平成28年12月 蔡英文政権が掲げるエネルギー政策とその可能性 福岡県の海外事務所 福岡県庁ホームページ

Full text

(1)

1

2016年12月14日

蔡英文政権が掲

るエネルギー政策とその

能性

公益財団法人交流協会 事務 研修生 水 江 秀子

. 湾にお る電力需給の状況と電気料金

日本 同 エ ー 輸入 頼 湾

湾 2015年 総発電電力 2,580億kwh あ 日 本 1/4 14% 原子力発電 頼 い

今年 5 月 誕生 た蔡英文 権 非核 ふ さ 非 核家園 運転期間 40 年 迎え 原子力発電

逐 廃炉 2025年 第 原発 機 最後 基全 原発 停 脱原発 成 い た発電電

力 占 再生 能エ ー 割合 現 % 水

力発電 含 2025年 20% 増加さ 掲 い

安価 安定 た電力供給 企業活動や海外企業 湾へ 誘致

必要不 あ そ た 脱原発 必要以 急 電力 安定供

給へ 不安定要素 い 指摘 あ た 現 電力供給状況

余裕 あ いうわ い 電力供給 備率 今年5月31日 季節外

高温 影響 1.64% 低 更 10月19 日 湾電力公 以

電 大 林 発 電 高 雄 市 機 ト ブ 急 激 供 給 減 た

1.62% 低 電力供給 備率 % 陥 危うい状態 あ

電力制限 現実味 帯び い

電気料金 湾 国際競 力維持 た 策的 安価 抑え た

今後 府 脱原発や環境対策 PM2.5対策 た 発電コ ト 安価 電力 原子力や石炭火力 減 発電コ ト 高価 電力 然

ガ 火力 再生 能エ ー 入 増や い 定 あ 一方 蔡

英文 権 民衆 反発 懸念 民生用 電気料金 今後10年間大幅 値 い 明言 い た 産業界 産業用電力 安価 安定

た供給 対 懸念 声 高 い

.電力会社と電力自由化

湾 公営電力企業 あ 電 発電 送電 配電 一括 行

(2)

2

写真 飲食店 入 口

社 発電事業 い 中 九州電力株式会社 以 九電

然ガ 火力発電 行う新桃電力会社 丸 株式会社 50%出資 対 33.2% 出資 IPP 参画 海外電気事業 取 組 い

現 電気事業法 改 案 立法院 国会 審議さ 再生

能エ ー分 電力売買 行 開 6~9 年後 目途 発送電分 離 進 見通 あ 今回 法改 IPP 電力 売自由 認

規制緩和 漏 た状態 あ 九電 中期経営方針 い

市場 成長性 高いア ア 中心 海外電気事業 取 組 掲 い た

再生 能エ ー分 い 条件 合え 新た 参入 期待さ

.民衆の省エネ意識

湾 一般家庭 空調 冷 機能 い

多 室内 床材 イ や石 場合 倒的 多

い 壁 壁紙 張 コン ート 直接塗装

場合 多い た 少 寒い 感 ウ

ン ャ ットや厚いコート 身 着 足元

裸足 サン 履い い 場合 多い

ホテ 売店 百 店 飲食店 捷運 MRT

鉄 路線バ ー 車内 全 場

年中冷 効 い た 利用客 常 着

着込 い 状態 あ 特 飲食店 サービ 一環 冷気開

冷たい空気 外 提供 板 店 見 多い

湾 府経済部能源局 資源エ ー庁 省エ 推進マニュア HP 掲載 民衆へ意識啓発 努 い 電気料金 安価 あ

体的 動機付 電気料金 割引 いた 幅広い運動

い い

.日 間の連携への展望

蔡英文 権 脱原発 再生 能エ ー 入 点 策

い 策 実行 エ ー 対 民衆 意識改革 電気料

金 適 必要 あ 電力 無駄 た 発電 送電及び消費側

含 たトー ソ ュー ョン 入 必要不 あ 福岡 や 九州市

取 組 環境 配慮 たエ ー 策 今後 水素社会 目指 た取組

得 た知見 湾 要 言え

風況 い 湾海峡 い 日本企業 参加 目指 洋 風力発電 や 陽

発電 成長エン ン 捉えた ーンエ ー産業区 南市 設置 定

Figure

Updating...

Download now (2 pages)