• 検索結果がありません。

珠山噴火写真 ネ 帳 遈大学大学院理学 究科岡田弘 う 状況 遈開 局 板谷 西山 い 泥流 生 次災害防 早急 対策 必要 断 噴火活動 い 能 範 人 応急的 工 実施 併行 無人 施工 実施 珠山 現場 地形 複雑 宅地 近接 無人 施工 行う 家屋や街路樹 電波 害 予想さ う 検討 現地

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "珠山噴火写真 ネ 帳 遈大学大学院理学 究科岡田弘 う 状況 遈開 局 板谷 西山 い 泥流 生 次災害防 早急 対策 必要 断 噴火活動 い 能 範 人 応急的 工 実施 併行 無人 施工 実施 珠山 現場 地形 複雑 宅地 近接 無人 施工 行う 家屋や街路樹 電波 害 予想さ う 検討 現地"

Copied!
24
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

1

他地域への展開と無人

施工技術の進捗

雲 賢岳 無人 施工技術 土石流や火 流 生 険性 あ 石工 砂防 堤 建設 施工中 作業員 全 確保 入さ 技 術 あ 警戒区域 建設機械操作 車載 移動 車 遠方 視 ン さ 像 見 警戒区域外 全 場所 操作 室 遠隔装置 施工 方式 雲 方式 いう 無人 施工技術 土砂災害や火山災害 災害復旧工 や 人施工 わ 険 現場 工 入さ 建設工 遠隔地 全 滑 行わ い 珠山噴火災害 宅島噴火災害 新潟中越地震 鹿児島県南大 船石 土石流災害 桜島 樽前山 紀伊山地深層崩壊 例 雲 方式 踏 え 作成さ 緊急時 無人 施工 イ ッ 団法人 端建設技術 ン い 紹 1 珠山噴火災害 成 日 時 珠山 西山西麓 噴火 噴煙 , m 遉 日 時 洞爺湖温泉 隣接 金毘羅山 山腹 更 ヵ所 火 新 噴火 後噴火 数多 生 火 群 形成さ 西山火 群 ヵ所 金毘羅火 群 ヵ所 合計 ヵ所 西山西麓 国遈 号周辺 大 火山噴出物 堆積 地 変動 西山西麓部 最大 mあ 起 生 段 差 数多 生 洞爺湖温泉街 日 最大規模 熱泥流 生 流 橋 流出さ 温 泉街 火山灰 泥流 大 堆積 写真 洞爺湖温泉街 被害(熱泥流 生)

(2)

2 珠山噴火写真 ネ 帳 遈大学大学院理学 究科 岡田弘 う 状況 遈開 局 板谷 西山 い 泥流 生 次 災害防 早急 対策 必要 断 噴火活動 い 能 範 人 応急的 工 実施 併行 無人 施工 実施 珠山 現場 地形 複雑 宅地 近接 無人 施工 行う 家屋や 街路樹 電波 害 予想さ う 検討 現地 調査 繰 返 雲 賢岳 わ 技術 応用 珠山方式 いえ 新 構築 珠山 雲 賢岳 う 中 方式 建設無線 使用 中 行わ イ 無人機械 操作 方式 採用 い 特徴 あ 従来 方式 珠山 方式 2 板谷川の緊急泥流対策工事 高速遈路 流部 堆積土砂 流 流 防 泥流対策工 求 当初 人間 立 入 区 C C C 称 区 C 全面立 入 禁 C 短時間 立 入 許さ 区域 C 長時間 立 入 許さ 区域 さ 高速遈路 C 流端 . km 距 あ う 状況 対策工 行う手法 無人 施工 考え 日着手 万m 余 地山 掘削 逿砂地 作 計 さ 国遈 号 路 及び法面部 掘削 行わ 工 工程 C 流端 操作室 設 移動 走行 調査 走行路 確保 後 施工エ 害物 地 起 亀裂 現況 現況調査及び工 起点 終点 確認 行 次 調査結果 施工 害 害物 柱 遈路標識 架空線 撤去 次 施工箇所 路 縁石 支 物 礎 破 油 ョ 既設路面 約 m掘削 い 降雨湧水 工 箇所 水 無人 施工 困 ン 掘削 行 掘削度 遀 ン 用い一次 仮置 場 遀 無人 行 後 遈路路 掘削 法面掘削 実施

(3)

3 板谷 無人 施工 配置 当初 写真 掘削積 込 状況 写真 掘削状況 写真 ン ッ 珠山 無人 施工 泥流対策工 遈 3 西山川の緊急泥流対策工事 西山 金毘羅火 熱泥流 橋梁 流出 あ 原因 流路工 熱泥流 あ 建物 被害 え 早期 対策工 望 火 施工箇所 m 近 火 広い範 盛 噴石 飛 い 中 温泉街 広い範 立 入 禁 区域 あ 調査 困 極 調査 自衛隊 消防 支 援 立 入 調査 無人 車 現地 進入さ 走行調査 実施 日 工 着手 当初 工 概要 流出 流 橋 引 い 遈橋 撤去 熱泥流 埋塞 流路工 機能回復 埋塞土砂 撤去 約 , m あ 見通 確保 仮設 ワ 高さ m m 設置 電波 調整 行 後 最初 橋梁 撤去作業 行い 引 埋塞土砂 撤去 行

(4)

4 工 引 流路工 流入 い部 土砂流入 対策 大型 ッ 大型土嚢 緊急 流堤 無人 施工 実施 写真 緊急 流堤 施工さ 洞爺湖温泉 写真 緊急 流堤 ッ 据 状況 写真 建設 ッ ン ウ 論文集 珠山噴火災害緊急対策工 無人 施工実績 遈室蘭土木現業所

(5)

5

西山 無人 施工 配置 (当初)

写真 橋桁 壊状況 建設無人 施工協会 施工 例集

(6)

6 4 三宅島噴火災害 宅島 噴火 前回 噴火 約 経 成 旬 活 火山活 動 再開 大規模 噴火 生 全島避 噴火 降 各所 泥流災害 生 噴火 火山活動 最大 特徴 泥流被害 生 火山 酸 硫黄 噴出 あ 復旧作業 進捗 阻 い 宅地区 床固工工 火山 影響 い無人 施工 行 宅地区 流域 民家 点 泥流被害 懸念さ 当初 床固 ッ 築堤 予定さ い 風 窪地 火山 滞留 や 度々作業 中断 余儀 さ 復旧工 影響 出 い 火山 影響 い無人 施工 採用 結果 当初設計 ッ 段積 現地 状 況 合わ 泥流 対 強固 形状 最大 段積+ 流 さえ盛土 変更 御池地区 横断及び縦断 施工 脱硫装置 備え 遠隔操作室 ン操作 行 無線式 ン 床固 ッ 遀 把持装置 回転 ン 装着 無線式 ッ ウ 荷卸 及び据 行 ッ 製作 施工 . km 製作 行 製作 施工 m 乗換場 遀 ン 人遀転 行い 流域 い 無人遀転 滞留 ッ 遀 い場合 想定 築堤部 流 ッ 設置 ッ 仮置 行 施工 - . . 施工概要 - . . 示 施工 ッ 製作 ッ 積込 遀 人 乗 換 遀 無人 荷卸 据 ッ ッ ン t級 ン t級搬 ッ ウ t級 有 人 無 人

(7)

7 施工概要

写真 施工状況 建設無人 施工協会 施工 例集

(8)

8 工 遠隔操作用無線 連 使用 伝送距 m 無許 特 免許 い い特定 電力無線局 Hz 帯 使用 像伝送 従来 様 簡易無線局 GHz帯 使用 無線式 ッ ウ 移動式 車 使用 無線 波 あ 指向性 非常 強い ッ ウ 載 い イ 載 自動旋回 無 線機械構成 示 無線機械構成 機械 出後 工場 作動点検及び整備 行 い 作動 良 生 回 使用期間 考え い う 塗装 剥 や錆 見さ あ 考え 後 ういう状況 施工 行う 対 策 講 機械類 入 行う 然 防 一 要因 え 考え 5 新潟中越地震 国土交通省 陸地方整備局 ジよ 第 3章 成 日 時 新潟県中越地方 深さ約 km 直 型地震 生 わ 国 震度計 観測 始 来初 最大震度 観測 後 時 時 . 時 . 時間 . 余震 回 生 強震 観測 最大 最大加速度 観測 地震 被害 特徴 中山間地域 震源 地震 あ 震源地 近 日 数 地 地帯 あ 斜面 崩落 地 災害 伴う様々 被害 生 斜面崩落 伴う生活遈路 寸断 山間地域 点 集落 孤立 信濃 支 あ 一級河 相 ( 高) 朝日 千谷 浦柄 芋 (山 志 東竹 等) 河遈閉塞 生 宅 水被害

(9)

9 生 芋 等 流 民 避 態 至 写真 地 家屋倒壊 写真 河遈閉塞 芋 国土交通省 陸地方整備局 長岡 妙見 大規模土砂崩落 推定 ~ 万m3 長さ m 高 さ m 幅 m 土砂 崩落 現場 走 県遈 千谷長岡線 車両 巻 込 災 日後 日 崩落 土砂 中 行方 明 い 出 母子 乗 車両 見さ 東京消防庁 イ 隊等 救 出活動 開始 余震 中 救出作業 更 土砂崩落 険や人力 岩塊 去 限界 あ 困 極 陸地方整備局 新潟県知 要請 無人 施工技術 用い 救出作業 行 日 明 情 整備局 体制 整え 日 式要請 遠隔操縦式 ッ ウ 含 災害対策用機械等 現地 配置 整備局 無人 施工技術 活 用 作業 進 社 日 土木工業 陸支部 協力要請 行い 国土交通省 作業 全 確保 独立行政法人土木 究所 担当官 現地 派遣 写真 妙見 土砂崩落現場 空 望 国土交通省 陸地方整備局

(10)

10 行方 明者救出 係 支援体制 現地作業 陸地整 派遣 遠隔操縦式 ッ ウ 民間 遠隔操 縦式 ッ ウ . m3 無人 施工 進入路 確保 埋 車両近辺 足場確保及び浮 石撤去 行 後 法面 視員 配置 全 確 認後 埋 車両 周 m 人施工 掘削 大 石 ッ ウ 撤去後 機動隊 人力掘削 作業 進 作業現場近傍 現場全体 把握 固定 設置場所 い m程 対岸 固定 設置 操作 屋 ソ ン 像 送 信 現地 通信環境 良 確認 外部 信器 外部 ン 急遽 用意 通信環境 改善 ッ ウ 操作 行 写真 無人 施工概要 無人 施工協会資料 遠隔操作操縦式 バック ウ 遠隔操作室 約 180m

(11)

11 遠隔操縦用 像配信 写真 遠隔操縦式 ッ ウ 写真 遠隔操作状況 6 鹿児島県南大隅町船石川土石流災害 船石 成 日 日 深層崩壊 伴う土石流 回 生 近傍 南大 尾観測局 記録 日 日 累計雨 ㎜ 遉 記録的 大雨 観測 土石流 第 波 無降雨状態 生 土砂災害 い 災害後 調査 行 土砂災害 専門家 地 降 雨水 地 深 透 地層 境界 滞留 大 地 水 斜面 部 湧出 周辺部 洗掘 大規模 崩壊 誘 崩壊 土砂 土石流 見 い 回 土石流 流 土石や流木 合計 , ㎥ 推定さ う 巨石 大部 含 約 , ㎥ 成 度 整備 補強 行 砂防 堤 捕捉さ 泥流 流 家屋 戸 国遈 号 水被 害 生 既設砂防 堤 土石流 大部 捕捉 流側 土砂氾濫 被害 軽 減 人命 産 立証さ

(12)

12 写真 土石流 流 状況 写真 源頭部 状況 写真 流部土石流 流 状況 写真 砂防 堤 土石流捕捉状況 写真 九 地方整備局 成 日記者 表資料 無人 施工 い 源頭部斜面 更 土石流 生 あ 鹿 児島県 土石流補足機能 復旧や 号 堤 早期 人施工 替え 成 災害 生直後 成 約 ヵ 間 わ ッ ン ッ 投入 実施 総 出土砂 約 , ㎥ 石工 遠隔操作室 岸仮設 流堤背後 設置 施工箇所 合わ 時施工設備 変更 号 堤 流部 施工 あ 堤 遠隔操作 確実 行う 岸部 中 無線局 設置 全 施工 努 工期後半 号 堤 人施工 石 替え 早 夜間作 業 行 結果 十 照明設備 昼間 夜間作業 準備 行う 施工 能 写真 操作室 状況 写真 無人 施工状況

(13)

13 7 桜島の 村川除石工事建設マネジ ン 技術 2013 6 号 無 人 施工 によ 災害復旧 桜島 成 火山活動 活 噴火警戒 成 日現 中 噴火 高さ m 爆 的噴火 成 成 約 回 生 桜島 南東部 成 度 成 度 石工 無人 施工 行わ 施工機械配置 号 堤 流部 堆積 土砂 石工 石工工 m3 石 期工 m 3 礫質土 掘削( 石) 行わ 石工 . m3 級 ッ ウ2 t積 整地遀 車 移動 車 使用 型 遠隔操作式機械 施工 施工箇所 警戒区域 km 少 超え 昭和火 約 . km地点 あ ‐ - 工 期間中 大規模 噴火 あ 度々工 中断 写真‐ . . 石工 終了間 成 日 大 噴石 合目 遉 工 中 命 出さ 再開後 石工 期工 入山規制範 拡 大 想定 既 イ 無線 A 用い 施工箇所 km 桜島砂防出張所 超長遠隔施工 実施 写真. 大規模噴火(噴煙高さ2,000m) 写真 降灰 視界 良 無人 施工協会資料

(14)

14 施工箇所 置 概要 8 樽前山火山砂防 樽前山 降 大~中規模噴火 生 周 大 影響 近 い ~ 昭和 ~ 噴火 成 降 地震活動 地温 昇 山 溶岩 近 局所的膨張 火山性異常 観測さ 遈 数 活動的 火山 あ 樽前山 噴火活動 伴う現象 噴石 降灰 火 流 積雪期 融雪型火山泥流 噴火後 次泥流 降雨型泥流 想定さ 融雪型火山泥流 火 流 生 時 流 開始 流 時期 予測 困 あ 総流 流 非常 大 い 特徴 あ 次泥流 降雨 生 繰 返 頻 数 間 特徴 あ う 土砂移動現象 生 樽前山山麓 甚大 被害 生 想定さ 常時 砂防施設 整備 遈開 局室蘭

(15)

15 開 建設部 着実 進 い 成 度 泥流氾濫区域 人家 資産 集積 著 い錦多峰流域 中 噴火時 険性 考慮 成 度 錦多峰 号逿砂地 整備 計 成 度 樽前山 火山活動 活 い 噴火後 対策工 滑 進 無人 施工 整備 行 成 樽前山火山噴火 緊急減災対策砂防計 策定さ 計 中 噴火対応時 緊急 対策 計 さ い 無人 施工 砂防設備 整備途 段 い 火山噴火 生 想 定 緊急 対策 一 計 全 箇所 建設機械 操作 対策 行う あ 樽前山 冬期 無人 施工 課題 出や解決策 検討 地 元 育成 目的 現地試験施工や検討会 開催 成 度 示 う 様々 工種 無人 施工 実施 い 樽前山無人 施工現地試験 経緯 9 成 度の無人 施工 樽前山の無人 施工について よ 成 度 錦多峰 号逿砂地建設工 石 想定 鋼製 中 詰土 無人 施工 約 m3 掘削積 込 び遀 無人 施工 行 現場 施工形態 遠隔操作室 作業現場 距 近い 超遠隔施工 中 無線機器 多数必要 あ 無線 地局~遠隔操作 室間 線 遠隔施工 い 施工 あ 噴火時 想定 遠隔操作室 い 像 無線操作 行 操作 像無線 種類 機械 機 及 び固定 視 等 操作無線 周波数 特定 電力無線 あ 機械 機関係 操作 z帯 mW あ 混信 い う い 像 像 伝送 無線 周波数 簡易無線局 z帯 mW

(16)

16 無人 施工 系統 無人 施工配置 10 成 度 積雪寒冷地におけ 無人 施工現地試験 樽前山火山砂防 無人 施工 い 遈 無人 施工 い 珠山噴火時復旧工 採用さ 逿砂池工や火山灰 去等 実施さ い 樽前山 砂防設備工 い 土砂掘削工や盛土工 伐開工等 現地試験 実施さ い 実績 あ 無人 施工 等 蓄積 無 冬期 無人 施工 い 課題等 整理や解決策 検討さ い 課題 解決 成 度 無人 施工現地試験計 検討 行い 成 度 錦多峰 号逿砂池 い 無人 施工現地試験 実施 冬期 無人 施工 課題解決 向 整理等 行 成 度 い 写真 示 錦多峰 号逿砂池 ッ 閉塞 工 行 い 検討 容及び 整理項目 い 表 い

(17)

17

写真 成 度 無人 施工実施箇所

(18)

18 表 積雪寒冷地及び樽前山 無人 施工 課題 解決策 課題及び解決策 検討 当 成 度 現地試験 解決策 妥当性検証 施工 蓄積 主眼 置い 試験計 立案 結果 析評価 実施 現地試験 得 イ イ や 意見 知見 主 表‐ . . 示 調遉 イ イ 視認性 無線 項目 着目 課題 対 解決策 検討 成 度 現地試験 得 結果 特徴的 度 現地試験項目 関連 容 記 A.調遉 課題 無人 施工機械 長崎県や 調遉 無人 施工機械 遈 移送 燃料 凍結 う 解決策 燃料凍結防 遈 移送 前 寒冷地 様 燃料 替え 必要 あ B. イ イ 課題 ッ 積工 立入禁 区域 行う場合 雪や準備工等 帯工 含 全 無人 施工 実施 必要 あ 坂実験 ~ 度 斜面 機 ッ 雪 必要性 確認 解決策 傾斜 あ 走行路や施工 積雪状態 あ 場合 機械 坂 困 あ 前 汎用 無人 施工 機械 雪や準備工 盛土 整地等 検討 行い イ イ や課題点 出 行う必要 あ 全国 無人 施工機械配置

(19)

19 写真 坂実験状況 度 C. 視認性 課題 像や無線 大 生 中 旬 早朝 最 気温 ℃程度 寒冷 条件 中 設備 像 乱 吹雪 現地試験中 確認さ 写真 参照 解決策 日 施工時間 短縮さ 起動時 確実 暖機遀転 時間 程度 行い 解消 確認 後 寒冷条件 関係 具合や吹雪 害等 的 確認 写真 温時(‐17℃) 起動時 像 良 D.無線 課題 系無線 実績 豊富 定的 施工 能 機器 製造中 や 遷移 社会的背 及び樽前山 特性 泥流到遉範 広 大 あ 点 考慮 無線 用い 全 場所 超遠隔操作 後必要 考え 解決策 積雪寒冷条件 無線 使用 場合 解決策 い 現地試験 通 確認 概要 成23 度 組 結果 踏 え 過 度試験 出さ 施工 問題点 的 問題点 新 明 容 網羅 成24 度 現地試験 項目 表 示

(20)

20 表 検討項目 対 成 度 現地試験項目 現地試験 検討項目 主 試験 容 準備 資機 調遉 A. 調遉 調遉日数 確認 地元 育成 A. 調遉 地元 育成 施工 遠隔操作用 視認性 C. 視認性 色文 視認性 確認 無人 施工機械 走行性能 B. イ イ 害物撤去及び及び 坂路造成 無線 D. 無線 無線 途絶範 及び 把握 等 効率的 ッ 積施工 B. イ イ 目 無 施工効率 精度 無人 施工機械 雪性能 B. イ イ 汎用機械 雪試験 無人 施工 土工 B. イ イ 凍結土壌 掘削や足場盛土 造成 無線 超遠隔操作 D. 無線 超遠隔操作 L=1.4km 実施 無線LAN 方式 D. 無線 方式 イ 出来形計測 立入禁 区域 出来形計測 想定 成 度 現地試験 計 い 特徴的 試験項目 い 記 B. イ 現地試験項目 成 度 試験 成 度 ッ 閉塞工 ッ 積工 無人 施工 実施 ッ 目 施工効率 改 善 能性 着目 予備試験 地元 対象 日間程 度 計 個 試験 収集 イ イ や 意見 評価 結果 ッ 閉塞工 効率的 施工方法 決定 D.無線 現地試験項目 成 度 無線 使用 成 度 試験 積雪寒冷条件 施工実績 少 い 無線 使用 試験施工箇所 約1.4km 操作室 超遠隔操作 実施 成 度 現地試験無線 模式 11 成 台風 号災害 無人 施工によ 災害復旧と今後の取 組み について 成 風 号 大規模 斜面崩壊 深層崩壊 生 奈良県 和歌山県 い 河遈閉塞 箇所確認さ 孤立集落 生 紀伊

(21)

402 半島 中心 甚大 被害 奈良県 迫 股地区 斜面崩壊災害復旧工 い 深層崩壊 生 滑落崖 頭部 排土 工 無人 施工 入さ 当工 頭部 尾根部 脆弱 土 砂状地 確認さ 土砂崩壊等 生 抑え 尾根 部 掘削 山 全体 定さ 必要性 あ 定 地質 あ 建設機械作業 次災害 険性 あ 無人 施工 採用さ 工 情 施工技術 全 確実 施工 実現 い 通常 人施工 様 操作室 い 情 施工 駆使 能 人施工 恩恵 効率 献 い 建設機械施工中 人 測 等 作業エ 立 入 険 伴う 測 作 栗 地区 赤谷地区 熊野地区 長殿地区 股地区 緊急調査河遈閉塞箇所 直轄 国土交通省紀伊山地砂防 務所 ン ッ

(22)

22 業 要 掘削 敷均施工 能 衛 測 活用 油 ョ イ ン や 排土板自動制御 入 あ 航空測 等 得 地形情 設計情 合わ 施工 作 全 高精度 施工 能 滑落崖 地山 排土 土砂 境 断面表示 明確 区 特 排土板制御 自動的 排土板 動作 前後進操作 設計高さ 敷 均 能 作業 確 行う 写真 無人 施工設備概要 無線 全体 写真 無人 施工状況 操作室

(23)

23 12 緊急時の無人 施工ガイ ブック 無人 施工技術 雲 賢岳 災害復旧工 試験的 採用さ 用性 示さ 人 立 入 い災害現場や工 中 全管理 観点 活用さ う 団法人 端建設技術 ン 雲 賢岳 無人 施工 支援 始 後 施工実績 調査 踏 え 技術的課題 整理 施工実績 蓄積さ 知見 集大成 緊急時 無人 施工 イ ッ イ ッ 緊急時 入 い 注 時間短縮 工 着手 時間 短縮 工 着手 行わ 業務 的 考え方 い イ ッ 作業 流 被災後 作業 滑 前準備 含 - . . 示 丸数 イ 目次番号 該当 破線 前準備 緊急 実作業 対 効果 示 い 無人 施工 被災直後 定 状況 災害 拡大 防 再度災害 備え 目的 緊急的 実施さ 概略 計 注 施工者 現場 調査 当該現場 迅速 投入 遠隔操作 建設機械 必要 資機 調査 実 工 計 立案 直 工 実施 方式 い 国民 作業員 全確保 優 必要 工 着手 後 実態 合わ 契約変更 行う 注 業務 簡素 い 緊急時 無人 施工 イ ッ

(24)

24 保有機材DB 人材DB 人材育成 災害の想定 緊急工事の想定 試験施工 ITV の施 設計画 災害の発生 現地確認 無人化施工の採用 有人施工の採用 工事実施 概略 当初 計画 完工・ 検査 現地調査 変更契約 工事計画・ 協議 発注、契約 労務・ 機材調査 危険性の有無 無人化施工が必 要 災害の予見 予見さ 予見さ い 2 事前準備 3 5 4 6 7 8 9 9 9 有 無 10 施設整備 イ ッ 作業 流

参照

関連したドキュメント

施工計画書 1)工事概要 2)計画工程表 3)現場組織表 4)主要機械 5)主要資材 6)施工方法 7)施工管理計画. 8)緊急時の体制及び対応

建設関係 (32)

粗大・不燃・資源化施設の整備状況 施設整備状況は、表−4の「多摩地域の粗大・不燃・資源化施設の現状」の

[r]

[r]

[r]

市街地再開発事業での各種説明会の実施予定概要  第1工区施設建築物

茶屋ヶ坂アパート 設計施工 清水建設 竣 工 2020年7月 地下1階, 地上4階 延床面積 3,214m 2 RC造、木造(柱,壁) 竹中研修所 匠. 設計施工 竹中工務店 竣 工