全文

(1)

判 例 研 究

社 会 法 判 例 研 究

︵ 第 67 回 ︶

社 会 法 判 例 研 究 会 付 加 金 請求 に 関 する 手 数 料の 還 付 請求 と 付 加金 制 度 の目

⎩⎜⎜⎜⎜⎜⎜⎜⎜⎜⎧的 裁 判手 数 料 還付 申 立 事件

・ 最 三小 決 平 二七

・ 五

・ 一九 民 集 六九 巻 四 号六 三 五 頁︑ 判 時 二二 七

〇 号一 二 八 頁 抗 告審

大 阪高 決 平 二六

・ 七

・二 四 民 集六 九 巻 四 号六 六 二 頁 一 審

大 阪 地決 平 二 六・ 五・ 二 二 民 集 六九 巻 四 号 六四 八 頁

⎭⎜⎜⎜⎜⎜⎜⎜⎜⎜⎫

山 下

︻ 事 実の 概 要

︼ 1 第 一 審に お い て︑ 申 立 人X は

︑ 被告 Y の 従業 員 で ある X が

︑ 業 務に 起 因 して 精 神 疾患 を 発 症し 休 業 を余 儀 な くさ

れた に も かか わ ら ず︑ Y が 就業 規 則 に基 づ き 休業 期 間 満了 によ り X を退 職 し たも の と 取扱 っ た こと が 無 効で あ る とし て︑ Y に 対し

① 労働 契 約 上の 地 位 の確 認 等

︑② 未 払 い賃 金等 の 支 払い

③ Xが 民 法 五三 六 条 二項 に よ る上 記

② の各 賃金 請 求 権と 併 せ て取 得 し

︑平 均 賃 金の 六 割 に相 当 す る金 額内 で 競 合す る こ とに な る 休業 手 当 請求 権 に 係る 付 加 金の 支払 い な どを 求 め た︒ さ ら に︑ 控 訴 審︵ ア イ フル

︵ 旧 ライ フ︶ 事 件

・大 阪 高 判平 二 四

・一 二

・ 一三 労 判 一〇 七 二 号五 五頁

︶ に おい て

︑ Xは 請 求 の拡 張 及 び縮 減 を した

︒ 2 X は

︑第 一 審 及び 控 訴 審に お い て︑ 付 加 金の 金 額 が民 訴法 及 び 民訴 費 用 法に お い て﹁ 訴 訟 の目 的 の 価額

﹂ に 含ま れる も の とし て

︑ 申立 の 手 数料 を 納 めた が

︑ 請求 し た 付加 金の 金 額 は﹁ 訴 訟 の目 的 の 価額

﹂ に 含め る べ きで は な いと して

︑ そ の還 付 を 求め た も ので あ る

︒ 3 原 々 決 定 は︑

民 訴 法 九 条 二 項

⁝ の 趣 旨 は

︑ 果 実 等 は訴 訟 中 も発 生 し

︑履 行 に 至る ま で の分 を 請 求す る こ とが 多い こ と から

︑ 訴 額算 定 の 煩雑 さ を 回避 す る ため で あ り︑ した が っ て︑ 同 項 にい う

﹁ 損害 賠 償

﹂及 び

﹁ 違約 金

﹂ は遅 延損 害 金 の性 質 を 有す る も のを い う と解 さ れ る︒

﹂ 労 基法 一一 四 条 に基 づ く 付加 金 は

︑同 法 に より 使 用 者に 課 せ られ た 義 務 の 違 背 に 対 し て 裁 判 所 に よ り 命 じ ら れ る 制 裁 で あ

(2)

﹂ 新 井 工 務店 事 件・ 最 二 小 判昭 五 一・ 七・ 九判 時 八 一九 号 九 一 頁

︶︑ 使 用 者が 休 業 手当 等 の 支払 を 遅 滞し た と して も 当 然 に 発生 す る もの で は なく

︑ 労 働者 の 請 求に よ り 裁判 所 が そ の 支払 を 命 ずる こ と によ っ て 初め て 発 生す る も ので あ る こ と

︑支 払 の 遅滞 が 生 じて い た とし て も

︑既 に 休 業手 当 等 に 相 当す る 金 額の 支 払 を完 了 し 使用 者 の 義務 違 反 の状 況 が 消 滅 した 後 に は︑ 労 働 者は 同 条 によ る 付 加金 請 求 の申 立 て を す るこ と が でき な い こと

︵ 細 谷服 装 事 件・ 最 二 小判 昭 三 五

・ 三・ 一 一 民集 一 四 巻三 号 四

〇三 頁

︶ など か ら する と

︑ た ま たま 上 記 制裁 を 労 働者 の 利 益に 帰 せ しめ よ う とす る に す ぎ ず︑ 本 来 損害 の 補 填と し て の性 質 を 持つ も の では な い

﹂︒ また

︑ 付 加金 は

︑ 判決 に お いて 所 定 の未 払 金 を上 限 と す る 一定 額 の 支払 を 命 じら れ る もの で あ るか ら

︑ 付加 金 の 価 額 を不 算 入 とす る こ とは

︑ 訴 額算 定 の 煩雑 さ を 回避 す る と い う民 訴 法 九条 二 項 の趣 旨 に もそ ぐ わ ない

︒﹂ した が っ て

︑ 付加 金 は

︑民 訴 法 九条 二 項 の損 害 賠 償又 は 違 約金 に 当 た る とは 解 さ れず

︑ ま た︑ 果 実 及び 費 用 に当 た ら ない こ と は 明 らか で あ るか ら

︑ 付加 金 は

︑民 訴 法 九条 二 項 の果 実 等 の い ず れ に も 当 た ら な い

︒﹂ と 判 断 し た

︒ 原 決 定 は︑ 原 々 決 定 を引 用 し

︑同 様 の 判断 を し たた め

︑ Xが 許 可 抗告 を 申 し 立 て︑ 抗 告 が許 可 さ れた

︻ 決 定要 旨

︼ 破 棄 自判

︶ 1﹁ 民 訴 法九 条 二 項⁝

⁝ の 規定 が

︑ 金銭 債 権 の元 本 に 対す る遅 延 損 害金 な ど のよ う に 訴え の 提 起の 際 に 訴訟 の 目 的の 価額 を 算 定す る こ とが 困 難 な場 合 の みな ら ず

︑そ れ 以 外の 場合 を 含 めて 果 実 等の 請 求 をそ の 適 用の 対 象 とし て 掲 げ︑ これ ら の 請求 が 訴 訟の 附 帯 の目 的 で ある と き はそ の 価 額を 訴訟 の 目 的の 価 額 に算 入 し ない も の とし て い るの は

︑ この よう な 訴 訟の 附 帯 の目 的 で ある 果 実 等の 請 求 につ い て は︑ その 当 否 の審 理 判 断が そ の 請求 権 の 発生 の 基 礎と な る 主た る請 求 の 当否 の 審 理判 断 を 前提 に 同 一の 手 続 にお い て これ に付 随 し て行 わ れ るこ と な どに 鑑 み

︑そ の 価 額を 別 個 に訴 訟の 目 的 の価 額 に 算入 す る こと な く

︑主 た る 請求 の 価 額の みを 管 轄 の決 定 や 訴え の 提 起等 の 手 数料 に 係 る算 定 の 基準 とす れ ば 足り る と し︑ こ れ らの 基 準 を簡 明 な もの と す る趣 旨に よ る もの と 解 され る

︒﹂ 2︵ 1

︶ し か る と こ ろ

︑ 労 働 基 準 法 一 一 四 条

⁝ の 趣 旨 は︑ 労 働 者の 保 護 の観 点 か ら︑ 上 記 の休 業 手 当等 の 支 払義 務を 履 行 しな い 使 用者 に 対 し一 種 の 制裁 と し て経 済 的 な不 利益 を 課 すこ と と し︑ そ の 支払 義 務 の履 行 を 促す こ と によ り上 記 各 規定 の 実 効性 を 高 めよ う と する も の と解 さ れ ると ころ

︑ こ のこ と に 加え

︑ 上 記の と お り使 用 者 から 労 働 者に

(法政研究 84‑2‑242 480)

(3)

対 し 付 加 金を 直 接 支払 う よ う命 ず べ きも の と され て い るこ と か ら す れば

︑ 同 法一 一 四 条の 付 加 金に つ い ては

︑ 使 用者 に よ る 上 記の 休 業 手当 等 の 支払 義 務 の不 履 行 によ っ て 労働 者 に 生 ず る損 害 の 填補 と い う趣 旨 も 併せ 有 す るも の と いう こ と が で きる

︒ そ して

⁝同 条 所 定の 未 払 金の 請 求 に係 る 訴 訟 に おい て 同 請求 と と もに さ れ る付 加 金 の請 求 に つき

︑ そ の 付 加 金の 支 払 を命 ず る こと の 当 否の 審 理 判断 は 同 条所 定 の 未 払 金の 存 否 の審 理 判 断を 前 提 に同 一 の 手続 に お いて こ れ に 付 随し て 行 われ る も ので あ る とい え る から

︑ 上 記の よ う な 付 加金 の 制 度の 趣 旨 も踏 ま え ると

︑ 上 記の 付 加 金の 請 求 に つ いて は そ の価 額 を 訴訟 の 目 的の 価 額 に算 入 し ない も の と す るこ と が 前記 の 民 訴法 九 条 二項 の 趣 旨に 合 致 する も の と い うこ と が でき る

︒﹂

︵ 2

︶ 以 上に 鑑 み ると

︑ 労 働基 準 法 一一 四 条 の付 加 金 の請 求 に つ い ては

︑ 同 条所 定 の 未払 金 の 請求 に 係 る訴 訟 に おい て 同 請 求 とと も に され る と きは

︑ 民 訴法 九 条 二項 に い う訴 訟 の 附 帯 の目 的 で ある 損 害 賠償 又 は 違約 金 の 請求 に 含 まれ る も の と して

︑ そ の価 額 は 当該 訴 訟 の目 的 の 価額 に 算 入さ れ な い も のと 解 す るの が 相 当で あ る

︒﹂

︻ 検 討︼

判旨 疑 問

︶ 1 本 決 定の 意 義 本 決 定 は

︑ 付 加 金 の 請 求 額 を

﹁訴 訟 の 目 的 の 価 額 に 算 入﹂ 民 訴 法 九 条 二 項︶ す る か

︵ 訴 額 に 含 め て 手 数 料 算 定 額に 加 算 する か

︶ とい う 争 点に 関 し て︑ 最 高 裁と し て 初め て判 断 し た

そ し て︑ 付 加 金制 度 の 趣旨

・ 目 的に つ い て︑ 原決 定 は

︑新 井 工 務店 事 件 最高 裁 判 決を 引 用 して

﹁ 使 用者 に課 せ ら れた 義 務 の違 反 に 対す る 制 裁﹂ と 判 示し

︑ さ らに

︑ 細 谷 服 装 事 件 最 高 裁 判 決 の 趣 旨 な ど か ら

︑ 損 害 の 補 填 と して の 性 質﹂ を 否 定し て い た︒ こ れ に対 し て

︑本 決 定 は︑ 先例

︵ 最 高裁 判 決

︶を 引 用 する こ と なく

︑ 付 加金 の 趣 旨・ 目 的 に つ い て︑

使 用 者 に 対 し 一 種 の 制 裁 と し て 経 済 的 な 不利 益 を 課す こ と とし

︑ そ の支 払 義 務の 履 行 を促 す こ とに より 上 記 各規 定 の 実効 性 を 高め よ う とす る

﹂ こと に 加 え︑ 支 払 義 務 の 不 履 行 に よ っ て 労 働 者 に 生 ず る 損 害 の 填 補 と いう 趣 旨 も併 せ 有 する も の

﹂と 判 示 した 点 に 特徴 が あ る︒ 以 下 で は︑ や や 迂遠 で は ある が

︑ 付加 金 制 度を め ぐ る判 例法 理 の 展開 を 確 認し た 上 で︑ 付 加 金制 度 の 趣旨

・ 目 的及 びそ の 機 能に つ い て︑ 労 働 法学 の 見 地か ら

︑ 本決 定 の 妥当 性に つ い て検 討 す る︒ 最 後 に︑ 本 決 定を 契 機 に︑ 付 加 金制 度を め ぐ る判 例 法 理を 再 検 討す る

(4)

2 労 基 法上 の 付 加金 制 度 をめ ぐ る 判例 の 変 遷

︵ 1

︶ 付加 金 の 対象 の 縮 減 制 定 当 初の 労 基 法一 一 四 条で は

︑ 最低 賃 金 に関 す る 旧三 一 条

︵ 現 行法 で は 削除

︶ 違 反に つ い ても

︑ 未 払︵ 差 額

︶分 に 対 す る 付加 金 が 定め ら れ てい た が

︑昭 和 三 四年 の 最 賃法 制 定 の 際 に︑ 労 基 法一 一 四 条か ら 三 一条 が 削 除さ れ

︑ 最低 賃 金 違 反 の付 加 金 請求 が で きな く な った

︒ こ れに よ り

︑付 加 金 の 対 象と な る 未払 金 の 範囲 が 狭 めら れ た が︑ こ の 改正 の 際 に

︑ 付加 金 制 度に つ い ては

︑ ほ とん ど 議 論さ れ る こと は な か っ た

さ ら に

︑翌 年 の 昭和 三 五 年に な っ て︑ 付 加 金制 度 は

︑最 高 裁 と の ファ ー ス トコ ン タ クト を 迎 える

︒ 細 谷服 装 事 件判 決 は

︑ 二 つの 意 味 で︑ 付 加 金の 請 求 に制 限 を かけ る こ とに な っ た

︒ 第一 に

︑ 労基 法 二

〇条 違 反 の解 雇 に つい て

︑ 相対 的 無 効 説 を採 用 し

︑付 加 金 請求 が 可 能に な る 場面 を

﹁ 使用 者 が 即 時 解雇 に 固 執﹂ し た 場合 に 限 定し た

︒ その た め

︑解 雇 予 告 手 当︵ 労 基 法二

〇 条 違反

︶ を 未払 金 と する 付 加 金の 請 求 は

︑ レア ケ ー スに し か 認め ら れ なく な っ た︒

︵ 2

︶ 労働 者 に よる 付 加 金請 求 の 申立 の 可 否 第 二 に

︑労 働 者 によ る 付 加金 の

﹁ 請求 の 申 立﹂ の 時 期を 未 払 金 の 支払 い 前 に限 定 し た︒ つ ま り︑ 同 判 決は

︑ 解 雇予

告手 当 を 支払 わ ず に即 時 解 雇し た と ころ

︑ 労 働者 は 一 審提 訴時 に 付 加金 を 請 求し な い まま

︑ 一 審口 頭 弁 論終 結 日 に会 社が 解 雇 予告 手 当 以上 の 金 員を 支 払 い︑ 後 の 控訴 審 に 至っ て労 働 者 が付 加 金 を請 求 し た事 案 あ り︑ 付 加 金請 求 前 でか つ一 審 判 決口 頭 弁 論終 結 日 に未 払 金

︵解 雇 予 告手 当 額

︶を 支払 っ た もの で あ る︒ 判 旨 は︑ 付 加 金支 払 義 務は

﹁労 働者 の 請 求に よ り 裁判 所 が その 支 払 を命 ず る こと に よ つて

︑ 初め て 発 生す る も の﹂ で

②﹁ 既 に 予告 手 当 に相 当 す る金 額の 支 払 を完 了 し 使用 者 の 義務 違 反 の状 況 が 消滅 し た 後に おい て は

︑労 働 者 は同 条 に よる 附 加 金請 求 の 申立 を す るこ とが で き ない

﹂ と 判示 し た

︒ 要 す る に︑ 労 働 者の 請 求 の申 立 前 に未 払 金 が提 供 さ れた とい う 事 実関 係 の 下に お い て︑ 申 立 時期 を 未 払金 の 支 払前 まで と す るこ と 自 体は

︑ 結 論的 に そ れほ ど 無 理の な い もの であ る

︒ その 意 味 では

︑ シ ンプ ル に

②の 部 分 の判 示 の みで 足り た と 解さ れ る

︒し か し

︑① の 部 分は 独 り 歩き を し て︑ 別の 論 点 で先 例 と して の 役 割を 果 た すこ と に なる

︵ 3

︶ 付加 金 の 遅延 損 害 金の 起 算 点 富 士 建 設工 業

︵ 解雇 予 告 手当 請 求

︶事 件

・ 最一 小 判 昭四 三・ 一 二

・一 九 集 民九 三 号 七一 三 頁 にお い て

︑付 加 金 の遅 延損 害 金 の発 生 及 びそ の 起 算点 が 争 点と な り

︑さ ら に

︑同

(法政研究 84‑2‑244 482)

(5)

種 事 件 の 江東 ダ イ ハツ 自 動 車事 件

・ 最一 小 判 昭五

・ 七・ 一 七 判 時 七八 三 号 一二 八 頁 では

﹁附 加 金 の支 払 義 務は

︑ そ の 支 払 いを 命 ず る裁 判 所 の判 決 の 確定 に よ って 初 め て発 生 す る も の で あ る か ら﹂

②﹁ 右 判 決 確 定 前 に お い て は︑ 右 附 加 金 支 払 義 務 は 存 在 せ ず

﹂︑

③﹁ こ れ に 対 す る 遅 延 損 害 金 も 発 生す る 余 地は な い

﹂が

︑ 判 決確 定 後 にお い て

﹁附 加 金 に 対 する 民 法 所定 年 五 分の 割 合 によ る 遅 延損 害 金 の支 払 い を 請 求し う る

﹂と 判 示 した

︒ こ の二 つ の 判決 は

︑ 付加 金 の 趣 旨

・目 的 に は触 れ て いな い が

︑③ の よ うに

︑ 判 決確 定 後 で は あれ

︑ 付 加金 に 民 法所 定 の 遅延 損 害 金が 発 生 する こ と を 明 確に 判 断 した も の であ る

︵ 4

︶ 裁判 所 に よる 付 加 金支 払 命 令の 可 否 昭 和 五 一年 の 新 井工 務 店 事件 判 決 は︑ 付 加 金の 請 求 を含 む 訴 え の 提起 後

︑ 一審 判 決 前に 使 用 者が 未 払 金︵ 解 雇 予告 手 当︶ の 支 払 い を 完 了 し た 事 案 に お い て

︑ 裁 判 所 の 命 令 が あ る ま でに 未 払 金の 支 払 を完 了 し その 義 務 違反 の 状 況が 消 滅 し た とき に は

︑も は や

︑裁 判 所 は附 加 金 の支 払 を 命じ る こ と が でき な く なる と 解 すべ き で あ﹂ る と 判示 し た

︒こ の 判 示 は

︑請 求 申 立の 可 否 の法 理 を 支払 命 令 の可 否 の 判断 に ま で 拡 張さ せ る もの で あ る︒ こ れ によ り

︑ 使用 者 が 未払 金 を 支 払 う前 に

︑ 労働 者 が

﹁請 求 の 申立

﹂ を して い た とし

ても

︑ 申 立後 に 未 払金 が 提 供さ れ た 場合 に は

︑裁 判 所 は︑ 付加 金 の 支払 い を

﹁命 じ る こと が で きな く な

﹂り

︑ 付 加金 を命 じ る 余地 は さ らに 縮 減 され た

そ し て

︑甲 野 堂 薬局 事 件 判決

︵ 最 一小 判 平 二六

・ 三

・六 労判 一 一 一九 号 五 頁︶ は

︑ 労働 者 の 未払 割 増 賃金 及 び 付加 金請 求 に 対し て

︑ 一審 判 決 が各 請 求 の一 部 と 遅延 損 害 金の 支払 い を 命じ た と ころ

︑ 会 社が 控 訴 する と と もに

︑ 控 訴審 の口 頭 弁 論終 結 前 に未 払 割 増賃 金 を 支払 っ た 事案

︵ 未 払割 増賃 金 請 求の み 取 下げ

︶ の 下で

︑ 控 訴審 が 付 加金 の 支 払い を 命 じ た た め︑ 会 社 が 上 告 し た も の で あ る

︒ 判 旨 は︑ 裁 判所 が そ の支 払 を 命ず る ま で︵ 訴 訟 手続 上 は 事実 審 の 口頭 弁論 終 結 時ま で

︶ に使 用 者 が未 払 割 増賃 金 の 支払 を 完 了し その 義 務 違反 の 状 況が 消 滅 した と き には

︑ も はや

︑ 裁 判所 は付 加 金 の支 払 を 命ず る こ とが で き なく な る

﹂と 判 示 した

した が っ て︑ 一 審 で敗 訴 し た場 合 で も︑ 控 訴 後︑ 未 払 金を 支払 え ば

︑付 加 金 を命 じ ら れる こ と はな く な り︑ 付 加 金の 機能 は 大 きく 減 退 した と い える

︒ 3 付 加 金の 趣 旨

・目 的 と 本決 定 の 妥当 性

︵ 1

︶ 裁判 実 務 の取 扱 い と本 決 定 の意 義 付 加 金 請求 額 を 訴額 に 算 入す る と すれ ば

︑ 手数 料 の 額が

(6)

割 高 に な るこ と に なる

︒ ま た︑ 提 訴

︵付 加 金 額も 含 め た訴 訟 費 用 を 納付

︶ 後

︑口 頭 弁 論終 結 時 まで に 使 用者 が 未 払金 を 支 払 っ た場 合

︑ 未払 金 の 請求 が 認 容さ れ る 事案 で あ って も

︑ 裁 判 所は 付 加 金請 求 を 棄却 せ ざ るを 得 な い︒ そ う する と

︑ こ の 棄却 部 分 につ い て 労働 者 は 敗訴 と な り︑ 実 質 的な 勝 訴 に も かか わ ら ず︑ 過 大 な訴 訟 費 用を 負 担 しな け れ ばな ら な く な る可 能 性 があ る

︒ こ の よ うに

︑ 前 掲甲 野 堂 薬局 事 件 等を 踏 ま える な ら ば︑ 本 決 定 所 論の 通 り

︑訴 額 に 算入 し な い取 扱 い 自体 は

︑ こう し た 労 働 者の 負 担 を回 避 で き︑ 判 例 の考 え 方 と整 合 的 とい え る

︒ た だし

︑ 以 下で 検 討 する よ う に︑ 理 論 的に み れ ば︑ 疑 問 が あ る︒

︵ 2

︶ 付加 金 の 趣旨

・ 目 的と 機 能 学 説 上

︑付 加 金 制度 の 趣 旨・ 目 的 とし て

︑ 第一 に

︑ 公法 的 制 裁 説 があ る

︒ この 説 に よれ ば

︑ 付加 金 制 度は

︑ 労 働者 の 申 告 権

︵労 基 法 一〇 四 条

︶と 並 ん で︑ 労 基 法違 反 防 止の た め の 監 督制 度 の 補充 の 性 質を 持 つ もの で あ り︑ 各 刑 罰と 同 様 労 基 法違 反 を 防止 す べ き制 度 で あっ て

︑ 損害 賠 償 額の 性 質 の も ので は な く︑ 罰 則 と同 様 制 裁的 な 性 質を 有 し

︑罰 金 ま た は 没収 の 性 質が 強 調 され る

第 二 に

︑民 事 的 制裁 説 で ある

︒ 賃 金及 び 金 銭給 付 の 支払

いを 担 保 する た め の手 段 と して

︑ 労 働者 が 訴 訟に よ っ て権 利を 実 行 する 誘 因 とな り

︑ 使用 者 に 対し て は

︑一 種 の 民事 的制 裁 を 通じ て 義 務の 不 履 行を 引 き 合わ な い もの と し て遵 法を 奨 め る性 格 を 持つ と さ れる

第 三 に

︑損 害 賠 償説 で あ る︒ 本 条 の趣 旨 は

︑使 用 者 の労 働契 約 上 の債 務 の 遅延 を 防 止す る た め︑ 労 働 者に よ る 損害 賠償 請 求 を容 易 に する こ と にあ り

︑ これ に よ って 間 接 的に 法の 遵 守

︑公 法 的 義務 の 履 行も 確 実 にな る

そし て

︑ 遅延 利息

︵ 遅 延損 害 金

︶に 代 わ って

︑ 立 証を 要 せ ずに

︑ 一 定額 の損 害 賠 償を 命 じ 得る も の と捉 え

︑ 遅延 利 息 が支 払 わ れた 場 合 に は

︑ こ れ を 減 じ た 付 加 金 額 と す れ ば 足 り る と す る

︵ 調 整・ 控 除 する

︶︒ 第 四 に

︑公 法 的 制裁 と 損 害賠 償 的 性質 の 併 有説 で あ る

同説 も

︑ 遅延 利 息 が支 払 わ れた 場 合 には

︑ 付 加金 額 か ら差 し引 く と して い る

︵ 3

︶ 原決 定 の 立場 原 決 定 は︑ 原 々 決定 を ほ ぼ引 用 し

︑民 訴 法 九条 二 項 の趣 旨を 訴 額 算定 の 煩 雑さ を 回 避す る た めと 理 解 し︑ 同 項 にい う﹁ 損 害 賠償

﹂ 及 び﹁ 違 約 金﹂ は 遅 延損 害 金 の性 質 を 有す るも の を いう と 判 示し た

︒ そし て

︑ 付加 金 に つい て

︑ 先例 を挙 げ て

﹁制 裁

﹂ とし て の 性格 を 有 する こ と

︵前 掲 新 井工

(法政研究 84‑2‑246 484)

(7)

務 店 事 件

︶︑ 使 用 者 の 支 払 遅 滞 で は な く 裁 判 所 の 命 令 に よ っ て 支 払義 務 が 発生 す る こと

︑ 支 払の 遅 滞 が生 じ て いて も 未 払 金 の支 払 い があ れ ば

︑付 加 金 請求 の 申 立が で き ない こ と︵ 前 掲 細 谷 服 装 事 件

︶ か ら︑

本 来 損 害 の 補 填 と し て の 性 質 を 持つ も の では な

﹂ く︵ 白 石 健三

・ 最 高裁 判 例 解説 民 事 篇 昭 和三 五 年 度七 二 頁 参照

︶︑ 訴額 算 定 の煩 雑 さ を回 避 す る と いう 民 訴 法九 条 二 項の 趣 旨 にも そ ぐ わな い

﹂ と判 断 し て い た︒

︵ 4

︶ 本決 定 の 立場 本 決 定 は

︑ 労 働 者 保 護 の 観 点 か ら

⁝ 使 用 者 に 対 し 一 種 の 制 裁 とし て 経 済的 な 不 利益 を 課 すこ と と し﹂

︑ そ の支 払 義 務 の 履行 を 促 すこ と に より 上 記 各規 定 の 実効 性 を 高め よ う と す るも の

﹂ と判 示 し た︒ 本 決 定の 趣 旨 はや や 曖 昧で あ る が

︑ 労働 者 保 護の 観 点 から 実 効 性を 高 め るた め の 制裁 と 捉 え る と︑ 公 法 的な 制 裁 と理 解 し 得る

︒ こ れに 加 え

︑使 用 者 か ら 労働 者 に 直接 支 払 うよ う 命 ずべ き も のと さ れ てい る こ と か ら︑ 使 用 者に よ る 未払 金 の

﹁支 払 義 務の 不 履 行に よ っ て 労 働 者 に 生 じ る 損 害 の 填 補 と い う 趣 旨 を 併 せ 有 す る

﹂ と す る︒ 本 決 定は

︑ 公 法的 制 裁 説と 損 害 賠償 説 と の併 有 説 を 採 用し た と 理解 す る こと が で きる

︒ そ し て

︑民 訴 法 九条 二 項 の趣 旨 に つい て

︑ 結論 的 に は︑

本決 定 は 原決 定 と ほぼ 同 様 であ り

︑ 同項 の 趣 旨と し て

︑価 額の 算 定 が困 難 な 場合 を 含 めて

︑ 訴 額の 算 定 を簡 便 化 する ため の 規 定で あ る と理 解 し てい る

︵ おそ ら く 同項 の

﹁ 損害 賠償

﹂ 及 び﹁ 違 約 金﹂ の 理 解の 仕 方 につ い て も︑ 本 決 定と 原決 定 に 違い は な いも の と 解さ れ る

︶︒ た だし

︑ 本 決定 は

︑ そ う し た 理 解 の 理 由 付 け と し て

︑ 訴 訟 の 附 帯 の 目 的 で あ る果 実 等 の請 求 に つい て は

︑そ の 当 否の 審 理 判断 が そ の請 求権 の 発 生の 基 礎 とな る 主 たる 請 求 の当 否 の 審理 判 断 を前 提に 同 一 の手 続 に おい て こ れに 付 随 して 行 わ れる

﹂ こ とと いう

︑ 実 態的

・ 実 務的 な 事 情を 指 摘 して い る

︒ 一 方 で

︑付 加 金 の性 質 に つい て は

︑特 に 理 由を 説 明 する こ と な く︑ 原 決 定 の 判 断 を 否 定 し て︑ 損 害 の 填 補﹂ の 趣 旨も 併 せ 持つ と 判 示し た

︒ そし て

︑ 附帯 目 的 の果 実 等 の請 求の 場 合 と付 加 金 請求 の 場 合と の 実 態的 な 類 似性 か ら

︑民 訴法 九 条 二項 の

﹁ 損害 賠 償

﹂ま た は

﹁違 約 金

﹂の 請 求 に含 まれ る と した

︒ こ の判 断 は

︑付 加 金 請求 が 訴 訟の 附 帯 の目 的で あ る こと を 重 視し た と みる こ と もで き る が

結 論 の逆 転を 根 拠 付け る に は説 得 力 に乏 し い

︵ 5

︶ 付加 金 の 性質

︵ 損 害の 填 補

︶と 遅 延 損害 金 本 決 定

︵に お け る付 加 金 の性 質 に 関す る 判 旨︶ に つ いて は︑ 以 下 のよ う な 疑問 が あ る︒

(8)

第 一 に

︑ そ も そ も 付 加 金 の 性 質 と し て

︑ 制 裁

﹂ に 加 え て

︑ 損 害 の 填補

﹂ と いう 趣 旨 が認 め ら れる 理 由 に つい て

︑ ほ と ん ど 説明 が な く︑ 最 高 裁の 判 断 とし て は やや 不 十 分で あ る

︒ ま た︑ 先 例 を引 用 す るこ と な く判 断 し てお り

︑ 先例 と の 関 係 が不 明 確 であ る

︒ 第 二 の 疑 問 と し て

︑ 損 害

﹂ の 意 味 が 明 ら か で は な い︒ お そ ら く

︑ こ こ に い う

﹁ 損 害 の 填 補﹂ の

﹁ 損 害

﹂ は︑ 支 払 義 務 の 不履 行 に よっ て 労 働者 に 生 ずる 損 害

﹂で あ っ て︑ い わ ゆ る 遅延 損 害 金︵ 遅 延 利息

︶ を 意味 す る と捉 え る のが 自 然 で あ る︒ ま た

︑民 訴 法 九条 二 項 の﹁ 違 約 金﹂ と は

︑民 法 四 二

〇 条三 項 所 定の も の で︑ 遅 延 賠償 の 性 質を 有 す るも の に 限 り これ に 含 まれ る と され る10

しか し

︑ 付加 金 を 遅延 損 害 金 の 性質 を 持 つ金 員

︵ 損害 賠 償 説や 併 有 説︶ と 理 解し た 場 合

︑ 前掲 富 士 建設 工 業 事件 と 前 掲江 東 ダ イハ ツ 自 動車 事 件 の 結 論を 併 せ 考え る と

︑遅 延 損 害金 の 性 質の 金 員 にさ ら な る 遅 延損 害 金

︵民 事 法 定利 率

︶ を重 複 し て課 す と いう 矛 盾 が 生 じ︑ こ れ を合 理 的 に説 明 す るこ と が でき な い

︒ ま た

︑ 未払 金 に つい て は

︑通 常

︑ 未払 金 の 発生 時 を 起算 点 と し て

︑商 事 法 定利 率

︵ 六%

︶ の 遅延 損 害 金が 発 生 して お り

︑ 実 務上

︑ そ の遅 延 損 害金 と 付 加金 が 調 整さ れ る

︵付 加 金 額 か ら遅 延 損 害金 の 額 を控 除 す る︶ こ と はな い

︒ これ

に対 し て

︑前 掲 江 東ダ イ ハ ツ自 動 車 事件 の 原 審︵ 東 京 高判 昭四 九

・ 四・ 三

〇 判タ 三 一 二号 二 一 九頁

︶ は

︑付 加 金 を︑ 利息 と 同 種の も の

︵主 債 務 に附 随 し て発 生

︑ 移転

︑ 消 滅す る附 随 債 務︶ と 理 解し

︑ 付 加金 自 体 には

︑ 遅 延損 害 金 は発 生し な い と判 断 し てお り

︑ こち ら の 考え 方 の ほう が 理 論的 は明 快 で ある

︒ も ち ろ ん︑ 遅 延 損害 金 の

﹁制 裁

﹂ とし て 性 質の ほ う から

︑ 遅延 損 害 金が 生 じ ると 理 解 する こ と もで き る が︑ 少 な くと も公 法 的 な制 裁

︵ 刑事 罰

︵ 罰金

︶ や 行政 罰

︵ 過料

︶ と 同様 の性 質

︶ の趣 旨 と 理解 し た 場合

︑ 罰 金類 似 の 性質 の 金 員に 民事 法 定 利率 の 遅 延損 害 金 が発 生 す るこ と を 当然 に 説 明で き る も の で は な い︒ そ う す る と

︑ 損 害 の 填 補

﹂ と い う 趣 旨︵ 損 害 賠償 説

︶ は︑ 付 加 金の 性 質 とし て

︑ 必ず し も 適切 では な く

︑訴 額 へ 算入 し な いと い う 法解 釈 を 導く た め の便 宜的 な 理 由付 け と いわ ざ る を得 な い

︵ 6

︶ 訴額 算 定 の煩 雑 さ の回 避 と 付加 金 支 払義 務 の 発生 前 掲 甲 野堂 薬 局 事件 に よ れば

︑ 付 加金 支 払 義務 の 発 生時 は判 決 確 定時 で あ るか ら

︑ 使用 者 は

︑一 審 判 決で 敗 訴 した 後で あ っ ても

︑ 控 訴後

︑ 未 払金 の 提 供を 行 う こと で

︑ 付加 金の 支 払 義務 を 免 れる こ と にな る

︒ こう し た 理解 は

︑ 一面 にお い て

︑控 訴 審 の口 頭 弁 論終 結 時 に至 る 過 程で

︑ 使 用者

(法政研究 84‑2‑248 486)

(9)

に 対 し て 未払 金 の 支払 義 務 の履 行 を 促す も の の︑ 他 面 にお い て は

︑ 一審 判 決 以前 で の 支払 い の 促進 効 果 はな く

︑ むし ろ 支 払 い を一 審 判 決後 に 引 き延 ば す 方向 に 使 用者 を 誘 引す る 恐 れ が ある

︒ し たが っ て

︑こ う し た実 務 上 の取 扱 い は︑ 未 払 金 支 払義 務 の 早期 履 行 を阻 害 す る効 果 を 及ぼ す た め︑ 本 決 定 が いう よ う に︑ 未 払 金の

﹁ 支 払義 務 の 履行 を 促 すこ と に よ り 上記 各 規 定の 実 効 性を 高 め よう と す る﹂ 趣 旨 とは

︑ 整 合 的 で はな い

︒ ま た︑ 判 例 の よ う な 理 解 に よ れ ば︑ 提 訴︵ 裁 判 上 の 請 求

︶ 時 以 降の 事 情

︵事 後 的 な未 払 金 の提 供 等

︶を 考 慮 する こ と か ら︑ 訴 え の 提 起 の 際 に 訴 訟 の 目 的 の 価 額 を 算 定 す る こ と が 困 難﹂ 決 定 要 旨 1︶ に な る が

︑ 当 該 法 理 に よ る 取 扱 い を 許容 す る 限り

︑ 付 加金 制 度 の制 裁 と して の 性 質や 制 度 の 実 効性 は か なり 薄 れ たも の と なる11

そ うす る と

︑そ も そ も の

﹁労 働 者 の保 護 の 観点

﹂ 決 定 要旨 2

︵ 1

︶︶ に抵 触 す る 可 能性 も あ る︒ 以 上 の よう に

︑ 最高 裁 の 判例 法 理 及び 実 務 上の 取 扱 いに は

︑ 相 当 の綻 び が ある

︒ 既 に︑ 前 掲 甲野 堂 薬 局事 件 判 決に 対 し て

︑ 判例 法 理 全体 を 理 論的 に 再 考す る こ とが 求 め られ る と の 指 摘が あ っ た12

さ ら に︑ 本 決 定は

︑ 付 加金 制 度 の論 理 的 一 貫 性に 対 し て︑ 一 層 の矛 盾

・ 疑問 を 生 じさ せ る もの

であ る と いえ る

︒ 付加 金 の 判例 法 理 につ い て は︑ 各 々 の論 点︵ 争 点

︶に 対 し て︑ や や 場当 た り 的に

︑ 先 例の 判 断 を糊 塗す る 理 屈が 積 み 重ね ら れ てき た と いう 印 象 を否 め な い︒ 原点 に 立 ち返 っ て

︑法 理 の 再検 討 が 必要 で あ る︒ 4 付 加 金の 判 例 法理 に 対 する 理 論 的な 再 検 討

︵ 1

︶ 二つ の 付 加金 制 度 の立 法 経 緯 付 加 金 制度 は

︑ GH Q の 強い 意 向 によ り

︑ 労基 法 第 八次 草 案︵ 昭 和 二 一 年 一 一 月 二

〇 日

︶ に お い て

︑ 過 怠 金

﹂の 名 称 で 突 如 盛 り 込 ま れ た が

︑そ の 際 は

︑ 労 働 者 は

⁝ 使 用者 に 対 して

⁝ 過怠 金 を 請求 す る こと が で きる

﹂ と 定め られ

︑ 労 働者 の 請 求権 と し て起 草 さ れた

︒ そ の後

︑ 同 年一 二月 二

〇 日の 第 九 次案 に お いて

﹁ 裁 判所 は

⁝⁝ の 規 定に 違 反 し た 使 用 者 に 対 し て

︻ 労 働 者 の 請 求 に よ り

︼未 払 金

︻ 額

︼と 同 一 の 金 額 の︻ 支 払 を 命 ず︼ る こ と が で き る

﹂と 修正 さ れ

︵︻

︼ は 添 削に よ り 追 補・ 補 正 され た 部 分︶

︑そ のま ま 立 法化 さ れ るに 至 っ た13

こ う した 経 緯 を踏 ま え

︑第 九二 回 帝 国議 会 に おけ る 厚 生省 労 政 局労 働 保 護課 の 説 明資 料に よ れ ば︑ 付 加 金制 度 は

︑米 国 の 公正 労 働 基準 法 一 六条 の倍 額 支 払︵ 付 加 賠償 金

︶ の義 務 と 同一 の 趣 旨で あ り

︑裁 判外 に お いて は こ れ︵ 付 加 金の 請 求

︶を 認 め ず︑ 裁 判 上に

(10)

お い て の みこ れ を 認め る こ とと し た と説 明 さ れて い た14

こ の よ う に

︑付 加 金 制度 が 草 案に 導 入 され た 当 初︑ 労 働 者の

︵ 過 怠 金

︶請 求 権 と し て 定 め ら れ た も の が︑ そ の 後︑ 裁 判 を 通 じ て 実現 す る とい う 趣 旨か ら

︑ たま た ま 裁判 所 に よる

﹁ で き る 規 定

﹂の 定 め 方 に 修 正 さ れ た も の と み る こ と も で き る

︒ 他 方 で

︑船 員 法 は戦 前 か ら存 在 し たが

︑ 戦 後︑ 労 基 法と 並 行 し て

︑そ の 改 正︵ 現 行 船員 法 の 制定

︶ 作 業が 進 め られ た15

そ の 際︑ 船 員 法を 運 輸 省で 独 自 に立 案 す る方 針 が 立て ら れ た16

制定 過 程 から み る と︑ 昭 和 二二 年 一 月一 一 日 の第 五 次 草 案17

お い て︑ 労 基 法 と 同 様 に︑ 突 如

︑ 過 怠 金

﹂の 名 称 で 規 定が 新 設 され た18

この 第 五 次草 案

︵ 一二

〇 条

︶で は

︑ 裁 判 所 は

︑ 船 舶 所 有 者 が 左 の 各 号 の 一 に 該 当 す る 場 合 に は

︑ 船員 の 請 求に よ り 未拂 金 額

⁝⁝ と 同 一の 額 の 過怠 金 の 支 拂 を命 ず る こと が で きる

﹂ と し︑ 一 号 から 七 号 で失 業 手 当 や 雇止 手 当 等を 定 め てい た

︒ 当時 の 労 基法 第 九 次案19

を 参 考 に して

︑ た たき 台 を 作成 し た もの と 思 われ る20

その 後

︑ 昭 和 二二 年 二 月一 二 日 の船 員 法 草案 で

︑ 現行 法 と ほぼ 同 内 容 の 規 定 と なっ た

︒ 現 行 法 の 成 立 に 際 し︑

船 員 法 を 改 正 す る 法律 案 逐 条説 明

﹂ は︑ 船 員 法一 一 六 条に つ い て︑ 次 の よ う に説 明 し てい る

︵ 一八 八 頁21

労働 基 準 法第 百 十 四条 と 同 趣旨 で あ る︒ 船舶 所 有 者が

︑ こ れら の 規 定に 基 づ く支 拂 義 務 を 履行 し な かつ た と きは

︑ こ の未 拂 金 とは 別 に

︑ こ れと 同 一 額の 附 加 金の 支 拂 義務 を 認 めた

︒ この 支 拂 の請 求 は

︑裁 判 所 に対 す る 訴に よ つ て の み行 ふ こ とが で き る︒ 附加 金 は その 訴 が あつ た と きに お け る未 拂 金 の 額 であ る

︒ 從つ て 訴 がな け れ ば附 加 金 の額 が 確 定 せ ず︑ 船 舶 所有 者 の 附加 金 の 支拂 義 務 が現 実 に 発 生 しな い

︒ これ ら の 未拂 金 が ある 場 合 でも 訴 の ない 場 合 は︑ 未 拂金 の 支 拂を す れ ば充 分 で あり

︑ そ の後 に 訴 が あ つて も 附 加金 の 問 題は な い

︒又 違 反 のあ つ た と き から 二 年 を経 過 し たと き は

︑附 加 金 の請 求 を す る こと が で きな い

︵ 2

︶ 労基 法 と 船員 法 の 付加 金 制 度の 違 い 以 上 の よう に

︑ GH Q の 強い 意 向 を受 け て

︑ほ ぼ 同 時期 に同 様 の 経緯 で 誕 生し た 二 つの 付 加 金制 度 で ある が

︑ 労働 省と 運 輸 省で 独 自 に立 案 さ れた た め か︑ 労 基 法と 船 員 法の

(法政研究 84‑2‑250 488)

(11)

規 定 の 仕 方に は 主 に二 つ の 違い が あ る︒ 第 一 に

︑ 労 基 法 一 一 四 条 が

︑ 裁 判 所 は

⁝ 付 加 金 の 支 払 を 命 じ るこ と で きる

﹂ と 定め る 一 方︑ 船 員 法一 一 六 条一 項 は︑ 船 舶 所 有 者 は

⁝⁝ 付 加 金 を 船 員 に 支 払 わ な け れ ば な ら な い﹂ 船 舶 所 有 者 の 支 払 義 務︶ と し た 上 で

︑ 同 法 二 項 に よ り 請求 は 裁 判を 通 じ て実 現 す るこ と を 定め て い る点 が 挙 げ ら れる

︒ つ まり

︑ 船 員法 は

︑ 同法 上 の 手当 支 払 義務 等 に 違 反 した 船 舶 所有 者 が 船員 に 対 して 付 加 金支 払 義 務を 負 う と い う構 成 を とっ て お り︑ そ れ が裁 判 手 続を 通 じ て命 じ ら れ る こと を 明 らか に す る定 め と なっ て い る︒ こ の 点 につ い て

︑付 加 金 制度 の 参 考に し た とさ れ る アメ リ カ の 公 正労 働 基 準法 上 の 付 加 賠 償 金

liq u id a te d   d a m -

a g es

︶ の 定 め

︵ 二 一 六 条

︶は

th is  t it le  s h a ll  b e  lia b le  t o  th e  em p lo y ee  o r  em p lo y ee s   v io la te s  th e  p ro v is io n s  o f  se ct io n  20 6  o r  se ct io n  20 7  o f  

A n y   em p lo y er   w h o

﹂ と 定め て お り︑ 船 員 法の 条 文 のほ う が

︑原 文 に 比較 的 忠 実 な 定め 方 に なっ て い ると い え る︒ 一 方 で︑ こ の 条文 の タ イ ト ル が

D a m a g es

﹂︑ す な わ ち︑ 裁 判 所 そ の 他 の 司 法 機 関 が 手続 に 従 って 認 定 する 損 害 賠償22

あ る趣 旨 を 踏ま え て

︑ 労 基法 の 付 加金 の 規 定は

︑ 司 法機 関 で ある 裁 判 所を 主 語 と し て︑ で き る 規 定﹂ で 起 草 さ れ た と み る こ と が で

きる

︒ こ の﹁ で き る規 定

﹂ が︑ 労 基 法上 の 付 加金 制 度 をめ ぐる 判 例 法理 の 形 成に お い て︑ 少 な から ず 影 響を 与 え てい ると 考 え られ る が

︑同 じ 趣 旨の 船 員 法も 含 め て考 え る と︑ 付加 金 命 令に 対 す る裁 判 所 の広 い 裁 量が

︑ 立 法趣 旨 か ら当 然に 導 か れる も の では な い

︒ 第 二 に

︑労 基 法 が﹁ 未 払 金の ほ か

︑こ れ と 同一 額 の 付加 金の 支 払 を命 ず る

﹂一 方 で

︑船 員 法 は﹁ 船 舶 所有 者 が 支払 う べ き 金 額﹂ に つ い て の 次 項 の 規 定

︵ 裁 判 所 に 対 す る 訴 え︶ に よ る﹁ 請 求 の時 に お ける 未 払 金額 に 相 当す る 額 の付 加金 を 船 員に 支 払 わな け れ ばな ら な い﹂ と 定 めて い る

︒し たが っ て

︑裁 判 所 によ っ て 命じ ら れ る金 額 は

︑あ く ま でも

﹁ 請 求 の 時 に お け る 未 払 金 額 に 相 当 す る 額

﹂ と 解 す る の が 自然 な 解 釈で あ ろ う︒ そ し て︑ 同 条 二項 を 素 直に 読 め ば︑ 単に 船 員 が裁 判 を 通じ て

﹁ 請求 で き る﹂ 旨 を 定め て い るに すぎ ず

︑ 労基 法 上 の付 加 金 のよ う に

︑裁 判 所

︵官

︶ の 裁量

︵ 心 証

︶に よ っ て

︑ そ の 支 払 義 務 の 有 無 や 金 額 の 減 額 を 自 由に 決 定 でき る よ うな 解 釈 には

︑ 直 接に は 結 びつ か な い23

︵ 3

︶ 付加 金 支 払義 務 の 発生 時 期 の再 検 討 労 基 法 一一 四 条 が﹁ で き る規 定

﹂ であ る こ とが

︑ そ の判 例法 理 の 形成 に お いて 一 定 の影 響 を 与え て い ると 考 え られ ると こ ろ

︑こ れ ま での 判 例 法理 を い った ん 横 に置 い て

︑付

(12)

加 金 制 度 の在 り 方 につ い て

︑再 検 討 して み た い︒ ま ず

︑ 上記 の よ うな 立 法 経緯 を み ると

︑ 付 加金 を 定 める 労 基 法 一 一四 条 の

﹁で き る 規定

﹂ は

︑本 来 的 な意 味 で

︑裁 判 所 の 広 い裁 量 を 許容 す る 趣旨 で は なく

︑ 裁 判を 通 じ て︑ 付 加 金 の 請求 が 認 めら れ る とい う 請 求方 法

・ 手続 を 明 確化 し た も の と理 解 す るこ と が でき る

︒ ま た

︑ いつ の 時 点ま で に 未払 金 の 現実 の 提 供を す れ ば︑ 使 用 者 に 付加 金 支 払義 務 が 発生 し な いの か

︵ 裁判 所 は 支払 を 命 じ る こと が で きる か

︶ とい う 問 題に つ い ては

︑ 船 員法 の 規 定 の 趣旨 も 加 味す る と

︑判 決 確 定時 で は なく

︑ 訴 訟提 起 時

︵ 請 求申 立 時

︶と 解 す るこ と も 可能 で あ る24

そ し て︑ 前 掲 細 谷 服 装 事 件 判 決 も

︑ 未 払 金 支 払 後 に 請 求 の 申 立 が あ っ た た めに

︑ 付 加金 請 求 の申 立 が でき な い と判 断 し たも の で あ り

︑訴 訟 提 起時

︵ 請 求申 立 時

︶と 解 し ても

︑ 矛 盾す る も の で は な い︒ つ ま り

︑ 労 働 者 の 請 求 に よ り 裁 判 所 が 付 加 金 の 支払 を 命 ずる こ と によ っ て 初め て 発 生す る も の﹂ と す る 判 旨に つ い て︑

① 労 働者 の 請 求と

② 裁 判所 の 支 払命 令 と い う 二つ の 要 件と し て 捉え る の では な く

︑要 件 は

①の み で あ っ て︑

② は その 支 払 義務 の 有 無を 裁 判 手続 で 確 定す る と い う 確認 的 な もの に 過 ぎな い と 解さ れ る

︒ そ し て

︑支 払 義 務の 内 容 につ い て は︑ 未 払 金支 払 前 に︑

裁判 に お いて 労 働 者か ら の 付加 金 請 求が あ れ ば︑ 裁 判 所は

︑ 原則 と し て︑ そ の 時点 の 未 払金 と 同 一額 の 付 加金 の 支 払い を命 じ な けれ ば な らず

︑ 支 払命 令 の 可否 や そ の金 額 に つい て︑ 裁 判 所の 裁 量 は基 本 的 に予 定 さ れて い な いと 解 す べき であ る

︒ した が っ て︑ 使 用 者の 義 務 違反 の 状 況︵ 違 法 性の 程度

︶ 等 から

︑ 制 裁を 課 す には 酷 で ある 等 と いっ た 特 段の 事情 が 認 めら れ る 場合 に 限 って

︑ 裁 判所 は

︑ 付加 金 を 命じ ない こ と もで き る が︑ そ う した 事 情 もな く

︑ 支払 い を 命じ ない こ と はで き な いと 解 さ れる25

そ う す ると

︑ 使 用者 が 付 加金 の 支 払い を 免 れる た め には

︑ 労働 者 が 訴訟 を 提 起す る ま でに 未 払 金の 支 払 いを す る 必要 があ る と 考え ら れ る︒ ま た

︑現 在 の 裁判 実 務 では

︑ 未 払金 と同 一 額 を上 限 と して

︑ 付 加金 の 支 払の 可 否 や金 額 の 調整 を判 断 す るも の が 多い が26

訴訟 提 起 時と 考 え るな ら ば

︑そ のよ う な 裁判 実 務 は妥 当 で はな い

︵ 4

︶ 付加 金 に 対す る 遅 延損 害 金 の再 検 討 付 加 金 を罰 金

︵ 刑事 罰

・過 料

︵ 行政 罰

︶ 類似 の 公 法的 制裁 と 解 した と し ても

︑ 民 事法 定 利 率の 遅 延 損害 金 が 課さ れる と い う判 例 法 理と の 関 係で は

︑ 整合 的 で はな い

︒ ま た

︑ 損 害の 填 補

﹂ 損 害賠 償 説

︶と い う 趣旨 が 含 まれ る と し て も︵ 損 害 賠 償 説 や 併 有 説

︶︑ 付 加 金 独 自 に 遅 延 損

(法政研究 84‑2‑252 490)

(13)

害 金 が 発 生す る と いう 解 釈 には 疑 問 があ る

︒ つま り

︑ 付加 金 自 体 が 遅延 損 害 金の 性 質 を有 す る と解 す る なら ば

︑ 未払 金 か ら 生 じる 遅 延 損害 金 と の調 整

︵ 控除

︶ の 余地 は あ るも の の

︑ 付 加金 自 体 には そ も そも 遅 延 損害 金 は 発生 し な いと す る 解 釈 のほ う が 説得 的 で ある

︒ 他 方 で

︑付 加 金 につ い て

︑民 事 的 制裁 説 の よう に

︑ 労基 法 等 で 支 払い が 義 務付 け ら れた 特 殊 な民 事 的 制裁 金 と 理解 す れ ば

︑ それ に 遅 延損 害 金 が発 生 し たり

︑ 付 加金 と 遅 延損 害 金 と の 調整 を し なか っ た りし て も

︑さ ほ ど 不合 理 で はな い

︵ 5

︶ 訴額 へ の 算入 の 再 検討 本 決 定 がい う よ うに

﹁ 損 害の 填 補

﹂と 解 す るな ら ば

︑民 訴 法 九 条 二項 の 解 釈と し て

︑訴 額 に 算入 し な いと の 解 釈が 成 り 立 ち うる も の の︑ 遅 延 損害 金 の 発生 と い う論 点 か らは

︑ 損 害の 填 補

﹂ 損 害賠 償 説

︶の 趣 旨 に内 在 す る矛 盾 が ある

︒ 一 方 で

︑ 付加 金 支 払義 務 の 発生 時 期 を訴 訟 提 起時 と し て解 す る な ら ば︑ 付 加 金の 支 払 い及 び そ の額 の 判 断に つ い て︑ 裁 判 所 の 裁量 を 限 定し

︑ 原 則と し て 未払 金 と 同一 額 の 付加 金 支 払 を 命じ る と いう 考 え 方に 立 つ こと に よ り︑ 訴 額 計算 の 困 難 や 煩雑 を 回 避す る こ とが で き る27

そ し て︑ 付 加 金を 労 基 法 等 が特 別 に 定め た 民 事的 な 制 裁金 と 捉 え︑ 裁 判 所の

裁量 に よ る減 額 を 制限 す る 解釈28

と るこ と に より

︑ 付 加金 制度 の 実 効性 を 高 め︑ そ う した 民 事 的制 裁 を 通じ て

︑ 使用 者の 義 務 違反 の 抑 制を 図 る べき と 考 えら れ る

︒ そ う す ると

︑ 付 加金 請 求 は︑ 訴 訟 の附 帯 の 目的 で あ る損 害賠 償 ま たは 違 約 金に は 含 まれ ず

︑ また

︑ 訴 額算 定 の 煩雑 さも な い こと か ら

︑訴 額 に 算入 し

︑ それ に 応 じた 手 数 料の 支払 が 必 要に な る こと は

︑ 法解 釈 上 やむ を 得 ない

︒ そ の結 果︑ 原 告 であ る 労 働者 が 負 担す る 手 数料 は 増 加す る こ とに なり

︑ 労 働者 保 護 の観 点 か ら︑ あ る いは

︑ 労 働者 の 訴 訟誘 因へ の マ イナ ス 効 果か ら

︑ かか る 取 扱い に は 疑問 も 呈 され よう

︒ し かし

︑ 労 働者 保 護 とは 相 容 れな い 現 行の 判 例 法理 を抜 本 的 に見 直 す こと が 前 提で あ り

︑訴 訟 費 用負 担 の 分配 自体 は

︑ 労基 法 の 趣旨 等 を 踏ま え て

︑裁 判 所 が︑ 個 々 の事 案ご と に 適切 に 判 断す れ ば 足り る と 解さ れ る29

5 お わ りに 付 加 金 の判 例 法 理は

︑ 当 初︑ 解 雇 予告 手 当 をめ ぐ っ て形 成さ れ て きた が

︑ そこ で 争 われ た 金 額は わ ず かで あ り

︑そ の意 味 で

︑実 務 的 な関 心 を それ ほ ど 呼び 起 こ さな か っ た︒ しか し

︑ 現在 で は

︑割 増 賃 金に 関 す る訴 訟 が ほと ん ど であ り︵ 本 件 は休 業 手 当の 事 案 であ る が30

︑ 他 の未 払 金 に比 べ

(14)

請 求 額 が 高額 に な る傾 向 が ある

︒ そ の結 果

︑ 付加 金 が 使用 者 に 及 ぼ す﹁ 制 裁

﹂効 果 は 強力 に な る︒ 一 方 で

︑労 働 時 間制 度 自 体が

︑ 労 基法 制 定 当初 に 比 べか な り 複 雑 化し

︑ ま た︑ 割 増 賃金 の 発 生を 根 拠 付け る 労 働時 間 概 念 も それ ほ ど 明確 で は ない

︒ そ うし た 状 況を 踏 ま え︑ 裁 判 所 に おい て

︑ その 裁 量 で付 加 金 の支 払 の 可否 及 び その 金 額 の 調 整を 積 極 的に 判 断 した り

︑ 控訴 審 の 口頭 弁 論 終結 時 ま で に 未払 金 を 支払 っ た 場合 に 付 加金 支 払 を命 じ な かっ た り し た のは

︑ 使 用者 へ の 過度 の 負 担を 懸 念 した

︑ 裁 判所 な り の 対 応で あ っ たと み る こと も で きる

︒ し か し

︑付 加 金 をめ ぐ る 判例 法 理 の綻 び は 明ら か で あり

︑ 依 然 と し て違 法 な 時間 外 労 働や 過 重 労働 を め ぐる 紛 争 は絶 え な い

︒ 現在

︑ 一

〇〇 時 間 を上 限 と する 罰 則 付き の 時 間外 労 働 時 間 数の 規 制 が検 討 さ れて い る が︑ こ う した 刑 事 罰を 通 じ た 規 制強 化 は

︑象 徴 的 な意 味 で 長時 間 労 働の 抑 制 効果 を 持 ち う るで あ ろ うし

︑ 設 定さ れ る 上限 時 間 の妥 当 性 は措 く と し て

︑長 時 間 労働 の 規 制強 化 の 方向 性 自 体に は 反 対し な い

︒ し か し

︑罰 則 に よる 規 制 の効 果 に は限 界 が あり

︑ ま た労 基 署 に よ る取 締 は 容易 で は なく

︑ 時 間外 労 働 の抑 制 効 果を 過 度 に 期 待す る こ とは で き ない

︒ こ うし た 公 法的 な 規 制手

法に 加 え て︑ 割 増 賃金 の 割 増率 の 引 上げ や 付 加金 制 度 の適 切な 運 用 を図 る な ど︑ 民 事 的な

︵ 金 銭支 払 義 務を 通 じ た︶ 制裁

・ 抑 止力 を も って 対 応 する こ と も有 効 と 考え る

︒ 1

︶ 須 賀 康太 郎

﹁判 批

﹂ ジュ リ ス ト 一 四 九

〇 号 一

〇 五 頁︑ 齋 藤哲

﹁ 判批

﹂ ジュ リ スト 臨 時 増 刊 一 四 九 二 号

︵平 成 二 七 年 度重 要 判例 解 説

︶ 一 二 一 頁︑ 須 賀 康 太 郎﹁ 判 批

﹂法 曹 時 報 六八 巻 五号 一 九 二 頁

︑ 川 嶋四 郎

﹁ 判 批﹂ 法 学 セ ミ ナ ー七 三 九号 一 二〇 頁 参照

︒ 2

︶ 田 中 英夫

﹁ 二倍

・三 倍 賠償 と 最低 賠 償額 の 法定

︵ 一

︶﹂ 法 協八 九 巻一

〇 号 一 二 九 一 頁︵ 一 九 七 二 年︶ で は

︑法 律 家 が 無関 心 であ っ たと 指 摘し て い る︒ 3

︶ 調 布 市事 件・ 東京 地 判 昭四 三・ 一一

・二 八 判 時五 四 六号 四 九頁 は

︑一 審 提訴 時 に 付 加 金 の 請 求 の﹁ 申 立

﹂を し て い れ ば︑ 一 審口 頭 弁論 終 結時 に 支 払 い が な さ れ て も

︑裁 判 所 が 付加 金 の支 払 を命 じ 得る 旨 の 見 解 を 示 し

︑ 最 高裁 の 射 程 を 限定 し よう と して い た︒ 4

︶ 同 判 決に は 批 判 が 多 い

︒水 町 勇 一 郎

﹁ 判 批﹂ ジ ュリ ス ト 一五

〇号 一 五 六 頁︑ 新 屋 敷 恵 美 子﹁ 判 批

﹂ 法律 時 報 八 九 巻二 号 一三 二 頁

︑ 山 下 昇﹁ 判 批

﹂法 学 セ ミ ナ ー七 二

〇 号 一 二一 頁 参照

︒ なお

︑ 一審 口 頭 弁 論 終 結 後

︵ 一 審判 決 後 の 控 訴期 間 満了 ま で︶ に

︑判 決 は 確 定 し て い な い と し て

︑未 払 金を 供 託し た 事案 に おい て

︑ 付 加 金 支 払 義 務 を免 れ な い

(法政研究 84‑2‑254 492)

(15)

と した も のが あ る︵ 損 保 ジ ャパ ン 日 本 興 和

︵ 付加 金 支 払 請 求 異議

︶ 事件

・東 京地 判 平二 八・ 一

〇・ 一四 労 判 一一 五 七号 五 九頁

︶︒ 5

︶ 代 表 例 と し て

︑ 松 岡 三 郎

﹃ 条 解 労 働 基 準 法

︵新 版︶

﹄ 弘文 堂

︑一 九 五 八年

︶ 一八 二 頁参 照

︒ 6

︶ 有 泉 亨﹃ 労 働 基 準 法︵ 法 律 学 全 集 47

︶﹄ 有 斐 閣

︑一 九 六 三年

︶ 六〇 頁 参照

︒ 7

︶ 瀬 元 美知 男

﹁附 加 金の 法 的 性 格 に つ い て

﹂政 治 経 済 論 叢 一一 巻 二号 一 三四 頁

︵一 九 六 一年

︶ 参照

︒ 8

︶ 末 弘 厳 太 郎

﹁労 働 基 準 法 解 説

︵6

︶﹂ 法 時 二

〇 巻 八 号 五 八頁

︵ 一九 四 八年

︶ 参照

︒ 9

︶ 須 賀

・ 前 掲﹁ 判 批

﹂一

〇 六 頁 参 照

︒ま た

︑ 三 和 サ ービ ス

︵外 国 人研 修 生︶ 事 件・ 名 古 屋 高判 平 二二

・三

・二 五 労判 一

〇 三 号 五 頁 で は

︑ 付 加 金 請 求 は

︑ 裁 判 所 の 職 権 に よ る 支払 命 令を 求 める 特 殊な 訴 訟 行 為 で あ り

︑ 本体 請 求 の 附 帯 請求 と して の 性格 を 有﹂ す る とす る

︒ 10

︶ 秋 山 幹男 ほ か 編﹃ コ ン メ ン タ ール 民 事 訴 訟 法

︵第 2 版 追補 版

︶﹄ 日 本評 論 社︑ 二

〇 一四 年

︶一 六 八頁 参 照︒ 11

︶ 齋 藤

・前 掲

﹁判 批

﹂一 二 二 頁参 照

︒ 12

︶ 水 町

・前 掲

﹁判 批

﹂一 五 九 頁参 照

︒ 13

︶ 渡 辺 章 編﹃ 労 働 基 準 法︹ 昭 和 二 二 年

︺ 1

︶ 日 本 立 法 資 料全 集 51︶

﹄ 信 山 社︑ 一 九 九 六 年︶ 三 八 八 頁

︑四 一 二 頁

︑ 四 三七 頁 参照

︒ 同年 一 二月 一 三 日 の 第 八 次 修 正 案 は

︑第 八 次 案と ほ ぼ同 じ

14

︶ 付 加 金制 度 導入 に は︑ 当 時 の G H Q の 強 い 意向 が 反 映 さ れて い るが

︑ 末 廣 博 士 講 演﹁ 労 働 基 準 法 解 説﹂ で は

︑一 一 四条 の 付加 金 は﹁ G・ H・ Q の 横車

﹂ と 一言 だ けコ メ ント さ れて い るの み で︑ 日 本の 立 法 関 係 者 の 受 け 止 め 方 は

︑好 意 的で は ない

︒ 立法 の 経 緯 等 に つ い て は︑ 山 下 昇

﹁付 加 金 の 判例 法 理の 検 討﹂ 法 政研 究 八 一 巻 四 号 三 四 七 頁

︵二

〇 一 五 年︶ 参 照︒ 15

︶ 参 考 文 献 と し て

︑ 武 城 正 長

﹁ 新 船 員 法

︵昭 和 二 二 年 法

︶の 成 立 過 程 と 展 開 に 関 す る 研 究

︶〜

Ⅴ︶

﹂ 海 事 産 業研 究 所報 一 八二 号 五 頁

︑一 八 三 号 三 三 頁

︑ 一八 四 号 三 一 頁︵ 一 九 八 一 年

︶︑ 一 八 八 号 四

〇 頁

︑一 九

〇 号 三 四 頁

︵ 一九 八 二年

︶ 参 照︒ 16

︶ 武 城

・前 掲

﹁新 船 員 法

︵昭 和 二 二 年 法

︶ の 成立 過 程 と 展 開に 関 する 研 究︵

︶三 九 頁 参照

︒ 17

︶ 栃 内 一彦 氏 寄贈 の 文 書 と し て

︑海 事 図 書 館

︵日 本 海 事 セ ン タ ー

︶に 所 蔵 さ れ て お り

︑船 員 法 草 案 は

︑ 海 事 資 料 9

﹂ マ イク ロ フ ィル ム

︶に 所 収さ れ てい る

︒ 18

︶ こ れ も︑ G HQ か らの 指 示 に よ る も の で あ った と さ れ る

︒武 城

・前 掲

﹁新 船 員 法

︵昭 和 二 二 年 法

︶ の 成立 過 程 と 展 開に 関 する 研 究︵

︶﹂ 四 三 頁参 照

︒ 19

︶ 昭 和 二一 年 一二 月 二四 日 の 労 基 法

︵ 労 務 法 制審 議 委 員 会 答 申 案

︶ も ほ ぼ 同 じ 内 容

︒渡 辺 編

・前 掲

﹃労 働 基 準 法

︹ 昭和 二 二 年︺

︶ 日 本 立 法 資 料 全 集 51

︶﹄ 四 三 六 頁

︑四 八 八頁 参 照︒

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :