輪入道

22 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

輪入道

坂田火魯志

暁~小説投稿サイト~ By 肥前のポチ http://www.akatsuki-novels.com/

(2)

こ の P D F フ ァ イ ル は「 暁 小 説 投 稿 サ イ ト 」 で 掲 載 中 の 小 説 を「 暁 小 説 投 稿 サ イ ト 」 の シ ス テ ム が 自 動 的 に P D F 化 さ せ た も の で す。 こ の 小 説 の 著 作 権 は 小 説 の 作 者 に あ り ま す。 そ の た め、 作 者 ま た は「 暁 小 説 投 稿 サ イ ト 」 を 運 営 す る 肥 前 の ポ チ に 無 断 で こ の P D F フ ァ イ ル 及 び 小 説 を、 引 用 の 範 囲 を 超 え る 形 で 転 載、 改 変、 再 配 布、 販 売 す る こ と を 一 切 禁 止 致 し ま す。 小 説 の 紹 介 や 個 人 用 途 で の 印 刷 お よ び 保 存 は ご 自 由 に ど う ぞ。 【 小 説 タ イ ト ル 輪 入 道 【 作 者 名 坂 田 火 魯 志 【 あ ら す じ リ ィ ナ と マ リ ン の ア イ ド ル 二 人 が ラ ジ オ 局 の 仕 事 帰 り に マ ネ ジ ャ ー と 遭 遇 し た 出 来 事 は。 大 阪 万 博 記 念 作 品 に な れ ば 幸 い で す。

(3)

第 一 章 輪 入 道 涼 風 リ ィ ナ、 本 名 涼 風 李 衣 菜 と 真 矢 マ リ ン、 本 名 真 矢 真 鈴 は 八 条 プ ロ ダ ク シ ョ ン 所 属 の ア イ ド ル で あ る、 二 人 で ユ ニ ッ ト を 組 ん で 活 動 し て い る。 リ ィ ナ は 金 髪 の 長 い 髪 の 毛 を 後 ろ で 束 ね て い て は っ き り と し た 長 い 睫 毛 を 持 つ 目 と 小 さ な ピ ン ク 色 の 唇 を 持 っ て い る。 背 は 一 六 〇 位 で 脚 が 奇 麗 だ。 マ リ ン は 黒 髪 を ボ ブ に し て い て 垂 れ 目 と 大 き め の 微 笑 ん で い る 感 じ の 赤 い 唇 で 背 は 一 五 八 位 で あ り 胸 は 八 六 あ る。 二 人 は こ の 時 コ ン サ ト を 終 え た が リ ィ ナ は 終 わ っ た と 思 っ て 気 を 完 全 に 抜 い て パ イ プ 椅 子 の 上 に だ れ て い た。 そ の リ ィ ナ に だ、 マ リ ン は 注 意 し た。 「 リ ィ ナ ち ゃ ん、 終 わ っ た け れ ど ね 」 「 え え、 気 を 抜 き 過 ぎ よ ね 」 「 ス テ ジ 衣 装 も 脱 い で な い じ ゃ な い 」 二 人 共 ヒ ラ ヒ ラ の ア イ ド ル ら し い 服 を 着 て い る、 リ ィ ナ の 色 は 赤 で マ リ ン の 色 は 青 と そ れ ぞ れ 分 か れ て い る。 「 だ か ら ね 」 「 え え、 着 替 え て ね 」 「 楽 屋 お 掃 除 し て 」 そ し て と い う の だ。 「 帰 ろ う 」 「 そ う よ ね、 そ れ で ホ テ ル に 戻 っ て 」 「 明 日 は 朝 早 く ね 」

(4)

「 新 幹 線 に 乗 っ て ね 」 「 大 阪 に 戻 っ て 」 八 条 プ ロ ダ ク シ ョ ン は 大 阪 に あ る、 八 条 グ ル プ の 一 企 業 だ が こ の グ ル プ は 神 戸 に 拠 点 が あ る か ら こ の 事 務 所 も 本 社 は 大 阪 に あ る の だ。 「 そ れ で ね 」 「 今 度 は 大 阪 で サ イ ン 会 ね 」 「 あ と ラ ジ オ よ 」 こ ち ら の 仕 事 も あ る と い う の だ。 「 明 日 も ち ゃ ん と お 仕 事 入 っ て る か ら 」 「 そ う よ ね、 私 達 も ね 」 「 結 構 売 れ て き た わ よ ね 」 「 え え、 有 り 難 い こ と に ね 」 次 第 に 姿 勢 を 戻 し つ つ だ、 リ ィ ナ は マ リ ン に 応 え た。 「 そ う な っ て き た わ ね 」 「 目 指 せ ト ッ プ ア イ ド ル で し ょ 」 マ リ ン は リ ィ ナ に ペ ッ ト ボ ト ル の お 茶 を 差 し 出 し つ つ リ ィ ナ に 話 し た。 リ ィ ナ も そ の お 茶 を お 礼 を 言 っ て か ら 受 け 取 っ た。 「 だ か ら ね 」 「 コ ン サ ト 終 わ っ た け れ ど 」 「 ま だ ま だ こ れ か ら よ 」 「 そ う よ ね、 武 道 館 で コ ン サ ト や っ て 」 「 そ れ か ら も ね 」 「 海 外 進 出 ね 」 「 二 人 で 頑 張 っ て い き ま し ょ う 」 二 人 で 話 し て だ っ た、 お 茶 を 飲 ん だ 後 は 着 替 え て 掃 除 を し て マ ネ ー ジ ャ ー に タ ク シ で ホ テ ル ま で 送 っ て も ら っ て だ。

(5)

ホ テ ル に 入 っ て シ ャ ワ を 浴 び て 休 ん だ、 そ う し て 朝 早 く 新 幹 線 に 乗 っ て コ ン サ ト が あ っ た 名 古 屋 か ら 大 阪 に 戻 っ た が。 新 幹 線 の 席 の 中 で だ、 マ リ ン は 隣 の 席 に い る リ ィ ナ に 朝 ご 飯 の お 握 り を 食 べ つ つ こ ん な こ と を 言 っ た。 「 ラ ジ オ だ け れ ど 」 「 午 後 よ ね 」 リ ィ ナ も お 握 り を 食 べ つ つ 応 え た。 「 そ う よ ね 」 「 え え、 夜 遅 く だ け れ ど 」 「 帰 り 道 に は 注 意 し な い と ね 」 二 人 共 マ ネ ジ ャ ー の 家 に 同 居 し て い る、 リ ィ ナ は 福 岡 マ リ ン は 福 井 の 出 身 で 最 初 は 事 務 所 の 寮 に 入 っ て い た が ユ ニ ッ ト を 組 ん で か ら マ ネ ジ ャ ー の 事 務 所 に 三 人 で 住 ん で い る の だ。 尚 マ ネ ジ ャ ー も 女 性 だ。 「 や っ ぱ り 」 「 そ う じ ゃ な い の、 ラ ジ オ 局 大 淀 の 方 に あ る で し ょ 」 「 北 区 の ね 」 「 そ こ に 最 近 出 る ら し い の よ 」 「 出 る っ て ひ ょ っ と し て 」 リ ィ ナ は お 握 り を 食 べ つ つ マ リ ン に 言 っ た。 「 ヤ ク ザ 屋 さ ん ? 」 「 そ れ は 大 阪 の 何 処 で も 出 る じ ゃ な い 」 「 私 福 岡 生 ま れ だ け れ ど 福 岡 よ り 少 な い か し ら 」 「 福 岡 は 特 別 で し ょ 。 だ か ら ね 」 「 ヤ ク ザ 屋 さ ん じ ゃ な い の ね 」 「 違 う わ よ 」 「 じ ゃ あ 幽 霊 と か ? 」

(6)

今 度 は こ っ ち の こ と を 出 し た リ ィ ナ だ っ た、 二 人 共 ラ フ な 普 段 着 だ。 尚 高 校 は 二 人 共 卒 業 し て い て 大 学 に も 通 っ て い る。 大 学 は 八 条 大 学 だ。 「 あ の 首 の な い 」 「 は い、 そ れ 以 上 言 わ な い で ね 」 マ リ ン は 顔 を 少 し 青 く さ せ て リ ィ ナ に 返 し た。

(7)

第 二 章 「 福 井 じ ゃ 禁 句 だ か ら 」 「 そ う な の 」 「 あ れ で し ょ 、 お 城 の 近 く に 行 列 で 出 る 」 「 騎 馬 武 者 の ね 」 「 そ れ 本 当 に 洒 落 に な っ て な い 話 だ か ら 」 「 そ ん な に な の ? 」 「 見 た 人 が 死 ぬ っ て い う 位 に ね 」 マ リ ン は お 握 り を 食 べ る 手 も 止 め て リ ィ ナ に 話 し た、 今 新 幹 線 は ど ん ど ん 西 に 向 か っ て い る 最 中 だ。 「 怖 い か ら 」 「 そ れ は 本 当 に 洒 落 に な っ て な い わ ね 」 「 だ か ら ね、 言 わ な い で ね 」 「 え え、 わ か っ た わ 」 リ ィ ナ も 顔 を 少 し 青 く さ せ て マ リ ン の 言 葉 に 頷 い た。 「 そ う い う こ と な ら 」 「 え え、 そ れ で ね 」 「 出 る の は 」 「 ヤ ク ザ 屋 さ ん で も 幽 霊 で も な い わ よ 」 「 じ ゃ あ 妖 怪 ? 」 リ ィ ナ は 今 度 は こ の 存 在 を 話 に 出 し た。 「 そ れ ? 」 「 そ う、 何 で も 夜 の 十 二 時 に ラ ジ オ 局 の 前 に 出 る ら し い の よ 」 「 そ う な の 」 「 一 月 十 日 で 住 み 切 っ た 満 月 の 日 に 」

(8)

「 っ て 今 日 じ ゃ な い 」 リ ィ ナ は マ リ ン に す ぐ に 言 い 返 し た。 「 来 月 は 十 日 え び す で 織 田 作 之 助 さ ん の 命 日 じ ゃ な い 」 「 織 田 作 之 助 さ ん に 関 係 あ る か ど う か 知 ら な い け れ ど 」 同 じ 大 阪 の 作 家 で も と い う の だ。 「 そ れ で も ね 」 「 出 る の 」 「 十 二 時 に 満 月 だ っ た ら ね 」 「 結 構 レ ア な 出 現 度 ね 」 「 ち な み に ね 」 マ リ ン は ス マ ホ を 出 し て 今 日 の 大 阪 の 夜 の 天 気 を チ ェ ッ ク し て 言 っ た。 「 今 夜 快 晴 で お 月 様 も ね 」 「 満 月 な の ね 」 「 ま さ に ね 」 「 ド ン ピ シ ャ ね 」 「 完 璧 な 位 に ね 」 「 じ ゃ あ 夜 の 十 二 時 に は ね 」 そ れ な ら と だ、 リ ィ ナ は マ リ ン に 述 べ た。 「 ラ ジ オ 局 の 前 に 出 な い こ と ね 」 「 そ う ね、 そ の 前 に 帰 る こ と ね 」 「 収 録 夜 だ け れ ど 」 「 九 時 か ら だ か ら ね 」 「 最 悪 で も 十 一 時 半 ま で に は 終 わ ら せ て 」 「 早 く 帰 り ま し ょ う 」 「 そ う し た 方 が い い わ ね 」 二 人 で 話 し た、 そ し て だ っ た。

(9)

リ ィ ナ は 少 し 考 え て か ら マ リ ン に 尋 ね た。 「 そ れ は い い と し て 」 「 ど う し た の ? 」 「 ま あ 妖 怪 は リ イ ナ 達 高 校 か ら 八 条 学 園 だ か ら 」 「 世 界 一 妖 怪 や 幽 霊 が 出 る 学 園 だ か ら ね 」 「 ま あ い い と し て 」 「 そ れ で も っ て い う の ね 」 「 問 題 は ど ん な 妖 怪 か、 だ か ら 」 「 そ れ よ。 悪 い 妖 怪 だ と 」 マ リ ン も こ う 答 え た。 「 怖 い か ら 」 「 そ れ で よ ね 」 「 え え、 だ か ら ね 」 そ れ で と い う の だ。 「 気 を つ け な い と っ て 言 っ た の よ ね、 リ ィ ナ ち ゃ ん も 」 「 そ う だ け れ ど。 ど ん な 外 見 の 妖 怪 な の よ 」 妖 怪 と い っ て も 色 々 だ、 リ ィ ナ が 今 言 う の は こ の こ と だ っ た。 「 ろ く ろ 首 と か か ら 傘 だ っ た ら 別 に ね 」 「 驚 か し て く る だ け で ね 」 「 怖 く な い わ よ 」 こ う マ リ ン に 言 う の だ っ た。 「 一 つ 目 小 僧 と か も 」 「 そ う よ ね、 逆 に 一 本 だ た ら と か 牛 鬼 と か ね 」 「 そ ん な の だ っ た ら 冗 談 抜 き で 危 な い わ よ 」 「 実 は 私 も 出 る っ て 聞 い た だ け で 」 「 具 体 的 に は な の ね 」 「 知 ら な い の 」

(10)

そ う だ と い う の だ。

(11)

第 三 章 「 こ れ が ね 」 「 そ う な の ね 」 「 残 念 な こ と に 」 「 ま あ 十 二 時 よ ね 」 リ ィ ナ は マ リ ン に あ ら た め て 時 間 の 話 を し た。 「 そ の 時 に 出 て 来 る の ね 」 「 そ れ は 確 か み た い よ、 ラ ジ オ 局 の 前 に ね 」 「 じ ゃ あ 本 当 に ね 」 「 悪 い 妖 怪 だ と い け な い か ら 」 い い 妖 怪 も い れ ば 悪 い 妖 怪 も い る、 マ リ ン は こ の 考 え か ら リ ィ ナ に 話 し た。 「 そ れ じ ゃ あ ね 」 「 本 当 に 十 二 時 ま で に ね 」 「 お 仕 事 終 わ ら せ ま し ょ う 」 「 そ れ に 女 の 子 が 夜 で 歩 く と か ね 」 「 そ れ だ け で 危 な い し 」 日 本 が 治 安 が い い と い っ て も 不 用 心 に な る の は 愚 か だ、 ま し て や 二 人 は ア イ ド ル な の で 余 計 に 気 を つ け て い る の だ。 「 そ れ じ ゃ あ ね 」 「 え え、 二 人 で ね 」 「 気 を つ け て ね 」 「 お 仕 事 早 く 終 わ ら せ よ う 」 二 人 で こ う 話 し て だ っ た、 ラ ジ オ 局 で の 仕 事 も し た。 こ の ラ ジ オ 番 組 は 二 人 が 司 会 を し て い る 番 組 だ。

(12)

そ の 仕 事 が 終 わ っ て だ、 帰 ろ う と す る と。 ス タ ッ フ 達 が 二 人 と 彼 女 達 の マ ネ ジ ャ ー に 声 を か け て き た。 「 あ の、 緊 急 で ね 」 「 緊 急 ? 」 「 緊 急 っ て い い ま す と 」 「 会 議 を す る こ と に な っ た ん だ 」 ス タ ッ フ の 一 人 が こ う 言 っ て き た。 「 ち ょ っ と ね、 い い か な 」 「 え っ 、 会 議 っ て 」 「 ま ず く な い ? 」 そ の 話 を 聞 い て だ、 二 人 は す ぐ に 顔 を 見 合 わ せ て 自 分 達 だ け で 小 声 で 話 を し た。 ス タ ッ フ に 聞 こ え な い 様 に し て。 「 今 は 普 通 に 大 丈 夫 だ け れ ど 」 「 遅 く な っ て 十 二 時 に な っ た ら 」 「 妖 怪 出 て 来 な い ? 」 「 そ う な ら な い ? 」 「 じ ゃ あ 十 二 時 に は ラ ジ オ 局 の 前 に 出 な い 」 「 そ う し た 方 が い い か も ね 」 二 人 で こ ん な 話 を し た、 そ し て だ っ た。 二 人 は ど ち ら も 仕 事 に は 真 面 目 だ、 そ れ で だ っ た。 会 議 に は し っ か り と 出 て 自 分 達 も 話 し た、 会 議 は 二 人 が 危 惧 し た 様 に 長 引 い て そ れ で だ っ た。 終 わ っ た 時 に は 十 二 時 前 に な っ て い た、 そ れ で 二 人 で 話 し た。 「 ち ょ っ と ね 」 「 え え、 時 間 置 い た 方 が い い わ よ ね 」 「 十 二 時 を 過 ぎ て か ら ね 」 「 ラ ジ オ 局 の ビ ル 出 る べ き ね 」

(13)

「 そ れ が い い わ ね 」 「 ち ょ っ と だ け 待 て ば い い か ら 」 「 二 人 共 い い わ ね 」 だ が、 だ っ た。 こ こ で だ っ た。 二 人 の マ ネ ジ ャ ー で あ る 黒 木 麻 弥 子 が 言 っ て き た、 子 供 の 様 に 小 さ く 背 は 一 四 二 位 だ。 だ が し っ か り と 黒 い ス ツ と ズ ボ ン を 着 て い て 黒 髪 を ロ ン グ に し て い る。 切 れ 長 の 目 だ が 童 顔 で ス タ イ ル も 幼 児 体 型 な の で 子 供 が ス ツ を 着 て い る 様 に し か 見 え な い。 「 帰 る わ よ 」 「 え っ 、 今 か ら で す か 」 「 今 か ら 帰 る ん で す か 」 「 お 仕 事 が 終 わ っ た の よ 」 麻 弥 子 は 驚 く 二 人 に こ う 返 し た。 「 だ っ た ら ね 」 「 早 く 帰 っ て で す か 」 「 そ う し て で す か 」 「 お 風 呂 に 入 っ て 歯 を 磨 い て 」 既 に ラ ジ オ 局 で 食 事 は 済 ま せ て い る、 だ か ら 晩 ご 飯 の 話 は し な か っ た。 「 寝 る わ よ。 い つ も 言 っ て る で し ょ 」 「 は い、 ア イ ド ル は 寝 ろ 」 「 毎 日 し っ か り と 寝 ろ、 で す ね 」 「 よ く 寝 て こ そ 体 力 が あ る 」 「 お 肌 も 奇 麗 に な る か ら で す ね 」 「 そ う よ、 健 康 は ま ず 食 事 と 睡 眠 か ら 」 こ れ が 麻 弥 子 の 持 論 だ、 尚 二 人 に は 料 理 も 教 え な が ら 自 分 が 健 康 的 な 料 理 を い つ も 作 っ て 食 べ さ せ て い る。 二 人 に 料 理 を 教 え て い る

(14)

の は 将 来 料 理 番 組 に 出 た り 一 人 暮 ら し の 時 に 役 に 立 つ か ら だ。 「 だ か ら ね 」 「 そ れ で、 で す か 」 「 今 か ら す ぐ に 帰 っ て で す か 」 「 お 風 呂 に 入 っ て 寝 る わ よ、 こ こ か ら だ と ね 」 ラ ジ オ 局 か ら だ と、 と い う の だ。

(15)

第 四 章 「 お 家 ま で す ぐ だ し ね 」 「 で す ね、 確 か に 」 「 こ こ か ら だ と 」 三 人 が 住 ん で い る 麻 弥 子 の 部 屋 は 都 島 区 に あ る、 大 淀 か ら す ぐ 近 く だ。 「 そ れ じ ゃ あ 車 で す ぐ に 行 っ て 」 「 そ れ か ら で す か 」 「 寝 る わ よ 」 歯 磨 き と 入 浴 の 後 で と い う の だ。 「 い い わ ね 」 「 あ の、 で す が 」 リ ィ ナ が 麻 弥 子 に 困 っ た 顔 に な っ て 話 し た。 「 こ の ラ ジ オ 局 の 前 に 」 「 妖 怪 が 出 る っ て 聞 い て ま す け れ ど 」 マ リ ン も 麻 弥 子 に 話 し た、 や は り 困 っ た 顔 で。 「 い い ん で す か ? 」 「 妖 怪 に 出 会 っ た ら 」 「 そ の 話 は 私 も 知 っ て る わ 」 は っ き り と し た 声 で だ、 麻 弥 子 は 二 人 に 答 え た。 自 分 が 担 当 し て い る ア イ ド ル 達 に。 「 何、 心 配 無 用 よ 」 「 あ れ っ 、 ど ん な 妖 怪 か 知 っ て る ん で す か 」 「 そ れ で そ う 言 わ れ る ん で す か 」 「 知 ら な い わ よ 」

(16)

き っ ぱ り と し た 口 調 で だ、 麻 弥 子 は 二 人 に 答 え た。 「 出 る と は 聞 い た だ け で 」 「 あ の、 若 し 悪 い 妖 怪 だ っ た ら 」 「 大 変 な ん で す が 」 「 い い ん で す か ? 」 「 悪 い 妖 怪 だ っ た ら 」 「 妖 怪 が 怖 く て ア イ ド ル は や れ な い し 」 麻 弥 子 は 怖 が る 二 人 に 胸 を 張 っ て 言 っ た、 だ が 小 柄 な の で 二 人 か ら 見 て も 子 供 が 威 勢 を 張 っ て い る 様 に し か 見 え な い。 「 マ ネ ジ ャ ー も や れ な い わ、 し か も 何 が 出 て き て も ね 」 「 大 丈 夫 で す か 」 「 そ う な ん で す か 」 「 気 を 確 か に 持 っ て い れ ば ね、 そ れ に 私 は ね 」 麻 弥 子 は 右 手 に 何 時 の 間 に か 長 い 棒 を 出 し て 言 っ た、 彼 女 の 背 よ り 長 い。 「 薙 刀 六 段 よ 」 「 薙 刀、 で す か 」 「 確 か 滅 茶 苦 茶 強 い ん で す よ ね 」 「 剣 道 よ り も 強 い の よ 」 「 リ チ が あ る か ら で す ね 」 「 あ と 脛 も 攻 撃 出 来 る か ら 」 二 人 は そ れ ぞ れ の 薙 刀 の 知 識 か ら 麻 弥 子 に 応 え た。 「 だ か ら 強 く て 」 「 し か も 六 段 な の で 」 「 鬼 が 出 て 来 て も こ れ で や っ つ け る か ら 」 麻 弥 子 は 二 人 に 強 い 声 で 話 し た。 「 安 心 し な さ い、 じ ゃ あ ね 」

(17)

「 帰 る ん で す ね 」 「 今 か ら 」 「 え え、 そ う す る わ よ 」 二 人 に こ う 言 っ て だ、 そ の う え で だ っ た。 麻 弥 子 は 二 人 を 連 れ て ラ ジ オ 局 の 前 に 出 た、 真 夜 中 だ が 満 月 が 照 ら し て い て 明 る い。 し か も 時 間 は。 マ リ ン は 自 分 の 腕 時 計 を 見 て リ ィ ナ に 囁 い た。 「 十 二 時 よ 」 「 ま さ に そ の 時 間 ね 」 「 出 て 来 る な ら ね 」 「 今 よ ね 」 二 人 で 息 を 飲 ん で 話 し た、 す る と だ っ た。 「 名 物 カ レ 何 杯 食 べ よ か 」 「 何、 こ の 声 」 「 一 体 何 ? 」 二 人 は 何 処 か ら か 聞 こ え て き た 声 に 即 座 に 反 応 し た。 「 ひ ょ っ と し て 妖 怪 ? 」 「 こ れ が 妖 怪 ? 」 「 ひ ょ っ と し て 」 「 こ れ が 」 「 虎 は 死 ん で 皮 を 残 す 」 ま た 声 が し て き た。 「 織 田 作 死 ん で カ レ 残 す 」 「 見 て 」 こ こ で 麻 弥 子、 二 人 の 前 に 立 つ 彼 女 は 未 知 の 右 の 方 を 指 差 し た。 す る と。 そ こ か ら 木 の 車 輪 が ご ろ ご ろ と ゆ っ く り と 転 が っ て き た、 そ の 車

(18)

輪 の 真 ん 中 に だ っ た。 虎 の 様 な 髭 を 生 や し 濃 い 眉 を 持 つ 坊 主 の 顔 が あ っ た、 そ の 坊 主 が 言 っ て い た の だ。

(19)

第 五 章 「 名 物 カ レ 何 杯 食 べ よ か 」 「 虎 は 死 ん で 皮 を 残 す 織 田 作 死 ん で カ レ を 残 す 」 「 あ れ 自 由 軒 に 書 い て る 言 葉 よ 」 麻 弥 子 は 坊 主 が 言 っ て い る 言 葉 を 聞 い て 二 人 に 話 し た。 「 難 波 の ね 」 「 あ っ 、 そ う い え ば 」 「 確 か に 」 二 人 も 言 わ れ て 思 い 出 し た、 実 は 二 人 共 あ る 料 理 番 組 に 出 て そ の 店 に 入 っ た こ と が あ る の だ。 そ れ で 織 田 作 之 助 も 知 っ た の だ。 「 あ の 言 葉 書 い て ま し た 」 「 そ の ま ま 」 「 あ れ よ。 今 日 は ね 」 「 織 田 作 之 助 さ ん の 命 日 で 」 「 そ れ で、 で す か 」 「 多 分 ね。 一 月 十 日 は ね 」 ま さ に 今 日 が と い う の だ。 「 あ の 人 の 命 日 だ か ら 」 「 織 田 作 っ て 織 田 作 之 助 さ ん の 通 称 で す し 」 「 そ の ま ま で す ね 」 「 え え、 ち な み に あ の 妖 怪 は 輪 入 道 よ 」 麻 弥 子 は 自 分 達 の 正 面 に 来 た 妖 怪 を 棒 で 指 差 し て 説 明 し た。 「 所 謂 付 喪 神 み た い ね、 あ あ し て ね 」 「 夜 の 街 を 転 が る ん で す か 」 「 そ う な ん で す ね 」

(20)

「 見 て も 何 も な い み た い ね 」 実 際 に 見 た 二 人 は 何 も な い、 そ し て 妖 怪 も 三 人 に 興 味 を 示 さ な い。 「 あ あ し た 妖 怪 も 多 い け れ ど ね 」 「 そ う で す よ ね 」 「 た だ い る だ け の 妖 怪 も 」 「 そ れ で あ の 妖 怪 も で す か 」 「 い る だ け で 」 「 何 も し て こ な い み た い ね、 け れ ど 」 麻 弥 子 は こ こ で 首 を 傾 げ さ せ て こ う も 言 っ た。 「 織 田 作 さ ん の 命 日 に し て も 何 で こ こ で 転 が っ て 言 う の か 」 「 こ こ で 昔 織 田 作 さ ん と 何 か あ っ た と か 」 「 そ う な ん で し ょ う か 」 「 そ れ は わ か ら な い わ ね、 け れ ど 今 度 ね 」 麻 弥 子 は 二 人 に あ ら た め て 話 し た。 「 難 波 に 行 き ま し ょ う、 そ れ で ね 」 「 自 由 軒 で、 で す ね 」 「 名 物 カ レ 食 べ る ん で す ね 」 「 そ う し ま し ょ う、 三 人 で ね。 そ れ じ ゃ あ 」 既 に 妖 怪 は 三 人 の 前 を 通 り 過 ぎ て 左 の 方 に 行 っ て い る、 そ の 間 も ず っ と 自 由 軒 に 書 い て あ る 文 章 を 口 ず さ ん で い た。 そ う し て 何 処 か へ と 去 っ て い っ た、 麻 弥 子 は 二 人 と 一 緒 に 妖 怪 が 去 っ た の を 見 届 け て か ら 彼 女 達 に 話 し た。 「 帰 る わ よ 」 「 そ う し て で す ね 」 「 歯 を 磨 い て 寝 る こ と で す ね 」 「 そ う よ、 明 日 も 仕 事 が あ る か ら 」 だ か ら だ と い う の だ。

(21)

「 ゆ っ く り 休 ん で ね。 学 校 も あ る し ね 」 「 そ う し ま す 」 「 ど っ ち も 頑 張 ら な い と い け な い で す か ら ね 」 リ ィ ナ と マ リ ン は 二 人 共 麻 弥 子 の 言 葉 に 笑 顔 で 答 え た、 真 夜 中 ま で 仕 事 が あ っ て 疲 れ て い て も だ っ た。 二 人 は ア イ ド ル と し て 笑 顔 は 忘 れ な か っ た、 そ う し て だ っ た。 こ の 日 は 家 に 戻 っ て 休 ん だ、 二 人 は や が て 武 道 館 で コ ン サ ト を す る ま で に な り 幸 せ な 芸 能 生 活 を 送 る こ と が 出 来 た、 だ が 二 人 は 時 折 あ の 妖 怪 と 織 田 作 之 助 の 関 係 を 調 べ た が ど う し て も わ か ら な か っ た。 だ が そ の こ と 以 外 は 幸 せ な 芸 能 生 活 を 二 人 で 過 ご す こ と が 出 来 た。 輪 入 道 完 2 0 1 8 ・ 1 2 ・ 1 9

(22)

この小説の詳細については以下のURLをご覧ください。 http://www.akatsuki-novels.com/stories/index/novel_id~22880 輪入道

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :