全文

(1)九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository. 式亭三馬の趣向 大内, 保宏 鎮西女子高等学校教諭. https://doi.org/10.15017/10447 出版情報:文獻探究. 18, pp.44-49, 1986-09-18. 文献探究の会 バージョン: 権利関係:.

(2) 式. 亭. は じ め に. 三. 馬. の. 江 戸 後 期 の戯 作 文 学 は ︑ 他 の 作 品 を 粉 本 と し て ︑ そ の 越 向 な り 形. 一九 は ︑ 既 に 考 証 さ れ る 如 く ︑ 八 文 宇 屋 本 ︑. 式 な り を 取 り 込 ん で 発 展 し て き た も の が 多 い . 例 え ぱ ︑ 式 亭 三 馬 や 十 返 舎. 黄 表 紙 ︑ 小 咄 本 ︑ 狂 言 な ど ︑ 先 行 の 作 品 を ︑ 今 日 か ら す れ ぱ ︑ 剰. 趣. 向. ︻梗 概 ︼. 人. 内. 保 宏. 神 田 の 八 丁 堀 に 式 田 や 馬 二 郎 と い う の ら く ら な 男 が い た . あ る. 日 ︑ 馬 二郎 が ぼ う っと し て い る と ︑ か よ う か み の 末 社 の い き ち ょ ん. 遊 び の 様 が 見 え る . 金 で ど う で も な る と 思. っ て い る 大 尽 と そ の 家. 大 通 神 が あ ら わ れ ︑ 腹 明 鏡 を 授 け る . こ の 眼 鏡 に 目 を あ て る と 女 郎. ッ子 の 生 ま れ る 所 な ど が 見 え る . 十 丁 目 に い た り. 明 け 前 の女郎 な ど様 々な人 物 の内幕 が見 え る . そ. ら くーー. 歌 川 豊 国﹃. , 西官 新. 季 し て , 次 に は 江 戸. ゐ て ゐ る . し か し 当 人 達 は ︑ そ れ. 庭 ︑ そ の他 年. 用. 一心 覗 替 繰 一 を め ぐ っ て. 一 (三 冊. (二 冊 ︑ 歌 川 豊 国 画 ︑ 西 宮 新 六 板 ) は ︑ 寛 政. , 轡 博叫 髭. の が 本 作 の も と で あ った .. (三 冊 ︑ 北 尾 重 政. ﹁本 町 庵 三 馬 ﹂ の 項 に. ︻か ] ︑ 寛 政 五 年 刊 ) を 粉 本 と す る も の で ︑ 既. こ れ は ︑ 芝 全 交 の 黄 表 紙. ﹃近 世 物 之 太 江 戸 作 者 部 類 一 の. 画 ︑ 鶴 屋 喜 右 衛 門 板. 減. っ て病 と な る . 腹 の申 に や ん 八 と い う 火 が 現 れ ︑ お い ら ん の不 養. 臓 は ︑ 肢 の 申 の 親 分 で ︑ 肝 の臓 は そ の 召 使 い で あ る . 腎 の 臓 が 水 が. る . 心 の臓 か ら ︑ お い ら ん の表 裏 の 有 様 が い く つ も で て い る . 心 の. ん の 前 向 き と 後 向 き の 図 が あ り ︑ 相 対 照 し て表 裏 の関 係 に な っ て い. 最 初 に ︑. お け る 指 摘 が 有 る . ﹃l I ⊥ 腹 之 内 一 の 梗 棚 は ︑ 次 の 通 り で あ る . 垂 ごきになぞ う苧壱 つ︽ゲ 3し弓ー ¥一 3●番ザ ﹁真 '向 成 嘘 言 吐 図 ﹂ と ﹁後 向 尻 抱 者 襖 図 ﹂ と い う お い ら. に 滝 沢 馬 琴 に. ずう し すUセ"儲ら の ,ち ﹃十 四 傾 城 膿 之 内 一. や め よ う と す る と ︑ 通 の 心 を お こ せ と 大 通 神 よ り 馬 二郎 に 渡 さ れ た. 窃 と し て指 弾 さ る べ き 程 に. に ︑. ﹁麺. ら を も っ て ︑ 如 何 に も ふ さ は し く ︑ 似 つ こ ら し く ︑ 目 作 の 一隅 を. 一七 四 頁 ) .. ﹁構 成 に 関 す る 方 法 ﹂ た る. ﹃戯 作 論 ﹄. 飾 り 得 た か の ︑ 換 骨 奪 胎 の 妙 を ほ こ り た の で あ る . (中 村 幸 彦 博 士. そ の 場 合 ︑ 換 骨 奪 胎 の や り 方. と さ れ る 如 く であ る. 向 ﹂ を ︑ 先 行 作 品 か ら ど の よ う に 吸 収 し 発 展 さ せ て い る か. ﹃人 間. 一心 覗 替 繰 一. 一︑. 一九 の そ れ と の 比 較 を 試 み た い と 思 う .. こ こ で は ︑ そ う し た 観 点 か ら ︑ 黄 表 紙 ﹃人 聞 一 心 覗 昔 繰 一 と 滑 稽 μとゴξ 〇三 ら̀り ﹃人 心 覗 機 関 ﹄ (文 化 十 一 年 刊 ) の 両 作 品 を 中 心 に 三 馬 の 麺 向 を. ドをず んり,レゐの三. 各 作 者 の 創 作 上 の 意 図 や 特 色 を 探 る 余 地 が 有 り そ う に 思 わ れ る .. 本 見 ︑ ま た. ﹃人 間. 六 年 刊 ・同 年 刊 の ﹃難. 六 板 ) と 共 に 三 馬 の 処 女 作 と し て知 ら れ る .. 一44一.

(3) 生 も あ. の ぞ く ︑ な い. の膿 な ど の 活 躍 に よ っ て ︑ 病 の根 は き. っ て 胆 玉 や ぐ い ぐ い虫 と 共 に あ ぱ れ ま わ る . お い ら ん の せ い. で内 臓 に 異 変 が 起 こ る が ︑ 肝 ら れ ︑ 十 四 傾 城 は 無 病 息 災 と な り ︑ め で た く 終 わ る .. 両 作 品 を 比 鮫 し て み る と ︑ 日 頃 見 な れ な い も のを. ﹃腹 之. し ︑ も の の 表 裏 を の ぞ く と い う た 趣 向 が 共 通 し て お り ︑ 登 場 人 物 に. ﹃覗 巷. ﹁類 型 的 描 写 ﹂ と 言. 一方 で 展 開 し て い る の に 対 し ︑. も ︑ お い ら ん 〜 女 郎 と い った 類 似 の も のが 見 ら れ る . 但 し ︑ 内 ﹄ の そ れ が の ぞ き の 面 白 さ 繰 ﹄ の そ れ は ︑ 世 態 の 人 情 を 写 ナ こ と や 町 人 の. い わ ゆ る 町 人 の 平 面 的 類 型 描 写 ︑ 即 ち 当 代 に あ. った ら し い こ と が 分 か る . そ れ は ︑ や が て 硫 立 さ. わ れ る う が ち の描 写 に 重 さ を 量 い て お り ︑ そ の 辺 り に 同 作 品 に お け る 三 馬 の 関 心 が 有 れ る 三 馬 の 作 風. ﹃腹 之 内 ﹄ の も う. 一つ の越 向 は 生 か さ れ. ﹃覗 替 繰 一 に お い て. っ ては 巧 徹 な 趣 向 に よ る 描 写 に つ な が る も の であ ろ う .. の擬 人 化 と い った. ま た ︑ そ う し た 関 心 の 違 い が 有 れ ば こ そ ︑ は ︑ 内 臓 ず に し ま った も の で も あ ろ う . と こ ろ で︑. 一年 刊 ) と が 知 ら れ る . 既 に ︑ 山. ﹁腹 之 内 一 と の 簡 単 な 比 較 が な さ れ て い る が ︑ 上 記. 一九 画 ︑ 西 村 与 八 板 ︑ 寛 政 十. (三. ﹃覗 替 繰 ﹄ と 同 様 に ﹃腹 之 内 一 を 粉 本 と し て 利 用 し た 鷲ら の う3 け凄轟 たね修ん ﹁腹 之 内 戯 作 種 本 ﹂ (三 冊 ︑ 小 川 美 丸 画 ︑ 額 屋. も の に ︑ 三 馬 の合 巻. 冊 ︑. 喜 右 衛 門 板 ︑ 文 化 八 年 刊 ) と 一九 の 黄 表 紙 ﹁肇. 口剛 氏 に よ っ て. と 対 照 す る 意 味 で ︑ 少 し 詳 し く 内 容 に触 れ な が ら 考 察 し て み た い . ︻ ﹃腱 之 内 戯 作 租 太 ﹂ 梗 夷 ︼ ﹁ま っ 序 開 に 板 元 の は ら の 内 を お め に か け ま す ﹂ と 述 ﹁文 化 八 歳 辛 未 新 ﹁式 亭 三 馬 腹 之 内 一 と し て 示 さ. ﹁は ら の 内 ほ つ た ん ﹂ か ら 始 ま る . 末 尾 に ︑. 裏 表 紙 に べ ︑. 版 目 録 ﹂ が 有 り ︑ そ の 中 に ︑ 太 作 が れ て い る .. (作 者 ) と 三 味 線 ひ き. (絵 師 ) の 呼 吸 が. 板 元 が 肢 の内 を み せ ︑ 作 者 や 画 工 に 文 句 を い う . 草 紙 作 り の 内 幕 は ︑ 芝 居 に例 え る な ら 太 夫. (楽 屋 ) に は ︑ 様 々 な 登 場 人 物 が. い る . 三 馬 が 机 の 前 に す わ っ て い る ︒ 三 馬 の 膿 の 内 で は ︑ 魂 が 総 指. 肝 要 な の と 同 じ だ . 作 老 の 腹 の内. ま け る . そ し て ︑ 役 者 同 士 け ん か を す る . 菱 川 師 宣 の 傾 城 絵 が 恋 愛. 揮 を と っ て い る . 作 者 の 魂 が な ま け て い る の で ︑ 肢 の 内 の役 者 も な. か し ︑ 三 馬 は の ん び り し て い る の で ︑ 腹 の 内 のも の を 筆 耕. の爾 と し. を す る と ︑ 敵 役 に た た か れ る が ︑ 忠 義 者 の し も ぺ に す く わ れ る . し. の闇 魔 大 王 の 和 睦 と な り 騒 動 が お さ. て 降 ら せ 目 を ま わ さ せ よ う と す る . 悪 婆 と 丹 前 男 と の 争 い な ど が あ る が ︑ 竜 ・ 冨 の な ん だ 寵 王 と 地 獄. で ︑ 多 く の板 元 に 来 ら れ て 困 る . 肢 の 内 も お さ ま っ て ︑ だ ん だ ん 新. ま る . 三 馬 も よ う や く 目 が さ め て机 に 向 か う が 今 ま で 怠 け て い た の. 麺 向 も 出 て く る .. 一九 が 腹 の 中 を の ぞ く と 心 の. 一九 と い う 怠 け 者 が 夢 を 見 る . 貝 原 篤 信 と い う 医. ︻ ﹃腹 内 養 生 主 論 一 梗 棚 ︼ セ川 丁 辺 に 住 む. の 娘 の 精 気 を 見 そ め る . 元 気 と 精 気 は や が. て勘 当 さ. っ た と 責 め て い る . 脾 の臓 の 息 子 の 元. 者 が 現 れ ︑ 夢 と 共 に 口 申 に 飛 び こ む .. の 臓. 臓 た ち が ロ の せ い で 被 害 を 蒙 気 は ︑ 腎. れ ︑ か け 蒋 ち す る . 腹 の 内 は 大 騒 勤 と な る が ︑ 胆 の 仲 介 で 口 は あ や. 一九 が 夢 か ら さ め る と ︑ 篤 信 が 現 れ ︑ 口 を 噌 め さ と し て 去 る .. ま り の 証 文 を 書 き お と な し く な る . そ し て ︑ 腹 の 内 に は 平 和 が も ど る .. 一に し て 働 け ば 金 銀 ほ 目 分 の 前 に ふ っ て わ く の だ .. ﹃覗 替 繰 ﹂ に 比 べ て は , る か. ﹁腹 之 内. ﹁種 本 ﹂ に. (←. 一 々 の 麺 向 を 見 て も い え る こ と で ︑ 例 え ば ︑. ﹁腹 之 内 b に 近 い 趣 向 を 持 つ も の で あ る . そ の 事 は ︑ 全 般 的 な 面. 哨 見 .し て 舅 ら か な 如 く ︑ 両 作 品 と も ︑. 養 生 を 第. に. の み な ら ず. 見 え る 三 馬 の魂 か ら 様 々 な 場 面 が 煙 の 如 く 出 て い る 画. 一45一.

(4) ﹄ に 見 え る 心 の 臓 か ら ︑ お い ら ん の 表 裏 の右 様 が い く つ も で て い る ﹃養 生 主 論 ﹄ に お け ・肺 職 脾 臓 の病. ○ 馬 鹿 は つ く さ ぬ と い ふ 人 の 表 ︑ 其 裏. ○ 高 慢 を 吐 く 草 沢 医 生 の表 ︑ 其 裏. 一と す る 人 の 表 ︑ 其 裏. ○ 見 え ぼ う 第. 画 ) や ︑ 肢 の 内 に お い て 騒 動 が 起 き る 筋 立 て ︑ ・腎 の 臓 の病 の 経 過. ○ 料 理 を 食 自 慢 す る 人 の 表 ︑ 其 裏. ・心 の 臓 の 役 割. ﹂下 卑 女 房 の 表 ︑ 其 裏. ら の発 展 作 で あ る . そ の成 立 を 考 え る に は ︑. 箪. ﹃編. (巻 之 上 ). (巻 之 下 ). ﹃覗 善 繰 一 か. ﹃肢 之 内 戯 作 種 本 一 と の 関 係. っ て 一九 作 品 と の関 係 に 絞. っ て見 て. 飛講 ろ 塑. 紙 の作. 譲. ﹃近 世 文 学 論 集 一 の 中 で 簡 単. ﹃覗 機 関 ﹄ の 粉 太 と 思 わ れ る. (下 巻 ). (申 巻 ). (上 巻 ). [か ] ︑ 享 和 元 年 刊 ) は ︑. 一組 の 短 話 か ら 成 る .. (三 冊 ︑ 山 口 屋 忠 介 板. ︑. (前 者 が そ う 見 ら. と いう 蓑. ﹃古 今 百 馬 鹿 ﹄ 等 三 種 と の 関 係 な ど 解 明 す べ き 点 が 多 い が ︑ こ こ. っ て ︑ い ず れ も. の表 ︑ 其 裏. ○ 名 頭字 の事. ○ 人 体 面 ︑ 其 裏. ○ 嫁 姑 面 ︑ し う と の裏 ︑ よ め の 裏. ○ 身 代 面 ︑ 其 う ら. ○ 小 判 表 ︑ 小 判 裏. ○ 鏡 面 ︑ か 〜 み の 裏. ○ り ん き の 表 ︑ 其 裏. ○ 遊. ○ 名 聞 表 ︑ 其 裏. 全 編 次 の よ う な 題 目 の付 さ れ た 表 裏. ﹃人 心 両 面 摺 ﹄. に 触 れ て お ら れ る ) ︒. れ る こ と に つ い て は ︑ 既 に 重 友 搬 氏 が. が 有. 一九 には 灘 ︑ 爆離. 行 く こ と に す る .. で は 取 り 敢 え ず ︑ 論 述 の筋 に 沿. や. ﹃覗 巷 繰 一. が ︑ こ れ は ︑ 作 品 名 か ら も 分 か る 通 り ︑ 三 馬 の処 女 作. 即 ち ︑ 徹 底 し て さ ま ざ ま な 町 人 の 腹 の 内 を さ ぐ る と い う 内 容 で あ る. ○ 狼 者 と 呼 る. る 臓 器 の擬 人 化. ﹃千 金 カ 一. ﹃腹 之 内 一 の そ れ に. ﹃養 生 訓 ﹄ や 孫 思 遡 の. ・肝 臓 と 肝 玉 と の 関 係 ・ 終 段 に お け る 諸 病 の 全 快 と い っ た 筋 立 て な ど 全 て そ う で あ る . も ち ろ ん ︑ 後 者 に は 貝 原 益 軒 の. ﹃覗 替 繰 ﹄ と 同 様 に. ﹃肢 之 内 ﹄ か ら 麺 向 を. な ど か ら の影 響 も 麗 め ら れ る が ︑ 趣 向 の大 力 が. つ ま り ︑ 両 作 品 と も ︑. よ る も の であ る こ と は 疑 い 得 な い ︒. ﹃種. ・丹 前 男 と い っ た 町 人 の類 型 ︒人. ・悪 婆. 借 り て い る わ け で あ る が ︑ そ れ ぞ れ を 比 較 し て み る と ︑ 三 馬 の 本 ﹄ が や は り 役 者 や し も べ 一九 の. ど た ぱ た を の ぞ く 面 白 さ を 売 り も の に し て お り ︑ 麺 向 の生 か し 方 に. ﹃養 生 主 請 ﹄ は 全 く 臓 器 の. 情 を 描 こ う と し て い る の に 対 し ︑. 一九 の 場 合 ︑ 医 書 の 取. 明 ら か な 色 合 い の違 い が 見 ら れ る ︒ 三 馬 が 全 交 作 品 の 延 長 線 上 に 彼 独 自 の 世 界 を 打 ち 出 し 得 て い る の に対 し て ︑. ﹃人 心 覗 機 関 一 を め ぐ っ て. 一九. ﹃古 今 百. (二 冊 ︑ 歌 川 国 直 画 ︑ 丁 子 屋 平 華 衛 板 ) に つ. の 作 品 と を 比 較 す る 意 味. 一歩 手 前 の 趣 き が 有 る こ と も 事 実 で あ る .. り 込 み な ど に 関 し て全 交 作 品 に ま さ る 点 は 有 る も の の ︑ ほ と ん ど 剰 窃. 二 ︑. ﹃鮭聴 人 心 覗 機 関 ﹄. 次 に ︑ 三 馬 作 品 と そ れ に 関 連 す る で ︑. 一年 刊 の 滑 稽 本 で ︑ 同 年 刊 6 三 馬 作 ・ の. い て 考 察 し て み た い . 同 作 品 は ︑ 文 化 十. 一組 の 短 話 か ら 成 る ︒. ﹁表 裏 ﹂ を 描 く と い う 趣 向 を 取 っ て お り ︑ 全 編 次 の. 馬 鹿 ヒ な ど 三 種 と と も に 滑 稽 本 と し て は 末 期 の作 で あ る . 他 の 三 種 と 同 様 ︑ も の の. よ う な 題 目 の 付 さ れ た 表 裏. 一46一.

(5) 冊 ︑ 山 口屋 忠介 板. [か ] ︑ 享 和. であ っ て ︑ や は り ︑ 全 編 次 の よ う. 即 ち ︑ 両 作 品 が. ﹃覗 機 関 一. の粉 本 で あ る こ と は 勤 か な い と 思 わ れ. 一力. 登 場 人 物 の. ﹁生 活 臭 ﹂ 希. る の であ る が ︑ 但 し ︑ そ の 描 写 の姿 勢 に つ い て見 れ ば ︑ こ こ で も ︑. 一九 作 品 に は 筋 の 起 伏 や オ チ が 有 る. ○侶 客 表. 其 裏. 其 裏. 其 裏. ても か な り 具 体 的 に 書 か れ て い て ︑ 本 田 康 雄 氏 の い わ ゆ る 浮 世 物 真. 眼 前 に 髪 鑑 と さ せ る よ う な 緻 密 な 描 写 に 富 み ︑ ま た 心 の. 一組 の 短 話 か ら 成 る ︒. ﹃人 心 両 面 摺 ﹄ の 後 編. ま た ︑ 幽 魂 裏 面 行抜 路 次 ﹄ 二 三 年 刊 ) は な 題 目 の 付 さ れ た 表 裏. ○悟 道 表. 其 裏. 葎 な 類 型 性 が 目 立 ち ︑ 三 馬 作 品 に は 起 伏 や 才 チ は 無 い も の の 人 物 を. ○侶 妓 表. 其 裏. (上 巻 ). ○愛 着 表. 其 裏. ○剛 強 表 ︑其 裏. ○下 情 表. (下 巻 ). ・息 子 と お. の趣 向 を 消 化 し ︑ 人 物 描 写 に お い て彼 独 自. っ て 良 い よ う に 思 う .. ﹃早 替 胸 機 関 ﹄ を め ぐ っ て ね●響ζ ワ. 三 ︑ 嚇やバ挺. ,. う. む. と. し. め. ﹃善. ﹃人 心 覗 機 関 一 と 兄 弟 的 位 量 に あ る. であ る . 改 題 本 に ︑. 早 替 胸 機 関 一 (三 巻 駒冊 ︑ 歌 川 豊 国 画 ︑ 西 村 源 六 ︑ 石 渡 利. O鴛 麺薪藤 ︒雛 四. わ. ・ つ は. でつち へんじマばんとうヒぢり O 小 二 変 為 主 警 ・ぱ ん と う 3 りん£ じ7 ど区と亀ワ 変 為 整 倒馬 老 込 お や じ へ肉じTひ⁝さ謬レ 亀り O 田 櫨 q変 為 令 室 ・か み さ ま. o僻︑ 醐 磯罵 聯鵡 5 よ リ へんレτしうとあεOる O 新 婦 変 為 姑 婆 ・ し 蓄 わεしへんじτう(t■と導弓 O 虚 弱 変 為 剛 強 ・ よ 曝句 り輩 へらじτ ひ曙・ )とち 翼夢. の. ﹁裏 ﹂ と い う も の を 覗 く. 6 ほ め こ と ば ・わ る く ち. ﹁人 心 覗 機 関 ﹄ と 同 様 ︑ 人 の 心 の. O 褒 美 変 為 批糖. あ る よ う に 思 う .. も の であ る が ︑ 三 馬 の 作 品 を 書 く 上 で の 姿 勢 に は 若 干 具 な る も の が. 本 作 も. も. 作 品 で︑ 全 編 ︑ 次 の よ う な 題 目 か ら な る 短 編 の 集 合 で あ る .. 悪 胸 の 機 関 一 が あ る . 本 作 は ︑. 薄婁 最 助 ︑ 石 渡 平 八 板 ) は 文 化 七 年 初 刊 の 滑 稽 太. ﹃塁. の世 界 を 打 ち 出 し 得 て い る と 言. . や は り ︑ 三 馬 は ︑ 粉 本. 似 の 手 法 が 取 ら れ て い る と い った 具 合 に ︑ 色 合 い の違 い が 見 ら れ る. ﹁裏 ﹂ に し. ○夫 婦 表 其裏. (中 巻 ). ○書 林 表. 人 の 心 や 行 動 の 表 裏 を 描 こ う と す る こ と は 戯 作 に お い て珍 し い こ 一丁. の内 容 の面 で も 相 似 た 関 係. ・ 葬 式 帰 り の 四 五 人 連 れ ・ 嫉 妬 探 い・. ・物 等. ﹃覗 機 関 一 と を 比 較 す る と ︑ そ う し た 形 式. ﹁表 裏 ﹂ に 書 き 分 け る. と で は な い が ︑ 町 人 の類 型 や そ の生 活 に 取 材 し た 類 型 を ︑ 紙 面 な い し 半 丁 に 区 切 っ て整 然 と ︑ か つ 対 照 的 に. こ れ ら 二作 品 と 三 馬 の. 例 は ︑ あ ま り 無 い よ う で あ る .. ・米 櫃. ・婆 様 と 和 尚. ・貧 乏 神 ・嫁 姑 ・金 持 ち ︑ な. ・遊 び 人. ・み え の強 い 商 人. ・衣 服. の類 似 の み な ら ず ︑ 登 場 す る 人 物 が 認 め ら れ る . "通 人. ・女 房 ・遊 女 と 客. ﹃両 面 摺 ﹄ 人. "屈 強 な 者 と そ の 女 房. (商. ・本 屋 ︑. ・み え の 強 い. ・亭 主 と 女 房. ・医 者 と 商 家. ・料 理 好 さ だ が う ぬ ぼ れ 者 の 商 人 ・女 房 と 亭 主 と 隣 の. 鯛遊 び 好 さ の 町 人 と 家 披. ・父 親 と 息 子 ・我 が 子 と 父 親 と 若 い 者. ﹃技 路 次 ﹄. ど. い ら ん な ど ﹃覗 機 関 一 ) 人 と 使 用 人 女 房 ︑ な ど. 一47一.

(6) ぢ曙じかけ ﹃人 心 覗 替 繰 ﹄ で は ︑ そ の 序 に ﹁人 間 の 大 機 巧 は ﹂ と あ つ て ︑ 人 間 や こ の 世. ﹃ー. 覗 替 繰 ﹄ の 場 合 と同 様 で ︑方. れ て ︑ た し か に ﹃人 間 一心 覗 替 繰 ﹄ と の 間 に は 歳 月 を 感 じ さ せ る も の が あ つ た ︒. た だ ︑趣 向 の取 り 込 み方 の 基 本 的 な 姿 勢 は. 法 的 に も 多 少 の 差 は あ る に し て も 似 通 って い た ︒ つま り ︑ 作 品 の 基 本 的 趣 向 は. 箱 眼 鏡 の中 で 順 次 画 が 変 わ って い く よ. うな ー. 粉 本 か ら 取 り 込 ん で も ︑そ の 取 り 込 み方 に お い て 三 馬 は ︑そ れ を 作 品 の骨 格 と. のな り わ いを 一つの か ら く り じ か け ー. た し か に ︑本 作 でも ︑巻 頭 の 変 り 絵 に見 る よ う に ︑あ るも の が 次 か ら 次 に ︑ 或. し てす つか り 寄 り か か っ て い く の で は な く ︑自 己 の 独 特 の趣 向 を 加 え て作 品 全. に 見 立 て ︑ そ の 中 身 (裏 ﹀を 見 せ て ︑ 暴 露 す る こ と に 重 点 が あ つ た ︒. る い は た ち ま ち に 違 う も の へ 変 化 す る と い う よ う な ︑ ﹁早 変 り ﹂ の お も し ろ さ. 体 の趣 向 と す る 方 法 を 取 って いた ︒ ぐわつリヤつ. を も 追 求 し て いる ︒ あ盟 琴す. こ の こ と は ︑ 同 じ 全 交 作 品 を 粉 本 と し た 十 返 舎 一九 の ﹃腹 内 養 生 主 論 ﹄ (寛. ち. し か し ︑ 重 点 は ︑ ﹁忽 変 る 浮 世 の 光 景 ﹂ ﹁き の ふ は 昔 け ふ は は や ﹂ ﹁月 令 に. 政 十 一年 刊 ﹀ 等 と の 大 き な 違 い で あ る ︒ 一九 は ︑ こ ま ご ま と し た 点 ま で 剰 窃 に. 蜜. も な い 早 替 ︒ 物 換 り 星 移 り て ﹂ な ど と あ る よ う に ︑ ﹁表 裏 ﹂ の 把 え 方 を 一歩 押. 即ち ︑素材を補 い詳細化. ﹃腹 之. ろ な 標 題 を 決 め て そ れ の ﹁表 ﹂ と. (享 和 三 年 刊 ﹀ が ︑ 粉 本 と な つ て い た ︒ 三 馬 の 作 品 と 一九 の 作 品 と は ︑ い ろ い. で あ ろ う が ︑ 一九 作 の 黄 表 紙 ﹃人 心 両 面 摺 ﹄ (享 和 元 年 刊 ﹀ ︑ ﹃裏 面 行 抜 路 次 ﹄. 次 に ︑ ﹃人 心 覗 機 関 ﹄ は ︑ 作 品 名 が 示 す 通 り ︑ ﹃人 間 一心 覗 替 繰 ﹄ の 発 展 作. れ る の であ る ︒. が いわ ゆ る 平 面 的 で と り と め が な い位 に 無 碍 であ る と いう こ と が 顕 著 に 認 め ち. の人 情 の 穿 ち と で も いう べ き 精 密 描 写 を 行 な う と いう こ と や ︑ま た ︑話 の流 れ. 馬ら し さ と いう 点 で は 勝 って いよ う ︒ つま り ︑ 町 人 の 類 型 を 数 多 く 書 き ︑世 俗. 内 戯 作 種 本 ﹄ さ ら に は 一九 の ﹃腹 内 養 生 主 論 ﹄ に 譲 る に し て も ︑ 作 品 形 成 の 三. ﹃人 間 一心 覗 替 繰 ﹄ と い う 作 品 は ︑ 趣 向 の 直 接 的 な 交 渉 と い う 点 で は. し て 彼 の作 品 を 作 っ て いた ︒. 内 側 か ら 加 え て いく の で は な く ︑外 側 か ら 加 え て ー. に 全 交 作 品 に 近 い内 容 の も のと な って いる ︒ ま た ︑三 馬 の よ う に 自 分 の 趣 向 を. 近 い 位 に 全 交 作 品 の 趣 向 を そ の ま ま に 利 用 し て お り ︑ ﹃腹 之 内 戯 作 種 本 ﹄ 以 上. ︑. し 進 あ ︑ 年 月 に よ る 人 の変 化 ︑立 場 の変 化 ︑ そ れ に よ る 心 の変 化 と いう こ と を 描 くと ころにある のである ︒. 例 え ば ︑ 或 る 人 が 他 人 の悪 口を 言 っ て い て も ︑そ の人 と 同 じ 立 場 に 立 つた時 に は ︑結 局 同 じ 事 を す る よ う にな る と い つた 具 合 で ︑あ る 状 態 か ら あ る 状 態 へ の 移 行 ︑ つ ま り 変 化 と い う こ と を 通 し て ︑ 浮 世 の 内 幕 な い し 真 実 (裏 ﹀ を み せ よ う と し て いる の で あ る ︒ な お ︑本 作 に は ︑本 自 体 を 切 った り 貼 り 付 け た り の ︑ いわ ゆ る 本 の仕 掛 け も. ﹃人 間 一心 覗 替 繰 ﹄ が 寛 政 六 年 に 世 に 出 て か ち ︑ 二 十. 三 馬 に お け る 趣 向 の消 化 ー. 新 奇 な 趣 向 の 一部 と し て 見 ら れ る ︒. ま とめに 1. 三 馬 の 処女 作 の黄 表 紙. に ︑ 前 者 は ︑ 芝 全 交 の 黄 表 紙 の ﹃十 四 傾 城 腹 之 内 ﹄ を 粉 本 と し ︑ 腹 の 内 を の ぞ. も よ く 似 て いる よ う であ る が ︑実 は ︑そ れ ぞ れ の 作 品 に 作 者 の 性 格 が 出 て い て. 年 後 の 文 化 十 一年 に 滑 稽 本 ﹃人 心 覗 機 関 ﹄ が 刊 行 さ れ る ︒ 以 上 に 見 て 来 た よ う. く と いう 趣 向 と 人 の心 の 裏 を あ ば く と い う 趣 向 を 取 り 入 れ ︑そ れ に 三 馬 の 文 学. 異 な って いる ︒ 作 品 の視 点 が 異 な る の で あ る ︒. ﹁裏 ﹂ を 書 く と い う 形 式 が 同 じ で ︑ 又 ︑ 内 容. の特 徴 の 一つ と も いえ る 町 人 の類 型 を 描 く と いう 新 趣 向 を 重 ね た も の であ った ︒. と い う 点 で は ︑ 確 か に 一九 の 方 が 上 だ が ︑ よ り 精 密 に 生 き 生 き と 町 人 を 描 く と. 町 人 の 類 型 を 描 き ︑人 物 だ け で な く そ の 生 活 全 体 を 描 く と いう 題 材 の 多 彩 さ. ﹃腹 之 内 戯 作 種 本 ﹄ (文 化 八 年 刊 ﹀ が あ る ︒ 同 作 は 趣 向 を 自 分 の 作 品 に 生 か す. いう こ と で は 三 馬 の 方 が 勝 るだ ろ う ︒そ れ は ︑滑 稽 本 と 黄 表 紙 と いう 違 いを 考. 単 に 全 交 作 品 の 趣 向 を 多 く 取 り 入 れ た も の で 外 観 の上 か ら も 近 い作 品 な ら ば ︑. (ふ く ら ま せ 方 等 ﹀ が ず っ と 巧 妙 だ し ︑ さ し 画 の 構 図 な ど に も 進 歩 が 見 ら. 技巧. 一48一.

(7) え ても で あ る ︒ そ こ で も ︑ ﹃人 間 一心 覗 替 繰 ﹄ の 場 合 と 同 様 に ︑ 粉 本 の 趣 向 を 根 幹 に 配 し ︑ そ れ に 三 馬 独 自 のも の を 内 面 か ら 加 え て い く方 法 を と って い る ︒ 最 後 に ︑ ﹃人 心 覗 機 関 ] に 関 し て は ︑ 三 馬 が ︑ 全 交 の ﹃十 四 傾 城 腹 之 内 ﹄ の 人 間 の内 幕 を 見 る と い う 趣 向 に興 味 を いだ い た こ と が う か が わ れ た ︒三 馬 は ︑ 読 者 の身 近 に いる よ う な 種 類 の人 間 を と り あ げ て そ の 中 味 を 暴 露 し た ︒同 じ 全 交 作 晶 を 粉 本 と し て 利 用 し た 一九 の 作 品 が ド タ バ タ や 医 書 の 引 用 に 終 始 し た の に 比 べ ︑ 三 馬 は 町 人 と いう 人 間 そ のも の に 輿 味 を 持 ち ︑そ れ を で き る だ け 忠 実. 覗替繰 ﹂の趣向をよ り発展させ ︑. に 表 現 し よ う と し た の で あ っ た ︒ そ し て ︑ ﹁人 心 覗 替 繰 ﹂ に お い て も ︑ 彼 の 興 味 は 多 少 他 へ 移 っ た か も し れ な い が ︑ ﹁1 人 の 腹 の 内 を の ぞ く ︑人 の 心 の裏 を 書 く ︑町 人 の類 型 を 書 く と いう 趣 向 は 残 し. 覗 機 関 ﹂ か ら いく つも の 派 生 作 を 世 の 中 に 出 し て い った ︒ や は り こ こ で も ︑. な が ち ︑も っと 対 象 に 接 近 し ︑し か も 詳 細 に 描 写 を 試 み た ︒ そ し て ︑彼 は ︑ ﹁ 1. 三 馬 は ︑基 に な る 作 品 の趣 向を 利 用 し つ つ独 自 の新 た な 趣 向 を そ れ に 加 え て 作 品 を 作 つて いく と いう や り 方 を 取 って い た ︒ こ う や っ て み て いく と ︑ 戯 作 に お け る 趣 向 と いう も の は ︑ 従 来 か ら いわ れ る よ う な 剰 窃 と か 亜 流 と か で片 付 け ら れ る よ う な も の で は な く ︑ よ り 細 か く 見 て. 鎮 西女子高等学校教諭 ー. いく こ と に よ り 作 者 ご と の作 品 づ く り の有 り 方 が う か が え て ︑ 興 味 深 い の で あ る ︒. ー. 一49一.

(8)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP