Microsoft Oracle SAP 向け長距離 VMotion VCE Vblock 1 EMC Symmetrix VMAX EMC CLARiX EMC VPLEX Metro により実現 アーキテクチャに関する概要 概要 このホワイト ペーパーでは EMC VPLEX Metro によっ

56 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

Microsoft、Oracle、SAP 向け長距離 VMotion

VCE Vblock 1、EMC Symmetrix VMAX、

EMC CLARiX、EMC VPLEX Metro により実現

アーキテクチャに関する概要

(2)

Copyright © 2010 EMC Corporation. 不許複製。

このドキュメントに記載されている情報は、ドキュメントの出版日現時点の情報です。この情報は予告なく 変更されることがあります。

この資料に記載される情報は、「現状有姿」の条件で提供されています。EMC Corporation は、この資料に 記載される情報に関する、どのような内容についても表明保証条項を設けず、特に、商品性や特定の目的に

(3)

目次

エグゼクティブ・サマリー... 6 ビジネス・ ケース ... 6 製品の概要... 6 主な結果... 8 概要... 9 このホワイト・ペーパーの概要... 9 目的... 9 適用範囲... 10 対象読者... 10 用語... 10 構成... 12 概要... 12 物理環境... 12 ハードウェア・リソース... 13 ソフトウェア・リソース... 13 この分散化された仮想化データセンターのテスト環境の共通の要素... 14 共通の要素の 概要 ... 14 コンテンツ... 14 VMware vSphere ... 15 VMware vSphereに関する概要... 15 VMware vSphere構成 ... 15

EMC Symmetrix VMAX... 18

EMC Symmetrix VMAXの概要... 18

EMC Symmetrix... 18 VMAX構成... 18 EMC CLARiX CX4-480... 19 EMC CLARiX CX4-480 に関する概要 ... 19 EMC CLARiX CX4-480 の構成... 19 VCE Vblock 1... 21 VCE Vblock 1 の概要 ... 21 VCE Vblock 1 の構成 ... 21 VPLEX Metro ... 22 VPLEX Metroの概要 ... 22

(4)

VPLEX MetroのWAN接続性 ... 24

LUNカプセル化を使用したVPLEX Metro への移行:ホスト・アクセスの停止が発生 ... 24

VMware Storage VMotionを使用したVPLEX Metroへの移行:ホスト・ アクセスの 停止は発生しない... 25

VPLEX Metro DR1 への移行:ホスト・アクセスの停止が発生する ... 25

サイトAから サイトBへのVPLEX Metro LUNの移行: ホスト・アクセスの 停止は発生しない... 26

VPLEX Metroの管理 ... 27

VPLEX Metro の管理に関する概要 ... 27

VPLEX Metroの管理手順 ... 27

Microsoft Office SharePoint Server 2007 ... 29

Microsoft SharePoint Server 2007 の概要... 29

Microsoft SharePoint Server 2007 の構成... 29

Microsoft SharePoint Server 2007 の構成に関する概要 ... 29

Microsoft SharePoint Server 2007 の設計に関する考慮事項 ... 29

Microsoft SharePoint Server 2007 ファームの 仮想マシンの 構成... 30

仮想マシンの 構成とリソースの割り当て ... 31 テスト・ アプローチ:SharePointファームのユーザー・ロード・プロファイル ... 32 仮想化されたSharePoint Server 2007 環境の検証... 33 テストの概要... 33 VPLEXへのカプセル化を実行しない場合の検証 ... 33 ローカル・サイトとリモート・サイト間で実行しているVMotionによる検証 ... 34 サイト間VMotionの 検証 ... 35 Microsoft SQL Server 2008 ... 36 Microsoft SQL Server 2008 の概要... 36 Microsoft SQL Server 2008 の構成... 36 設計に関する 考慮事項... 36 SQL Server テスト・アプリケーション... 36 OLTP ワークロード... 36 SQL Server のテストの 主なコン ポーネント ... 36 SQLデータ ベース・ パーティション設定... 37 証券会社および顧客ファイル・グループのパーティション設定... 37 証券会社および顧客ファイル・グループ... 37 仮想化されたSQL Server 2008 環境の検証 ... 39 テストの概要... 39

(5)

SAP BW 7.0 ... 41 ビジネス・ シナリオ ... 41 設計に関する 考慮事項... 42 仮想化されたSAP環境の検証... 44 テストの目的... 44 テスト・ シナリオ ... 44 テスト手順... 44 テストの結果... 45 Oracle ... 46 Oracleの概要... 46 Oracleの構成 ... 46

Oracle E-Business Suite環境の 構成... 46

設計に関する 考慮事項... 47

Oracle E-Business Suiteデータベース・サーバ... 48

Oracle E-Business Suiteアプリケーション・サーバ 1 と 2 ... 49

Oracle E-Business Suiteインフラストラクチャ・サーバ ... 49

仮想化されたOracle環境の検証 ... 50

チューニング・テストとベースライン・テスト... 50

ベースライン・テスト... 51

vStorageへのRDM (Raw Device Mapping)の カプセル化... 51

Vmotion 移行テスト... 52 FCに関する 100 kmの 距離のシミュレーション ... 53 バッチ・ プロセス・ テスト... 54 結論... 55 要約... 55 結論... 55 次の手順... 55 関連資料... 56 ホワイト・ ペーパー ... 56 製品 ドキュメント ... 56 その他の ドキュメント... 56

(6)

エグゼクティブ・サマリー

ビジネス・ ケース 企業は、サーバおよびアプリケーションを仮想化することによるビジネス/技術面での大 きなメリットを次第に認識するようになっているため、同じモデルをストレージ・システ ムにも適用する方法を模索しています。サーバの仮想化により、ハードウェア・リソース をリソース・グループに集約して、アプリケーションのワークロードに対して動的に割り 当てることが可能になります。この結果、柔軟性/流動性に優れたインフラストラクチャ が実現します。またストレージも、シンプルな統合ポイントを超えて仮想ストレージへと 進化させる必要があります。これにより、ストレージ・リソースを集約および仮想化し て、動的なストレージ・インフラストラクチャを提供できるようになり、動的な仮想サー バ・インフラストラクチャを補完することが可能になります。EMCは、仮想ストレージ・ ソリューションを提供します。このソリューションは、完全に自動化されたストレージ階 層化機能をベースに構築されており、基盤となるストレージ・インフラストラクチャの移 動/柔軟性に関するニーズに対応します。この対応は、フェデレーションを通じて行われ ます。つまり、ストレージ・リソースの共通プールが提供されます。 フェデレーションにより、ITは、動的に割り当て可能なリソース・プールを介して、迅速 かつ効率的にビジネスをサポートできるようになります。この柔軟性により、より的確 なサービスのサポートを実現できるようアプリケーションおよびデータを移動すること が可能になるため、ITによってビジネスにもたらされる価値が引き上げられます。さら に、サーバ・アプリケーションおよびストレージの共通プールにより、サービスとして のITという新たなコンピューティング・モデルが実現します。 予想される自然災害など、発生する可能性のある災害による脅威をプロアクティブに回避 するため、IT 部門は、離れた距離でのストレージ仮想化によって生じる課題を克服する 必要があります。これまで、データセンター間のアレイ・レプリケーションとサイトの フェイルオーバー・プロセスに依存することなく、これを実現することは不可能でした。

製品の概要 EMC® VPLEX™ Metroにより、離れた 2 つのサイトにあるさまざまなストレージ・アレ イを、アプリケーション・ホストが1 つの共有アレイとして認識できるようになります。 これにより、データセンター内または最大100 km離れた距離にあるデータセンター間 で、物理か仮想かにかかわらず、アプリケーション・サーバおよびアプリケーション・ データの容易な移動および計画的な再配置を実行できるようになります。 企業は、VPLEX Metro を活用して、同期可能な距離にある複数のホスト間でストレージ・ リソースを共有およびプール化することにより、効果的な情報の分散を確実に実行でき るようになります。 VPLEX Metro により、同期可能な距離にある仮想環境を管理する新しい方法が企業に 提供され、次に示す項目を実行できます。 • 物理データセンター間でのリソースの透過的な共有およびロード・バランシング • リモート・ユーザーの即座のリアルタイム・データ・アクセスの確保 • 保護を強化することで、予期しないアプリケーションの停止を軽減 物理データセンター内およびデータセンター間でのリソースの透過的な共有および

(7)

• 実行中のアプリケーションおよびデータを 2 つのサイト間で透過的に移動させることで、 予定されているダウンタイム・イベント時にサービスの停止が発生しないようにする • ストレージを容易に追加または撤去できるため、1 つのアレイ上におけるデータの実際 の位置の重要性が低くなる。仮想ストレージにより、新しいストレージ・システムを IT 環境に迅速かつシンプルに導入できるようになる • 容易にオンサイトでホストしたり、ホストティング・プロバイダに移行したりすること ができる、シームレスなマルチサイト・ストレージ・レイヤーを構築することにより、 プライベート・クラウドの展開を促進する リモート・ユーザーの即座のリアルタイム・データ・アクセスの確保 VPLEX Metro を使用することにより、データは分散され、アクセスはサイト間で共有 されるようになります。この結果、IT 環境で次の項目が実現します。 • 2 つのサイトに複数のホストを配置することにより、データの読み取り/書き込みアク セスを同時に実現 • ローカル・ストレージを配置することなく、リモートの物理データセンターのデータ にリアルタイムでアクセス可能 • 最大 100 km 離れている、物理的に分散した環境でストレージを共有する 保護を強化することで、予期しないアプリケーションの停止を軽減 IT は VPLEX Metro を使用することで、サイト間の高可用性およびワークロードのリカ バリ性を高めると同時に、予想される自然災害など、発生する可能性のある災害による 脅威をプロアクティブに回避することができます。 • VPLEX Metroでは、n+1クラスタ・アーキテクチャの採用により、各VPLEXクラスタ内 のコンポーネントで障害が発生した場合でも、各サイトまたはクラスタでデータに継 続的にアクセスできるようにするほか、異なる種類のアレイ間での異機種混在スト レージ・ミラーリング機能とVCE(仮想コンピューティング環境)連合Vblock 1 を提 供します。サポート対象となるアレイに関する詳細については、EMCサポート・マ トリックスを参照してください。

• VPLEX Metro と、地理的に分散した VMware クラスタ間の VMware VMotion を組み 合わせて使用することにより、IT は、あるサイトから別のサイトにワークロードを 無停止でプロアクティブに移動できるようになるため、災害が発生する前に、それに よってもたらされる脅威に対処することが可能になります。

(8)

主な結果 VPLEX Metro によって実現されるこのソリューションは、これまでは容易に実現できな かった方法でIT に関する主な課題を解決します。これまでお客様は、地理的に分散し たデータセンター間でのデータおよびアプリケーションの移動に関する課題に、手作業 で取り組んでいました。お客様は、物理的なバックアップを実行するか、データ・レプ リケーション・サービスを使用して、アプリケーション・データを代替サイトに移動し ていました。このとき、アプリケーションを停止させる必要があったほか、テストと検 証が完了するまで、アプリケーションを再開することはできませんでした。VPLEX Metro により、こうした移行に関する課題を迅速かつ容易に解決することができます。DR1 (分散RAID 1 デバイス)が確立されると、すべてのデータのコピーが完了する前であっ ても、リモート・サイトで即座にアプリケーションを開始できます。 VPLEX Metro により、既存のアプリケーション/インフラストラクチャとの透過的な統合 が可能となり、サービスを停止させることなくリモート・データセンター間でデータを 移行できる機能が提供されるため、仮想ストレージ環境をより効果的に管理できるよう になります。 このソリューションでVPLEX Metro を活用することにより、企業は次の項目を実現で きます。

• VMware VMotion や Storage VMotion などの標準的なインフラストラクチャ・ツール を使用することにより、ダウンタイムや停止を発生させることなく、サイト間のアプ リケーションの移動をリアルタイムで容易に実行できる • 災害の回避およびデータ移動のための、アプリケーションに対して透過的な無停止の ソリューションが提供される。この結果、テープ・バックアップやデータ・レプリ ケーションなどの従来のソリューションで発生していたオペレーションに関するイン パクトが、数日または数週間から数分または数時間に短縮される • 標準的なインフラストラクチャ・ツールを使用することにより、地理的に分散したデー タセンター間のリソースの透過的な共有およびロード・バランシングを実行する

(9)

概要

このホワイト・ ペーパーの概要 このホワイト・ペーパーでは、この環境で使用されるテクノロジーとコンポーネントにつ いて簡潔に説明することから開始します。その後、この分散化された仮想化データセン ターのテスト環境をサポートする共通の要素について説明します。さらに、このソリュー ションで使用されるMicrosoft SharePoint、SQL、SAP、Oracle アプリケーションの構成 について概説します。最後に、テストの手法および検証された結果についてまとめます。 こ のホワイト・ペーパーは次のセクションで構成されます。 トピック ページ 構成 12 この分散化された仮想化データセンターのテスト環境の共通の要素 14 VMware vSphere 15

EMC Symmetrix VMAX 18

EMC CLARiX CX4-480 19

VCE Vblock 1 21

VPLEX Metro 22

VPLEX Metroの管理 27

Microsoft Office SharePoint Server 2007 29

Microsoft SQL Server 2008 36 SAP 41 Oracle 46 結論 55 関連資料 56 目的 このホワイト・ペーパーの目的は、読者に対し、VPLEX Metro テクノロジーについて 包括的に理解してもらうほか、VMware VMotion や Storage VMotion などのツールとと もにVPLEX Metro テクノロジーを使用して、最大 100 km 離れた場所にあるデータセン ター間で、ダウンタイムまたは停止を発生させることなく、効果的なリソースの分散お よび共有を実行する方法を把握してもらうことにあります。

(10)

適用範囲 このホワイト・ペーパーの範囲は、次の項目をドキュメント化することにあります。 • EMC VPLEX Metro によって提供される仮想化ストレージを利用した、複数のアプリ

ケーションの環境構成

• 直接アクセス可能な SAN 接続ストレージから、EMC VPLEX Metro によって提供さ れる仮想化ストレージ環境への移行 • 地理的に分散した VPLEX Metro 仮想化ストレージ環境内のアプリケーション機能 対象読者 このホワイト・ペーパーの対象読者は次のとおりです。 • ローカルおよび分散フェデレーション・プラットフォームとして VPLEX Metro を 使用して、複数アプリケーションの仮想化データセンターの実装に取り組んでいる フィールド担当者 • EMC のマルチアプリケーション仮想化データセンターの評価、取得、管理、運用、 設計に関与するお客様の関係者(IT プランナー、ストレージ・アーキテクト、管理者 を含む) • 提案のガイダンスと作成を担当する EMC のスタッフとパートナー 用語 本書で使用される用語の定義を次の表にまとめています。 用語 定義 CNA 統合ネットワーク・アダプタ COM 通信:クラスタ間およびクラスタ内の通信リンクを特定する DR 災害復旧

FCoE Fibre Channel over Ethernet

HA 高可用性

Metro-Plex

MAN(メトロポリタン・エリア・ネットワーク:たとえば、同じビ ル、サイト、または最大100 km 離れた場所にあるキャンパス)内で 接続される複数のクラスタ

OATS Oracle Application Testing Suite サーバ OLTP オンライン・トランザクション処理

(11)

用語 定義 VCE 仮想コンピューティング環境連合。Cisco、EMC、VMwareで構成さ れ、非常に高いレベルの共同コラボレーション、サービス、パート ナーシップを実現することで、プライベート・クラウドへのインフ ラストラクチャ仮想化の移行に関する「リスクを回避」する VM 仮想マシン。物理マシンのようにプログラムを実行するマシンの ソフトウェア実装 VPLEX Metro クラスタ内または同期可能な距離にあるフェデレーションを実行 2 つのクラスタ間の分散 VMDK 仮想マシン・ディスク・フォーマット。VMDK ファイルは、仮想マ シンのハード・ディスク・ドライブのコンテンツを格納する。この ファイルには、物理ハード・ディスクと同じ方法でアクセスできる

(12)

構成

概要 次のセクションでは、環境で使用されるテクノロジーとコンポーネントを特定し、

それぞれについて簡潔に説明します。

(13)

ハードウェア・ リソース

次の表は、ソリューションの検証に使用されるハードウェアを示します。

装置 個数 構成

Intel x86 ベース・サーバ 5 クワッドCPU、96 GB RAM、デュアル 10 GB CNA(統合ネットワーク・アダプタ)

VCE Vblock 1 1 Cisco UCS(ユニファイド・コンピューティン グ・システム)、Cisco Nexus 6120 スイッチ、 EMC CLARiX CX4

EMC Symmetrix VMAX™ 1 FC(ファイバ・チャネル)接続性、 450 GB/15k FC ドライブ

EMC CLARiX® CX4-480 1 FC 接続性、450 GB/15k FC ドライブ

EMC VPLEX Metro 2 VPLEX Metro ストレージ・クラスタ、デュアル・ エンジン、4 ダイレクタによる中規模構成 WAN エミュレータ 1 1 GbE、100 km の距離 ファイバ・チャネルSAN 長距離エミュレータ 1 1/2/4 GB FC、100 km の距離 ソフトウェア・ リソース 次の表は、ソリューションの検証に使用されるソフトウェアを示します。 ソフトウェア バージョン

VMware vSphere 4.0 U1 Enterprise+ビルド 208167 VMware vCenter 4.0 U1 ビルド 186498

EMC PowerPath®/VE 5.4.1 ビルド 33 Red Hat Enterprise Linux 5.3

DB2 Linux、UNIX、Windows 向け 9.1 Microsoft Windows 2008 R2(Enterprise Edition) Microsoft SQL Server 2008

Microsoft Office SharePoint Server 2007(SP1+累積アップデート) Microsoft Visual Studio Test Suite 2008

KnowledgeLake Document Loader 1.1

Microsoft TPCE BenchCraft kit MSTPCE1.9.0-1018 SAP Enterprise Resource Planning 6.0

(14)

この分散化された仮想化データセンターのテスト環境の共通の要素

共通の要素の 概要 このホワイト・ペーパーで説明する仮想化データセンター環境は、共有インフラストラ クチャを念頭に置いて設計および導入されました。サーバからローカル/分散フェデ レーション、ネットワーク統合に至るまで、インフラストラクチャに関して最大のROI を実現するため、環境のすべてのレイヤーを共有すると同時に、機能およびパフォーマ ンスに関するアプリケーションの要件も満たしています。

VMware vSphere をベースとするサーバ仮想化を使用することで、Intel x86 ベースの サーバは、アプリケーション間で共有され、冗長性およびフェイルオーバー機能を実現 するためにクラスタ化されます。物理データセンター間で共有データ・ストアを提供す るためにVPLEX Metro が利用されており、この結果、物理サイト間のアプリケーション 仮想マシンについてVMotion による移行が実現しています。物理サイト A のストレー ジは、SAP 環境向けの Symmetrix VMAX SE(単一エンジン)と Microsoft および Oracle 環境向けのCLARiX CX4-480 で構成されています。物理サイト B のデータセンター・ インフラストラクチャおよびストレージには、Vblock 1 が使用されています。 コンテンツ このセクションでは、次の表に示された、この分散化された仮想化データセンター環境 共通の要素について説明しています。 の トピック ページ VMware vSphere 15

EMC Symmetrix VMAX 18

EMC CLARiX CX4-480 19

VCE Vblock 1 21

VPLEX Metro 22

(15)

VMware vSphere

VMware vSphere に関する概要

VMware vSphere は、IT インフラストラクチャのデータセンター仮想化に使用できる、 業界で最も信頼性の高いプラットフォームです。VMware vSphere により、堅牢かつ 可用性に優れた環境でx86 サーバ・ハードウェアを最も効率的に、そして拡張性に優 れた方法で活用できるようになります。 VMware ESX は次の項目を実現します。 • サーバ・プロセッサ、メモリ、ストレージ、ネットワーク・リソースを複数の仮 想マシンに抽出することで、VMware VSphere 4 スイートの基盤を構築する • 物理サーバを複数の仮想マシンに分割する。各仮想マシンは、プロセッサ、メモリ、 ネットワーク機能、ストレージ、BIOS を搭載した完全なシステムとして機能する • 複数の仮想マシン間で 1 つのサーバ・リソースを共有し、リソースのさらなる共有 のためにESX サーバをクラスタ化する VMware

vSphere 構成 このソリューションでは、VMware vSphere は次のとおり構成されました。

• サイト A:Microsoft と Oracle アプリケーション環境 • サイト A:SAP アプリケーション環境

• サイト B:Microsoft、Oracle、SAP アプリケーション環境

サイトA:Microsoft と Oracle アプリケーション環境

Microsoft と Oracle 向けのサイト A の仮想インフラストラクチャは、VMware vSphere 4 Update 1 を実行している次のエンタープライズ・クラス・サーバ(合計 2 台)で構 成されます:

コンポーネント 説明

メモリ 128 GB RAM

CPU 6 コア、2.659 GHz X7460Intel Xeon プロセッサ×4 SAN および

ネットワーク接続

• ファイバ・チャネルおよび Ethernet 接続性向け 10 GB Emulex LightPulse LP21000 CNA×2 • Broadcom 5708 GbE アダプタ×2 高可用性ネットワーク • VMware サービス・コンソール向け 1 Gb/秒物理接続×2 • 仮想マシン・アプリケーション接続および VMotion 向けVLAN の物理 10 Gb/秒接続×2 VMDK 仮想マシンの起動LUN およびアプリケーション・データ LUN に仮想マシン・ディスクが使用される

(16)

サイトA:SAP アプリケーション環境

SAP 向けのサイト A の仮想インフラストラクチャは、VMware vSphere 4 Update 1 を 実行している次のエンタープライズ・クラス・サーバ(合計2 台)で構成されます:

コンポーネント 説明

メモリ 96 GB RAM

CPU クワッド・コア、2.792 GHz X5560 Intel Xeon プロセッサ×2 SAN および

ネットワーク接続

• ファイバ・チャネルおよび Ethernet 接続性向け 10 GB Emulex LightPulse LP21000 PCI FCoE CNA×2

• Broadcom 5708 GbE アダプタ×2 高可用性 ネットワーク • VMware サービス・コンソール向け 1 Gb/秒物理接続×2 • 仮想マシン・アプリケーション接続および VMotion 向け VLAN の物理 10 Gb/秒接続×2 VMDK 仮想マシンの起動LUN およびアプリケーション・データ LUN に仮想マシン・ディスクが使用される サイトB:Microsoft、Oracle、SAP アプリケーション環境 すべてのアプリケーション向けのサイトB の仮想インフラストラクチャは、VMware vSphere 4 Update 1 を実行している Vblock 1 の一部として、次のエンタープライズ・ クラスCisco UCS ブレード・サーバで構成されます:

コンポーネント 説明

メモリ 48 GB RAM

CPU クワッド・コア、2.526 GHz E5540 Intel Xeon プロセッサ×2 SAN および

ネットワーク接続

ファイバ・チャネルおよびEthernet 接続性向け Cisco UCS CNA M71KR-E-Emulex FCoE CNA×2

高可用性 ネットワーク 仮想マシン・アプリケーション接続、VMotion、VMware Service Console 向け物理 10 Gb/秒接続×2 VMDK 仮想マシンの起動LUN およびアプリケーション・データ LUN に仮想マシン・ディスクが使用される 次の画像は、サイトA とサイト B のクラスタを示しています。

(17)
(18)

EMC Symmetrix VMAX

EMC Symmetrix VMAX の概要

EMC Symmetrix VMAX シリーズは、可用性の高い次世代仮想データセンター向けの 多様な新機能を備えています。高レベルのデータ保護およびレプリケーションにより、 EMC Symmetrix VMAX システムは、エンタープライズ SAN(ストレージ・エリア・ ネットワーク)テクノロジーの最前線に位置します。さらに、Symmetrix VMAX アレイ は、必要に応じたパフォーマンスの提供を損なうことなく、サービス・レベルを透過的 に最適化するための速度、容量、効率性を実現しています。こうした機能は、VMware 仮想データセンターなどの大容量の仮想化サーバ・インフラストラクチャにおいて最大 のメリットとなります。 Symmetrix VMAX システムは、次世代のデータセンターにインフラストラクチャ・ サービスを提供するよう構築されたEMC のハイエンド・ストレージ・アレイです。 Symmetrix VMAX は、信頼性、可用性、拡張性を実現するよう構成されており、特殊 なエンジンを使用します。各エンジンには、2 つの冗長ダイレクタ・モジュールが装備 されており、すべての重要データの並列アクセスおよび複製コピーを実行します。 Symmetrix VMAX の Enginuity™オペレーティング・システムは、次に示す先進的な機能 を提供します。 • ストレージ管理の合理化を実現する自動プロビジョニング・グループ • 操作性と容量利用率の向上を実現する Virtual Provisioning™ • ストレージ階層間を無停止で移動する仮想 LUN テクノロジー EMC Symmetrix VMAX 構成 このソリューションで導入されるSAP アプリケーション環境は、サイト A のプライマリ・ ストレージとしてSymmetrix VMAX アレイを使用しています。次の表に示したように 起動LUN およびデータ LUN がプロビジョニングされます。 注 仮想マシンによるLUNの割り当ての詳細については、このホワイト・ペーパーの「SAP」 セクションの説明を参照してください。 容量 LUN の数 RAID タイプ 500 GB 2 RAID 5(7+1) 250 GB 6 RAID 5(7+1) 85 GB 8 RAID 5(7+1) 65 GB 2 RAID 5(7+1) 32 GB 4 RAID 1/0

(19)

EMC CLARiX CX4-480

EMC CLARiX CX4-480 に関する概要

EMC CLARiX CX4 シリーズは、第 4 世代の CLARiX CX ストレージ・プラットフォーム により、業界をリードする革新性をミッドレンジ・ストレージの分野に提供します。柔 軟性と拡張性の高いハードウェア設計と先進的なソフトウェア機能を独自に組み合わせ ることにより、Intel Xeon プロセッサを備えた EMC CLARiX CX4 シリーズ・システムは、 今日の中堅企業や大企業の拡大する多様なニーズを満たすことができます。フラッシュ・ ドライブ、UltraFlex™などの革新的なテクノロジーにより、次の項目を実現できます。 • コストと消費電力の削減 • 可用性と仮想化の最適化 EMC CLARiX CX4 モデル 480 は最大で 256 台の可用性の高いデュアル接続ホストをサ ポートしており、ディスク・ドライブを480 台まで増設でき、最大で 939 TB の大容量 に対応します。以前の世代のCLARiX と比較して 2 倍のパフォーマンスと拡張性を提供 するCLARiX CX4 は、部門アプリケーションからデータセンター・クラスのビジネス・ クリティカルなシステムまで、幅広いニーズを満たす業界トップのミッドレンジ・スト レージ・ソリューションです。 EMC CLARiX CX4-480 の構成 このソリューションで導入されるOracle および Microsoft アプリケーション環境は、 サイトA のプライマリ・ストレージとして CX4-480 アレイを使用しています。次の表 に示したように起動LUN およびデータ LUN がプロビジョニングされます。 注 仮想マシンによるLUN割り当ての詳細については、このホワイト・ペーパーの 「Oracle、Microsoft Office SharePoint Server 2007、Microsoft SQL Server 2008」 セクションの情報を参照してください。 SQL/SharePoint 容量 LUN の数 RAID タイプ 200 GB 2 RAID 5(4+1) 150 GB 2 RAID 5(4+1) 125 GB 4 RAID 5(4+1) 100 GB 16 RAID 5(4+1) 75 GB 24 RAID 5(4+1) 50 GB 3 RAID 5(4+1) 20 GB 12 RAID 1/0 15 GB 4 RAID 5(4+1)

(20)

Oracle 容量 LUN の数 RAID タイプ 500 GB 1 RAID 5(4+1) 150 GB 2 RAID 1/0 80 GB 4 RAID 5(4+1) 50 GB 1 RAID 5(4+1) すべてのドライブは400 GB 15k FC ドライブです。LUN は、冗長性とスループット確保 の目的でマルチパスをサポートするため、4 つの SP(ストレージ・プロセッサ)を介 してCLARiX CX4-480 から提供されています。VPLEX Metro にカプセル化された後、 同じ種類/サイズのデバイスが DR1 デバイスとして提供されます。

(21)

VCE Vblock 1

VCE Vblock 1 の概要 Vblock は、明確なパフォーマンス、容量、可用性に関するプロファイルを有する、事前 設計されたテストおよび検証済みのIT インフラストラクチャ・ユニットです。Vblock は、IT インフラストラクチャの取得、導入、運用を合理化するという考えから生まれ たテクノロジーです。Vblock は、特定のパフォーマンスおよび可用性に関する制約を 克服するよう厳格に定義されている一方で、効率性、制御、選択の組み合わせに関する メリットが存在します。

Vblock 1 では、各 Cisco UCS シャーシに B-200 シリーズのブレードが搭載されており、 48 GB の RAM を搭載したブレードが 6 台、96 GB RAM を搭載したブレードが 2 台が 格納されます。これにより、優れたコスト・パフォーマンスが提供されるほか、Vblock 定義内のインメモリ・データベースなど、メモリを大量に消費するアプリケーションが サポートされます。Vblock 1 内では、起動サービスおよびストレージはすべて SAN (Vblock 1 の場合は CX4-480 ストレージ・アレイ)から提供されるため、B-200 シ リーズ・ブレードにハード・ディスク・ドライブは存在しません。 VCE Vblock 1 の構成 Vblock 1 は、サイトBでコンピューティング/ストレージ・リソースとして使用されまし た。これにより、この使用例で導入されたアプリケーションに関する、ワークロードの バランシング機能および災害を回避するためのフェイルオーバー機能が提供されまし た。Vblock 1 の標準的な最小構成を使用することで、このコンピュータのリソースは Cisco UCS Bシリーズ・ブレード・サーバとCLARiX CX4-480 のストレージ・リソース によって提供されています。Vblockの詳細については、「Vblock Infrastructure

Packages Reference Architecture」を参照してください。 注

VPLEX Metro を介して Vblock ストレージを提供することにより、Vblock の特定の管理 機能が使用できなくなる場合があります。お使いのVblock 環境に与える可能性のある 影響については、EMC 担当営業までお問い合わせください。

次の図に示すとおり、Vblock 1 の 16 あるブレードのうち 4 つが、この環境のテストに 使用されました。

(22)

VPLEX Metro

VPLEX Metro の 概要 VPLEX Metro は、従来のストレージ・アレイによって提供される物理ストレージを、 データセンター間の障壁を越えて仮想化、アクセス、管理できるようにする、SAN (ストレージ・エリア・ネットワーク)ベースのブロック・ローカル/分散フェデレー ション・ソリューションです。AccessAnywhere™と名付けられたこの新しいアクセス 形態により、物理データセンターの限界およびストレージ・アレイに関する多くの制約 が取り払われます。AccessAnywhere ストレージにより、データセンター間でデータの 移動/アクセス/ミラーリングを透過的に実行できるようになり、まるで物理面での制約 が存在しないかのように、データセンター間でストレージおよびアプリケーションを効 果的に機能させることができるようになります。 従来のSAN ベース・ストレージのアクセス 次の図は、従来のSAN ベース・ストレージのアクセスを示しています。 ストレージ仮想化レイヤーを介したストレージ・アクセス 次の図は、ストレージ仮想化レイヤーを介したストレージ・アクセスを示しています。

(23)

VPLEX Metro

向けのSAN の

設計

SAN環境においてVPLEX Metroは、ターゲットとイニシエータの両方の役割を担って います。ホストの観点からはVPLEX Metroはターゲットであり、バックエンド・スト レージ・アレイの観点からはVPLEX Metroはイニシエータです。VPLEX Metroを介し てすべてのLUNがホストに提供されるよう環境が構成されている場合、SANゾーニン グを実行できます。このように、ホストは、VPLEX Metroフロントエンド・ポートと同 じSANに、ストレージ・アレイはVPLEX Metroバックエンド・ポートと同じSANに存 在します。ホストがストレージ・アレイに直接アクセスする必要のある環境の場合、お よび移行などでVPLEX Metro LUNにアクセスする必要がある環境の場合、ホストが両 方のソースからLUNを認識できるよう、ホスト、VPLEX Metroのフロントエンドと バックエンド、ストレージ・アレイをすべて、同じSANに配置する必要があります。 ストレージ向け のVPLEX Metro の機能 VPLEX Metro は、データを保持した状態で既存のストレージ・デバイスのカプセル化 およびカプセル化解除を実行する機能を提供します。EMC VPLEX Metro により、同期 距離内にある2 つの VPLEX Metro クラスタ間でのデータのアクセスと移動が可能にな ります。独自のスケール・アップおよびスケール・アウト・アーキテクチャを採用した VPLEX Metro の高度なデータ・キャッシングと分散キャッシュ一貫性により、ワーク ロードのリカバリ性、ストレージ・ドメインの自動共有、ロード・バランシング、フェ イルオーバーが提供されます。これにより、予測可能なサービス・レベルを維持しなが らローカルとリモートの両方のデータ・アクセスが確保できます。 注 4 KB の倍数でないストレージ・ボリュームを、要求したり、カプセル化したりすること はできません。 ストレージの ベスト・ プラクティス: パーティション の配置 直接アクセスするストレージ・ボリュームに適用されるストレージのベスト・プラクティ スは、仮想ボリュームにも適用されます。準拠すべきベスト・プラクティスとして、 x86 ベースの OS プラットフォームのパーティション配置が挙げられます。 パーティションを誤って配置すると、ストレージ・アレイ内のリソースを大幅に消費し たり、追加の作業が必要になったりすることがあり、パフォーマンスの低下につながり ます。パーティションの配置を誤ると、アレイへのI/O オペレーションが、トラックま たはシリンダーの境界を越えることになり、I/O オペレーションを満たすために複数の 読み取り/書き込み要求が必要になります。32 KB の制限内にパーティションを配置す ることにより、こうした事態を回避できます。 分散ミラーリ ング: DR1 デバイス

EMC VPLEX Metro-Plex の分散ミラーリング機能により、ミラーリングされた仮想ボ リュームを作成する機能が提供されます。ボリュームのミラー行程は、Metro-Plex の 各サイトに存在する物理ストレージによってサポートされます。ホストにとって、DR1 デバイスは、両方のクラスタによって提供される同じボリュームID を有する 1 つの論 理ボリュームです。デバイスへのI/O は、VPLEX Metro クラスタによって同時に発行 できます。VPLEX Metro クラスタは高度なデータ・キャッシングと分散キャッシュ一 貫性を使用して、ワークロードのリカバリ性、ストレージ・ドメインの自動共有、ロー

(24)

VPLEX Metro の バックエンド・ ゾーニング

各ストレージ・アレイにおいて、各VPLEX Metro バックエンド・ダイレクタとの間に、 Symmetrix VMAX の場合には複数の FA(フロントエンド・アダプタ)、CLARiX CX4-480 Vblock の場合には複数の SP 接続を設定することにより、スループットと冗長性を確保 するようバックエンド・ゾーニングが構成されました。構成されるVPLEX Metro ポート の数は、使用されるLUN の数、ホストからアレイに転送されるデータ量によって決定 されます。それに応じて各環境のサイズを決定する必要があります。VPLEX Metro に よって要求されたLUN だけが認識されるよう、デバイスがマスキングされます。 バックエンド・ゾーニングは、Cisco MDS 9500 スイッチに構成されます。各 VPLEX Metro バックエンド・ゾーンにつき、2 つの CLARiX SP ポートが存在します。VPLEX コマンド・ライン・インタフェース(VPlexcli)を使って、VPLEX Metro バックエンド・ ポートおよびCOM ポートを検証できます。

バックエンド・ゾーニングが完了したら、ストレージ・アレイを再検出する必要があり

ます。VPLEXcli または Management Console を使用してストレージ・ボリュームを

チェックできます。 VPLEX Metro のフロントエン ド・ゾーニング 各ESX ホストに 2 つの FC アダプタ(CNA を介して)を構成し、各アダプタを複数の VPLEX Metro フロントエンド・ダイレクタ・ポートにゾーニングすることで、スルー プットと冗長性を確保するようフロントエンド・ゾーニングが構成されました。構成さ れるVPLEX Metro ポートの数は、使用される LUN の数、ホストからアレイに転送され るデータ量によって決定されます。それに応じて各環境のサイズを決定する必要があり ます。アプリケーション・クラスタの各サーバは、同じLUN にすべてアクセスできる よう、同じように構成されています。

フロントエンド・ポートは、VPLEX Metroメタボリュームが作成された後にのみ有効 にすることができます。このメタボリュームには、重要なシステム構成データが含まれ ます。メタボリュームに関する詳細については、「EMC VPLEX Installation and Setup Guide」を参照してください。 VPLEX Metro の WAN 接続性 WAN 構成は、冗長性とスループットを確保するよう設計されました。各ダイレクタの WAN ポートは、それぞれシュミレートされた場所にある MDS(複数階層ダイレクタ・ スイッチ)に接続されています。2 つのポートを装備した ISL(スイッチ間リンク)が FC スイッチに構成され、こうした接続は、100 km のレイテンシーを確保するよう WAN エミュレータを介して実現しています。 LUN カプセル化 を使用した VPLEX Metro への移行:ホス ト・アクセスの 直接アクセスされるストレージ・アレイからVPLEX MetroアレイにLUNを移行する際 に使用できる方法の1 つとしてカプセル化が挙げられます。カプセル化プロセスでは、 VPLEX Metroが、元のアレイから認識できるLUNのオーナーシップを取得します。カプ セル化されると、ホストはそのLUNを元のアレイから直接認識することはできなくなり ます。VPLEX MetroからLUNを認識できるよう、ゾーニングを介してホストを構成す

(25)

VMware Storage VMotion を使用 したVPLEX Metro への移 行:ホスト・ アクセスの停止 は発生しない

VMware Storage VMotion を使用して、直接アクセスされるストレージ・アレイから、 VPLEX Metro を介して提供される LUN に、無停止で移行することができます。これは、 元のLUN と新しい VPLEX Metro LUN の両方を同時にホストに対して提供した後、元 のLUN から VPLEX Metro LUN に VMware Storage VMotion を実行することで実現され ます。元のLUN に戻す必要はないという前提に立った場合、元の LUN をストレージ・ アレイが再要求して、他の目的にディスク容量を使用することができます。ストレージ 使用率の観点からは、この方法を実行する場合、移行中に追加のストレージ容量が必要 となります。これは、既存のLUN から VMotion を実行する前に新しい LUN を VPLEX Metro に作成する必要があるためです。ただし、この後、元の LUN を破棄して、その 容量をアレイ上の未使用プールに戻して追加することができます。 VPLEX Metro DR1 への移行: ホスト・アクセ スの停止が発生 する ダウンタイムが懸念事項ではない場合、VPLEX Metro DR1 デバイスへのデータ移行を、 余分な移行LUN なしで実行できます。移行手順は次のとおりです。 ストレージ使用率の観点からは、この方法を実行する場合、必要となる差分の容量が最 小限で済みます。これは、元のLUN がカプセル化されることにより、移行時に余分な 容量を必要とする移行LUN が必要なくなるためです。ただし、DR1 仮想ボリュームの ステップ アクション 1 仮想マシンの電源をオフにし、その仮想マシンをvCenter インベントリ から削除します。

2 VPLEX Metro ではない元の LUN をカプセル化します。 3 LUN をストレージ・グループから削除します。 4 このLUN を VPLEX ストレージ・グループまたはストレージ・マスキン グに追加します。 5 ストレージ・アレイを再スキャンします。 6 アプリケーション一貫性オプションによりストレージ・ボリュームを 要求します。 7 エクステントおよびローカル・デバイスを作成します。 8 DR1 デバイスを作成します。 9 新たにカプセル化されたLUN を DR1 デバイスに追加し、DR1 デバイス 上に仮想ボリュームを作成します。 10 仮想ボリュームをホスト・ビューに割り当てます。 11 新しいDR1 デバイスを認識するため、ESX ホストを再スキャンします。 12 仮想マシンをインベントリに追加し、仮想マシンの電源をオンにします。

(26)

サイトA から サイトB への VPLEX Metro LUN の移行: ホスト・アクセ スの停止は発生 しない

一部の状況では、Metro-Plex の 1 つのサイトにある VPLEX Metro LUN(DR1 以外)か らMetro-Plex の他のサイトの VPLEX Metro LUN(DR1 以外)への移行が必要になる 場合があります。これは、Metro-PLEX に展開されている移行 DR1 デバイスを使用す ることで実現されます。手順は次のとおりです。

ストレージ使用率の観点からは、この方法を実行する場合、移行中に追加のストレージ 容量が必要となります。これは、既存のLUN から VMware Storage VMotion を実行す る前に新しいLUN を VPLEX Metro に作成する必要があるためです。ただし、この後、 元のLUN を破棄して、その容量をアレイ上の未使用プールに戻して追加することがで きます。

ステップ アクション

1 元のVPLEX Metro LUN と VPLEX Metro 移行 DR1 デバイスを、両方の サイトのホストに提供します。

2 VMware Storage VMotion を使用して、サイト A の VPLEX Metro LUN から移行DR1 デバイスに移行します。

3 VMware VMotion を使用して、サイト B のホストに仮想マシンを移行し ます。

4 VMware Storage VMotion を使用して、移行 DR1 デバイスからサイト B のVPLEX Metro ローカル LUN に移行します。

(27)

VPLEX Metro の管理

VPLEX Metro の管理に関する 概要 既存のストレージ・アレイを仮想化されたストレージ環境で使えるようにするには、 次の2 つのオプションが存在します。 • すでにホストによって使用されている既存のストレージ・アレイからストレージ・ ボリュームをカプセル化する または

• 新しい VPLEX Metro LUN を作成して、既存のデータをこの LUN に移行する 移行に要する時間の観点から見れば、Storage VMotion を介して新しい VPLEX Metro LUN に移行する場合に比べ、カプセル化の方が極めて高速に処理を行うことができます (この環境では約4~5 倍高速)。Storage VMotion を使用するメリットは、アプリケー ション・サーバでダウンタイムが発生しない点です。一方、カプセル化オプションを使 用した場合、ホストが仮想マシンの再スキャンを実行して入替を実行する必要があるた め、ダウンタイムが発生します。

VPLEX Metro は、VPLEXcli を使用して既存データをカプセル化するオプションを提供 します。アプリケーションの整合性が設定された場合(–appc フラグを使用)、要求 されたボリュームは、データが保護され、データが失われることはありません。

VPLEX Metro の 管理手順

VPLEXcli にも同じ機能が存在しますが、このソリューションでは、VPLEX Metro の管理 は主にManagement Console を通じて実行されました。

安全なWebベースのGUIに認証すると、ユーザーに対して、完了順に示された、画面上 の構成オプションのセットが提供されます。ワークフローの各手順に関する詳細につい ては、EMC VPLEX Management Consoleオンライン・ヘルプを参照してください。次 の表は、アレイの検出からホストによってストレージが認識されるまでの実行すべき手 順の概要を示しています。 ステップ アクション 1 利用可能なストレージを検出する VPLEX Metro は、バックエンド・ポートに接続されたストレージ・ アレイを自動的に検出します。クラスタ内の各ダイレクタに接続さ れたすべてのアレイが、[Storage Arrays]ビューに一覧表示され ます。 2 ストレージ・ボリュームを要求する ストレージ・ボリュームをクラスタで使用できるようになる前にボ リュームを要求する必要があります(要求されないストレージ・ ボリュームから作成されるメタデータ・ボリュームは除く)。スト レージ・ボリュームが要求された後でのみ、エクステント、デバイ ス、仮想ボリュームの作成にこのボリュームを使用できるようにな ります。 3 エクステントを作成する

(28)

ステップ アクション 5 仮想ボリュームを作成する 前の手順で作成したデバイスを使用して仮想ボリュームを作成し ます。 6 イニシエータを登録する イニシエータ(ストレージにアクセスするホスト)が直接または ファイバ・チャネル・ファブリックを介して接続されている場合、 VPLEX Metro は、自動的にイニシエータを検出し、[Initiators View] に表示します。検出されると、イニシエータがストレージ・ビュー に追加され、ストレージにアクセスする前に、イニシエータを VPLEX Metro に登録する必要があります。イニシエータを登録する ことにより、ポートのWWN にわかりやすい名前(通常はサーバの DNS 名)がつけられ、容易にホストを特定できるようになります。 7 ストレージ・ビューを作成する ストレージからホストを認識できるようにするには、まずストレー ジ・ビューを作成してから、VPLEX Metro フロントエンド・ポート と仮想ボリュームをビューに追加します。仮想ボリュームが、関連 するポートおよびイニシエータとともにストレージ・ビューに表示 されるまで、仮想ボリュームはホストによって認識されません。

Create Storage View]ウィザードを使用して、ストレージ・

ビューを作成し、イニシエータ、ポート、仮想ボリュームをビュー に追加できます。すべてのコンポーネントがビューに追加される と、ビューが自動的にアクティブになります。ストレージ・ビュー がアクティブになると、ホストはストレージを認識して、仮想ボ リュームへのI/O を開始できます。 ストレージ・ビューを作成した後、GUIを介しては仮想ボリューム の追加または削除だけを実行することができます。ポートおよびイ ニシエータを追加または削除するには、CLIを使用してください。 詳細については、「EMC VPLEX CLI Guide」を参照してください。

VPLEX Metroのコマンドに関する包括的な情報については、「EMC VPLEX CLI Guide」 を参照してください。

(29)

Microsoft Office SharePoint Server 2007

Microsoft SharePoint Server 2007 の概要 このセクションでは、以下のトピックについて説明します。 • Microsoft SharePoint Server 2007 の構成

• 仮想化されたSharePoint Server 2007 環境の検証

Microsoft SharePoint Server 2007 の構成

Microsoft SharePoint Server 2007 の構成に関する 概要 SharePoint 環境を、仮想化された環境に移行するお客様が増えており、複雑なバック エンド・ストレージをサポートした状態で複数のサイトにサーバ・ファームが構築され る場合があります。この結果、次の2 つの課題が生じます。 • ファームの運用を中断させることなく、どのようにして既存の SharePoint Server を 異なるデータセンター間で移動させることができるのか • どのようにしてストレージの保守コストを削減できるのか

仮想化されたSharePoint Server 2007 を、VPLEX Metro がサポートされている vSphere 4.0 上に構築することにより、こうした課題が解決されます。複数のサイトに 存在するさまざまなストレージ・アレイが、SharePoint 2007 ファームに対し 1 つの共 有アレイをプロビジョニングすることができます。 Microsoft SharePoint Server 2007 の 設計に関する 考慮事項 このSharePoint 2007 環境の設計における、構成に関する主なハイライトとして、以下 のものが含まれます。 • SharePoint ファームは 1 つのサイトで 5 台の ESX サーバのうち 2 台を共有しており、 SQL および Oracle 環境を仮想化している • バランス調整されたロードを介してクエリのパフォーマンスを向上させるために、 WFE(Web フロントエンド)もクエリ・サーバとして構成されている(エンタープ ライズ・レベルのSharePoint ファームに対して推奨) • コンテキスト依存のネットワーク・スイッチを使用することにより、ユーザー・ リクエストのロードが、利用可能なすべてのWFE 間で調整される 次のセクションでは、仮想化されたデータセンター向けのSharePoint Server 2007 アプ リケーション・アーキテクチャについて定義しています。

マルチサーバSharePoint Server 2007 ファームは、次に示す 3 階層の Web アプリケー ション・アーキテクチャを使用します。

(30)

• アプリケーション階層:次を含む特定のリクエストに関するサービスを提供します。 − Excel − ドキュメント変換 − 一元管理 − コンテント・インデクシング • データベース階層:ドキュメントのコンテンツ、SharePoint ファームの構成、検索 データベースを管理します。 Microsoft SharePoint Server 2007 ファームの 仮想マシンの 構成 次の表は、SharePoint Server 2007 ファームの仮想マシンの構成について説明してい ます。 構成 説明 3 つの WFE 仮想マシン このリソースは、仮想化されたSharePoint ファームにおいて 最も優れた検索のパフォーマンスと冗長性を提供します。WFE とクエリはCPU を大量に消費するため、WFE 仮想マシンには、 4 つの仮想 CPU と 4 GB のメモリが割り当てられています。 クエリ(検索)ボリュームは、100 GB 仮想ディスクとして構成 されています。 インデックス・ サーバ インデックス・サーバは、専用のWFE の役割とともに、ポー タル向けの唯一のインデクサとして構成されています。つまり、 インデクス仮想マシンがコンテンツのクロールを実行している 間、クロールするのにそれ自体をWFE として使用できます。 これにより、ネットワーク・トラフィックが最小限に抑えられ るほか、ユーザーがアドレス可能なWFE がインデクス・ロー ドによる影響を受けている場合でも、SharePoint ファームのパ フォーマンスが損なわれないようにすることができます。 インデックス・サーバには、4 つの仮想 CPU と 6 GB のメモリ が割り当てられています。インデックス・プロセスはインデッ クス・コンテンツをマージする必要があります。したがって、 2 倍のディスク容量が必要となります。この結果、150 GB 仮想 検索ディスクが割り当てられています。 アプリケーショ ンおよびExcel サーバ アプリケーションおよびExcel サーバの役割は多くのリソース を必要としないため、これらには2 つの仮想 CPU と 2 GB のメ モリが割り当てられています。

SQL Server SharePoint ファームの SQL に関する CPU 使用率およびメモリに 関する要件が高いため、SQL Server 仮想マシンに対して 4 つの 仮想CPU と 16 GB のメモリが割り当てられています。SQL 仮

(31)

仮想マシンの 構成とリソース の割り当て 次の表は、SharePoint Server ファームの仮想マシンの構成と割り当てられているリソー スについて説明しています。 サーバの役割 個数 仮想CPU の数 メモリ (GB) 起動ディスク (GB) 検索ディスク (GB) WFE サーバ 3 4 4 40 100 インデックス・ サーバ 1 4 6 50 150 アプリケーション・ サーバ 1 2 2 40 該当なし Excel サーバ (ホスト一元管理) 1 2 2 40 該当なし SQL Server 2008 1 4 16 40 該当なし この仮想化環境における、SharePoint 2007 インフラストラクチャ・リソース割り当て の合計を次に示します。 • 仮想 CPU:24 • メモリ:38 GB • 起動ディスク:290 GB • 検索ディスク:450 GB

(32)

テスト・ アプローチ: SharePoint ファームのユー ザー・ロード・ プロファイル SharePoint にランダム・ユーザー・データを適用するのに KnowledgeLake

DocLoaderLite が使用されました。KnowledgeLake DocLoaderLite は、Microsoft VSTS (Visual Studio Team System)がクライアント・ユーザー・ロードをエミュレートし た状態で、ロード・プロファイルに基づいてドキュメントを取り込み、コピーし、 SharePoint ファームのドキュメント・ライブラリに配信しました。 次の表は、仮想化されたSharePoint ファームでのドキュメントの配信を示しています。 Microsoft SharePoint 2007 サーバ・ファームが、許容できる制限内で平均的な応答時間 を確保しつつ、維持することのできる最大ユーザー数を確認するのに、検証時にMicrosoft ヘビー・ユーザー・ロード・プロファイルが使用されました。Microsoftの基準では、ヘ ビー・ユーザーは1 時間に 60 のリクエスト(つまり、60 秒ごとに 1 つのリクエスト)を 実行することが示されています(ユーザー・ロードのガイドラインに関する詳細について は、次の記事を参照してください: http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc261795.aspx)。 このテストのユーザー・プロファイルは、次の3 つのユーザー・オペレーションで構成 されています。 • 閲覧(80%) • 検索(10%) • 修正(10%) ドキュメントの種類 ドキュメントの数 ドキュメントの平均サイズ (KB) 割合 .doc 289056 261.6 15.79% .docx 285902 110.3 15.62% .gif 90514 76.5 4.94% .jpg 71566 95.0 3.91% .mpp 287140 240.6 15.69% .pptx 269118 199.6 14.70% .vsd 262014 485.4 14.31% .xlsx 275172 27.0 15.03% 合計 1830482 187.0 100.00%

(33)

仮想化された

SharePoint Server 2007 環境の検証

テストの概要 次のセクションでは、VPLEX Metro クラスタへのカプセル化を実行する前および実行 した後のSharePoint Server 2007 のオペレーションを検証することに加えて、実行時 のVMotion のサイト間テストの検証も行います。 まず、SharePoint 2007 ファームのベースとなるパフォーマンスを記録するため、ベー スライン・テストが実行されます。次に、SharePointファーム向けのCLARiX FLARE® LUNがVPLEX Metroクラスタにカプセル化された後のパフォーマンス上の影響が、テス トにより検証されます。最大100 km離れたところにあるローカル・サイト(サイトA) とリモート・サイト(サイトB)間でVMware VMotionのテストが実行されます。 テストによる検証の実行中、VSTS(Virtual Studio Team System)は、WFE に対して 継続的にワークロード(たとえば、ポータルおよびサブ・サイトの閲覧、ドキュメント のランダム検索、ドキュメントのランダム置換)を生成します。このオペレーションに より、各テスト・セッションでWFE CPU 使用率がおよそ 80%に維持されます。 テスト実行中、SharePoint 2007、VPLEX Metro、VMware のパフォーマンス・データ は分析用に記録されます。このデータは、VSTS 2008 からの結果に関する評価を提供 します。VSTS 2008 は、SQL と Oracle OLTP ワークロードを同じ VMware vSphere 4.0 データセンターに同時に統合しつつ、SharePoint 2007 ファームの WFE に継続的なワー クロード(閲覧/検索/修正)を生成します。

VPLEX へのカプ セル化を実行し ない場合の検証

次のグラフは、SharePoint 仮想マシン上の VPLEX LUN へのカプセル化を実行しなかっ た場合の、1 秒あたりの通過テストのベースライン・パフォーマンスを示しています。 80/10/10 の混在したユーザー・プロファイルにより、仮想化された SharePoint ファーム は、次の表に示すように、Microsoft の許容できる応答時間に関する基準を満たしつつ、 1%が同時実行する最大 107,400 のユーザーをサポートできます。 ユーザー・アクティビティ の割合:閲覧/検索/修正 許容できる 応答時間(秒) ベースライン 応答時間(秒)

(34)

コンテンツの混在: 閲覧/検索/修正 RPS 1 秒あたりの リクエスト数) Microsoft ユーザー・ プロファイル 同時実行の 割合(%) 最大 ユーザー数 80/10/10 17.4 ヘビー 1 107,400 ローカル・サイ トとリモート・ サイト間で実行 している VMotion による 検証 このホワイト・ペーパーでは、SharePoint 2007 ファームに対して VSTS ワークロード を実行している場合の、ローカル・サイトおよびリモート・サイトにおけるVMware VMotion のインパクトを検証します。

VMotion は、VMware vCenter Server から起動できます。VMotion を介して、WFE、 インデックス、SQL Server を、サイト A からサイト B に、またはサイト B からサイト A に移行できます。サイト間でVMotion を実行している間の一秒あたりのトランザクショ ン数は変動します。これは、サイトA からサイト B への移行を実行している間、サイ トB の比較的負荷の軽いワークロードにより、一時的にファームの応答時間(閲覧/ 検索/修正)が速くなり、1 秒あたりの通過テストが増加するためです。 仮想マシンを元のホストに戻している間、元のホストのワークロードが一時的に増加す る場合があります。したがって、VMotion の移行プロセス中の応答時間と 1 秒あたりの 通過テストは変動し、1 秒あたりの通過テストに若干の影響が出ることがあります。こ れを比較するために、RPS と平均的なファーム・オペレーションの応答時間を示した 前の表を参照してください。ただし、VMotion は、次のグラフで示すとおり、実行中の アプリケーションを中断することはなく、データセンターに対し、サイト間でリソース を手動で再配置できる機能を提供します。 次の表は、サイトA とサイト B 間で VMotion を実行している場合のテスト結果を示し ています。 ユーザー・アクティビティ 許容できる VMotion 実行時の

(35)

コンテンツの混在: 閲覧/検索/修正 RPS 1 秒あたりの リクエスト数) Microsoft ユーザー・ プロファイル 同時実行の 割合(%) 最大 ユーザー数 80/10/10 18.6 ヘビー 1 111,600 サイト間 VMotion の 検証

このホワイト・ペーパーでは、仮想化されたVPLEX Metro LUN における長距離サイト VMotion を検証します。サイト間 VMotion のテスト検証には、距離に関するレイテンシー が含まれていません。同じSharePoint クライアント・ワークロードが使用され、テス ト実行時にSharePoint ファーム・サーバの役割に対して VMotion が起動されました。 VMotion は、基盤となる VMware ESX システムにまたがる形で、仮想マシンの実行中の アーキテクチャの状態を移行します。これにより、VMotion の実行中に、仮想マシンの 実行中の状態に影響が出ます。2 つのデータセンター間の距離が 100 km の場合、すべて のサーバの役割において、より長いサイト間VMotion が引き起こされます。この影響は、 仮想マシンに割り当てられているリソースに比例します。 たとえば、距離に関するレイテンシーがあるWFE 向けの平均的な VMotion 実行時間は、 レイテンシーがない場合よりも34 秒長くなります。一方で WFE よりも大容量のメモリ 構成(6 GB)のインデックス・サーバは、VMotion を完了するのに 5~6 秒多くの時間 を必要とします。さらに、ファーム内で最大数のデータベース・アクティビティと最大 のメモリ構成(16 GB)を有する SharePoint SQL Server は、レイテンシーのない場合 に比べて、ほぼ3 倍の VMotion 実行時間を必要とします。 次の表は、SharePoint ファーム・サーバの役割に関する、レイテンシーがある場合と ない場合のVMotion の実行時間を示しています。 SharePoint ファーム・サーバ の役割 距離のレイテンシーがない場合 のVMotion の実行時間(秒) 100 km 離れている場合の VMotion の実行時間(秒) WFE 39 73 インデックス・ サーバ 37 78 SPS SQL Server 90 217

(36)

Microsoft SQL Server 2008

Microsoft SQL Server 2008 の 概要 このセクションでは、以下のトピックについて説明します。 • Microsoft SQL Server 2008 の構成 • 仮想化された SQL Server 2008 環境の検証

Microsoft SQL Server 2008 の構成

設計に関する 考慮事項 SQL Server のテスト構成は、次のプロファイルをベースとしています。 • サポートされている SQL ユーザーの数:40,000 • 同時実行率 1%とシンク・タイム・ゼロでシミュレーションされたユーザー・ワーク ロード。これは、Microsoft のテスト手法と一貫性がある • ユーザー・データ:1 TB SQL Server テスト・アプリ ケーション この環境で使用されるSQL ロード・テスト・ツールは、OLTP ワークロードのシミュ レーションを実行します。このツールは、複雑なOLTP アプリケーション環境を代表 する方法でシステム機能を実行するよう設計されたトランザクション・オペレーション で構成されています。 OLTP ワークロード このテスト環境でユーザー・ロードの生成に使用されるOLTP アプリケーションは、 TPC-E(TPC Benchmark-E)規格に基づいています。TPC-E テストは、処理アクティ ビティを表すトランザクションのセットで構成されています。データベース・スキーマ、 データ・ポピュレーション、トランザクション、実装ルールは、最新のOLTP システム を広く表すよう設計されています。TPC-E アプリケーションは、次の項目を実行する 証券会社のアクティビティをモデル化します。 • 顧客アカウントの管理 • 顧客の取引オーダーの実行 • 金融市場における顧客のアクティビティの管理 SQL Server のテストの このベンチマークは、市場データ、顧客データ、ブローカー・データを表す3 つのデー タベース・テーブル・セットに対して実行されるトランザクション・セットで構成され

(37)

SQL データ ベース・ パーティション 設定 データを、より小さく、そして管理しやすいセクションに分割するのに、SQL テーブル・ パーティション設定が使用されます。テーブル・パーティション設定により、並列オペ レーションを通じて、パフォーマンスの向上を実現できます。極めて大きなデータセット (たとえば、数百万の行)に対して大規模なアプリケーションを実行する場合、個別の サブセットに対して並行して複数のオペレーションを実行することで、パフォーマンス 上のメリットがもたらされます。 I/O 競合を効果的に削減するため、個別のサブセットを複数のディスク・ドライブに移動 させることができます。 割り当てるテーブル・パーティションの数は、次の項目に依存します。 • テーブルのサイズ • LUN の使用率 このアプリケーションの証券会社および顧客のファイル・グループは、パーティション 設定を実行するのに、最も大きくて最適な候補です。 証券会社および 顧客ファイル・ グループのパー ティション設定 証券会社および顧客ファイル・グループはそれぞれ11 のパーティションに分割されます。 各パーティションは、個別のLUN 上の VMDK ファイルに格納されます。最初の 10 の パーティションは、最初のデータ・ポピュレーション時に生成されたデータを保持しま す。11 番目のパーティションは、シミュレートされた新しいユーザー・アクティビティ の実行時に生成された新しいデータを保持します。 証券会社および 顧客ファイル・ グループ 次の表は、テスト・アプリケーションで使用されるファイル・グループの詳細を示して います。 ファイル・ グループ名 テーブル名 ドライブ(マウント・ ポイントが設定された ディレクトリ) broker_fg1-10 • CASH_TRANSACTION • SETTLEMENT • TRADE • TRADE_HISTORY S:\B\B1-B10 customer_fg1-10 • HOLDING • HOLDING_HISTORY S:\C\C1-C4 broker_fg • CHARGE • COMMISSION_RATE • TRADE_TYPE • TRADE_REQUEST • BROKER S:\B\B0

Updating...

関連した話題 :