たばこ作労働の特質

全文

(1)九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository. たばこ作労働の特質 丸尾, 貞夫. https://doi.org/10.15017/21264 出版情報:九州大學農學部學藝雜誌. 13 (1/4), pp.429-432, 1951-11. 九州大學農學部 バージョン: 権利関係:.

(2) 429. た ば. こ 作 労 働. の特質. 丸'尾. 夫. 貞. Character of labour on-the tabacco-planting Sadao '. T. Maruo. ‑1.は. し. が. 日本 のた ば こ專 売 制 度 は,た ば こ税 則 時代,葉. き. た ば と專 売 時代 及 び完 全 專 売 時代 の3段. の立 法 的変遷 を重 ね て 今 日 に至 つ て い る.し か して そ の專 売 釜 金 の国 家 歳 入中に しめ る割 合 は,昭 和23年. 度 に おい て20%,昭. 和24年. 度 におい て15%に. も及 び,健 全 財 政維 持. と国 家再 建 の重 責 を担 ρ て い るの で あ る.と の 專売 制 度 下 に あつ て,原 料 葉 た ば この供 給 とい う最 も根 元 的 な任 務 を担 つ てい る 者 は 日本 各 地 のた ば こ耕 作 者 で あつ て,昭 和25年 度 にお け るた ば こ耕 作 者 の数 は約51万. 人,耕. 作 面 積 は5万4千. 町 歩 で あ る.た. ば こ耕 作. 面 積 の 全 国 農 耕 地 面 積 中 に し め る割 合 は極 めて 少い が,葉 た ば と納 付 代 金 と してた ば こ作 地 帯 に流 れ こむ金 額 は昭和25年. 度 に おい て150億. 円 を突 破 して い る とい う一 事 実 だ け をh. 以 て して も,た ぼ こ耕作 が 日本 農 民 経 済 にい か に大 き な意 義 を 『 もつ て い るか を うか が う ζ とが で き るで あ ろ う.し か して專 売 制 度 下に お け るた ぱ ζ耕 作は. 国 家 わ 保 護 と指 導 と監. 督 の下 に規 制 的 作 業 の 実 施 を約 束 され て お り,し か も耕 作 者 の 生 活 は,た ば この 樹 脂 と汗 で ぬ りつ ぶ され,た ぱ こ臭い 汗 臭い 生 活 の終始 で あ る.以 下 この 專 売制度下 にお け るた ぱ ヒ作 労 働 の 特 質 につ い て 考 察 す る こ とに す る.、. 2.ブaぱ. こ作 の 地 位. 日本 たお け るた ば この 努 布 をみ れ ば わか る よ うに,耕. 一 一d‑一 作 皆 無 た る 東 京 都 をは じめ と し. て, .立地 條 件 に恵 まれ た大 都 市 の近 郊 に は耕 作西 積 は ヒ く少 く・ 耕 作熱 も低 調 で あ る に 反 し,た ば こ耕 作 面 積 の 多 い 鹿!見島,茨 城,栃 木 及 び蘭 島等 の諸 縣 並 に東 北,北 陸 地 方 に 聴 タに. い て,歴 史 的 に根 強 い耕 作 熱 を もつ て お り,各 地 に お い てた ば こ 中心 の 農 業 経 営 地 帯 を観 田 して い る.た ば こ に よ る蚕 児 中毒 のた め,た ば と耕 作 者 と養 蚕 家 との間 に紛 箏が 生 じ易 い のであ るが,終 戦 後 産 地 の移 動 及 び 拡 張 と共 に この傾 向が 釜 六 強 くなつ て きた ので,途 に 各 産地 の 府縣 及び市 町 村 に 「た ば こ養蚕 経 営 協 調 委 員 会 」 が 組 織 され る忙 至 つ た こ とか らいつ て も,た ば こが 養 蚕 と類 似 の地 位 の下 におい て 経 済 的 に適 作 物 と な る性 格 を もつ て い る こ と を知 る と とがで き るの で あ る.即 ち現 在 ρ と こ ろた ぼ こは 対抗 商 品作物 の 少い 比 、 較 的地 位 の低い 山間 地 方 に お い て産 地 を形 成 して い るの で あ る.し か も この こ とは,黄 色 種 よbも 在 来種 及 びバ ーv一 種 に おい て顯 著 で あ る こ と を特 に附 言 す る必 要 は あ るが,.と もか く,こ の 事 実 はた ば こ作 労 働 を特 色 づ け る根 本 的 前提 條 件 と して,ま す あげ て おか な けれ ば な らない ことで あ るン. ・.

(3) 430. ̀3. .㊧. ば こ作 と農 業 技 術. 專 売 制 度 下にお け・ るた ぼ こ作 は,た ば こ專 売 法 及 び これ に基 く諸 規 程 に よ り極 端 な制 限 が課 せ られ て い る.即 ち た ば こ耕作 を希 望 す る者 は毎 年 耕作 地 の位 置 及 び面 積,%ぱ. この. 種 類 並 に乾 燥 場 及 び 藏 置場 の 位 置 を定 め,專 売 公 紅 の 許 可 を受 けな けれ ば な らす,ま た耕 作 者 は公 肚 の定 め る 方法 に よ り耕 作 し∫収穫 し・納付 しな け れ ば な らな い の で あ つ て ・探 種,苗 床 の設 備 管 理,播 種 期 及 び移植 期.残 苗 の処 置,隣 間 及 び株 間 の距 離 除,心 止,そ. の他 の耕 作 鼠. 葉 分 の選 別,乾 燥 方法,葉. わ き芽 ρ 摘. の し,調 理,,結 束,包 装 に室 る ま. で 一 凌公 就 の指 示 事 項 に従 う こ とを約 束 され て い る.更 に ま た 公就,地 方局,支 所 とい ろ 一 大 組織 を通 じて,苗 斥 力}ら納 付 に至 る まで 各作 業 につい て細 い指 導 方針 が 示 され,各 町 村 に配 置 さ煉. 輝. と指 導 員 鳳. つ儂. 民 の生 活 に結 びつ い た 技術 指 導 漸. 織. 曙. 及伝. 達 が 行 われ て い る.し か して こめ規 制 作 業 の強 制 と 颪 ア的 技 術 指 導 とは,農 民 の作 物 栽 培 技 術 水 準 の平均 化 を もた らず と共 に. それ は ま た,た ば こが 品質 主 義 の作 物 で あ る こ と,. した が つ て 肥 料 の種 類 に対 す る嫌 好 性 が 大 で あ る こ と及 び ナ ろ科 植 物 た る た ば こは病 害 に 対 す る危 惧 が 大 き い と とな どの,た ば と植 物 自体 かあ くる制 約 と相 まつ て,農 民 の作 物 栽 培 技 術 水 準 の 向上 に役 立 つ てい る.し た が つ て,少 く と もた ば こ作 地 帯 に あ つ て は,た ば こ は他 作 物 の栽 培技 術 の指 導 力 を もつ て い る とい う ご とが で き るで あ ろ う.. 4. .7zrば. こ 作 の 労 働 力消化 能 カ. ー概 にた ば こ とい つ て も色 々の種 類 が あ り,各 種 類 に よつ て 作 業 内 容 に大 きな 相違 が あ .るの で あ るが,日 本 に蔚 け る葉 た ば こは,そ の生 産 方法 及 び 用 途 か ら黄 色 種,在. 来種 及 び. も. パ ー1/・ 一種 の3つ に大 別 す る こ とが で きる ので あ る.こ の3種 類 の代 表 的産 地 の或 る農 家 につ い て 行 つ た 日本 專 売 公 就 秦 野 た ば こ試 験 場 の調 査 に よれ ば,た ば こ作 反 当所 要 労 働 力 は お よそ黄 色 種9Q人. ・松 川葉142入. そ の他 の作 物 の それ に比 し,5倍. ・2N'・‑い一種140人. で あ り・;同一 擦 塚 に お け る米 麦. ない し8倍 に も及 んで お り,そ の上 苗 床 用 落 葉 か き,乾. 燥 用蓮 縄 な い,乾 燥 用燃 料 つ く り,包 装 用菰 つ く り,そ の他 の い わ ゆ る た ば と作 用 自給 資 材 の製 作 労 働 を含 め た,た ば こ作 総 必 要労 働 力 は 更 に大 きな 数 字 とな るの で あ る.,し か も た ば こ は現 在 の耕 作 法 に おい て は,畜 力及 び機 械 力 の依 存 度 が極 端 に低 く,全 く裸 の人間 労 働 に よつ て 生 産 され るので あつ て,近 藤教授 が 反 当150人. の労働 投 下 は,農 業 経 営で は. な く土 い じ りで あ る と喝 破 され た の もむ べ な るか な と うなつ か れ る 点が な き に し もあ らす で あ る.し か し との労 働 力 の 消 化 能 力 の大 きい ご とは,た ば この特 筆 すべ き特 質 で あ る. な ぜ な らば,昭 和23年 度 の農 林 省 の生 産 費調 査 に よつ て も,た 労 働 報 酬 ば100円. ば この 反 当1人. 当 り家 族. 前 後で あ つ て,こ の こ とは経 済 原則 上 か ら して は た ぱeは 決 して有 利 な一. 作 物 で あ る こ と を意 味 しない で あ ろ う.し か レ農 村 に潜 在失 業 者 の激 増 した敗 戦 当時,農 民 に とつ て は単位 労 働 報 酬 の多 い作 物 のみ が 有 利 な作 物 で あ る と観 念 す るこ と韓で き なtr・ めで あつ て,た. とえ僅 少な が ら も労 働 報 酬 の 裏 づ け を もつ た労 働 力消化 能 力 の大 き な作 物. が 彼 等 の生 活 上 必 要 な作 物 とな るの は 当然 の こ とで あ つ て,た ば こは 当 時 ま さに過 剰 労 働 勇 の消化吸収,払. は ば 失 業 救 済 作 物 と して の 役 目 を果 して きた.こ. お け るた ば こが 確 実 な,そ. の こ と は専 売 制 度 下 に. して安 定 した現 金収入 の 方途 で あ る こ と と相 まつ て,農 民 が た.

(4) 431. ば こを彼 等 の生 活 上有 利 な作 物 で あ る と観 念 す る に至 つ た 一 大 要 因で あつ た の で あ る. 5.7?rrこ. の 品 質 と 労 働 力 の 節 減'. た ば と作 の うち で最 も多 くの労 働 力 を必 要 とす る作 業 は本圃. 乾 燥,葉 選 諮. 葉 の し等. で あ る・ した がつ て た ぼ こ作 労 働 力 の 節減 につ い て最 庵関 心 の もた れ るの は これ らの作 業 につ い てで あ る.い. うまで もな く葉 た ば とは製 造 た ば この主 原料 とな る もので あ り,し た. が つ て そ れ は 嗜 好 晶で あ る関 係 上,品 質 その もの を生 命 と して お り,牧 量 とい う こ とは葉 た ぼ こに とつ て は 全 く従 属 的 な 意味 しか もつ て い ない ので あ る.し た が つ て 良質 とい う一 こ とが 葉 た ば こに 対 す る根 本 的 要 求 で あ り,個 々 の栽 培技 術 は ま さに この良 質 具 現 のた めの ・ ・ …方 便 にす ぎ ない の で あ る.殊 に昭 和25年 度 産 葉 の 等 級 改 正 を きつ か け と して,品 質 本 位 の傾 向 が 一層 強 くな つ て きた 今 日,た ば この 品 質 に負 の高 い 相 関 を もつ てい る作 業 の 簡 略 化 は頗 る困 難 硯 され る わ けで あ る.し. か して 一 般 にた ば ζ作 にお け る各 作 業 の 簡 略 化. は,.直 ち に葉 た ば この 品質 の低 下 を意 味 す る こ とに な る た め,全 般 的 に み てた ぱ こ作 労 働 力 の 節減 とい う ご とは なか なか 困難 な こ とで あ る.な か んつ くた ぱ こ作 中最 も多 くの 労 働 力 を必 要 とす る本 圃,乾 燥 及 び葉 選 等 の作 業 は,た ば この 品 質 に特 に 深い 関 係 を もつ てい る た め,ζ れ らの作 業 の節 減 は一層 困難 な こ とで あ る. 6.た. ば こ の 品 質 と労 働 の 質. 品質 を生 命 とす る葉 た ば こ生 産 に おい て は,良 質 具 現 のた め特 た熟 練 され た 高 い 技 術 を もつ た労 働 力 の供 給 を要求 す る作 業 が あ る.即 ち乾 燥 及 び 葉 選 作 業 が これ で あ る.孝 ぱ こ の乾 燥 は 軍 な る脱水 作 業 で は な く,葉中 の 内 容 成 分 の 化学 変 化 を とげ させ て,葉 た ば と特 有 の 色 沢 と香 味 を 出現 させ るた め の過 程 で あ る.し た が つ て それ は そ の後 の堆 積 醗 酵 及 び 葉 の し等 の作 業 と共 に,.い は ば 農 産 加 工 部 面 に属 す る作 業 で あ り,葉 た ば この 品質 を左 右 す る 一大 作 業 部 門 をな し て い る.'ま た葉 選 作 業 な 最 後 の仕 上 げ作 業 で も あ り,特 別 な鑑 識 眼 が 要求 され る ので あ る.し た が つ て この乾 燥 及 び 葉 選 等 の作 業 は,家 族 の 内 で も最 も熱 練 した者 の 專 業 と化 して い るの で あつ て,こ れ らの作 業 に縁 故 関 係 の経 験 者 の 手 伝 い を受 け るi新産 地 の耕 作 者 は 別 と して,旧 産地 に お い て は耕 作 者 は臨 時 雇 を雇 い入 れ る と とは極 く少い の で あ るが,も. し雇い 入 れ る よ うな こ とが あ る と して も,そ れ は な るべ くた ば ヒ以. 外 の作 物 に さ しむ け,ま た は や む を得 す た ぱ こ作 に使 用 し な けれ ば な らない 場 合 に おい て も,品. 質 に関 係 の 少い 機 械 的作 業 に 従 事 させ るの がr'一 一'般 で あ る.か. か る 観 点 か らいつ て. も,た ぱ こ作 に おい て は家 族 労 働 力 は 雇 傭 労 働 力 に比 べ て,質 的 に特 に秀 で て い る とい う こ とを 強 調 す る こ とが で きるで あ ろ う.一 一.7.7?Ptこ. 作 と婦 女 子 の 労 働. ,. か くの如 くた ば こ作 に おい て は,熟 練 され た高 い 技術 を要求 す る作 業 が あ るが,ま た そ め 反薗 婦 女 子で も充 分 一 人 前 の能 力 を発揮 レ得 る作 業 もか な り存 在 す る ので あ る.た と え ノ. イ. ぼ苗床管理 作業,.乾燥作業 の一部 をなす葉 あみ作業,葉 選補 助作業及 び在 来種 におい て最 も多 くの労働 力 を必要 とする葉 の し作 業等 は極 く軽 易な機 械的作業で あつ て,婦 女子 にお.

(5) 432・. い て 充 分 一 入 前 の 働 き を果 し得 るの で あ る.た ぼ こ作 に男 よ りも女 の臨 時 雇 が 多 く利 用:さ れ てい る とい う事 実 も,か か るた ばこ 作 作 業 の特 質 呑 ら 由来 す るので あ る.即 ちた ば こ作 、 は質 的 に 低 い労 働 力 を質 的 に高 い 労 働 力 に 転 換 す る とい う働 き を もつ てい る とい う ことが で き るで あも う. 8、. 結.言.. た ば こ耕 作 は 日本 農 民 経 済 上,重 大 な意 義 を もつ て い るので あ る.1た ば こ作 を と り入 れ た 合 理 的 農 業 経 営 ない した ぱ こ農 政 につ い て大い に 研 究 す る必 要 の あ る こ と を附 言 して 本 稿 を絡 る と とに す る.. Résumé. -. As the tabacco planting is quality first, it is labor-intensive. Labor of the tabacco culture is mainly the family labor. Especially the ability of women's work is important. Therefore, the tabacco culture is of use unemployment relief and make the labor of low ability operate as high ability..

(6)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP