Problems of J. Dewey's Logic of Inquiry

全文

(1)九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository. Problems of J. Dewey's Logic of Inquiry 谷口, 忠顕 神戸学院大学 : 講師. https://doi.org/10.15017/27551 出版情報:哲学論文集. 8, pp.73-92, 1972-09-30. The Kyushu-daigaku Tetsugakukai バージョン: 権利関係:.

(2) 谷. 口. 忠. 顕. )し或 は ﹁自 然 主 義 的 経 験 論 (. ジ ョン ・デ ュー イ の 探 究 思 考 の 問 題 点. 序. ハユ. ジ ョ ン ・デューイ の 哲 学 は ︑ ﹁経 験 的 自 然 主 義 (. と の立 場 であ る︒ そ れ は 伝 統 的 な 絶 対 主 義哲 学 への 挑 戦 であ り 批 判 であ る︒ 即 ち 超 自 然 の存 在 を 一切 否. の相. き. )し に基 づ い た ︑実 験 と 観 察 及 び 推 理作 用 に よ る 探 究. ハな. 定 し ︑ 現 象 と 実 在 の区 別 を 捨 て ︑我 々 の経験 す る 大 自 然 のみ を 唯 一の実 在 と み る ︒ 従 って我 々 の日 常 的 経 験 が ︑科 学 と 哲学 の 共 通 課 題 であ り ︑ ﹁自 然 的 知 性 (. の方 法 が 全 て の問 題 解 決 に 適 用 さ れ る べき だと し た ︒ 而 る に デ ュー イ の 此 の探 究 的 方 法 は ︑﹁状 況 (. る. 対 的客 観 的 側 面 のみ を 対 象 す る も の であ つて ︑状 況全 体 の 含 む 一層 深 次 元 の実 存 的 側 面 ま で に迫 るも の で は な いと 考. え ら れ る ︒ 我 々 の 日常 的 生 活 の諸 問 題 は ︑単 に デ ュー イ の 探 究 的 状 況 の次元 だ け で解 決 可能 な も のも あ る が ︑ 更 に鋭. く 実 存 的 状 況 の層 にま で関 わ るも のも あ り ︑ こ の後 者 の場 合 を 探 究 的 解 決 方 法 で処 理 し よ うと し て も ︑ 問 題 の真 に全. ら. 一的 な 解決 に は な ら な い︒ こ の点 で久 松 真 一博 士 の ﹁真 実 の自 己 ﹂ 或 い は ﹁無 相 の自 己 し な ど 即 無 的 実 存 と よ ば れ る. 立 場 が 問 題 状 況 の真 の解 決 を 考 え る際 に多 く の 示 唆 を 与 え る も のと 思 われ る か ら ︑ これ と デ ュー イ の探 究 的 方 法 と を.

(3) ﹁現 実 的 思 考 ﹂ の 特 質. 対 比 さ せ て 考察 し てゆ き た い︒. 綱. ジ ョ ン .デ ュー イ 論 理 学 の中 心 概 念 で あ る ﹁探 究 (. り. )﹂ と は ︑ 行 為 を 軸 と す る 実 験 と 観 察 に基 づ い た 反省 的. 思 考 の 論 理 で あ る ︒ そ れ は 現実 に 生 き る 生 物 有 機 体 と し て の 個 人 と自 然 的 社 会 的 環 境 と の相 互 的 作 用 に於 い て成 立 す. を 狙 いと し た ﹁状. る 経験 の 場 ︑ 即 ち 状 況 の中 に其 の主 題 を 包 含 す る も の であ る︒ それ は従 来 の論 理学 に み ら れ た 様 な ︑ 形 式 的 な 推 理 に よ る無 内 容 で 個 人 と 無 関 係 な 思 考 を 持 つの で は な く ︑ あ く ま で 現 実 的 思 考 (. 況 ﹂ に於 け る 思 考 と 行 為 の循 環 的 サ イ ク ルの論 理 であ る ︒ お よ そ思 考 の行 われ ると ころ ︑ 全 て の思 考 方 法 は 自 己 の探. こ の新. 究 的 方 法 が適 用 さ れ る べき だ と す る デ ュー イ は ︑ こ の思 考 方 法 が徹 底 的 に科 学 的 実 験 的方 法 でな け れ ば な ら ず ︑ そ の. 諸 結 果 が状 況 に 関 わ る 独 自 的 知 識 と し て未 来 への応用 性 ︑ 道 具 性 を 備 え た 一種 の技 術 であ る こと を 強 調 する. し い論 理学 の 基 礎 に は ﹁経 験 的 材 料 の明 確 な 現実 的 な 供給 が 無 け れ ば な ら な い こと ﹂ 従 って論 理学 の 中 心 問 題 は ﹁経. 験 の意 識 的 再 構 成 の 探 究 に 於 け る 知 的 方 法 の関 発 及 び使 用 の 可能 性 と いう 問 題 し と され た︒ 即ち 実験 と 観 察 に よ って. 蒐 集 さ れ た諸 事 実 (デ ー タ) が思 考 の原 初 的 素 材 と な り ︑ これ ら に対 応 す る 観 念 や 意 味 が 推 理 さ れ る ︒ こ の諸 事 実. と ︑ そ れ ら を 土 台 と し て推 理 さ れ る 諸 観 念 と が如 何 に論 理的 に 対 応 す る かと いう こと が思 考 の善 し 悪 し を決 定 す る ︒. す る こと を 忘 れ た. )し を 強 調 す る が ︑ そ れ は 現 実 の. た. 常 識 の哲学 者 ジョ ン .デ ュー イ は ︑実 践 か ら 離 れ ︑自 分 の哲 学 的 命 題 を 現 実 に適 用 し て 思 想 家 を 厳 し く 弾 劾 す る︒ デ ュー イ は ︑ 観 念 又 は 概 念 の ﹁道 具 性 (. 生 活 に有 効 な 道 具 性 或 いは 効 用性 を持 つか 否 か が 真 理と 非 真 理 の分 岐 点 にな る から であ る ︒抽 象 と 具 体 ︑思 考 と 実践 が. バ ラ ン スを 保 つこと が 必 要 であ って両者 に は 絶 え ず 相 互 的 調 整 ︑参 照 が 要 求 さ れ る の であ る︒ デ ュー イ の ﹁現 実 的 思.

(4) 考 し の特 徴 は ︑ 思 考 の生 起 す る 基 盤 が各 姻 人 の 独自 的 状 況 にあ る か ら ︑ 従 って そ こ で行 わ れ た具体 的 経 験 の諸 条 件 に. よ って 思 考 内 容 が決 め ら れ る こと であ る︒ 人 間 の 経験 の場 と し て の諸 状 況 は全 て異 な って お り ︑各 々の状 況 に特 有 な. 環 境 的 条 件 が あ る か ら ︑ そ れ ら と 相 互 的 交 渉 を行 う主 体 者 と し て の個 人 の ﹁現 実 的 思 考 ﹂ も 状 況毎 に 異 な った独 自 的. な も の であ る ︒ 換 言 す れ ば ︑ ﹁現実 的 思 考 ﹂ は 状 況 に生 き る主 体 者 個 人 が絶 え ず環 境 的諸 条 件 を デ ー タ と し て自 己 の. 主 体 者 側 の諸 因 子 と 照 合 し 調 整 し つ つ︑ よ り善 い条 件 相 互 の 組 合 わ せ を 選 択 す る こと であ る︒ ﹁現実 的 思 考 し は ︑ そ. ) ﹂ の意 義 に連 が って い る ︒ ﹁経 験 し と は 広 義 に言 え ば 人間 と 環 境 と の相 互 的 交 渉 の場 全 体 の こと であ. の結果 よ り も過程 が 重 視 さ れ る ︒ ﹁現 実 的 思 考 ﹂ は 究 極 的 に は デ ュー イ 自 然 主 義 哲 学 の根 本 概 念 で あ る ﹁経 験 (. る ︒ 即 ち 自 然 的 存 在 と し て の 人間 が ︑環 境 か ら影 響 を受 け つ つ環 境 には たら き かけ ︑環 境 を 綱 萩 し ︑ よ り 善 く 生 き よ. う と す る 態 度 であ る ︒ 狭 義 に は ︑ ﹁経 験 ﹂ の概 念 は 二 つに分 類 さ れ る︒ 第 轡に 我 々 の五 官 に直 接 的 に感 覚 され る経. 験 ︑ 第 二 に それ ら の感 覚 さ れ た も のを 素 材 と し て思 考 され 推 論 さ れ て導 か れ た知 的 経 験 であ る︒ 自 然 科 学 は ︑ こ の第. 二次 的 知 的 経 験 を 対 象 と し た が ︑ そ れ は 再 び 第 一次 的 経 験 の事 象 に立 ち帰 り 照 合 す る こと が 必 要 と さ れ た︒ つ現実 的. 思 考 ﹂ で は此 の自 然 科 学 の 思 考方 法 と 同 様 に ︑現 実 の事 象 か ら生 起 さ れ た 思 考 産 物 を 再 び 元 の事 象 と 照合 さ せ る 必 要. す る こ と を 欠 い て い た か ら ︑ そ の結 果 思 考. が あ る︒ こ の点 に デ ュー イ と ︑ 彼 以 前 の哲 学 や論 理学 の根 本 的 な 違 いが 存 在 す る︒ 彼 は ︑ 二れ ま で の 哲学 が 第 二 次 的 思 考 産 物 を再 び第 一次 的 経 験 へ帰 環 さ せ 照合 さ せ る こと ︑ 即 ち. 産 物 が 独 走 し て 元 の第 一次 的 経 験 と 何 ら 相 互 的 交 渉 の な い独 断 的 な 思 考 体 系 を 型 つく ってし ま ったと 非 難 す る ︑ 現 実. の生 活 と 掛 け 離 れ た 思 考 体 系 は ︑何 の効 用 性 も意 義 も 存 し な いま ま 空 虚 な 抽 象 に終 わ って し ま う ︒ 彼 は 思 考 産 物 の具. 体 的 適 用性 ︑ 未 来 的 効 用 性 を 軍 視 す る の で あ る ︒ 即 ち 真 理と さ れ る哲 学 的 命 題 が ︑実 際 に如 何 に 道 具 性 を 発 揮 し 得 る. かと い う こと であ る ︒ ﹁真 な るも の と は ︑ 検 証 さ れ た も のを 意 味 す る ﹂ の で あ る ︒真 理 に は ︑ 絶 対 的 な も の ︑普 遍 的. な も の ︑ 問 定 し た も のは 無 く ︑実 際 の経 験 に応 じ た相 対 的 な ︑独 霞 的 ・特 殊 的 ・流 動 的 な も のが 存 在 す る ︒ 経 験 の場.

(5) と し て の各 々 の状 況 の中 に ︑各 々の真 理 が真 理 と し て. され て いく ︒ 従 って真 理 にと って は具 体 的 な 経 験 の場 こ セ め )﹂ と ﹁相 互 作 用 ( )﹂. そ が 最 も 重 視 さ れ る こと に な る ︒ 経 験 の場 ︑即 ち 状 況 に は ﹁連 続 の 原 理 (. の 原 理 が は た ら い て いる ︒ デ ュー イ 認 識 論 の特 色 と し て ︑先 ず経 験 的 知 識 と 合 理 的 知 識 の対 立 や 認 識 に於 け る能 動 と. 受 動 の 対 立 ︑ 知 性 と 感 情 の対 立 な ど 伝統 的 哲 学 の 二元 論 に代 る 彼 の連 続 観 があ る︒ 自 然 界 は 全 て連 続 し て い て ︑物. 質 ︑ 生 命 ︑ 精 神 と いう 別 々 の存 在 が あ る の では な い︒ 自 然 界 の全 て は ︑各 状 況 に 於 け る ﹁相 互 作 用 ﹂ の機 能 的 差 異 に. ) ﹂ 段 階 な ど を 考 え ︑ それ が相 互 作 用 の複 雑 性 に 基 づく と す る ︒ 第. ﹂ 段 階 ︑ ﹁心 的 ‑ 物 的. よ る 発 展 的 段 階 の差 異 が あ るだ け であ る︒ 生 物 有 機体 は ︑ 環 境 と の間 に刺 激 と 反 応 と い う相 互 的 交渉 を 行 い つ つ︑ そ. ) ﹂ 段 階 ︑ ﹁精 神 的 (. の状 況 に 調 和適 応 し よ ・p と す る ︒ デ ュー イ は自 然 界 の発 展 的 段 階 を 分 類 し て ﹁ (. ) ︑努 力 (. )︑満 足 (. ) と い う活 動 の サ イ ク ルを 連 続 的 に行 って い る 組 織体 であ る ︒ こ こ. 一の ﹁物 的 ﹂ 面 は ︑単 純 な 相 互 作 用 の段 階 で 無 機 物 に み られ る︒ 第 二段 階 は ︑ 人 間 以 外 の生 命 体 の場 面 で︑ 要 求 (. り. で は ︑植 物 と 動 物 ︑ 下 等 動 物 と 高 等 動 物 な ど性 質 的 差 異 が あ る ︒ 第 三 の ﹁精 神 的 ﹂ 段 階 と は ︑ 人 間 で あ って︑ 言 語 を. へ. と いう デ ュー イは ︑自 然 界 の諸 存 在 を 機能 的 に相 互 作 用 の複 雑 さ と 親 密. 道 具 と し て社 会 的相 互 作 用 を 行 い ︑諸 意 味 の吟 味 を 行 う ﹁知 性 ﹂ 的 機 能 を 営 む ︒ ﹁実 在 は生 長 過 程 そ のも の であ る ︒. ヘ. ヘ. へ. へ. )﹂にあ. ) ﹂ 作 用 ︑ 即 ち ﹁必 要. ヘ. さ に よ って分 類 し つ つ︑ 根 本 的 に は連 続 し た ︑ 進 化 し 生 長 し て い る過 程 と み る の で あ る ︒ 彼 の認 識 論 の根 底 に は ︑ ダ. ヘ. ー ウ ィ ンの生 物 進 化説 の影 響 が あ り ︑有 機 体 の 発達 は ︑ 環境 と 有 機 体 と の ﹁適 合 (. の. を 満 足 さ せ る 活 動 的 な 要 求 であ る努 力 と ︑ そ の満 足 (. の. ) の真 理 を 確 かめ た の で あ る ︒ け だ し 進 化 論 の哲 学 的 意 義 は ︑ そ れ が 最 も 単 純 な 生 物 よ り 最 も 複 雑 な 人. ると み る︒ 彼 は生 物進 化 論 を 評 価 し て次 の様 に 述 べる ︒ ﹁生 物 学 の 発 達 は ︑進 化 の事 実 の 発 見 と と も に ︑ ﹃連 続 ﹂ (. 間 の如 き 有 機 体 に 至 る ま で の連 続 を 力 説 し た 点 にあ る︒ ﹂ と ころ で︑ デ ュー イ の ﹁現 実 的 思 考 ﹂ は ︑ こ の時 間 的 歴 史.

(6) ヘ. ヘ. ヘ. へ. 的 な た て の側 面 と し て の連 続 性 と ︑ 空 間 的 地 理 的 な よ こ の相 互作 用 の原 理 が は た ら く 場 面 の全 体 ︑即 ち ﹁状 況 ﹂ に 全. 一的 に関 わ るも の であ る︒ 状 況 は 常 に個 別 的 な ユ ユ ック なも の で あ って︑ 行 為 の選 択 に関する 思 考 に於 い て如 何 な る. 原 理 ︑規 準 ︑法 則も 存在 し な い︒ 状 況 を 満 足 させ る行 為 が 探 究 さ れ ね ば な ら な い︒ 或 る状 況 に於 い て諸 々の 欲 望 が 混. 雑 し た 場 合 ︑ 又 一つの 欲 望 が 明 白 な 場 合 でも ︑判 断 や選 択 が決 断 的 行 為 の前 に要 求 さ れ る︒ そ れ に は 現 実 の状 況 の 含. ハが. む 諸 因 子 を 熟 慮 選 択 す る ﹁現 実 的 思 考 ﹂ と いう 知 的 機 能 が 存在 し な け れ ば な ら な い︒ 状 況も ︑状 況 判断 も ︑決 断 的 行. ﹁探 究 し の一 般 的 特 性. 為 も 各 れ も 特 殊 的 な も の で あ る と 考 え る と ころ に ︑ジ ョ ン ・デ ュー イ の特 徴 が あ る︒. 二. も. ヘ. ヘ. ヘ. ヘ. ヘ. ヘ. ヘ. ヘ. へ. ゑ デ ュー イ は ︑状 況 に生 き る 個 入 が 現 実 的 具 体 的 行 為 を 選 択 し決 定 し てゆ く 論 理 的 思 考 の過 程 を ﹁探 究 ﹂ と 呼 ん で ︑. ヘ. ヘ. へ. そ の発 展 的 諸 局 面 を 考 察 し た︒ ﹁探 究 ﹂ と は 彼 の定 義 によ れ ば 二 つ の未 決 定 な 状 況 から ︑ 一つの決 定 的 に統 一さ れ. た 状 況 への︑ 方 向 づけ られ た ︑も し く は 統 御 さ れ た 変 換 であ る︒ ﹂ 或 い は ﹁反省 的 思惟 の機 能 は ︑ それ 故 に ︑ 経 験 さ. ) ﹂ から 決 定 的 な ﹁統 一さ れ た状 況 (. ) ﹂ への 発 展 な. れ て いる 或 る 種 の不 明 瞭 ︑疑 い ︑ 葛 藤 ︑ 妨 害 が そ こ に存 す ると ころ の 一つ の状 況 を ︑ 明 瞭 で ︑整 合 的 で ︑決 着 し て ︑ ゑ 調 和 的 であ る 一つの状 況 へと 変 換 す る こと で あ る ﹂ と いう ︒ この定 義 か ら分 る よ う に ﹁探 究 ﹂ と は ︑要 す る に ﹁未 決 定状況 (. ヘ. へ. ) ﹂ か ら 経 験 し た り判 断 し た り す る ︒ こ の環 境 的 に経 験 さ. が. いし 移 行 であ る︒ こ こ で デ ュー イ の いう 状 況 と は ︑単 に断 片 的 な事 象 や ︑ 部 分 的 な 時 間 空 間 の場 を 指 す の で は なく ︑ 或 る 問 題 的 事 象 を ﹁前 後 関 係 の全 体 (. ヘ. れ る 世 界 が 状 況 であ る ︒ 或 る状 況 が ︑ 偶 然 に そ れ ま で連 続 し てき た状 況と 無 関 係 に 出 現 し ︑ そ の状 況特 有 の諸 条 件 を. 持 つの で は な い︒ 新 し い状 況 は ︑ 以前 の状 況 の影 響 を 受 け つ つ︑同 時 に 其 の状 況 に ユ ニー クな 諸 条 件 を備 え る に 至.

(7) る︒ 朝 の 散 歩 ︑ 読 書 ︑ 音 楽 鑑 賞 ︑ 夕 食 ︑家 族 団 ら ん等 ︑各 々 の状 況 が あ る ︒ し かし ︑ 一つの状 況 が 何 処 か ら 何 処 ま で. . 轡.. 含 む か は ︑ 究 極 的 に は 個 人 の判 断 に基 づく も のと さ れ る ︒ 或 る 状 況 が それ と し て我 々に意 識 さ れ てく る のは ︑ それ が. 問 題 的 に な る と き であ る ︒ そ のと き 思 考 作 用 が 起 る ・ 普 通 我 々は 意 識 す る に せ よ ・ し な いに せ よ ﹁習 慣 (出鋤9. な 行 為 の仕 方 を 選 び 出 そ う と す る︒ 個 人 の思 考 作 用. の中 で生 き てい る ︒ 而 る に 或 る 習 慣 が 破 ら れ て問 題 的 状 況 に さ し か か ったと き ︑漠 然 と し た 動 揺 の状 態 や 問 題 と な っ た事 実 な ど を 客 観 的 に観 察 し て ︑ そ の状 況 に対 応 し た. は ︑ ど の様 に 行 為 す れ ば よ いか 分 ら な い其 の状 況 の諸 条 件 諸 因 子 を ︑ そ の前 後 関 係 か ら客 観 的 に 解 明 し よ う と す る 意. 志 か ら始 ま る ︒ 連 続 し た藷 状 況 は ︑独 自 的 ︑特 殊 的 ︑具 体 的 で︑ 固 定 せ ず 絶 え ず変 化 し て い る か ら ︑ 個 人 の思 考 や 行. 為 も 諸 状 況 に対 応 し て 独自 的 に は た ら く の であ る︒ 問 題状 況 が 探 究 と 研 究 の結 果 ︑具 体 的 な解 決 行 為 の 実践 に よ って. 決 定 状 況 に 到達 し た と き ︑ そ れ は 最 初 の問 題状 況 の内 包 す る 諸 条 件 が ︑当 面 す る個 人 に と って満 足 の いく 組 合 わ せ へ. り. と 発 展 せ ら れ た こと を 意 味 す る の であ る︒ デ ュー イ に よ れ ば ︑ ﹁満 足 と いう の は ︑観 念 即ち 行 為 の 目 的 及 び方 法 を 生. む と こ ろ の問 題 の 要求 や条 件 を 満 た す こと ﹂ であ る︒ こ こ で満 足 と いう のは ︑単 な る個 人的 ︑感 情 的 ︑ 功 利 的 な 充 足. (28 ). で は な い︒ そ れ は特 定 の 個 人 に満 足 を 与 え る実 利 ︑ 実 益 ︑趣 味 ︑ 野 心 では な く ﹁経 験 の再 組 織 に 貢献 す る 上 で役 立 つ﹂ と い う こと で あ る ︒. デ ュー イ の い う 探 究 思 考 の 発 展 過 程 に於 け る特 徴 は ︑ 最 初 の問 題 的 な 未 決 定 の状 況 か ら推 理作 用 を 通 し て決 定 的 な. が決 定 す. 既 知 的 状 況 への 飛 躍 が な さ れ る こと ︑ そ の際 推 理作 用 は ︑ 観 察 や 記 憶 さ れ て い るも の の想 起 に基 づ い て 起 る或 る暗 示. に沿 って な さ れ る こと ︑ 更 に 其 の推 理 さ れ たも の が結 果 的 に 正 し いか 否 か は ︑ 具 体 的 行 為 に よ る. ると いう こと であ る ︒ 推 理 作 用 と 行 為 によ る検 証 と は ︑ 探 究 過 程 に 於 け る 二大 機 能 であ ると 考 え られ て い る︒ 思 考 開. ) を根 拠 と し て︑ 現 存 し. 始 と 共 に行 わ れ る観 察 に よ って 諸事 実 が 蒐 集 さ れ ︑ それ を 素 材 に し て諸観 念 が 推 理 さ れ る ︒ こ の過 程 を コ つの 現前 す る 状 況 に於 い て ︑ 現存 し な い他 の 状 況 へ到 達 せ ねば な ら な いと き ︑ 現 前 の諸 事 実 (.

(8) な いも の の観 念 (. ) に到 達 す る が ︑ こ の過 程 が推 理 (. あ ) であ る﹂ と い う ︒従 って探 究 の構 成 的 ︑素 材. 的 要素 は ︑諸 事 実 と諸 観 念 で あ る ︒ 人 は ︑探 究 の 開 始 と共に 観 察 を 始 め ︑ そ の事 件 の客 観 的 デ ー タを 集 め る が ︑ そ れ ら. が推 理 作 用 の素材 と な って︑ 更 に新 し い 実 験 観 察 を 促 す の であ る︒ そ し て 探 究 に と って 一層 新 し い客 観 的 な 事 実 が 蒐. 集 さ れ る︒ そ れ ら の諸 事 実 を ︑ そ の客 観 的 効 用 性 に従 って選 択 し組 合 わ せ て︑ 或 る決 定 的 観 念 即 ち 可 能 的 解 決 行 為 を. 推 理 す る に 至 る の であ る︒ 従 って推 理 作 用 と 検 証 行 為 と は 探 究 の機 能 的構 成 要 素 と し て ︑諸 事 実 (デ ー タ) と 諸観 念. な 状 況 に到 達 し たと し ても ︑ そ の 当 面 し た 状 況 に関 し て だ け 言 い得 る の であ って ︑ そ の後 は. であ. な 解 決 的 状 況 に終 わ った と し ても ︑ そ の解 決 的 観 念 乃 至. と は 其 の素 材 的 要 素 と し て活 動 す る ︒ 推 理 作 用 と 検 証行 為 と は ︑ 探 究 の︑ 言 わ ば 立 体 的 要 素 であ り ︑諸 事 実 と 諸観 念 は 平 面 的 要 素 であ ると も 言 え る で あ ろ う ︒ 或 る探 究 が. った に過 ぎ な い︒. 行 為 は ︑ 他 の状 況 では 悪 し き も のと さ れ る 可能 性 も あ り ︑ 客 観 的 には 問 題的 で あ った 或 る 特 殊 な 状 況 で. 類 似 し た諸 状 況 の問 題解 決 に 道 具 的 知 識 と し て記 憶 され る に 過 ぎ な い︒ 即 ち 全 て の 人 々 の ︑全 て の 経験 的状 況 は 皆 違. な状況を決定す る. であ ると 判 断 され る規 準 或 い は指 標 は ︑ 究 極 的 に は ︑ そ の行 為 者 に満. い ︑独 自 的 ︑特 殊 的 ︑具 体 的 で あ る ︒ 従 って 人 は 過去 の状 況 に成 功 し た解 決 的 観 念 乃 至 行 為 を 道 具 的 知 識 と し て蓄 積 し て い る に過 ぎ な い︒ 或 る解 決 的状 況 が. 足 さ れ る か 否 か と いう こと にな る︒ 彼 の満 足 感 や 願 望 ︑ 好 み が ︑充 全 に 果 さ れ た か否 か が︑. こ と に な る︒ だ が ︑ そ れ は 特 定 な 個 人 の主 観 的 ︑ 衝 動 的 ︑偏 向 的 ︑趣 味 的 ︑ 野 心 的満 足 感 に 基 づく も の であ っては な. ら な い︒ も し そ う でな け れ ば ︑ 実 験 や観 察 に よ る デ ー タ の蒐 集 に偏 向 が 現 わ れ ︑従 って 解決 的 行 為 の選 定 に影 響 を 与. え る こと に な り ︑ 仮 え 行 為 者 の 当初 の予 想 し 期 待 し た通 り検 証 さ れ 得 た と し ても ︑ や は り 直 ぐ 背 後 で真 に それ が客 観. ) ﹂ で あ り ︑ 包 括 的 な 真 の民 主 主 義 の原 理 に. れ. 的 に ぴ①馨 であ った かと い う疑 問 が残 る こと にな ろ う ︒ 個 人 に都 合 の よ い 実 利 的 デ ー タ の蒐 集 や解 決 的 行 為 の選 択 に お ) ﹂ に よ る コ ント ロー ルを 強 調 す る ︒ 而 も ︑ こ の知 性 は ︑究 極 的 に な ら な い様 に︑ デ ュー イ は ﹁知 性 (. は 共 同 社会 の共 通 の目 的 に参 加 す る ﹁社 会 的 知 性 (.

(9) 探究思考の発展段階. 則 るも の で な け れ ば な ら な いと す る︒. 三. 探 究 思 考 の発 展 的 諸 局 面 に つい て の 考察 は ︑ デ ュー イ の主 著 ﹃論 理学 ﹄ ( (Logic. ; The Theory. unified. of Inquiry,. ) 1938). )﹂ への発 展的 移 行 であ one). ) で詳 細 に分 析 さ れ て いる ︒ 探 究 と は ︑ 要 す る に ﹁未 決 定 の状 況 ( き(an 1910). )﹂ か ら ﹁決 定 的 に統 一さ れ た状 況 ( (a determinately situation). や ﹃思 考 の方 法 ﹂ ( (How We Think, indeterminate. 前者 るの ︒状 況 は ︑混 乱 し ︑紛 糾 し ︑雑 然 と し た 様 相 を 呈 し て い る の に 対 し て︑ 後 者 の状 況 は満 足 と享 楽 と の充 足 的. 様 相 を 呈 す る の で あ る ︒ こ の前 者 か ら 後 者 への発 展 過程 に 於 け る 諸 局 面 の順 序 は ︑必 ず し も 固 定 し て いな い︒状 況 は. 問題設定 ー. (. 的 予 想. (. (a. Democracy. ). and. であ る ︒全 て の 探 究 思 考 は ︑ 問 題 を 内 包 し. ) の順 the hypothesis). ) conjectural anticipation) ホ 序 に な って いる ︒ こ こ. ) の順 序 で 記 述 さ れ て い る ︒ 又 ﹃ by action). (testing. )﹂ Situation). (. )ー←推測 situation) 仮 説 の検 証. (an incomplete. the hypothesis (. ) 1← (elaboration). ﹄ で は ︑未 完 成 の状 況 1916 推敲. (Indeterminate. reasoning. 問 題 解 決 の決 定 ー← 推 論 ー← テ ス ト ︑ の順 序 で解 明 さ れ て い る の に対 し ︑ ﹃ fHow We. 多 種 多 様 であ り ︑特 殊 的 であ る か ら ︑従 って 探 究 の過 程 も それ に基 づ い て変 化 す る ︒﹃ rLogic] ﹂ で は ︑ こ の諸 局 面 が ︑ 未決定状況 ー. (. 行 動 に よ る仮 説 の検 証 ( (testing. 日三Think] つ尻﹂ では ︑ 暗 示 ( (suggestion) )ー 知 性 的 整 理 ( (intellectualization) )1← 仮 説 ( (hypothesis)) ← ( ー Education, ー← 吟 味. (. に従 って考 察 し た い︒. ) ー← (survey). ﹄ の順 序 rLogic]. 探 究 の 第 一局 面 は ︑ ﹁未 決 定 の 状 況. では︑ ﹃ 1. Confused,. Obscure,. Conflicting. の用 語 によ って特 徴 づけ よ う. た此 の未 決 定 の疑 問 的 状 況 から 始 ま る︒ この 原 初 的 状 況 の特 徴 は ︑ 問 題 的 で︑ 混 乱 し てお り ︑ 不 明 瞭 で ︑ 而 も 闘 争 的 な 様 相 を 帯 び て い る こ と で あ る ︒ デ ュー イ は ︑ 特 に.

(10) ま と す る︒ こ の状 況 は ︑ そ れ に特 有 な 問 題 を 含 ん でお り ︑ こ れ ら 問 題 と な る 諸 因 子 が ︑ こ の状 況 に関 す る ユニ ー クな 探. 究 の方 向 や選 択 的 行 為 に対 す る決 定 権 を 握 って い る とも い え る ︒ 我 々 の当 面 す る各 状 況 は疑 問 疑 惑 に包 ま れ て いる と. は い え ︑実 際 の状 況 に 無 関 係 な 疑 いを 持 った り ︑ そ の状 況 に由 来 し な い問 題 を 抱 き 続 け た り す れ ば 当 然 病 的 な こと も. 起 る で あ ろ う ︒ 我 々は し ば し ば 現 実 の状 況 と は掛 け 離 れ た と ころ で懐 疑 し たり ︑虚 像 に 脅 え た り し て い る︒ 探 究 の開. 始 は ︑あ く ま で 現実 の場 に 密着 し た も の でな け れ ば な らな い︒ ﹁未 決 定 の 状 況 し と は ︑生 物 有 機 体 と 環境 と の相 互 作. ) ﹂ を は か ろ う と す る︒ 進 化 論 の影 響 を受 け た デュー イは ︑生 物 有 機 体 の全 て の活. お. 用 に於 い て バ ラ ン スが 崩 れ て い る状 態 であ る ︒ 従 って両者 問 の諸 条 件 の組 合 わ せ を 変 容 さ せ る こと によ って ﹁総 合 の 回復 (. ) ﹂ であ る︒ 漠 然 と し た ︑未 決 定 の状 況 か ら 一歩進. 動 を ︑状 況 への適 応 行 為 と 考 え た の で ︑ 不 均 衡 な状 況 を 調 整 し て ﹁統 合 の 回復 ﹂ を 図 ろう と す る機 能 即ち 探 究 が ど う. 探 究 の第 二局 面 は ︑ ﹁問 題 設 定 (. し ても 必 要 に な る の であ る︒ ∬. ん で︑問題 的 な 事 柄 が明 白 に な って く る ︒ 即 ち 或 る状 況 が探 究 を 要求 し て い る こと を 知 る こと であ る︒ ﹁問 題 と は ︑. 探 究 に よ って︑ 或 る問 題 的 な 状 況 を ︑ 或 る 決 定 的 な 状 況 へと 部 分 的 に変 形 す る こと を 意 味 す る︒ ﹂ 問 題 の 明 確 な 設 定. は ︑ 半 ば 解 答 さ れ た も 同 然 であ る︒ 問 題 の意 味 や内 容 を ︑ 出 来 る 限 り 正 確 に把 握 す る必 要 があ る ︒ さ も な け れ ば ︑ そ. の後 の探 究 過 程 は見 当違 い に な ってし ま う ︒ 問 題 設定 の仕 方 によ って ︑観 察 の方 法 が決 ま り ︑ そ の後 のデ ー タ の選 択. 問 題 解 決 の決 定 ︒問題 が 明 確 に設 定 され る と ︑ そ れ に 対 し て 或 る 解決 の方 法 が自 然 に 自 発 的 に 暗 示 さ れ てく. が 決 め ら れ ︑解 決 方 法 が決 定 さ れ る か ら であ る︒ 皿. る ︒ そ の初 め の暗 示 に基 づ い て ︑ そ の状 況 の含 む 構 成 要素 を 観 察 によ って蒐 集 す る︒ 例 え ば ﹁火 事 だ し と いう 叫 び が. 満 員 の ホ ー ルで起 った と き ︑ 安 全 に逃 れ る方 法 に困 惑 す る か も 知 れ な い︒ 或 る者 は逃 げ 出 し ︑ 或 る 者 は 焼 け 死 ぬ かも. し れ な い︒ し かし 先 ず火 事 の場 所 を知 る こと ︑ 通 路 や 出 口も 予 め 決 ま った 場 所 にあ る か ら ︑観 察 に よ って確 め る こ と.

(11) であ る︒ この場 合 ︑ 予 め 確 定 し て い な い こと でも ︑ 他 の観 客 達 の行 為 や振 舞 いを 観 察 す る こ と が 出来 る ︒ 要 す る に ︑. こ こ で観 察 さ れ た条 件 の全 て が ︑ この 状 況 に於 け る デ ー タ と な る ︒ 最 近 の高 層 ビ ルに 於 け る火 災 に就 い て は ︑ そ の構. ヘ. ヘ. ヘ. へ. 成 条 件 が特 異 か つ複 雑 であ る か ら 必 ず し も 観 察 ︑ 推 理 ︑脱 出 行 為 が楽 観 的 に果 さ れ な い こ とも あ ろ う ︒ そ れ で 基 本. 的 探 究 の線 に沿 って行 為 す る こ と で は 同 じ であ る︒ 高 層 ビ ルで消 防 のは し ご 車 も 上 ま で届 か な い場 合 は ︑ ヘリ コプ タ. ー に よ る 救 出方 法 も 必 要 であ ろ う ︒ し か し ︑中 の 人 々 が 煙 や 有 毒 ガ スを 懸 命 に逃 れ て 窓 辺 ま で這 出 す こと は ︑非 常 出. 口も 不 可能 な 場 合 ど う し ても 必 要 で あ る ︒危 機 的 限 界 状 況 で ︑ 人 が危 機 を 脱 出 せ ね ば な ら ぬ と い う 問 題 を 解 こう と す. る際 に ︑ そ の状 況 の客 観 的 諸 条 件 を 是 非 と も 考 慮 せ ねば な らな い︒ 一般 的 に言 え ば ﹁観 察 ﹂ に は 五 官 の直 接 的 使 用 に. よ るも のと ︑以 前 に観 察 し て い た も のを 想 起 す る場 合 が あ る ︒ い つれ にし ても ︑客 観 的 な 正 し い観 察 であ り 想 起 でな. け れば な ら な い︒ ﹁何 故 な ら ︑精 神 は 不快 な も のを 嫌 う 傾 向 が あ り ︑従 って特 に精 神 を 悩 ま す も の に 関 す る 適 宜 の注. で満 足 な も のを 選 ぶ︒ 暗 示 さ れ た解 決 方 法 が実 践 に 移 さ れ な い場 合. 意 を さ け る 傾向 が あ る﹂ か ら であ る︒ 観 察 に よ って蒐 集 さ れ た 諸 事 実 (デ ー タ) か ら ︑ いく つか の解 決 可 能 な 行 為 が 暗 示 され る ︒ そ れ ら の諸 暗 示 を 比 較 し て ︑. は ︑他 の観 察 や 実 験 が 行 わ れ ︑ そ れ に よ って新 し い他 の暗 示 が示 さ れ る ︒ こう し て観 察 に よ って 明 ら か に な った 諸 事. な も のと 判 断 さ れ る︒ デ ー タ と 解 決 的 観 念 と は相 関 的 な も の で あ る ︒ デ ー タ. 実 と ︑ そ れ によ って暗 示 され た 諸 々 の解 決 的 方 法 が 連 続 し錯 綜 す る こと にな る︒ そ の中 か ら或 る 一つの 解決 方 法 が ︑ こ の問 題状 況 の全条 件 に適 合 す る. れ. ) ﹂ を構 成 す る ﹂ ﹁推 理 (. ) は ︑ 現実 に存 在 す る. は実 験 と観 察 か ら ︑諸 観 念 は 推 理作 用 か ら生 起 す る が ︑ こ の点 を デ ュー イ は次 の様 に いう ︒ ﹁難 問 題 の ため に観 察 に よ って 開 示 せ ら れ暗 示 せ ら れ る解 決 方 法 が ﹃観 念 (. も の よ りも ︑ む し ろ 可 能 的 に存 在 す るも の に 関 係 が あ る ﹂ 推 理 され たも の に は ︑ 二重 の検 証 が 必 要 と さ れ た︒ 即 ち推. ) ﹂ によ って検 証 さ れ る (. 理 さ れ た観 念 の検 証 と ︑推 理過 程 そ のも の の 検 証 で あ る︒ ﹁観 念 は ︑ ひ と た び 構 成 せ ら れ た 後 には ︑ でき れ ば 公然 あ ) L又 と ︑ さも な く ば 構 想 的 に ︑ そ の 観 念 にも と つ い て ﹃行 動 す る こと (.

(12) ﹁観 念 又 は暗 示 さ れ た 解 決 法 を 形 成 す る 過程 は ︑観 察 に よ る 現 存 的 諸 条 件 に絶 え ず関 係 づ け ら れ ︑照 応 す る こと に よ. って検 査 さ れ 翻 ﹂ 観 察 か ら デ ー タ を ・ デ ー タ か ら 推 理 を ・ 推 理 から 検 証 的 行 為 (こ こ では未 だ 最 終 的 解 決 の行 為 で は. W ) と ︑狭 義 の推 論 (. 探 究 の第 四 局 面 は ﹁推 論 (. ) と に区 分 し た の は ︑決 定 的 な 最 終 的 解 決 行 為 を 推 理す る場 合 と ︑ そ こに. ) ﹂ 即 ち 狭 義 の推 理 作 用 であ る︒ デ ュー イ が 推 理 作 用 を広 義 の推 理. な い) を 導 く と いう 工合 に ︑ この第 三 局 面 は 探 究 思 考 に於 い て最 も 機 動 性 に富 ん で い ると いえ る︒. (. ね. ). 至 るま で の様 々な 実 験 観 察 の方 法 や デ ー タ によ る新 し い暗 示 な ど を導 く 場 合 と を ︑ そ の相 違 性 に於 い て 明 確 に す る た. め であ る︒ 諸観 念 を 関 連 づ け て解 決 的 行 為 を 導 く ため に ︑最 終 的 で包 括 的 な 体 系 づ け を行 う のが ︑ 推論 (. ) ﹄ の中 で. で あ る ︒ 換 言 す れ ば 推 論 と は ︑諸 意 味 を 吟 味 し 考 察 す る こ と であ り ︑諸 意 味 の 関係 を体 系 づ け る こと であ る ︒ ﹁も の. の意 味 或 いは 事 件 ︑ も し く は状 況 の意 味 を 掴 む と いう こと は ︑ そ のも の を 他 の諸 物 と の ﹃関 係 (. あ. 見 る こと であ る︒ 即 ち そ のも の が如 何 に 活 動 し 如 何 に作 用 す る か ︑ そ のも の か ら 如 何 な る結 果 が 生 ま れ る か ︑ それ が. 何 を 生 み 出 し た か ︑ そ れ を何 の用途 に供 せ ら れ 得 る か ︑と い う こと を 注意 す る こと であ る﹂ 一連 の諸 意 味 を 吟 味 す る. あ ) であ る ︒ 最 終 的 な 探 究. 過 程 で ︑最 後 に は始 め に暗 示 さ れ た 観 念 ︑意 味 よ りも 問 題状 況 の 解決 に 一層 適 切 な も のが 把 握 さ れ る に 至 る︒ 推 理推. 第 五 局 面 は ︑ テ スト 即 ち 行 動 によ る 仮 説 の検 証 (. 論 を 通 し て︑ こ の最 後 の決 定 的 な 解 決 の観 念 乃 至行 為 の方 法 が 導 き 出 さ れ る︒ V. ) ﹂ 又 ﹁真 な る こ と の証 明 (. 思 考 の局 面 は ︑ 具 体 的 な 行 為 によ って ︑解 決 方 法 と し て選 ば れ た 仮 説 ︑ 観 念 を 検 証 す る こと で あ る ︒行 為 が期 待 通 り お ) ﹂ が 与 え ら れ る︒ 成 功 す れ ば ﹁実 験 的 確 証 (. 推 論 によ って導 かれ た最 終 的 解 決 の観 念 も ︑ 未 だ 仮 説 的 条 件 的 であ る︒ 従 って仮説 は 実 験 的 行 動 で試 あ さ れ ね ば な ら. な い︒ 行 動 の結 果 が ︑予 想 通 り 仮説 に 於 け る結 果 と 一致 す れば ︑ こ の仮説 は 実 験 的 確 証 を 握 る の であ る︒ 失 敗 し た場 合 は ︑仮 説 の修 正 が 必 要 にな る ︒.

(13) 班. ヘ. へ. 実 験 的 行 動 の結 果 ︑ ﹁保 証 づき の言 明 (. れ. )﹂が得ら れる︒具体 的実験 的行 為が成功すれ. ば ︑ そ れ は 保 証 さ れ た知 識 と な る︒ こ の確 証 さ れ た 言 明 は ︑問 題 状 況 が如 何 にし て決 定 的 状 況 へ発 展 し て き た か と い な う 記 録 で あ る と 共 に ︑未 来 の活 動 方 法 への道 具 的 概 念 と な り 得 る の であ る ︒或 る 探 究 によ って 確 証 さ れ た結 論 は ︑. ) ﹂ と呼 ん だ ︒ 未 来 の新 し い 諸状 況 は ︑ 各 々 の. 知 識 と し て其 の人 に蓄 積 さ れ る が ︑ そ れ は 次 の新 し い探 究 の手 段 とな り道 具 と し て使 用 され る可 能 性 を含 む ので ︑ デ ユー イ は ︑ これ を ﹁保 証 づき の言 明 可 能 性 (. 状 況 に特 有 な 諸条 件 を 備 え て い る か ら ︑ 必 ず し も ︑ こ の知 識 が そ のま ま 使 用 さ れ る と は 限 ら な い︒ 一つの 予 備 的 な 道. )﹂ の語 で表. 具 と し て応 用 さ れ 得 る可能 性 を 含 む と いう 意 味 であ る︒ この様 に知 識 は ︑ 既 に起 った こと が ら を 内 容 と し て持 つが ︑ 一方 で未 来 に対 す る 鰍望 も 含 ん で いる ︒ 彼 が ︑信 念 或 い は知 識 を ﹁言 明 可能 性 (. 現 し よ う と す る のも ︑ ﹁現 実 性 ( )より は︑む しろ可 能 性 ( ) を 示 す 用 語 の使 用 は ︑個 々の 探 む 究 の特 殊 な 結 論 が ︑連 続 的 に 更 新 さ れ る 一つのも く ろ み の部 分 に す ぎ な いと いう 認 識 を 含 ん で い る﹂ か ら で あ る ︒知. デ ュー イ的 探 究 状 況と 久 松 真 一博 士 の熊 動的 無 の 立 場 一両 者 の 対 比 と ︑. 識 が 未 来 的 効 用 性 を 含 ん で い る と いう こと が ︑ デ ュー イ の独 特 な 側 面 な の であ る︒. 四. そ の 総合 的 状 況 に つ い て. デ ュー イ は ︑ 人間 の 当 面 す る 日常 的 諸 問 題 から ︑高 度 の哲学 的 課 題 に至 るま で ︑自 然 科 学 の探 究方 法 が適 用 さ れ る. と し て ︑実 験 と推 理 に よ る 検 証 の論 理 を 展 開 し た︒ この実 験 的 行 動 を 中 軸 と す る探 究 思 考 の方 法 が ︑ 我 々 の全 人 生 の. 問 題 を 真 に解 決 し得 る で あ ろ う か ︒ 事 実 は ︑我 々 が経 験 す る諸 状 況 は 単 に デ ュー イ的 科 学 的 解 決 方 法 を許 す 探 究 的 客. 観 的 状 況 の層 の み に よ って成 立 し て い る の で はな く ︑ 更 に深 く 実 存 的 超 越 的 状 況 の 層 を含 ん で いる と 考 え ら れ る ︒ こ. の点 で ︑ 久松 真 一博 士 が 人 間 の 悩 み を ﹁世 間 的 な 悩 み ﹂ と ﹁超 世 間的 な 悩 み ﹂ に ︑ 即 ち 現 実 的 客 観 的 問 題 と超 現実 的.

(14) 宗 教 的問題 に分 類 し て ︑ 人生 の全問題 が 単 に前 者 だ け で はな い と言 わ れ る の は ︑ こ の こと を よ く 物 語 って い る︒. ﹁人 間 と いう も の には 二 つの悩 み ︑ つま り 出 世 間 的 な 悩 み と いう も の と ︑ そ れ か ら 世 間 的 な 悩 み と いう も の ︑ この. 一一つの悩 み が あ る︒ これ はお よ そ 人 間 に は 誰 に も あ るも の です が ︑普 通 は世間 的 な 悩 み だ け し か無 いと いう ふう に. み え る か も知 れ ま せ ん︒ し かし な が ら ︑ お よ そ 人 間 であ る以 上 ︑ こ の 二 つの悩 み と いう も のは ︑ ど う し ても これ を. 免 れ る こと は 出 来 な いも の であ り ま す︒ いわ ば ︑ これ は 人 間 にと って必 然 的 な 或 い は宿 命 的 な 悩 み だ と 言 わ な けれ. ロ. ば な り ま せ ん ︒人間 を 本 轟 に救 う と いう こと は ︑ こ の 二 つの悩 みを 共 に救 う と い う こと でな け れ ば な ら な い︒ そう. 致 しま せ ん こと に は ︑人間 を 全 体 的 に十 分 に 救 う と いう こと は 出 来 な い の で あ りま す︒ ﹂. 久 松 博 士 の ﹁超 世 間 的 悩 み ﹂ と 考 え ら れ るも の は ︑ デ ュー イ で は全 て ﹁世間的悩 み し に 還 元 さ れ てし ま い︑ 人 間 相. ︒ に. 互 の接 触 の中 に本 来 内 在 す る 価 値 を ︑ 一層 深 く 自 覚 し実 現 す る こと によ って ︑ 即 ち 人 間 経 験 の倫 理 的 精 神 的 理 想 であ ゑ る民 主 主 義 を 実 現 す る こと に よ って解 消 し 得 ると 考 えら れ る ︒ デ ュー イ に従 えば ﹁超 世 間 的悩 み ﹂ も 実 際 は 科 学 的 な 探 究 状 況 の問 題 と し て解 明 し 得 る の であ る︒ そ れ は 共 同 社 会 の ﹁結 び つき の意 識 (. 墓 つ い て︑ 共 通 の 理想 目的 を実 現 し てゆ く 過 程 で解 決 す る こと が 出来 る と み る の であ る︒ こう し たデューイ の考 え 方 ま に対 し て は ︑久 松 博 士 は ﹁安 易 なヒュー マ ユズ ム の楽 天 的 信 仰 にあ ぐ ら を か く ﹂ も の であ る と批 評 す る で あ ろ う ︒ 久. ハが. 松 博 士 に よ れ ば ︑ 普 通 我 々が自 己 と 考 え て い る の は ﹁い つわ り の自 己 ﹂ ﹁迷 い の自 己﹂ で あ って ︑ これ を 脱 皮 し て. つ本 当 の自 己 ﹂ にめ ざ め る こと が大 切 であ ると いう . デ 蕩ー イ に於 け る 探 究 思 考 の過 程 は ︑博 士 の いう ﹁い つわ り の. 自 己し の行 為 に相 当 す る ︒ 従 って デ ュー イ の決 定 的 解 決 状 況 で の満 足 や落 ち 着 き は ︑ 実 は 本 物 では な く ︑ こ の落 ち着 お き は ﹁本 当 の自 己し に め ざ め る こ と に よ って ︑ ﹁窮 極 の落 ち 着 き し ﹁徹 底 落 ち着 く U の でな け れ ば な ら な い︒ デ ュー.

(15) ) ﹂ ﹁責 任 (. イは ︑ 探 究 思 考 の方 法 を 実 践 す る 以前 に ︑ そ の ﹁態 度 ( ⇒ a $ω) ﹂ ﹁誠 心 誠 意 (. ハ がレ. ) ﹂ が 重 要 であ る と し て ﹁公 開 心 (. ) ﹂ を 養 え と いう ︒ ﹁公 開 心 ﹂ と は偏 見 や. 党 派 心 から の解 放 で あ って ︑ 萩 し い事 態 にも 寛 大 に対 処 出 来 る柔 軟 さ をも つ こと であ る ︒ ﹁誠 心 誠 意 ﹂ と は ︑精 神 を. 当 面 の問 題 に集 中 し ︑徹 底 的 に 没 頭 す る こと であ り ︑ ﹁責 任 し と は ︑ 問 題 追 求 に伴 う 態 度 と し て要請 さ れ る︒ これ ら. は ︑探 究 の態 度 と し て求 め ら れ た の であ り ︑ 問 題 の設 定 も ︑ デ ー タ 蒐 集 も 虚 心 で広 い心 でな いと 客 観 的 な 探 究 は 出来. な い の であ る︒ 久 松 博 士 は ︑ これ と 同 じ こと を ﹁仏 教 では 真 の自 己 の こと を ﹃大 円 鏡 智 ﹄ と 言 い ︑鏡 が も のを あ り の ま ま ま に 正し く 映 し 出 す と い う 点 に 讐 え るし と いう ︒ それ は ﹁観 照 的な 静 的 な 面 ﹂ と ﹁根 源 的 な 主 体 的 創 造 と いう 動 的 お な 面 し と を 含 む ︒ 即 ち 自 己 が 真 に清 明 でな け れ ば ︑諸 事 実 は蒐 集 でき な い の であ る︒ 即 ち 自 己 が真 実 でな け れば ︑状. ハ. 況 の含 む デ ー タ を自 分 の知 性 へ ﹁あ り のま ま に 正し く 映 し 出 す こと ﹂ は 畠 来 な い の であ る︒ 同 様 に ﹁主 体 的 創 造 ﹂ と し て の解 決 方 法 の実 践 も 決 し て可 能 では あ るま い︑. へ. 我 々 は問題 状 況 を 科 学 的 客 観 的 に考 察 し ︑解 決 方 法 を 探 究 す る が ︑同 時 に根 本 的 に ﹁本 当 の自 己し にめ ざ め る こと が な け れば な ら な い ︒. ﹁本 当 の自 己 に め ざ め れ ば ︑ 本 当 の自 己 は 無 であ る こと が分 り ︑ 無 と し て の自 己 を 知 って はじ め て ︑ わ れ わ れ は 真. ヘ. ヘ. ヘ. へ. に生 き る こと が 出 来 ︑ 本 当 に自 由 に働 く こと が 出来 る︒ 無 を 知 ると いう こ と は ︑決 し て普 通 の意 識 で対 象 的 に知 っ. た り想 像 し た り す る こと では な く し て ︑ 無 は自分 自 身 であ り ︑ 本 当 の私 であ り ︑自 覚 で あ る︒ これ は 生 き た 無 と も. む. 言 う べき で あ る︒ そ し て こ の生 き た無 の上 に ︑実 は 仏教 の 根 源 が あ る の であ り ︑ 仏教 の 真 に 究 極 的 な 在 り 方 は そ の 他 にはない︒﹂. デ ュー イ は ︑ 入 間 を 含 む 環 境 全 体 を 重 視 し て ﹁状 況 ﹂ を 探 究 す る の に ︑久 松 で は ︑ 一層 深 次 元 の ﹁無 と し て の自. 己 ﹂ が 求 め ら れ て ゆく ︒ デ ュー イ では ︑探 究 の素 材 が自 己 を 含 め た 状 況 全 体 の諸 デ ー タ であ る の に対 し ︑ 久 松 では.

(16) は たら. ﹁真 の自 己 ﹂ と いう 主 体 者 側 の諸 因 子 が 究 明 さ れ て ゆく . 博 士 は ﹃禅 にお け る自覚 の方 法 ﹄ (昭 和 三 十 七 年 ) の中. で ︑ 自 覚 の方 法 に は 二 つの方 向 が あ る こと ︑即 ち ﹁覚 ﹂ へ至 る こと と ﹁そ の覚 が作 用く こと 偏 で あ る︒前 者 を 向 上 ︑ ゑ 後 者 を 向 下 と いう ︒ ﹁向 上 と はわ れ わ れ が普通 の自覚 か ら そ う いう 覚 に至 る方 向 ﹂ であ る︒ 博 士 は ︑ ど の宗 教 でも 向. 上 の方 向 が 偏 重 さ れ てき た が ︑実 は覚 が 現 実 と 如 何 に関 係 し ︑ 如 何 に は たら く か の方 が 回層 重 要 であ る と いう ︒ だ. が ︑久 松 博 士 が そ の様 に根 本 主 体 と し て の ﹁真 空 の面 し と ︑動 的 な ﹁妙 用 の面 し を 述 べら れ て いる にも か か わ ら 鵡 ︑ ﹀. 筆 者 に は や は り ﹁覚 ﹂ への方 向 が 一繕 強 調 さ れ て い る と いう 印 象 を 拭 え な い︒ 更 に ﹁真 の自己 し は ︑普 通 の自覚 を 越. え た 一層 深 次 元 の自 覚 であ る から ︑普 通 の自覚 即 ち デ ュー イ の ﹁知 性 ﹂ を 当 然 包 含 し て い る︒ し か し ︑自 己 が生 き る. こと が ︑デューイ 的 に い えば ︑ 環境 的 諸 条 件 と の相 互 作 用 によ って決 定 さ れ てく る の に ︑あ た かも ﹁自 覚 ﹂ が ︑環 境. 的 諸 条 件 と枳 互交 渉 の少 な い主 体 的 側 人 の内 面 だ け に よ って達 成 さ れ る か の よう な 印 象 を 筆 者 に与 え る の であ る︒ 換. 言 す れ ば ︑ 博 士 は 個 人 と 環 境 と の相 互作 用 を 充 分 踏 ま え た 上 で 語 ら れ る の に︑ 筆 者 と し ては ︑ デ ュー イ的 な 探 究 の方 法 を強調したくな るのである︒. デ ュー イ的 探 究 を 実 践 す る自 己 は ︑自 己自 身清 明 で純 真 な 心情 を 持 ち ︑素 直 な 態 度 ︑ 公 正 な知 性 を 持 た な け れ ば ︑. 探 究 に曇 り が か か る で あ ろ う ︒ そ の意 味 で ︑純 な る 自 己 ︑ ﹁真 の自 己﹂ の自 覚 が ど う し ても 必 要 で あ ろ う ︒ し か し 探. 究 技 術 の発 達 も 自 己 の ﹁覚 ﹂ の 深 さ も 共 に相 互 的 に影 響 し 合 いな が ら ︑ 共 に 発 展 し て ゆ く も の であ る︒ 従 って 我 々. は ︑ こ こにデューイ の立 場 を 久 松 真 一博 士 の ﹁真 な る自 己 し ﹁無 相 の自 己﹂ の立 場 に よ って 限定 し ︑ 両者 の 統 一的 な ﹁探 究 ﹂ の サ イ ク ルを 考 え よう ︒. 第 一に ︑未 決 定 な 状 況 の疑 問 的 ︑ 不 安 定 的 ︑混 乱 の事 態 は ︑ 実 は 人 間 存 在 の根底 に ︑ そ の よう に さ せ て い る 入 間 の 無 明 ︑根 本 的 煩 悩 が あ る こと を自 覚 す る こと ︒. 第 二 に︑ ﹁問 懸 設定 ﹂ に よ って問題 の所 在 と其 の様 相 が 明 確 にな った と き ︑ ﹁真 実 の自 己 ﹂ が 其 れ に対 し 如 何 に希.

(17) 求 し て い る かを 深 く 自 覚 し ︑ こ の純 な る自 己 に則 って ︑自 己外 の客 観 的 対 象 に 働 き か け よ う と 意 図 す る こと ︒. 第 三 に ︑或 る暗 示 に従 って︑ 状 況 の含 む 諸 デ ー タ を 観 察 に よ って蒐 集 す る ︒ そ れ に基 づ い て問 題 解 決 の ため に可 能. な 仮説 (観 念 ) を 導 く が ︑ この 仮 説 が ﹁真 実 の自 己﹂ の示 唆 で あ る か を 充 分 に点 検 し ︑ そ れ に関 す る更 に多 く の実 験 や観察を行う︒. な解 決 行 為 が 深 い ﹁自 覚 ﹂ を 通 し て推 論 さ れ る︑. 第 四 に︑ いく つか の仮 説 が 出 てき た と き ︑ ﹁真 の自己 ﹂ を根 拠 に ︑ そ れ ら の仮 説 の意 味 ・内 容 を連 関 づ け ︑自 利 自 欲 的 な 諸 要 素 は 漸 次 削 除 され ︑最 後 に. 第 五 に ︑ こ の最 終 的 仮 説 は 具 体 的 行 動 に よ って検 証 さ れ る︒ そ れ は予 想 通 り に いけ ば ︑ やが て ﹁真 実 の自 己 ﹂ に 基. づ いた ﹁保 証 づき の言 明 ﹂ と し て容 認 さ れ る に 至 る︒ 検 証 の結 果 ︑仮 説 が 失 敗 に終 った とき ︑仮 説 は 薪 た に 改 正 さ れ. (了 ). Faith, 1934, (Yale Univ. Press, Second printing) p. 47, ﹂ の訳 語 とし て永 野 芳 夫 博 士 は ﹁場 ﹂ と か ﹁状位 ﹂ と 訳し て お り (岡 博 士著 ﹃デューイ と 現代 哲学 ﹄ 昭 和 三 一年 刊 ︑ [Situationi. John Dewey ; A Common. INC.. る か ︑ 他 の 一層 優 れ た も の が追 求 さ れ る ︒ 同 時 に ﹁自 覚 ﹂ の不 足 と状 況 判 断 と 推 論 の甘 さを 反省 し つ つ︑ 栽 し い探 究. ﹁. New York) PP.19-25,. ct.. 冒 John Dewey ; Experience and Nature, 1952, (the second edition, Dover) , ・ p. la, の 0 'The Origin of Dewey' s Morton G. White Instrumentalism, に詳し いo同書 ( (1964, Octagon Books,. ( 註). にと り か か る︒ 自 己 の 門自 覚 ﹂ と 客 観 的 世 界 の探 究 も 共 に発 展 的 で あ る︒. ω. ② ③. K.. Jaspers;. Die geistige. Situation. Zeit.. [Logic,. ﹂ ( (Holt, 1938]. Rinehart. and Winston,. 昭 和 三 〇 年 ︑河 出書 房 1931.に詳 し い︒ 飯 島 宗 享 訳 ﹃現 代 の精 神 的状 況 ﹄ ( Situationに つい て の デ ューイ の分析 は ﹁. der. 一六 頁 ) ︑ 牧 野 宇 一郎 氏 は ﹁ 場面﹂と訳し て い る ( 牧 野 著 ﹃デ ュー イ 真 理観 の研 究 ﹄ 一九 六 四年 刊︑ 未 来 社 ﹀︒ 状 況 の解 明 に つい て は︑. 刊 ) 二 一頁 ⁝ 二八 頁 ︒ こ こ で は︑ 一般 的 に ﹁ 状況﹂と訳す︒.

(18) 署 噸 ①Oよ メ)にある︒ PP. 66-67) ヘ. へ. も. ヘ. へ. 問 題 状 況 が 探 究 の発 展的 プ 環セ スに於 い て解 明 さ れ て ゆき ︑最 後 には ︑具 体 的 解決 方 法 によ って 決定 し た状 況 へ移 行 す る が ︑筆 者. Rinehart. pp. 1-280,. ﹁宗 教 哲 学 と し て の久 松 哲 学 の位 置﹂ 雑 誌. , pp. 71-78.. and Winston, inc.). 久 松 真 一博 士 の即無 的 実 存 の立 場 と 現 代 の無 神 論 的 立 場 の関 係 に つい て武 内 義 範 論 文. は デ ュー イ の科 学 的 思 考 に よ る ︑ これ ら の状 況を 探究 的 状 況 と 呼 ん で 特 色 づ け た ︒こう し た 呼 び 方 は今 日ま で誰 も 行 な って いな い ︑. 1938. (Holt,. p. 58.. (Dover edit. , 1958) P. 161, cf.. in Philosophy,. and Narure. 1963, The Modern Library,. P. 392,. Conduct,. Impulse. と共に. in the modern world,. Habit 及び. P. 275.牧 野 宇 一郎 著 ﹁デ ュー イ真 理観 の研. 1922]. 1958, Macmilan Co. ) pp. 391-393,. J. Ratner ; Intelligence. 1925, (Dover edit. 1958) PP. 121-165. 清水幾太郎訳 ﹁哲学 の改造し岩波書店刊 = 九頁 ︒ 1920,. 1910. (D. C. Heath and Company). of Inquiry,. ﹃理想 ﹄ 2◎ 蒔逡 に所 収 ︑ 理 想 社 刊 ︑七 頁 参 照 ︒. John Dewey ; Logic : The Theory. ; Reconstruction. and Nature,. Jonn Dewey ; How We Think, Dewey. John Dewey ;Experience John 同晶 削掲 畿欝︑ 第馬ハ廊単 一二 二 留 貝︒. John Dewey ; Experience John Dewey's Philosophy,. John Dewey ; Experience and Nature, pp. 3-19. デ ューイ 著 ︑清 水 幾 太 郎 訳 ﹃哲 学 の改 造 ﹄岩 波 書 店 = ご九頁 ︒. Printing, 1915, (1958, Macmilan Co.). 1916, (Thirtieth and Educarion,. John Dewey ; Democracy and Education, JohnDewey ; Democracy. (Dover edit. , 1958) PP. 252-297, and. and Nature,. Nature. John Dewey ; Experience. rHuman. 1958, Dover,. 1916, (1958, Macmillan Co.). pp. 392-393,. 徳 田御 稔 著 "進 化 論 ︑ 岩 波 全 書 一九 五七 ︑六 二⁝ 六 三 頁 ︒. 1925, the second edit.,. デ 識i イ 行為 論 に於 ける ﹁知 性 ﹂ の役割 に つい ては ︑ 心 理学 的 に 解 明 さ れ た ︒. and Nature, 参 照︒ PP. 290-299. and Education,. p.252,進 化論 に関 し て︑ つぎ を 参 照 ︒. 1964,. Jonn Dewey ; Experience Ibid.. John Dewey ; Democracy. デ 論ー イ著 清 水 訳 ﹃哲 学 の改 造 ﹄岩 波 書 店 ︑ 一四 二頁; 一四 五頁 ︒. 究﹂. 鋤.

(19) J. Dewey ; How We Think, Dewey. ; How. We Think,. John Dewey ; Logic, P. 17, John. 1910, (D.C. pp. 75-76,. B. Russell. , PP.91-118.. に よ るデューイ の ﹁ 探 究﹂ に つい て の定 義 の批 判 に関 し て︑ つぎ を 参. Heath and Company). and Conduct,. Dewey ; How We Think,. 1910, Pp. 106-107) 1958) P.176,. Logic) は︑. ﹁前 ・反 省 的 ((pre•reflectiye)) ﹂ 状 況 か ら ﹁後 ・反省 的 ((post•reflective)) ﹂ 状 況 への移 行 と名 づけ. Dewey,. 1922, ' デュ ーイ 著 ︑東宮 隆 訳 ﹃人 間 性 と 行 為 ﹄春 秋 社 ︑ 第 一部 一三 頁 ⁝ 七 二頁 ︒. 照 ︒ B ・ラ ッセ ル著 ︑ 市 井 三郎 訳 ﹃西 洋 哲 学 史 ﹄ み すず 書 房 刊 ︑ 八 一六 頁 ︒. Nature. 8 John Dewey ; Logic, pp. 66-67, 著 ︑清 水 訳 ﹃哲 学 の改 造 ﹄ 岩波 書 店 ︑ 一三 七 頁 ︒. John Dewey ; Human. 1934) P. 76,. 1910, (D. C. Heath and Company 1933) P. 95, 1934, (Yale Univ.,. デ ュー イ著 ︑ 清水 訳 ﹃哲 学 の改 造 ﹄ 一四 三頁 ︒. John Dewey ; How We Think,. 同前 掲 書 ︑ 一三 八 頁 ︒. ⑳デューイ ㈱. ⑳. Faith,. 著 ︑ 清 水 訳 ﹃哲学 の改 造 ﹄ 一七 八 頁 ⁝ 一八 四頁 ︒. J. Dewey; A Common. (J.. 1916, (Macmillan Co.,. Heath and Company,. 1933) , p. 103. 1938 (1938, Holt, Rinehalt and Winston,. inc.). , P.106,. 疑 いが 極端 にな る と ︑病 的 にな る と デ ュー イ は いう ︒ こ こ では ︑ ﹁ 状 況し にお け る 現 実 性 が 重要 であ る ︒ (同書 一〇 六 頁 ). J. Dewey ; Logic, P. 106,. J. Dewey ; Democracy and Education,. られている. ﹁[How We Think﹂jで は︑. 既 に︑ こ の論 文 の 第 二章 の初 め の部 分 に 出 て いる ︒ ﹁未決 定 状 況﹂ か ら ﹁決 定 し た状 況﹂ への移 行 ((J.. 働デューイ ㈹. ㈱. p.104,. 1910, (D.C.. John Dewey ; Logic, The Theory of Inquiry, ibid., P. 108,. ibid.,. p. 104,. John Dewey ; How We Think, ibid., p.104, ibid.,.

(20) ㈱ ibid. , p.104,. き ︑ 対 象 や 事件 が 理解 され る ︒ ( (J.. John Dewey ; How We Think,. 1916, Thirtieth. p. 132, ). Printing,. 久 松 真 一著 作 集 ︑第 三巻 ︑ 三 七 頁. (John Dewey ; How We Think,. pp. 149-152, ). 1958. pp. 395-396 ; 396-397.. (John Dewey ; How We Think,. )﹂ であ る meanings). (1938, Holt Rinehalt and Winston, inc. ) , p. 114:. Dewey ; How We Think, p. 137,. John Dewey ; Logic, The Theory of Inquiry, ( (standardized. pp. 113-114,. ) 偏 と は ﹁標 準 的 意 味 (Conception). John Dewey ; How We Think, ﹁概 念. 概 念 は確 立 さ れ た 意味 であ る ︒. p. 9,. 陶 書 一二八⁝ 一二九 頁. p. 149). ㈹ ﹁意 味 ( (Meaning) ) し と は ︑探 究 過 程 に於 いて暗 示 され る も のだ が︑ 未 だ ﹁可 能 的 な も の ( (a possibility) )偏 であ って︑ ﹁現 実 的 なも の ) ﹂ で はな い ︒意 味 が条 件 的 に使 わ れ る と き ︑ そ れ は ﹁観 念 ( (idea) )﹂ であ り ︑ 意 味 が 実 証 的 に 使 わ れ る と (an actuality). ⑱. ①. 概念 は我 々 の知 識 を規 格 化 す る ︒. 概 念 は我 々に 一般 化 す る ことを 可 能 な ら し め る ︒. デ ュー イは ︑ 概 念 の本 質 と し て ︑ 次 の 四 つを 挙 げ る ︒. ③. 1938,. and Education,. デュ ー イ の ﹁知 識 ﹂ 概念 に麗 し て つぎ の箇 所 を 参 照 ︒. 概 念 は未 知 のも の を見 極 め 感 覚 的 に 現存 す るも のを 補 強 す る ︒. ②. ④. ; Logic,. 翻. 嗣 書 一六 六 百祭⁝ 〜六七 頁. ㈱. Dewey. John Dewey ; Democracy John ibid. , p. 9,. 鮒. (Yale Univ. , 1961) PP. 72-87,. 久 松 真 一著 作 集 ︑ 第 三 巻 ﹃覚 と創 造 ﹄ (理想 社 刊 ︑昭和 四六 年 ) ︑ 三 八 一頁. John Dewey ; A Common Faith,. ㈹. 冒げ 欝 OΦ ≦①聴 麟; o 慈 ≦Φ ⇔貯鳩℃℃ ﹄o出 o劇' John Dewey How We↓鑓 Think, pp. 28-34,. ibid. , p. 53,. ㈱.

(21) 繍 久松真 一著作集︑第 三巻 ︑ =一 =頁. 劒. 翻 同書 二二頁. 同書五五五頁⁝ 五五六頁. 同書 一二九頁. ㈹ 同書 ; 二 頁. ㈱. ( 神戸学院大学講師︑昭和三十七年本学卒業 ・倫 理学).

(22)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP