Microsoft Word - _1_ 定款全文.doc

11 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

社団法人「日本証券投資顧問業協会」定款

昭和 62 年 9 月 22 日 創 立 総 会 決 議 平成 10 年 6 月 24 日 一部改正 平成 16 年 6 月 17 日 一部改正 平成 19 年 9 月 19 日 一部改正 平成 20 年 6 月 19 日 一部改正 第1章 総 則 (名称) 第 1 条 この法人は、社団法人日本証券投資顧問業協会(以下「本会」という。)と称 する。

2 本会は、英文では、Japan Securities Investment Advisers Association と表示す る。 (事務所) 第2条 本会は、主たる事務所を東京都中央区に置く。 2 本会は、理事会の決議を経て、必要な地に支部を置くことができる。 第2章 目的及び業務 (目的) 第3条 本会は、会員の行う投資運用業及び投資助言・代理業の公正かつ円滑な運営を 確保することにより投資者の保護を図るとともに、投資運用業及び投資助言・代理業 の健全な発展に資することを目的とする。 (業務) 第4条 本会は、前条の目的を達成するため、次の業務を行う。 (1) 投資運用業及び投資助言・代理業を行うに当たり、金融商品取引法(昭和23 年法律第25号。以下「法」という。)その他法令の規定を遵守させるための会 員に対する指導、勧告その他の業務 (2) 会員の行う投資運用業及び投資助言・代理業に関し、契約の内容の適正化、資 産運用の適正化、その他投資者の保護を図るため必要な調査、指導、勧告その他 の業務 (3) 会員のこの法若しくはこの法に基づく命令若しくはこれらに基づく処分若し くは本定款その他の規則又は取引の信義則の遵守の状況の調査 (4) 会員の行う投資運用業及び投資助言・代理業に関する投資者からの苦情の解決 (5) 会員の行う投資運用業及び投資助言・代理業に争いがある場合のあっせん

(2)

(6) 会員の行う契約の勧誘の適正化のため必要な規則の制定その他の業務 (7) 投資者に対する広報 (8) 投資運用業及び投資助言・代理業に係る知識の普及、啓蒙及び刊行物の発行 (9) 投資運用業及び投資助言・代理業に関する調査、研究及び統計資料の作成 (10) 会員及び会員の役職員の研修 (11) 関係官庁その他関係機関に対する建議、要望及び連絡 (12) 他の経済関係諸団体との連絡及び親睦 (13) 会員相互間の意見の交換、連絡及び親睦 (14) 法第79条の5に規定する内閣総理大臣への協力 (15) 前各号に掲げるもののほか、本会の目的を達成するために必要な業務 (業務規程等) 第5条 本会は、前条に規定する業務を円滑に行うため、その業務に関する規程(法第 79条の3に規定する業務に関する規程をいう。以下「業務規程」という。)その他 の規則(以下「規則」という。)を定める。 2 業務規程その他の規則の制定、変更及び廃止は、理事会の決議により行う。 3 業務規程は、前項の理事会の決議を経て、主務官庁の認可を受けなければ変更する ことができない。 第3章 会 員 (会員の資格) 第6条 次に掲げる者は、本会の会員となることができる。 (1) 法第29条の規定に基づく登録を受けた投資運用業者 (2) 法第29条の規定に基づく登録を受けた投資助言業者 (3) 法第29条の規定に基づく登録を受けた代理・媒介業者 (4) 法第33条の2及び第33条の8第1項の規定に基づき投資助言・代理業又は 投資運用業を行う金融機関の信託業務の兼営等に関する法律第1条第1項の認 可を受けた登録金融機関 (5) 法第33条の2の規定に基づき投資助言・代理業を行う登録金融機関(前号に 規定する者を除く。) (入会手続) 第7条 本会に入会しようとする者は、理事会の承認を受けなければならない。 2 法人の会員にあっては、前項に規定する入会の承認を受けたときは、直ちに本会に 対する代表者としてその権利及び義務を行使する者(以下「会員代表者」という。) 1名及び代理者3名以内を定め、書面をもって本会に通知しなければならない。会員 代表者又は代理者に変更があったときも同様とする。

(3)

(入会金) 第8条 会員は、入会時に入会金を納入しなければならない。 2 入会金の額及び納入方法は、理事会の決議により定める。 3 既納の入会金は返還しない。 (会費及び特別会費) 第9条 会員は、会費を納入しなければならない。 2 会員は、理事会が特別な支出に充てるため必要と認めるときは、特別会費を納入し なければならない。 3 会費及び特別会費の額、納入方法及び返還方法は、理事会の決議により定める。 (資料の提出等) 第 10 条 本会は、必要があると認めるときは、理事会の決議を経て、会員に対して、 その行う投資運用業又は投資助言・代理業に関し、資料の提出又は文書若しくは口頭 による説明を求めることができる。 2 会員は、前項に規定する資料の提出又は説明を求められたときは、正当な理由なく、 これを拒んではならない。 (届出及び報告事項) 第 11 条 会員は、規則で定める場合に該当することとなったときは、遅滞なく、所定 の様式による届出書又は報告書により、その内容を本会に届け出又は報告しなければ ならない。 (資格の喪失) 第 12 条 会員は、次の各号に該当するときは、その資格を失う。 (1) 退会したとき (2) 第6条に規定する会員の資格を喪失したとき (3) 除名されたとき 2 前項第1号に規定する退会は、書面をもって行うものとする。 (除名等) 第 13 条 本会は、会員が次の各号の一に該当するときは、その会員に弁明の機会を与 えた上、理事会の決議により、過怠金の賦課若しくは会員権の停止又は除名を行うこ とができる。 (1) 第8条に規定する入会金並びに第9条に規定する会費及び特別会費を所定の 期日までに納入しなかったとき (2) 第 10 条に規定する資料の提出若しくは説明の求めに応じず又は虚偽の資料の 提出若しくは説明を行ったとき (3) その他本定款若しくは規則又は総会若しくは理事会の決議に違反したとき (4) 法及びその他の法令又はこれらの法令に基づく行政庁の処分に違反したとき

(4)

(5) その他本会の秩序又は信用を害したとき 2 除名を行う場合は、理事会の議決権の3分の2以上の多数決による。 (会員の名簿) 第 14 条 本会は、会員名簿を作成し、これを本会の事務所に据え置き、一般の閲覧に 供しなければならない。 2 会員は、前項に規定する会員名簿の記載事項に変更を生じたときは、遅滞なく、書 面をもって本会に通知しなければならない。 第4章 機 関 第1節 総 会 (開催) 第 15 条 総会は、定時総会及び臨時総会とする。 2 定時総会は、毎事業年度終了後、3月以内に開催する。 3 臨時総会は、次の各号の一に該当するときに開催する。 (1) 会長が必要と認めたとき (2) 理事会の決議があったとき (3) 第 23 条第6項第4号の規定により、監事が必要と認めたとき (4) 会員総数の3分の1以上から会議の目的を記載した書面により、開催の請求が あったとき (招集) 第 16 条 総会は、前条第3項第3号の規定によるときを除くほか、会長が招集する。 2 会長は、前条第3項第4号の規定による請求があったときは、その請求があった日 から 30 日以内にこれを招集しなければならない。 3 総会を招集するときは、開催する日の7日前までに、会議の日時、場所、目的及び 審議事項を記載した書面をもって通知しなければならない。ただし、会長がやむを得 ないと認めたときは、その期間を短縮することができる。 4 総会は、あらかじめ通知した議案以外の事項を決議することができない。 (付議事項) 第 17 条 総会においては、本定款に別の定めがあるもののほか、次の各号に掲げる事 項を決議する。 (1) 事業計画及び事業報告 (2) 収支予算及び決算 (3) 理事会において、総会に付議すべきことを決議した事項

(5)

(4) その他会長が特に必要と認めて付議した事項 (議事) 第 18 条 総会は、会員総数の過半数の出席がなければ開催することができない。 2 総会の議事は、本定款に別の定めがある場合を除くほか、出席した会員の議決権の 過半数をもって決し、可否同数のときは、議長が決する。 3 第 15 条第3項第4号の規定により開催された臨時総会における議事は、出席した 会員の議決権の3分の2以上の多数決による。 (議決権) 第 19 条 会員及び総会の議長は、各 1 個の議決権を有する。ただし、総会の決議につ いて特別の利害関係を有する場合は、議決権を有しない。 2 法人の会員にあっては、総会に出席し議決権を行使できる者は、第7条第2項に規 定する会員代表者又は代理者とする。 3 会員は、理事会が認めたときは、総会における議決権の行使を他の出席会員に書面 をもって委任することができる。 4 前項の場合における前条の規定の適用については、その会員は総会に出席したもの とみなす。 (議事録) 第 20 条 総会の議事については、議事録を作成しなければならない。 2 議事録には、議長及びその会議において出席した会員の中から選任された議事録署 名人2名以上が、署名押印しなければならない。 第2節 役 員 (役員の定数) 第 21 条 本会に、次の役員を置く。 理 事 20 名以内 うち会長 1名 監 事 3名以内 (役員の選任) 第 22 条 役員は、会員(法人の会員にあっては、会員代表者)又は会員以外の有識者 のうちから、総会において選任する。 2 会長は、理事の互選による。 3 会長は、理事会の同意を得て、理事のうちから副会長若干名を選任することができ る。 4 会長は、理事会の同意を得て、会員以外の理事のうちから専務理事及び常務理事又

(6)

はそのいずれかを選任することができる。 5 会長は、監事のうちから常任監事1名を選任することができる。 6 理事及び監事は、相互に兼ねることができない。 7 総会が招集されるまでの間において、補欠又は増員のため理事又は監事を緊急に選 任する必要があるときは、第1項の規定にかかわらず、理事会の決議を得て、これを 行うことができる。この場合、当該理事会開催後最初に開催する総会において承認を 得るものとする。 (役員の職務) 第 23 条 会長は、本会を代表し、本会の会務を総理し、総会及び理事会の議長となる。 2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるとき又は会長が欠けたときは、会長があ らかじめ定めた順序によりその職務を代理し又は代行する。 3 専務理事は、会長及び副会長を補佐し、本会の業務を掌理する。副会長に事故ある とき又は副会長が欠けたときは、その職務を代理し又は代行する。 4 常務理事は、専務理事を補佐し、本会の業務を処理する。専務理事に事故あるとき 又は専務理事が欠けたときは、その職務を代理し又は代行する。 5 理事は、理事会を組織し、本会の会務の執行に当たる。常務理事に事故あるとき又 は常務理事が欠けたときは、会長があらかじめ定めた順序によりその職務を代理し又 は代行する。 6 監事は、次に掲げる業務を行う。 (1) 財産の状況を監査すること (2) 理事の業務執行状況を監査すること (3) 財産の状況又は業務の執行について、不正の事実を発見したときは、これを総 会又は主務大臣に報告すること (4) 前号の報告をするため必要があるときは、理事会の開催を請求し、若しくは総 会を招集すること (5) 理事会に出席して意見を述べること (役員の任期) 第 24 条 役員の任期は、就任後第1 回目の定時総会終結のときまでとする。 2 役員は、再任されることができる。 3 補欠又は増員のため選任された役員の任期は、それぞれ前任者又は現任者の残任期 間とする。 4 役員は、その任期が満了した後においても、後任者が就任するまでは、なおその職 務を行わなければならない。 (役員の解任) 第 25 条 本会は、役員が次の各号の一に該当するときは、その役員に弁明の機会を与 えた上、総会の決議により、これを解任することができる。 (1) 心身の故障のため職務の執行に堪えないと認められるとき

(7)

(2) 職務上の義務違反その他役員としてふさわしくない行為があると認められる とき 2 解任を行う場合は、総会の議決権の3分の2以上の多数決による。 第3節 理事会 (開催) 第 26 条 理事会は、次の各号の一に該当するときに開催する。 (1) 会長が必要と認めたとき (2) 理事総数の3分の1以上から会議の目的を記載した書面により、開催の請求が あったとき (3) 第 23 条第6項第4号の規定により、監事から開催の請求があったとき (招集) 第 27 条 理事会は、会長が招集する。 2 会長は、前条第2号又は第3号の規定により請求があったときは、その請求があっ た日から 14 日以内にこれを招集しなければならない。 3 理事会を招集するときは、開催する日の7日前までに、会議の日時、場所、目的及 び審議事項を記載した書面をもって通知しなければならない。 (書面による理事会) 第 28 条 会長は、必要があると認めるときは、理事会の招集を行わず、書面により理 事の意見を求めることにより、理事会の決議に代えることができる。 (理事会の付議事項) 第 29 条 理事会は、本定款に別の定めがあるもののほか、次の事項を決議する。 (1) 総会に付議すべき議案 (2) 総会において理事会に委任された事項 (3) 規則の制定、変更及び廃止 (4) その他会長が必要と認めた事項 (総会の規定の準用) 第 30 条 理事会には、第 18 条第1項及び同条第2項、第 19 条第1項並びに第 20 条の 規定を準用する。この場合において、これらの規定中「総会」及び「会員」とあるの は、それぞれ「理事会」及び「理事」と読み替えるものとする。 第4節 顧問及び相談役 (顧問及び相談役)

(8)

第 31 条 本会に、顧問及び相談役を置くことができる。 2 顧問及び相談役は、会長が理事会の同意を得てこれを委嘱する。 第5節 委員会 (委員会) 第 32 条 本会は、理事会の決議により、委員会を置くことができる。 2 委員会の委員及び委員長は、会長が理事会の同意を得てこれを委嘱する。 3 委員会の組織及び運営に関し必要な事項は、理事会の決議を経て、会長が別に定め る。 第6節 事務局 (事務局) 第 33 条 本会の事務を処理するため、事務局を設ける。 2 事務局には、職員を置き、会長がこれを任免する。 3 事務局の組織及び運営に関する事項は、理事会の決議を経て、会長が別に定める。 第5章 会 計 (事業年度) 第 34 条 本会の事業年度は、4月から翌年3月までとする。 (事業計画及び収支予算等) 第 35 条 本会の事業計画及び収支予算は、毎事業年度開始前に会長がこれを作成し、 総会の決議を経て、主務大臣に届け出なければならない。これを変更する場合も同様 とする。 (暫定的な予算) 第 36 条 前条の規定にかかわらず、やむを得ない事由により予算が成立しないときは、 会長は、理事会の決議を経て、予算成立の日まで前年度の予算に準じ、収入支出する ことができる。 2 前項の収入支出は、新たに成立した予算の収入支出とみなす。 (事業報告及び決算) 第 37 条 本会の事業報告及び決算は、毎事業年度終了後2月以内に会長がこれを作成 し、貸借対照表、正味財産増減計算書及び財産目録を付して、監事の監査を経た上で、 総会の承認を受け、その事業年度終了後3月以内に主務大臣に報告しなければならな

(9)

い。 (長期借入金) 第 38 条 本会が資金の借入れをしようとするときは、その事業年度の収入をもって償 還する短期借入金を除き、理事会において3分の2以上の議決を経、かつ、主務官庁 の承認を得なければならない。 (基金) 第 39 条 本会は、その業務を円滑にするため、基金を設けることができる。 (資産管理・運用) 第 40 条 本会の資産は、理事会の決議により会長がこれを管理、運用する。 第6章 定款の変更 (定款の変更) 第 41 条 本定款は、総会において会員総数の4分の3以上が出席し、出席した会員の 議決権の4分の3以上の議決を経、かつ、主務官庁の認可を受けなければ変更するこ とができない。 第7章 解 散 (解散) 第 42 条 本会は、総会において会員総数の議決権の4分の3以上の議決により解散す ることができる。 (残余財産処分) 第 43 条 本会が解散した場合における残余財産は、総会の決議を経、かつ、主務官庁 の許可を得て本会と類似の目的をもつ他の団体に寄附するものとする。 第8章 雑 則 (細則) 第 44 条 本定款に定めるもののほか、本会の運営に関し必要な事項は、理事会の決議 を経て、会長が別に定める。 附 則

(10)

1. 本定款は、主務官庁の設立許可があった日から施行する。 2. 本会の設立初年度の事業年度は、第 38 条の規定にかかわらず、設立許可のあっ た日から昭和 63 年3月 31 日までとする。 3. 本会の設立初年度の事業計画及び収支予算は、第 39 条の規定にかかわらず、創 立総会の定めるところによる。 4. 本会の設立当初の役員の任期は、第 24 条第1項の規定にかかわらず昭和 63 年3 月 31 日までとする。ただし、会員以外の有識者から選任された役員は、昭和 64 年 3月 31 日までとする。 5. 本会の設立当初の役員は、第 22 条中第1項から第5項までの規定にかかわらず 次に掲げる者とする。 会 長 米 里 恕 理 事 金 成 喜四郎 同 岸 本 庄 平 同 鹿 野 昭 三 同 重 田 福 雄 同 鈴 木 康 之 同 德 野 幸 三 同 仲 秋 太三郎 同 中 台 清 治 同 長 嶺 公 理 同 樋 口 穰 二 同 弘 松 昌 義 同 藤 崎 安 義 同 吉 田 虎 禅 同 吉 田 孝 監事(常任監事) 丸 谷 定 弘 監 事 荻 原 達 郎 同 久 米 馨 附 則(平成 10 年 6 月 24 日) この定款の改正は、主務官庁の認可があった日(平成 10 年 11 月 13 日)から施行す る。 附 則(平成 16 年 6 月 17 日) この定款の改正は、主務官庁の認可のあった日(平成 16 年6月 30 日)から施行する。 (注)

(11)

改正事項は、次のとおりである。 (1)第9条を改正(第4項を削除) (2)第 19 条、第 22 条、第 24 条、第 36 条、第 41 条を改正。 附 則(平成 19 年 9 月 19 日) この定款の改正は、主務官庁の認可のあった日(平成 19 年 9 月 30 日)から施行する。 (注) 改正事項は、次のとおりである。 (1)第4章第4節、第 31 条から第 34 条を削除 (2)第3条、第4条、第5条、第6条、第8条、第9条、第 10 条、第 12 条、第 13 条、第 19 条、第 29 条、第 37 条を改正 附 則(平成 20 年 6 月 19 日) この定款の改正は、主務官庁の認可のあった日(平成 20 年 7 月 1 日)から施行する。 (注) 改正事項は、次のとおりである。 (1)第5条、第6条を改正。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :