Studies on the effect of high ambienttemperature to the thyroidal activity ofcockerels

全文

(1)九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository. Studies on the effect of high ambient temperature to the thyroidal activity of cockerels 五斗, 一郎 九州大学農学部. 谷, 日出男 九州大学農学部. https://doi.org/10.15017/21519 出版情報:九州大學農學部學藝雜誌. 18 (1), pp.41-47, 1960-10. Faculty of Agriculture, Kyushu University バージョン: 権利関係:.

(2) 家鶏 の 甲状 腺 機 能 にお よぼす 高温 処 理 の影 響 五. Studies. 斗. 一. 郎. ・ 谷. 日 出. 男. on the effect of high ambient temperature to the thyroidal activity of cockerels Ichiro. Goto. and. Hideo. Tani. 甲 状 腺 機 能 が 環 境 温 度 の 影 響 を うけ や す い こ とは こ れ ま で 多 く の実 験 観 察 に よ つ て 確 か め ら れ て い る,す. な わ ち,家. 鶏 に 関 し て は 持 続 的 低 温 処 理 に よ り 甲状 腺 機 能 が 昂 進 す る こ. と がWinchesterandKleiber(1938),23)Heywang(1947)7)お Shaffner(1950)8)に. よびHoffmannand. よ つ て 報 告 され て い る し,Wilson(1948,20)194921)),Fox(1951),2). JoinerandHuston(1957)9)お. よび 岡 本 ・小 川(1957)14)は. 機 能 が 低 下 す る こ と を 観 察 し,ま. 持 続 的 高 温 処 理 に よ り甲状 腺. た 季 節 的 な 甲 状 腺 機 能 の 変 動に 関 し て はCruickshank. (1929),・)Winchester(1940),22)ReinekeandTurner(1945),is)Turner(1948),19)竹 内 ら(1954)17)お. よび 川 名 部 ら(1956)18)な. ど の 報 告 が あ る.し. い ず れ も比 較 的 長 期 間 に つ い て の 観 察 結 果 で あ り,甲. か し な が ら以 上 の 報 告 は. 状 腺 機 能 が短 期 間 の高 温 処 理 に対 し. ど の よ うに 反 応 す る か と い う点 に 関 し て は ま だ 解 明 さ れ ねば な ら な い 点 が 残 さ れ て い る. 本 実 験 は 甲状 腺 のIl31‑uptakeの PBIと. 略 称)の. 変 動 と血 清 中 の 蛋 白 結 合 沃 素(protein‑boundiodine・. 変 動 と を 測 定 し て,短. 時 間 の 高 温 処 理 が 甲状 腺 の 機 能 に 対 し ど の よ うな. 影 響 を 与 え る か を 知 る こ と を 目 的 と し て立 案 し た も の で あ る が,と. くにPBIの. 変動 に関. しては これ の 甲状 腺 機 能 の指 標 と して の利 用性 に つ い て は 問題 が あ る の で そ の 点 の 検 討 を も あ わ せ て 意 企 し た. 材 料 お よ び 方 法 用 い た 家 鶏 は60〜70日 飼 育 した も の で あ り,飼. 令 のS.C.WhiteLeghorn種. 雄 鶏104羽. 料 は す べ てallmashの. も の(日 配)を 給 与 し水 は 自 由 に 与xた.. 恒 温 装 姪 は 当 教 室 で 製 作 し た 温 度 誤 差 ±1℃,相 理 温 度 は30,35,40℃. の 三 段 階 に 区 分 し,処. へ のIasi‑uptakeの. 対 湿 度60〜70%の. 理 時 間 は40℃. 観 察 を 行 な つ た 雄 鶏 で は1〜50時. を 行 な つ た も のに 関 し て は5〜30時間,40℃. で 畜 産 学 第 一教 室 で. 間,血. も の を 使 用 し た.処. 処 理 の もの を除 き・ 甲状 腺 清 中PBI量. の変 動 の観 察. 処 理 の も の に 関 し て は い ず れ の 場 合 も5時. 間. 以 内 の 処理 を 行 な つ た. 甲 状 腺Iiai̲uptakeの の11S1を. 変 動 を 観 察 し た 家 鶏 に は,温 度 処 理 終 了 の1時. 間 前 に1羽. 当 り20,uc. 翼 下 静 脈 に 注 射 し た.所 定 時 間 経 過 後実験 鶏 を 頸 動 脈 切 断 放 血 後 断 頭 屠 殺 し,甲 状. 腺 を 採 取 し た.摘. 出 し た 甲 状 腺 は トー シ ョ ン バ ラ ン ス で 秤 量 の後Keatingeta1・(1945)10》. の 方 法 を一部 変 更 し た 方 法 を 用 い て 溶 解 し た.す な わ ち,3%NaOH2・5ccと3%NaI2・5cc の 混 合 液 中 に 採 取 し た一対 の 甲 状 腺 を 入 れ1週. 間 室 海 で溶 解 させ た ・ 宗 全 に 溶 解 した試 料.

(3) 0.2ccを. ス テ ン レ ス製 試 料mLに. を 添 加 し60℃. 取 り1cc当. り1mgのAgイ. オ ン を 含 むAgNO3溶. で 乾 燥 の 後,G.M.Counter(Nuclear製)で. 液0.2cc. 放 射 能 を 測 定 し た.上. 述の. 方 法 で 得 た カ ウ ン ト数 を あ らか じめ 注 射 す る 際 に 用 意 し た 標 準 対 照 液 の カウ ン ト数 と 比 較 し各 実 験 鶏 の 甲 状 腺 の1131‑uptake量. を 比 放 射 能 に よ り算 川 した 後,甲. 状 腺100mg当. り. の 数 値 に 換 算 した. PBIIの 血清中変 動 の 観 察 な 行 な つ た 実 験 鶏 に 関 し て は,処 脈 よ り採.血 し た 後 に 屠 殺 し た.な し た血清 中 のPBI量. 理時間 経 過 後 直 ち に 頸 動. お 甲状 腺 は 摘 出 種 軍:後ホ ル マ リン 固 定 を そ1なつ た.分. 離. の 測 定 に 関 し て は,GrossmannandGrossmann(1955)6)の. ル カ リ灰 化 法 に 準 拠 し,560士10℃. で2.5時間. 日立 光 電 光 度 計(F.P.W,‑4型)で. マ ツ フ ル(島. ア. 津 製 作 所 製)に. フ ィ ル ク ーNo,43を. よ り灰 化 後,. 使 用 し 比 色 定量 を 行 な つ た ・. 結 果 お よ び 論 議 一 般 状 態 の 変 化:実 除 き,処 理 開 始 後20分 上 昇 し,40℃ 2〜3℃. 験 鶏 の 体 電 に は 著 し い 変 動 を 認 め な か つ た が,30℃ で す で にpantingを. 開 始 し,体 温 は35℃. 処 理 に つ い て は 処 理 開 始 後3時. 処 理 の もの を. 処 理 区 の 個 体 は 平 均1℃. 間 で 早 く も 死 亡す る個体 が 現 わ れ,体. 温は. の 上 昇 を 認 め た.. Tisi̲uptakeの. 変 動:短時間. の 高 温 処 理 に 対 し て 甲 状 腺 機 能 が ど の よ うに 反 応 す る か を 甲. 状 腺 へ の1131‑uptake値. を そ の 指 標 と し て 観 察 を そ∫ な つ た.そ. し め す とお りで あ る.す. な わ ち,30℃. の 結 果 は 表1お. 処 理 に お い て は 個 々 のpcakは. よ び 図1に. 認 め られ るが これ は. 周 期 的 変 動 とみ な し う る も の で 全体 的 に は 変 動 は 少 な く高 温 に よ る 甲 状 腺 機 能 の 抑 制 効 某, す な わ ち 甲 状 腺 の 機 能 低 下 は 現 わ れ て い な い よ うに 思 わ れ る.上. 述 の 結 果 か ら30℃. 温 環 境 は 短 時 間 で は 甲状 腺 機 能 に 対 し て は 影 響 を 与 え な い こ とが 推 察 さ れ る.し ら35℃. 処 理 区 の も の は,1,5,10,50時. Table. 1.. Changes as. the. の高. か しな が. 間 に そ れ ぞ れ 極 大 値 を 認 め る とは い え 全 般 的 に. of. thyroidal. effect. of. 1131_uptake heat. treatment.. of. cockerels.

(4) Fig.. 1.. Changes as. は1131‑uptakel量. of the. thyroidal effect. of. I131-uptake various. heat. は下降 の 傾 向 を た ど る ・ こ の こ とは35℃. も 甲状 腺 機 能 に 対 し抑 制 効 果 を も ち,こ と を し め し て い る.40℃. cockerels. の 環 境 温度 は 短 時 間 に お い て. の 効 果 は 処 理開始 後5〜10時. 処 ・理 に お い て は 実 験 開 始 後1時. 減 し 甲状 腺 の 機 能 低 下 が 認 め ら れ る.な. of. treatment.. お5時. 間 の 間 に現 われ る こ. 間 で す で に1131‑uptake量. は激. 間以 上 の処 理 は 実 験 鶏 に 対 しす べ て 死 へ の. 転 機 と な る. 低 混 環 境 に 対 し て 甲状 腺 が 反 応 を し め す 時 間 は ラ ヅ トに お け るKenyon(1933),11)Ku‑ Shinsky(1935)】2)お. よ びWoitkewitsch(1935)°4)の実験. か ら総 括 す れ ば 一3〜4°Cの. 間で.

(5) Table. 2.. Changes exposed. Fig.. 2.. PBI. various. values. in. high. ambient. Changes of PBI values exposed to various high. 25日 を 要 す る ら し い.ま 1131‑releaserateは. of to. in blood ambient. 実 験 の35℃. cockerels. serum of cockerels temperature.. 高 温 処 理 に よ り甲 状 腺 の. ッ トで 大 量 のI131注. の大 坪 の成 績. ほ ど に は1131‑uptakeの. 処 理 区 の も の に 観 察 され る1時. 処 理 の 際 に も認 め ら れ る 傾 向 で あ る が,甲. 考 え ら れ る ・ こ の 点 は,ラ. of. 間 で 低 下 す る こ と を 確 証 し て い る.こ. を 本 実 験 の 結 果 と比 較 す る とIasi̲releaserateの低下. の 存 在 は,30℃. serum temperature.. た 家 鶏 で 大 坪(1958)15)は95DF(35℃)の. 処 理 開 始 後 約4時. に は 起 ら な い ら し い.本. blood. 低 下 は迅 速. 間 と5時. 間 値 のpeak. 状 腺 機 能 に 周期 性 が あ る もの と. 射 後 の 基 礎 代 謝 率 の 変 動 を測定. した 結 果,.

(6) 基 礎 代 謝 率 は あ る 程 度 ま で は 周 期 性 を 持 つ こ と を 観 察 し て い るGemilleta1.(1956)3)の 報 告 と一致 し て い る. PBI量. の 変 動:本. 1131・rcleascrateを 報 告 が あ る.本. 来 甲状 腺1""‑uptakeの. 変 動 を 測 定 す る と 同 時 に 甲状 腺 に お け る. 測 定 す べ き で あ る がreleaserateに. 関 し て は す で に 大 坪(1958)15>の. 集 験 に お い て は 家 鶏 の 場 合 甲状 腺 機 能 測 定 の 指 標 と し てPBIを. こ と の 妥 当 性 に つ い て の 批 判 がMellenandHardy(19三7)13)に. よ り提 出 さ れ て い る の で. そ の 報 告 に つ い て 検 討 す る 意 味 か ら も血清 中PBI量 の 結 果 は 表2お 30℃. よ び 図2に. の 変 動 を 測 定 し た も の で あ る.そ. し め す 通 りで あ る.. 処 理 区 に 関 し て は全実験期間. 中 ほ と ん ど変 化 を し め さ な か つ た.35℃. い て は 本 実 験 の 甲 状 腺1131‑uptake量お. よ び 大 坪(1958)15)に. 少 の 傾 向 は 認 め ら れ る が,血. 清 中PBI量. 体 差 が 大 き い の が 認 め ら れ た.し の低下 は24時. の 変 動 に 関 し て は,一. 応減. が 非 常 に 低 い値 を しめ す割 合 に は測 定 値 に個. か し な が ら,ラ. 間 以 内 に 現 わ れ,こ. り生 ず る とGoldbergeta1.(1957)4)は し て の血中PBIの. 処理 区にお. よ る 甲 状 腺1131‑rcleaserate. の 減 少 の 両 現 象 が 観 察 さ れ た に も か か わ らず,血清中PBI旦. PBI量. 用 い る. ット で 高 温(36。7〜37.8℃)に. 報 告 し て い る.以. 上 の よ うに 甲 状 腺 機 能 の 指 標 と. 信 頼 性 の 有 無 に つ い て は 動 物 の 種 に よ る 血 中PBI量. す る の で は な い か と も考 え られ る.40℃. よ る血中. れ は 甲状 腺 の 分 泌 機 能 が 抑 制 され る こ と に よ. 処 理 に 関 し て は,一. の差 異 に起 因. 応 減 少 を し め し て い る が,. 3時 間 で す で に実験 鶏 の 半 数 が 死 亡 し た た め 以 後 の実験 を 中 止 し た の で,果 減 少 を 持 続 す る か 否 か に つ い て は 正 確 な 記 述 を す る こ とは 出 来 な い.な. して この ま ま. お,1131・uptakeの. 観 察 を 行 な つ た 雄 鶏 群 とPBIの. 変 動 の測 定 を行 な つ た雄 鶏 群 の 問 に お け る甲状 腺 重 量. の差(Pく0.01)は. 者 が6月. 前 者 が12月,後. に実 験 を施 行 した こ とに よ るた め の季 節 的 な. 甲 状 腺 重 量 の 差 が 現 わ れ た も の と 思 わ れ る. 以 上 述 べ た1131‑uptakeの. 変 動 と,血清. 中PBI量. 強 制 換 羽 鶏 の 間 の 甲状 腺 機 能 の 比 較 に お い て,甲 PBI量. の変 動 との相 五 関係 お よび産 卵 鶏 と 状 腺 の 組 織 像 に は 差 を 認 め た が,血. の 変 動 に 関 し て は 個 体 差 の ほ うが 大 き く,し. てPBIを. 用 い る こ とは,少. た が つ て 甲状 腺 機 能 変 動 の 指 標 と し. な く と も 家 鶏 に お い て は,適. 59)5)の 報 告 を あ わ せ て 考 察 す れ ば,家. 漿中. 当 で な い と す る 五 斗 ・岡 本(19. 鶏 に お い て は血中PBI量. の変 動 を もつ て して は. 甲 状 腺 機 能 の 変 化 を 正 確 に は 把 握 し得 な い と い う こ と に な り,前 述 のMellenandIlardy (1957)13)の. 意 見 に 同 意 す る も の で あ る. 要. 約. 家 鶏 の 甲状 腺 機 能 が 高 温 環 境 に 対 し て 短 時 間 の 間 に ど の よ うに 反 応 す るか を 知 ろ う と し て,60〜70日. 令 のS.C.WhiteLeghorn種. び 血 清 中PBI量. 状 腺 へ の1131・uptakeお. よ. の 変 動 を 測 定 す る こ とに よ り 甲状 腺 機 能 の 変 動 を 追 究 し た も の で あ る.. そ の 結 果,30℃ た が,350Cの. 雄 鶏 を 用 い,甲. の 環 境 温 度 下 で は50時. 間 以 内 で は 甲状 腺 機 能 の 低 下 は 観 察 され な か つ. 高 温 環 境 下 で は 甲 状 腺 機 能 は 抑 制 さ れ,甲. 観 察 す る と そ の 抑 制 効 果 は 処 理開始 後5〜10時 で は 甲状 腺 機 能 の 抑 制 効 果 は1時. 状 腺 のIiai̲uptake値. 間 の 間 に 現 わ れ た.ま. 間 後 に お い て す で に 観 察 さ れ た が,処. た40℃. の変 化 か ら の高 温 環 境. 理 開 始 後5時. 間以.

(7) 後 は実 験 鶏 の全数 が死 の転 機 を とつ た の で,こ. の温 度 は本 実 験 の条 件 下 では 臨 界 温 度 以F. の もの で あ る こ とが推 察 され た. PBI量. の変 動 に 関 しては35℃. 鶏 の場 合血中PBI量. の 温 度環 境下 で は 一 応減 少 の傾 向は 認 め られ る が,家. が 少 な くしか も個 体 差が大 き い の で,甲 状 腺 機 能 推 定 の指 標 とし て. は 適 当 とは 認 め られ な い. は 岡本 正 幹教授 本実験 の御 指 導 の も とにわ. れ た.こ. こに 同教授 な らび に1131の測定. に 関 し御 教 示 戴 いた 農 芸 化 学 山 田芳 雄 助教授 お よび 種 々助言を 戴 い た古 賀 脩 ・松 昆 昭雄 助 手 に 深 謝 の意 を表 す る. 文. 献. 1). Cruickshank,. 2). Fox, T. W., 1951. Poultry. 3). Gemill. C. L., K. R. Crispell. 4). Goldberg, R. C., J. Wolff and R. 0. Greep, 1957. Endocrinology,. 5)五斗一郎. E. M., 1929. Biochem. J. 23: 1044-1049. Sci., 30: 477-483. and K. M. Browning,. 1956. Endocrinology,. 59: 522-525.. 60: 38-52.. ・岡本正幹,1959.日畜会報,30;305‑309.. 6). Grossmann, 361.. A. and G. F. Grossmann,. 1955. J. Clin. Endocrinol.. 7). Heywang,. B. W., 1947. Poultry. 8). Hoffmann,. E. and C. S. Shaffner,. 1950. Ibid., 29: 365-376.. 9). Joiner, W. P. and T. M. Huston,. 1957. Ibid., 36: 973-978.. and Metabol.,15:. 354-. Sci., 26: 20-24.. 10). Keating, F. R. Jr., R. W. Rawson, W. Peacock and R. I). Evans, 1945. Endocrinology 36: 137-148.. 11). Kenyon, A. T., 1933. Am. J. Pathol., 9: 347-368.. 12). Kuschinsky,. 13). Mellen, W. J., and L. B. IIardy. G., 1935. Arch. 1. exper. Pathol. u. Pharmakol., Jr.,. 1957. Endocrinology,. 179: 726-737.. 60: 547-551.. 14)岡本正幹小川清彦,1957.鹿児島大学農学部学術報告,6:114‑119. 15)大. 16). 坪 孝 雄,1958.日. Reineke,. 17)竹. 畜 会 報,29(別. 号);30.. E. P. and C. W. Turner,. 1945. Poultry. 内 三 郎 ・河 野 憲太 郎 ・仁 藤和 雄,1954.日. 18)田. 名 部 雄一. 19). Turner,. Sci., 24:. 499-504.. 畜 会 報,25:118‑121.. 野 崎 博 ・牧野 憲 二,1956.Radioisotopes,5:52‑57.. C. W., 1948. Poultry. Sci., 27: 146-154.. 20). Wilson, W. 0., 1948. Ibid., 27: 813-817.. 21) 22). Wilson, W. 0., 1949. Ibid., 28: 581-592. Winchester, C. F., 1940. Mo. Agric. Exp. Sta. Res. Bull., 315.. 23). Winchester,. 24). Woitkewitsch,. C. F. and M. Kleiber, 1938. J. Agric. Res., 57: 529-544. A. A., 1935. Virchows. Arch. f. Pathol. u. Anat., 294: 653-662.. Resume This ture. study. to the. was undertaken. thyroidal. activity. to investigate of. cockerels,. the elect by. means. of high of. the. ambient changes. temperaof I131-.

(8) uptake in. of. blood. thyroid serum,. ambient. were. of. thyroid. et. al.. hour. dose. of. the. every. alkaline the. 40•Ž. heat. of. despite. the. Therefore. after. appears experimental. to. be. of. activity. in. onset beyond. the. the. it. was. was. 5. detected in. blood. cockerels.. limits. from. In. treatment, of. in. all. survival. not. by. as. allowance. onset. after. serum the. be. of. thyroid. a good. of. Animal. Faculty Kyushu. of. the onset. levels, gland.. indication dead. by. 6. temperature cockerels. conditions. Laboratory. of. the. were. the. 35. 35•Ž,. PBI. ambient. for. of. depression In. hours. an. :. the of. at Gross-. follows. cockerels 40•Ž. Keating. vein. by. may. therefore. of. brachial. the. I131_uptake. serum 40•Ž,. 10. in. 40•Ž. Relative. treatment.. to. observed. hours of. determined. sign. the. 50 lot. of. 1131-uptake. after. no of. 40•Ž. levels.. were. minutes. found. the. method. into was. onset. observed. level. the. 20. was the. the. obtained. about. and. treatments. of. level. levels. 1 to. of PBI. the. injected. PBI. after. was. PBI. of. 30•Ž,. decrease. decrease. that. was. at. hours. activity. seems. the. In. all. 35. from. estimated. Results. panting. 50. those. 30,. exception. modification. bird. at were. the. (PBI). cockerels.. exposed periods. finished.. significant. tendency it. the. iodine. Leghorn. and. with in. method.. within. White. throughout. 1131 per. treatments.. No. thyroidal. hours. of. began. thyroidal. treatment.. hours. by. incineration. activity. 30. percent. treatment. cockerels. of. decrease. to. 70. gc. C. lots. values. determined 20. S.. protein-bound. Treatment. 5. to. was. The. thyroidal. of. 60. before. All. old. of. three. 1"1-uptake. from. from. gland. mann's. of. were. was. days into. observed. and. humidity. and. 60'--70. variation. respectively.. cockerels. treatment,. the. divided. temperature. the. and. using. Cockerels. in. gland. Breeding,. Agriculture, University. in. the.

(9)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP