橡アンケート(要約) PDF

14 

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

2002-10-16

SOHO 支援策ニーズ アンケート調査結果

(要約)

(2)

1.調査の概要

(1)目的 在宅就業者(SOHO)の福利厚生、能力開発に関する現状とニーズを把握し、Web サイト等での関連情報の提供および SOHO 仲介機関1を通じた支援のあり方を探る。 (2)調査方法 インターネット上のホームページにアンケート調査票を掲出し、SOHO 仲介機関デ ィレクトリを訪問した SOHO が直接、当該ホームページ上で回答する方法により実施 した。 ①「在宅就業を支援する仲介機関ディレクトリ『SOHO テレワーキング』」上 (http://www.soho-t.org)にアンケートサイトを開設した。 ②アンケートへの協力依頼を「在宅就業ポータルサイト協議会」委員と委員の関係 するSOHO仲介機関、SOHO関連メーリングリスト・メールマガジン・メールニュー ス等へのリリース配信を通じて呼びかけた。 (3)有効回答数 回答総数は 513 件。 (4)主な調査項目 スキルの維持・向上、アピール方法やキャリア開発方法 今後どのように働いていきたいか キャリア開発上の仲介機関への期待 福利厚生サービスのニーズ 福利厚生サービスに関する仲介機関への期待 Webサイト上で入手したい情報の種類 など 1 SOHO仲介機関とは、有償・無償を問わず、次の形態によりSOHOと仕事とを結び付ける機能を担う事業者と定義した。 ①SOHO仲介機関が情報の提供のみを行う形態 ②SOHO仲介機関が発注元とSOHOの間に入り、仕事に関する契約の成立に向けた関与を行う形態 ③SOHO仲介機関が契約当事者として発注元から仕事を受け、SOHOに仕事を発注する形態

(3)

会社員 11.7% 派遣 社員 5.3% パート・アルバイト 15.8% SOHO以外の 自営業 5.7% 主婦 41.7% 学生 1.0% なし(SOHO専業) 15.8% その他 3.1%

2.回答者のプロフィール

(1)性別・年齢層 回答者の男女比は「男性」20.9%に対し、「女性」79.1%となっており、女性がほぼ 8 割となっている。 年齢層は 30 代前半が 32.9%と最も多く、30 代後半が 25.7%と次いでおり 30 代が 全体の 6 割近くを占める。 F3 年齢層(SA, n=513) 20 歳未満 2 0.4% 20 25 歳未満 18 3.5% 25 30 歳未満 88 17.2% 30 35 歳未満 169 32.9% 35 40 歳未満 132 25.7% 40 45 歳未満 62 12.1% 45 50 歳未満 22 4.3% 50 55 歳未満 14 2.7% 55 60 歳未満 3 0.6% 60 歳以上 3 0.6% 合計 513 100.0% (2)SOHO の以外のしごと SOHO 以外で何をしているか聞いたところ、「主婦」が 41.7%と最も多く、ついで「パ ート・アルバイト」「なし(SOHO 専業)」がともに 15.8%、「会社員」が 11.7%と続い ている。 F5SOHO 以外のしごと(SA, n=513) 後の分析のために、SOHO以外に何をしているかで4つのタイプに分類すると、次のと おりとなる。 F5SOHO以外の仕事のタイプ分類 兼業(会社員) 会社員 11.7% 11.7% その他の兼業 派遣社員 パート・アルバイト SOHO 以外の自営業 その他 5.3% 15.8% 5.7% 3.1% 29.8% 主婦など 主婦 学生 41.7% 1.0% 42.7% 専業 なし(SOHO 専業) 15.8% 15.8%

(4)

