まちトピックス 広報白河 平成28年3月1日号 | 白河市公式ホームページ

 0  0  1  2018-06-26 15:04:14 Report infringing document
Topic of town 写真で紹介する、今「旬」な話題です} の まち 題 話 市立図書館利用促進講演会 原田さんの世界観に触れる 2月6日、りぶらん(道場小路)で、 楽園のカン はら ヴァス」などの著者で、多彩な経歴を持つ作家、原 だ 田マハさんを招き、 人生の宝物 私が出会った文学 とアート」と題した講演会が行われました。 原田さんは作家としてデビューするまでに出会っ た数々の文学作品やアート、これから発刊されるピ カソを主題とした新作について話しました。 会場に詰めかけた200人の聴衆は、原田さんの世 界観に耳を傾けていました。 まちの話題やイベント を皆さんに まち Topics 熱心に聞き入る参加者 第21回中山義秀文学賞贈呈式・受賞記念講演会 国道4号白河拡幅事業完成式 創作のポイントを紹介 2月7日、白河信用金庫西支店新白信ビル(立石) で、 第21回中山義秀文学賞贈呈式・受賞記念講演会」 が行われ、受賞作「沙 羅 沙 羅 越 え」の作者、風 野 真知雄さんに賞状と副賞が手渡されました。 贈呈式後の記念講演会では、風野さんが「人は皆、 負けいくさ」をテーマに、創作する際のポイント として、 異様な状況」や「関係ない物の組み合わせ」 に着目していることを話しました。講演会後のサイ ン会には、多くの来場者が列を作りました。 4車線化を祝う 講演をする風野さん 2月4日、りぶらん(道場小路)で、 一般国道4号白河拡幅事業完成式」が 行われました。拡幅事業は、西郷村小田倉原中から本市薄葉までの約5.2㎞間で 進められ、昨年12月17日から4車線で供用が開始されました。 オープニングでは、鈴木市長をはじめとする関係者が、白河カトリック幼稚 かわたきひろゆき 園の園児たちと一緒にくす玉開きをし、完成を祝いました。続いて、川瀧弘之 国土交通省東北地方整備局長による、 東北地方整備局の最近の話題」と題した わ か い しょういち 講演が開催されたほか、若井正一日本大学名誉教授をコーディネーターに迎え、 4人のパネラーと「 みち”が紡ぐ魅力ある県南地方とレガシーの時代」をテー マに、パネルディスカッションを行いました。 交通時間の短縮などに期待 歴史ある土地を寄贈 2月10日、高山から三番町までを東西に横断する、 都市計画道路西郷搦目線(登町工区)の開通式が行 われ、関係者と地域住民が完成を祝いました。 式では、鈴木市長が「今後も街路の整備など、住 みよい白河をつくるために頑張りたい」とあいさつ しました。 今回開通した登町工区は、中心市街地と新白河 地域を結ぶ668m。交通時間が短縮されるとともに、 周辺の土地利用促進が期待されています。 1月21日、中央精機㈱から同社が所有していた稲 荷山の土地2筆が市に寄贈されました。この土地は、 戊辰戦争の「白河口の戦い」で激戦地になった九番 ほ っ た 町西裏にある5,146㎡で、同社の創業者である堀 田 せつ お 節夫さんの遺志に基づき、創業60周年記念事業の一 環として贈られたものです。 鈴木市長は「堀田さんの情熱を受け継ぎ、歴史あ にい る土地をP Rして後世に伝えていきたい」と話し、新 かわまさゆき 川雅幸社長に感謝状を贈呈しました。 広報白河 2016.3.1(H28) パネルディスカッションの様子 中央精機㈱に感謝状を贈呈 西郷搦目線(登町工区)開通式 13 くす玉を割り、完成を喜ぶ 参加者 園児たちを前にテープカットをする関係者 鈴木市長に目録を手渡す新川社長(右) 広報白河 2016.3.1(H28) 12
Author
Document relate
Tags

まちトピックス 広報白河 平成28年3月1日号 | 白..

Free

Feedback