00目次.indd

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

子どもの姿から学びを考える : 「お泊まり保育」

へつながる保育実践

著者

河津 花奈

雑誌名

鹿児島大学教育学部教育実践研究紀要

27

ページ

541-548

発行年

2018-03-30

URL

http://hdl.handle.net/10232/00030201

(2)

1   新 幼 稚 園 教 育 要 領 の ポ イ ン ト   平 成 2 9 年 3 月 , 新 し い 幼 稚 園 教 育 要 領 が 告 示 さ れ た。 幼 稚 園 で は, 平 成 3 0 年 度 よ り 完 全 実 施 さ れ る こ と に な り , 各 園 で, 新 幼 稚 園 教 育 要 領 の 改 訂 の ポ イ ン ト を 踏 ま え た 教 育 課 程 の 作 成 が 求 めら れてい る。   今回 の幼稚 園教育 要領 の重 点は以 下 に示 す通 り である 。 ○  「 環境 を通 し て行う 教育」 を基 本 と する こと は変わら な い ○   幼 稚 園 教 育 に お い て 育 み た い 資 質 ・ 能 力 (「 知 識 及 び 技 能 の 基 礎 」「 思 考 力, 判 断 力 , 表 現 力等 の基礎 」「 学びに 向かう 力, 人 間 性等 」) を明確 化 ○   5 歳 児 修 了 時 ま で に 育 っ て ほ し い 姿 を「 幼 児 期 の 終 わ り ま で に 育 っ て ほ し い 姿 」 と し て 明 確化 すると と もに ,小 学校 と共有 す ること に よ り幼小 接続 を推進 ○  幼 児一人 一 人の よさ や可 能性を 把 握す るな ど 幼児理 解に 基づいた 評価を実 施    など   今 回 の 改 訂 で も 幼 稚 園 教 育 は,「 環 境 を 通 し て 行 う 教 育 」 を 基 本 と す る こ と は 変 わ ら ず ,「 健 康 」 「 人 間 関 係 」「 環 境 」「 言 葉 」「 表 現 」 の 5 領 域 を 内 容 と し て , 教 育 を 行 う こ と に 変 わ り は な い 。 た だ , 新 た に, 幼 児 教 育 か ら 高 校 ま で を 貫 く「 知 識 ・ 技 能 」「 思 考力・判 断 力・表現 力等 」「 学び に向か う力・ 人 間 性 等 」 の 3 つ の 資 質・ 能 力 が 示 さ れ , 幼 稚 園 で も 縦 の つ な が り を 意 識 し た 保 育 の 推 進 が 求 め ら れ るよ うにな った。   ま た ,「 幼 児 期 の 終 わ り ま で に 育 っ て ほ し い 姿 」 が 1 0 項 目 示 さ れ , 小 学 校 と 子 ど も の 姿 を 共 有 す る こ と で, よ り 一 層 の 幼 小 の 接 続 の 推 進 が 求 め ら れ て い る 。 こ れ ら を 踏 ま え , 図 1 に 新 幼 稚 園 教 育 要 領 の ポ イ ン ト を 図 に ま と め , イ メ ー ジ と し て 捉

報 告

Bulletin of the Educational Research and Development, Faculty of Education, Kagoshima University 2018, Vol.27, 541-548Bulletin of the Educational Reseach and Development, Faculty of Education, Kagoshima University

2018, Vol.27, 00-00

ሗ࿌

Ꮚ࡝ࡶࡢጼ࠿ࡽᏛࡧࢆ⪃࠼ࡿ

㸫ࠕ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࠖ࡬ࡘ࡞ࡀࡿಖ⫱ᐇ㊶㸫

Ἑὠⰼዉ㹙㮵ඣᓥ኱Ꮫᩍ⫱Ꮫ㒊㝃ᒓᗂ⛶ᅬ㹛 $QDO\WLFDOOHDUQLQJIURPWKHREVHUYDWLRQRIFKLOGUHQ㸸&KLOGFDUHSUDFWLFHVOHDGLQDFFRPPRGDWLRQ .$:$=8.DQD



࣮࣮࢟࣡ࢻ㸸ᗂ⛶ᅬᩍ⫱せ㡿㸪Ꮫࡧࡢጼ㸪ᗂඣᮇࡢ⤊ࢃࡾࡲ࡛࡟⫱ࡗ࡚࡯ࡋ࠸ጼ㸪㐟ࡧ㸪࠾Ἡࡲ ࡾಖ⫱ 㸯 ᪂ᗂ⛶ᅬᩍ⫱せ㡿ࡢ࣏࢖ࣥࢺ   ᖹᡂ㸰㸷ᖺ㸱᭶㸪᪂ࡋ࠸ᗂ⛶ᅬᩍ⫱せ㡿ࡀ࿌♧ࡉࢀࡓࠋᗂ⛶ᅬ࡛ࡣ㸪ᖹᡂ㸱㸮ᖺᗘࡼࡾᩍ⫱せ 㡿ࡀ᏶඲ᐇ᪋ࡉࢀࡿࡇ࡜࡟࡞ࡾ㸪ྛᅬ࡛㸪᪂ᗂ⛶ᅬᩍ⫱せ㡿ࡢᨵゞࡢ࣏࢖ࣥࢺࢆ㋃ࡲ࠼ࡓᩍ⫱ㄢ ⛬ࡢసᡂࡀồࡵࡽࢀ࡚࠸ࡿࠋ   ௒ᅇࡢᗂ⛶ᅬᩍ⫱せ㡿ࡢ㔜Ⅼࡣ௨ୗ࡟♧ࡍ㏻ࡾ࡛࠶ࡿࠋ ۑ ࠕ⎔ቃࢆ㏻ࡋ࡚⾜࠺ᩍ⫱ࠖࢆᇶᮏ࡜ࡍࡿࡇ࡜ࡣኚࢃࡽ࡞࠸ ۑ ᗂ⛶ᅬᩍ⫱࡟࠾࠸࡚⫱ࡳࡓ࠸㈨㉁࣭⬟ຊ㸦ࠕ▱㆑ཬࡧᢏ⬟ࡢᇶ♏ࠖࠕᛮ⪃ຊ㸪ุ᩿ຊ㸪⾲ ⌧ຊ➼ࡢᇶ♏ࠖࠕᏛࡧ࡟ྥ࠿࠺ຊ㸪ே㛫ᛶ➼ࠖ㸧ࢆ᫂☜໬ ۑ 㸳ṓඣಟ஢᫬ࡲ࡛࡟⫱ࡗ࡚࡯ࡋ࠸ጼࢆࠕᗂඣᮇࡢ⤊ࢃࡾࡲ࡛࡟⫱ࡗ࡚࡯ࡋ࠸ጼࠖ࡜ࡋ࡚ ᫂☜໬ࡍࡿ࡜࡜ࡶ࡟㸪ᑠᏛᰯ࡜ඹ᭷ࡍࡿࡇ࡜࡟ࡼࡾᗂᑠ᥋⥆ࢆ᥎㐍 ۑ ᗂඣ୍ே୍ேࡢࡼࡉࡸྍ⬟ᛶࢆᢕᥱࡍࡿ࡞࡝ᗂඣ⌮ゎ࡟ᇶ࡙࠸ࡓホ౯ࢆᐇ᪋  ࡞࡝    ௒ᅇࡢᨵゞ࡛ࡶᗂ⛶ᅬᩍ⫱ࡣ㸪ࠕ⎔ቃࢆ㏻ࡋ࡚ ⾜࠺ᩍ⫱ࠖࢆᇶᮏ࡜ࡍࡿࡇ࡜ࡣኚࢃࡽࡎ㸪ࠕ೺ᗣࠖ ࠕே㛫㛵ಀࠖࠕ⎔ቃࠖࠕゝⴥࠖࠕ⾲⌧ࠖࡢ㸳㡿ᇦࢆ ෆᐜ࡜ࡋ࡚㸪ᩍ⫱ࢆ⾜࠺ࡇ࡜࡟ኚࢃࡾࡣ࡞࠸ࠋࡓ ࡔ㸪᪂ࡓ࡟㸪ᗂඣᩍ⫱࠿ࡽ㧗ᰯࡲ࡛ࢆ㈏ࡃࠕ▱㆑࣭ ᢏ⬟ࠖࠕᛮ⪃ຊุ࣭᩿ຊ࣭⾲⌧ຊ➼ࠖࠕᏛࡧ࡟ྥ࠿ ࠺ຊ࣭ே㛫ᛶ➼ࠖࡢ㸱ࡘࡢ㈨㉁࣭⬟ຊࡀ♧ࡉࢀ㸪 ᗂ⛶ᅬ࡛ࡶ⦪ࡢࡘ࡞ࡀࡾࢆព㆑ࡋࡓಖ⫱ࡢ᥎㐍 ࡀồࡵࡽࢀࡿࡼ࠺࡟࡞ࡗࡓࠋ   ࡲࡓ㸪ࠕᗂඣᮇࡢ⤊ࢃࡾࡲ࡛࡟⫱ࡗ࡚࡯ࡋ࠸ጼࠖ ࡀ㸯㸮㡯┠♧ࡉࢀ㸪ᑠᏛᰯ࡜Ꮚ࡝ࡶࡢጼࢆඹ᭷ࡍ ࡿࡇ࡜࡛㸪ࡼࡾ୍ᒙࡢᗂᑠࡢ᥋⥆ࡢ᥎㐍ࡀồࡵࡽ ࢀ࡚࠸ࡿࠋࡇࢀࡽࢆ㋃ࡲ࠼㸪ᅗ㸯࡟᪂ᗂ⛶ᅬᩍ⫱ せ㡿ࡢ࣏࢖ࣥࢺࢆᅗ࡟ࡲ࡜ࡵ㸪࢖࣓࣮ࢪ࡜ࡋ࡚ᤊ ᅗ㸯 ᪂ᗂ⛶ᅬᩍ⫱せ㡿ࡢ࢖࣓࣮ࢪ

子どもの姿から学びを考える

-「お泊まり保育」へつながる保育実践-

      河 津 花 奈

[鹿児島大学教育学部附属幼稚園]

Analytical learning from the observation of children : Childcare practices leading to

accommodation

KAWAZU Kana

キーワード:幼稚園教育要領,学びの姿,幼児期の終わりまでに育ってほしい姿,遊び,

      お泊まり保育

(3)

鹿児島大学教育学部教育実践研究紀要 第27巻(2018) え てみ た。( 図1 ) 2   本 園 の 保 育 と 学 び に つ い て   本 園 で は , 子 ど も の た ち の 自 発 的 な 遊 び を 大 切 に し て 保 育 を 行 っ て い る。 子 ど も た ち は , 人 や も の, 自 然 な ど の 身 の 回 り の 環 境 と 主 体 的 に 関 わ り, 考 え た り , 試 し た り, 工 夫 し た り し て , 試 行 錯誤 を重ね ,生 き る力 の基 礎となる 学 びの芽 を培 って い る。 遊び は,幼児期 特有の学習 で あ り, た っぷ り,じ っ くり と 遊 ぶこ とで,幼稚 園教育 要領 で述べ られ て いる 「知識及び 技能の基礎 」,「思 考 力, 判 断 力, 表 現 力 等 の 基 礎 」,「 学 び に 向 か う 力 , 人 間 性 等 」 の 3 つ の 資 質・ 能 力 が 育 っ て い く もの と考え る。   し か し, と も す る と, 幼 稚 園 で の 自 由 保 育 は,「 た だ 遊 ん で い る だ け 」「 遊 ん で い る 姿 の ど こ を 見 たら よいの か分か らな い」 という 声 が聞 こえて くる のも 事実 である。   そ こ で , 事 例 を 基 に 子 ど も た ち の 遊 ぶ 姿 か ら 学 び の 姿 を 見 取 り, 整 理 し て い こ う と 考 え た 。 ま た ,今回 の 改 訂 で は,「 幼児 期 の終 わり までに 育っ てほし い姿 」 とし て10 項目が新たに出された。 こ の 姿 を 小 学 校 と 共 有 し , 接 続 を 深 め る た め に, 事 例 か ら 見 取 っ た 学 び の 姿 を 「 幼 児 期 の 終 わ り ま でに 育って ほしい 姿」 との 関連で 示 し, 整理し てい きた いと 考えた。 3   方 法   年 長 児( 男 児 :18 人,女児:18 人,計 36 人)の4月から7月の「お泊まり保育に向けた遊 び 」の8 つ の 事 例か ら,子 ども の「 学び の姿 」を見 取 り,「幼 児期の 終わりまで に育ってほ しい姿」 と の関 連を考 えるこ とと した 。方法 を 整理 すると 以下 の通 りで ある。 ○  事 例ごと に 「学 びの 姿」 を見取 る 。 ○  見 取った 「 学び の姿 」と 「幼児 期 の終 わりま でに 育っ てほ しい姿」 との 関連を考 える。 4   保 育 の 実 際   7 月 に 年 長 児 が 幼 稚 園 に 一 泊 す る 「 お 泊 ま り 保 育 」 が 行 わ れ る。 4 月 に 新 し く 担 任 に な っ た 教 師 は,「 お 泊 ま り 保 育 」 が 楽 し い 思 い 出 に な る よ う に , 普 段 の 保 育 の 中 か ら 子 ど も た ち の 遊 び や 興 味 の あ る も の を 取 り 入 れ, 関 連 付 け な が ら ,「 お 泊 ま り 保 育 」 と い う 目 的 に 向 か っ て, 意 欲 を 継 続で きるよ うに援 助し てい きたい と 考え た。   ⑴  4月1 9日 :お泊 ま り 保育の メ ニュ ーは? 㮵ඣᓥ኱Ꮫᩍ⫱Ꮫ㒊ᩍ⫱ᐇ㊶◊✲⣖せ ➨㸰㸵ᕳ ࠼࡚ࡳࡓࠋ㸦ᅗ㸯㸧  㸰 ᮏᅬࡢಖ⫱࡜Ꮫࡧ࡟ࡘ࠸࡚   ᮏᅬ࡛ࡣ㸪Ꮚ࡝ࡶࡢࡓࡕࡢ⮬Ⓨⓗ࡞㐟ࡧࢆ኱ษ࡟ࡋ࡚ಖ⫱ࢆ⾜ࡗ࡚࠸ࡿࠋᏊ࡝ࡶࡓࡕࡣ㸪ேࡸ ࡶࡢ㸪⮬↛࡞࡝ࡢ㌟ࡢᅇࡾࡢ⎔ቃ࡜୺యⓗ࡟㛵ࢃࡾ㸪⪃࠼ࡓࡾ㸪ヨࡋࡓࡾ㸪ᕤኵࡋࡓࡾࡋ࡚㸪ヨ ⾜㘒ㄗࢆ㔜ࡡ㸪⏕ࡁࡿຊࡢᇶ♏࡜࡞ࡿᏛࡧࡢⱆࢆᇵࡗ࡚࠸ࡿࠋ㐟ࡧࡣ㸪ᗂඣᮇ≉᭷ࡢᏛ⩦࡛࠶ࡾ㸪 ࡓࡗ࡫ࡾ㸪ࡌࡗࡃࡾ࡜㐟ࡪࡇ࡜࡛㸪ᗂ⛶ᅬᩍ⫱せ㡿࡛㏙࡭ࡽࢀ࡚࠸ࡿࠕ▱㆑ཬࡧᢏ⬟ࡢᇶ♏ࠖ㸪ࠕᛮ ⪃ຊ㸪ุ᩿ຊ㸪⾲⌧ຊ➼ࡢᇶ♏ࠖ㸪ࠕᏛࡧ࡟ྥ࠿࠺ຊ㸪ே㛫ᛶ➼ࠖࡢ㸱ࡘࡢ㈨㉁࣭⬟ຊࡀ⫱ࡗ࡚࠸ ࡃࡶࡢ࡜⪃࠼ࡿࠋ ࡋ࠿ࡋ㸪࡜ࡶࡍࡿ࡜㸪ᗂ⛶ᅬ࡛ࡢ⮬⏤ಖ⫱ࡣ㸪ࠕࡓࡔ㐟ࢇ࡛࠸ࡿࡔࡅࠖࠕ㐟ࢇ࡛࠸ࡿጼࡢ࡝ࡇࢆ ぢࡓࡽࡼ࠸ࡢ࠿ศ࠿ࡽ࡞࠸ࠖ࡜࠸࠺ኌࡀ⪺ࡇ࠼࡚ࡃࡿࡢࡶ஦ᐇ࡛࠶ࡿࠋ ࡑࡇ࡛㸪஦౛ࢆᇶ࡟Ꮚ࡝ࡶࡓࡕࡢ㐟ࡪጼ࠿ࡽᏛࡧࡢጼࢆぢྲྀࡾ㸪ᩚ⌮ࡋ࡚࠸ࡇ࠺࡜⪃࠼ࡓࠋࡲ ࡓ㸪௒ᅇࡢᨵゞ࡛ࡣ㸪ࠕᗂඣᮇࡢ⤊ࢃࡾࡲ࡛࡟⫱ࡗ࡚࡯ࡋ࠸ጼࠖ࡜ࡋ࡚ 㡯┠ࡀ᪂ࡓ࡟ฟࡉࢀࡓࠋ ࡇࡢጼࢆᑠᏛᰯ࡜ඹ᭷ࡋ㸪᥋⥆ࢆ῝ࡵࡿࡓࡵ࡟㸪஦౛࠿ࡽぢྲྀࡗࡓᏛࡧࡢጼࢆࠕᗂඣᮇࡢ⤊ࢃࡾ ࡲ࡛࡟⫱ࡗ࡚࡯ࡋ࠸ጼࠖ࡜ࡢ㛵㐃ࢆ♧ࡋ㸪ᩚ⌮ࡋ࡚࠸ࡁࡓ࠸࡜⪃࠼ࡓࠋ  㸱 ᪉ἲ ᖺ㛗ඣ㸦⏨ඣ㸸 ே㸪ዪඣ㸸 ே㸪ィ  ே㸧ࡢ㸲᭶࠿ࡽ㸵᭶ࡢࠕ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱࡟ྥࡅࡓ㐟ࡧࠖ ࡢ㸶ࡘࡢ஦౛࠿ࡽ㸪Ꮚ࡝ࡶࡢࠕᏛࡧࡢጼࠖࢆぢྲྀࡾ㸪ࠕᗂඣᮇࡢ⤊ࢃࡾࡲ࡛࡟⫱ࡗ࡚࡯ࡋ࠸ጼࠖ࡜ ࡢ㛵㐃ࢆ⪃࠼ࡿࡇ࡜࡜ࡋࡓࠋ᪉ἲࢆᩚ⌮ࡍࡿ࡜௨ୗࡢ㏻ࡾ࡛࠶ࡿࠋ ۑ ஦౛ࡈ࡜࡟ࠕᏛࡧࡢጼࠖࢆぢྲྀࡿࠋ ۑ ぢྲྀࡗࡓࠕᏛࡧࡢጼࠖ࡜ࠕᗂඣᮇࡢ⤊ࢃࡾࡲ࡛࡟⫱ࡗ࡚࡯ࡋ࠸ጼࠖ࡜ࡢ㛵㐃ࢆ⪃࠼ࡿࠋ  㸲 ಖ⫱ࡢᐇ㝿 㸵᭶࡟ᖺ㛗ඣࡀᗂ⛶ᅬ࡟୍Ἡࡍࡿࠕ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࠖࡀ⾜ࢃࢀࡿࠋ㸲᭶࡟᪂ࡋࡃᢸ௵࡟࡞ࡗࡓᩍ ᖌࡣ㸪ࠕ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࠖࡀᴦࡋ࠸ᛮ࠸ฟ࡟࡞ࡿࡼ࠺࡟㸪ᬑẁࡢಖ⫱ࡢ୰࠿ࡽᏊ࡝ࡶࡓࡕࡢ㐟ࡧࡸ⯆ ࿡ࡢ࠶ࡿࡶࡢࢆྲྀࡾධࢀ㸪㛵㐃௜ࡅ࡞ࡀࡽ㸪ࠕ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࠖ࡜࠸࠺┠ⓗ࡟ྥ࠿ࡗ࡚㸪ពḧࢆ⥅⥆ ࡛ࡁࡿࡼ࠺࡟᥼ຓࡋ࡚࠸ࡁࡓ࠸࡜⪃࠼ࡓࠋ    㸲᭶㸯㸷᪥㸸࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࡢ࣓ࢽ࣮ࣗࡣ㸽 Ꮚ࡝ࡶࡢጼ࣭ᩍᖌࡢ㛵ࢃࡾ ᩍᖌࡢᛮ࠸ 㸲᭶ࡢᮎ࡟㸪⏿ࡸⰼቭ࡛࡝ࡢࡼ࠺࡞㔝⳯ࢆ⫱࡚ࡓ࠸࠿⪺ ࠸ࡓࠋࠕࢫࢼࢵࣉ࢚ࣥࢻ࢘ࠖࠕࢽࣥࢪࣥࠖࠕ኱᰿ࠖ࡞࡝㸪ࡇࢀ ࡲ࡛࡟⫱࡚ࡓࡇ࡜ࡢ࠶ࡿ㔝⳯ࡸ▱ࡗ࡚࠸ࡿ㔝⳯ࡀ࡛࡚ࡁࡓࠋ   ۑ ᪥ᖖࡢ㐟ࡧࡸ⏕άࡢ୰࠿ ࡽࠕ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࠖ࡬࡜ព ㆑ࢆྥࡅࡽࢀࡿࡼ࠺࡟ࡋࡓ ࠸ࠋ 

(4)

河津 花奈:子どもの姿から学びを考える  〈 考 察〉   子 ど も た ち は, 年 少 , 年 中 の と き に も , 花 や 野 菜 な ど の 植 物 を 植 え る 経 験 を 積 み 重 ね て き て お り, そ の 経 験 を 生 か し て, 育 て た い 野 菜 を 考 え る こ と が で き た と 考 え る。 ま た, 教 師 を 進 行 役 に し て で は あ る が , 自 分 の 考 え を み ん な の 前 で 伝 え , 友 達 の 考 え を 聞 き, さ ら に 自 分 の 考 え を 深め ていた 。 学級 全体 での 話し合 い の第 一歩で あり ,さらに ,みんなで話 し合う機会 を設け, 子 ども 同士で 互 いの 考え を深 め合う 経 験に つなが って いく と考 える。   ⑵  6月8 日〜 :『水 の 王国 』大 作 戦 Ἑὠ ⰼዉ 㸸 Ꮚ࡝ࡶࡢጼ࠿ࡽᏛࡧࢆ⪃࠼ࡿ ࡑࡇ࡛㸪ᩍᖌࡀࠕ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࡀ࠶ࡿࡢࡔࡅࢀ࡝㸪ࡑࡢ ࡜ࡁ࡟࠾ᩱ⌮࡛ࡁࡿࡶࡢࡀ࠸࠸ࡼࡡࠋࠖ࡜ఏ࠼ࡿ࡜㸪ࠕ࢝ࣞ ࣮ࠖࠕࣆࢨࠖ࡞࡝ࡢᩱ⌮ࡀ࠶ࡀࡗࡓࠋࡑࡇ࡛㸪ࡑࢀࡽࡢᩱ⌮ ࡛౑࠸ࡓ࠸ࡶࡢ࡜࠸࠺どⅬ࡛㸪⫱࡚ࡓ࠸㔝⳯ࢆ⪃࠼ࡓࠋࠕࢺ ࣐ࢺࠖ㸪ࠕࣂࢪࣝࠖ㸪ࠕࣆ࣮࣐ࣥࠖ ࡞࡝ࡀฟ࡚ࡁࡓࡢ࡛㸪ࡑࡢ୰࠿ ࡽ㸪Ꮨ⠇࡟࠶ࡗࡓ⫱࡚ࡸࡍ࠸ⱑ ࡸ✀ࢆᩍᖌࡀ㑅ࡧ㸪ࡳࢇ࡞࡛᳜ ࠼ࡿࡇ࡜࡟ࡋࡓࠋ ۑ ᖺ㛗ඣ࡟࡞ࡿ࡜ࠕ࠾Ἡࡲ ࡾಖ⫱ࠖࡀ࠶ࡿࡇ࡜ࢆ▱ࡽ ࡏ㸪ぢ㏻ࡋࢆࡶࡗ࡚⏕ά࡛ ࡁࡿࡼ࠺࡟ࡋࡓ࠸ࠋ ۑ ึࡵ࡚ᐙ᪘࡜㞳ࢀ࡚Ἡࡲ ࡿࡇ࡜࡟୙Ᏻࢆᢪ࠸࡚࠸ࡿ Ꮚ࡝ࡶࡶ࠸ࡿࡢ࡛㸪ᴦࡋࡳ ࡟࡞ࡿࡼ࠺࡞ᕤኵࡸ⎔ቃᵓ ᡂࢆᚰ᥃ࡅ࡚࠸ࡁࡓ࠸ࠋ ࠙Ꮫࡧࡢጼࠚ ۑ ᖺ୰ඣ࡟࠾ࡅࡿ⤒㦂࠿ࡽ㸪⫱࡚ࡿ㔝⳯ࢆ⪃࠼ࡿጼ   ࠙ᛮ⪃ຊࡢⱆ⏕࠼㸪⮬↛࡜ࡢ㛵ࢃࡾ࣭⏕࿨ᑛ㔜ࠚ ۑ ᩍᖌࢆ㐍⾜ᙺ࡟ࡋ࡚㸪Ꮫ⣭඲య࡛ヰࡋྜ࠺ጼ  ࠙ゝⴥ࡟ࡼࡿఏ࠼ྜ࠸㸪༠ྠᛶࠚ ࠑ⪃ᐹࠒ   Ꮚ࡝ࡶࡓࡕࡣ㸪ᖺᑡ㸪ᖺ୰ࡢ࡜ࡁ࡟ࡶ㸪ⰼࡸ㔝⳯࡞࡝ࡢ᳜≀ࢆ᳜࠼ࡿ⤒㦂ࢆ✚ࡳ㔜ࡡ࡚ࡁ࡚ ࠾ࡾ㸪ࡑࡢ⤒㦂ࢆ⏕࠿ࡋ࡚㸪⫱࡚ࡓ࠸㔝⳯ࢆ⪃࠼ࡿࡇ࡜ࡀ࡛ࡁࡓ࡜⪃࠼ࡿࠋࡲࡓ㸪ᩍᖌࢆ㐍⾜ ᙺ࡟ࡋ࡚࡛ࡣ࠶ࡿࡀ㸪⮬ศࡢ⪃࠼ࢆࡳࢇ࡞ࡢ๓࡛ఏ࠼㸪཭㐩ࡢ⪃࠼ࢆ⪺ࡁ㸪ࡉࡽ࡟⮬ศࡢ⪃࠼ ࢆ῝ࡵ࡚࠸ࡓࠋᏛ⣭඲య࡛ࡢヰࡋྜ࠸ࡢ➨୍Ṍ࡛࠶ࡾ㸪ࡉࡽ࡟㸪ࡳࢇ࡞࡛ヰࡋྜ࠺ᶵ఍ࢆタࡅ㸪 Ꮚ࡝ࡶྠኈ࡛஫࠸ࡢ⪃࠼ࢆ῝ࡵྜ࠺⤒㦂࡟ࡘ࡞ࡀࡗ࡚࠸ࡃ࡜⪃࠼ࡿࠋ     㸴᭶㸶᪥㹼㸸ࠗỈࡢ⋤ᅜ࠘኱సᡓ Ꮚ࡝ࡶࡢጼ࣭ᩍᖌࡢ㛵ࢃࡾ ᩍᖌࡢᛮ࠸ ᩘேࡢᏊ࡝ࡶࡓࡕࡀ㞟 ࡲࡗ࡚㸪ᅵᒣ࡛ࢺࣥࢿ࡙ࣝ ࡃࡾࢆጞࡵࡓࠋࣉࣛࢫࢳࢵ ࢡࡢᵽࢆࡘ࡞ࡆ࡚ࢺࣥࢿ ࣝ࡟ࡋ㸪ࡑࡢୖ࡟ᅵࢆ࠿ࡪ ࡏ࡚ࢺࣥࢿࣝᒣࢆࡘࡃࡗ ࡓࠋ ࢺࣥࢿࣝ࡟Ỉࢆὶࡍࡇ࡜ࢆ┠ⓗ࡟ࡋ࡚㸪཭㐩࡜࢖࣓࣮ࢪ ࢆඹ᭷ࡋ࡞ࡀࡽ㐟ࡧࢆ㐍ࡵࡓࠋᩍᖌࡀࠕఱࢆࡘࡃࡗ࡚࠸ࡿ ࡢ㸽ࠖ࡜ࡓࡎࡡࡿ࡜㸪ࠕࠗỈࡢ⋤ᅜ࠘ࡔࡼࠋࠖ࡜㏉஦ࡀ㏉ࡗ࡚ ࡁࡓࠋࡑࡢࢿ࣮࣑ࣥࢢࡀ࠾ࡶࡋࢁ࠸࡜ឤࡌࡓᩍᖌࡣ㸪ࡑࡢ ሙࢆࠗỈࡢ⋤ᅜ࠘࡜࿧ࡪࡼ࠺࡟ࡋࡓࠋࠗỈࡢ⋤ᅜ࠘࡜࠸࠺ྡ ௜ࡅࡓࡇ࡜࠿ࡽ㸪࿘ࡾࡢᏊ࡝ࡶࡓࡕࡢ⯆࿡࣭㛵ᚰࡀᗈࡀࡾ㸪 ௰㛫࡟࡞ࡗ࡚㐟ࡪᏊ࡝ࡶࡓࡕࡀቑ࠼࡚ࡁࡓࠋ ۑ ◁㐟ࡧ࡟ࢲ࢖ࢼ࣑ࢵࢡ࡟ ྲྀࡾ⤌ࡵࡿࡼ࠺࡟㸪ᩍᖌࡶ௰ 㛫࡜࡞ࡾ୍⥴࡟ࡘࡃࡾࡓ࠸ࠋ    ۑ ࠗỈࡢ⋤ᅜ࠘࡜ᩍᖌࡶ࿧ࡧ㸪 Ꮚ࡝ࡶࡓࡕ࡟⤂௓ࡍࡿࡇ࡜ ࡛㸪Ꮚ࡝ࡶྠኈࡢ࢖࣓࣮ࢪࡢ ඹ᭷ࢆࡋࡸࡍࡃࡋࡓ࠸ࠋ ۑ Ꮚ࡝ࡶࡓࡕࡀヨ⾜㘒ㄗࢆ ⧞ࡾ㏉ࡋ࡚࠸ࡿጼࢆぢᏲࡾ㸪 ᅔࡗࡓ࡜ࡁ࡟ࡣᩍᖌࡶ௰㛫 ࡜࡞ࡗ࡚㸪࢔࢖ࢹ࢔ࢆఏ࠼࡚ ࠸ࡁࡓ࠸ࠋ Ἑὠ ⰼዉ 㸸 Ꮚ࡝ࡶࡢጼ࠿ࡽᏛࡧࢆ⪃࠼ࡿ ࡑࡇ࡛㸪ᩍᖌࡀࠕ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࡀ࠶ࡿࡢࡔࡅࢀ࡝㸪ࡑࡢ ࡜ࡁ࡟࠾ᩱ⌮࡛ࡁࡿࡶࡢࡀ࠸࠸ࡼࡡࠋࠖ࡜ఏ࠼ࡿ࡜㸪ࠕ࢝ࣞ ࣮ࠖࠕࣆࢨࠖ࡞࡝ࡢᩱ⌮ࡀ࠶ࡀࡗࡓࠋࡑࡇ࡛㸪ࡑࢀࡽࡢᩱ⌮ ࡛౑࠸ࡓ࠸ࡶࡢ࡜࠸࠺どⅬ࡛㸪⫱࡚ࡓ࠸㔝⳯ࢆ⪃࠼ࡓࠋࠕࢺ ࣐ࢺࠖ㸪ࠕࣂࢪࣝࠖ㸪ࠕࣆ࣮࣐ࣥࠖ ࡞࡝ࡀฟ࡚ࡁࡓࡢ࡛㸪ࡑࡢ୰࠿ ࡽ㸪Ꮨ⠇࡟࠶ࡗࡓ⫱࡚ࡸࡍ࠸ⱑ ࡸ✀ࢆᩍᖌࡀ㑅ࡧ㸪ࡳࢇ࡞࡛᳜ ࠼ࡿࡇ࡜࡟ࡋࡓࠋ ۑ ᖺ㛗ඣ࡟࡞ࡿ࡜ࠕ࠾Ἡࡲ ࡾಖ⫱ࠖࡀ࠶ࡿࡇ࡜ࢆ▱ࡽ ࡏ㸪ぢ㏻ࡋࢆࡶࡗ࡚⏕ά࡛ ࡁࡿࡼ࠺࡟ࡋࡓ࠸ࠋ ۑ ึࡵ࡚ᐙ᪘࡜㞳ࢀ࡚Ἡࡲ ࡿࡇ࡜࡟୙Ᏻࢆᢪ࠸࡚࠸ࡿ Ꮚ࡝ࡶࡶ࠸ࡿࡢ࡛㸪ᴦࡋࡳ ࡟࡞ࡿࡼ࠺࡞ᕤኵࡸ⎔ቃᵓ ᡂࢆᚰ᥃ࡅ࡚࠸ࡁࡓ࠸ࠋ ࠙Ꮫࡧࡢጼࠚ ۑ ᖺ୰ඣ࡟࠾ࡅࡿ⤒㦂࠿ࡽ㸪⫱࡚ࡿ㔝⳯ࢆ⪃࠼ࡿጼ   ࠙ᛮ⪃ຊࡢⱆ⏕࠼㸪⮬↛࡜ࡢ㛵ࢃࡾ࣭⏕࿨ᑛ㔜ࠚ ۑ ᩍᖌࢆ㐍⾜ᙺ࡟ࡋ࡚㸪Ꮫ⣭඲య࡛ヰࡋྜ࠺ጼ  ࠙ゝⴥ࡟ࡼࡿఏ࠼ྜ࠸㸪༠ྠᛶࠚ ࠑ⪃ᐹࠒ   Ꮚ࡝ࡶࡓࡕࡣ㸪ᖺᑡ㸪ᖺ୰ࡢ࡜ࡁ࡟ࡶ㸪ⰼࡸ㔝⳯࡞࡝ࡢ᳜≀ࢆ᳜࠼ࡿ⤒㦂ࢆ✚ࡳ㔜ࡡ࡚ࡁ࡚ ࠾ࡾ㸪ࡑࡢ⤒㦂ࢆ⏕࠿ࡋ࡚㸪⫱࡚ࡓ࠸㔝⳯ࢆ⪃࠼ࡿࡇ࡜ࡀ࡛ࡁࡓ࡜⪃࠼ࡿࠋࡲࡓ㸪ᩍᖌࢆ㐍⾜ ᙺ࡟ࡋ࡚࡛ࡣ࠶ࡿࡀ㸪⮬ศࡢ⪃࠼ࢆࡳࢇ࡞ࡢ๓࡛ఏ࠼㸪཭㐩ࡢ⪃࠼ࢆ⪺ࡁ㸪ࡉࡽ࡟⮬ศࡢ⪃࠼ ࢆ῝ࡵ࡚࠸ࡓࠋᏛ⣭඲య࡛ࡢヰࡋྜ࠸ࡢ➨୍Ṍ࡛࠶ࡾ㸪ࡉࡽ࡟㸪ࡳࢇ࡞࡛ヰࡋྜ࠺ᶵ఍ࢆタࡅ㸪 Ꮚ࡝ࡶྠኈ࡛஫࠸ࡢ⪃࠼ࢆ῝ࡵྜ࠺⤒㦂࡟ࡘ࡞ࡀࡗ࡚࠸ࡃ࡜⪃࠼ࡿࠋ     㸴᭶㸶᪥㹼㸸ࠗỈࡢ⋤ᅜ࠘኱సᡓ Ꮚ࡝ࡶࡢጼ࣭ᩍᖌࡢ㛵ࢃࡾ ᩍᖌࡢᛮ࠸ ᩘேࡢᏊ࡝ࡶࡓࡕࡀ㞟 ࡲࡗ࡚㸪ᅵᒣ࡛ࢺࣥࢿ࡙ࣝ ࡃࡾࢆጞࡵࡓࠋࣉࣛࢫࢳࢵ ࢡࡢᵽࢆࡘ࡞ࡆ࡚ࢺࣥࢿ ࣝ࡟ࡋ㸪ࡑࡢୖ࡟ᅵࢆ࠿ࡪ ࡏ࡚ࢺࣥࢿࣝᒣࢆࡘࡃࡗ ࡓࠋ ࢺࣥࢿࣝ࡟Ỉࢆὶࡍࡇ࡜ࢆ┠ⓗ࡟ࡋ࡚㸪཭㐩࡜࢖࣓࣮ࢪ ࢆඹ᭷ࡋ࡞ࡀࡽ㐟ࡧࢆ㐍ࡵࡓࠋᩍᖌࡀࠕఱࢆࡘࡃࡗ࡚࠸ࡿ ࡢ㸽ࠖ࡜ࡓࡎࡡࡿ࡜㸪ࠕࠗỈࡢ⋤ᅜ࠘ࡔࡼࠋࠖ࡜㏉஦ࡀ㏉ࡗ࡚ ࡁࡓࠋࡑࡢࢿ࣮࣑ࣥࢢࡀ࠾ࡶࡋࢁ࠸࡜ឤࡌࡓᩍᖌࡣ㸪ࡑࡢ ሙࢆࠗỈࡢ⋤ᅜ࠘࡜࿧ࡪࡼ࠺࡟ࡋࡓࠋࠗỈࡢ⋤ᅜ࠘࡜࠸࠺ྡ ௜ࡅࡓࡇ࡜࠿ࡽ㸪࿘ࡾࡢᏊ࡝ࡶࡓࡕࡢ⯆࿡࣭㛵ᚰࡀᗈࡀࡾ㸪 ௰㛫࡟࡞ࡗ࡚㐟ࡪᏊ࡝ࡶࡓࡕࡀቑ࠼࡚ࡁࡓࠋ ۑ ◁㐟ࡧ࡟ࢲ࢖ࢼ࣑ࢵࢡ࡟ ྲྀࡾ⤌ࡵࡿࡼ࠺࡟㸪ᩍᖌࡶ௰ 㛫࡜࡞ࡾ୍⥴࡟ࡘࡃࡾࡓ࠸ࠋ    ۑ ࠗỈࡢ⋤ᅜ࠘࡜ᩍᖌࡶ࿧ࡧ㸪 Ꮚ࡝ࡶࡓࡕ࡟⤂௓ࡍࡿࡇ࡜ ࡛㸪Ꮚ࡝ࡶྠኈࡢ࢖࣓࣮ࢪࡢ ඹ᭷ࢆࡋࡸࡍࡃࡋࡓ࠸ࠋ ۑ Ꮚ࡝ࡶࡓࡕࡀヨ⾜㘒ㄗࢆ ⧞ࡾ㏉ࡋ࡚࠸ࡿጼࢆぢᏲࡾ㸪 ᅔࡗࡓ࡜ࡁ࡟ࡣᩍᖌࡶ௰㛫 ࡜࡞ࡗ࡚㸪࢔࢖ࢹ࢔ࢆఏ࠼࡚ ࠸ࡁࡓ࠸ࠋ

(5)

鹿児島大学教育学部教育実践研究紀要 第27巻(2018) 〈 考察 〉  『 水 の 王 国 』 づ く り は, 子 ど も 同 士 で , 思 い を 伝 え 合 い, 試 行 錯 誤 を 繰 り 返 し な が ら , 遊 び を 進 め た 。 教 師 は , う ま く い か な い こ と で も 諦 め ず に, や り 遂 げ る 子 ど も の 姿 を 大 切 に し た い と 考 え , 援 助 す る よ う に し た。 こ の 試 行 錯 誤 の 積 み 重 ね が , 今 後 の 学 び の 大 切 な 要 素 に な る と 考 える 。   ⑶  6月2 0日 :そう め ん 流し遊 び 㮵ඣᓥ኱Ꮫᩍ⫱Ꮫ㒊ᩍ⫱ᐇ㊶◊✲⣖せ ➨㸰㸵ᕳ                       ࠑ⪃ᐹࠒ   ࠗỈࡢ⋤ᅜ࡙࠘ࡃࡾࡣ㸪Ꮚ࡝ࡶྠኈ࡛㸪ᛮ࠸ࢆఏ࠼ྜ࠸㸪ヨ⾜㘒ㄗࢆ⧞ࡾ㏉ࡋ࡞ࡀࡽ㸪㐟ࡧ ࢆ㐍ࡵࡓࠋᩍᖌࡣ㸪࠺ࡲࡃ࠸࠿࡞࠸ࡇ࡜࡛ࡶㅉࡵࡎ࡟㸪ࡸࡾ㐙ࡆࡿᏊ࡝ࡶࡢጼࢆ኱ษ࡟ࡋࡓ࠸ ࡜⪃࠼㸪᥼ຓࡍࡿࡼ࠺࡟ࡋࡓࠋࡇࡢヨ⾜㘒ㄗࡢ✚ࡳ㔜ࡡࡀ㸪௒ᚋࡢᏛࡧࡢ኱ษ࡞せ⣲࡟࡞ࡿ࡜ ⪃࠼ࡿࠋ     㸴᭶㸰㸮᪥㸸ࡑ࠺ࡵࢇὶࡋ㐟ࡧ Ꮚ࡝ࡶࡢጼ࣭ᩍᖌࡢ㛵ࢃࡾ ᩍᖌࡢᛮ࠸ Ỉࢆὶࡋ࡚㐟ࡪࡇ࡜࡟⯆ ࿡ࢆࡶࡗ࡚࠸ࡿᏊ࡝ࡶࡓࡕ ࡟㸪࠾Ἡࡲࡾಖ⫱࡛㸪ࠕࡑ࠺ ࡵࢇὶࡋࠖࢆᥦ᱌ࡋࡓࠋࡍ ࡿ࡜㸪ࠕࡸࡗࡓ࣮ࠋࠖࠕࡸࡾࡓ ࠸ࠋࠖ࡜࠸࠺Ꮚ࡝ࡶࡓࡕࡢኌ ࠐᬑẁࡢ㐟ࡧࡸ⏕άࡢ୰࠿ࡽ ࡶࠕ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࠖ࡬ࡢព ḧࡀ㧗ࡲࡿࡼ࠺࡞⎔ቃタᐃ ࢆࡋ࡚࠸ࡁࡓ࠸ࠋ   ࠗỈࡢ⋤ᅜ࡙࠘ࡃࡾࡣ㸪 ࡉࡽ࡟㐍ࡳ㸪ࠕࢆࡘࡃࡾ㸪 Ỉࡀὶࢀࡿࡼ࠺࡟ࡋࡓ࠸ࠖ ࡜࠸࠺ᛮ࠸ࡀฟ࡚ࡁࡓࠋᏊ ࡝ࡶࡓࡕࡣ㸪㐟ලࡢഴᩳࢆ ฼⏝ࡋ㸪∵ஙࣃࢵࢡ࡛ࡘࡃ ࡗࡓᵽࢆタ⨨ࡍࡿࡇ࡜ࢆᛮ࠸ࡘ࠸ࡓࠋࡋ࠿ࡋ㸪ୖ࠿ࡽỈࢆ ὶࡍ࡜㸪㝽㛫࠿ࡽỈࡀὶࢀฟ࡚ᛮ࠺ࡼ࠺࡟࠸࠿࡞࠿ࡗࡓࠋ ࡑࡇ࡛㸪ࣈ࣮ࣝࢩ࣮ࢺࢆഴᩳ୍㠃࡟ᩜࡁ㸪඲యࢆ⁥ࡾྎࡢ ࡼ࠺࡟ࡋ࡚Ỉࢆὶࡍసᡓࢆᛮ࠸ࡘ࠸ࡓࠋ ࡲࡓ㸪㐟ලࡢ㸰㝵ࡲ࡛ࣂࢣࢶࡢỈࢆ㐠ࡪࡇ࡜ࡣ኱ኚࡔ࡜ ࠸࠺ࡇ࡜࡟Ẽ௜ࡁ㸪ࡶ࠺ᑡࡋ⡆༢࡟㐠ࡪࡇ࡜ࡀ࡛ࡁࡿ᪉ἲ ࢆᩍᖌ࡜୍⥴࡟⪃࠼㸪Ỉ㐨࠿ࡽ࣮࣍ࢫࢆᘬࡃࡇ࡜ࡸ㸪࣏ࣜ ࢱࣥࢡࢆ౑࠸኱㔞ࡢỈࢆ཭㐩࡜༠ຊࡋ࡞ࡀࡽ㐠ࡪࡇ࡜࡟ࡋ ࡓࠋḟ➨࡟㸪Ỉ࡜୍⥴࡟ⴥࡗࡥࡸᮌࡢᐇࢆὶࡋ㸪ࠕࡑ࠺ࡵࢇ ὶࡋࡔ㸟ࠖ࡜࠸࠺ኌࡶ࠶ࡀࡿࡼ࠺࡟࡞ࡗࡓࠋ ࡉࡲࡊࡲ࡞ヨ⾜㘒ㄗࢆᴦࡋࡳ࡞ࡀࡽ㸪ࠗỈࡢ⋤ᅜ࡙࠘ࡃࡾ ࡣ㐍ࢇࡔࠋ  ۑ࠺ࡲࡃ࠸࠿࡞࠿ࡗࡓ࡜ࡇࢁ࠿ ࡽ㸪Ꮚ࡝ࡶࡓࡕ⮬ࡽࡀ⪃࠼㸪 ḟࡢ᪉ἲࢆヨࡋ࡚ࡳࡿጼࢆㄆ ࡵ࡚㸪኱ษ࡟ࡋ࡚࠸ࡁࡓ࠸ࠋ    ۑỈࢆὶࡋ࡚㐟ࡪࡇ࡜ࡀ኱ዲࡁ ࡞Ꮚ࡝ࡶࡓࡕࠋ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ ࡛ࡣࠕࡑ࠺ࡵࢇὶࡋࠖࢆࡋࡓ ࠸࡞ࠋ ࠙Ꮫࡧࡢጼࠚ ۑ ࢆࡘࡃࡿࡓࡵ࡟㸪ഴᩳࢆ฼⏝ࡋ㸪ࢫ࣒࣮ࢬ࡟Ỉࢆὶࡍࡓࡵࡢ᪉ἲࢆ⧞ࡾ㏉ࡋヨࡍጼ ࠙ᛮ⪃ຊࡢⱆ⏕࠼㸪⮬↛࡜ࡢ㛵ࢃࡾ࣭⏕࿨ᑛ㔜ࠚ ۑ ࠕỈࡢ⋤ᅜࠖࢆࡘࡃࡿ࡜࠸࠺࢖࣓࣮ࢪࢆඹ᭷ࡋ㸪཭㐩࡜༠ຊࡋ࡞ࡀࡽࡘࡃࡾ࠶ࡆࡿጼ ࠙༠ྠᛶ㸪⮬❧ᚰࠚ 㮵ඣᓥ኱Ꮫᩍ⫱Ꮫ㒊ᩍ⫱ᐇ㊶◊✲⣖せ ➨㸰㸵ᕳ                       ࠑ⪃ᐹࠒ   ࠗỈࡢ⋤ᅜ࡙࠘ࡃࡾࡣ㸪Ꮚ࡝ࡶྠኈ࡛㸪ᛮ࠸ࢆఏ࠼ྜ࠸㸪ヨ⾜㘒ㄗࢆ⧞ࡾ㏉ࡋ࡞ࡀࡽ㸪㐟ࡧ ࢆ㐍ࡵࡓࠋᩍᖌࡣ㸪࠺ࡲࡃ࠸࠿࡞࠸ࡇ࡜࡛ࡶㅉࡵࡎ࡟㸪ࡸࡾ㐙ࡆࡿᏊ࡝ࡶࡢጼࢆ኱ษ࡟ࡋࡓ࠸ ࡜⪃࠼㸪᥼ຓࡍࡿࡼ࠺࡟ࡋࡓࠋࡇࡢヨ⾜㘒ㄗࡢ✚ࡳ㔜ࡡࡀ㸪௒ᚋࡢᏛࡧࡢ኱ษ࡞せ⣲࡟࡞ࡿ࡜ ⪃࠼ࡿࠋ     㸴᭶㸰㸮᪥㸸ࡑ࠺ࡵࢇὶࡋ㐟ࡧ Ꮚ࡝ࡶࡢጼ࣭ᩍᖌࡢ㛵ࢃࡾ ᩍᖌࡢᛮ࠸ Ỉࢆὶࡋ࡚㐟ࡪࡇ࡜࡟⯆ ࿡ࢆࡶࡗ࡚࠸ࡿᏊ࡝ࡶࡓࡕ ࡟㸪࠾Ἡࡲࡾಖ⫱࡛㸪ࠕࡑ࠺ ࡵࢇὶࡋࠖࢆᥦ᱌ࡋࡓࠋࡍ ࡿ࡜㸪ࠕࡸࡗࡓ࣮ࠋࠖࠕࡸࡾࡓ ࠸ࠋࠖ࡜࠸࠺Ꮚ࡝ࡶࡓࡕࡢኌ ࠐᬑẁࡢ㐟ࡧࡸ⏕άࡢ୰࠿ࡽ ࡶࠕ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࠖ࡬ࡢព ḧࡀ㧗ࡲࡿࡼ࠺࡞⎔ቃタᐃ ࢆࡋ࡚࠸ࡁࡓ࠸ࠋ   ࠗỈࡢ⋤ᅜ࡙࠘ࡃࡾࡣ㸪 ࡉࡽ࡟㐍ࡳ㸪ࠕࢆࡘࡃࡾ㸪 Ỉࡀὶࢀࡿࡼ࠺࡟ࡋࡓ࠸ࠖ ࡜࠸࠺ᛮ࠸ࡀฟ࡚ࡁࡓࠋᏊ ࡝ࡶࡓࡕࡣ㸪㐟ලࡢഴᩳࢆ ฼⏝ࡋ㸪∵ஙࣃࢵࢡ࡛ࡘࡃ ࡗࡓᵽࢆタ⨨ࡍࡿࡇ࡜ࢆᛮ࠸ࡘ࠸ࡓࠋࡋ࠿ࡋ㸪ୖ࠿ࡽỈࢆ ὶࡍ࡜㸪㝽㛫࠿ࡽỈࡀὶࢀฟ࡚ᛮ࠺ࡼ࠺࡟࠸࠿࡞࠿ࡗࡓࠋ ࡑࡇ࡛㸪ࣈ࣮ࣝࢩ࣮ࢺࢆഴᩳ୍㠃࡟ᩜࡁ㸪඲యࢆ⁥ࡾྎࡢ ࡼ࠺࡟ࡋ࡚Ỉࢆὶࡍసᡓࢆᛮ࠸ࡘ࠸ࡓࠋ ࡲࡓ㸪㐟ලࡢ㸰㝵ࡲ࡛ࣂࢣࢶࡢỈࢆ㐠ࡪࡇ࡜ࡣ኱ኚࡔ࡜ ࠸࠺ࡇ࡜࡟Ẽ௜ࡁ㸪ࡶ࠺ᑡࡋ⡆༢࡟㐠ࡪࡇ࡜ࡀ࡛ࡁࡿ᪉ἲ ࢆᩍᖌ࡜୍⥴࡟⪃࠼㸪Ỉ㐨࠿ࡽ࣮࣍ࢫࢆᘬࡃࡇ࡜ࡸ㸪࣏ࣜ ࢱࣥࢡࢆ౑࠸኱㔞ࡢỈࢆ཭㐩࡜༠ຊࡋ࡞ࡀࡽ㐠ࡪࡇ࡜࡟ࡋ ࡓࠋḟ➨࡟㸪Ỉ࡜୍⥴࡟ⴥࡗࡥࡸᮌࡢᐇࢆὶࡋ㸪ࠕࡑ࠺ࡵࢇ ὶࡋࡔ㸟ࠖ࡜࠸࠺ኌࡶ࠶ࡀࡿࡼ࠺࡟࡞ࡗࡓࠋ ࡉࡲࡊࡲ࡞ヨ⾜㘒ㄗࢆᴦࡋࡳ࡞ࡀࡽ㸪ࠗỈࡢ⋤ᅜ࡙࠘ࡃࡾ ࡣ㐍ࢇࡔࠋ  ۑ࠺ࡲࡃ࠸࠿࡞࠿ࡗࡓ࡜ࡇࢁ࠿ ࡽ㸪Ꮚ࡝ࡶࡓࡕ⮬ࡽࡀ⪃࠼㸪 ḟࡢ᪉ἲࢆヨࡋ࡚ࡳࡿጼࢆㄆ ࡵ࡚㸪኱ษ࡟ࡋ࡚࠸ࡁࡓ࠸ࠋ    ۑỈࢆὶࡋ࡚㐟ࡪࡇ࡜ࡀ኱ዲࡁ ࡞Ꮚ࡝ࡶࡓࡕࠋ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ ࡛ࡣࠕࡑ࠺ࡵࢇὶࡋࠖࢆࡋࡓ ࠸࡞ࠋ ࠙Ꮫࡧࡢጼࠚ ۑ ࢆࡘࡃࡿࡓࡵ࡟㸪ഴᩳࢆ฼⏝ࡋ㸪ࢫ࣒࣮ࢬ࡟Ỉࢆὶࡍࡓࡵࡢ᪉ἲࢆ⧞ࡾ㏉ࡋヨࡍጼ ࠙ᛮ⪃ຊࡢⱆ⏕࠼㸪⮬↛࡜ࡢ㛵ࢃࡾ࣭⏕࿨ᑛ㔜ࠚ ۑ ࠕỈࡢ⋤ᅜࠖࢆࡘࡃࡿ࡜࠸࠺࢖࣓࣮ࢪࢆඹ᭷ࡋ㸪཭㐩࡜༠ຊࡋ࡞ࡀࡽࡘࡃࡾ࠶ࡆࡿጼ ࠙༠ྠᛶ㸪⮬❧ᚰࠚ

(6)

河津 花奈:子どもの姿から学びを考える 〈 考察 〉   子 ど も た ち は , 竹 の 流 し 台 を 設 置 し て い る と , 興 味 を も ち, す ぐ に 遊 び 始 め た 。 友 達 と ア イ デ ア を 出 し 合 い な が ら, 様 々 な 方 法 を 試 し て い る 姿 を 教 師 は 見 守 る よ う に し た。 竹 の 流 し 台 に 興 味 を も つ こ と か ら,「 そ う め ん 流 し 」 や 「 お 泊 ま り 保 育 」 を 楽 し み に す る 子 ど も た ち が 増 え て きた 。子ど も たち の意 欲が 高まる よ うな 環境設 定の 大切 さを 改めて感 じた 。   ⑷  6月2 2日 :わっ し ょ い!わ っ しょ い! Ἑὠ ⰼዉ 㸸 Ꮚ࡝ࡶࡢጼ࠿ࡽᏛࡧࢆ⪃࠼ࡿ ࡀ࠶ࡀࡗࡓࠋࡑࡇ࡛㸪ࠕࡑ࠺ࡵࢇὶࡋࠖࡢヨస࡜ࡋ࡚㸪➉ࢆ ๭ࡾ㸪ὶࡋྎࢆ〇సࡋࡓࠋࡑࢀࢆᅬᗞ࡟タ⨨ࡋ࡚࠾ࡃ࡜㸪 Ꮚ࡝ࡶࡓࡕࡣ⯆࿡ࢆ♧ࡋ㸪࣎ࢹ࢕࣌࢖ࣥࢸ࢕ࣥࢢ⏝ࡢ⤮ࡢ ලࢆΰࡐ࡚㸪࣐࣮ࣈࣝ≧ࡢⰍỈࢆࡘࡃࡾ㸪ὶࢀ࡚࠸ࡃᵝᏊ ࢆぢ࡚ᴦࡋࢇࡔࠋ ࠐࡉࡲࡊࡲ࡞㐟ࡧࢆ㏻ࡋ࡚㸪 ࠕࡑ࠺ࡵࢇὶࡋࠖ࡬ࡢᮇᚅ ឤࢆ㧗ࡵࡓ࠸ࠋ ࠙Ꮫࡧࡢጼࠚ ۑ ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱࡛ࠕࡑ࠺ࡵࢇὶࡋࠖࢆࡍࡿࡇ࡜࡟ᮇᚅឤࢆࡶࡕ㸪ぢ㏻ࡋࢆࡶࡗ࡚⏕ά ࡍࡿጼ                                     ࠙೺ᗣ࡞ᚰ࡜య㸪⮬❧ᚰࠚ ࠑ⪃ᐹࠒ   Ꮚ࡝ࡶࡓࡕࡣ㸪➉ࡢὶࡋྎࢆタ⨨ࡋ࡚࠸ࡿ࡜㸪⯆࿡ࢆࡶࡕ㸪ࡍࡄ࡟㐟ࡧጞࡵࡓࠋ཭㐩࡜࢔࢖ ࢹ࢔ࢆฟࡋྜ࠸࡞ࡀࡽ㸪ᵝࠎ࡞᪉ἲࢆヨࡋ࡚࠸ࡿጼࢆᩍᖌࡣぢᏲࡿࡼ࠺࡟ࡋࡓࠋ➉ࡢὶࡋྎ࡟ ⯆࿡ࢆࡶࡘࡇ࡜࠿ࡽ㸪ࠕࡑ࠺ࡵࢇὶࡋࠖࡸࠕ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࠖࢆᴦࡋࡳ࡟ࡍࡿᏊ࡝ࡶࡓࡕࡀቑ࠼ ࡚ࡁࡓࠋᏊ࡝ࡶࡓࡕࡢពḧࡀ㧗ࡲࡿࡼ࠺࡞⎔ቃタᐃࡢ኱ษࡉࢆᨵࡵ࡚ឤࡌࡓࠋ     㸴᭶㸰㸰᪥㸸ࢃࡗࡋࡻ࠸㸟ࢃࡗࡋࡻ࠸㸟 Ꮚ࡝ࡶࡢጼ࣭ᩍᖌࡢ㛵ࢃࡾ ᩍᖌࡢᛮ࠸ Ỉ㐟ࡧࡀጞࡲࡾ㸪࣌ࢵࢺ ࣎ࢺ࡛ࣝேࡀ஌ࢀࡿࡃࡽ ࠸ࡢ኱ࡁ࡞⯪ࢆࡘࡃࡗࡓࠋ ࡑࢀࢆ㸪ࡳࢇ࡞࡛⛣ືࡉࡏ ࡼ࠺࡜ࡋࡓ࡜ࡁ࡟㸪୍ேࡢ ⏨ඣࡀࠕࢃࡗࡋࡻ࠸㸟ࢃࡗ ࡋࡻ࠸㸟ࠖ࡜ኌࢆ࠶ࡆࡓࠋ௚ࡢᏊ࡝ࡶࡓࡕࡶ⯆࿡ࢆ♧ࡋ㸪 ࡳࢇ࡞࡛ࠕࢃࡗࡋࡻ࠸㸟ࢃࡗࡋࡻ࠸㸟ࠖࡢ᥃ࡅኌࡀጞࡲࡗ ࡓࠋྛಖ⫱ᐊࢆ⦎ࡾṌ࠸ࡓࡾ㸪ᩍᖌࡀฟࡋࡓ࠺ࡕࢃ࡛ᡪ࠸ ࡔࡾ㸪ࡡࡌࡾࡣࡕࡲࡁࢆࡘࡃࡗࡓࡾ࡜㸪ࡑࢀࡒࢀ࡟ᛮ࠸ᥥ ࡃࠕ࠾⚍ࡾࠖࡢ࢖࣓࣮ࢪࢆฟࡋྜ࠸࡞ࡀࡽ㸪㐟ࡧࡣ㐍ࢇࡔࠋ ḟࡢ㐌࡟ࡣ㸪࠾ࡳࡇࡋࢆᮏ᱁ⓗ࡟ࡘࡃࡾጞࡵࡿᏊ࡝ࡶࡓ ࡕ㸪㡢ᴦ࡟ྜࢃࡏ࡚㋀ࡿᏊ࡝ࡶࡓࡕ㸪ࡓࡇ↝ࡁᒇࡉࢇ࡞࡝ ࡢᒇྎࢆฟࡋ࡚㸪࠾ᗑᒇࡉࢇࡈࡗࡇࢆጞࡵࡿᏊ࡝ࡶࡓࡕ࡞ ࡝㸪⮬ศࡢዲࡁ࡞ᙧ࡛ࠕ࠾⚍ࡾࠖ㐟ࡧࢆࡍࡿࡼ࠺࡟࡞ࡗࡓࠋ       ࠐᏊ࡝ࡶࡢఱẼ࡞࠸୍ゝ࠿ࡽ ᗈࡀࡗࡓ㐟ࡧ࡛࠶ࡿࠋᏊ࡝ ࡶࡓࡕࡢⓎ᝿ࡢ㇏࠿ࡉࡸ࠾ ࡶࡋࢁࡉ࡟㦫࠸ࡓࠋࡇࡢᛮ ࠸ࢆཷࡅṆࡵ࡚㸪஫࠸࡟࢔ ࢖ࢹ࢔ࢆฟࡋྜ࠸࡞ࡀࡽ㐟 ࡧࡀࡘ࡞ࡀࡿࡼ࠺࡟ኌࢆ᥃ ࡅ࡚࠸ࡁࡓ࠸ࠋ ࠙Ꮫࡧࡢጼࠚ ۑ ࠕ⯪ࠖ࠿ࡽࠕ࠾ࡳࡇࡋࠖ࡬࡜ぢ❧࡚ࢆኚ࠼㸪࢖࣓࣮ࢪࢆඹ᭷ࡋ࡚㐟ࡪጼ              ࠙ゝⴥ࡟ࡼࡿఏ࠼ྜ࠸㸪㇏࠿࡞ឤᛶ࡜⾲⌧ࠚ ۑ ࠕ࠾ࡳࡇࡋࠖ࠿ࡽࠕ࠾⚍ࡾࠖࢆ㐃᝿ࡋ㸪ࡇࢀࡲ࡛ࡢ⤒㦂࡟ᇶ࡙࠸࡚㸪ࠕ࠾⚍ࡾࠖࢆࢸ ࣮࣐࡟ࡋࡓ㐟ࡧࢆᴦࡋࡴጼ                ࠙༠ྠᛶ㸪⮬❧ᚰࠚ ࠑ⪃ᐹࠒ    ࠕࢃࡗࡋࡻ࠸㸪ࢃࡗࡋࡻ࠸ࠋࠖࡢ᥃ࡅኌ࡛㸪༶ᗙ࡟Ꮚ࡝ࡶࡢぢ❧࡚ࡀኚࢃࡾ㸪཭㐩࡜࢖࣓࣮ࢪ Ἑὠ ⰼዉ 㸸 Ꮚ࡝ࡶࡢጼ࠿ࡽᏛࡧࢆ⪃࠼ࡿ ࡀ࠶ࡀࡗࡓࠋࡑࡇ࡛㸪ࠕࡑ࠺ࡵࢇὶࡋࠖࡢヨస࡜ࡋ࡚㸪➉ࢆ ๭ࡾ㸪ὶࡋྎࢆ〇సࡋࡓࠋࡑࢀࢆᅬᗞ࡟タ⨨ࡋ࡚࠾ࡃ࡜㸪 Ꮚ࡝ࡶࡓࡕࡣ⯆࿡ࢆ♧ࡋ㸪࣎ࢹ࢕࣌࢖ࣥࢸ࢕ࣥࢢ⏝ࡢ⤮ࡢ ලࢆΰࡐ࡚㸪࣐࣮ࣈࣝ≧ࡢⰍỈࢆࡘࡃࡾ㸪ὶࢀ࡚࠸ࡃᵝᏊ ࢆぢ࡚ᴦࡋࢇࡔࠋ ࠐࡉࡲࡊࡲ࡞㐟ࡧࢆ㏻ࡋ࡚㸪 ࠕࡑ࠺ࡵࢇὶࡋࠖ࡬ࡢᮇᚅ ឤࢆ㧗ࡵࡓ࠸ࠋ ࠙Ꮫࡧࡢጼࠚ ۑ ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱࡛ࠕࡑ࠺ࡵࢇὶࡋࠖࢆࡍࡿࡇ࡜࡟ᮇᚅឤࢆࡶࡕ㸪ぢ㏻ࡋࢆࡶࡗ࡚⏕ά ࡍࡿጼ                                     ࠙೺ᗣ࡞ᚰ࡜య㸪⮬❧ᚰࠚ ࠑ⪃ᐹࠒ   Ꮚ࡝ࡶࡓࡕࡣ㸪➉ࡢὶࡋྎࢆタ⨨ࡋ࡚࠸ࡿ࡜㸪⯆࿡ࢆࡶࡕ㸪ࡍࡄ࡟㐟ࡧጞࡵࡓࠋ཭㐩࡜࢔࢖ ࢹ࢔ࢆฟࡋྜ࠸࡞ࡀࡽ㸪ᵝࠎ࡞᪉ἲࢆヨࡋ࡚࠸ࡿጼࢆᩍᖌࡣぢᏲࡿࡼ࠺࡟ࡋࡓࠋ➉ࡢὶࡋྎ࡟ ⯆࿡ࢆࡶࡘࡇ࡜࠿ࡽ㸪ࠕࡑ࠺ࡵࢇὶࡋࠖࡸࠕ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࠖࢆᴦࡋࡳ࡟ࡍࡿᏊ࡝ࡶࡓࡕࡀቑ࠼ ࡚ࡁࡓࠋᏊ࡝ࡶࡓࡕࡢពḧࡀ㧗ࡲࡿࡼ࠺࡞⎔ቃタᐃࡢ኱ษࡉࢆᨵࡵ࡚ឤࡌࡓࠋ     㸴᭶㸰㸰᪥㸸ࢃࡗࡋࡻ࠸㸟ࢃࡗࡋࡻ࠸㸟 Ꮚ࡝ࡶࡢጼ࣭ᩍᖌࡢ㛵ࢃࡾ ᩍᖌࡢᛮ࠸ Ỉ㐟ࡧࡀጞࡲࡾ㸪࣌ࢵࢺ ࣎ࢺ࡛ࣝேࡀ஌ࢀࡿࡃࡽ ࠸ࡢ኱ࡁ࡞⯪ࢆࡘࡃࡗࡓࠋ ࡑࢀࢆ㸪ࡳࢇ࡞࡛⛣ືࡉࡏ ࡼ࠺࡜ࡋࡓ࡜ࡁ࡟㸪୍ேࡢ ⏨ඣࡀࠕࢃࡗࡋࡻ࠸㸟ࢃࡗ ࡋࡻ࠸㸟ࠖ࡜ኌࢆ࠶ࡆࡓࠋ௚ࡢᏊ࡝ࡶࡓࡕࡶ⯆࿡ࢆ♧ࡋ㸪 ࡳࢇ࡞࡛ࠕࢃࡗࡋࡻ࠸㸟ࢃࡗࡋࡻ࠸㸟ࠖࡢ᥃ࡅኌࡀጞࡲࡗ ࡓࠋྛಖ⫱ᐊࢆ⦎ࡾṌ࠸ࡓࡾ㸪ᩍᖌࡀฟࡋࡓ࠺ࡕࢃ࡛ᡪ࠸ ࡔࡾ㸪ࡡࡌࡾࡣࡕࡲࡁࢆࡘࡃࡗࡓࡾ࡜㸪ࡑࢀࡒࢀ࡟ᛮ࠸ᥥ ࡃࠕ࠾⚍ࡾࠖࡢ࢖࣓࣮ࢪࢆฟࡋྜ࠸࡞ࡀࡽ㸪㐟ࡧࡣ㐍ࢇࡔࠋ ḟࡢ㐌࡟ࡣ㸪࠾ࡳࡇࡋࢆᮏ᱁ⓗ࡟ࡘࡃࡾጞࡵࡿᏊ࡝ࡶࡓ ࡕ㸪㡢ᴦ࡟ྜࢃࡏ࡚㋀ࡿᏊ࡝ࡶࡓࡕ㸪ࡓࡇ↝ࡁᒇࡉࢇ࡞࡝ ࡢᒇྎࢆฟࡋ࡚㸪࠾ᗑᒇࡉࢇࡈࡗࡇࢆጞࡵࡿᏊ࡝ࡶࡓࡕ࡞ ࡝㸪⮬ศࡢዲࡁ࡞ᙧ࡛ࠕ࠾⚍ࡾࠖ㐟ࡧࢆࡍࡿࡼ࠺࡟࡞ࡗࡓࠋ       ࠐᏊ࡝ࡶࡢఱẼ࡞࠸୍ゝ࠿ࡽ ᗈࡀࡗࡓ㐟ࡧ࡛࠶ࡿࠋᏊ࡝ ࡶࡓࡕࡢⓎ᝿ࡢ㇏࠿ࡉࡸ࠾ ࡶࡋࢁࡉ࡟㦫࠸ࡓࠋࡇࡢᛮ ࠸ࢆཷࡅṆࡵ࡚㸪஫࠸࡟࢔ ࢖ࢹ࢔ࢆฟࡋྜ࠸࡞ࡀࡽ㐟 ࡧࡀࡘ࡞ࡀࡿࡼ࠺࡟ኌࢆ᥃ ࡅ࡚࠸ࡁࡓ࠸ࠋ ࠙Ꮫࡧࡢጼࠚ ۑ ࠕ⯪ࠖ࠿ࡽࠕ࠾ࡳࡇࡋࠖ࡬࡜ぢ❧࡚ࢆኚ࠼㸪࢖࣓࣮ࢪࢆඹ᭷ࡋ࡚㐟ࡪጼ              ࠙ゝⴥ࡟ࡼࡿఏ࠼ྜ࠸㸪㇏࠿࡞ឤᛶ࡜⾲⌧ࠚ ۑ ࠕ࠾ࡳࡇࡋࠖ࠿ࡽࠕ࠾⚍ࡾࠖࢆ㐃᝿ࡋ㸪ࡇࢀࡲ࡛ࡢ⤒㦂࡟ᇶ࡙࠸࡚㸪ࠕ࠾⚍ࡾࠖࢆࢸ ࣮࣐࡟ࡋࡓ㐟ࡧࢆᴦࡋࡴጼ                  ࠙༠ྠᛶ㸪⮬❧ᚰࠚ ࠑ⪃ᐹࠒ    ࠕࢃࡗࡋࡻ࠸㸪ࢃࡗࡋࡻ࠸ࠋࠖࡢ᥃ࡅኌ࡛㸪༶ᗙ࡟Ꮚ࡝ࡶࡢぢ❧࡚ࡀኚࢃࡾ㸪཭㐩࡜࢖࣓࣮ࢪ

(7)

鹿児島大学教育学部教育実践研究紀要 第27巻(2018) 〈 考察 〉  「 わ っ し ょ い , わ っ し ょ い。」 の 掛 け 声 で , 即 座 に 子 ど も の 見 立 て が 変 わ り, 友 達 と イ メ ー ジ を 共有 して楽 し むこ とに つな がった 。 また ,これま で経験し たり ,見た りし た「お祭り」のイメー ジ が あ る か ら こ そ , さ ま ざ ま な ア イ デ ア が 生 ま れ,「 お 祭 り 」 遊 び は 広 が り を 見 せ た と 考 え る。 教 師は ,子ど も たち の思 いを 受け止 め なが ら援助 をし てい きた いと考え る。   ⑸  7月4 日: テーマ は 「 夏祭り 」 ! 〈 考察 〉   保 育 に は , 職 員 間 の 共 通 理 解 や 連 携 も 大 切 に し た い と 考 え, 子 ど も た ち の 遊 び か ら, お 泊 ま り 保 育 の テ ー マ を 話 し 合 い「 夏 祭 り 」 に す る こ と に し た。 職 員 間 で 協 力 し 合 い, 子 ど も た ち と 一 緒に なって 「 お泊 まり 保育 」を成 功 させ たいと 考え た。   ⑹  7月1 0日 :年下 の 友 達も招 待 した いな 㮵ඣᓥ኱Ꮫᩍ⫱Ꮫ㒊ᩍ⫱ᐇ㊶◊✲⣖せ ➨㸰㸵ᕳ ࢆඹ᭷ࡋ࡚ᴦࡋࡴࡇ࡜࡟ࡘ࡞ࡀࡗࡓࠋࡲࡓ㸪ࡇࢀࡲ࡛⤒㦂ࡋࡓࡾ㸪ぢࡓࡾࡋࡓࠕ࠾⚍ࡾࠖࡢ࢖ ࣓࣮ࢪࡀ࠶ࡿ࠿ࡽࡇࡑ㸪ࡉࡲࡊࡲ࡞࢔࢖ࢹ࢔ࡀ⏕ࡲࢀ㸪ࠕ࠾⚍ࡾࠖ㐟ࡧࡣᗈࡀࡾࢆぢࡏࡓ࡜⪃ ࠼ࡿࠋᩍᖌࡣ㸪Ꮚ࡝ࡶࡓࡕࡢᛮ࠸ࢆཷࡅṆࡵ࡞ࡀࡽ᥼ຓࢆࡋ࡚࠸ࡁࡓ࠸࡜⪃࠼ࡿࠋ     㸵᭶㸲᪥㸸ࢸ࣮࣐ࡣࠕኟ⚍ࡾࠖ㸟 Ꮚ࡝ࡶࡢጼ࣭ᩍᖌࡢ㛵ࢃࡾ ᩍᖌࡢᛮ࠸ Ꮚ࡝ࡶࡓࡕࡢ࠾⚍ࡾ㐟ࡧࡢ┒ࡾୖࡀࡾ࠿ࡽ㸪⫋ဨ㛫࡛ࡶ ࠕ࠾⚍ࡾࠖࢆࢸ࣮࣐࡟࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࢆ㐍ࡵ࡚࠸ࡃィ⏬ࢆ❧ ࡚ࡓࠋᏊ࡝ࡶࡓࡕ࡟ࡣ㸪࠾Ἡࡲࡾಖ⫱࡛ኟ⚍ࡾࢆ㛤ࡃࡇ࡜ ࢆண࿌ࡋ㸪ᮇᚅឤࢆࡶࡗ࡚ཧຍ࡛ࡁࡿࡼ࠺࡟ാࡁ᥃ࡅࡓࠋ ࠐ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࡣ㸪඲⫋ဨ࡛ 㛵ࢃࡿࡇ࡜ࡀ࡛ࡁࡿࠋࡑࡇ ࡛㸪ពḧࡀ㧗ࡲࡿࡼ࠺࡞⎔ ቃタᐃࢆࡋࡓ࠸ࠋᩍᖌࡶ୍ ⥴࡟࡞ࡗ࡚ᴦࡋࡶ࠺ࠋ ࠙Ꮫࡧࡢጼࠚ ۑ ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱࡛ࡢィ⏬ࢆ▱ࡾ㸪ぢ㏻ࡋࢆࡶࡘጼ      ࠙೺ᗣ࡞ᚰ࡜య㸪⮬❧ᚰࠚ ۑ ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࡲ࡛࡟‽ഛࡍࡿࡶࡢ㸦࠺ࡕࢃࡢ⤮࡞࡝㸧ࢆ▱ࡾ㸪ィ⏬ⓗ࡟ྲྀࡾ⤌ࡴጼ ࠙⮬❧ᚰ㸪༠ྠᛶࠚ ࠑ⪃ᐹࠒ   ಖ⫱࡟ࡣ㸪⫋ဨ㛫ࡢඹ㏻⌮ゎࡸ㐃ᦠࡶ኱ษ࡟ࡋࡓ࠸࡜⪃࠼㸪Ꮚ࡝ࡶࡓࡕࡢ㐟ࡧ࠿ࡽ㸪࠾Ἡࡲ ࡾಖ⫱ࡢࢸ࣮࣐ࢆヰࡋྜ࠸ࠕኟ⚍ࡾࠖ࡟ࡍࡿࡇ࡜࡟ࡋࡓࠋ⫋ဨ㛫࡛༠ຊࡋྜ࠸㸪Ꮚ࡝ࡶࡓࡕ࡜ ୍⥴࡟࡞ࡗ࡚ࠕ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࠖࢆᡂຌࡉࡏࡓ࠸࡜⪃࠼ࡓࠋ     㸵᭶㸯㸮᪥㸸ᖺୗࡢ཭㐩ࡶᣍᚅࡋࡓ࠸࡞ Ꮚ࡝ࡶࡢጼ࣭ᩍᖌࡢ㛵ࢃࡾ ᩍᖌࡢᛮ࠸ ࠕ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱࡛ࠖ㸪ኟ ⚍ࡾࢆࡍࡿࡇ࡜ࢆ▱ࡾ㸪࠾ ࡳࡇࡋࢆࡘࡃࡿே㸪㡢ᴦ࡟ ྜࢃࡏ࡚㋀ࡿே㸪ᒇྎࢆฟ ࡍே࡞࡝㸪ࡑࢀࡒࢀࡢ࠾⚍ ࡾࢆᴦࡋࢇࡔࠋࡋ࠿ࡋ㸪᭱ ᚋࡲ࡛ࡸࡾࡁࡽ࡞࠸ࡲࡲูࡢ㐟ࡧ࡬⛣ࡿᏊ࡝ࡶࡓࡕࡶ࠸ࡓࠋ ࡑࡇ࡛㸪ࡳࢇ࡞࡛ពぢࢆฟࡋྜ࠸㸪ヰࡋྜ࠺୰࡛㸪ࠕࡘࡃࡗ ࡓᒇྎࡸ࠾ࡳࡇࡋࢆᖺୗࡢ཭㐩࡬ᢨ㟢ࡋࡓ࠸ࠖ࡜࠸࠺ኌࡀ࠶ ࡀࡗࡓࠋࡑࡇ࡛㸪ኟఇࡳ๓ࡢ᭱ᚋࡢ᪥࡟ࠕ࠺ࡳ⤌ኟ⚍ࡾࠖࢆ 㛤ࡃࡇ࡜࡟ࡋࡓࠋ ࡇࢀࡲ࡛ࡢ㐟ࡧࡢ୰࡛ࡘࡃࡗ࡚ࡁࡓࡶࡢࡀ࠶ࡿࡢ࡛㸪ࢡ ࣛࢫ඲ဨࡀࠕ࠺ࡳ⤌ኟ⚍ࡾࠖ࡟㛵ࢃࢀࡿࡼ࠺࡟ࡋࡼ࠺࡜㸪 ୍ே୍ࡘࡢᢸᙜࢆỴࡵ࡚㸪‽ഛ࡟ྲྀࡾ᥃࠿ࡿࡇ࡜࡟ࡋࡓࠋ ࠐࠕࡸࡾࡓ࠸ࠖ࡜࠸࠺ᛮ࠸ࡀ ࠶ࡿࡢ࡟㸪㏵୰࡛㸪ㅉࡵ࡚ ࡋࡲ࠺ࡢࡣ㸪ṧᛕࡔࠋᏊ࡝ ࡶࡓࡕ࡟ࡣ㸪ࡸࡾ㐙ࡆࡿ႐ ࡧࡸ㐩ᡂឤࢆ࿡ࢃࡗ࡚࡯ࡋ ࠸ࠋ  ࠐࡇࢀࡲ࡛ࡢ㐟ࡧࢆ⏕࠿ࡋ࡚㸪 ࡶ࡚࡞ࡍഃ࡜࡞ࡗ࡚㸪ᖺୗ ࡢ཭㐩ࢆᴦࡋࡲࡏ࡚࡯ࡋ࠸ࠋ ࡑࡢࡓࡵ࡟ࡣ㸪஦๓ࡢ‽ഛ ࡀ኱ษ࡞ࡇ࡜ࡶయ㦂ࢆ㏻ࡋ ࡚ឤࡌ࡚࡯ࡋ࠸ࠋ 㮵ඣᓥ኱Ꮫᩍ⫱Ꮫ㒊ᩍ⫱ᐇ㊶◊✲⣖せ ➨㸰㸵ᕳ ࢆඹ᭷ࡋ࡚ᴦࡋࡴࡇ࡜࡟ࡘ࡞ࡀࡗࡓࠋࡲࡓ㸪ࡇࢀࡲ࡛⤒㦂ࡋࡓࡾ㸪ぢࡓࡾࡋࡓࠕ࠾⚍ࡾࠖࡢ࢖ ࣓࣮ࢪࡀ࠶ࡿ࠿ࡽࡇࡑ㸪ࡉࡲࡊࡲ࡞࢔࢖ࢹ࢔ࡀ⏕ࡲࢀ㸪ࠕ࠾⚍ࡾࠖ㐟ࡧࡣᗈࡀࡾࢆぢࡏࡓ࡜⪃ ࠼ࡿࠋᩍᖌࡣ㸪Ꮚ࡝ࡶࡓࡕࡢᛮ࠸ࢆཷࡅṆࡵ࡞ࡀࡽ᥼ຓࢆࡋ࡚࠸ࡁࡓ࠸࡜⪃࠼ࡿࠋ     㸵᭶㸲᪥㸸ࢸ࣮࣐ࡣࠕኟ⚍ࡾࠖ㸟 Ꮚ࡝ࡶࡢጼ࣭ᩍᖌࡢ㛵ࢃࡾ ᩍᖌࡢᛮ࠸ Ꮚ࡝ࡶࡓࡕࡢ࠾⚍ࡾ㐟ࡧࡢ┒ࡾୖࡀࡾ࠿ࡽ㸪⫋ဨ㛫࡛ࡶ ࠕ࠾⚍ࡾࠖࢆࢸ࣮࣐࡟࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࢆ㐍ࡵ࡚࠸ࡃィ⏬ࢆ❧ ࡚ࡓࠋᏊ࡝ࡶࡓࡕ࡟ࡣ㸪࠾Ἡࡲࡾಖ⫱࡛ኟ⚍ࡾࢆ㛤ࡃࡇ࡜ ࢆண࿌ࡋ㸪ᮇᚅឤࢆࡶࡗ࡚ཧຍ࡛ࡁࡿࡼ࠺࡟ാࡁ᥃ࡅࡓࠋ ࠐ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࡣ㸪඲⫋ဨ࡛ 㛵ࢃࡿࡇ࡜ࡀ࡛ࡁࡿࠋࡑࡇ ࡛㸪ពḧࡀ㧗ࡲࡿࡼ࠺࡞⎔ ቃタᐃࢆࡋࡓ࠸ࠋᩍᖌࡶ୍ ⥴࡟࡞ࡗ࡚ᴦࡋࡶ࠺ࠋ ࠙Ꮫࡧࡢጼࠚ ۑ ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱࡛ࡢィ⏬ࢆ▱ࡾ㸪ぢ㏻ࡋࢆࡶࡘጼ      ࠙೺ᗣ࡞ᚰ࡜య㸪⮬❧ᚰࠚ ۑ ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࡲ࡛࡟‽ഛࡍࡿࡶࡢ㸦࠺ࡕࢃࡢ⤮࡞࡝㸧ࢆ▱ࡾ㸪ィ⏬ⓗ࡟ྲྀࡾ⤌ࡴጼ ࠙⮬❧ᚰ㸪༠ྠᛶࠚ ࠑ⪃ᐹࠒ   ಖ⫱࡟ࡣ㸪⫋ဨ㛫ࡢඹ㏻⌮ゎࡸ㐃ᦠࡶ኱ษ࡟ࡋࡓ࠸࡜⪃࠼㸪Ꮚ࡝ࡶࡓࡕࡢ㐟ࡧ࠿ࡽ㸪࠾Ἡࡲ ࡾಖ⫱ࡢࢸ࣮࣐ࢆヰࡋྜ࠸ࠕኟ⚍ࡾࠖ࡟ࡍࡿࡇ࡜࡟ࡋࡓࠋ⫋ဨ㛫࡛༠ຊࡋྜ࠸㸪Ꮚ࡝ࡶࡓࡕ࡜ ୍⥴࡟࡞ࡗ࡚ࠕ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࠖࢆᡂຌࡉࡏࡓ࠸࡜⪃࠼ࡓࠋ     㸵᭶㸯㸮᪥㸸ᖺୗࡢ཭㐩ࡶᣍᚅࡋࡓ࠸࡞ Ꮚ࡝ࡶࡢጼ࣭ᩍᖌࡢ㛵ࢃࡾ ᩍᖌࡢᛮ࠸ ࠕ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱࡛ࠖ㸪ኟ ⚍ࡾࢆࡍࡿࡇ࡜ࢆ▱ࡾ㸪࠾ ࡳࡇࡋࢆࡘࡃࡿே㸪㡢ᴦ࡟ ྜࢃࡏ࡚㋀ࡿே㸪ᒇྎࢆฟ ࡍே࡞࡝㸪ࡑࢀࡒࢀࡢ࠾⚍ ࡾࢆᴦࡋࢇࡔࠋࡋ࠿ࡋ㸪᭱ ᚋࡲ࡛ࡸࡾࡁࡽ࡞࠸ࡲࡲูࡢ㐟ࡧ࡬⛣ࡿᏊ࡝ࡶࡓࡕࡶ࠸ࡓࠋ ࡑࡇ࡛㸪ࡳࢇ࡞࡛ពぢࢆฟࡋྜ࠸㸪ヰࡋྜ࠺୰࡛㸪ࠕࡘࡃࡗ ࡓᒇྎࡸ࠾ࡳࡇࡋࢆᖺୗࡢ཭㐩࡬ᢨ㟢ࡋࡓ࠸ࠖ࡜࠸࠺ኌࡀ࠶ ࡀࡗࡓࠋࡑࡇ࡛㸪ኟఇࡳ๓ࡢ᭱ᚋࡢ᪥࡟ࠕ࠺ࡳ⤌ኟ⚍ࡾࠖࢆ 㛤ࡃࡇ࡜࡟ࡋࡓࠋ ࡇࢀࡲ࡛ࡢ㐟ࡧࡢ୰࡛ࡘࡃࡗ࡚ࡁࡓࡶࡢࡀ࠶ࡿࡢ࡛㸪ࢡ ࣛࢫ඲ဨࡀࠕ࠺ࡳ⤌ኟ⚍ࡾࠖ࡟㛵ࢃࢀࡿࡼ࠺࡟ࡋࡼ࠺࡜㸪 ୍ே୍ࡘࡢᢸᙜࢆỴࡵ࡚㸪‽ഛ࡟ྲྀࡾ᥃࠿ࡿࡇ࡜࡟ࡋࡓࠋ ࠐࠕࡸࡾࡓ࠸ࠖ࡜࠸࠺ᛮ࠸ࡀ ࠶ࡿࡢ࡟㸪㏵୰࡛㸪ㅉࡵ࡚ ࡋࡲ࠺ࡢࡣ㸪ṧᛕࡔࠋᏊ࡝ ࡶࡓࡕ࡟ࡣ㸪ࡸࡾ㐙ࡆࡿ႐ ࡧࡸ㐩ᡂឤࢆ࿡ࢃࡗ࡚࡯ࡋ ࠸ࠋ  ࠐࡇࢀࡲ࡛ࡢ㐟ࡧࢆ⏕࠿ࡋ࡚㸪 ࡶ࡚࡞ࡍഃ࡜࡞ࡗ࡚㸪ᖺୗ ࡢ཭㐩ࢆᴦࡋࡲࡏ࡚࡯ࡋ࠸ࠋ ࡑࡢࡓࡵ࡟ࡣ㸪஦๓ࡢ‽ഛ ࡀ኱ษ࡞ࡇ࡜ࡶయ㦂ࢆ㏻ࡋ ࡚ឤࡌ࡚࡯ࡋ࠸ࠋ

(8)

河津 花奈:子どもの姿から学びを考える  【学 びの姿 】 ○   こ れ ま で の 経 験 を 生 か し な が ら,「 う み 組 夏 祭 り 」 に 向 け て 見 通 し を も ち, 計 画 的 に準 備を進 める姿                             【自 立心,協同性】 ○   た く さ ん お 客 さ ん を 呼 ぶ た め に, 友 達 と 話 し 合 い な が ら, 商 品 や 衣 装, 飾 り 付 け を工 夫する 姿                  【思 考力 の芽生え ,言 葉による伝 え合い】 〈 考察 〉   そ れ ぞ れ の 場 所 で ,「 お 祭 り 」 遊 び を 楽 し ん で い た 子 ど も た ち だ が,“ 年 下 の 友 達 を 招 待 し て お 祭 り を 開 く ” と い う 目 的 を 共 有 す る こ と に よ っ て, 友 達 と 協 力 し な が ら, 準 備 を 進 め る こ と が で き た 。 子 ど も た ち が, 見 通 し を も つ こ と に よ っ て, 計 画 的 に 準 備 を 進 め る 過 程 も 教 師 は 大 切 にし ていき た いと 考え る。  ⑺ 7月12日:うみ組夏祭り開催 〈 考察 〉   子 ど も た ち は ,「 う み 組 夏 祭 り 」 に 向 け て 準 備 を 進 め て き た 。 た く さ ん 商 品 を つ く っ て, 準 備 を 整 え 年 下 の 友 達 を 招 い た グ ル ー プ , 準 備 や ゲ ー ム の や り 方 を グ ル ー プ 内 で 共 有 で き て お ら ず , お 客 さ ん が 少 な い グ ル ー プ な ど さ ま ざ ま で あ っ た 。 子 ど も た ち は, 計 画 的 に 準 備 を 進 め る 大 切 さ を 感 じ た よ う で あ る。 教 師 は , 子 ど も の 気 付 き を 大 切 に し て, 見 守 っ た。 こ の 経 験 を 今 Ἑὠ ⰼዉ 㸸 Ꮚ࡝ࡶࡢጼ࠿ࡽᏛࡧࢆ⪃࠼ࡿ ࠙Ꮫࡧࡢጼࠚ ۑ ࡇࢀࡲ࡛ࡢ⤒㦂ࢆ⏕࠿ࡋ࡞ࡀࡽ㸪ࠕ࠺ࡳ⤌ኟ⚍ࡾࠖ࡟ྥࡅ࡚ぢ㏻ࡋࢆࡶࡕ㸪ィ⏬ⓗ࡟ ‽ഛࢆ㐍ࡵࡿጼ                       ࠙⮬❧ᚰ㸪༠ྠᛶࠚ ۑ ࡓࡃࡉࢇ࠾ᐈࡉࢇࢆ࿧ࡪࡓࡵ࡟㸪཭㐩࡜ヰࡋྜ࠸࡞ࡀࡽ㸪ၟရࡸ⾰⿦㸪㣭ࡾ௜ࡅࢆ ᕤኵࡍࡿጼ                  ࠙ᛮ⪃ຊࡢⱆ⏕࠼㸪ゝⴥ࡟ࡼࡿఏ࠼ྜ࠸ࠚ ࠑ⪃ᐹࠒ   ࡑࢀࡒࢀࡢሙᡤ࡛㸪ࠕ࠾⚍ࡾࠖ㐟ࡧࢆᴦࡋࢇ࡛࠸ࡓᏊ࡝ࡶࡓࡕࡔࡀ㸪³ᖺୗࡢ཭㐩ࢆᣍᚅࡋ࡚ ࠾⚍ࡾࢆ㛤ࡃ´࡜࠸࠺┠ⓗࢆඹ᭷ࡍࡿࡇ࡜࡟ࡼࡗ࡚㸪཭㐩࡜༠ຊࡋ࡞ࡀࡽ㸪‽ഛࢆ㐍ࡵࡿࡇ࡜ࡀ ࡛ࡁࡓࠋᏊ࡝ࡶࡓࡕࡀ㸪ぢ㏻ࡋࢆࡶࡘࡇ࡜࡟ࡼࡗ࡚㸪ィ⏬ⓗ࡟‽ഛࢆ㐍ࡵࡿ㐣⛬ࡶᩍᖌࡣ኱ษ ࡟ࡋ࡚࠸ࡁࡓ࠸࡜⪃࠼ࡿࠋ     㸵᭶㸯㸰᪥㸸࠺ࡳ⤌ኟ⚍ࡾ㛤ദ Ꮚ࡝ࡶࡢጼ࣭ᩍᖌࡢ㛵ࢃࡾ ᩍᖌࡢᛮ࠸ ࠾ࡳࡇࡋ࡙ࡃࡾ㸪࠾㔠 ࢆࡘࡃࡿ㖟⾜㸪㋀ࡾ㸪ࡉ ࡲ ࡊ ࡲ ࡞ ᒇ ྎ ࡟ ศ ࠿ ࢀ ࡚㸪ࠕ࠺ࡳ⤌ኟ⚍ࡾࠖࢆ 㛤࠸ࡓࠋᖺୗࡢ཭㐩ࡀ࠾ ᐈࡉࢇ࡜ࡋ࡚᮶࡚ࡃࢀ㸪 ࠺ࢀࡋࡑ࠺࡞Ꮚ࡝ࡶࡓࡕ࡛࠶ࡗࡓࠋ ࢢ࣮ࣝࣉ࡟ࡼࡗ࡚ࡣ㸪࠾ᐈࡉࢇࡀࡓࡃࡉࢇ᮶࡚ࡃࢀࡓ࡜ ࡇࢁ࡜ࡑ࠺࡛࡞࠸࡜ࡇࢁࡢᕪࡶ࠺ࡲࢀࡓࠋࡑࡢᕪࡣ㸪ၟရ ࡢᩘࡸ࠾ࡶࡋࢁࡉ㸪࿧ࡧ㎸ࡳࡢ㐪࠸ࡀཎᅉ࡛࠶ࡿࡇ࡜ࢆᏊ ࡝ࡶࡓࡕ࡞ࡾ࡟యឤࡋ㸪ࡉࡽ࡟ၟရࢆࡘࡃࡗࡓࡾ㸪ࠕ࠸ࡽࡋ ࡷ࠸㸪࠸ࡽࡗࡋࡷ࠸ࠋࠖ࡜ኌࢆ᥃ࡅࡓࡾࡋ࡚࠸ࡓࠋᗑဨࡉࢇ ࡜ࡋ࡚ദࡋࡓࠕ࠺ࡳ⤌ኟ⚍ࡾࠖ࠿ࡽ࠾ᐈࡉࢇ࡜ࡋ࡚ཧຍ࡛ ࡁࡿ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱࡛ࡢࠕኟ⚍ࡾࠖ࡬࡜ྥ࠿࠺ࡇ࡜࡛㸪ᮇᚅ ឤࡀ⭾ࡽࢇ࡛࠸ࡓࠋ ࠐ┠ⓗࢆࢡࣛࢫ඲య୍࡛ࡘ࡟ ࡋ࡚㐟ࡪࡇ࡜࡛య㦂ࢆඹ᭷ ࡋ㸪௒ᚋࡢ㐟ࡧ࡬ࡘ࡞ࡆ࡚ ࠸ࡁࡓ࠸ࠋ   ࠐ‽ഛ୙㊊࡛࠺ࡲࡃ࠸࠿࡞࠿ ࡗࡓ⤒㦂ࡶ኱ษ࡟ࡋ㸪௒ᚋ ࡢ㐟ࡧ࡬⏕࠿ࡋࡓ࠸ࠋ  ࠐࠕ࠺ࡳ⤌ኟ⚍ࡾ࡛ࠖࡢ㐩ᡂ ឤࡸ‶㊊ឤࡀ㸪ḟࡢ᪥ࡢࠕ࠾ Ἡࡲࡾಖ⫱ࠖ࡬ࡢᮇᚅឤ࡟ ࡘ࡞ࡀࡿࡼ࠺࡟ኌࢆ᥃ࡅ࡚ ࠸ࡇ࠺ࠋ ࠙Ꮫࡧࡢጼࠚ ۑ ᖺୗࡢ཭㐩ࢆ࠾ᐈࡉࢇ࡜ࡋ࡚ᣍᚅࡋ㸪ᗑဨ࡜ࡋ࡚ࡢᙺ๭ࢆᯝࡓࡍጼ  ࠙㐨ᚨᛶ㸪つ⠊ព㆑ࡢⱆ⏕࠼㸪♫఍⏕ά࡜ࡢ㛵ࢃࡾࠚ ۑ ࠾ᐈࡉࢇᙺࡢ཭㐩࡜ࡢࡸࡾ࡜ࡾࢆᴦࡋࡴጼ    ࠙ゝⴥ࡟ࡼࡿఏ࠼ྜ࠸㸪༠ྠᛶࠚ ۑ ⮬ศࡢᗑ࡜཭㐩ࡢᗑࡢ㐪࠸࡟Ẽ௜ࡃጼ    ࠙ᛮ⪃ຊࡢⱆ⏕࠼㸪ᩘ㔞ࡸᅗᙧ㸪ᶆ㆑ࡸᩥᏐ࡞࡝࡬ࡢ㛵ᚰ࣭ឤぬࠚ ࠑ⪃ᐹࠒ   Ꮚ࡝ࡶࡓࡕࡣ㸪ࠕ࠺ࡳ⤌ኟ⚍ࡾࠖ࡟ྥࡅ࡚‽ഛࢆ㐍ࡵ࡚ࡁࡓࠋࡓࡃࡉࢇၟရࢆࡘࡃࡗ࡚㸪‽ഛ ࢆᩚ࠼ᖺୗࡢ཭㐩ࢆᣍ࠸ࡓࢢ࣮ࣝࣉ㸪‽ഛࡸࢤ࣮࣒ࡢࡸࡾ᪉ࢆࢢ࣮ࣝࣉෆ࡛ඹ᭷࡛ࡁ࡚࠾ࡽࡎ㸪 ࠾ᐈࡉࢇࡀᑡ࡞࠸ࢢ࣮ࣝࣉ࡞࡝ࡉࡲࡊࡲ࡛࠶ࡗࡓࠋᏊ࡝ࡶࡓࡕࡣ㸪ィ⏬ⓗ࡟‽ഛࢆ㐍ࡵࡿ኱ษ ࡉࢆឤࡌࡓࡼ࠺࡛࠶ࡿࠋᩍᖌࡣ㸪Ꮚ࡝ࡶࡢẼ௜ࡁࢆ኱ษ࡟ࡋ࡚㸪ぢᏲࡗࡓࠋࡇࡢ⤒㦂ࢆ௒ᚋࡢ 㐟ࡧ࡬࡜ࡘ࡞ࡆ࡚࠸ࡅࡿࡼ࠺࡟᥼ຓࡋࡓ࠸ࠋ

(9)

鹿児島大学教育学部教育実践研究紀要 第27巻(2018)   ⑻  7月1 3日 ・14 日 : いよい よ !お 泊まり保育 〈 考察 〉   子 ど も た ち は, み ん な で 過 ご す 「 お 泊 ま り 保 育 」 に 目 を 輝 か せ な が ら 楽 し ん で い た。 4 月 か ら 7 月 ま で の 遊 び の 集 大 成 と し て, 見 通 し を も ち な が ら 遊 び を 進 め て き た こ と で 達 成 感 や 満 足 感 を 味 わ え た の で は な い か と 考 え ら れ る。 こ れ ら の 経 験 の 積 み 重 ね を 大 切 に し て い き, 今 後 も 遊 びが 継続す る よう に援 助し たい。 5   成 果 と 課 題   ○   成 果 ・  「 お 泊 ま り 保 育 」 と い う 目 的 に 向 か っ て 保 育 を 考 え , 遊 び の 流 れ を 捉 え 直 す こ と が で き た 。 ・   子 ど も の 学 び の 姿 を 整 理 す る こ と が で き た 。 今 後 も 「 遊 び の 中 で 育 ま れ る 学 び 」 を 意 識 し な が ら , 保 育 を 行 い た い 。 ・  「 お 泊 ま り 保 育 」 は 全 職 員 で 行 う と い う 考 え で , 日 頃 の 保 育 反 省 の 時 間 を 活 用 し , 共 通 理 解 の も と , 計 画 を 進 め る こ と が で き た 。   ○   課 題 ・   年 長 児 に は , 友 達 が し て い る 遊 び に 興 味 を も ち , 友 達 の ア イ デ ア を 活 か し な が ら 共 に 考 え た り , 工 夫 し た り す る こ と が 大 切 だ と 考 え る 。 振 り 返 り や 話 し 合 い の 時 間 を 確 保 し た い 。 ・   今 後 ,「 幼 児 期 の 終 わ り ま で に 育 っ て ほ し い 姿 」 と 学 び の 姿 を 整 理 し , ま と め る 必 要 が あ る 。 〈 参 考 文献 〉    ○  幼稚 園教 育要領        ( 文 部科学省  2017)    ○  幼児 教育 じほう        ( 全 国国公立 幼稚園・こ ども 園長 会 2017)    ○  初等 教育 資料         ( 文 部科学省  東洋館出 版社   2017) 㮵ඣᓥ኱Ꮫᩍ⫱Ꮫ㒊ᩍ⫱ᐇ㊶◊✲⣖せ ➨㸰㸵ᕳ    㸵᭶㸯㸱᪥࣭㸯㸲᪥㸸࠸ࡼ࠸ࡼ㸟࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ Ꮚ࡝ࡶࡢጼ࣭ᩍᖌࡢ㛵ࢃࡾ ᩍᖌࡢᛮ࠸ ᙜ᪥ࡣ㸪඲ဨඖẼ࡟ Ⓩᅬࡋࡓࠋ࠾ࡳࡇࡋࢆ ᢸ࠸࡛⦎ࡾṌ࠸ࡓࡾ㸪 ࡑ ࠺ ࡵ ࢇ ὶ ࡋ ࢆ ࡋ ࡓ ࡾ 㸪   Ἠ ࡟ ⾜ ࡗ ࡓ ࡾ ࡜ 㸪 ┠ ࢆ ㍤ ࠿ ࡏ ࡞ ࡀ ࡽ㸪୍ࡘ୍ࡘࡢάືࢆ ᴦࡋࢇ࡛࠸ࡓࠋኪ࡟ࡣ ࠕኟ⚍ࡾࠖࡀ⾜ࢃࢀ㸪 ᩍ ᖌ ࡢ 㛤 ࠸ ࡓ ᒇ ྎ ࡛ ࢤ࣮࣒ࢆࡋࡓࡾ㸪㋀ࡗ ࡓࡾ㸪ⰼⅆࢆぢࡓࡾࡋ ࡓࠋ㝆ᅬ᫬ࡢ୍ே୍ேࡢ㢦࠿ࡽࡣ㸪‶㊊ឤࡸ㐩ᡂឤࡀ࠺࠿ ࡀ࠼ࡓࠋ ۑࡇࢀࡲ࡛ࡢ⏕άࡸ㐟ࡧࡢ㞟 ኱ᡂ࡜ࡋ࡚㸪Ꮚ࡝ࡶࡓࡕࡢ ᛮ࠸࡟ඹឤࡋࡓ࠸ࠋ     ۑࡇࡢ୍ࡘࡢࡇ࡜ࢆࡸࡾ㐙ࡆ ࡓ⮬ಙ࠿ࡽ㸪ࡉࡽ࡟ኟఇࡳ ᫂ࡅࡢ㐟ࡧࡀ῝ࡲࡗ࡚࠸ࡃ ࡼ࠺࡟᥼ຓࡋ࡚࠸ࡁࡓ࠸ࠋ ࠙Ꮫࡧࡢጼࠚ ۑ άືࡢぢ㏻ࡋࢆࡶࡕ࡞ࡀࡽ㸪୺యⓗ࡟ࠕ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࠖ࡟ཧຍࡋ㸪ᴦࡋࡴጼ ࠙⮬❧ᚰ㸪೺ᗣ࡞ᚰ࡜య㸪༠ྠᛶࠚ ࠑ⪃ᐹࠒ    Ꮚ࡝ࡶࡓࡕࡣ㸪ࡳࢇ࡞࡛㐣ࡈࡍࠕ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࠖ࡟┠ࢆ㍤࠿ࡏ࡞ࡀࡽᴦࡋࢇ࡛࠸ࡓࠋ㸲᭶ ࠿ࡽ㸵᭶ࡲ࡛ࡢ㐟ࡧࡢ㞟኱ᡂ࡜ࡋ࡚㸪ぢ㏻ࡋࢆࡶࡕ࡞ࡀࡽ㐟ࡧࢆ㐍ࡵ࡚ࡁࡓࡇ࡜࡛㐩ᡂឤࡸ ‶㊊ឤࢆ࿡ࢃ࠼ࡓࡢ࡛ࡣ࡞࠸࠿࡜⪃࠼ࡽࢀࡿࠋࡇࢀࡽࡢ⤒㦂ࡢ✚ࡳ㔜ࡡࢆ኱ษ࡟ࡋ࡚࠸ࡁ㸪 ௒ᚋࡶ㐟ࡧࡀ⥅⥆ࡍࡿࡼ࠺࡟᥼ຓࡋࡓ࠸ࠋ 㸳 ᡂᯝ࡜ㄢ㢟   ۑ ᡂᯝ ࣭ ࠕ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࠖ࡜࠸࠺┠ⓗ࡟ྥ࠿ࡗ࡚ಖ⫱ࢆ⪃࠼㸪㐟ࡧࡢὶࢀࢆᤊ࠼┤ࡍࡇ࡜ࡀ࡛ࡁ ࡓࠋ  ࣭ Ꮚ࡝ࡶࡢᏛࡧࡢጼࢆᩚ⌮ࡍࡿࡇ࡜ࡀ࡛ࡁࡓࠋ௒ᚋࡶࠕ㐟ࡧࡢ୰࡛⫱ࡲࢀࡿᏛࡧࠖࢆព㆑ ࡋ࡞ࡀࡽ㸪ಖ⫱ࢆ⾜࠸ࡓ࠸ࠋ  ࣭ ࠕ࠾Ἡࡲࡾಖ⫱ࠖࡣ඲⫋ဨ࡛⾜࠺࡜࠸࠺⪃࠼࡛㸪᪥㡭ࡢಖ⫱཯┬ࡢ᫬㛫ࢆά⏝ࡋ㸪ඹ㏻ ⌮ゎࡢࡶ࡜㸪ィ⏬ࢆ㐍ࡵࡿࡇ࡜ࡀ࡛ࡁࡓࠋ  ۑ ㄢ㢟 ࣭ ᖺ㛗ඣ࡟ࡣ㸪཭㐩ࡀࡋ࡚࠸ࡿ㐟ࡧ࡟⯆࿡ࢆࡶࡕ㸪཭㐩ࡢ࢔࢖ࢹ࢔ࢆά࠿ࡋ࡞ࡀࡽඹ࡟⪃ ࠼ࡓࡾ㸪ᕤኵࡋࡓࡾࡍࡿࡇ࡜ࡀ኱ษࡔ࡜⪃࠼ࡿࠋ᣺ࡾ㏉ࡾࡸヰࡋྜ࠸ࡢ᫬㛫ࢆ☜ಖࡋࡓ࠸ࠋ  ࣭ ௒ᚋ㸪ࠕᗂඣᮇࡢ⤊ࢃࡾࡲ࡛࡟⫱ࡗ࡚࡯ࡋ࠸ጼࠖ࡜Ꮫࡧࡢጼࢆᩚ⌮ࡋ㸪ࡲ࡜ࡵࡿᚲせࡀ ࠶ࡿࠋ  ࠑཧ⪃ᩥ⊩ࠒ   ۑ ᗂ⛶ᅬᩍ⫱せ㡿     㸦ᩥ㒊⛉Ꮫ┬ 㸧   ۑ ᗂඣᩍ⫱ࡌ࡯࠺     㸦඲ᅜᅜබ❧ᗂ⛶ᅬ࣭ࡇ࡝ࡶᅬ㛗఍ 㸧   ۑ ึ➼ᩍ⫱㈨ᩱ      㸦ᩥ㒊⛉Ꮫ┬ ᮾὒ㤋ฟ∧♫  㸧

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :