• 検索結果がありません。

Nero Express マニュアル App

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "Nero Express マニュアル App"

Copied!
60
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)
(2)

Table of Content 1. はじめに... 5 1.1. Nero Express について ... 5 1.2. Nero Express の各バージョン ... 5 1.3. Nero Express を使用する ... 7 1.4. Nero Express を起動する ... 7 2. ユーザーインターフェース ... 8 2.1. 開始画面... 8 2.1.1. 拡張エリア(開始画面) ... 8 2.2. 編集画面... 10 2.3. 最終画面... 12 3. データディスク書き込み ... 13 3.1. CD、DVD、ブルーレイの書き込み ... 13 3.2. SecureDisc を作成 ... 14

3.2.1. Nero SecurDisc Viewer について ... 16

3.3. データトラックの保存 ... 17 4. 音楽のリッピングと書き込み ... 19 4.1. オーディオ CD の作成 ... 19 4.1.1. オーディオファイルのプロパティをカスタマイズする ... 20 4.1.1.1. [トラックプロパティ]タブ ... 20 4.1.1.2. [インデックス、リミット、分割]タブ ... 21 4.1.1.3. [フィルタ]タブ ... 22 4.2. ジュークボックスディスクの作成 ... 23 4.3. オーディオCDのリッピング ... 24 4.3.1. オーディオ CD をハードディスクへコピー ... 26 4.3.1.1. [ソース]タブ ... 26 4.3.1.2. [出力]タブ ... 27 4.4. Gracenote 音楽情報検出 ... 28 5. ディスクコピー ... 30 5.1. ディスクのコピー ... 30 5.2. オーディオ CD をコピーする ... 31

(3)

5.3. 方法と設定 ... 33 5.3.1. オンザフライコピー ... 34 5.3.2. イメージ経由コピー ... 35 6. ビデオ編集 ... 36 6.1. DVD ビデオの書き込み... 36 6.2. AVCHD の書き込み ... 37 6.3. BDMV の書き込み ... 38 7. ディスクイメージ ... 40 7.1. ディスクイメージからの書き込み ... 40 7.2. ディスクイメージの作成と書き込み ... 40 8. 書き込みについて ... 42 8.1. 書き込み処理 ... 42 8.2. 書き込み設定 ... 43 8.2.1. 拡張エリア(書き込み設定) ... 44 8.3. レコーダー設定 ... 46 9. レーベルの作成 ... 48 9.1. LightScribe ... 48 9.1.1. LightScribe ラベルを印刷する ... 48 9.1.2. [LightScribe 印刷設定]ウィンドウ ... 49 9.2. Labelflash ... 50 9.2.1. [レーベル書き込み]ウィンドウ ... 51 9.2.2. Labelflash ラベルおよび DiskT@2 を印刷する ... 51 10. 設定... 54 10.1. 設定オプション ... 54 10.1.1. 編集設定 ... 54 10.1.2. キャッシュの設定 ... 55 10.1.3. 高度機能 ... 55 10.1.4. ウルトラバッファの設定 ... 57 10.1.5. LightScribe の設定 ... 57 10.2. ディスクの消去 ... 57 11. Nero MediaBrowser ... 59

(4)
(5)

1. はじめに

1.1. Nero Express について

Nero Express は Nero Burning ROM のパフォーマンスと効率をシンプルなユーザーイン ターフェイスで提供します。初心者あるいは上級者のどちらでも、Nero Express はあな たが行おうとしている書き込み作業をすばやく簡単にガイドします。標準の設定は最良 の結果を出せるよう自動設定で選択されています。プログラムの使用方法はとても簡単 です。ユーザーの作業は、書き込むプロジェクトを選択してファイルを追加し、書き込 みを開始するだけです。

Nero Classic に含まれる Nero Express を使用して、オーディオ CD のオーディオファイ ルをハードディスクに保存できます。このとき、ファイルはエンコード(コンピュータ で読み取れる形式に変換)されます。オーディオ CD は Gracenote で自動的に識別でき ます。タイトル、ジャンル、トラックタイトルなどのメタデータが Gracenote Media Database から取得され、トラックに関連付けられます。このようにして、エンコード 処理後に、オーディオファイルに正確で完全な名前が付けられます。 音楽認識テクノロジーおよび関連データは Gracenote® によって提供されます。 Gracenote は、音楽認識技術と関連情報配信の業界標準です。 詳細については、www.gracenote.com をご覧ください。

1.2. Nero Express の各バージョン

Nero Express には、機能が異なるバージョンがあります。

Nero Classic または Nero Platinum に含まれるフルバージョンの Nero Express では、オ

ーディオトラックの保存や BD ビデオの書き込みなどのマルチメディア機能を含めて、

すべての機能が提供されます。

Nero Express Essentials にはさまざまなバージョンが存在します。 Essentials や OEM ソ

フトウェアは、フルバージョンとは機能の範囲が多少異なります。 単一の Essentials バ

ージョンの機能制限は、購入した製品の契約業者により決定されます。

フルバージョンに搭載されている以下の機能は、Nero Classic のNero Express Essentials

では利用できない場合があります。

 LightScribe を使ったラベルの作成

 Labelflash を使ったラベルの作成

(6)

 オーディオ CD 編集  AVCHD 編集  BDMV 編集  DVD-Video編集  ジュークボックス編集  イメージからの書き込み  ISO サポート  ディスクのコピー  複数のドライブを使用した同時書き込み  1 つ前のトラックとクロスフェードする  トラックの保存  Gracenote を使用した音楽のタイトルの確認 Gracenote プラグイン 個々のオーディオファイルを識別するには、Gracenote プラグインが必要になります。

プラグインは、www.nero.com から入手できます。 Nero Classic と Nero Platinum に含

まれるフルバージョンの Nero Express には、あらかじめこのプラグインが含まれてい ます。

さらに、Nero Express Essentials ではエンコードおよびデコード形式に制限があります

。 また、mp3PROプラグインはトライアル版をご利用いただけます。 mp3PRO プラグイン MP3 および mp3PRO のエンコード/デコードを制限なく行うには、mp3PRO プラグイン が必要です。 このプラグインは Nero Classic に追加することができます。プラグインは、 www.nero.com から入手できます。フルバージョンには、あらかじめこのプラグインが 含まれています。

Nero BurnExpress に含まれる Nero Express で使用できる機能範囲は、Nero Classic また

(7)

次の機能はご利用いただけません。  SecurDisc 表面スキャン  mp3PRO エンコーディング

1.3. Nero Express を使用する

Nero Express の主な機能は、ファイルとフォルダを選択し、それらをディスクに書き込 むことです。これは、3 つの基本的な手順で実行できます。手順ごとに新しい画面が表 示されます。  開始画面で作業を選択します。  書き込むファイルを選択します。  書き込み処理を開始します。 編集に含まれるファイルや書き込み処理に関するオプションを設定することもできます

1.4. Nero Express を起動する

Nero Express を起動するには、インストールされている製品や使用しているオペレーテ ィングシステムなどの状況に応じていくつかの方法があります。

Windows 7 およびそれ以前のバージョンの Windows では、次の場所から Nero Express を起動できます。

 [スタート]([スタート]アイコン)>[(すべての)プログラム]>[Nero]> [Nero Classic]>[Nero Express]

 スタンドアロン製品として Nero BurnExpress を使用している場合、Nero

BurnExpress のデスクトップアイコン

 Nero Classic を使用している場合、Nero Classic のデスクトップアイコン

Windows 8 では、次の場所から Nero Express を起動できます。

 Nero Classic を使用している場合、Nero Classic タイル(windows 8[スタート]画

面)または Nero Classic のデスクトップアイコン(Windows 8 デスクトップ)

 Nero BurnExpress をスタンドアロン製品として使用している場合、Nero Express タ

イル(Windows 8[スタート]画面)または Nero BurnExpress のデスクトップアイ

(8)

2. ユーザーインターフェース

2.1. 開始画面

Nero Express のすべての操作は、メイン画面から始めます。この画面で、作業の目的と 一致するメニューアイコンをクリックすると、プロジェクトの編集や各種作業を実行で きるウィンドウに移動します。選択内容は 2 つのエリアに分類されています。1 つの編 集方法に対して様々な形式やオプションが利用できます。 左側のウィンドウ枠にある ボタンをクリックすると、追加のオプションと機能に関 する拡張エリアが表示されます。 次の編集方法が使用できます。 データ すべてのタイプのファイルやフォルダを編集したり、書き込む ことができます。 ミュージック オーディオ CD などのオーディオファイルを編集したり、書き 込むことができます。 ビデオ DVD ビデオなどのビデオファイルを編集したり、書き込むこと ができます。 イメージ、プロジェクト 、コピー 元のディスクをコピーしたり、イメージファイルや既存のプロ ジェクトをロードできます。 LightScribeラベルの印刷 [ディスクレーベル]画面を表示します。 この画面では、ラベルを作成またはロードして、ドライブに挿 入した専用 CD または DVD のラベル面に印刷することができま す。 このオプションを有効にするには、LightScribe 対応ドライブを 選択する必要があります。

Nero Expressに含まれるフルバージョンの Nero Classic でのみ利 用できます。 実際に書き込み可能なディスク形式とディスクの種類(たとえば、[DVD])は 、選択したドライブにより異なります。

2.1.1. 拡張エリア(開始画面)

開始画面の拡張エリア内にある、追加のオプションや拡張機能を表示するには、左側の ウィンドウ枠にある ボタンをクリックします。拡張エリアは、Nero Express のすべ ての画面で使用できます。

(9)

次のメニューアイコンが表示されます。

Nero Burning ROMに切

り替え

Nero Express を終了して、Nero Burning ROM の開始画面を開き ます。Nero Burning ROMを使って Nero Express 編集ファイルを

開くことができ、Nero Express を使って Nero Burning ROM 編

集ファイルを開くことができます。 このオプションは、開始画面の拡張エリアでしか使用できませ ん。Nero Expressでプロジェクトの作成を進めると、この時点で 表示されているウィンドウ以外のすべてのウィンドウに、[現 在のプロジェクトを保存]オプションが表示されます。 Nero Classicでのみ利用できます。 現在のプロジェクトを保 存 [別名で保存]ウィンドウを開いて、編集内容を保存します。 書き込むファイルリンクと設定が保存されます。 オプション [オプション]ウィンドウを開いて、Nero Express を用途に合 わせてカスタマイズします オーディオトラックを保 存 [オーディオCDをハードディスクに保存]を開いて、オーディ オファイルを CD からハードディスクにコピーします。 Nero Classicでのみ利用できます。 データトラック保存 [トラックの選択]ウィンドウを開きます。このウィンドウでは、データディスクのトラックをイメージファイルとして保存 できます。 ディスクの消去 [書き換え可能なディスクの消去]ウィンドウを開いて、書き 換え型のディスクからデータを消去します。 ディスク情報 [ディスク情報]ウィンドウを開いて、挿入されているディスクに関する情報を表示します。トラックやセッションの情報に 加えて、全容量と使用可能な空き容量も表示されます。 カバーとレーベルの作成

Nero CoverDesigner を開きます。Nero CoverDesignerは、書き 込んだディスクのレーベルやブックレットを作成、印刷するた めに使用します。 プロのような出来映えのカバーやレーベルを作成するための詳 しい手順については、Nero CoverDesigner ユーザーマニュアル を別途参照してください。 Nero Classicでのみ利用できます。 SecurDisc 設定 SecurDisc ディスクを書き込むための設定を行います。 レーベル書き込み [レーベル書き込み]ウィンドウを開きます。この画面では、 レーベルを作成またはロードしてレーベルを印刷するか、ドラ イブに挿入した専用ディスクのデータ面に直接印刷することが できます。

(10)

Labelflash 対応ドライブが搭載または接続されていない場合、こ のアイコンは表示されません。このオプションを有効にするに は、対応ドライブを選択する必要があります。

Nero Expressに含まれるフルバージョンの Nero Classic でのみ利 用できます。

レコーダー

書き込みに使用するドライブや、Nero Image Recorder を指定し ます。

2.2. 編集画面

開始画面から、目的の編集タイプを選択すると、Nero Express の編集画面が表示されま す。編集画面では、プロジェクトにデータを追加できます。また、ディスクのディレク トリ構造を、目的に合わせてカスタマイズできます。ウィンドウの下部近くにある[容 量情報メーター]には、ディスク上に追加したデータが使用する容量が示されます。編 集画面はどれも、基本的に同じ構造になっています。 編集画面では、通常次の設定オプションを使用できます。 ボタン 追加 [ファイルとフォルダの追加]ウィンドウを開きます。 小さい三角形をクリックすると、メディアファイルを追加する ための Nero MediaBrowser を開くことができます。 ボタン 削除 選択したファイルを削除します。 ボタン 再生 選択したオーディオファイルまたはビデオファイルを再生しま す。 ボタン 戻る 開始画面に戻ります。 ボタン 次へ [最終書き込み設定]画面に移動します。 オーディオ CD 編集では、さらに次の設定オプションを使用できます。 ボタン プロパティ オーディオ CD の場合は、[オーディオトラックプロパティ]ウ ィンドウを開きます。 チェックボックス すべてのオーディオファ イルを平均化 複数のオーディオファイルの音量を一定の音量にして書き込む フィルタを使用可能にします。これは、各ファイルの録音元が 異なる場合に便利です。 チェックボックス 曲間に無音部分を作成し ない オーディオファイルと次のオーディオファイルの間に無音部分 を入れないでマージします。このチェックボックスをオフにす ると、オーディオファイルの間に 2 秒の無音部分が入ります。

(11)

ディスクアットワンス書き込みモードを使用することを強くお すすめします。使用しない場合、ポーズの長さをゼロにしても 、ドライブによっては対応していない場合もあり、また非常に 短いカチッというノイズがトラック間で聞こえたりすることが あります。 DVD 編集では、さらに次の設定オプションを使用できます。 選択リスト DVD9 (8.5 GB) / DVD5 (4.7 GB) 書き込みを行う DVD の種類によって容量バーを拡張したり縮小 したりできます。2 層 DVD(DVD DL)の場合は DVD9(8.5 GB )オプション、1 層 DVD の場合は DVD5(4.7 GB)オプション を選択します。 ブルーレイ編集では、さらに次の設定オプションを使用できます。 選択リスト BD QL (BDXL) (128 GB) / BD TL (BDXL) (100 GB) BD DL (50 GB) / BD (25 GB) 書き込みを行うブルーレイディスクの種類によって容量バーを 拡張したり縮小したりできます。 BD QL (BDXL) (128 GB)(4層ブルーレイディスク用)、 BD TL (BDXL) (100 GB)(3層ブルーレイディスク用)、 BD DL (50 GB) (2層ブルーレイディスク用、BD DL用)、 BD (25 GB) (1層ブルーレイディスク用)。 メディアフォーマットの実際の容量 DVD5、DVD9、BD DL、BDXL メディアフォーマットの実際の容量は、ディスク製造元 が公開している容量より少なくなっています。たとえば、4.7 GB DVD5 の実際の容量は 約 4.38 GB しかありません。 これは変換システムが異なることが原因です。DVD5 メディアフォーマットは 4.700.000.000 バイトを扱えますが、この数値はディスク製造元が公開している 4.7 GB と等価ではありません。バイトの正確な変換単位は、1000 ではなく 1024 です。 1024 バイト = 1 KB 1024 KB * 1024 KB = 1 MB 1024 KB * 1024 KB * 1024 KB = 1 GB DVD は 4.700.000.000 バイトを扱えます。 4.700.000.000 バイト = 4.589.843 KB = 4.482 MB = 4.377 GB Nero Express の容量バーには、常に MB または GB 単位で測定されたバイト量が表示さ れます。

(12)

2.3. 最終画面

Nero Expressを使用した書き込み処理や保存処理が完了すると、最終画面が表示されま す。この画面には、[同じプロジェクトをもう一度書き込む、[新規プロジェクト]、 および[プロジェクトの保存]のオプションがあります。これらのオプションの 1 つを 選択して Nero Express での作業を継続することができます。また、 ボタンをクリ ックして、プログラムを終了することもできます。 次の設定オプションが使用できます。 項目 同じプロジェクトをもう 一度書き込む [最終書き込み設定]画面に戻ります。 同じプロジェクトを、同じ設定または異なる設定で、もう一度 書き込むことができます。 項目 新規プロジェクト Nero Express の開始画面を開きます。 この画面で、新しいプロジェクトを作成できます。 項目 プロジェクトの保存 [別名で保存]ウィンドウが開きます。 現在のプロジェクトに後で再度アクセスしたい場合は、このプ ロジェクトを保存できます。 項目 Nero CoverDesigner Nero CoverDesigner を開きます。 Nero CoverDesigner のユーザーマニュアルには、プロ級のカバ ーやレーベルを作成する方法が詳しく説明されています。 項目 Labelflash レーベル書き 込み Labelflash ラベルを作成して書き込むための[レーベル書き込み ]ウィンドウが開きます。 Labelflash 対応ドライブが接続されている場合にのみ表示されま す。

(13)

3. データディスク書き込み

3.1. CD、DVD、ブルーレイの書き込み

Nero Express を使用すると、あらゆるタイプのファイルやフォルダを編集して、書き込 むことができます。Blu-ray の書き込みに対応したドライブを搭載したコンピュータの 場合は、データ CD、データ DVD、およびデータ Blu-ray ディスクを書き込むことがで きます。CD の書き込みのみに対応したドライブを搭載している場合は、データ CD の 書き込みのみを実行できます。どのデータ編集方法でも手順は同じです。 データディスクはディスクにファイルを保存したり、バックアップを書き込むのに特に 便利です。 データディスクを作成するには、次の手順を実行します。 1. Nero Express の開始画面で[データ]メニューアイコンをクリックします。  データディスクのオプションが表示されます。 2. [データ CD]、[データ DVD]または[ブルーレイデータディスク]から必要 なオプションをクリックします。  データディスクの[ディスク内容]編集画面が表示されます。 3. ブラウザを使用してファイルを追加したい場合は、次の手順を実行します。 a. [追加]ボタンをクリックします。  [ファイルとフォルダの追加]ウィンドウが開きます。 4. Nero MediaBrowser を使用してメディアファイルを追加したい場合は、次の手順 を実行します。 a. [追加]ボタンの横にある三角形をクリックして、[追加] > [Nero MediaBrowser からファイル]を選択します。  Nero MediaBrowser が開きます。 5. 編集に追加するファイルを選択し、[追加]ボタンをクリックします。 6. 追加するすべてのファイルに対して、前の手順を繰り返します。 7. [閉じる]ボタンをクリックします。  編集するファイルが追加され、編集画面に表示されます。 8. [次へ]ボタンをクリックします。  これで正常にデータディスクが編集され、この編集内容を書き込むことができます

(14)

3.2. SecureDisc を作成

SecurDisc とは、特殊な保護機能を備えたディスクを作成することができるテクノロジ です。専用のハードウェアは必要ありません。

Nero Express で[SecurDisc]編集タイプを設定して作成したディスクは、データの整

合性と再構築性を備えています。さらに SecurDisc には、ディスク上のデータをパスワ

ードを使って不正なアクセスから保護したり、ディスクにデジタル署名したり、データ の冗長性を設定したりする機能も用意されています。

保護されたデータをハードディスクにコピーしたり、データの安全性をチェックできる

ようにするには、Nero SecurDisc Viewer という専用のアプリケーションが必要になりま

す。Nero SecurDisc Viewer は SecurDisc ディスクに自動的に書き込まれます。また、

www.securdisc.net または www.nero.com から無料でダウンロードできます。 SecurDisc テクノロジについて詳しくは、www.securdisc.net を参照してください Essentials バージョンではこの機能が制限されています。フルバージョンでは、パ スワード保護、データ冗長性、デジタル署名などの機能が無制限で使用できます。 Essentials バージョンは、全機能が搭載されたフルバージョンにいつでもアップグレー ドできます(www.nero.com にアクセスしてください)。 SecurDisc ディスクを編集するには、次の手順を実行します。 1. Nero Express の開始画面で[データ]メニューアイコンをクリックします。  データディスクのオプションが表示されます。 2. 使用する SecurDisc オプションをクリックします。  SecurDisc ディスクの[ディスク内容]編集画面が表示されます。 3. ブラウザを使用してファイルを追加したい場合は、次の手順を実行します。 a. [追加] > [ファイル]を選択します。  [ファイルとフォルダの追加]ウィンドウが開きます。 4. Nero MediaBrowser を使用してメディアファイルを追加したい場合は、次の手順 を実行します。 a. [追加]ボタンの横にある三角形をクリックして、[追加] > [Nero MediaBrowser からファイル]を選択します。

(15)

 Nero MediaBrowser が開きます。 5. 編集に追加するファイルを選択し、[追加]ボタンをクリックします。 6. 追加するすべてのファイルに対して、前の手順を繰り返します。 7. [閉じる]ボタンをクリックします。  編集するファイルが追加され、編集画面に表示されます。 8. すべてのファイルのパスワード保護を有効にするには、次の手順を実行します。 a. 編集画面の拡張エリアで、[パスワード保護]チェックボックスを選択 します。  [SecurDisc – データの保護]ウィンドウが表示されます。 b. [パスワード]入力エリアにパスワードを入力して、[OK]ボタンをク リックします。  保護されたデータのすべてに、鍵のアイコンが表示されます。 必要に応じて、パスワードの入力と選択の際、追加の[ヒント]ダイアログボッ クスにアドバイスが表示されます。このウィザードは、パスワード入力中の品質などの セキュリティレベルを表示します。 9. デジタル署名でディスクに署名するには、次の手順を実行します。 a. 編集画面の拡張エリアで、[デジタル署名]チェックボックスを選択し ます。  [SecurDisc – デジタル署名]ウィンドウが表示されます。 b. 作成済みのデジタルキーがある場合は、[参照]ボタンをクリックして キーを選択します。 c. デジタルキーを作成する場合は、[開始]ボタンをクリックします。  [SecurDisc - デジタル鍵の作成]ウィンドウが開きます。 d. 表示された指示を確認して、[次へ]ボタンをクリックします。  [SecurDisc キー作成手順]ウィンドウが開きます。 e. キーの作成処理が完了するまで、マウスを適当に動かし続けます。

(16)

 Nero Express では、ランダムデータを使用して、SecurDisc キーを作成します 。作成処理の状況は、進行状況バーで確認できます。[次へ]ボタンは、キ ー作成処理の完了直後に有効になります。 f. [次へ]ボタンをクリックします。  [SecurDisc – キー作成完了]ウィンドウが表示されます。 g. 作成したキーのファイル名を入力し、[完了]ボタンをクリックします  [SecurDisc – デジタル署名]ウィンドウが再度表示され、選択したキーが ドロップダウンメニューに表示されます。 h. [OK]ボタンをクリックします。  選択されたキーでディスクがデジタル署名されることを通知するウィンドウ が表示されます。 i. [OK]ボタンをクリックします。 適切な公開キーを受け取り側に渡すと、受け取り側で署名を検証できます。 10. 書き込み速度を早めるためにデータ冗長性を制限したり、データ冗長性を設定し たりする場合には、次の手順を実行します。 a. 画面の拡張エリアで、[データ冗長性]チェックボックスをオンにしま す。  オプションボタンが有効になります。 b. 適用したい信頼性レベルを選択します。 [データ冗長性]チェックボックスがオフになっている場合、選択されたデータ とチェックサムのコピーでディスクがいっぱいになってしまいます。編集画面の表示パ ネルに現在の冗長レベルが表示されます。 11. [次へ]ボタンをクリックします。  以上で、目的に対応した SecurDisc ディスクの編集は完了です。この時点で、ディ スクに書き込むことができます。

3.2.1. Nero SecurDisc Viewer について

Nero SecurDisc Viewer は、SecurDisc テクノロジプラットフォームの一部であるスタン

(17)

成するための、Nero と HLDS によって開発されたテクノロジです。専用のハードウェ アは必要ありません。

Nero SecurDisc Viewer は www.securdisc.net または www.nero.com から無料でダウンロ

ードできます。また、Nero Burning ROM または Nero Express で書き込まれる

SecurDisc ディスクにも自動的に取り込まれます。

Nero 製品で[SecurDisc]編集タイプを設定して作成したディスクは、データの整合性 と再構築性を備えています。さらに、SecurDisc ディスク上のデータは、パスワードを 使用することで不正なアクセスから保護することができます。データをデジタル署名す

ることもできます。Nero SecurDisc Viewerでは、保護されたデータをハードディスクに

コピーしたり、データの安全性をチェックしたりできます。 SecurDisc テクノロジについて詳しくは、www.securdisc.net を参照してください。

3.3. データトラックの保存

Nero Express では、データディスクをイメージファイルとして保存できます。このイメ ージファイルは後で記録可能なディスクに書き込むことができます。イメージファイル を書き込んだディスクはもとのディスクのコピーとなります。 イメージファイルとしてデータディスクを保存するには、次の手順を実行します。 1. ドライブにデータディスクを挿入します。 2. 開始画面の拡張エリアにある[データトラック保存]ボタンをクリックします  [トラックの選択]ウィンドウが開きます。このトラックリストにはディスクで見 つかったセッションとデータトラックが表示されます。技術的な理由により、最初 のセッションの最初のデータトラックのみ保存できます。 3. 最初のデータトラックを選択します。 4. [トラックの保存]ボタンをクリックします。  [名前を付けて保存]ウィンドウが開きます。 5. ファイル名と保存する場所を指定します。 6. [ファイルの種類]ドロップダウンメニューで、イメージファイルを出力する フォーマット(ISO または NRG)を選択します。 7. [保存]ボタンをクリックします。  [進行状況]ウィンドウが開き、変換保存処理の進行状況が示されます。保存が完 了すると、ウィンドウは自動的に閉じます。

(18)

 以上で、データディスクからのイメージファイルの作成は完了です。この時点で、 イメージファイルをディスクに書き込むことができます。

(19)

4. 音楽のリッピングと書き込み

4.1. オーディオ CD の作成

ここで示されている機能の中には、Essentials バージョンでは制限されたり、使用 できないものもあります。Essentials バージョンは、全機能が搭載されたフルバージョ ンにいつでもアップグレードできます(www.nero.com にアクセスしてください)。 Nero Express を使用して、音楽ファイルを収録したオーディオ CD を作成できます。作 成した CD は、標準的なすべての CD プレーヤーで再生できます。オーディオ CD を編 集するために、各種オーディオ形式のソースファイルは、書き込み前に、自動的にオー ディオ CD 形式に変換されます。 一部の CD プレーヤーでは、CD-RW ディスクを再生できないことがあります。オ ーディオ CD を作成する場合は、CD-R ディスクを使用してください。 Essentials バージョンでは、エンコードおよびデコード形式に制限があります。 Essentials バージョンは、全機能が搭載されたフルバージョンにいつでもアップグレー ドできます(www.nero.com にアクセスしてください)。 mp3PRO プラグイン MP3 および mp3PRO のエンコード/デコードを制限なく行うには、mp3PRO プラグイン が必要です。 このプラグインは Nero Classic に追加することができます。プラグインは、 www.nero.com から入手できます。フルバージョンには、あらかじめこのプラグインが 含まれています。 オーディオ CD を作成するには、次の手順を実行します。 1. Nero Express の開始画面にある[ミュージック]メニューアイコンをクリックし ます。  音楽の編集方法が表示されます。 2. [オーディオ CD]ボタンをクリックします。  オーディオ CD の[マイオーディオ CD]の編集画面が表示されます。 3. ブラウザを使用してファイルを追加したい場合は、次の手順を実行します。

(20)

a. [追加] > [ファイル]を選択します。  [ファイルとフォルダの追加]ウィンドウが開きます。 4. Nero MediaBrowser を使用してオーディオファイルを追加したい場合は、次の手 順を実行します。 a. [追加]ボタンの横にある三角形をクリックして、[追加] > [Nero MediaBrowser からファイル]を選択します。  [音楽]タブが有効になっている状態で Nero MediaBrowser が開きます。 5. 編集に追加するオーディオファイルを選択し、[追加]ボタンをクリックしま す。 6. 追加するすべてのオーディオファイルに対して前述のステップを繰り返します。 7. [閉じる]ボタンをクリックします。  編集するオーディオファイルが追加され、編集画面に表示されます。 8. オーディオファイルのプロパティを、用途に合わせてカスタマイズします。 9. [次へ]ボタンをクリックします。  以上で、オーディオ CD の編集は完了です。この時点で、ここまでの編集内容を書 き込むことができます。

4.1.1. オーディオファイルのプロパティをカスタマイズする

オーディオファイルのプロパティの表示や変更は、[オーディオトラックプロパティ] ウィンドウの[トラックプロパティ]タブ、[インデックス、リミット、分割]タブ、 および[フィルタ]タブで行えます。このウィンドウを開くには、オーディオ CD 用の [マイオーディオ CD]編集画面でオーディオファイルを選択して、[プロパティ]ボ タンをクリックします。

4.1.1.1. [トラックプロパティ]タブ

[トラックプロパティ]タブでは、[ソース情報]エリアに表示されたファイルについ て、基本的な情報を確認できます。 ウィンドウを開くには、オーディオ CD の編集画面 にあるオーディオファイルをマークし、[プロパティ]ボタンをクリックします。 [プロパティ]エリアでは、次の入力エリアが使用できます。 入力フィールド タイトル(CD TEXT) CD Text 形式で保存されるタイトルを指定します。 CD Text をサ ポートする CD プレーヤーには、ここに入力されたタイトル名 が表示されます。

(21)

CD Text に表示できるのはラテン文字のみです。 CD Text は、デ ィスクアットワンスモードでのみ書き込みできます。 入力フィールド アーティスト (CD TEXT) CD Text として保存されるアーティストを指定します。 このテ キストボックスに入力したアーティスト名は、CD Text 対応の CD プレーヤーに表示されます。 CD Text に表示できるのはラテン文字のみです。 CD Text は、デ ィスクアットワンスモードでのみ書き込みできます。 入力フィールド ポーズ 選択したオーディオファイルと、前のオーディオファイルの間 に入れるポーズの長さを、秒数またはフレーム数で指定します 。 入力フィールド 国際標準レコーディング コード(ISRC) 12 桁のデジタルコードを使用して、CD タイトルを識別します 。 国際標準記録コード(ISRC)はサブコードに記録されます。 タイトルの ISRC が不明なときには、この入力フィールドは空の ままにしてください 。 チェックボックス プロテクション オーディオ CD の対応するトラックに対して、コピープロテク トビットを設定します。 CD 記録アプリケーションのほとんど はこのビットを無視するため、コピープロテクトを確実にかけ ることはできません。 コピープロテクトされているトラックが 含まれているオーディオ CD をコピーすると、警告メッセージ が Nero Express に表示されます。 チェックボックス 1 つ前のトラックとクロ スフェードする 選択したオーディオファイルと、直前のオーディオファイル間 のクロスフェードを指定します。クロスフェードの長さは、秒 単位またはフレーム単位で指定できます。

4.1.1.2. [インデックス、リミット、分割]タブ

[インデックス、リミット、分割]タブでは、インデックスの設定や削除と、オーディ オファイルを複数に分割した短いオーディオファイルの作成ができます。タブは、[オ シロスコープ]と[ポジション]エリアで構成されています。 [オシロスコープ]エリアには、オーディオファイルがグラフィックで表示されます。 [ポジション]エリアでは、次の設定オプションが使用できます。 選択リスト 開始/終了 CD 上のオーディオファイルの開始時点と、終了時点を示します 。 ボタン 新規インデックス 選択したポジションに新しいインデックスを設定します。CD プ レーヤーは、このポジションから新しい曲の再生を開始し、こ のポジションに直接ジャンプすることができます。ただし、こ の機能に対応していない CD プレーヤーもあります。

(22)

ボタン 編集 [トラックリミット制限の編集]ダイアログボックスを開きま す。 分割する位置を正確に入力できます。 ボタン 削除 選択したインデックスを削除します。 ボタン 分割 マークした位置でオーディオファイルを分割します。 ボタン 再生 マークした位置から、オーディオファイルを再生します。 再生中は、[再生停止]ボタンが表示されます。 ボタン 再生停止 オーディオファイルの再生を停止します。 再生を停止すると、再び[再生]ボタンが表示されます。 ボタン インデックスポジション で分割 設定したインデックスポジションで、オーディオファイルを分 割します。 ボタン ズームイン オーディオファイルのグラフ表示を拡大します。 ボタン ズームアウト オーディオファイルのグラフ表示を縮小します。 ボタン 最大表示 オーディオファイル全体のグラフを表示します。

4.1.1.3. [フィルタ]タブ

[フィルタ]タブには、音質を向上または変更するフィルタが含まれています。いわゆ る非破壊的な手法、つまり実際の録音には変更を加えず、いつでもキャンセル可能なフ ラグだけを設定するという方法が用いられます。追加のオーディオデータが作成される ことはありません。この処理中に、ハードディスク上のオーディオファイルに変更が加 えられることはありません。 [オーディオトラックプロパティ]ウィンドウでは、次の設定オプションが使用できま す。 チェックボックス 平均化する オーディオファイルの音量を、プリセットされた値に設定しま す。このフィルタは、さまざまな音源から取り込んだ各ファイ ルの音量を一定に調整するときに役立ちます。 チェックボックス デクリック アナログレコードのノイズのような、カチカチ、カリカリとい うノイズを除去します。

(23)

チェックボックス ヒスノイズ削減 オーディオファイルのヒスノイズを削減、または除去します。 特定のしきい値(ヒスレベル)以下の周波数は、すべて除去さ れます。 チェックボックス フェードイン オーディオファイルの音量を、ゼロから一定の音量まで徐々に 上げます。このフィルタは、ファイルを短くするときに役立ち ます。 チェックボックス フェードアウト オーディオファイルの音量を徐々に下げて無音にします。この フィルタは、ファイルを短くするときに役立ちます。 チェックボックス ステレオワイド効果 オーディオファイルのステレオ効果を加減します。このフィル タは、音源がステレオ録音されていない場合には機能しません チェックボックス カラオケ オーディオファイルのボーカルが聞こえなくなります。このフ ィルタを使用すると、左右のステレオチャンネルに均等に振り 分けられた部分(ボーカル部分)が聞こえなくなります。 チェックボックス エコー オーディオファイルにエコー効果を加えます。 チェックボックス イコライザ イコライザを開き、各周波数帯でボリューム、バス、およびピ ッチを変更できます。 ボタン 選択したフィルタのテス ト 有効にしたフィルタを適用してオーディオファイルを再生しま す。再生中にフィルタの設定オプションを変更して、フィルタ 効果を調整することができます。

4.2. ジュークボックスディスクの作成

Nero Express は、必要なオーディオ形式でのディスク編集に使用できます(Nero AAC

、WMAなど)。CD にしか書き込みのできないオーディオ CD とは異なり、様々なオー ディオ形式による編集内容をその他の種類のディスクに書き込むことができます(対応 する書き込み用ドライブを搭載している場合)。どの編集方法でも手順は同じです。オ ーディオ形式を1種類だけにすることも、複数の形式を混在させることもできます。デ ータディスクとは異なり、ジュークボックスディスクでは、オーディオファイルのメタ データ(タイトル、アーティスト、ジャンル)を表示することができます。 ジュークボックスディスクの作成時には、Nero Express によるオーディオファイ ルの変換は実行されません。たとえば、MP3 ファイルは MP3 ファイルとして書き込ま れます。ほとんどの CD プレーヤーは、ジュークボックスディスクを再生できません。 技術的に見れば、様々な専用オーディオ形式のファイルを 1 つに編纂したディスクは、 データディスクということになります。ジュークボックスディスクの作成とデータディ スクの作成に違いはありません。開始画面で対応する項目を必ず選択してください。

(24)

4.3. オーディオCDのリッピング

Nero Express を使用して、オーディオ CD のオーディオファイルをハードディスクに保 存できます。 このとき、ファイルはエンコード(コンピュータで読み取れる形式に変 換)されます。 通常、オーディオファイルは圧縮されます。 Nero Express はタイトル、アーティスト、トラックタイトルなどのメタデータに関する 情報を複数のソースから取得します。 オーディオファイルに書き込まれるメタデータ をここで正確に確認できます。 オーディオ CD のメタデータは複数のソースから入手します。オーディオ CD の CD Text

、Gracenote Media Database。

Gracenote Media Database は多数のオーディオ CD に関するメタデータを保持して います。 Gracenote MusicID に基づいて Nero Express がオーディオ CD を識別し、 Gracenote Media Database からメタデータを入手できます。

多くのオーディオ CD には、CD のタイトル、オーディオファイル名、アーティスト 名などのメタデータを含む CD Text が記録されています。 音楽認識テクノロジーおよび関連データは Gracenote® によって提供されます。 Gracenote は、音楽認識技術と関連情報配信の業界標準です。詳細については、 www.gracenote.com をご覧ください。 コピー保護されたオーディオ CD のファイルは保存できません。 Essentials バージョンでは、エンコードおよびデコード形式に制限があります。 Essentials バージョンは、全機能が搭載されたフルバージョンにいつでもアップグレー ドできます(www.nero.com にアクセスしてください)。

(25)

mp3PRO プラグイン MP3 および mp3PRO のエンコード/デコードを制限なく行うには、mp3PRO プラグイン が必要です。 このプラグインは Nero Classic に追加することができます。プラグインは、 www.nero.com から入手できます。フルバージョンには、あらかじめこのプラグインが 含まれています。 オーディオファイルを保存するには、次の手順を実行します。 1. 画面の拡張エリアにある、[オーディオトラックを保存]ボタンをクリックし ます。  [オーディオトラックをハードディスクに保存]ウィンドウが開きます。 2. オーディオ CD をドライブに挿入します。  ディスクを解析しています。 Gracenote、CD Text、ローカルデータベースからメタ データ情報を取得し、もし該当するものがあれば表示の対象になります。 3. CD]ドロップダウンメニューからオーディオ CD のメタデータ情報を選択し ます。 4. ハードディスクに保存するトラックを選択します。 5. [出力]タブをクリックします。  [出力]タブが開きます。 6. [ファイルフォーマット]ドロップダウンメニューで、対象ファイルのオーデ ィオ形式を選択します。 7. [ファイル名作成モード]ドロップダウンメニューで、ファイル名の作成方法 を選択します。 8. 希望に応じて他の設定を定義します。 9. [コピー]ボタンをクリックします。  変換が開始されます。 アルバム名の付いたフォルダが指定したフォルダ内に作成さ れます。 オーディオファイルがこのフォルダに保存され、選択した作成方法に従が って名前が付けられます。  以上で、オーディオファイルの保存は完了です。

(26)

4.3.1. オーディオ CD をハードディスクへコピー

[オーディオトラックをハードディスクに保存]ウィンドウで、ハードディスクに保存 するオーディオファイルの設定を定義します。開始画面の拡張エリアの[オーディオト ラックを保存]ボタンをクリックして、ウィンドウを開きます。 次の設定オプションが使用できます。 タブ ソース オーディオデータのソースの設定を指定します。 タブ 出力 出力ファイルの設定を行います。 ボタン コピー コピー処理または保存処理を開始します。

4.3.1.1. [ソース]タブ

[ソース]タブには、オーディオ CD に収録されたオーディオファイルが表示されます 。 各コントロールボタンの機能は、一般的な CD プレーヤーのボタンと同じです。 次の設定オプションが使用できます。 ドロップダウンメニュー 読み込み元ドライブ オーディオ CD を挿入したドライブを選択します。 ドロップダウンメニュー CD どのソースからメタデータが使用されるかを選択します: Gracenote Media Database

CD TEXT ローカルデータベース(それまでにオーディオ CD の取り込 みまたはコピーをしたことがある場合のみ) タイトル選択リスト オーディオ CD に収録されたトラックを表示します。 コピーす るトラックを個別に選択するには、各トラックのチェックボッ クスをオンにします。 ボタン 更新 利用可能なすべての情報を再度取得します。 Nero Burning ROM が Gracenote Media Database へ新規の問合せを送信し、 データベース内に一致する項目が存在する場合は、オーディオ CD のメタデータ(アーティスト名、タイトル名、ジャンルなど

)を読み込むことができます。 また、CD Text およびローカル

(27)

入力フィールド アルバム/アーティスト/ 年 アルバム、アルバムアーティスト、および年に関するメタデー タを表示または指定します。 選択リスト ジャンル ジャンルの表示または指定を行います。 ボタン カバー ハードディスクにあるカバーを読み込みます。

4.3.1.2. [出力]タブ

[出力]タブでは、作成するオーディオファイルのプロパティを定義できます。 次の設定オプションが使用できます。 入力ウィンドウ 出力ディレクトリ 出力ファイルの保存先を選択します。 ボタン 参照 参照ウィンドウを開き、保存先を選択します。 ドロップダウンメニュー ファイル名作成モード 出力ファイルの名前の作成方法を選択します。 チェックボックス 保存されたオーディオト ラックのプレイリストを 自動的に生成する 保存したオーディオファイルのプレイリストを作成します。 プ レイリストとは、リッピングしたオーディオファイルを、正し いメタデータが登録された状態で正しい順序に表示したリスト です。 プレイリストを選択するだけで、リスト内のすべてのオ ーディオファイルがオーディオ編集や再生アプリケーションに 追加されるため、プレイリストは非常に便利なツールです。 ドロップダウンメニュー プレイリスト形式 プレイリストの形式を選択します。 ドロップダウンメニュー ファイルフォーマット 選択したオーディオファイルの、出力オーディオファイル形式 を選択します。 選択したファイル形式は次回以降の初期設定と

なります。 Nero AAC オーディオ、MP3 オーディオ、WAVE、 AIFF、FLAC、Ogg Vorbis から選択できます。 ドロップダウンメニュー 品質 選択したオーディオファイル形式のビットレートを選択します 。 ビットレートが低いと、転送されるデータ量が少なくなりま す。 そのため、ファイルは小さくなりますが、品質は低くなり ます。 ビットレートが高いと、転送されるデータ量が多くなり ます。 そのため、ファイルサイズは大きくなりますが、品質は 高くなります。 MP3 の標準値は CD の品質に相当する 128 です 。 MP3 オーディオファイル形式の場合、MP3 ファイルを作成す

(28)

るか、mp3 PRO ファイルを作成するかを選択することもできま す。 このボタンは、[Nero AAC オーディオ]ファイル形式またはMP3 オーディオ]ファイル形式が選択されている場合のみ使 用できます。 チェックボックス 強制iPod互換

Nero AAC オーディオを iPod で使用できるようにします。

このボタンは、出力オーディオ形式として[Nero AAC オーデ ィオ]形式が選択されている場合のみ使用できます。 チェックボックス ID3v2 非同期無効 デコード処理中の ID3v2 非同期を無効にします。 ID3v2 非同期は、MP3 デコード処理の一部です。これによって 、 ID3v2 をサポートしていない古いソフトウェアやハードウェ アでも MP3 ファイルを再生できる可能性が高くなります。ただ し、ID3v2 をサポートするデバイスの中には、ID3v2 非同期をサ ポートしていないものもあります。非同期 ID3v2 で MP3 ファイ ルを再生する場合、そのようなデバイスでは、イメージやテキ ストのタグがうまく表示されないことがあります。このような 問題が発生した場合は、このチェックボックスをオフにしてく ださい。

4.4. Gracenote 音楽情報検出

Gracenote MusicID を使用すれば、Nero Express で音楽ファイルを識別することができ ます。 Gracenote Media Database からアーティスト、タイトル、ジャンルなどのメタ

データを取得し、Nero Express に表示します。 識別はシングルのオーディオファイルに対しても、完全なオリジナルのオーディオ CD に対しても行うことができます。 オーディオ CD のメタデータがまだデータベースに登録されていない場合は、そのメタ データを入力して使用可能な状態にすることができます。 Gracenote を使用すると、どのようなオーディオ編集形式からでもオーディオファイル を識別できます。 これは特にオーディオファイルに名前がなかったり、一部しか名前 が付いていない場合に便利です。 このようにして、音楽トラックに対してすべての情 報が正しくタグ付けされます。

次の操作を行うと、Gracenote MusicID を使用して Nero Express でオリジナルのオーデ

ィオ CD を自動的に識別することができます。

 オーディオ CD をコピーする

(29)

Gracenote プラグイン

個々のオーディオファイルを識別するには、Gracenote プラグインが必要になります。

プラグインは、www.nero.com から入手できます。 Nero Classic と Nero Platinum に含

まれるフルバージョンの Nero Express には、あらかじめこのプラグインが含まれてい ます。 音楽認識テクノロジーおよび関連データは Gracenote® によって提供されます。 Gracenote は、音楽認識技術と関連情報配信の業界標準です。詳細については、 www.gracenote.com をご覧ください。

(30)

5. ディスクコピー

5.1. ディスクのコピー

Nero Express では、ディスクをコピーできます。つまり、コピー元ディスクの正確なコ ピーを作成して、コピー先ディスクに書き込むことができます。たとえば、コピー元デ ィスクがオーディオ CD の場合、コピーされたディスクもオーディオ CD になります。 搭載、または接続されている書き込み用ドライブの種類に応じて、CD、DVD、または Blu-ray ディスクをコピーできます。コピー先ディスクはコピー元ディスクと同じ種類 のディスクにする必要があるため、たとえば DVD は DVD にのみコピーできます。どの ような場合でも、Nero Express では、ディスクの種類が一致しないときにはメッセージ を表示します。 自分が著作権者ではないディスクを、著作権者の承認を受けずに無許可でコピー すると、国内外の法律により処罰されます。 コピープロテクトがかかっているディスクはコピーできません。ディスクがコピ ー可能かどうか判断できない場合は、実際の物理的な書き込みを開始する前にシミュレ ーションを実行してください。 ディスクをコピーするには、次の手順を実行します。 1. Nero Express の開始画面にある[イメージ、プロジェクト、コピー]メニュー アイコンを、クリックします。  対応するコピーのオプションが表示されます。 2. [ディスクコピー]オプションをクリックします。  [元のファイルと書き込み先を指定します]画面が表示されます。 3. この画面で、また必要に応じてウィンドウの拡張エリアで、必要な設定を行いま す。 4. [イメージコピー]方式を使用してディスクをコピーするには、次の手順を実 行します。 a. [クィックコピー]ボックスをオフにします。 b. コピー元のディスクをドライブに挿入します。 5. [オンザフライ]方式でディスクをコピーするには、次の手順を実行します。 a. [クィックコピー]チェックボックスをオンにします。

(31)

b. [読み込み元ドライブ]と[書き込み先ドライブ]を選択します。 c. コピー元のディスクを、選択したドライブに挿入します。

d. 書き込み先ドライブに空のディスクを挿入します。

6. [コピー]ボタンをクリックします。

 コピーにドライブを使用している場合には、コピー処理が始まります。コピーに Nero Image Recoder を使用している場合には、[イメージファイルの保存]ウィン ドウが表示されます。 7. [ファイル名]入力フィールドに、イメージファイルに付ける名前を入力しま す。 8. [保存する場所]ドロップダウンリストで目的の記憶装置の場所までツリーを 移動して、[保存]ボタンをクリックします。  コピー処理または保存処理が開始されます。進行状況バーで処理の進行状況を確認 できます。 1 台のドライブでコピーを実行すると、イメージファイルの作成後、コピー元ディ スクを取り出して、適切な空のディスクを挿入するように促すメッセージが表示さ れます。その後、書き込み処理が自動的に始まります。 9. [次へ]ボタンをクリックします。  以上で、ディスクのコピーは完了です。この時点で表示される最終画面から、オプ ションを選択するか、Nero Express を終了します。

5.2. オーディオ CD をコピーする

オーディオ CD のコピーを開始すると、[CD 情報]ウィンドウが表示されます。 オー ディオ CD に書き込まれるメタデータをここで正確に確認できます。 オーディオ CD のメタデータは複数のソースから入手します。オーディオ CD の CD Text

、Gracenote Media Database:

多くのオーディオ CD には、CD のタイトル、オーディオファイル名、アーティスト

名などのメタデータを含む CD Text が記録されています。

Gracenote Media Database は多数のオーディオ CD に関するそのようなメタデータ を保持しています。 Gracenote MusicID を使用すると、Nero Express が音楽ファイルを

認識し、Gracenote Media Database からメタデータを入手できます。

コピー処理中に、Nero Express はオーディオ CD に含まれる CD Textのメタデータ、

(32)

、該当するものがあれば表示します。 コピー処理中にどのメタデータをオーディオ CD に書き込むかを選択できます。 メタデータを変更したり、新しい オーディオ CD メタ データを作成したりすることもできます。 もうひとつの便利な機能は、Nero CoverDesigner を使用してこのオーディオ CD 用カバーの作成を開始すると、メタデー タが引き継がれることです。 次の設定オプションが使用できます。 CD リスト 利用可能なオーディオ CD の情報を表示します。 CD Text と

Gracenote Media Database のメタデータは、もしあれば、リク

エストおよび表示の対象になります。 オーディオ CD に CD Text が記録されていない場合、少なくともトラックタイトルと 再生時間は表示されます。 テキスト表示をダブルクリックするか[F2]を押すと情報を編 集できます。 現在選択しているCDのト ラックリスト: オーディオ CD に収録されたオーディオトラックを表示します 。 コピーしたオーディオ CD に使用される情報をここで詳細に 確認できます。 テキスト表示をダブルクリックするか[F2]を押すと情報を編 集できます。 ボタン カバー作成 Nero CoverDesigner を開きます。 タイトル、トラック番号、オ ーディオファイル名などの情報がドキュメントデータに追加さ れます。 チェックボックス 常に推奨されたCD情報を 使用しこのメッセージを 以後表示しない このチェックボックスをオンにした場合、Nero Express はオー ディオ CD の情報を常に自動的に使用します。 最初に CD Text が使用されます。 オーディオ CD に利用可能な CD Text がない 場合、Gracenote にリクエストが送信され、Gracenote のメタデ ータが使用されます。 情報を自動的に適用するとコピーを速く 実行できるというメリットがありますが、コピーされた情報が 正確にわからないというデメリットもあります。 ボタン OK 選択したオーディオ CD のメタデータを使用して、オーディオ CD のコピーを継続します。 音楽認識テクノロジーおよび関連データは Gracenote® によって提供されます。 Gracenote は、音楽認識技術と関連情報配信の業界標準です。詳細については、 www.gracenote.com をご覧ください。

(33)

5.3. 方法と設定

[元のファイルと書き込み先を指定します]画面では、次の設定オプションが使用でき ます。 選択リスト 読み込み元ドライブ コピー元の情報を読み取るドライブを指定します。 ドライブにコピーしたいディスクを挿入します。 選択リスト 書き込み先ドライブ 書き込み先のドライブを指定します。 このドライブに空のディスクを挿入します。 ボタン 情報 [ドライブ情報]ダイアログボックスを開きます。 このダイアログボックスには、書き込み先に選択したドライブ についての情報が表示されます。 チェックボックス クイックコピー 読み込み元ドライブから、書き込み先ドライブに直接コピーで きるようにします。クイックコピーの実行時には、デ―タはハ ードディスクにバッファされません。 オンザフライオプションは、最低 2 台のドライブが接続されて

