桜島忠信落書きについて

全文

(1)九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository. 桜島忠信落書きについて 後藤, 昭雄. https://doi.org/10.15017/12245 出版情報:語文研究. 23, pp.31-41, 1967-02-28. 九州大学国語国文学会 バージョン: 権利関係:.

(2) 桜 島 忠 信 落書 に ついて. 序 平 安 朝 漢 文 学 の集 大 成 で あ る ﹁本 朝 文 粋 ﹂ の 中 にあ って ︑ 巻 十 二 は ︑ 侍 宴 応 制 の 綺 麗 な 文 字 に よ っ て綴 ら れ た 他 の 巻 々 と は 異 り ︑ 事 物 に 即 し て 平 明 に 直 叙 し よ う と す る 新 し い散 文 精 神 に 満ち た作 品を 収 め てい ると いう点 に お いて︑注 目 す べき巻 であ る ︒・種 々 の文 体 の 作 品 を 収 め る が ︑ 中 に落 書 二 篇 = 桜 島 忠 信 落 の 桜 島 忠 信 落 書 に つい て は ︑ 従 来 ︑作 者 の 桜 島 忠 信 に 関 し て も ︑. 書 ︑秋 夜書 懐 呈諸 文友 兼南 隣 源処 士ー があ る ︒ この 二篇 のうち 伝 記 は も と よ り ︑ い つ の時 代 に 生 き た のか す ら も 不 明 の 人 物 と さ れ ︑ 従 って ︑ 作 品 内 容 の 解 釈 に 当 っ ても ︑ 作 者 の生 き た 時 代 こ の 小 論 で は ︑ 今 ま で ︑ 注 意 さ れ る こと の な か った 桜 島忠 信. と い う 外 的 要 因 に 制 約 さ れ る 必 要 は な か った ︒ に 関 す る わ つ か の 資 料 を 手 が か り と し て︑ そ の 経 歴 を 明 ら か に し ︑ 落 書 の 製 作 時 期 に つい て ︑ 考 察 を 加 え て み た い︒. 落 書 の本 文を 示 せば次 の如 く であ る ︒ 桜島 忠 信落 書 依此落書辞任大隈守云々 今 春 詔勅 多哀 楽 今 春 の詔 勅哀 楽 多し. 後. 半 尽開眉 半 叩頭 官爵 専非功 課 賞 公私 寄致贈 労求 除︑ 書 久待貢 書 致 直物 遅期献 物 収 右大 閤賢 帰衆 望 左丞 相俵損 皇猷 初逢 魚水 恩波 濁 共見 駿河感 涙 流 不動 和風 桜猫 冷 被箔 暖露 橘先抽 内臣貧 欲世 間歎 外吏 沈冷 天下愁 招集 金銀千 万 両 沽 亡 山海十 二州. 藤. 昭. 雄. 半 は尽 く眉 を開 き半 は頭を 叩 く 官爵 専 ら功 課 の賞 に非 ず 公 私寄 せ て賄労 の求を 致す 除 書 の久 し きは貢 書 の致 るを待 ち 直 物 の遅 き は献 物 の収 ま るを期 す 右 大 閤は賢 にし て衆望 帰し 左 丞相 は儀 にし 試を損 す 初 め魚 水逢 ひ て 共 に 駿河を見 て感涙 流 る 和 風 に動 かず し て桜独 り冷 え 暖 露 に露 さ れ て橘 先ず 抽 んず 内 臣食欲 にし て世 間歎 き 外 吏沈 冷し て天下 愁 ふ 金銀 千万 両を 招び 集 へ 山 海十 二州を沽 り 亡 ふ. 作 者 自 ら が 目 に し た 官 吏 社 会 の 腐 敗 し た 売 官 の実態 を ︑鋭 い 課. 猷﹂ の 二 ︒右 大 閤 L ﹁左 丞 相 ﹂ は ︑ そ れ ぞ れ 誰 を さ し ︑ ま た ︑ こ. 刺 の筆 で 描 い た 作 で あ る ︒ま ず ︑﹁ 右 大 閤 賢 帰 衆 望 ︑左 丞 相 桜 損 皇. の 落 書 は ︑い つ の時 代 を 背 景 と し て生 み 出 さ れ た も ので あ ろう か. 一31一.

(3) は 康 保 か ら 安 和 に か け て ︑ 外 記 の職 にあ った 人 物 で あ る こ と が. (九 六 五 ) 1 ・30. 小外詳. 民 部小 録 権小 外 記. 播磨 介小 橡. (九 六 六 ) 1 ・卿. (九 六 二 ) 1. 康 保 二年. (九 六 七 ) 10 ・認. 応 和 二年. 知 ら れ る︒な お︑ 以上 の記 事を 年表 式 に整 理し ておく ︒. 三年. 史 実 に 照 ら し て ︑ ﹁賢 に し て衆 望 帰 す ﹂ 右 大 閤 と ︑ ﹁俵 に し て. る と 考 え な け れ ば な ら な い ︒と こ ろ が ︑こ の 昌 泰 四 年 ( 九 〇 一) と. た の は ︑ 道 真 が 太 宰 権 帥 に 左 遷 さ れ た 昌 泰 四 年 前 後 の こと で あ. 右 大 閤道 真 ︑ 左 丞 相 時 平 と い う 解 釈 に 従 う と ︑ 落 書 が 書 か れ. 小外記. 小外 記. 十月甘 日任. 正月廿 七 日任. よ い と 思 わ れ る が ︑一応 譲 歩 し て 二 十 歳 の時 に 書 いた と し ても ︑. 応 和 二 年 に は 八 十 二 歳 ︑ 豊 後 権 介 に 遷 った 安 和 元 年 に は 八 十 八. こ れ ま で の 右 大 閤 道 真 ︑ 左 丞 相 時 平 と す る 説 に 従 って考 え る. 歳 と な る ︒こ の よ う な こ と は ︑ま ず あ り 得 な い と 考 え て よか ろ 狛︒. に 改 め て検 討 を 加 え て み る 必 要 が あ る ︒. と ︑ こ のよ う な 不 合 理 が 生 じ てく る ︒ そ こ で ︑ これ ま で の 解 釈. 前 節 で ︑ 右 大 閤 を 道 真 ︑ 左 丞 相 を 時 平 と す る こと の 不 合 理 で. 一32一. 従来 ︑右大 閤 は菅原 道真 ︑左 丞相 は藤 原時 平 を さすと ︑断 定 は さけ ながら も考 えら れ て い麺︒ま た ︑作者 の桜島忠 信 に つい. び ﹁ リニ中 歴 ﹂ に よ って 学 生 で あ った こと ︑ 以 上 三 点 以 外 に つい. 四年. 3. ては未 詳と され て い翻︒ 以上 の資料 か らは ︑忠 信 の生 没は 無論. て も ︑ こ の落 書 に よ って大 隈 守 に 秤 任 さ れ た こ と ( 本 朝 文 粋 注 )︑ ﹁ う 拾 遺 集 ﹂ 等 に 見 え る 忠 信 大 隈 守 在 任 中 の白 頭 翁 と の逸 話 ︑ 及. の こと ︑ 生 き た 時 代 を 知 る こ と も 不 可 能 で あ る ︒ 従 って ︑ 右 大. (九 六 八 ) 10 ・27. 皇 猷を 損す る﹂ 左丞 相と し て︑道 真︑ 時平 を これ にあ てて考 え. 忠 信 の名 が 記 録 に 見 え る 最 も 早 い応 和 二 年 (九 六 二 ) と の 間 に. 大 外記 叙 外従 五位 下 遷 豊 後権介 安 和元 年. る に 何 の 疑 問 を も さ し は さ ま れ な か った の で あ る ︒ 何 ら の 時 代. は ︑六十 二 年 の 差 がある ︒落 書 を 書 い た 時 ︑忠 信 が 何 歳 で あ った か. 2 ・8 1 11 一. 閤︑ 左 丞 相 が 誰 を さ す か と い う こ と を 考 え る に 際 し て も ︑ 作 者. 的 制 限 を も 考 慮 す る こと な く ︑ 落 書 そ のも の の み で 解 釈 し よ う. は ︑推 測 す る よ り 他 な い が ︑ま ず 二十 歳 以 前 と は 考 え ら れ な い︒. の 生 存 時 期 を 考 慮 に 入 れ る こ と な く ︑ ﹁本 朝 文 粋 ﹂ 成 立 以 前 の. と す れ ば ︑前 述 の 条 件 を 満 足 さ せ る 人 物 と し て ︑道 真 ︑ 時 平 を 考. 忠 信 自 ら が ︑そ の 目 で 堕 落 し た 官 吏 社 会 を 注 視 し ︑批 判 し 得 る 年. え る こ と は 極 め て当 然 の こと で あ ろ う ︒. (巻 十 ). 桜 島 忠 信 正月辮 日任元民部小 録応和 二年 正. 康 保 三年. 令 に 達 し て い た の で あ り ︑ ま た 身 の 不 遇 を 嘆 い て い る 落 書 の文. しか し︑ 記録 を 見 て行くと ︑ これま で見 落 さ れ ていた忠 信 に. 字 か ら も ︑ こ れ を 書 い た 時 の年 令 は ︑ も っと ひき 下 げ て考 え て. 権小 外記. 小 外記 桜 島忠信. 正 六 位 上 行 大 外 記 桜 島 宿 弥 忠 信 (巻 四 ). 関 す る記事 を見 出 す ことがで き る︒ それ は︑次 の如 くであ る︒ 女 類聚 符宣 抄 ﹂ 安 和 元 年 十 月 十 一日. 康保 二年. 康 保 四年 十 月 二 十 二 日 ﹁外 記 補 任 ﹂. 康 保 四年. 大 外 記 外 従 五 位 下 +日 甘 七 日叙士 一 月+八日遷豊後権介. 月 播万介小橡 三月 民部小 録進士. 安 和元 年. 以 上 の ﹁類 聚 符 宣 抄 ﹂ ﹁ う 外 記 補 任 ﹂ の記 事 に よ って ︑ 桜 島 忠 信. 二.

(4) あ る ことを 述 べた ︒で は︑該 当す る左 右大 臣 とし て︑誰を 考 え. 貞 信 公 よ り は 御 兄 に 当 ら せ 給 へど ︑ 二 十 年 ま で 大 臣 に な り. とあ る︒忠 平 の兄であ り なが ら︑ そ の昇進 がは るか に後 れ て い. 後 れ 給 へり し を. 実 と矛 盾しな い解釈 を得 られ るであ ろ うか ︒今 ︑可 能性 のあ る. る こ と は ︑ や は り 人 格 才 能 に お い て 一段 劣 る と こ ろが あ った か. れ ば ︑ 作 者 忠 信 が ︑ 応 和 ︑ 安 和 期 に記 録 に 名 を 現 わ す と い う 史. 場 合 を あ げ ︑ 検 討 し て み た い ︒ そ こで ︑ 大 隈 守桜島 の忠信 L とあ る こと から ︑ 一. ら で あ ろ う ︒ ま た ︑ 右 大 臣 の位 四 年 に し て莞 じ たが ︑ ﹁本 朝 世. 四番 の歌 の 詞 書 に. に 参 画 し な か った と い う ︒ 二人 と も に ︑. 彼 候 人才能 心操 形容 毒 叶周定玖 奉 公 歎. ( 順. と 記 さ れ て い る ︒ 大 臣 と な って も ︑ 病 気 の た め ︑ ほ と ん ど 政 治. 大 臣 久 有 所 労 不從 朝 政 一( 天 慶 八 年 九 月 五 日条 ). 紀﹂には. ① 年 代 を ︑ 時 平 死 去 の 延 喜 九 年 (九 〇 九 )か ら ︑ 一 う 拾 遺集 ﹂ 五六 拾 遺 集 ﹂ 成 立 の 下 限 で あ る 寛 弘 四 駒 (一0 0 七 ) ま で に 限 り ② 左右 大臣 が並 立 し ( 右 大 閤を 前 右 大 臣 と す る ﹁註 釈 ﹂ の解 釈 に 従 え ば ︑ 左 大 臣 の み の場 合 も 考 え ら れ る ︒ ) と い う 条 件 を 満 足 さ せ る場 合 を 考 え て み る と ︑ 次 の 五 つ の場 合. ③ 左 右大 臣 の上 首た る摂 政︑ 関白 ︑ 太政 大臣 が な い︒. 大納言源昇 の卿 の御 女の腹 の顕忠 の大臣 のみぞ右 大臣までなり給 へる. ④ の顕忠 に ついては︑ 一 う 大鏡﹂時平 伝に ﹁ただ この君 だちの御中 には. ( 一古 事 談 」 巻 六 ) を も つ左 大 臣 忠 平. と い う 人 相 見 の言 に よ って ︑ 宇 多 天 皇 か ら ︑ そ の第 一女 王. 延長二 ( 九 二四 )〜 承平 二 ( 九三二). その位に て六年 おはせしかど︑少しおぼす所 やありけむ︑出で歩き給. 子 )を 賜 った と いう 逸 話. 承平二 ( 九 三 二 ) 〜 承 平 六 (九 三 六 ). ふにも家 の内 にても ︑大 臣の作法を振舞 ひ給 はず ︒ ( 中略 )かくも て. を あげ 得 る︒. 天暦三 ( 九 四 九 ) 〜 天 徳 四 (九 五 九 ). なし給ひしけ にや︑この大臣 のみぞ御族の中 に⊥ ハ十余まで おはせし︒﹂. 程 の 政 治 家 とし て の 手 腕 を も 示 し た か と い う と ︑ こ れ を 具 体 的. に 加 う る に ︑ そ の 一年 の 短 い 右 大 臣 在 任 期 間 中 に ︑ 衆 望 を 得 る. を 示 す ︒ し か し ︑ 第 二流 の 教 養 人 ︑ 文 化 人 で は あ った が ︑ これ. 血 統 にお い て は 実 頼 を し の ぎ ︑ 有 職 故 実 ︑ 管 弦 の 道 に博 学 宏 才. ⑤ 顕 忠 の後 ︑ 右 大 臣 と な った 源 高 明 は ︑ 賜 姓 源 氏 と い う 家 格. な か った ︒. 一の 人 と な った 左 大 臣 実 頼 に拮 抗 す る 程 の 人 で は ︑ 到 底 あ り 得. 踏地 し て 世 を 送 る 人 で あ った ︒ 時 に ︑ 師 輔 な き 後 ︑ 名 実 と も に. を し の ぐ 人 物 で あ った と は 考 え ら れ な い︒. 右 大臣 藤 原 定方 藤 原仲 平. 天徳 四 ( 九 五 九 ) 〜 康 保 二 (九 六 五 ). と あ る︒ 顕 忠 は 時 平 の 子 で ︑ 道 真 の 霊 のた た り を 恐 れ て ︑ 賜 天. 在 位年 代. 藤 原師 輔 藤 原顕 忠 源 高明. 康 保 三 (九 ⊥ ハ六 ) 〜 康 保 四 (九 六 七 ). 左 大臣 ① 藤 原忠 平 ② 藤 原忠 平 ③ 藤 原 実頼 ④ 藤 原実 頼 ⑤ 藤 原実 頼. ① ② の場 合 は ︑ 年 代 的 に考 え て 可 能 性 が 少 な い が ︑一応 ︑考 察 の 対 象 に加 え ︑ 右 の そ れ ぞ れ の場 合 に つ い て ︑ 以 下 で は =右 大 閤賢帰 衆望 ︑ 左 丞相接 損皇 猷 ﹂ と いう落 書 の文 字か ら の観 点 に た って ︑ 検 討 を 加 え て行 こう ︒ ① の右大 臣定 方 は ︑ 一 女二中 歴 ﹂ 一能 歴 に 管 弦 人 と し て 見 え ︑ ﹁大 和 物 語 ﹂ に 三 条 右 大 臣 と し て ︑ 彼 を あ ぐ る いく つか の 歌 語 りが 載 せら れ て いる くら い. て ︑ 政 治 家 と し て の能 力 人 柄 を 語 る ② の仲 平 は ︑ = , 大 鏡 ﹂仲 平 伝 に. 資 料 に乏 し い︒. 一33一.

(5) た ︒師 輔莞去 の条 には ︑. 東宮 の御後見も 四︑五宮 の御事も ︑唯 この大臣を頼もしき もの に思召. に示 す記 事を 見出 せな い のであ る︒. したる に︑ いか にいか にと︑お ほや けよりも御修法など 行はせ給ふ︒. いとめでたき御幸福 に世 の人も申し思 へり︒天徳四年 五月 二日出家せ. ③ の残 さ れ た 実 頼 ︑ 師 輔 の場 合 を 検 討 し た い︒ 実 頼 ︑ 師 輔 は. 時 に は 父 忠 平 が 関 白 太 政 大 臣 と し て 政 治 の実 権 を 握 り ︑ 二 人 が. させ給 ひて四日にうせ給 ふ︒御年 五十 三︒只今かくしも在 します べき. 忠 平 の子 で ︑ と も に 天 慶 十 年 ︑左 大 臣 ︑右 大 臣 に任 ぜ ら れ た が ︑. 廟 堂 の 筆 頭 の地 位 に あ った の は ︑ 忠 信 が 莞 じ た 天 暦 三 年 よ り 師. 程 にもあら ぬに︑口惜 しう心憂く惜 み申 さぬ人なし︒世を知 り給はん. にも いとめで たき御 心もち ひをと返す 返す惑 はせ給ふ︒. 輔 が 没 す る 天 徳 四 年 の 間 で あ った ︒ 実 頼 ︑ 師 輔 の 人 と な り を ︑. と あ っ て ︑ 村 上 天 皇 も 師 輔 を 東 宮 ︑ 諸 親 王 の後 見 役 と し て 頼 み. ﹂ に描 かれ たと ころから窺 う と ︑. 左 右 の大 臣 達 も い と 又 め で た く頼 し き 御 有 様 な り (月 の 宴. ﹁栄 花 物 語. にし てお られ︑ そ の死 は天皇 を はじ め︑ 人 々から 深く惜 し ま れ. た と 言 う ︒ ﹁賢 にし て衆 望 帰 す ﹂ と い ふ に ふ さ わ し い右 大 臣 で. 以下同). り 官 位 に お い て も 上 で あ った が ︑ 人 格 ︑ 才 能 と も 一段 劣 って い. と 二 人 に対 し て 一応 の 讃 辞 を 送 る が ︑ この殿ばら の御心ども︑同じ御 はらからな れど ︑さまざま こころここ ( 実頼) う にぞ おはしけ る︒小野宮 の大臣 は歌を いみじ く詠ませ給 ふ︒すき ず ( 師輔V きしきも のから奥深く煩しき御 心にぞおはし ける︒九条の大距 はおい. ころ か ら は ︑ 容 易 に 本 心 を 見 せ ぬ 陰 性 的 性 格 の持 主 で あ った こ. た ︒ ﹁奥 深 く 煩 し き 御 心 に ぞ お は し け る﹂ と 述 べ ら れ て い る と. 難 す るが如 き 積極的 な否 定 の文字 は見 えな い︒そ れで は︑ この. と が 想 像 さ れ る ︒ し か し ︑ 落 書 に ﹁桜 にし て皇 猷 を 損 す ﹂ と 批. 次 に 実 頼 は と 言 え ば ︑ こ れ ま で に述 べ た 如 く ︑ 師 輔 の兄 で あ. らか に知 る知 らぬわかず心広く などし て︑月頃 ありて参 りた る人をも. あ った と 言 え よ う ︒. ただ今あり つるやう にけにく くも 持てなさせ給 はずなどし て︑いと心 安げ におぼし 掟 てため れば︑大 とのの人 々多く は此 九条殿 にそ集りけ. よ う な 左 丞 相 に 対 す る 批 難 の 生 ま れ る 要 因 は な か った ので あ ろ. る︒ と 述 べる よう に︑ 師輔 は実 頼 に此 べて人柄 も秀 れ︑ 父忠 平 以来. う か ︒ そ れ は ︑ 師 輔 と 実 頼 ‑ 九 条 流 と 小 野 宮 流 の対 立 に 求 め ら. す な わ ち ︑ 一の人 で あ る 実 頼 も 恥 じ 入 る 程 の 九 条 殿 の有 様 で あ. これ に 対 し ︑ 安 子 は 天 暦 四 年 ︑ 憲 平 親 王 (後 の 冷 泉 天 皇 )︑ を生. 輔 は 安 子 を 女 御 と し て 入 内 さ せ た が ︑述 子 は 天 暦 元 年 死 去 し た ︒. 外 戚 と な っ て政 権 の 座 に つく こと を 計 った ︒ 実 頼 は 述 子 を ︑ 師. き る 人 で あ る︒ 当 然 の こと と し て 娘 を 天 皇 のも と へ入 内 さ ぜ ︑. 実 頼 ︑ 師 輔 は 兄 弟 で あ る と は い って も ︑ 摂 関 政 治 の流 れ に 生. れ るよう . てあ る ︒. の 家 臣 の衆 望 を も 得 て いた ︒ ま た 世 の中 の こと を 実 頼 の 左 大 臣 仕 う ま つり 給 ふ ︒ 九 条 殿 二 の 人 に お は す れ ど ︑ な お 九 条 殿 を 一く る し き 二 に 人 思 ひ 聞 え. る と ︑ 人 々 も 思 った と あ り ︑ 政 治 的 実 力 に お い ても 左 大 臣 実 頼. させ ため る. を し の ぐ 程 の 人 物 で あ る こと は ︑ 世 人 の周 く 知 る と こ ろ で あ っ. 『. 一.

(6) み ︑ 自 ら は 天 徳 二年 中 宮 と な った ︒ 後 宮 に お け る 勢 力 争 い に お い ても ︑ 実 頼 は 敗 北 者 で あ った ︒ ま た ︑賜 姓源 氏ー 源高 明と婚 姻 関係 を結 ぶ こと によ って︑自. を 抑 え る と と も に ︑ 高 明 と 姻 戚 関 係 に よ って 深 い結 び つき を も ︑ ⑧ つ師 輔 リ 九 条 流 に対 す る 対 立 意 識 が あ った か ら で あ る と さ れ る ︒. そ し て ︑ 実 頼 の お も わ く 通 り 守 平 親 王 が 東 宮 の位 に つき ︑ 東 宮. 大 夫 に 師 氏 ︑ 東 宮 傅 に は 師 サ が 任 ぜ ら れ る ︒ これ に つい て ︑ ﹁ リ. と 述 べら れ て い る ︒ 師 輔 の 兄 弟 のみ ー こ れ は ︑ と り も な お さ ず. 皆九条 殿の御 はらから の殿ばら におはすかし︒ただし九条 殿の君達は. 栄 花 物語 ﹂ には. 実 頼 に と って も 兄 弟 で あ る ︒ ー 昇 進 し ︑ 師 輔 の子 供 達 は 地 位 を. さら に︑ 二人 は朝 廷 にお ける儀式 作法 に つい て︑ それ ぞれ︑. 家 の 勢 力 発 展 を 計 ろ う と す る 政 策 に お い ても ︑ 実 頼 ︑ 師 輔 は 対 ⑥ 立関 係 にあ った︒. こ れ ら 両 者 の葛 藤 が い か に 激 烈 な も の で あ った か ︑ そ れ を 最. 小野 宮流 ︑ 九条流 の祖で あ るが︑ かか る有職 故 実 に関 し ても対 ⑦ 立 意 識 が あ った と 考 え ら れ る ︒. 得 ら れ な か った と い う ︒ こ れ も ま た ︑ 実 頼 が 師 輔 に 対 抗 し て自 分 達 一族 ︑ ⑨ の進 出 を 望 ん で な し た こと で あ った ︒. まだ御位 ども浅ければ︑ えなり給 はぬなる べし︒. も如 実 に物 語 る のは︑実頼 の子実資 が ︑ そ の日記 ﹁ , 小 右記 ㌧ に 記す 次 の如 き話 柄で あ る︒. いた 実 頼 が ︑ そ の 師 轄 な き 後 ︑ 主 と し て 東 宮 雍 立 を め ぐ っ て九. 以 上 ︑ 見 て き た よ う な ︑ あ ら ゆ る 面 に お い て師 輔 と 対 立 し て. 条流 に対 し て示し た如 き策 謀家 的側 面 に︑師 輔を [ , 賢 に し て衆. の修 法を. 行ひし に︑猛霊忽ち 出で来り て. ムはく ︑我 は是れ九条丞相 の霊 なり︒. 右大将済時卿女. 存 生 の時︑ 或 は仏事 に寄 せ︑ 或は外術 に付 けて︑懇切 に子孫繁 昌の思ひ. よ うに考 えら れ る︒. 望 帰 す 」右 大 閤 と 見 る者 か ら は ︑ 批 難 さ れ る べき 要 因 が あ った. 観 修僧都来り て云 はく︑近曽東宮更衣. を致し︑ その願 ひ成熟す︒就中小野宮大相 国の子族 滅亡す べき の願ひ. 年代 的 にも矛 盾を きた す こと はな い︒. 頼 が 画 策 を め ぐ ら す 康 保 四 年 は ︑そ の小 外 記 に あ った 時 で あ る ︒. よ り 二年 前 で あ り ︑ 村 上 天 皇 の 崩 去 前 後 ︑ 東 宮 問 題 に お い て実. 師 輔 が 莞 じ た 天 徳 四 年 は ︑ 忠 信 が 播 磨 介 小 橡 と な る 応 和 二年. 彼 の時極め て深し ︒( 中略 )小野宮相国 の子孫 の産時 には︑吾 必ず其 の 所 に向 ひて此 の事 を妨げん︒. 今此 の事を 聞き て往占 の事を覚 ゆ︒骨肉とう 云ふと錐も ︑用心有 る可き. 実資 は ︑ これ を聞 い て. か︒ ( 正暦 四年 閏十月十 四日条 ) と の感 慨 を も ら し て い る ︒ こ の よ う な 対 立 の中 に ︑ 師 輔 は 天 徳 四 年 五 月 に莞 ず る が ︑ 間. を 考 え る に際 し て 看 過 し が た い も の で あ る︒ 長 編 で は あ る が ︑. 書 と あ ま り 隔 た ら ぬ時 代 を 描 い た も の と 考 え ら れ ︑ 忠 信 の 落 書. ﹁本 朝 文 粋 ﹂ に 収 め る 二 篇 の 落 書 の う ち ︑ 他 の 一篇 も 忠 信 落. この東宮 問 題 にお いて︑実 頼 は為平 親王 を しり ぞけ て守 平親 王. も な く ︑村 上 天 皇 の病 気 に と も な って 東 宮 問 題 が お こ って く る ︒. の 雍 立 を 計 る が ︑ そ れ は 為 平 親 王 の 舅で あ る 源 高 明 の 勢 力 拡 大. 一35一. 三.

(7) 書 き 下 し 文 に よ って 本 文 を 示 し ︑ 以 下 ︑ こ れ に つい て考 え てみ. 儒家 と し ての昇進 の道 は︑菅 江 二家を はじ めと す る限ら れた. 東西交易甚 だ忽 々た り. ( 北堂 )の内情 を 暴露 し た. 数 家 の み に 独 占 さ れ ︑ こ れ 以 外 の氏 か ら の対 策 出 身 は ︑ ほ と ん. ど 不 可 能 で あ った 学 制 衰 退 期 の大 学. 太上天皇葬礼 の中. れ 姓 の 一字 と す る 四 人 の 人 物 を 指 す の で あ ろ う と 推 測 さ れ る の. 桜 笠 ﹂ の 語 で あ る ︒ こ れ は 一読 し て ︑ 菅 ・蔵 ・桜 ・笠 を そ れ ぞ. た い︒. 見説北堂商頁 隆 んなりと. 両家職を沽 り て悦窮 り無 し. で あ る が ︑ ﹁本 朝 文 粋 註 釈 ﹂ 所 引 の 弘 安 本 傍 注 に ︑ ﹁菅 蔵 ﹂ ﹁ =. 藤原衆海 貧居老生. 文章博士儒宣下 る. 橘 は椀林 をし て旧風を損はしむ. 桜 笠 ﹂ に ついて︑. 秋夜書 懐呈諸文友兼 南隣源処 士. 一院挙哀未だ尽きざ るに. 去年補 する者 は半 は田翁. 貢 物来る時唇更 に咲 ひ. 私を顧 みて行操宣忠 を思はん や. 組抱を厭 卸し て戸を閉 じ て籠 る. 訴言到 る処耳初め て聾 ふ. 人 職 に 補 せ ら れ た が ︑ これ は 一に ︑ 大 和 ︑ 陸 奥 の財 力 を 背 景 と. と あ る ︒ 菅 原 善 隣 ︑ 大 蔵 弼 邦 は 大 学 寮 に入 る こ と な く し て︑ 文. 時相兼︑而六年不昧 擬 生訥 全. 彊. 桜島忠信 ︑渤堂 筆. 菅原善隣 ︑大 蔵弼邦︑共不参堂 葱. ‑. さ て ︑ こ こで 問 題 と し た い の は ︑ 右 の篇 中 に 見 え る ﹁菅 蔵 ︑. 三は泪 水をし て恩沢を忘 れしめ. 内は心情 を接 へて契自 ら通ず. 注 目 す べき 篇 で あ る ︒. 外は向背を論じ て詞怨む と錐も. 今 日議す る人 は墨客 に非 ず. 潤屋を招留し て簾 を塞仏 げ て出で. 下 に在 るは猶金穴 の空しき に因 る. 霧を開き て昔 は暁桂に墓じん こと. 数十 年前涙紅を拭 ふ. く. 霜を戴き て今は秋 蓬に類す るを嘆. を 指 す と 考 え て よ い で あ ろ う ︒ 今 ︑ 弘安 本 傍 注 に 従 っ て考 え を. こ の落 書 に いう ﹁桜 ﹂ と は ︑ 弘 安 本 傍 注 の 説 く 如 く ︑ 桜 島 忠 信. 也 ︑彼此 非諺 所耽 也︑只依鷹. を期し. 三 年 か ら 安 和 三 年 に亘 っ て外 記 の 職 にあ った 人 で あ り ︑ 笠 忠 信. 進 め て 行 く と ︑ 大 蔵 弼 邦 は ﹁外 記 補 任 ﹂ に そ の名 が 見 え ︑ 康 保. 一. 恥を棄 てて形容常 に理を失ふ. 祇看 る後 輩富み て功 を成すを. て そ の 任 に あ る こ と 四年 の 間 に ︑ 二度 ま で も 任 ぜ ら る べ き 官 職. す る た め で あ り ︑ こ れ に 対 し ︑ 桜 島 忠 信 が ︑ 大 学 寮 の堂 監 と し. ・ 疋皆大和陸奥之力也. 高き に登 るは只是 れ銅 山動き. 其 れいかん朝臣造作 の 工. を 失 ひ︑笠 忠信 が ︑六年 も の間 ︑文 人職と 尚復 とを兼 任 し てい. 公. 信ぜず宣尼貧 にし て道を 楽しむを. 塵耳牙併せ走 りて雌雄を決 す. な が ら ︑ な お 擬 文 章 生 に 補 せ ら れ る こ と の な い の は ︑ す べ て頼. 変. 宛如たり宿弥裁縫 の女. 桜笠 長く居り て命終 る べし. る べき 権 威 を も た ぬ こ と に よ る と の意 で あ ろ う ︒ ( 一 リ 非 有所 化. 三千人裏頭雪 を杭り. 早晩此 身公 に奉ぜ んと欲す. 声 は寒 し札 々た る床を綾 る虫. 桜 島 忠 信 は ︑ 大 学 寮 (北 堂 ) の 学 生 の経 歴 を も つ こと か ら ︑. 色は冷し蒼 々たる瑚に盈 つる月. 也. 鷲 眼群り飛び て母子を分ち. 我 は古弊 の瓦と相 同じ. ︑又笠忠 信文人尚礁. 菅蔵住せずし て名先 づ改 まり. 唯庶 ふ饒かな ること石崇より多か. 茂. 人は新研 の珠 と異ならず. 也 ﹂ の意未 詳 ). 四箇年︑両度職鴬. 還 て葱づ困み原憲 に倍 せる ことを. らん ことを. 悲哉柳市老 いて贋 無く. 一36一.

(8) は 一 女 西 宮 記 ﹂ ﹁(大 日 本 史 料 ﹂ 所 引 )応 和 二年 二 月 五 日 の条 に ︑. し ︑ 忠 信 の 経 歴 を た ど る こ と に よ っ て︑ 落 書 執 筆 の 時 期 を よ. こ と の で き る も の で あ る︒ これ ら 四 つ の 事 実 の前 後 関 係 を 考 察. ﹁外 記 補 任 ﹂ ). ④ 康 保 ︑ 安 和 年 間 に 外 記 職 に あ った こ と ( ﹁類 聚 符 宣 抄 ﹂. せ ると ︑ いつれ も応 和 から安 和 に至 る時期 に︑記 録 の上 に名 を ⑪ 現 わ す と い う 点 にお い て ︑ 共 通 し た も の を も つ︒ 従 っ て ︑ 藤 原. 以 上 が ︑ 忠 信 に つ い て確 実 な 資 料 に 基 い て 事 実 と し て認 あ る. 衆 海落書 に描か れ た︑ 門閥売 官 の横 行す る大 学寮 におけ る家 門. よ って ︑ 忠 信 は 記 録 に そ の 名 を 現 わ す ま で に ︑ ど の よ う な 経 歴. り 一層 明 確 に す る こと が で き る か も 知 れ な い ︒ そ こで ③ ︑ ④ に. そ の名 が見 え る︒以 上 の 二人 の経歴 と忠 信 の それと を考 え合 わ. に頼 る氏 族 と ︑ そ の 陰 に儒 家 と し て の 官 途 を 閉 ざ さ れ た 氏 族 の. を た ど って き た か を 考 え て み た い︒. 例 と し て の 菅 蔵 ︑ 桜 笠 の 四氏 は ︑ す で に 官 僚 と な っ て 記 録 に そ の 名 を 現 わ す 応 和 ︑ 安 和 期 を 遡 る あ る 時 期 の姿 で あ った と 考 え ら れ る︒. も の. てあ った ︒ 従 っ て ︑ 忠 信 が 外 記 の 職 にあ った こ と は ︑ こ れ. と 述 べら れ てい る︒多 くは文 筆 に巧 みで 儒門 を 経たも のがな る. ﹁. 衆 海 が 自 分 の 身 近 に見 る こ と の で き た 例 で あ った か ら で あ る ︒. だ け でも ︑忠信 が文章 道 出 身者で あ る ことを 推測 さ せる が︑ 事. 外 記 の職 掌 は ﹁令 義解 ﹂職 員 令 に 掌勘 詔奏及 読坤 公文勘 署文案 検 ︑ 出稽 失上. 桜 笠 二氏 の例 の如 き は︑ 同じ よう な境 遇 にあ る作者 が ︑落書 執. ま た ︑作 者 藤 原 衆 海 が こ れ ら を 例 と し てあ げ る の は ︑これ が ︑. 筆 に際 し て ︑ 常 日 頃 か ら 共 感 を 寄 せ て い た 人 々 を ︑ 不 遇 な る 者. 実 ﹁ =二 中 歴 ﹂ 第 十 三 名 人 歴 学 生 字 に ︑. る︒ すなわ ち ︑忠信 は大 学寮 におけ 転. と あ る こと に よ って ︑ 大 学 寮 に学 ん だ 経 験 を 持 つ こと が 知 ら れ. 権 小 外 記 桜 島 忠 信 正月珊 日任 ( 中略 )進士 (進 士 は 文 章 生 の 唐 名 ). と 見 え ︑ ま た 前 述 の 如 く ︑ ﹁外 記 補 住 ﹂ 康 保 二 年 条 に ︑. 桜島 忠 信 桜藝. の例 と し て書 き 記 し た と 考 え る の が 最 も 自 然 で あ ろ う ︒ 藤 原 衆 海と ︑桜島 ︑ 笠氏 と の間 には ︑境 遇を 同じ くす るも のとし ての 深 い交わ りを さ え考 えた くな る のであ る︒. 同 時 代 に 大 学 寮 に あ った 人 で あ る と 考 え ら れ る ︒ ま た ︑ 二 篇 の. 以 上 の よ う に考 え て く る と ︑ 藤 原 衆 海 と 桜 島 忠 信 と は ︑ ほ ぼ. 落 書 に よ って 描 か れ た 官 吏 社 会 ︑ 大 学 寮 の 様 相 は ︑ 比 較 的 接 近. った ︒. (寮 試 )← 擬 文 章 生 ←. (省 試 )← 文 章 生 と い う コー スで あ る ︒. 大 学 寮 へ の入 学 か ら 文 章 生 に至 る 経 路 は ︑ (入 学 )← 学 生 ←. か 桜 藝と いう学生 で あ. し た 時 代 のも の で あ る と し て よ か ろ う ︒. 四. さ ら に 文 章 得 業 生 に 補 さ れ 対 策 出 身 す る のは ︑ 少 数 の 専 門 儒 家. (﹁本 朝 文 粋 ﹂ ). ① 落 書 を 書 い た こと. う 部 分は ⑫文 章 生 止 り で ︑ 文 章 生 の 年 労 に よ っ て任 官 す る の が 例 で あ った ︒ 専 門 儒 家 の家 柄 で な い 忠 信 は ︑. の た ど る 道 であ り ︑ 大 (﹁二 中 歴 ﹂ ). ② 大 隈 守 に任 ぜ ら れ た こ と ( ﹁拾 遺 集 ﹂ 詞 書 等 ) ③ 学 生 で あ った こと. 37.

(9) の 道 を た ど ら ざ る を 得 な か った ︒ な お ︑ 前 節 に お い て 見 た 藤 原. る必 要が あ る︒ この時 代︑売 官 が盛 ん に行わ れ ていた こと は︑. 落 書 に 堕 落 し た 売 官 の実 態 が 描 か れ て い る こと が 思 いお こさ れ. (﹁本朝 文粋 ﹂巻 三 )に ﹁;曜 莞 信 宙ぜ の条 嚇あ る こと によ. 当 然 の ことと し て︑大学 寮 に入学 し ても文章 生 年 労 によ る任官. って 明 ら か で あ る ︒ 忠 信 が 権 小 外 記 と な る の は ︑ 文 時 の 意 見 封. 天 暦 十 一年 十 二 月 二 十 七 日 に ︑菅 原 文 時 が 奉 った ﹁封 事 三 箇 条 ﹂. を ま つこの時 の姿 . てあ る と 思 わ れ る ︒ そ こ に は ︑ う桜 笠 長 居 命. 衆 海 落 書 に 描 か れ た 忠 信 の姿 は ︑ 年 労 を 重 ね な が ら 任 官 の 機 会. 可 終 ﹂︑ すなわ ち ︑桜笠 は学 生と し て北堂 に う 女 長 く居 ﹂り なが. 事か ら七 年 の後で あ るが ︑ この間︑売 官賦 労 の弊 はさら に つの ⑭ っ( いた と 考 え ら れ る ︒. 大隈 国郡 司読 和歌 語 大隈 守事. 今昔 物語 巻 二十 四 ・55 古本 説話 集 必. 可庶 幾才能 事. 歌よ み て罪を ゆ るさる る事 宇治 拾遺 物 語11 十訓 抄第 十. こ の逸 話 は ︑ 和 歌 説 話 と し て次 第 に成 長 し な が ら ︑ 後 の 説 話 ⑮ 集 に 採 録 さ れ て い った ︒ 今 ︑題 の み を あ げ る と 次 の如 く で あ る ︒. この歌 により て許 され侍 りにける. 老果てて雪 の山をば載 けど霜と見るにぞ身は ひえ にける︒. をめしかんが へむと し侍 りける時 ︑翁のよみ侍り ける. 大 隈守桜島の忠信が 国に侍 りける時︑郡 の司かしら白き翁 の侍 りける. る ︒ 最 も 原 の 形 は ︑ ﹁拾 遺 集 ﹂ 雑 下 に見 え る ︒. 桜 島 忠 信 の 大 隈 守 在 任 中 に お け る ︑ 白 頭 翁 を め ぐ る逸 話 が あ. 五. ら ︑ 一向 に 官 途 は 開 け ず ︑ こ のま ま 一生 を 終 る の で は な か ろ う か と 述 べ ら れ て い る ︒ これ に よ っ て ︑ 忠 信 は 普 通 の 文 章 生 以 上 に年労 を重 ね て いた ことが窺 わ れ る そ の 文 章 生 か ら 任 官 す る 道 と し て は ︑ 春 の除 目 の時 の文 章 生 外 国 と ︑ 秋 の除 目 に お け る 当 職 文 章 生 の 二 つが あ り ︑ 文 章 生 外 国 は 春 の除 目 に ︑ 文 章 生 の上 繭 か ら 三 人 を 諸 国 操 に任 ず る こ と . て︑ そ の任 ぜ ら れ る 国 は 北 陸 道 と 定 め ら れ ︑ も し こ れ ら に 欠 国 ⑬ が な い 時 は ︑ 山 陰 道 ︑ 西 海 道 に任 じ た ︒ ﹁外 記 補 任 ﹂ 康 保 二 年 の 条 に ﹁応 和 二 年 正 月 播 磨 介 小 橡 ﹂ と 注 記 す る の は ︑ 忠 信 が 応 和 二 年 の春 の除 目 に ︑文 章 生 外 国 に よ って 播 磨 介 小 橡 (た だ し ︑ 播磨 は 山陽 道 ) に任ぜら れ た ことを 示し て いる︒ そ の後 は︑ ﹁ , 外 記 補 任 ﹂ に よ って 明 ら か な よ う に ︑ 民 部 小 録 を 経 て ︑ 権 小 外 記 ︑小 外記 ︑大 外 記と外 記職 を 進ん で いる︒. 一. 前 には︑ 一 女 令義 解 ﹂ に規定 さ れ ている外 記 の職掌 を述 べた が︑ ﹁職 原 抄 ﹂ に よ れ ば ︑ 二. 外記恒例臨時 公事除 目叙位等事奉 行之官 也︑尤為重職. こ れ に よ って ︑ 桜 島 忠 信 が 大 隈 守 と な り ︑ 任 国 に 下 向 赴 任 し. 俊 秘抄. た こ と は ︑ 事 実 と 考 え な け れ ば な ら な い︒ そ れ で は ︑ 忠 信 が 大. と あ る︒す なわ ち ︑除 目︑叙 位等 を 奉 行す る官で あ る︒ 官吏 任. 隈 守 と な った の は い つで あ ろ う か ︒ ﹁本 朝 文 粋 ﹂ に は ﹁ 依 此落. 免 の 実 情 を 知 る に は ︑ 正 に恰 好 の 立 場 で あ り ︑ そ こ で裏 工 作 が. に し な け れ ば な ら な いも ので あ った に 違 いな い ︒ こ こ で ︑ 忠 信. 行 われ ると す れば ︑そ れは好 む と好 まざ ると に かか わ らず ︑目. =38一.

(10) る者 の と る ︑ す な わ ち 成 業 者 の典 型 的 な コ ー スで あ っ て ︑ そ の. れ る と いう コー スを た ど って い る ︒ これ は 文 章 生 を 経 て 任 官 す. な り 文 章 生 外 国 に よ って 播 磨 介 小 橡 と な っ て 後 ︑ 京 官 に任 ぜ ら. と こ ろ で ︑ 前 に 述 べた 如 く ︑ 忠 信 は 大 学 寮 に 学 び ︑ 文 章 生 と. 売 官 を 調 刺 し た の で ︑ 大 隈 守 に 任 ぜ ら れ た と い う こと に な る ︒. 書 舞 任 大 隈 守 云 々 ﹂ と 注 記 す る ︒ これ に よ れ ば ︑ 落 忙日に よ って. こ と と 考 え ら れ る ︒ 豊 後 権 介 へ遷 る安 和 元 年 (九 六 八 ) と の 間. 臣 か ら 太 政 大 臣 へ転 る 康 保 四 年. い︒ と こ ろ が ︑ 前 に 述 べた と こ ろ か ら ︑ 落 書 執 筆 は 実 頼 が 左 大. 介 に 遷 った 安 和 元 年 よ り 何 年 か 後 の こと と 考 え な け れ ば な ら な. に 任 命 さ れ た も の と 思 わ れ る ︒ 従 って ︑ 大 隈 守 辞 任 は ︑ 豊 後 権. 道 で あ る豊 後 の権 介 と な り ︑ 次 い で 正 規 の 国司 ‑ 或 は 大 隈 守 1. る べ き で あ った が ︑ 欠 国 が な か った た あ ︑ 宿 官 国 司 と し て西 海. 録を 見 て行く と︑ 安和 元年 十 二月十 八 日︑外 記か ら豊 後 権介 へ. で あ る ︒ と す れ ば ︑ こ れ 以 後 と 考 え な け れ ば な ら な い ︒ 合了︑ 記. 二 年 以 前 に ︑ 大 隈 守 に 任 ぜ ら れ た と いう こと は 考 え ら れ な い の. は ︑ ど のよ う に解 す れ ば よ い の . てあ ろ う か ︒ 臆 測 に 過 ぎ な い の. 実 と 相 違 す る こ と に な る︒そ れ . ては ﹁ 女 依批 落書拝 任 大隈 守云 々﹂. 大 隈 守 拝 任 の 直 接 の原 因 の 如 く 記 す ﹁本 朝 文 粋 ﹂ の 注 記 は ︑ 事. に さ え ︑ 丁 度 一年 の 間 隙 が あ る ので あ る ︒ 従 って ︑ 落 書 執 筆 を. ( 九 六七 )十 二月十 三日以 前 の. 間 に断 絶 は あ り 得 な い︒ つま り ︑ 忠 信 が 記 録 に 名 を 現 わ す 応 和. 遷 って い る ︒ し か し ︑ こ れ を 直 ち に 落 書 と 結 び つけ て考 え る こ. で あ る が ︑ 私 は次 の よ う に 考 え る ︒. 説 話 集 にと ら れ て い る こ と か ら 考 え ら れ る よ う に ︑ 歌 よ り も 作. 拾 遺 集 ﹂ に 載 せ ら れ 人 々 に知 ら れ た が ︑ そ こ に は ︑ 後 に 多 く の. 忠 信 が 大 隈 守 に あ った 時 ︑ 彼 の前 で 白 頭 翁 が 詠 ん だ 歌 は ︑ 一 ,. と は で き な い ︒ ﹁本 朝 文 粋 ﹂ の 注 記 に よ れ ば ︑ 大 隈 守 に 任 ぜ ら れ た ので あ っ て ︑ 豊 後 権 介 で は な い か ら で あ る ︒ こ の豊 後 権 介. 歌 事 情 の方 に ︑ す な わ ち 説 話 と し て 人 々 の 興 味 を ひ き つけ る 要. 舞 任 は ︑ 宿 官 で あ った と 考 ら れ る︒ 宿 官 と は. ち宿官巡任 の制で ある︒即ち国司 に任ぜら れる べき者が︑恰も 闘国な. 専 らそ の官歴 によ って之 を国司に巡次任命す るに至 ったも のがす なわ. は ︑ 大 隈 守 と し て の 忠 信 が 強 く 印 象 づ け ら れ て い た ︒ 一方 ︑ 忠. 信 が 落 書 を 書 い た こ と ︑ そ の 後 同 じ 西 海 道 の 国 で あ る 豊 後 の権. 素 を 濃 く 含 ん で いた ︒ つま り ︑ こ の 白 頭 翁 の 歌 に よ っ て人 々 に. 介 に 任 ぜ ら れ た こと は 事 実 で あ る ︒ こ こ に ︑ す な わ ち 落 書 の作. き場合之を正規 の国司に任命し得 るまで便宜 諸国 の権守︑或 は介 に任. 国司とし て之 を任じ︑ 閾国ある に従 って之 を正規 の国司 に巡任 する方. じ︑適当な 闘国の生ずるまで之を その地位 に在らしめ︑すなわち宿 官. 法であ る︒而 し てそ の宿官 には定 むる所によ って︑ ( 中略 )外 記 .史. 豊 後 権 介 に 任 ぜ ら れ た 忠 信 と い う 三 つ の要 素 が 重 な り 合 っ て ︑. て︑ [ , 本 朝 文 粋 ﹂ 成 立 時 ま で に書 き 加 え ら れ た も の で あ ろ う ︒. ﹁ う 依 此 落 書 拝 任 大 隈 守 云 々 ﹂ の注 記 が 生 ま れ ︑ 後 人 の 手 に よ っ. 者 と し ての忠信 ︑大 隈守 とし ての忠信 ︑さ らに ︑同じ 西海 道 の. ・検非違使 の叙爵したも のを諸国介 に任じ︑而も外記 .史 は多 く西海 ︒︒︒︒︒ ⑯ 道諸 国の介 に︑ 検非違 使は東国諸国 の介 に任ぜ られる べき定めであ った ( 傍点筆 者). った 忠 信 は ︑ 安 和 元 年 ︑ 外 従 五 位 下 に叙 せ ら れ ︑ 国 司 に任 ぜ ら. 忠 信 の経 歴 は ︑ こ の コー ス に 一致 す る ︒ す な わ ち ︑ 大 外 記 で あ. 一39一.

(11) 結び 以 上 ︑, 述 べ て き た と こ ろ に よ っ て︑ 桜 島 忠 信 が ﹁外 記 補 任 ﹂ ﹁類 聚 符 宣 抄 ﹂ に名 を 現 わ す 応 和 ︑ 安 和 期 に至 る ま で の 経 歴 を な お 不 十 分 な が ら も ︑ た ど る こと が で き た ︒ そ し て ︑ そ れ ら を 考 慮 す れ ば ︑ 落 書 に い う 右 大 閤︑左 丞 相 は ︑そ れ ぞ れ 藤 原 師 輔 ︑. 今井 源衛 ﹁ う 桜島忠 信の落書﹂ (= ︑ 国 語 展望 ﹂ 三 号 ). 註 ① 柿 村 重 松 ﹁本 朝 文 粋 註 釈 ﹂. 小 島 憲 之 ﹁日本 古 典 文 学 大 系 ・本 朝 文 粋 ﹂. ﹁古 典 大 系 ﹂ 巻 末 詩 人 小 伝. ② う , 註 釈L付録詩人小 伝. ③ ﹁外記 補 任 ﹂ に は ︑小 外 記 と あ る が ︑ ﹁類 聚符 宣 抄 ﹂ を も 考 え て ︑ 大 外 記 の 誤 り で あ ろ う ︒.. 少 なくなる︒. ⑤ 三好 英 二 ﹁校 本 拾 遺 抄 と そ の 研 究 ﹂. (﹁日本 歴 史 ﹂ 一. ④ こ の点 に 関 し ては ︑後 に 経 歴 を考 察 す る こと に よ って 可 能 性 は よ り. ⑥山中裕 一 , 栄 花 物 語 ・大 鏡 に 現 わ れ た る 安 和 の変 し. そ れ で は ︑ 落 書 執 筆 の時 期 は ︑ ど こ に お けば よ い ので あ ろ う. 藤 原実頼 を さす と考 え な ければ な ら ぬと いう結 論 を 得た ︒. か ︒ そ れ は ︑ 忠 信 が 外 記 の 職 に あ った 康 保 年 間 と す る の が 最 も. 六 八 号 ) ﹁栄 花 物 語 月 宴 巻 に つい て ﹂ ( ﹁国 語 と 国 文 学 ﹂昭 和 三 十. 可 能性 が強 いよ うに思 わ れ る︒ さら に︑忠 信 が小 外 記か ら大 外 記 に な る 康 保 四 年 は ︑ 左 大 臣 実 頼 が ︑ 源 高 明 と こ れ と 結 び つき. 八年十月号 ﹂ ). の烈 し い批 難 の 例 を ︑ 前 掲 の ﹁栄 花 物 語 ・大 鏡 に 現 わ れ た る 安 和 の. ⑦ 山 中 氏 は ︑ 師 輔 の 日記 ﹁九 暦 ﹂ に 見 え る 実 頼 に対 す る 作 法 に関 し て. ︑. あ る師 輔九 条流 の勢力 を抑 え る べく︑ 画策 をめ ぐ らす 年で も あ る ︒ た だ ︑ 忠 信 は 康 保 二年 ︑ 権 小 外 記 に 任 ぜ ら れ てか ら ︑ 年 を. ⑧⑥ に同じ. 変 ﹂ の中 て ︑あ げ てお ら れ る︒. 追 ( ︑て 小 外 記 ︑ 大 外 記 と 昇 進 し て お り ︑ こ れ は 落 書 に 身 の 不 遇. こ の落 書 の真 意 が 自 ら の 不 遇 を 嘆 く こ と よ り ︑ 官 吏 社 会 に お け. れ も 厚 遇 を 得 た 橘 某 と の対 比 に お い て の 不 遇 で あ り ︑何 よ り も ︑. 大蔵弼邦 ﹂ 一 , 桜 島 忠 信 笠 忠 信 ﹂ の注 記 が あ る こと を 指 摘 さ れ た ︒. ⑨ 山中 裕 栄 花 物 語月 宴 巻 に つ い て﹂ (マこ ⑭ 大 曽 根章 介 氏 は︑ 内 閣 文 庫 蔵 林 羅 山 手 沢 本 ﹁本 朝 文 粋 ﹂ に︑ ﹁普 隣. を 嘆 く 文 字 の あ る こと と 抵 触 す る か と も 思 わ れ る ︒ し か し ︑ そ. る 売 官 を 認 る こ と に あ る こと を 思 え ば 納 得 で き る の で あ る ︒ そ. 月号 ). ﹁本 朝 文 粋 と 近 世 初 期 の漢 学 者 ﹂ ・国 語 と 国 文 学 昭 和 三 十 九 年 十 二. (. し て ︑ こ の よ う に 考 え る こと に よ って ︑ 一層 ︑ 売 官 の 実 態 を 他 の誰 よ り も 身 近 に 目 に し な け れ ば な ら な か った 外 記 時 代 が ︑ 落. 孫 に当 る 人物 で あ る が ︑ 越 前 小 橡 と な った こ と を 記 す の み で ︑ 生 没. ⑪ 菅 原 善 隣 は ,尊 卑 分 脈 ﹂ ﹁菅 氏 系 図 ﹂ に よ る と ︑ 兼 茂 の 子 ︑ 道 真 の. 書 執 筆 の 時 期 と し て 可 能 性 を 強 く し て く る ので あ る ︒ 従 って ︑ 落 書 執 筆 の時 期 は ︑ 上 限 は忠 信 が 権 小 外 記 と な った. を 男 ら か にし 得 な い ︒他 の 記 録 に も ︑ そ の 名 を 見 出 し 得 て いな いが ︑. ( 九 六 五 ) 一月 ︑ 下 限 は実 頼 が 左 大 臣 か ら 太 政 大 臣 へ. 康 保 二年. 転 る 康 保 四 年 (九 六 七 ) 二月 と 考 え る ︒. 一40一.

(12) 耕 兄弟 に当 る 文 時 ︑ 雅 規 が 天 元 年 間 (九 七 八 ) 〜 (九 八 三 ) に没 し て い る こと か ら ︑ 善 隣 も ︑ 応 和 か ら安 和 に 至 る時 期 は ︑ そ の生 涯 の 一時 期 で あ る と 考 え てよ か ろう ︒ ⑫ ⑬ 桃 裕 行 [,上 代 学 制 の 研 究 L. 竹 内 理 三 ﹁成 功 .栄 爵 考 ﹂ ( ﹁律 令 制 と 貴 族 政 権 11 ﹂ 所 収 ). ⑭ 吉 村 茂 樹 ﹁国 司 制 度 崩 壊 に 関 す る研 究 ﹂ 第 三章 売 官 及 び 成 功 の 制 ︑. トう ム者 有 ケ リ ﹂ ( 今 蒔 物 語 ) ﹁大 隈 守 な る 人 ﹂. ( 宇 治拾遺物語 ). ⑮ 桜 島 忠 信 と 名 を 記 す のは ︑ 拾 遺 集 と 十 訓 抄 の み で ︑他 は ﹁大 隈 守 口 ロ. 大 す み のか み の ﹂ (古 本 説 話 集 ) と だ け 記 す が ︑ 同 内 容 の 話 で あ る. こと か ら ︑ 大 隈 守 と は桜 島 忠 信 を 指 す と 考 え て よ い︒ ⑯ 占 村 氏 前 掲 書 三 五九 ペ ージ. ( 福 岡 女 子 大 学 ) 12 ︑ 国 語 国. 研 究 論 集 (別 府 大 学 ) ︑野 田 文 学 8 ︑万 葉 60 ・61 ︑ 一橋 論 叢 7 ‑. 11 ︑ 語 文 (大 阪 大 学 ) 26 ︑ 香 椎 潟. ( 古 文 書古 記 録学 会 )1 ︑文. 昭 和 41 年 7 月 〜 12 月 (そ の 一). 文 学 (弘 前 大 学 ) 1 ︑ 史 料 と 研 究. ▼受 贈 雑 誌. 国 語 と 国 文 学 7 〜 12 月 ︑国 語 国 文 7 ‑ 9 ・11 ・12う 月 ︑ 国文 学解 釈. 芸 と 批 評 2 巻 1 ︑ 論 究 日本 文 学 (立 命 館 大 学 ) 認 ︑ 文 学 論 藻. ( 広 島 大 学 ) 10 ︑ 日 本 女 子. (. と鑑 賞 7 〜 12 月 ︑ 11 月 臨 ︑ 国 文 学 解 釈 と 教 材 の研 究 7 〜 12 月 ︑. 東 洋 大 学 ) 鈎 ︑ 中 央 大 学 国 文 10 ︑ 山 口大 学 会 誌 1 ︑ 国 文 学 研 究. (早 稲 田 大 学 ) お ・鈎 ︑ 近 世 文 芸 稿. 10 月 臨 ︑ 文 学 7 〜 12 月 ︑ 国 学 院 雑 誌 6 ・8 月 ︑ 学 苑 7 〜 11 月 ︑. 大 学 紀 要 15 ︑ 相 模 女 子 大 学 紀 要 24 ︑ 神 奈 川 大 学 人 文 研 究 鈎 ︑ 日. 文 献 ジ ャ ー ナ ル7 ‑ 11 月 ︑ 八 雲 7 ・8 月 ︑白 路 7 〜 9 ・11 月 ︑日 米 フ ォ ー ラ ム 7 ・8 ・10 ・11 ︑ 肇 国 7 〜 11 月 ︑ 解 釈 7 〜 11 月 ︑. (大 阪 市 立 大 学 ) 7 ・8 う. (国 学 院 大 学 )19 〜 22 ︑. 9 ︑ 都 立 大 学 方 言 学 会 会 報 14 ︑ 文 学 研 究 (九 州 大 学 文 学 部 )63 ︑. ( 東 京女 子 大学 )即︑ 人文 研究. 本文 学. ( 関 西 学 院 大 学 人 文 学 会 ) 15 ︑ 日 本 文 学. 成 城 文 芸 43 ・廻 ︑ 名 古 屋 大 学 国 語 国 文 学 18 ︑ 学 習 院 大 学 国 語 国 文 学会 誌 9︑ 人文 論究. 人 文 科 学 (同 志 社 大 学 ) 1 ︑ 国 文 学 敬. 20 ︑. (六 三 頁 に つづ く ). 編 集 部 ) 6 ︑ 東 北 大 学 文 学 部 研 究 年 報 16 ︑ コ ロ ニ ア文 学 1 ︑. (言 語 と 文 学. ( 広 島 大学 方 言研 究会 )9 ︑ 訓点 語. (広 島 大 学 ) 41 ︑ 樟 蔭 国. 文 学 4 ︑ 駒 沢 国 文 5 ︑ 和 洋 国 文 研 究 4 ︑上 代 文 学 研 究 会 会 報 (東. 文 学 論 輯 (九 州 大 学 教 養 部 ) 13 ︑国 語 研 究. 究 会 ) 2 ︑文 芸 研 究 ( 明 治大 学文 学部 ) 15 ・16 ︑愛 媛 大 学 紀 要 11 ︑. ( 法 政大 学 日本 近代 文学 研. 岐 阜 大 学 研 究 報 告 14 ︑ 国 語 国 文 学 研 究 紀 要 (富 山 県 立 富 山 中 部. 洋 大 学 ) 16 ︑ 方 言 研 究 年 報. (立 教 大 学 ) 16 ・17 ︑ 近 代 文 学 研 究. 高 校 ) 6 ︑ 九 州 文 化 史 研 究 所 紀 要 11 ︑ 静 岡 女 子 短 期 大 学 国 語 国. と 訓点 資料 詔 ︑ ( 京 都 女子. 文 論 集 2 ︑ 徳 島 大 学 学 芸 紀 要 15 ︑ 人 文 学 研 究 所 報 (神 奈 川 大 学 ) 2 ︑ 国 語 研 究 (山 形 大 学 教 育 学 部 ) 17 ︑ 女 子 大 国 文 大 ) 41 ・42 ︑ 朝 鮮 学 術 通 報 2 ・3 ︑ 実 践 文 学 認 ︑. 一41一.

(13)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP