 が 混 入 し て い な い こ と 。 ( 4 ) 清 潔 で 防 湿 性 及 び 十 分 な 強 度 を 有 す る 資 材 を 用 い て 密 封 さ れ て い る こ と 。 ( 5 ) 製 品 の 外 観 が 良 好 で あ る こ と 。

(30)

第 1 8 号 六 郷 の あ ん び ん の 認 証 基 準 平 成 1 3 年 3 月 2 8 日 制 定 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 定 義 こ の 基 準 に お い て 、 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 用 語 の 定 義 は 、 同 表 の 右 欄 に 掲 げ る と お り と す る 。 用 語 定 義 六 郷 の あ ん び ん 小 麦 粉( 又 は 小 麦 粉 と と う も ろ こ し 粉 と さ つ ま い も 、小 麦 粉 と さ つ ま い も 粉 と さ つ ま い も )に 熱 湯 を 入 れ て こ ね た 生 地 に 、つ ぶ あ ん を 包 み 込 み 平 た く 形 を 整 え 、 蒸 し た も の 。 第 2 品 質 基 準 六 郷 の あ ん び ん の 品 質 の 基 準 は 、 次 の と お り と す る 。 区 分 基 準 原 材 料 食 品 添 加 物 以 外 の 原 材 料 次 に 掲 げ る も の 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 1 使 用 す る 小 麦 粉 の 原 料 小 麦 は 、 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ た も の に 限 る 。 2 使 用 す る と う も ろ こ し 粉 、 さ つ ま い も 粉 、 さ つ ま い も 、 小 豆 は 国 内 で 生 産 さ れ た も の に 限 る 。 3 砂 糖 、 食 塩 食 品 添 加 物 使 用 し て い な い こ と 。 品 位 形 態 色 調 が 良 好 で あ り 、か つ 変 色 が な く 、平 ら な 形 状 を し て い る こ と 。 香 味 香 は 良 好 で あ り か つ 異 臭 が な い こ と 。 味 異 味 が な い こ と 。 異 物 混 入 し て い な い こ と 。 内 容 量 表 示 量 に 適 合 し て い る こ と 。 第 3 製 造 方 法 等 下 図 の と お り 小 豆 洗 浄 水 漬 煮 熟 砂 糖 ・ 塩 調 合 煮 熟 つ ぶ あ ん 熱 湯 製 品 蒸 し 包 餡 小 麦 粉 と う も ろ こ し 粉 食 塩 食 塩 食 塩 さ つ ま い も さ つ ま い も さ つ ま い も 粉 小 麦 粉 小 麦 粉

(31)

第 1 9 号 フ ル ー ツ ワ イ ン の 認 証 基 準 平 成 1 5 年 3 月 2 5 日 制 定 平 成 1 9 年 2 月 2 2 日 改 正 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 定 義 こ の 基 準 に お い て 、 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 用 語 の 定 義 は 、 同 表 の 右 欄 に 掲 げ る と お り と す る 。 用 語 定 義 フ ル ー ツ ワ イ ン ぶ ど う 以 外 の 果 実( 若 し く は 果 実 に 補 糖 又 は 糖 抽 出 果 汁 )を 原 料 と し て 発 酵 さ せ た も の で あ っ て 、 酒 税 法 ( 昭 和 2 8 年 2 月 2 8 日 法 律 第 6 号 )第 2 条 に 規 定 す る 酒 類 の う ち 同 法 第 3 条 第 4 号 ロ に 規 定 す る 果 実 酒 又 は 同 条 第 6 号 ハ に 規 定 す る 甘 味 果 実 酒 に 適 合 し て い る も の 。 第 2 品 質 基 準 フ ル ー ツ ワ イ ン の 品 質 の 基 準 は 、 次 の と お り と す る 。 た だ し 、 こ の 基 準 は 酒 税 法 及 び 食 品 衛 生 法 ( 昭 和 2 2 年 1 2 月 2 4 日 法 律 第 2 3 3 号 ) の 適 用 を 排 除 す る も の と 解 し て は な ら な い 。 区 分 基 準 原 材 料 食 品 添 加 物 以 外 の 原 材 料 酒 税 法 に 基 づ き 、次 に 掲 げ る も の 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 1 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ た ぶ ど う 以 外 の 果 実 。 2 砂 糖 、 ぶ ど う 糖 又 は 果 糖 。 食 品 添 加 物 亜 硫 酸 塩 以 外 の 食 品 添 加 物 は 使 用 し て い な い こ と 。 性 状 色 沢 及 び 香 味 が 良 好 な こ と 。 異 物 混 入 し て い な い こ と 。 内 容 量 表 示 量 に 適 合 し て い る こ と 。

(32)

第 2 0 号 し そ エ キ ス 入 り 飲 料 の 認 証 基 準 平 成 1 5 年 3 月 2 5 日 制 定 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 定 義 こ の 基 準 に お い て 、 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 用 語 の 定 義 は 、 同 表 の 右 欄 に 掲 げ る と お り と す る 。 用 語 定 義 し そ エ キ ス 入 り 飲 料 し そ を 煮 沸 し 漉 し た も の に 、 糖 と ク エ ン 酸 等 を 加 え た も の 。 第 2 品 質 基 準 し そ エ キ ス 入 り 飲 料 の 品 質 の 基 準 は 、 次 の と お り と す る 。 区 分 基 準 原 材 料 食 品 添 加 物 以 外 の 原 材 料 次 に 掲 げ る も の 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 1 使 用 す る し そ は 、 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ た も の に 限 る 。 2 砂 糖 、 ぶ ど う 糖 、 果 糖 3 は ち み つ 4 レ モ ン 他 柑 橘 類 の 果 汁 食 品 添 加 物 ク エ ン 酸 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 品 位 色 沢 、 香 り 及 び 味 が 良 好 で あ り 、 異 味 異 臭 が な い こ と 。 異 物 混 入 し て い な い こ と 。 内 容 量 表 示 量 に 適 合 し て い る こ と 。

(33)

第 2 1 号 果 物 の シ ロ ッ プ 漬 け の 認 証 基 準 平 成 1 6 年 4 月 1 4 日 制 定 平 成 1 9 年 3 月 2 8 日 制 定 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 定 義 こ の 基 準 に お い て 、 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 用 語 の 定 義 は 、 同 表 の 右 欄 に 掲 げ る と お り と す る 。 用 語 定 義 果 物 の シ ロ ッ プ 漬 け 果 実 の 果 肉 を 、糖 液 等 と と も に 容 器 に 詰 め て 加 熱 殺 菌 し た も の を い う 。 第 2 品 質 基 準 シ ロ ッ プ 漬 け の 品 質 の 基 準 は 、 次 の と お り と す る 。 区 分 基 準 原 材 料 食 品 添 加 物 以 外 の 原 材 料 次 に 掲 げ る も の 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 1 果 実 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ た も の で あ る こ と 。 2 砂 糖 3 食 塩 4 柑 橘 類 の 果 汁 ( レ モ ン 汁 等 ) 5 酒 類 6 寒 天 食 品 添 加 物 使 用 し て い な い こ と 。 性 状 1 固 有 の 香 味 が 良 好 で あ り 、 異 味 異 臭 が な い こ と 。 2 熟 度 及 び 硬 軟 が 適 当 で あ る こ と 。 3 固 有 の 色 沢 が 良 好 で あ り 、 褐 変 及 び 紫 変 が ほ と ん ど な い こ と 。 4 果 肉 の 大 き さ 及 び 厚 さ が お お む ね 整 っ て お り 、 切 断 の 状 態 が お お む ね 良 好 で あ る こ と 。 5 病 虫 害 こ ん 及 び 損 傷 が ほ と ん ど な い こ と 。 異 物 混 入 し て い な い こ と 。 容 器 又 は 包 装 の 状 態 清 潔 で 、防 湿 性 及 び 十 分 な 強 度 を 有 す る 資 材 を 用 い て 密 封 さ れ て い る こ と 。

(34)

第 2 2 号 豆 腐 の 認 証 基 準 平 成 1 6 年 4 月 1 4 日 制 定 平 成 1 9 年 3 月 2 8 日 改 正 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 定 義 こ の 基 準 に お い て 、 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 用 語 の 定 義 は 、 そ れ ぞ れ 同 表 の 右 欄 に 掲 げ る と お り と す る 。 用 語 定 義 豆 腐 次 に 掲 げ る も の を い う 。 1 大 豆 (脱 脂 加 工 大 豆 及 び 粉 末 大 豆 を 除 く。 以 下 同 じ 。) か ら た ん 白 質 そ の 他 の 成 分 を 抽 出 し て で き た 豆 乳 に 、 凝 固 剤 を 加 え て 凝 固 さ せ た も の 。 2 1 に 風 味 原 料 ( 練 り ご ま 等 ) を 加 え た も の 。 第 2 品 質 基 準 豆 腐 の 品 質 の 基 準 は 、 次 の と お り と す る 。 区 分 基 準 原 材 料 食 品 添 加 物 以 外 の 原 材 料 1 大 豆 ( 1 ) 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ た 大 豆 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 ( 2 ) 遺 伝 子 組 み 換 え 大 豆 を 使 用 し て い な い こ と 。 2 風 味 原 料 ( 練 り ご ま 等 ) 食 品 添 加 物 凝 固 剤 及 び 消 泡 剤 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 性 状 豆 腐 固 有 の 良 好 な 口 当 た り 、香 味 、色 沢 及 び 組 織 を 有 し 、か つ 異 味 異 臭 が な い こ と 。 異 物 混 入 し て い な い こ と 。 容 器 又 は 包 装 の 状 態 清 潔 で 、十 分 な 強 度 を 有 す る 適 正 な 資 材 を 用 い て 包 装 さ れ て い る こ と 。

(35)

第 2 3 号 干 し 柿 の 認 証 基 準 平 成 1 6 年 4 月 1 4 日 制 定 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 定 義 こ の 基 準 に お い て 、 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 用 語 の 定 義 は 、 同 表 の 右 欄 に 掲 げ る と お り と す る 。 用 語 定 義 干 し 柿 柿 の 生 果 実 の 皮 を む い て 乾 燥 さ せ た も の を い う 。 第 2 品 質 基 準 干 し 柿 の 品 質 の 基 準 は 、 次 の と お り と す る 。 区 分 基 準 原 材 料 食 品 添 加 物 以 外 の 原 材 料 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ た 柿 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 食 品 添 加 物 酸 化 防 止 の た め に 使 用 す る 二 酸 化 硫 黄 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 性 状 1 適 度 な 弾 力 性 が あ り 、香 味 、色 調 及 び 食 感 が 良 好 で あ る こ と 。 2 異 味 異 臭 が な い こ と 。 3 形 が お お む ね 揃 っ て お り 、 損 傷 が ほ と ん ど な い こ と 。 異 物 混 入 し て い な い こ と 。 容 器 又 は 包 装 の 状 態 清 潔 で 適 正 な 資 材 を 用 い て 包 装 さ れ て い る こ と 。

(36)

第 2 4 号 地 菜 の 油 炒 め の 認 証 基 準 平 成 1 6 年 4 月 1 4 日 制 定 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 定 義 こ の 基 準 に お い て 、 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 用 語 の 定 義 は 、 同 表 の 右 欄 に 掲 げ る と お り と す る 。 用 語 定 義 地 菜 の 油 炒 め 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ て い る 野 沢 菜 、鳴 沢 菜 、長 禅 寺 菜 な ど の 一 般 的 に 地 菜 と 呼 ば れ て い る 葉 菜 類 ( 以 下 「 地 菜 」 と い う 。) を 、 よ く 炒 め て 味 付 け し た も の を い う 。 第 2 品 質 基 準 地 菜 の 油 炒 め の 品 質 の 基 準 は 、 次 の と お り と す る 。 区 分 基 準 原 材 料 食 品 添 加 物 以 外 の 原 材 料 次 に 掲 げ る も の 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 1 地 菜 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ た も の で あ る こ と 。 2 調 味 料 ( 醤 油 、 砂 糖 、 み り ん 等 ) 3 食 用 油 脂 4 香 辛 料 食 品 添 加 物 調 味 料 由 来 の も の 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 性 状 1 固 有 の 香 味 が 良 好 で あ り 、 食 味 が 良 好 で あ る こ と 。 2 外 観 及 び 色 沢 が 良 好 で あ る こ と 。 異 物 混 入 し て い な い こ と 。 容 器 又 は 包 装 の 状 態 清 潔 で 適 正 な 資 材 を 用 い て 包 装 さ れ て い る こ と 。

(37)

第 2 5 号 し い た け の 旨 煮 の 認 証 基 準 平 成 1 6 年 4 月 1 4 日 制 定 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 定 義 こ の 基 準 に お い て 、 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 用 語 の 定 義 は 、 同 表 の 右 欄 に 掲 げ る と お り と す る 。 用 語 定 義 し い た け の 旨 煮 し い た け に 醤 油 、砂 糖 、み り ん 等 を 加 え て 甘 辛 く 煮 上 げ た も の を い う 。 第 2 品 質 基 準 し い た け の 旨 煮 の 品 質 の 基 準 は 、 次 の と お り と す る 。 区 分 基 準 原 材 料 食 品 添 加 物 以 外 の 原 材 料 次 に 掲 げ る も の 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 1 し い た け 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ た も の で あ る こ と 。 2 調 味 料 ( 醤 油 、 砂 糖 、 み り ん 等 ) 3 香 辛 料 食 品 添 加 物 調 味 料 由 来 の も の 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 性 状 1 固 有 の 香 味 が 良 好 で あ り 、 硬 軟 及 び 食 味 が 良 好 で あ る こ と 。 2 外 観 及 び 色 沢 が 良 好 で あ る こ と 。 異 物 混 入 し て い な い こ と 。 容 器 又 は 包 装 の 状 態 清 潔 で 、 防 湿 性 及 び 十 分 な 強 度 を 有 す る 資 材 を 用 い て 密 封 さ れ て い る こ と 。

(38)

第 2 6 号 さ と い も 焼 酎 の 認 証 基 準 平 成 1 7 年 3 月 2 4 日 制 定 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 定 義 こ の 基 準 に お い て 、 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 用 語 の 定 義 は 、 同 表 の 右 欄 に 掲 げ る と お り と す る 。 用 語 定 義 さ と い も 焼 酎 さ と い も を 主 原 料 と し 、酒 税 法( 昭 和 2 8 年 2 月 2 8 日 法 律 第 6 号 )第 2 条 に 規 定 す る 酒 類 の う ち 、同 法 第 3 条 第 5 号 ロ に 定 め る 単 式 蒸 留 焼 酎 に 適 合 し て い る も の( 水 以 外 の 物 品 を 加 え た も の を 除 く )。 第 2 品 質 基 準 さ と い も 焼 酎 の 品 質 の 基 準 は 、 次 の と お り と す る 。 区 分 基 準 原 材 料 さ と い も 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ た も の で あ る こ と 。 こ う じ 米 こ う じ 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 食 品 添 加 物 使 用 し な い こ と 。 性 状 1 固 有 の 良 好 な 香 味 を 有 し て い る こ と 。 2 異 味 異 臭 が な い こ と 。 異 物 混 入 し て い な い こ と 。 内 容 量 表 示 重 量 に 適 合 し て い る こ と 。

(39)

第 2 7 号 ニ ジ マ ス の 梅 酒 煮 の 認 証 基 準 平 成 1 7 年 3 月 2 4 日 制 定 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 適 用 の 範 囲 こ の 基 準 は 、 缶 詰 及 び 瓶 詰 以 外 の ニ ジ マ ス の 梅 酒 煮 に 適 用 す る 。 第 2 定 義 こ の 基 準 に お い て ニ ジ マ ス の 梅 酒 煮 と は 、 ニ ジ マ ス ( 冷 凍 品 を 除 く 。) を 梅 酒 、 醤 油 、 砂 糖 等 の 調 味 料 で 煮 込 ん だ も の を い う 。 第 3 使 用 原 材 料 使 用 す る ニ ジ マ ス は 、 山 梨 県 内 で 養 殖 ま た は 漁 獲 し た も の で あ る こ と 。 ま た 、 梅 酒 に 使 用 す る 梅 は 、 山 梨 県 で 生 産 さ れ た も の で あ る こ と 。 第 4 品 質 基 準 品 質 に つ い て は 、 次 の と お り と す る 。 ( 1 ) 香 味 、 肉 質 が 良 好 で あ る こ と 。 ( 2 ) 食 品 添 加 物 は 、 使 用 し て い な い こ と 。 ( 3 ) 形 が お お む ね 整 っ て お り 、 か つ 、 異 物 が 混 入 し て い な い こ と 。 ( 4 ) 清 潔 で 防 湿 性 及 び 十 分 な 強 度 を 有 す る 資 材 を 用 い て 密 封 さ れ て い る こ と 。 ( 5 ) 製 品 の 外 観 が 良 好 で あ る こ と 。

(40)

第 2 8 号 き ゅ う り の し ょ う ゆ 煮 の 認 証 基 準 平 成 1 7 年 3 月 2 4 日 制 定 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 定 義 こ の 基 準 に お い て 、 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 用 語 の 定 義 は 、 同 表 の 右 欄 に 掲 げ る と お り と す る 。 用 語 定 義 き ゅ う り の し ょ う ゆ 煮 き ゅ う り を 塩 で 漬 け 込 み 、塩 出 し し た 後 、し ょ う ゆ で 煮 た も の 。 第 2 品 質 基 準 き ゅ う り の し ょ う ゆ 煮 の 品 質 の 基 準 は 、 次 の と お り と す る 。 区 分 基 準 原 材 料 食 品 添 加 物 以 外 の 原 材 料 次 に 掲 げ る も の 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 1 き ゅ う り 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ た も の で あ る こ と 。 2 し ょ う が 3 調 味 料 ( 塩 、 醤 油 、 砂 糖 等 ) 4 香 辛 料 ( 唐 辛 子 等 ) 食 品 添 加 物 調 味 料 由 来 の も の 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 性 状 1 固 有 の 香 味 が 良 好 で あ り 、 硬 軟 及 び 食 味 が 良 好 で あ る こ と 。 2 外 観 及 び 色 沢 が 良 好 で あ る こ と 。 異 物 混 入 し て い な い こ と 。 容 器 又 は 包 装 の 状 態 清 潔 で 、防 湿 性 及 び 十 分 な 強 度 を 有 す る 資 材 を 用 い て 密 封 さ れ て い る こ と 。

(41)

第 2 9 号 ベ ー コ ン の 認 証 基 準 平 成 1 7 年 3 月 2 4 日 制 定 平 成 1 8 年 1 2 月 1 3 日 改 正 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 定 義 こ の 基 準 に お い て 、 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 用 語 の 定 義 は 、 同 表 の 右 欄 に 掲 げ る と お り と す る 。 用 語 定 義 ベ ー コ ン 1 豚 の ば ら 肉( 骨 付 き の も の を 含 む 。)を 整 形 し 、塩 漬 し 、及 び く ん 煙 し た も の 。 2 1 を ブ ロ ッ ク 、 ス ラ イ ス 又 そ の 他 の 形 状 に 切 断 し た も の 。 ロ ー ス ベ ー コ ン 1 豚 の ロ ー ス 肉( 骨 付 き の も の を 含 む 。)を 整 形 し 、塩 漬 し 、及 び く ん 煙 し た も の 。 2 1 を ブ ロ ッ ク 、 ス ラ イ ス 又 そ の 他 の 形 状 に 切 断 し た も の 。 シ ョ ル ダ ー ベ ー コ ン 1 豚 の 肩 肉( 骨 付 き の も の を 含 む 。)を 整 形 し 、塩 漬 し 、及 び く ん 煙 し た も の 。 2 1 を ブ ロ ッ ク 、 ス ラ イ ス 又 そ の 他 の 形 状 に 切 断 し た も の 。 第 2 品 質 基 準 ベ ー コ ン の 品 質 の 基 準 は 、 次 の と お り と す る 。 区 分 基 準 品 位 1 形 態 及 び く ん 煙 の 状 態 が 良 好 で 、 損 傷 及 び よ ご れ が な い こ と 。 2 色 沢 が 良 好 で あ る こ と 。 3 香 味 が 良 好 で あ る こ と 。 4 肉 質 が 良 好 で 、 液 汁 の 分 離 が な く 、 赤 肉 と 脂 肪 の 結 着 が 良 好 で 、 か つ 、 そ の 割 合 が 適 当 で あ る こ と 。 水 分 1 ベ ー コ ン に つ い て は 、 赤 肉 中 の 水 分 が 7 0 % 以 下 で あ る こ と 。 2 ロ ー ス ベ ー コ ン 及 び シ ョ ル ダ ー ベ ー コ ン に つ い て は 、製 品 中 の 水 分 が 7 5 % 以 下 で あ る こ と 。 原 材 料 原 料 肉 1 ベ ー コ ン に つ い て は 山 梨 県 で 生 産 さ れ 県 内 で と 畜 解 体 さ れ た 豚 の ば ら 肉 。 2 ロ ー ス ベ ー コ ン に つ い て は 山 梨 県 で 生 産 さ れ 県 内 で と 畜 解 体 さ れ た 豚 の ロ ー ス 肉 。 3 シ ョ ル ダ ー ベ ー コ ン に つ い て は 山 梨 県 で 生 産 さ れ 県 内 で と 畜 解 体 さ れ た 豚 の 肩 肉 。

(42)

原 料 肉 及 び 食 品 添 加 物 以 外 の 原 材 料 次 に 掲 げ る も の 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 1 調 味 料 食 塩 、 砂 糖 類 そ の 他 調 味 料 と し て 使 用 す る も の 2 香 辛 料 食 品 添 加 物 次 に 掲 げ る も の 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 1 調 味 料 5’― イ ノ シ ン 酸 二 ナ ト リ ウ ム 、塩 化 カ リ ウ ム 、 5’― グ ア ニ ル 酸 二 ナ ト リ ウ ム 、L― グ ル タ ミ ン 酸 ナ ト リ ウ ム 、 コ ハ ク 酸 二 ナ ト リ ウ ム 及 び 5’ ― リ ボ ヌ ク レ オ チ ド 二 ナ ト リ ウ ム の う ち 3 種 以 下 。 2 結 着 補 強 剤 ピ ロ リ ン 酸 四 カ リ ウ ム 、ピ ロ リ ン 酸 二 水 素 二 ナ ト リ ウ ム 、ピ ロ リ ン 酸 四 ナ ト リ ウ ム 、 ポ リ リ ン 酸 カ リ ウ ム 、 ポ リ リ ン 酸 ナ ト リ ウ ム 、 メ タ リ ン 酸 カ リ ウ ム 及 び メ タ リ ン 酸 ナ ト リ ウ ム の う ち 3 種 以 下 3 発 色 剤 亜 硝 酸 ナ ト リ ウ ム 、硝 酸 カ リ ウ ム 及 び 硝 酸 ナ ト リ ウ ム の う ち 2 種 以 下 。 4 酸 化 防 止 剤 L― ア ス コ ル ビ ン 酸 ナ ト リ ウ ム 、 エ リ ソ ル ビ ン 酸 、 エ リ ソ ル ビ ン 酸 ナ ト リ ウ ム 、dl― α ― ト コ フ ェ ロ ー ル 及 び ミ ッ ク ス ト コ フ ェ ロ ー ル の う ち 2 種 以 下 。 5 甘 味 料 カ ン ゾ ウ 抽 出 物 6 香 辛 料 抽 出 物 7 強 化 剤 食 品 表 示 基 準 ( 平 成 2 7 年 3 月 20 日 内 閣 府 令 第 10 号 )第 3 条 第 1 項 に 規 定 す る 栄 養 成 分 の 強 化 を 目 的 と し て 使 用 す る も の 。 異 物 混 入 し て い な い こ と 。 内 容 量 表 示 重 量 に 適 合 し て い る こ と 。 容 器 又 は 包 装 の 状 態 防 湿 性 を 有 す る 資 材 を 用 い て お り 、 か つ 、 薄 切 り し た も の に あ っ て は 、 通 気 性 の な い 資 材 を 用 い て 密 封 さ れ て い る こ と 。

(43)

第 3 0 号 も も ジ ュ ー ス の 認 証 基 準 平 成 1 9 年 3 月 2 8 日 制 定 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 定 義 こ の 基 準 に お い て 、 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 用 語 の 定 義 は 、 同 表 の 右 欄 に 掲 げ る と お り と す る 。 用 語 定 義 も も ジ ュ ー ス も も の 果 汁 1 0 0 % で あ る も の 第 2 品 質 基 準 も も ジ ュ ー ス の 品 質 の 基 準 は 、 次 の と お り と す る 。 区 分 基 準 原 材 料 原 料 も も 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ た も も を 使 用 す る こ と 。 も も 以 外 の 原 材 料 使 用 し て い な い こ と 。 食 品 添 加 物 酸 化 防 止 剤 (L- ア ス コ ル ビ ン 酸 及 び L- ア ス コ ル ビ ン 酸 ナ ト リ ウ ム に 限 る 。) 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 内 容 物 の 品 質 濃 縮 還 元 果 汁 で な い こ と 。 他 基 準 の 適 用 果 実 飲 料 の 日 本 農 林 規 格( 平 成 1 0 年 農 林 水 産 省 告 示 第 1 0 7 5 号 。 以 下 「 日 本 農 林 規 格 」 と い う 。) 第 1 9 条 ( も も ジ ュ ー ス の 規 格 ) の 品 質 の 基 準 に 適 合 し て い る こ と 。

(44)

第 3 1 号 果 実 ミ ッ ク ス ジ ュ ー ス の 認 証 基 準 平 成 1 9 年 3 月 2 8 日 制 定 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 定 義 こ の 基 準 に お い て 、 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 用 語 の 定 義 は 、 同 表 の 右 欄 に 掲 げ る と お り と す る 。 用 語 定 義 果 実 ミ ッ ク ス ジ ュ ー ス 2 種 類 以 上 の 果 実 の 搾 汁 1 0 0 % で あ る も の 。 第 2 品 質 基 準 果 実 ミ ッ ク ス ジ ュ ー ス の 品 質 の 基 準 は 、 次 の と お り と す る 。 区 分 基 準 原 材 料 原 料 果 実 山 梨 県 内 で 生 産 さ れ た 果 実 を 使 用 す る こ と 。 果 実 以 外 の 原 材 料 使 用 し て い な い こ と 。 食 品 添 加 物 酸 化 防 止 剤(L- ア ス コ ル ビ ン 酸 及 び L- ア ス コ ル ビ ン 酸 ナ ト リ ウ ム に 限 る 。) 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 内 容 物 の 品 質 濃 縮 還 元 果 汁 で な い こ と 。 他 基 準 の 適 用 果 実 飲 料 の 日 本 農 林 規 格 ( 平 成 1 0 年 農 林 水 産 省 告 示 第 1 0 7 5 号 。 以 下 「 日 本 農 林 規 格 」 と い う 。) 第 2 1 条 ( 果 実 ミ ッ ク ス ジ ュ ー ス の 規 格 ) の 品 質 の 基 準 に 適 合 し て い る こ と 。

(45)

第 3 2 号 牛 乳 の 認 証 基 準 平 成 1 9 年 3 月 2 8 日 制 定 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 定 義 こ の 基 準 に お い て 、 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 用 語 の 定 義 は 、 同 表 の 右 欄 に 掲 げ る と お り と す る 。 用 語 定 義 牛 乳 乳 及 び 乳 製 品 の 成 分 規 格 等 に 関 す る 省 令( 昭 和 2 6 年 1 2 月 2 7 日 厚 生 省 令 第 5 2 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 す る 牛 乳 を い う 。 第 2 品 質 基 準 牛 乳 の 品 質 の 基 準 は 、 次 の と お り と す る 。 区 分 基 準 原 料 乳 県 内 で 生 産 さ れ た 生 乳 を 使 用 す る こ と 。 成 分 規 格 無 脂 乳 固 形 分 8 . 0 % 以 上 乳 脂 肪 分 3 . 0 % 以 上 比 重 ( 摂 氏 15 度 に お い て ) 1 ジ ャ ー ジ ー 種 の 牛 の 乳 の み を 原 料 と す る も の 以 外 の も の 1 . 0 2 8 - 1 . 0 3 4 2 ジ ャ ー ジ ー 種 の 牛 の 乳 の み を 原 料 と す る も の 1 . 0 2 8 - 1 . 0 3 6 酸 度 ( 乳 酸 と し て ) 1 ジ ャ ー ジ ー 種 の 牛 の 乳 の み を 原 料 と す る も の 以 外 の も の 0 . 1 8 % 以 下 2 ジ ャ ー ジ ー 種 の 牛 の 乳 の み を 原 料 と す る も の 0 . 2 0 % 以 下 細 菌 数 ( 標 準 平 板 培 養 法 で 1 ml 当 た り ) 5 0 , 0 0 0 以 下 大 腸 菌 群 陰 性 製 造 の 方 法 保 持 式 に よ り 摂 氏 6 3 度 で 3 0 分 間 加 熱 殺 菌 す る か 、又 は こ れ と 同 等 以 上 の 殺 菌 効 果 を 有 す る 方 法 で 殺 菌 す る こ と 。 保 存 の 方 法 1 殺 菌 後 直 ち に 摂 氏 1 0 度 以 下 に 冷 却 し て 保 存 す る こ と 。 た だ し 、 常 温 保 存 可 能 品 に あ っ て は 、 こ の 限 り で な い 。 2 常 温 保 存 可 能 品 に あ っ て は 、 常 温 を 超 え な い 温 度 で 保 存 す る こ と 。

(46)

第 3 3 号 飲 む ヨ ー グ ル ト の 認 証 基 準 平 成 1 9 年 3 月 2 8 日 制 定 平 成 3 0 年 4 月 1 日 改 正 第 1 定 義 こ の 基 準 に お い て 、 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 用 語 の 定 義 は 、 同 表 の 右 欄 に 掲 げ る と お り と す る 。 用 語 定 義 飲 む ヨ ー グ ル ト 乳 及 び 乳 製 品 の 成 分 規 格 等 に 関 す る 省 令( 昭 和 2 6 年 1 2 月 2 7 日 厚 生 省 令 第 5 2 号 )第 2 条 第 3 8 項 に 規 定 す る は っ 酵 乳 で あ っ て 、 生 乳 を 乳 酸 菌 で 発 酵 さ せ 、 液 状 に し た も の を い う 。 第 2 品 質 基 準 飲 む ヨ ー グ ル ト の 品 質 の 基 準 は 、 次 の と お り と す る 。 区 分 基 準 原 材 料 次 に 掲 げ る も の 以 外 の も の を 使 用 し て い な い こ と 。 1 生 乳 県 内 で 生 産 さ れ た 生 乳 で あ る こ と 。 た だ し 、 摂 氏 6 2 度 で 3 0 分 間 加 熱 殺 菌 す る か 、 又 は こ れ と 同 等 以 上 の 殺 菌 効 果 を 有 す る 方 法 で 殺 菌 す る こ と 。 2 乳 酸 菌 3 砂 糖 成 分 規 格 無 脂 乳 固 形 分 8 . 0 % 以 上 乳 酸 菌 数 1 , 0 0 0 万 以 上 / m l 大 腸 菌 群 陰 性 保 存 の 方 法 1 殺 菌 後 直 ち に 摂 氏 1 0 度 以 下 に 冷 却 し て 保 存 す る こ と 。 た だ し 、 常 温 保 存 可 能 品 に あ っ て は 、 こ の 限 り で な い 。 2 常 温 保 存 可 能 品 に あ っ て は 、 常 温 を 超 え な い 温 度 で 保 存 す る こ と 。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :