大き い1 年生 と 小 さな 2年生

Download (0)

Full text

(1)

小学 1 年

こくご

だい

かい

32

大き い1 年生 と 小 さな 2年生

ふる た たる ひ

おおねんせいちいねんせい

「 ぼ く ね

、 お じ い さ ん と こ へ

、 い え で し よ う と お も っ た ん だ よ

。でも、

お かねが三十

五円し

か な か った ん だ

。だ から、

一 本

え ん

い っ ぽ

ス ギ の 森 ま で こ よ う と お も っ た ん だ

。 そ し て

、 あ き よ ち ゃ ん

も り

に ホ タ ル ブ ク ロ を い っ ぱ い と っ て あ げ よ う

、 と お も っ た ん だ

。」

「ふう

。」 と

、いっ

たき り

、あ き よはだま

って

、 ま さ や をみつめまし

た。

この子が

、いえ

で しよう

と したん

だ って。

こ の 子 が

、 わ た し に

、 ほ ん と う に ホ タ ル ブ ク ロ を と っ て

くれよ

う とした

ん だって

。 む

ね が つ ま っ て

、 あ き よ は

、 な に も い え な か っ た の で す

。 四

人 は

、 か ん ば ん の は し を わ た っ て

、 ま た

、 ぞ う 木 林 の 中

に ん

きばやし

に は い り ま し た

。わ き 水 の と こ ろ で

、ま さ や の お か あ さ ん は

み ず

ハ ン カ チ を 水 に ぬ ら し て

、 ま さ や の か お や

、 手 や

、 足 を ふ き

み ず

あ し

ま し た

(2)

は い で ん の う ら へ で る 小 み ち で

、 ま さ や は あ き よ と 手 を つ

こて

な ぎ ま し た

。 ぞ う 木 の み き に ぶ つ か り そ う に な り な が ら

、 あ

きよはいい

ま した

「でも

、 まさ や く ん、よく、ひとり

で こ られた

わ ねえ

。」 すると、

まさや

は い いまし

「あ きよ ち ゃ ん が い な けり ゃ、

こ ら れ な か っ た

。」 あ

き よは

、びっくりしまし

た。

「ど う し て?

「どう

し て っ て

。」 まさ

や は

、は ずかしそうにわ

ら いまし

。 ぽ っ と 赤 く な っ た ま さ や の か お を み て

、 あ き よ は

、 な ん と

あ か

な く

、 わ け が わ か り ま し た

。 あ き よ の つ く っ た レ イ を く び に か

け て

、 い っ し ょ う け ん め い

、 く ら い 森 の 中 を い く ま さ や の

も り

な か

す が た が

、 目 に う か び ま し た

す る と

、 き み ょ う な こ と に

、 い ま ま で

、 じ ぶ ん の 小 さ い の

ちい

を い や が っ て い た き も ち が

、 あ き よ の か ら だ の 中 か ら

、 す う

なか

っ と ひ い て い く の が

、 わ か り ま し た

。 そ の き も ち が ひ い て い く

に つ れ

、 あ き よ は じ ぶ ん が 大 き く な っ て い く よ う な か ん じ

お お

でし た

。 あ き よ は

、 じ ぶ ん の 手 を に ぎ っ て い る ま さ や の よ こ が お を

(3)

みあげて、

お もいま

し た。

小 さ く た っ て

、 か ま わ な い ん だ わ

。 こ の 大 き い ま さ や く

ち い

お お

んに、

わ たし は、た

よ りにされ

てるんだ

わ。

か た 手 で か か え こ ん で い る ホ タ ル ブ ク ロ の 花 が

、 あ き よ の

は な

かお のま えで

、とても

よ い にお い を た て ま し た

。 つ

ぎ の 日

、 ま さ や は

、 学 校 へ い く さ か み ち の と ち ゅ う で

が っ こ う

あ き よ に い い ま し た

「 ぼ く ね

、 き ょ う

、 ひ と り で か え る よ

。」

「へい

「へいき

だとも。

」 まさやは、は

り き っ て

、 いいま

し た。

四 じ か ん め

、 あ き よ が ま ど の そ と を み る と

、 一 年 生 が か え

い ち ね ん せ い

って い き ます

。 ま

さ や が

、 み ど り と

、 あ き よ の し ら な い 男 の 子 と 三 人 で

おとここ

さ ん に ん

こう もんのほ

うへある

いてい

く のがみえました

。 ふう

。みどり

ち ゃん たち とあそ

ぶ ように

な っ た ん だ わ

。 あ き よ は

、 う れ し く な り ま し た

。 で も

、 ち ょ っ と し ん ぱ い でし

み た。

ど り ち ゃ ん た ち と は

、 こ う も ん で わ か れ る ん だ か ら

(4)

そ の あ と

、 ま さ や く ん

、 ほ ん と う に ひ と り で

、 あ の さ か み ち をかえ

れ る の か し ら

。 き の う

、 一 本 ス ギ の 森 ま で い っ た く ら い で す か ら

、 だ い じ

い っ ぽ ん

も り

ょう ぶ だ と は おもう

の です が、

きがかり

でし た

。 で

、 こ う も ん で

、 み ど り た ち と わ か れ た ま さ や は

、 ほ ん とう

にへい

き で、

ひ と り で

、さ か み ち を あ る いてい

き ました

。 なん

で、

こんなと

ころがこ

わかっ

た んだろ

。 ま さ や は

、 ふ し ぎ で し た

。 も の す ご く く ら い み ち だ と お も っ

て い ま し た が

、 一 本 ス ギ の 森 の く ら さ に く ら べ る と

、 あ か

い っ ぽ ん

も り

るい み ち で し た。

が け も た か い し

、 そ の 上 に し げ っ て い る 林 の 木 も た か い よ

う え

はやしき

う に お も っ て い ま し た が

、 み あ げ て み て も

、 一 本 ス ギ ほ ど た

い っ ぽ ん

か く あ り ま せ ん

。 林 の 中 に は

、 な に か 花 が さ い て い る の が み

はやし

な か

は な

え ま し た

。 カ ラ ス が な き ま し た が

、 そ の な き ご え も

、 ま が ぬ け て い る よ

う で

、 ま さ や は

、 お も わ ず わ ら い ま し た

(5)

「 じ ぶ ん の 小 さ い の を い や が っ て い た き も ち が

、 あ き よ の

ちい

か ら だ の 中 か ら

、 す う っ と ひ い て い く

」 と あ り ま す が

、 あ

なか

き よ が 小 さ い こ と を い や が ら な く な っ た の は な ぜ で す か

ホ タ ル ブ ク ロ の 花 を み つ け た か ら

はな

じぶ ん の せ が 大 き く な っ た か ら

おお

ま さ やにたよられ

て いる こ と がわか

っ たから

「 し ん ぱ い

」 と あ り ま す が

、 あ き よ は ど ん な こ と が

「 し ん ぱい」な

の で す か

。 ま

さ や が

こ と

もん だ い を と こ う

Figure

Updating...

References

Related subjects :