いないと使用できません(Nero Image Recorder には適用されま

せん)。このチェックボックスが選択されていない場合は、イ メージファイルが作成されてから、書き込みが開始されます。 選択リスト 書き込み速度 ディスクの書き込み速度を設定します。選択したドライブでサ ポートされている書き込み速度のみが表示されます。

このオプションは、Nero Image Recoder では使用できません。

入力フィールド 作成枚数 作成枚数を指定します。 チェックボックス 書き込み後にディスク上 のデータをベリファイす る 書き込んだデータが、元のデータと同一かどうかを検査します 。

このオプションは、Nero Image Recoder では使用できません。

表示フィールド/ボタン

イメージファイル

イメージファイルが保存されるフォルダを指定します。イメー ジファイルの名前や、保存先フォルダを変更できます。

(34)

拡張機能ダイアログボックスでは、次の設定オプションが使用できます。 チェックボックス すべてのサブチャンネル データを読む コピー時に、すべてのサブチャンネルデータを読み込みます。 サブチャンネルデータは、CD TEXT やカラオケ CD の歌詞など の追加情報を保存するために使用されています。オーディオ CD やカラオケ CD をコピーする場合には、このチェックボックス をオンにします。 すべてのサブチャンネルデータを読み込むことができるドライ ブを使用する必要があります。 チェックボックス 最大転送レートを測定 編集されたデータにアクセスできる速度をチェックし、選択さ れた書き込み速度を必要に応じて減速します。これにより、バ ッファアンダーランを防止できます。 バッファーアンダーラン防止機能を搭載したドライブでは、速 度テストは不要です。現在では、ほとんどのドライブにこの機 能が備わっています。

このオプションは、Nero Image Recorder で保存する場合は、使 用できません。 チェックボックス シミュレーション 書き込み処理のすべての手順を、レーザー光をオフにして実行 します。シミュレーションが成功すれば、書き込み処理も成功 すると見込めます。

このオプションは、Nero Image Recoder では使用できません。

チェックボックス 書き込み 物理的な書き込みを実際に開始します(たとえばシミュレーシ ョンの後)。 初期設定ではこのチェックボックスが選択されています。 チェックボックス 作業終了後自動的にPCを シャットダウン 書き込み処理の終了後、PC を自動的にシャットダウンします。

5.3.1. オンザフライコピー

オンザフライ方式を使用するには、コピー元のディスクをドライブに挿入して、記録可 能なディスクをドライブに挿入します。ドライブ内のコピー元ディスクは、直ちにドラ イブ内の空ディスクにコピーされます。オンザフライ方式を使用すると、非常に素早く 余分なディスク領域を必要とせずにコピーが実行できます。

(35)

オンザフライ方式を使用するには、ディスク読み込み用ドライブと、書き込み用ドライ ブの 2 台のドライブが最低でも必要になります。読み込み用ドライブと書き込み用ドラ イブには、次に示す要件が適用されます。  書き込み用ドライブには、バッファーアンダーラン保護の機能が必要です。または 、ドライブがデータを十分に速く送信できる必要があります。読み取り速度は書き 込み速度の少なくとも 2 倍でなければなりません。  読み込みドライブには、セッションの数とセッションの種類についての情報を提供 する機能が必要です。この情報がないと、Nero Express で完全なコピーを作成でき ないことがあります。 オーディオ CD をコピーする場合は、読み込まれるオーディオファイルの品質がドライ ブによって低下する可能性があるため、イメージ経由コピー方式をお勧めします。

5.3.2. イメージ経由コピー

イメージ経由コピー方法では、まず元のディスクのイメージがファイルに保存されます 。次に、イメージファイルが空のディスクに書き込まれます。イメージ経由コピー方法 でのコピーには時間がかかりますが、ほとんどの場合、より優れた結果が得られます。 イメージ経由コピー方式を使用するには、十分な記憶領域が必要になります。 イメージ経由コピーは、次のような状況で特に効果を発揮します。  利用できるドライブが 1 台に限られている場合。  同一ディスクのコピーを複数枚作成する場合。  コピー元の CD が(傷などで)読み込みエラーを発生させる可能性がある場合。  コピーの再現性(特に、オーディオ CD のインデックスポジションや音声品質など )を重視する場合。

(36)

6. ビデオ編集

6.1. DVD ビデオの書き込み

Nero Express を使用すると、ハードディスクに保存されたプレマスタリング済みの DVD ビデオファイルを DVD に書き込むことができます。作成した DVD は、ほとんどす べての DVD プレーヤーで再生できます。DVD ビデオタイトルが用意されていれば(つ まり、完全な DVD フォルダ構造が用意されていれば)、Nero Express を使用して DVD が作成できます。

Nero Express では、ビデオファイルを DVD ビデオ、AVCHD ビデオ、BDMV ビデオ

に変換することができません。ビデオファイルの DVD ビデオ、AVCHD ビデオ、BDMV

ビデオへの変換は、Nero Video などでは可能です。Nero Video はフルバージョンの

Nero Classic に含まれています。Nero Video について詳しくは、Nero の Web サイト( www.nero.com )を参照してください。また、ビデオ編集について詳しくは、『Nero Video マニュアル』を別途参照してください。 DVD ビデオを編集するには、次の手順を実行します。 1. Nero Express の開始画面で[ビデオ]メニューアイコンをクリックします。  ビデオのオプションが表示されます。 2. DVD-Videoファイル]オプションをクリックします。  [DVD-ビデオファイル]編集画面が表示されます。 3. [追加]ボタンをクリックします。  [ファイルとフォルダの追加]ウィンドウが開きます。 4. 編集に追加する DVD-ビデオファイルを選択し、[追加]ボタンをクリックしま す。 5. [閉じる]ボタンをクリックします。  編集する DVD-Video ファイルが追加され、編集画面に表示されます。 選択した DVD ビデオファイルが 4483 MB より大きく、2 層 DVD(DVD DL)の書 き込みができる DVD ドライブを使用している場合には、ドロップダウンメニューから [DVD 9(8152 MB)]を選択できます。 6. [次へ]ボタンをクリックします。

参照

関連したドキュメント

QRコード読込画面 が表示されたら、表 示された画面を選択 してウインドウをアク ティブな状態にした 上で、QRコードリー

CleverGet Crackle 動画ダウンロードは、すべての Crackle 動画を最大 1080P までのフル HD

操作内容/項目説明 振込金額を入力します。 【留意点】 ・半角数字(最大10桁)

また、同法第 13 条第 2 項の規定に基づく、本計画は、 「北区一般廃棄物処理基本計画 2020」や「北区食育推進計画」、

あれば、その逸脱に対しては N400 が惹起され、 ELAN や P600 は惹起しないと 考えられる。もし、シカの認可処理に統語的処理と意味的処理の両方が関わっ

ステップⅠがひと つでも「有」の場

廃棄物の再生利用の促進︑処理施設の整備等の総合的施策を推進することにより︑廃棄物としての要最終処分械の減少等を図るととも

原子力事業者防災業務計画に基づく復旧計画書に係る実施状況報告における「福 島第二原子力発電所に係る今後の適切な管理等について」の対応方針【施設への影 響】健全性評価報告書(平成 25