発行日 2014-03-30 引用 , 49(4): 1007-1037 著者 , ; SUDA, Akio タイトル (1)

32  Download (0)

Full text

(1)

タイトル 錯誤と瑕疵担保責任の関係について(1) 著者 須田, 晟雄; SUDA, Akio

引用 北海学園大学法学研究, 49(4): 1007‑1037

発行日 2014‑03‑30

(2)

・・・・・・・・・・・・・・・・

研 究 ノー ト

・・・・・・・

・・・・・・・・・

錯 誤 と 瑕 疵 担 保 責 任 の 関 係 に つ い て

須 ⑴

田 晟 雄

一 は じ め に 一 歴 史的 概 観 と 学 説の 生 成 一 わ が 国 で は︑ 錯 誤 と 瑕 疵担 保 責 任 の関 係 に つ い ての 論 議 を 民 法制 定 過 程 まで 遡 る こ と はで き な い

︒ 旧 民法 財 産 編 では

︑ 物 の 性 質錯 誤 に つ いて

︑ 品 質 の 錯誤 と 品 格 の 錯誤 を 区 別 して 定 め ら れ てい た︵ 三 一

〇条

︶︒ 法 典 調 査 会で は

︑ 現 行九 五 条 と ほ ぼ同 じ 内 容 の規 定

︵ 九 三 条︶ が 提 案 さ れ︑ 性 質 錯 誤に つ い て の 明文 は 削 除 され て い た

︒ 削 除 の理 由 と し て︑ 立 法 上

︑ 当事 者 が 自 らの 責 任 に よ り鑑 定 す べ き もの で あ る こと を 原 則 と し︑ 物 の 品 質︑ 数 量

︑ 価

北研 49 (4・261)

(3)

格 等 の錯 誤 は 意 思表 示 の 成 立 に何 ら の 影 響を 及 ぼ す も ので は な い が

︑當 事 者 ニ 於イ テ 一 定 ノ 品質 ヲ 指 示 シタ ル ニ モ 拘 ワ ラ ズ其 ノ 品 質 ヲ具 有 セ ル 物 ヲ得 ザ リ シ 場 合 に は 事実 ノ 如 何 ニ 依リ テ 目 的の 錯 誤 と し て無 効 に な り︑ 詐 欺 を 理 由 に 取消 す こ と がで き

︑ 本 条 の規 定 が な くて も 支 障 を 来す 虞 が な い こと が 挙 げ ら

れ た

︒ 瑕 疵担 保 責 任 につ い て は

︑ 解除

︵ 廃 却

︶の 請 求 が 認 めら れ る 要 件 とし て

︑ 売 渡物 に 買 主 の 知ら な い 不 表見 的 瑕 疵 が あ り

︑修 補 す る こと が で き な いこ と

︑ お よび 物 の 性 質 上ま た は 合 意 上の 用 法 を 不適 当 に す る か瑕 疵 を 知 って い れ ば 買 い 受 けな か っ た であ ろ う 程 に 物の 使 用 を 減じ る こ と が 必要 で あ る と 定め ら れ て いた

︵ 財 産 取 得編 九 四 条

︶︒ 法 典 調 査 会 で は

︑起 草 者 梅 が現 行 法 五 七

〇条 と 同 一 の規 定 五 七 一 条を 提 案 し た

︒修 補 で き ない こ と で は

︑契 約 目 的 不達 成 に 該 当 し な い場 合 が あ り︑ 修 補 す る のに 長 時 間 かか る か

︑ 莫 大な 費 用 が か かる 場 合 に 解除 を 認 め な い不 都 合 が 生ず る と し て こ の 要件 を 削 除 し︑ 用 法 を 不 適当 に す る こと に つ い て は︑ こ の こ と を知 っ て い たな ら ば 買 わ なか っ た で あろ う こ と

︑ つ ま り契 約 目 的 不達 成 が 必 要 であ り

︑ こ の要 件 を 削 除 して も 準 用 さ れる 五 六 七 条︵ 現 行 五 六 六条

︶ の 規 定に よ れ ば 充 分 で ある と い う のが 提 案 理 由 であ

っ た

︒ 民法 修 正 案 理 由書 で も

︑ 買 受物 の 瑕 疵 を相 当 な 費 用

︑期 間 を か けて も 修 補 で き な い場 合

︑ そ の物 が 用 法 に 不適 当 な 場 合は

︑ 概 ね 買 主が 契 約 の 目 的を 達 成 で きな い 一 例 で あり

︑ 列 挙 する 必 要 が な い こ とを 理 由 と して 示 し て

い た︒ こ の よ うな 経 緯 に よ れば

︑ 客 観 的 瑕疵

︑ 主 観 的瑕 疵 を 包 摂 する 旧 民 法 の瑕 疵 概 念 が 現 行 五七

〇 条 に 受け 継 が れ

︑ 制定 後 の 判 例︑ 学 説 が こ の経 緯 に 忠 実 な瑕 疵 概 念 を採 用 し て い たこ と が 窺

える

︒ 以 上の よ う に

︑民 法 九 五 条

︑五 七

〇 条 の制 定 過 程 で は︑ 物 の 性 質 錯誤 と 物 の 瑕疵 の 要 件 が 競合 す る か のご と き 説 明 が な され て い た が︑ 両 規 定 の 関連 性 と い う視 点 を 含 ま ず︑ 両 規 定 が 別個 独 自 の 規定 で あ る こ とを 前 提 に し︑ 両 規 定 の 関 係 につ い て 問 題視 さ れ て い なか っ た よ うに 見 ら れ る

︒ 二 現 行 民 法 施行 後

︑ 物 の 性質 錯 誤 と 物の 瑕 疵 が 競 合し な い こ と に言 及 す る 岡松 の 見 解 が 現

れ た

︒ 物 の性 質 錯 誤 に

北研 49 (4・262)

(4)

つ い て︑ 物 の品 質 等 は 当事 者 自 ら の 責任 に お い て鑑 定 す る の を原 則 と し

︑ 当 事 者カ 一 定 ノ 品 質ヲ 指 定 シ タル ニ 之 ヲ 得 ザ リ シト キ ハ 目的 に 錯 誤 が あり

︑ 無 効 とな り う る と の旧 民 法 か ら 現行 民 法 に 変更 し た 理 由 を説 明 し た う

え で

︑ 五 七

〇 条 に定 め る 瑕 疵と は

︑ 売 買 の目 的 で あ る物 が 通 常 有 すべ き 性 質 の 欠缺 が あ り

︑こ れ に よ り 物の 価 値 を 害す る こ と を い い

︑買 主 が 売 主に 指 示 し た 性質 を 有 し てい な い 場 合 には

︑ 物 が 通 常有 す べ き 性質 を 有 す る 以上 瑕 疵 に はあ た ら ず

︑ 錯 誤 のみ が 適 用 され る と す る

︒こ の 見 解 は︑ 物 に 客 観 的瑕 疵 が あ る 場合 に の み 五七

〇 条 の 適 用を 認 め

︑ 指示 さ れ た 性 質 が 欠如 し て い た場 合 に 九 五 条の 適 用 を 認め る 適 用 区 分説 に 位 置 づ けら れ

︑ 後 掲大 正 一

〇 年 判決 の 理 解 の仕 方 に よ っ て は この 判 決 に 影響 を 与 え た 学説 と 評 す るこ と も で き るが

︑ 後 に 詳 論す る

︒ 三 明 治 四 四 年に 至 り

︑ 瑕 疵担 保 責 任 優先 説 の 嚆 矢 と目 さ れ る 横 田の 見 解 が 現

れ た

︒ 横 田 は︑ 九 五 条 の適 用 と 五 七

〇 条 の適 用 に つ いて

︑ 各 別 異ノ 場 合 に 適用 さ れ る か

︑目 的 物 に 瑕 疵が あ る 場 合に は 常 に 五 七〇 条 が 適 用さ れ

︑ 九 五 条 の 適用 は 除 外 され る か

︑ ま たは

︑ 目 的 物の 瑕 疵 が 売 買契 約 の 要 点 に関 す る か 否か に よ り 適 用を 異 に す るな ど の 問 題 を 明 らか に し た うえ で

︑ 民 法 の解 釈 と し ては

︑ 目 的 物 の瑕 疵 は そ の 性質

︑ 程 度 を問 わ ず 売 買 契約 の 要 素 には な り え な い と する

︒ 五 七

〇条

︑ 五 六 六 条に よ り 解 除が 認 め ら れ るた め に 瑕 疵 のた め に 契 約目 的 を 達 成 する こ と が でき な い こ と が 必 要で あ り

︑ 買主 が そ の 瑕 疵を 知 っ て いた な ら ば 契 約を 締 結 し な かっ た で あ ろう 契 約 の 要 点を 意 味 し

︑要 素 の 錯 誤 に あ たる と す る なら ば 契 約 は 無効 と な り

︑担 保 責 任 を 定め た 五 七

〇 条が 無 意 味 にな る こ と を 論拠 と し て いる

︒ こ の 見 解 は

︑要 件 の 競 合性 と 適 用 の 優先 性 の 区 別が な さ れ ず

︑五 七

〇 条 を 優先 的 に 適 用す る 積 極 的 根拠 が 提 示 され て い な い と い う意 味 に お いて 瑕 疵 担 保 責任 優 先 適 用説 の 未 発 達 な原 形 と 評 す るこ と が で きる

︒ し か し

︑そ の 後

末広

鳩 山 等 の 支 持を 得 て

︑ 次第 に 洗 練 さ れ︑ 大 正 一

〇判 決 当 時 に は︑ 学 説 上 通 説的 地 位 を 占め て い た

北研 49 (4・263)

(5)

二 大 正一

〇 年 判 決 一 こ こ で 本 判決 及 び 本 判 決を 踏 襲 す る最 高 裁 昭 和 三三 年 判 決 の 立場 を 明 ら かに し て お こ う︒

﹇大 判 大 正 一

〇年 一 二 月 一五 日 民 録 二 七輯 二 一 五

〇頁

﹈ 買 主 X は

︑一 三

〇 馬 力 の中 古 電 動 機を 売 主 Y か ら買 い 受 け た とこ ろ

︑ 引 渡後 の 検 査 の 結果 三

〇 な いし 七

〇 馬 力 しか な い た めに 契 約 上 の 電動 機 と し て用 を な さ な いこ と が 判 明 した と し て 要素 の 錯 誤 に より 売 買 契 約の 無 効 を 主 張し て Y に 対し 代 金 の 返 還を 請 求 し た︒ 原 審 判 決 は︑ 瑕 疵 担 保 優先 適 用 説 に立 ち

︑ 九 五 条の 適 用 を 認め ず

︑ X の 請求 を 棄 却 した た め に

︑ Xは

︑ 要 素 の錯 誤 に よ り 契約 が 無 効 に なる 場 合 と 要素 の 錯 誤 に あた ら な い が︑ 契 約 目 的 が達 せ ら れ ない た め に 五 七〇 条 が 適 用さ れ る 場 合 を区 別 し

︑ 五 七〇 条 は 九 五条 の 特 則 で はな く

︑ 両 規定 は 根 本 的 観念 を 異 に し︑ 適 用 領 域 を異 に す る と主 張 し て 上 告し た

︒ 売 買 の 目 的物 に 品 質 上 の瑕 疵 が あ るた め に 意 思 表示 の 錯 誤 が 生じ た 場 合 に 当 事 者 カ 特ニ 一 定 ノ 品質 ヲ 具 有 ス ルヲ 以 テ 重 要ナ ル モ ノ ト シ意 思 ヲ 表 示シ タ ル ニ 其 品質 ニ 瑕 疵 ア リ そ の た めに 契 約 目 的 を達 す る こ とが で き な い とき は 法 律 行為 の 要 素 の 錯誤 が あ り

︑民 法 九 五 条 によ り 無 効 に なる

︒ 当 事 者 カ 一定 ノ 品 質 ヲ具 有 ス ル コ トヲ 重 要 ナ ルモ ノ ト シ テ 意 思 ヲ 表 示 セ ス 而 モ 売 買 ノ 瑕 疵 ア ル カ タ メ 契 約 ヲ 為シ タ ル 目 的ヲ 達 ス ル コ ト能 ハ サ ル トキ ハ 五 七

〇条

︑ 五 六 六 条に よ り 買 主 は解 除 権 を 有す る に と ど まる

︒ 同 条 ハ売 買 ノ 目 的物 ノ 品 質 ニ 関ス ル 錯 誤 ニツ キ 前 示 第 九五 条 ト 相 容 レサ ル モ ノ ニ非 ス 本 件 当事 者 カ 如 上ノ 品 質 ヲ 具 有ス ル 電 動 機ヲ 以 テ 其 目 的ヲ 達 ス ル ニ重 要 ナ ル モ ノト ナ シ 売 買 契約 ヲ 為 シ タヤ 否 ヤ ヲ 審 求 す べ し とし て 原 判 決 を破 棄 差 戻 して い る

北研 49 (4・264)

(6)

二 本 判 決 の 事実 関 係 の 詳 細は 明 ら か では な い が

︑ 買主 が 錯 誤 無 効の み を 主 張し て い る 事 案と 見 れ ば

︑買 主 の 主 張 に 捉 われ 九 五 条 を適 用 し た も のと し て 選 択可 能 説

︵ 任 意選 択 説

︶ を 基礎 づ け る 見方 も 主 張 さ れて

10

い る

︒ しか し

︑ 本 判 決 の 判決 理 由 は 錯誤 と 瑕 疵 担 保の 関 係 一 般に 妥 当 す る 判断 枠 組 を 採 用し て お り

︑判 決 理 由 の 理論 構 造 に 重き を 置 い て 検 討 すべ き で あ る︒ 三 本 判 決 は

︑当 事 者 が 一 定の 品 質 を 具 有す る こ と を重 要 な も の とし て 意 思 を 表示 し た 場 合に 九 五 条 の 適用 を 認 め

︑ 重 要 なも の と し て表 示 さ れ て いな い 場 合 に五 七

〇 条 の 適用 を 認 め

︑ 両規 定 の 適 用領 域 を 区 別 して い る か のよ う に 見 ら れ る

︒そ こ で 問 題と な る の は

︑本 判 決 が 重要 な も の と 表示 し て い な い品 質 の 欠 如の た め に 契 約目 的 が 達 せら れ な い 瑕 疵 を どの よ う な 瑕疵 と し て 想 定し て い た かで あ る

︒客 観的 瑕 疵 に 限 定す る 趣 旨 に 解す る 説 が 岡松 以 来 主 張 され て

11

い る

︒ し かし

︑ 大 審 院は

︑ 本 判 決 のわ ず か 三 か月 後 に

︑ 目 的物 の 瑕 疵 に は︑ 一 般 の 取引 上 通 常 有 すべ き 品 質 およ び 当 事 者 が 特 に保 有 す べ きも の と 定 め た性 質 の 欠 如が 含 ま れ る とし

︑ 小 作 地 の売 買 に お いて

︑ 小 作 人 から 収 取 で きる 数 量 が 売 主 か ら買 主 に 告 げら れ た 数 量 に不 足 し て いる 場 合 に は 本 件 売 買 ノ 目的 物 ニ ハ 当事 者 カ 特 ニ 保有 ス ベ キ モノ ト 定 メ タ ル 性 質ヲ 欠 如 シ 瑕疵 ア ル モ ノ と 判

12

示 し

︑主 観 的 瑕 疵 を瑕 疵 に 含 め るこ と を 認 めて い る

︒ し たが っ て

︑ 本判 決 も 客 観 的 瑕 疵の み な ら ず主 観 的 瑕 疵 も瑕 疵 に 含 める こ と を 認 める と 解 す る のが 自 然 で ある

︒ 動 機の 錯 誤 に つい て

︑ す で に大 正 三 年 判決 に

13

よ り 動 機︵ 縁 由

︶ に 関す る 事 実 が明 示 な い し 黙示 に 表 示 され 意 思 表 示 の 内 容を 構 成 す れば

︑ 意 思 表 示の 錯 誤 と なり

︑ 主 観 的

︑客 観 的 基 準 を満 た せ ば 要素 の 錯 誤 と なる と い う 判例 理 論 が 確 立 し

︑目 的 物 の 性質 錯 誤 に 判 例理 論 が 適 用さ れ

︑ 物 の 性状 が 意 思 表 示の 内 容 を 構成 し

︑ 主 観 的の み な ら ず客 観 的 に 意 思 表 示の 主 要 部 分と な る 程 度 のも の で あ れば 要 素 の 錯 誤に あ た る と する 判 例 が 現れ て

14

い た

︒ 以 上の 判 例 を 前提 に す れ ば

︑本 判 決 は

︑意 思 表 示

︵ 契約

︶ の 内 容 に受 容 さ れ た目 的 物 の 性 能が 欠 如 し てい る た め に

北研 49 (4・265)

(7)

契 約 目的 を 達 せ られ な い 場 合 には 要 素 の 錯誤 に 該 当 し

︑表 示 さ れ た 性質 錯 誤 と して 九 五 条

︑ 主観 的 瑕 疵 とし て 五 七

〇 条 の 要件 を 満 た すこ と を 認 め

︑一 定 の 品 質・ 性 能 の 存 在が 意 思 表 示 の内 容 ま で 高め ら れ て い ない が そ の 性能 の 欠 如 に よ り 契約 目 的 が 達せ ら れ な い

15

場合 に は

︑ もっ ぱ ら 五 七

〇条 が 適 用 さ れる と し

︑ 両規 定 の 要 件 を満 た す 場 合に は

︑ 九 五 条 が 優先 的 に 適 用さ れ る と 解 する の が 穏 当で

16

あ る

︒ 四 最 高 裁 昭 和三 三 年

17

判 決 は︑ 前 掲 大 正一

〇 年 判 決 の立 場 を 踏 襲 して い る

︒ 学説 は

︑ 自 説 の理 解 に 関 連さ せ て 本 判 決 の 事実 関 係 に つい て 多 様 な 見方 を 示 し てお り

︑ 事 実 関係 を 若 干 詳 細に 見 る こ とに す る

⑴ 本 件 は

︑ 当事 者 間 に 代 金債 務 の 存 否に つ い て 争 いが あ り

︑ 争 いを 止 め る 目的 で 和 解 が 成立 し

︑ そ の内 容 は

︑ Y が 六 二万 円 余 の 残債 務 を X に 負っ て い る こと を 認 め

︑ Yは

︑ そ の 内 の四

〇 万 円 の支 払 い に 代 え︑ Y が 所 有し

︑ X の 仮 差 押 下に あ る ジ ャム が 特 選 金菊 印 苺 ジ ャム

と し て 市場 で 通 用 し てい る こ と を前 提 に し

︑ その 評 価 額 につ い て X Y に 食 い違 い が あ った が

︑ 一 箱 三〇

〇 円

︵一

六 二 円 余︶ と 見 込 ん で一 五

〇 箱 総額 四 五 万 円 と評 価 し て Xに 譲 渡 し

︑ そ の 引渡 が な さ れた と き は

︑ Xは Y に 五 万円 支 払 い

︑ 残債 務

︵ 二 二 万円 余

︶ を 免除 す る と い う内 容 で あ った が

︑ 実 際 に は

︑そ の ジ ャ ムが 一 個 三 八 円程 度 の 粗 悪な 混 合 ジ ャ ムで あ る こ と が判 明 し た ため に

︑ X が 錯誤 を 理 由 に和 解 契 約 の 無 効 を主 張 し た 事案 で あ る

︒ 一審

︑ 二 審 とも X の 主 張 が容 れ ら れ た ため に

︑ Y は︑ 代 物 弁 済 の目 的 物 で ある 金 菊 印 苺 ジ ャ ムに 隠 れ た る瑕 疵 が あ る 場合 で あ り

︑五 七

〇 条 が 適用 さ れ 九 五 条は 排 除 さ れる 等 を 主 張 して 上 告 し た︒ 最 高裁 は

︑き わめ て 簡 潔 に︑ 原 判決 は

︑本 件 代 物 弁 済の 目 的 物 で ある 金 菊 印 苺ジ ャ ム に 所 論の ご と き 瑕疵 が あ っ た が 故 に契 約 の 要 素に 錯 誤 を 来 して い る と の趣 旨 を 判 示 して い る の で あり

︑ こ の よう な 場 合 に は︑ 民 法 瑕 疵担 保 の 規 定 は 排 除さ れ る の であ る か ら

︵ 大正 一

〇 年 判決 参 照

︶︑ 所論 は 採 る を 得な い と 判 示し て 上 告 を棄 却 し た

︒ 本 判決 は

︑ 瑕 疵担 保 が 適 用 され る と の 上告 理 由 を 容 れず に

︑ 要 素 の錯 誤 に あ たる 場 合 に は 瑕疵 担 保 の 適用 は 排 除 さ

北研 49 (4・266)

(8)

れ る とし て い る ので あ る か ら

︑少 な く と も瑕 疵 担 保 優 先適 用 説 の 立 場に 立 た な いこ と は 明 ら かで あ る

︒ もっ と も

︑ 本 件 も 大正 一

〇 年 判決 の 事 案 と 同様 に X

︵ 買主

︶ が 錯 誤 のみ を 主 張 し てお り

︑ 原 告の 主 張 と の 関係 で 錯 誤 の主 張 を 認 め た に すぎ な い と 解す る こ と も で

18

き る

︒ こ の点 は

︑ 事 実 関係 を 重 視 す るか

︑ 引 用 して い る 大 正 一〇 年 判 決 の判 決 理 由 の 理 解 の仕 方 に よ る︒ そ の後 の 下 級 審裁 判 例 で は

︑買 主 が 錯 誤無 効 と 瑕 疵 担保 責 任 に よ る解 除 を 主 張し た 場 合 に

︑昭 和 三 三 年判 決 を 援 用 し て 瑕疵 担 保 に つい て 判 断 せ ずに 錯 誤 無 効を 認 め た

19

判 決︑ 別 訴 で 錯 誤無 効 を 主 張し

︑ 本 訴 で 瑕疵 担 保 に 基づ く 契 約 解 除

︑ 損害 賠 償 を 主張 し た 場 合 に︑ 昭 和 三 三年 判 決 を 援 用し て 別 訴 で は重 大 な る 過失 に よ り 錯 誤無 効 の 主 張が 認 め ら れ な い こと に 確 定 した こ と を 理 由に 本 訴 で は瑕 疵 担 保 の 適用 を 認 め た

20

判決 が 現 れ

︑こ れ ら の 判 決で は

︑ 昭 和三 三 年 判 決 の 射 程を

︑ 買 主 が 双 方 とも に 主 張 し︑ 九 五条 の 要 件 を 充足 す る 場 合 には そ の 適 用を 認 め る こと に 及 ぶ と 解し て お り

︑ 錯 誤 無効 の み を 主張 し た 場 合 を含 め て 九 五条 を 優 先 的 に適 用 す る 立 場が 定 着 し てい る と 見 る こと が で き る︵ た だ し

︑ 二

Ⅰ︶ 3

︶参 照

︶︒

⑵ 保 証 お よ び客 観 的 瑕 疵 にの み 瑕 疵 担保 の 適 用 が あり

︑ 特 別 の 性質 に 関 す る買 主 の 錯 誤 であ っ て

︑ 売主 の 悪 意 ま た は 共通 的 錯 誤 の場 合 に は 錯 誤無 効 の 主 張が 認 め ら れ ると の 適 用 区 分説 に 立 ち

︑右 判 決 の 事 案に つ い て

︑特 選 金 菊 苺 印 ジ ャム の 売 買 をし た の で な く︑ 特 選 金 菊印 苺 ジ ャ ム であ る こ と を 前提 に 和 解 し︑ 保 証 し た わけ で は な いか ら

︑ 特 別 の 性 質を 欠 い て いる と し て 錯 誤の 問 題 と した こ と 自 体 は正 し か っ た かも し れ な い︑ と 評 す る 学説 も 見 ら

21

れる

︒ 本 事案 は

︑ 和 解に よ り 確 定 した 債 務 者 の債 務 の 内 金 四〇 万 円 の 支 払い に 代 え て債 権 者 が 仮 差押 え し て いた 一 五

〇 箱 の 苺 ジャ ム に つ き一 箱 三

〇円 と 定 め て譲 渡 し

︑ 余 剰価 値 分 五 万 円は 債 権 者 が支 払 う と い う事 例 で あ り︑ 代 物 弁 済 の 目 的物 で あ る 苺ジ ャ ム の 品 質が 一 箱 あ たり 三

〇 円の 価 値 を 有 する こ と は 契約 内 容 に 高 めら れ

︑ 劣 悪な 品 質 に つ

北研 49 (4・267)

(9)

い て の債 権 者 の 錯誤 は

︑要 素の 錯 誤 に あ たり

︑主 観 的 瑕 疵 に も該 当 す る と解 す る の が 妥当 で あ る

︒右 の 学 説に よ れ ば

︑ 特 選 金菊 印 で あ るこ と は 保 証 され て い ず

︑そ の 品 質 の 欠如 は

︑ 通 常有 す べ き 品 質 の 欠 如 に 該当 し な い とし て 瑕 疵 担 保 の 適用 を 排 除 し︑ 前 記 の 品 質で あ る こ とを 前 提 し て いる 場 合 に は

︑特 別 な 性 質に つ い て の 錯誤 に つ い て売 主 が 悪 意 で あ るか

︑ 共 通 錯誤 で あ れ ば

︑錯 誤 無 効 の主 張 が 認 め られ る こ と に なる

︒ 右 の 学説 は

︑ 両 者 の要 件 の 競 合に つ い て 格 好 の 検討 材 料 を 提供 す る も の とい え る

︒ 第一 は

︑ 瑕 疵 概 念 に 関 わ る︒ 客 観 的 瑕疵 概 念 の 理 論的 系 譜 は

︑わ が 国 で は 岡 松 に遡 り

︑ 最 終的 に は ド イ ツの 古 典 的 学説 に 遡 る こ とに な る が

︑ 現在 の 学 説 の状 況 で は 少 数に 属 す る

︒客 観 的 瑕 疵 と は

︑売 買 の 目 的物 に 物 質 的 な欠 点 が あ り︑ そ の た め に︑

そ の 種 類の も の と し て通 常 有 す べき 品 質・

22

性 能 に 欠 け る こ と と定 義 づ け るの が 一 般 的 であ る

︒ し かし

︑ ド イ ツ

︑オ ス ト リ ー では

︑ 客 観 的瑕 疵 を 黙 示 的構 成 に よ り主 観 的 瑕 疵 に 含 める 学 説 も あり

︑ わ が 国 では

︑ 契 約 当事 者 の 意 思 の視 点 か ら

︑ 瑕疵 概 念 に 主観 的 欠 点 と 客観 的 欠 点 を含 め る 学 説 が 見 られ る

︒ こ の説 に よ れ ば

︑① 売 買 目 的物 に つ い て 性質

︑ 用 途 を 示さ ず に 単 にこ の 物 と し て売 買 し

︑ この 物 と し て の 一 般的 な 性 質 を欠 く 場 合 に は︑ 客 観 的 欠点 に あ た る が︑

① は 例 外 であ り

② その 物 に 一 定 の性 質

︑ 用 途が あ る も の と し て売 買 さ れ るの が 一 般 的 であ り

︑そ の物 が そ の 性質

︑用 途に 適 し な い場 合 に は

︑ 売 買 の 合意 の 基 礎 とな っ た 性 質 と 相 違 し

︑ 主 観 的欠 点 に あ たる と す る

︒ 要す る に

︑ 物が い か な る もの と し て また は い か な る特 別 目 的 のた め に 売 買 さ れ たの で あ る か を 基 準 に し瑕 疵 の 有 無を 決 す る 試 みで

23

あ る

︒ さ らに

︑ 右 の 学説 を 敷 衍 し

︑判 例 の 分 析を 通 し て

︑ 物 的 瑕疵 に つ い て︑ 二 段 階 の判 断 構 造 を 指摘 す る 学 説が 現 れ て い る︒ す なわ ち

︑ 当 該 契 約 に おい て 何 を どの よ う な 売 買 対象

と し て把 握 し た か を 確 定 す るこ と を 第 一 段階 と し

︑ 売 買の 対 象 と して 確 定 さ れ た物 に つ い て契 約 適 合 的 な も のと し て あ るべ き 性 質 を 備え て い る かを 吟 味 す る こ と が 第 二 段 階 で あ り

︑ こ こ で は

︑ 通 常 の 利 用 目 的 な い し 性 質

︑ 特 別 の利 用 目 的 ない し 性 質 を基 準 に 判 断 され

︑客 観 的 瑕 疵

︑主 観 的 瑕 疵 の 区別 は 用 語 の問 題 に 過 ぎ ない と

24

す る

北研 49 (4・268)

(10)

契 約 解釈 に よ り 物の 瑕 疵 を 導 く視 点 に 立 てば

︑ 客 観 的 瑕疵 が あ る 場 合の み を 担 保責 任 の 適 用 を認 め

︑ 主 観的 瑕 疵 が あ る 場 合を そ の 適 用か ら 除 外 し

︑錯 誤 の 問 題と す る 必 然 性は な い も の とい

25

え る

⑶ 次 の 問 題 は︑ 錯 誤 概 念

︑錯 誤 の 要 件に 関 わ る

︒ 右の 学 説 は

︑ 動機 錯 誤 と 表示 錯 誤 の 区 別を 捨 象 す る︑ 一 元 説 に 立 脚 して い る よ うに 見 ら れ る

︒一 元 説 に よれ ば

︑特 定 物 の 性 質錯 誤 を 含 めて

︑ 表意 者 の 意 図 して い た と ころ と 表 示 と の 不

26

一致

又 は 表 示 に 対 応 する 真 意 の

27

欠缺

と 定 義 づけ ら れ て い る︒ 表 示 に は︑ 特 定 物 の 性質 は 含 ま れず

︑ 意 図 な い し 真意 と し て 考慮 す る こ と を前 提 に し てい る よ う に 見ら れ る

︒ も っと も

︑ 契 約成 立 時 に お ける 内 心 的 効果 意 思 に 拘 泥 せ ず︑ 契 約 関 係を 前 提 に し

︑錯 誤 の リ スク の 公 平 な 分配 に 主 眼 を 置く

関 係 調整 型 と 指 摘さ

28

れ る 一 元説 で は

︑ 錯 誤 の 一元 化 と 効 果意 思 の 関 係 に拘 泥 し な いこ と は や む をえ な い こ と なの で あ ろ う︒ 一 元 説 で は︑ 前 記 学 説と 同 様 に

︑ 相 手 方の 主 観 的 要件 と し て

︑ 錯誤

︵ 錯誤 事 項

︶の 予 見 ない し 予 見 可 能性

︑ ま た は 共通 性 が 求 めら れ て い る

︒も っ と も

︑ 最 近 では

︑ 契 約 の解 釈 に よ り 動機 が 契 約 内容

・ 合 意 に 高め ら れ た

29

場 合︑ 契 約 内 容の 確 定 の 問 題と し て 有 償契 約 に お け る 等 価性 に 取 り 込ま れ た

30

場 合 を基 準 に 錯 誤リ ス ク を 配 分す べ き と す る見 解 が 有 力に 主 張 さ れ てい る

︒ こ れら の 見 解 に よ れ ば︑

隠 れ た 瑕 疵 の 要 件を 度 外 視 す れば

︑ 瑕 疵 担保 の 要 件 と 錯誤 無 効 の 要 件は ほ ぼ 競 合す る こ と に

31

なる

︒ 五 昭 和 三

〇 年代 後 半 か ら 四〇 年 代 に かけ て

︑ 瑕 疵 担保 責 任 の 法 的性 質 を め ぐり 華 々 し い 論争 が 生 じ

︑こ れ に 付 随 し た 問題 と し て 錯誤 と 瑕 疵 担 保の 関 係 に 視野 が 及 び

︑ かつ て の 通 説 であ る 瑕 疵 担保 優 先 適 用 説が

︑ 形 式 的に は 一 般 法 と 特 別法 の 関 係 を根 拠 に し

︑ 実質 的 に は

︑目 的 物 の 瑕 疵に 関 す る 紛 争の 早 期 解 決を 図 る 趣 旨

︵五 六 六 条 三項

︶ を 根 拠 に し て学 説 上 の 多数 を 占 め て

32

いる

︒ さ ら に︑ 瑕 疵 担 保 の優 先 性

︵ 排 除性

︶ を 貫 徹し

︑ 瑕 疵 担 保に よ っ て 保護 さ れ え な い 性 質錯 誤 を 民 法九 五 条 に よ る保 護 を 否 定す る 見 解 も 主張 さ れ て

33

い る︒ こ れに 対 し て

︑右 の 説 に よ れば

① 買 主が 錯 誤 の み を主 張 し た 場 合に 妥 当 な 解決 が 得 ら れ ない こ と

②錯 誤 の 主 張

北研 49 (4・269)

(11)

に つ いて 五 六 六 条三 項 の 類 推 適用 に よ り 右の 説 が 危 惧 する 速 や か な 目的 物 の 瑕 疵を め ぐ る 法 律関 係 の 決 済を 阻 害 す る こ と を回 避 す る こと が で き る こと

︑ を 根 拠に し て

︑ 双 方を 選 択 的 に 主張

︵ 適 用

︶す る こ と を 認め る 説

︵ 選択 可 能 説

︶ が 有 力に 主 張 さ れ

34

35

て い る

︒ 三 考 察の 視 点

⑴ こ れ ま で の学 説 を 見 る 限り

︑ た と えば 真 作 の 美 術品 と し て 買 い受 け た と ころ 贋 作 で あ るこ と が 判 明し

︑ 買 主 が 錯 誤 無効 を 理 由 に既 払 い 代 金 の返 還 を 請 求し た 場 合 に

︑瑕 疵 担 保 優 先︵ 適 用

︶ 説に 立 つ と

︑ 錯誤 無 効 の 主張 を 制 限 す る の か︑ 瑕 疵 担 保規 定 を 適 用 する 結 果 と して 錯 誤 無 効 の主 張 が 排 斥 され る の か

︑が 必 ず し も 鮮明 と 見 る こと が で き な い 学 説が 見 ら

36

れ た︒ 訴 訟 的 側 面か ら 見 れ ば︑ 弁 論 主 義 の帰 結 と し て 当事 者 が い かな る 主 張 を する か は そ の意 思 に 委 ね ら れ るの を 原 則 とし

︑ 買 主 は

︑錯 誤 無 効 の主 張 と 瑕 疵 担保 責 任 に 基 づく 主 張 を 併合 的 に 主 張 する 場 合

︑ 錯誤 無 効 の み を 主 張す る 場 合

︑瑕 疵 担 保 責 任に 基 づ く 主張 の み を す る場 合 が 想 定 され る

︒ そ こで

︑ 判 例 に現 れ た 事 例 を︑

① 買 主 が請 求 原 因 ま たは 抗 弁 と し て双 方 を 主 張し た 事 例

②買 主 が 錯 誤無 効 の み を 主 張 した 事 例

③買 主 が 瑕 疵 担保 責 任 に 基づ く 主 張 を した 事 例 に 区 分し て 検 討 する こ と に す る︒ 競 合の 前 提 と して

︑ 錯 誤 と 瑕疵 が 要 件 の上 で ど の よ うに 重 な る か を検 討 す る 必要 が あ る

︒ そこ で

︑ 通 常有 す べ き 性 状 の 欠如 の 事 例 と特 別 の 性 状 の欠 如 の 事 例に 区 分 し て 検討 す る

︒ こ の区 分 の 検 討に よ り 錯 誤 の存 否 お よ び錯 誤 の 要 素 性

︑ 瑕疵 の 存 否 につ い て い か なる 事 情 を 基準 に し て 判 断し て い る か を明 ら か に し︑ 双 方 の 要 件の 関 連 性 を解 明 す る こ と を 試み る こ と にす る

⑵ わ が 国 で は︑ 錯 誤 と 瑕 疵担 保 責 任 の法 律 効 果 の 相違 を 全 面 的 に検 討 す る 学説 を 見 る こ とが で き な い︒ む し ろ

北研 49 (4・270)

(12)

後 者 の属 性 で あ る期 間 制 限

︵ 民法 五 六 六 条三 項

︶ を 主 要な 問 題 と し て論 じ ら れ てい る

︒ 選 択 可能

︵ 適 用

︶説 は

︑ 買 主 の 錯 誤無 効 の 主 張に つ い て 同 条項 を 類 推 適用 す る こ と によ り 瑕 疵 担 保優 先 適 用 説と 結 果 的 に 異な ら な い と主 張 し

︑ 瑕 疵 担 保の 特 則 性 を強 調 す る 説 によ れ ば

︑ 類推 適 用 に よ り実 質 的 に は 瑕疵 担 保 優 先説 と 異 な ら ない こ と を 指摘 し た う え で

︑ 特則 性 が 双 方向 的 で あ る とし て 瑕 疵 担保 に よ っ て 保護 さ れ な い 性質 錯 誤 は 九五 条 に よ る 保護 も 否 定 され る と 主 張 す る

︒そ こ で

︑ 絵画 の 売 買 に おい て 当 事 者双 方 が 模 写 であ る こ と を 前提 に し て 対応 す る 代 金 を定 め た が

︑実 際 に は 真 作 で あり

︑ そ の 価値 は 代 金 を 著し く 上 回 る場 合 を 想 定 して 検 討 す る

︒買 主 に は 担保 給 付 義 務 がな い と す れば

︑ 売 主 の 錯 誤 無効 の 主 張 につ い て 類 推 適用 の 余 地 はな い

︒ む し ろ︑ 取 消 的 無 効構 成 を 含 めて 錯 誤 無 効 固有 の 制 限 を模 索 す べ き で あ ろう

︒ ま た

︑特 則 性 を 強 調し て も

︑ 民法 が 売 主 の 性質 錯 誤 を 保 護す る 特 別 な制 度

︑ 規 定 を定 め て い なけ れ ば

︑ 不 当 な 結論 と な ろ う︒ 特 別 規 定

︑特 則 性 の なか で い か な る要 件

・ 効 果 の特 殊 性 が 考慮 さ れ る か を明 ら か に する 必 要 が あ る と 思わ れ る

︒ これ ら の 検 討 を踏 ま え て

︑民 法 改 正 試 案に お け る 錯 誤制 度

︑ 瑕 疵担 保 制 度 の 立法 姿 勢 を 明ら か に し た う え で︑ 解 決 の 方向 を 試 み る こと に す る

調

北研 49 (4・271)

(13)

10

11

12

13

14

15

16

17

使

使

稿

18

16

19

20

北研 49 (4・272)

Figure

Updating...

References

Related subjects :