(3)SOHO 業務内容 SOHO としての主たる業務をみると、最も多かったのは「データ入力・テープ起こし・ 文書作成」が 46.6%、次いで「Web(ホームページ)企画・開発・制作」が 9.4% と なっている。ほかには「システム・ソフトウェア開発・制作」「著述・翻訳」「編集・ 出版」が 5%台になっている。 F6SOHO 業務(メイン)(SA, n=513) 5.3% 3.3% 1.9% 5.5% 0.2% 46.6% 0.8% 9.4% 5.7% 1.9% 3.5% 2.1% 0.4% 0.6% 1.0% 0.6% 0.6% 1.9% 0.0% 0.2% 0.6% 0.0% 0.4% 7.6% 0% 5% 10% 15% 20% 25% 30% 35% 40% 45% 50% 編集・出版 DTP・印刷 イラスト制作 著述・翻訳 写真 データ入力・テープ起こし・文書作成 CG・音楽・ゲーム・ビデオ制作 Web(ホームページ)企画・開発・制作 システム・ソフトウェア開発・制作 ネットワーク構築全般 各種調査・集計 コンサルティング 商品・事業企画 広告・広告企画 都市・建築の設計・デザイン 機械・機器の設計・デザイン 販売・流通関連サービス 教育関連サービス 福祉関連サービス 法律・特許関連サービス 総務・経理関連サービス 人材派遣関連サービス 通訳・ナレーション等専門サービス その他

(5)

10時間未満 49.3% 10 20時間未満 15.6% 20 30時間 未満, 11.1% 30 40時間 未満, 10.7% 40 50時間未満 5.8% 50時間 以上 7.4% F5SOHO以外のしごと と F8週当たり就業時間 のクロス表 36 23 1 60 60.0% 38.3% 1.7% 100.0% 87 53 13 153 56.9% 34.6% 8.5% 100.0% 119 89 11 219 54.3% 40.6% 5.0% 100.0% 11 27 43 81 13.6% 33.3% 53.1% 100.0% 253 192 68 513 49.3% 37.4% 13.3% 100.0% 度数 F5SOHO以外のしごと の % 度数 F5SOHO以外のしごと の % 度数 F5SOHO以外のしごと の % 度数 F5SOHO以外のしごと の % 度数 F5SOHO以外のしごと の % 兼業(会社員) その他の兼業 主婦など 専業 F5SO HO以 外のし ごと 合計 10時間未満 40時間未満 40時間以上 F8週当たり就業時間 合計 (4)SOHO の就業時間 SOHO として週に何時間働いているか聞いたところ、「10 時間未満」が 49.3%と最も 多く、次いで「10∼20 時間未満」が 15.6%となっている。 また、「50 時間以上」は 7.4%、「40∼50 時間未満」は 5.8%となっており、これら を合わせると、40 時間以上就業している者は全体の 1 割強となっている。 F8 週あたり就業時間(SA, n=513) 後の分析のために、週当たり就業時間を以下のように集約する。 F5週当たり就業時間の分類 10 時間未満 49.3% 49.3% 40 時間未満 10 時間以上 20 時間未満 20 時間以上 30 時間未満 30 時間以上 40 時間未満 15.6% 11.1% 10.7% 37.4% 40 時間以上 40 時間以上 50 時間未満 50 時間以上 5.8% 7.4% 13.2% 週当たり就業時間を SOHO 以外のしごと別にみると、「兼業(会社員)」「その他の兼 業」「主婦など」では 10 時間未満の割合が 50-60%台と高くなっている。 「兼業(会社員)」では、次いで 40 時間未満が 38.3%となっており、40 時間以上就 業する者はほとんどいない。「主婦など」では、次いで 40 時間未満が 40.6%、40 時間 以上が 5.0%、「その他の兼業」でも 40 時間未満が 34.6%、40 時間以上が 8.5%とな っており、長時間にわたり就業をする者がやや多くなる。 「専業」では 40 時間以上が 53.1%と最も多く、次いで 40 時間未満が 33.3%、10 時間未満が 13.6%となっている。

(6)

150万円未満 80.5% 150 300 万円未満 7.6% 300 500 万円未満 5.3% 500 1000 万円 未満 3.7% 1000 万円以上 2.9% (5)SOHO による年商 SOHO の仕事による年商を聞いたところ、「150 万円未満」が 80.5% と最も多く、次 いで「150∼300 万円未満」が 7.6%となっている。 F11SOHO による年商(SA, n=513) 後の分析のために、SOHOによる年商の項目を以下のように集約する。 F5SOHOによる年商の分類 150 万円未満 80.5% 80.5% 500 万円未満 150 万円以上 300 万円未満 300 万円以上 500 万円未満 7.6% 5.3% 12.9% 500 万円以上 500 万円以上 1000 万円未満 1000 万円以上 3.7% 2.9% 6.6% SOHO 以外のしごとでみると、兼業(会社員)、その他の兼業、主婦などでは 150 万円 未満層が 8-9 割を占めている。専業では 500 万円未満層が 39.5%と最も多くなってお り、次いで 150 万円未満層が 37.0%、500 万円以上層が 23.5%となっている。 週当たり就業時間でみると、10 時間未満では 150 万円未満層が 98.0%、40 時間未 満でも 150 万円未満層が 77.6%を占め、最も多くなっている。40 時間未満では次いで 500 万円未満層が 18.2%を占めている。40 時間以上では、500 万円未満層および 500 万円以上層が共に 38.2%を占め、次いで 150 万円未満層が 23.5%となっている。 F5SOHO 以外のしごと、F8 週当たり就業時間と F11SOHO による年商のクロス表 F11SOHOによる年商 合計 150 万円 未満 500 万円 未満 500 万円 以上 兼業(会社員) 度数 52 7 1 60 F5SOHO以外のしごと の % 86.7% 11.7% 1.7% 100.0% F5SOH O以外 のしごと その他の兼業 度数 127 16 10 153 F5SOHO以外のしごと の % 83.0% 10.5% 6.5% 100.0% 主婦など 度数 204 11 4 219 F5SOHO以外のしごと の % 93.2% 5.0% 1.8% 100.0% 専業 度数 30 32 19 81 F5SOHO以外のしごと の % 37.0% 39.5% 23.5% 100.0% 10 時間未満 度数 248 5 253 F8 週当たり就業時間 の % 98.0% 2.0% 100.0% F8 週当 たり就 業時間 40 時間未満 度数 149 35 8 192 F8 週当たり就業時間 の % 77.6% 18.2% 4.2% 100.0% 40 時間以上 度数 16 26 26 68 F8 週当たり就業時間 の % 23.5% 38.2% 38.2% 100.0% 合計 度数 413 66 34 513 80.5% 12.9% 6.6% 100.0%

(7)

今のままでよい 15.6% さらに多くの仕事をこなし ていきたい 58.5% 高度な仕事を やっていきたい 17.2% 違う分野の仕事に 挑戦してみたい 8.8% 3.在宅就業者のキャリア開発のニーズと就業意向 (1)スキルの維持・向上に役立っていること SOHO としてのスキルの維持・向上やキャリア開発に役立っていることの上位 2 つ(1 位と2位の合計)は、「SOHO の仕事を通じたスキルアップ」72.1%が最も多く、「SOHO 以外の仕事を通じたスキルアップ」35.5%、「自分で見つけた講習会や交流会」28.1% と続く。「仲介機関や発注元が提供・推薦する講習会など」は 7.8%と低くなっている。 Q2 スキルの維持・向上に役立っていること(SA, n=513) (2)SOHO として今後どのように働きたいか SOHO として今後どのように働いていきたいかについては、「さらに多くの仕事をこ なしていきたい」とする回答が 58.5%と最も多くなっている。次いで「高度な仕事を やっていきたい」が 17.2%、「今のままでよい」が 15.6%となっている。「違う分野 の仕事に挑戦してみたい」は 8.8%にとどまる。 Q3 SOHO として今後どのように働きたいか(SA, n=513) こうした今後の就業意向について、SOHO 以外のしごととのクロスでみると主婦など では「さらに多くの仕事をこなしていきたい」とする者が 62.1%と多く、専業では「高 度な仕事をやって生きたい」が 29.6%と多くなっている。また、兼業(会社員)では「今 のままでよい」とする者が多い。 SOHO としての年商とのクロスでみると、「さらに多くの仕事をこなしていきたい」 とするものは 150 万円未満層が 60.5%に対し、500 万円以上層では 32.4%となってい る。逆に「高度な仕事をやっていきたい」という回答は、150 万円未満層 14.0%に対 59 9 48 71 319 208 31 96 111 51 7 16 72.1% 35.5% 28.1% 7.8% 4.5% 52.0% 0 50 100 150 200 250 300 350 400 1位 2位 SOHOの仕事を通じた スキルアップ 特にない 仲介機関や発注元が提 供、推薦する講習会など その他 自分で見つけた講習会や 交流会 SOHO以外の仕事を通 じたスキルアップ

(8)

仲介機関には頼らず、自分 でキャリアを開発していく, 8.6% 仲介機関にもある程度期待 するが、基本的には自分で, 62.8% 仲介機関の役割に大いに期 待している, 28.7% し 500 万円以上層では 32.4%となっている。SOHO としての現在の収入の違いによっ て今後の就業に対する意向の違いがうかがわれる回答となっている。

F5SOHO 以外の仕事、F11SOHO による年商と Q3SOHO として今後どのように働いていきたいかのクロス表

Q3SOHOとして今後どのように働いていきたいか 合計 今のままで よい さらに多くの 仕事をこな していきた い 高度な仕事 をやってい きたい 違う分野の 仕事に挑戦 してみたい 度数 17 30 8 5 60 兼業 (会社員) F5SOHO以外のしごと の % 28.3% 50.0% 13.3% 8.3% 100.0% 度数 31 90 21 11 153 その他の 兼業 F5SOHO以外のしごと の % 20.3% 58.8% 13.7% 7.2% 100.0% 度数 26 136 35 22 219 主婦など F5SOHO以外のしごと の % 11.9% 62.1% 16.0% 10.0% 100.0% F5S OH O以 外の しご と 専業 度数 6 44 24 7 81 F5SOHO以外のしごと の % 7.4% 54.3% 29.6% 8.6% 100.0% 度数 72 250 58 33 413 150 万円 未満 F11SOHOによる年商 の % 17.4% 60.5% 14.0% 8.0% 100.0% 度数 2 39 19 6 66 500 万円 未満 F11SOHOによる年商 の % 3.0% 59.1% 28.8% 9.1% 100.0% 度数 6 11 11 6 34 F11 SO HO によ る年 商 500 万円以上 F11SOHOによる年商 の % 17.6% 32.4% 32.4% 17.6% 100.0% 合計 度数 80 300 88 45 513 15.6% 58.5% 17.2% 8.8% 100.0% (3)キャリア開発上の SOHO 仲介機関への期待 SOHO としてキャリア開発を図る上での仲介機関の役割に対する期待については、 「仲介機関にもある程度期待するが基本的には自分でキャリア開発を図る」が 62.8% で最も多く、「仲介機関の役割に大いに期待している」が 28.7%となっている。「仲介 機関には頼らず、自分でキャリアを開発していく」は 8.6%にとどまる。 Q4 キャリア開発上の仲介機関への役割(SA, n=513)

(9)

キャリア開発上の仲介機関への期待について、SOHO 以外のしごとおよび SOHO による年商との クロス集計を見ると、「仲介機関の役割に大いに期待している」という回答は主婦などで 35.6%、 150 万円未満層で 31.2%と多いことがわかる。

F5SOHO 以外の仕事、F11SOHO による年商と Q4SOHO としてキャリア開発を図る上での仲介機関の役割のクロス表

Q4SOHOとしてのキャリア開発を図る上での仲介機関の役割 合計 仲介機関には頼 らず、自分でキャ リアを開発してい く 仲介機関にもある 程度期待するが、 基本的には自分 でキャリア開発 仲介機関の役割 に大いに期待し ている 兼業 度数 5 43 12 60 F5SOHO以外のしごと の % 8.3% 71.7% 20.0% 100.0% F5SOHO 以外のし ごと その他 度数 15 98 40 153 の兼業 F5SOHO以外のしごと の % 9.8% 64.1% 26.1% 100.0% 主婦 度数 10 131 78 219 など F5SOHO以外のしごと の % 4.6% 59.8% 35.6% 100.0% 専業 度数 14 50 17 81 F5SOHO以外のしごと の % 17.3% 61.7% 21.0% 100.0% 150 万 度数 30 254 129 413 F11SOH Oによる 円未満 F11SOHOによる年商 の % 7.3% 61.5% 31.2% 100.0% 年商 500 万 度数 8 41 17 66 円未満 F11SOHOによる年商 の % 12.1% 62.1% 25.8% 100.0% 500 万 度数 6 27 1 34 円以上 F11SOHOによる年商 の % 17.6% 79.4% 2.9% 100.0% 合計 度数 44 322 147 513 8.6% 62.8% 28.7% 100.0% さらに、今後の就業意向との関連でみると、「仲介機関の役割に大いに期待してい る」のは、さらに多くの仕事をこなしていきたいとする SOHO で 38.3%に上る。 Q3SOHOとして今後どのように働いていきたいか と Q4SOHOとしてのキャリア開発を図る上での仲介機関の役割 のクロス表 9 62 9 80 11.3% 77.5% 11.3% 100.0% 24 161 115 300 8.0% 53.7% 38.3% 100.0% 11 61 16 88 12.5% 69.3% 18.2% 100.0% 38 7 45 84.4% 15.6% 100.0% 44 322 147 513 8.6% 62.8% 28.7% 100.0% 度数 Q3SOHOとして今後どのよ うに働いていきたいか の % 度数 Q3SOHOとして今後どのよ うに働いていきたいか の % 度数 Q3SOHOとして今後どのよ うに働いていきたいか の % 度数 Q3SOHOとして今後どのよ うに働いていきたいか の % 度数 Q3SOHOとして今後どのよ うに働いていきたいか の % 今のままでよい さらに多くの仕事をこなして いきたい 高度な仕事をやっていきた い 違う分野の仕事に挑戦して みたい Q3SOH Oとして 今後ど のように 働いて いきた いか 合計 仲介機関に は頼らず、 自分でキャ リアを開発 していく 仲介機関に もある程度 期待する が、基本的 には自分で キャリア開 発 仲介機関の 役割に大い に期待して いる Q4SOHOとしてのキャリア開発を図る上で の仲介機関の役割 合計

(10)

(4)仲介機関の役割で最も必要なこと SOHO が期待する仲介機関の役割については、「SOHO がスキルアップをはかれるよう な仕事の配分」40.4%と最も多くなっている。第2位が「スキルアップに関する情報 提供や技術指導」で 18.1%、第 3 位が「仕事を通じた SOHO 仲間の相互研鑽の場の提 供」で 15.6%となっている。 Q5 仲介機関の役割で最も必要なこと(SA, n=513) SOHO 以外のしごとおよび SOHO による年商別に仲介機関の役割を見ると、主婦などと 150 万円未満層で「SOHO がスキルアップをはかれるような仕事の配分」が最も必要とい う意見が多い(それぞれ 44.7%、42.4%)。一方、年収が 500 万円未満か 500 万円以上の 層では「仕事を通じた SOHO 仲間の相互研鑽の場の提供」を求める意見も多い(それぞれ 30.3%、26.5%)。 40.4% 18.1% 15.6% 11.5% 10.1% 4.3% 0% 10% 20% 30% 40% 50% SOHOがスキルアップを図 れるような仕事の配分 スキルアップに関する情 報提供や技術指導 仕事を通じたSOHO仲間 の相互研鑽の場の提供 講習会や交流会 の斡旋・提供 その他 スキル評価やテスト の実施

(11)

Q3SOHOとして今後どのように働いていきたいか と Q5仲介機関の役割として最も必要だと思われること のクロス表 19 7 10 37 5 2 80 23.8% 8.8% 12.5% 46.3% 6.3% 2.5% 100.0% 143 49 53 12 31 12 300 47.7% 16.3% 17.7% 4.0% 10.3% 4.0% 100.0% 28 18 19 8 9 6 88 31.8% 20.5% 21.6% 9.1% 10.2% 6.8% 100.0% 17 6 11 2 7 2 45 37.8% 13.3% 24.4% 4.4% 15.6% 4.4% 100.0% 207 80 93 59 52 22 513 40.4% 15.6% 18.1% 11.5% 10.1% 4.3% 100.0% 度数 Q3SOHOとして今後どのよ うに働いていきたいか の % 度数 Q3SOHOとして今後どのよ うに働いていきたいか の % 度数 Q3SOHOとして今後どのよ うに働いていきたいか の % 度数 Q3SOHOとして今後どのよ うに働いていきたいか の % 度数 Q3SOHOとして今後どのよ うに働いていきたいか の % 今のままでよい さらに多くの仕事をこなして いきたい 高度な仕事をやっていきた い 違う分野の仕事に挑戦して みたい Q3SOH Oとして 今後ど のように 働いて いきた いか 合計 SOHOが スキルアッ プをはかれ るような仕 事の配分 仕事を通じ たSOHO 仲間の相 互研鑽の 場の提供 スキルアッ プに関する 情報提供 や技術指 導 講習会や 交流会の 斡旋・提供 スキル評価 やテストの 実施 その他 Q5仲介機関の役割として最も必要だと思われること 合計 F5SOHO 以外の仕事、F11SOHO による年商と Q5仲介機関の役割として最も必要だと思われることのクロス表 Q5 仲介機関の役割として最も必要だと思われること 合計 SOHO が ス キ ルアップ を は か れるよう な 仕 事 の配分 仕 事 を 通じたS OHO仲 間 の 相 互 研 鑽 の 場 の 提供 スキルア ップに関 す る 情 報 提 供 や 技 術 指導 講 習 会 や 交 流 会 の 斡 旋・提供 ス キ ル 評 価 や テストの 実施 その他 度数 21 8 13 9 8 1 60 兼業 (会社員) F5SOHO以外 のしごと の % 35.0% 13.3% 21.7% 15.0% 13.3% 1.7% 100.0% 度数 59 26 27 22 12 7 153 その他の 兼業 F5SOHO以外 のしごと の % 38.6% 17.0% 17.6% 14.4% 7.8% 4.6% 100.0% F5 S O H O 以 外 の し ごと 主婦など 度数 98 29 46 17 23 6 219 F5SOHO以外 のしごと の % 44.7% 13.2% 21.0% 7.8% 10.5% 2.7% 100.0% 専業 度数 29 17 7 11 9 8 81 F5SOHO以外 のしごと の % 35.8% 21.0% 8.6% 13.6% 11.1% 9.9% 100.0% 度数 175 51 75 49 48 15 413 150 万円 未満 F11SOHOによ る年商 の % 42.4% 12.3% 18.2% 11.9% 11.6% 3.6% 100.0 % 度数 25 20 11 6 1 3 66 F11SO H O に よ る 年 商 500 万円 未満 F11SOHOによ る年商 の % 37.9% 30.3% 16.7% 9.1% 1.5% 4.5% 100.0% 度数 7 9 7 4 3 4 34 500 万円 以上 F11SOHOによ る年商 の % 20.6% 26.5% 20.6% 11.8% 8.8% 11.8% 100.0% 合計 度数 207 80 93 59 52 22 513 40.4% 15.6% 18.1% 11.5% 10.1% 4.3% 100.0% また、今後の就業意向との関連を見ると、今のままでよいとする者では「講習会や 交流会の斡旋・提供」が 46.3%と最も多く、さらに多くの仕事をこなしていきたいと する者は「SOHO がスキルアップをはかれるような仕事の配分」が 47.7%と多いのが 際立っている。一方、高度な仕事をやって生きたいとする者では「仕事を通じた SOHO 仲間の相互研鑽の場の提供」と「スキルアップに関する情報提供や技術指導」を求め るものがそれぞれ 20%を超えている。また違う分野の仕事の挑戦してみたいとする者 では「スキルアップに関する情報提供や技術指導」が 24.4%に上る。仲介機関への役 割期待は SOHO が今後どのように働いていきたいと考えているかによって異なること がわかる。

(12)

12.5% 3.3% 1.6% 19.7% 21.4% 5.1% 2.3% 1.6% 4.3% 54.6% 59.3% 54.6% 32.6% 38.0% 60.6% 46.8% 64.1% 49.3% 32.9% 37.4% 43.9% 47.8% 40.5% 34.3% 50.9% 34.3% 46.4% 0% 20% 40% 60% 傷病時の 所得補償保険 育児・介護休業時の 所得補償保険 定期健康診断の斡旋・ 費用補助 住宅・生活資金などの提 携・低利融資 リゾート施設や遊園地、 スポーツ・文化施設な どの割引 能力開発機会の紹介・斡 旋・費用補助 団体生命保険 (傷病・入院時) 団体生命保険 (死亡時) 業務上災害の 所得補償保険 4.福利厚生サービスのニーズと利用意向 (1)福利厚生サービスの利用状況と利用意向 各種福利厚生サービスについての利用状況と利用意向を聞いたところ、「現在利用 中」の福利厚生サービスの中では、「団体生命保険(傷病・入院時)」が 21.4%、「団 体生命保険(死亡時)」が 19.7%と高くなっているが約 2 割にとどまっている。一方、 「育児・介護休業時の所得補償保険」は 1.6%、「能力開発機会の紹介・斡旋・費用補 助」は 1.6%と最も低くなっている。 「特に関心がない」と回答された福利厚生サービスでは、「住宅・生活資金などの提 携・低利融資」が 50.9%と、5 割を超えている。「団体生命保険(死亡時)」では、「現 在利用中」と回答した割合も高いが(19.7%)、「特に関心がない」と回答した者の割合 が上回っており、47.8%となっている。 「適当なものがあれば利用したい」と回答された福利厚生サービスでは、「能力開発 機会の紹介・斡旋・費用補助」が 64.1%と最も高く、SOHOとしてのキャリア開発、 スキル向上への関心の高さがうかがえる。このほか、「適当なものがあれば利用した い」と回答した者の割合が 5 割を超えるものでは、「定期健康診断の斡旋・費用補助」 が 60.6%、「業務上災害の所得補償保険」が 59.3%、「傷病時の所得補償保険」が 54.6%、「育児・介護休業時の所得補償保険」が 54.6%となっている。これら「適当 なものがあれば利用したい」の上位を占める福利厚生サービスでは、いずれも「現在 利用中」の割合が他の福利厚生サービスと比べて低く、「適当なものがあれば利用した い」が「特に関心がない」の割合を上回っている。被用者と比較し社会保険等で補わ れる部分が薄いことからか、これらの福利厚生サービスに対する関心が高くなったと 考えられる。 Q10 社会保険以外の福利厚生サービスについて(SA, n=513) 現在利用中 適当なものがあれば利用したい 特に関心がない

(13)

とても期待 している 18.5 ある程度期待 している 41.1 どちらとも いえない 23.4 12.9 4.1 あまり期待 していない まったく期待 していない (2)福利厚生サービスに関する SOHO 仲介機関等への期待 各種福利厚生サービスの提供主体として仲介機関や支援団体に対する全回答者の期 待は、「とても期待している」が 18.5%、「ある程度、期待している」が 41.1%となっ ており、合わせて 59.6%が期待していると回答している。一方「あまり期待していな い」は 12.9%、「まったく期待していない」は 4.1%と、否定的な回答をした者は合わ せて 17.0%となっており、期待していると回答した割合を大きく下回っている。 Q11 福利厚生サービスについての仲介機関や支援団体への期待(SA, n=513)

(14)

5.入手したい情報の種類 今後、Web サイトで入手したい情報の種類をとしては、「SOHO起業支援情報」が 51.5%と最も高く、次いで「能力開発に関する情報」が 44.8%、「行政の支援情報」 が 43.5%となっている。 Q7 当サイトで今後入手したい情報の種類(MA, n=513) 「その他」を選択した回答者( 4.9%)の自由記述では、仲介機関の信用度、税務申 告のポイント、SOHO 経験者による成功談・失敗談などが希望としてあげられている。 「その他」のサービス拡充の要望(FA, n=25) 要望 件数 仲介機関の信用度 6 税務申告のポイント 4 SOHO の体験談(成功例や失敗例) 2 共同作業者のマッチング 2 その他 (トラブルの解決方法、報酬の相場、能力開発、業界毎の支援、金銭融 資等の情報提供や FAQ、掲示板の開設、交流会開催の情報等各 1 件) 10 無回答 1 以上 5.1% 4.9% 30.0% 43.5% 44.8% 51.5% 29.4% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 特にない その他 福利厚生サービス に関する情報 経営・法律・会計 に関する情報 行政の支援策 情報 能力開発に 関する情報 SOHO起業 支援情報

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :