つくばリポジトリ TSHG 7 1

13 

Full text

(1)

カナダの都市景観

著者

正井 泰夫

雑誌名

筑波大学人文地理学研究

7

ページ

1- 11

発行年

1983- 03

その他のタイトル

Som

e As pec t s of Canadi an Tow

ns c ape

(2)

カ ナ ダ の 都 市 景 観

(

1. カナダ者Ilrliの発展過程

]1. AェI}yj Q ェセ ャZ Qi イ ョM ャヲセ@ ■G ヲャjセ@

] ll.立体S

;t

1

1

見と地! ご街の発i主

l V . むすび

カ ナ ダ の 者 に 以j する

な い の が 現 状 で あ る . 本 研 究 で は7

万 伝 え ら れ る ジ ャ ー ナ リ ズ ム 院 係 の も の を

i

徐くと, ほ と ん ど

として 1982年10月 一 杯 に 行 っ た 現 地 調 査 に 基 づ き , そ の 現 況 を

切 に 守 す る .

1

. 力 ナ ダ 都 市 の 発 展 過 程

白 人 波 来 前 の カ ナ ダ に は , 都 市 と い え る よ う く 存 在 し な か っ た . 第

3

を 中 心 と す

る者

liT

li

{ 幾誌によって主{ 本 IYJfこ形hえされる

し, 当初]の探! 投 11#代には,者1

5

T

H

と い え る よ う

つまり者I)-Iliは, 白人 j度 末 後 の 発

i

主 に よ っ て い る . し か

の発達はなく, 17世 紀 に 入 っ て か ら の 毛 皮 取 引 以

後 に よ る . Que be c お よ び Mont r eal は, 17世 紀 に お け る 毛 皮 取 引 の

IH

T

と し て 商 人 に よ っ て 建 設 さ れ

た . こ れ は 初 期 に お い て は 小 規 模 な1211郭 都 市 で あ っ た . 1660年 代 に な っ て , ル イ の 代 に , フ ラ ン

ス 政 府 の 包 下 に 入 り , 以 来 , イ ギ リ ス に 実 権 を 奪 わ れ る ま で , フ ラ ン ス 人 の

r

H

T

と し て 存 在 し 続 け

た N e wOr l eans まで, フ ラ ン ス の 版fZ ]が南

i

ごした全盛期においては, Que be c が そ の 行 政 上 , 商

業 上 の 中 心 で あ っ た1)

1749 セ↓ h。ャゥヲ。ク これはその北の, や は り 伺 じ ノ ヴ ァ ス

コ シ ア に あ る L oui s bour g ( フランスのillT) に 対 抗 す る た め の も の で あ っ た . ア メ リ カ

にも, Hal i f ax は イ ギ リ ス 海 軍 の 拠 点 と し て 機 能 し た . 1794' "' -' 97年 に は , 現 存 す る 砦 ( Ci t adel ) が 建

設された. し寸エれにせよ, カ ナ ダ 大 西 洋 岸 地 域 に お け る イ ギ リ ス の 覇 権 が 強 ま り , 以後, カナダはイ

ギ リ ス 引 の 都 市 発 達 をl二│ コ心に,ケベ y タ/ 1'1に お け る フ ラ ン ス 型 の 都 市 発 達 を 従 と し た , 二 元 型 の 発 達

を 示 す こ と に な る

こ の 二 元

1

1

1

の者

T

li

発達は,

1

9

1

1

1: 紀の

1

1

:

1頃より と な っ た 商 業 活 動 の 活 発 化 に よ っ て 大 き く 変 貌 す

る よ う に な る . そ れ ま で の L mv e r Ca na da ( ケベソクナト1) と U pper Ca na da ( オンタリオ小1'1 )の個

別i ' 内な発展が,特に 1867年 の Conf eder at i on に よ っ て , 一 つ の

i

主! としての発達が進められることに

なったためである. その際, IャゥセA 南 の ア メ リ カ

に お け る 都 市 恕 設 の 影 響 が 強 く な っ た と 見 て よ い

(3)

2 人 女 地 J]1 l 苧 研 究 班

した都市 分布を 示 す よ う に な る. いうまで もなく I勾│注者[STI :) の 発 達 で あ る 。1833 年 に は vVel l and

S hi p Cana1 が

f

む完成し, ナ イ ア ガ ラ 沌 を1;

i

す る 水 路 が で‘ きていた ためもあ-) て ,19u}Z iセZ

から

2

0

tt

j : 紀にかけては,大西洋より数百ないし千数百キロの内肢がp 一‘ j,じは水路によって迎絡される

こと に な っ た . 特にオンタリオ 片│南部のヒ ユー ロン ・エ リー・ オ ン タ リ オrMJに! 江

i

ま れ た 地 域 の 農 業i '1'j

発 達 は 目 ざ ま し か った 同! 時に[ ! EIヨーロ yパ に お け る 小 麦 需 要 のI並大に応えて? プレ ー リ一地方の開

拓 が 進 みy その鉄道タ ー ミナ ルとして) Por t Ar t hur と Por t Wi l l i ams ( 現在の T hunde r Ba y )

も 大 い に 発 展 し た . こ うし て フ 内 陸 部 奥 深 く に も ,vVi nni peg , Eegi na , Sas:

at oon, CaI gar y ,

Ed-mo n t o n な ど の 都

-

m

-

が 発 達 し た

1875年 に は , そ の 後 の 太 平 洋 岸 の 拠 点 都 市 と な る Va nc ouv e r が 建 設 さ れf こ. 当 時 はGr anv il1e と

呼ばれていたが, 1886年 に は カ ナ ダ 太 平 洋 鉄 道 が 東 部 よ り こ こ ま で 延 長 さ れ た . こ れ は , ア メ リ カ 合

衆国の最; 初の大! 位以

l

折 鉄 道 ( 1869年〉よりおそかったがフ QY QZQ Q ェi}ェ ェェセ

鉄道で・結 ば れ て い たのである.

工 業 の 発 達 が 都TIT化 を 促i主するのは,どこ で も 同 様である. カナ ダで(土1870年 代 に二l二業化が 始まっ

た と さ れ る が2)) これは20

!

l

L

*

己に入って)J口述する . オンタリオ/ l' 1 i羽詰

1

)

のPct r ol i a では1865: (1三以米{.Ii iJl

が 探 く つ さ れ3 ま た , の ち に は E d mo n t o n 一花: が石油の大産地へと移 行 する. こうして ,1920年 代

以 後 の カ ナ ダ はy ア メ リ カ 合 衆 国 と ほ ぼ 同

I # W

I

I

にy H ケ jQQ セQ

りy 都 市化 も 自 動 車 を 念 頭 に 置 い た も の へ と 変 容 する 郊 外 住 宅 地 の 大 発 泌 がEEI{シ{ セ7

!

'f

iIT

V

J

の 形 議.を

強 く 受 け た こ と は よく知られて いる

E

民 族 的 多 様 性 と 都 市 景 観

カ ナ ダ は 多 民 族 国 家 で あ る . カ ナ ダ の 多 民 紋 国 家 と し て の 氏 族 分 布 引 は , i h ャ■Qセセ シ A

ど こ に そ れ ぞ れ の 氏 股 が 住 む か は , 原 則 的に自由選択に{ 壬されており, fijJ.

1

濯 な 分 布 地 域 - 地

l

瓦をもっ

N ス セ ゥ| N しかし3 す で に 多 く の 研 究 が な さ れ て い る よ うに , そ れ ぞ れ の

民 族 は ? 特 に い わ ゆ る 少 数 民 族 の 場 合 に は3 ある程 度 集 中IYJ居 住 形 態 を とることとy プランス系 カナ

ダ 人 ( 国 民 の 約4 分の 1 ) の 大 部 分 は , 都 市 と 農 村 の 両 者 に わ た っ て IリHi{(iなl ( : jェIセ@ 7)-;{ rJ を か し て い

る . 後 者 はp ど ち ら か と い え ば , 旧 大 陸 型 の 民 族 分 布 で ある.

{セゥャ○

}

4

'

'1イ ャᅴセ Giセ エNN 1960年 代 以 よ り 強

くな っ て き た 少 数 民 族 の 文 化 を 認 知 し よ う と す る 動 き は , カナ ダ の 各地 で 交 す ま す

y

r

t

}

まってき てし、る

といわれる. 政 策 的 に も , こ の 多 文 化 主義が強く

'

1

l

jIし

/

:B

さ れ て い る そ の結うに, カナタの都市二

i :

j

は ,一 つ の 文 化 で は 説 明 で き な い ほ ど の 多 係 性 が あ る と い わ れ て い る i人

H

u: のるつぼ」から「民放

のモザイタ 」へ の 移 行 で あ る .

カナダの者[51!}景 観 に 占 め る 民 族 的 多 段 性 はy 宣伝者の 尽からす ると , い わ れ て い る ほ ど に は 強 烈!な も

の と は 映 ら なか った. というのは, hイセG i セ i ZZ iyjヲ ヲHセ ー OI

一性が強く

I

JI

1てい るからで ある. もちろん, これ は 辺 去 の As s i mi l at i on プ ロ セ ス の 純 米 で あるかも

(4)

カ ナ ダ の 都 市 景 観 3

の商庖{ 誌に限 られているに 過 ぎ な い

カナダとい うイギリス ( アメリカ 〉またはフランスの影 響 の 強 い 環 境 の中で, 民 族 的 街 並 み 景 鋭の

r:1こlで最も 目立 つ の は1 やはりチT イナタウンであろう T or ont o および Va nc ouverに は , カ ナ ダ の

f::rr.者

In

lT

の 中 で も 特 に 大 き い チ ャ イ ナ タ ウ ン が あ る . 英 連 邦 の 一 国として3 ホンコン辺りから多くの中

国 系 住 民 が き て い る か ら で あ り , 硲 か に か な り 異 質 的 景 観 を 示 し て い る . しかしよく見ると,歩いて

iZiiセi 最 大 の 奥 質 さ を 示 す 要 素 で あ る か も 知 れ ない. もちろん,応 の看

板に 相 当 数 の 漢 字 が 佼 わ れ ていることも, 言 語 景 観 を カ ナ ダの標準的 なものから 大きく離して いるこ

とも 事 尖 で ある.

チャ イナ タ ウ ン に お け る 建 築 様 式 は ,ご く 一 部 の も の を 除 く と , ほ ぼ 完 全 に 一 般 的 な カ ナ ダ ( 北 ア

メリカ〉級式である. 景 観 上 の 違 い は , 前 述 の よ う に 歩 く 人 の 姿 と 看 板 と 販 売 さ れ て い るl見物の違い

なのである . 建 物 の 段 式 に ま で 中 国 式 影 響 は ほ と ん ど 及 ん で い な い . これは ,通常のカナダ式商応住j

が , ご く 僅 か の 形 態 変 化 し か 伴 わ ず にチャイナ タ ウン{ と したからである

しでも ,使 用 さ れ て い る 文 字 の 過半 数 は ロ ー マ字であり ,文字に関す る限りロー マ字文

化 圏 の一 部 で あ る こ と が 分 る. た だ , 漢 字 と い う 全 く 異 な る 系 統 の 文 字 の 使 用 も 相 当 に 多 く , 文化の

多 綴 性 を 示 す 指 棋 と し て 卜分に認知iできる . ローマ字で、表示されている内容の中にも, 庖 鮪 名 と し て

中 国語が使われていることが多くy 例 え 漢 字 で な く て も , 一 般 の 人 び と に と っ て は 呉 国 情 緒 と 思 え る

ことも 事 実である.

仁jこl国 系 住 民 が 集 に:11

して 居 住 し て い る住宅地は ? 歩 い て い る人 の姿以 外はほとんど 完全にカナ ダ的最

初で あり, そ こ に 東 洋 を 感 じるこ とは ,少なくと も外見 上 は 全 く な い と い ってよ い . 文化 景 観 上 の 多

係 性 は , 商

I

li

街に │浪 ら れ る と い っ て よ い

同様なことは, イタリア系, ギ リ シ ャ 系 , ス ペ イ ン 系 , ポ ル ト ガ ル 系 , ユ ダ ヤ 系 な ど に つ い て も い

える そ れ ら の 住 民 が 集1:[こlして居 住 し て い る と こ ろ へ行っても, そ れ が そ れぞ れ の 母 国 の 文化 に強く

影 響 されてい るところはき わ め て 稀 であり, この場合でも 景 観 上 の 多 様性はほと んど商庖街に 限 ら れ

る . しかも, そ の 多 様 性 は チャイナ タウンと比べ るとはる かに不明確で あり3 や や も す る と 気付 か な

い 程 度 の差である

例 え ばp ギ リ シ ャ 人 の 多 い 地 区の街道み景観を見ても, 建 築 様 式 は ほ ぼ 完 全 に カ ナ ダ 式 で あ る . 文

字 に 代 表 さ れ る 言 詑 景 観 もp 大部分が英語で, 11寺jJ'

i'

りギリシャ人の名前が ロー マ 字 で 表 記 さ れ る と い

うに 過ぎな い . ギリシャ文 字の 看 板 を 見 つ け る こ とは, 稀 に し か で き な い .

e i A Z i ￯ャt Zャj セh サjエ ほんの 僅 か で は あ るが見られ る . チγ イナタウ

ンには 日本 商J Il lをうそる応が, ロー マ字表記で1:1本 語 名の 看板を出している . また, 白 人 系 カ ナ ダ人の

経 営 す る 日 本 の 伝 統 的 品 物 を 売 る 自 も あ り !二│ 本語の看板が出ている. しかし,これらは全体の 中で

きわめて例外的なものであり,日本的なものが大量に存在し, 街 並 み 景 観 の 重 要 な 構 成 要 素 と な る こ

とは ,現 在 の と こ ろ は な い . こ の点でJ、,土 L os Angel esのL i ttl e T o k y o, あるいはS an Fr anci s co

の Nihon- machi の程度よ りはるか に小

m

撲 で あり,無視 しうるJ限度と 凡てよい

(5)

W

H

Y

-'

人 文 地 理 学 研 究

4

フランス語名 の 喫 茶

若 干 の 例 外 も あ る が ,英 の

る 日 本 人 に よ っ て 形 成 さ れ た も の で あ る3) 4)

伝 統 的 な 文 化 景 観 と の 並 存 ま た

お び た だ し い 数 の ロ ー マ 字 使用の 看

t

反, 欧 米 風 の 建 築 様 式 など ,

いfこるところで顕著に見られる.

は 伝 統 的 な 文 化 景 観 の 欧 米化が,

さ ま ざ ま な 文 化 を も ち な が ら , 景観 的

ii't

t

か に 多 種 多 織 な 民 族 が 集 ま りp

力ナダでは,

こ; Irしに対し3

全 体 多 様 化 へ の 努 力 は も ち ろ ん 認 め ら れ る が ,

には顕著なIi l i j - - 化 が 行 わ れ . 統 一 性 が 保 た れ て い る .

を大きく 変 え る ぽ ど に は至っていない と 見 る べ き で

あろっ-立 体 景 観 と 地 下 街 の 発 達

カ ナ ダ 型 都 市 の 立 体 景観 は , 全 体 と し て は ア メ リ カ 型 で あ る ( 第

1

図) N i セ ￯エ■

スプロー ル の 度 合 が や や 低 い と 見 て よ

ア メ リ カ の 都 市 よ り も 市 街 地 の 及 ぶ 純 図 が や や 狭 い .

るとy

アメリ カ

そ の 結 果 も あってp

イギリ スとアメリカの仁│二!

[

't

n

で あ る と い わ れ る

--sl支にカナ夕、ではP

し、

と西三一戸 yパの

I:!=

lm

lu

';

つな様 相 を 示 し て い る の で あ ろう

市街地の人仁l密 度 を 低 く し な け

その結果, カナダも 自動 車 依 存 型 社 会 で あ る

アメ リカと同 ,仮に ,

地下在失

T or ont oやMo n t r匂l のよ うに ,

自 動 車 社 会 を 十 分 に 後 能 さ せ る こ と が で き な い

れば,

自 動 車 の 使 用 が 第 一 義 的 で あ る こ こ に お い て も ,

交防ト電車科司をも って い る 都 市 も あ る が ,

これとて , 全 体 の 傾 向 を 大 き く 変 え る も の で は な い .

自動 車がほと ん ど ー と い ってもよ いほど

で はili

l

l J : の利用もぽんであるが ,

Winnip e g や V a nc ouv e r などy 他 の す べ て の 都市ーでは,

T or ont o

r

f

i /

1 1門

ャゥャャャ Mャセセ U.S .A

帝 伽

41L

叫 一 千 比 一CANAO.A

金_ 1 il一一一一一_ f l

⦅⦅⦅⦅ᅥG

セᅴᅴ

エB ヲャ￯o」

j}{ォ

⦅ Nエゥ^ヲ¢⦅

F

⦅⦅⦅⦅⦅B[QN⦅MB

セセ セ\G{Q Mセセ

ja

pAN

}セ l

TH A llA N O

_ i l 1j 加

b

ι MOR

-.r

ll:llJ:[lf]主

ru

' IDs"",__ IN D IA

Towns c apes of S o me Sel ect ed Count r ies, 1982 ( Mas ai )

(6)

カ ナ ダ の 者11

r

n

l

i

t

.

Qイセq@ 5

の 輸 送 手 段 と な っ て い る . 従 って , 市 街 地 人仁i ';主: 伎は 低 い

ほ ぽ アメリカ に 泣 い だ け の { 止し寸11イ角地 人 口 密 が カ ナ ダ で 認 め ら れ るfll! 白 と し て は, 長 い1'10:]'のliHJい

経 済 力,

}

L

¥

い土地資源,

1920

年 代 以 来 の 自 動 車 の 大 量 利 用 な ど の ほ か に , ア メ リ カ と 問 機 , 開 妬 の 初

JlJ J以来,馬車交通を予位! して建設された道路がある. がI j えば,

Tor ont o

に お け る 初

W

l

の 街 路

1

1

屈 は , 車

道( 馬f 1

IT

H

=J)

2

2

フ ィートで , そ の 両 側 に

1

1

フ ィ ー ト ず つ の 馬 車 ! 駐 車 ス ベ ー スがさり, さらに

N

寺をへ

だてて,

jilH

W

I

1

1

フ ィ ー ト ず つ の 歩 道 が あ った . [ iセャ シ VV

あった5) 大 通 り は もっ と 広 い . 裏 通 り も あ る がp 建 物 の 表 玄 関 へ 通 じ る通は, 少 なくとも

6

6

フィー

トの1'1吊 を も っ て い た の で あ る . ア メ リ カ と 同 様 , fJ[jョー ロy パ の 伝 統 を ヲ │ い た 都 市 計 阿 が , 初 期 の 段

i iセ VI

i セイィ A ゥ N tッイッョエッ (大都市│ を

l

人 口

28

0

万 ,

1980

年 〉 と

2

1'立の

Mont r eal

( 28077

1980

年〉でも,

Ne w Y or k

な ど よ り 人 口 規 模 が は る か に

小 さ い ので, 前 者 の

iE

trii

ビノレは

952

フィート

( Fi r st

Canadi an

Pl ace)

, 後 者 の そ れ は

624

フィ ート

( Pl ace

Vi ct or i a)

で あ っ て ,

Chi c ago

1454

フィ ート

( Sear s

T ow

e r )

Ne w Y or k

1350

フ ィ

ート

(

W

orl d

T r ade Cent er )

よ り も 低 い . しか し , 大 都 市 間 人 口

70677

Los

Aagel es

の最高ピノレ

858

フィ ー ト

( U

ni t ed

Cal i f o

rnia

Bank )

28975

Hous t on

1

0

02

フィ ー ト

(T

exas

C o m

m

erce

Tov v er ), 276万 の

Bos t on

795

フィー 卜( J

ohn

Hanc oc k T owe r )

な ど と 比 べ る と , カ ナ ダ 型 都 市

ェ シ iセ￯ャ ￯ |N

Tor ont o

には 同さ

1

82

1

フィー

トの

C N T owe r

が あ り , 支 柱 な ど で 支 え ら れ な い 建 築 物 としては,

"

!lt

界 最 高 を 誇 っ て い る7)

地下街の建設も, カ ナ ダ 都 市 の 大 き な 特 徴 で あ る . ア メ リ カ で は 地 下 街 は そ の 割 り に は 発 達 し て い

な い が , カ ナ ダ 東 部 の

2

大 都 市 で あ る

Tor ont o

M

ont r eal

(;j:, き わ め て 大 規 模 な 地 下 街 の 建 設 を

続 け て き た . そ れ ぞ れ の 都 心 部 に は , 地下者

l)

r lO

f

と い っ て も よ い ほ ど の 規 模 の 地 下 街 ・地 下 通 路 が あ

り , 地 下 鉄 綱と 合 わ せ て , 深 雪 者

I

)r

li

の 行 き 方 と し て j 主 目 さ れ て い る

ま だ で き て い な いが, これら両者1)市 の 地 下 街 は, J苫 舗 数 に お い て は 東 京 ・ 大 阪

な ど の 地 下 街 に は る か に 劣 る と 考 え ら れ , 少 な く と も 人 口割 り に は , 実 に 壮 大 な 面 積 規 模 を も っ て い

る よ う で あ る . 例 え ば

M

ont r eal

に お い て は , ダ ウ ン タ ウ ン の 相 当 部 分 が , 相 互 に 地 下 道 で 連 絡 で き

る 構 造 に な っ て お り , し ば し ば1l Tl以 上 の 積 雪 を 記 録 す る 大 都 市 の 生 活 を 容 易 に し て い る .

IV

.

む す び

カ ナ ダ の持者

)

I

Ttl は3 そ の 大 都 市 聞 に お け る 人 口 規 模 をさら に 拡 大 し つ つ あ りp 従 っ て 市 街 地 面 積も

I 即']1:1 し つ つ あ る . 発 展 過 程 の 差 に よ り , 大 凶 洋 岸 , ケ ベ y クナト1 ,オンタリオナ1 - 1 ,プレーリ一地方,ブ

リテ イ ッ シ 1 コロン ビア川など で, そ れ ぞ れ 異 な る 都 市 景 観 を 見 せ て い る が , 全 体 と し て い え る こ と

は , 近 代 的 都 市 景 矧 に よ る 地 域 差 の 解 消 の 方 向 で あ る . GIセ

ナ夕、、の特性 と は な ら な い . この

U

l:界 的 氾 恨 の 近 代 的 都 市 景 観 は , 隣 国 の ア メリ カ 合 衆 国 で 特 に 顕 著 な

も の で あり3 こ の 点 に お い て , プj ナ夕、、 の

:M

I)ilf

長官

U

H

i

セQi

(7)

6 人 文 地 理 学 研 究 明

さ ら に 詳 細 に 見 る とy 急速な画一化に対ーする反省として, 次 の

3

つ の 方 向 を 強 く と っ て い る こ と が

指 摘 さ れ る . 1つ は ヲ 多 民 族 国 家 の 特 性 を 生 か し た 街 並 み づ く り で あ り , 特 に レ ス ト ラ ン こ 見 ら れ

る . こ れ は 十 分 に 成 果 を あ げ て い る と は い え な い がy あ る 程 度 の 個 性 化 に は 成 功 し て い る . もう 1つ

はp 都 市 中 心 部 の 一 部 に Iエ レ ガ ン ト 」 と い う こ と ば が 似 合 う よ う な シ y グ で 落 着 い た { 上 み づ く

り が 進 め ら れ て い る こ と で あ る . ブ テ ィ ッ ク 庖 の 並 ぶ と こ ろ に 多 い -

日 3

;

1

は , 歴 史 的 街 並 み の 保 存 と

復元である. これは, し ば し ば 第

1

2

の 動 向 と つ な が っ て い る

一 口 に い う とp カ ナ ダ の 都 市 景 観 は ? H ebA イIイ↓tiセQ

の 大 枠 の 中 で , ま す ま す ケ ベ y グ 化 を 進 め よ う と し て い る ケ ベ y ク 州 を も 合 め てy 全 体 と し て はy 多

民 族 国 家 の 行 き 方 の ー っ と し て の モ ザ イ タ 化 よ り も , 近 代 的 都 市 景 観 の 普 及 と い う 統 一 化 へ 向 っ て い

るといえようお.

本研究を行うに当って, We s t e r n Ont ar i o大学の A. K. Phi l br i c k 教授, E. Bj or k und IW::!::, Gue l ph大学

の G. A. St el t er 教授, S a s k a t c he wa n 大学の D. S mit h 教皮, yッイォ セェヲZ jN S a y we U. R. Co o k, H. V.

Nel l es 教授 Mont r e a l 大学の R. Ga r r y 教授3 門彬氏, G. Pi neaul t 1丸 Do n n e r Ca na di a n F oundat i onの

G. Wr ig ht 博士, Mo u n t Al l i s on 大学の E. Ros s 教授 Nat i onal Ar c hi v es の R. Ve z i na 氏,その他多勢の

ケ N Uイセ N

注 - 参 考 文 献

1) G. A. St el t er a nd A. F. Ar t i bi s e ( 1982) 5) Ci t y of T or ont o Ar c hi v esの貸手qによる

S hαρi ηg t he Ur ba n L a n d s c a p e - - Asρects 01 6) 正井泰夫( 1979) ア メ リ カ の7ha者¥fウィリアムズノ、

t he Canadi an Ci t y- Bui l di ng Pr ocess. Car l et on ーグ} 也f Jf ! 24一一7.

L i br ar y Ser i es. 7) Ne ws pa pe r Ent er pr i s e As s oc i at i on ( 1982)

2) G. A. St el t er a nd A. F. Ar t i bi se; i bi d, p. 18. Wor l d Alma na c 1 9 8 2 .

3) 正井泰夫( 1969) 言 語JJiJ . 文字別にみた新治= にお む G. Mer r i l l ( 1967) :Reg i onal i s m a nd Nat i

on-ける諸設営物のぞlT-fJi と看板広告. 史苑 29- 2. al i sm. I n J ohn War k ent i n: Cα仰 向 一 一- A G

eo-4) l E井泰夫( 1983) 新宿の喫茶応; : tj - - -言 語 景 観 の g r aρhi cal I nt erpret at i on. Me t he un.

(8)

ェ QGゥ イセ i 打 J;('

1

m

7

'1111111111

叩‘ 陶

Do wn t o wI1

g laci at c d t opo乞r aphy a nd f ol i ag e.

3. Sky J i nc o[ do¥¥' nt owI1 T or on t o. A t ypi cal

J or t h- Amc r i c an tO¥¥'l1sc a pc a mi ni

-DO¥¥'J 1 Lo¥v n Ma n hatt a n.

LI. H.api dl ydcγcl opi ng undc r g r ound

shop-pi ng m all s a nd pedc s t r i an pass ag es, i nd

i-cat i ng a l y peof m easur esf o1' deep f r eez e.

2. Gr a i n el e v at or s at R ost her n, a smal l

c ent r a l pl ace i n t he Pr ai r i es.

5. S hoppi ng m al1 of E a t on ' s Cent r e, T

o-r onl o. A t l east t wo l evel s under g r ound

(9)

8

人 化 j血JIIL 中 lifJ ')'e V![

8. A r esi dent i al ar ea near Uni ver s i t e d

Mo nt r匂1 . Mos t l y apar t ment houses.

10. Gue l ph, an ol d Br i t i sh- st yl e t own, has

ma n y w hi ti s h l i mes t one houses.

7. F r c nc h- st yl c Vi Cl l X Mo n lre al. Sl Ol l C a nd

br i ck domi nat c t hc l o¥¥l l .s c apぃ

9. l l i st ori al sl r ucl ur es 0 I 1 t hc T h al1lcs i n L ondon, Ont .

]'1 . Re nova t ed Ot t a ¥¥ a 'S d o wn t o wn l1l all.

L ow popul aLi on de ns it y is qui Le c har

ac-t eri sac-ti c t o mos t of C a n a d ia n cl oi ¥nl own

(10)

)) j - 〆 の 行IC iIi 民 間

12. 01d- f ashi oned hous cs near d o wn t o wn

Ot t aw a. Compa c t ness nev er appear s.

]4. A bet t er r esi dent al ar ea of onc e f l our

-i shi ng t own of Pet r ol ia.

16. T h e onl y J apanc s c f ol k ar t s hop 1n

Tor ont o. T hi s i s opc r al ed by a whi t e

汀i an.

13. A r es id ent i al ar ea of Par i s, a s mal l

t own i nsout her n Ont ar i o. Anot he r t ypi

-cal Nor t h- Amer i c an- st yl e ur ban l ands c ape.

15. Por t t own of Hal i f ax est abl i shed by

us i ng t opogr ahi cal condi t i ons t hat enabl ed

easy anc hor age a nd ov er 1ooki ng f ort i f

i-C'at i on. Ci t adel o n a hi 11 at r i ght edge.

17. A J apanes e f ood st or e i nChi na t own of

T or on to. Al sosel l s goods. Japanes e l et t er s

ar e not us edf or si gns.

(11)

10

¥

J 山111¥,,;:: i7Jl ';"{ ¥11

Tor ont o. Ha ng e ul l et t er s ar e c ha r ac.tcト

i sti c.

セセ

....

. _

.

.

..

20 . A n A r me n ia n r es t auτ ant i n Tor ont o.

A n e x a mp le of t he mi nor i t y ' s acl i vi t i cs .

22 . A s o- c al l ed Ilal i an t o wn i n T or onl o.

S o me s hops ha v e It al i an n a me s but mos t

ot her s h a v e Engl ish 011 cs.

19. セャ。ゥョ@ por t i on of Chi na t own o( Tor ont o. I1er c Chines c as s i gns ar c most pr omi

n-ent,but h OLl SC t ypc s ar e 100

9

.

o Canadi an.

21. A n l I ungar i an r es t aur ant il1 Tor onl o.

H u ngar i an l an g ua g c is t o be scen.

23. 1コor L uguc sc lo wn in T or onl o. E t hnic char act er i st i c is t o bc sc c n r el at i vely

(12)

カ ナ 〆 の 都 市景 観

11

S o m

e As pec t s of Canadi an T owns c a pe

Y a s uo MA S A I

T h e av er age Canadi an ci t y t ends t o hav e hi gh- r i se bui l di ngs i n a geogr aphi cal l y cent r al

par t. T h e hei ght of bui l di ngs di mi ni s hes veτ y s har pl y ar ound t he cent r al par t a nd l evel s

of f , wi t h s o me f l uct u抗i ons ,t o per i pher i es . Mt Fuj i - l i ke gener al sl ope of t he t owns c ape

s k y l i ne is ex t ended f ar out as if it is f adi ng i nt o t he count r ysi de. 1n t hi s r espect, t he

so- cal l ed N or t h‘Ame r i c a n t owns c ape is cl ear l y r ecogni z ed i n Canadi an ci t i es. B y J apanes e

st andar ds, t he out er edge of t he bui l t - up ar eas s houl d be sai d t o be v er y di st ant f r om

t he cent er , but t he t i me di st ance , whi c h does not r equi r e so l ong as i n J apan, of t en

cl i sconcert s t he J apanes e obs er vat i on

A c ompar i s on wi t h t he Ame r i c a n count er par t wi l l r eveal t hat t he Canadi an t owns c ape

is s omev v hat di f f er ent especi al l y at t he per i pher i es of t he bui l tぺl p ar eas‘ T h e Canadi an

ci t y t ends t o end wi t h a rel at i - ; ely' mo r e s har p edge at t he per i pher i es. 1n ot her wor ds,

cl ust er i ng of s ubur ban h o me s is cl ear er i n Canada, al t hough bot h Canadi an ancl Ame r i c a n

ci t i es ha v e a c o mmo n t rai t of spr awl i ng. T hi s is l ar gel y due t o t he f act t hat t he zoni ng

r egul at i ons i n Canacl a ar e st r i ct er t han i n t he US. T o t he J apanes e obs er ver , howe v e r ,

s uc h a st ri ct z oni ng 100ks a l i ttl e t oo monot onous bec aus e of t he si ngl e- pur pose l and uses

t hat abound In t he ci t y. Thi s, i n t ur n, l eads t o an i mpr ess i on of or der l i ness vvhi ch is not

of t en s een i n t he Japanes e ci t y

Fi g 1 i l l ust rat es sc hemat i c prof i l es of t he t owns c ape i n Canada i n c ompar i s on wi t h

t hat of t he U S , ] apan a nd ot her count r i es i n t he wor l d. A s is s ho wn wel1 , t he Canadi an

t owns c ape prof i l e r es embl es t he Ame r i c a n one, a1t oget her const i t ut i ng t he Nor t h- Amer i c an

t owns c ape. Al t houg h t her e is s o me r egi onal v ar i ances, t hi s gener al f or m is sai d t o pr evai l

ov er t he Canadi an t er r i t or y f r om t he At l ant i c t o t he Paci f i c.

A c ompar i s on of Tor ont o wi t h Mont r eal, bot h hav i ng about t he s a me popul at i on, r eveal s

t hat Mont r eal's t owns c ape has ma n y mo r e apar t ment - t y pe bui l di ngs. T hi s ma y be a

c o mmo n char act er i st i c t o t he ci t i es of Quebec Pr ovi nc e , but it has not been doc ume nt e d

y et. T he r e 1s a t encl ency a mo n g ol der ci t i es t o hav e mo r e nume r ous ol der bui l di ngs. A s

a r esul t, eas t er n ci t i es a nd wes t er n ci t i es ha v e a r egi onal var i anc e r espect i vel y. It is

possi bl e t o s ay t hat s mall t owns in Nor t hwe s t Ter r i t or i es ancl Y u k o n Ter r i t or y, especi al l y

t hos e i n t he Aγct i c, coul d f or m anot her r egi onal var i ance

Et hni ci t y sti l l pr evails i n t he Canadi an ci t y. T he r e is a c1ear t endenc y a mo n g eac h

et hni c gr ol l p t o l i v e t oget her, cal l si ng cl ear s epar at ed li v i ng bet ween cl i f f erent et hni c

gr oups .Et hni ci t y i n t owns c ape is gener al l y enc our aged, a nd t hi s f act i s of t en r epor t ed

or ev en pr opagat ed l ouc1ly. For ei gn vi si t ors ma y easi l y f i nd t he di f f er ences i n t owns c ape

whi le wal k i ng al ong st r eets. But t hi s cl i st i nct i on usual l y is r est r i ctecl onl y t o s o me s

hop-pi ng st r eet s or ar eas. E v e n i n t hes e s hoppi ng st r eet s or ar eas, di st i nct i on is nor mal l y

(13)

12 人 文 地 理 学 研 究 班

di f f er ent peopl e t hem

s el ves . Ar chi t ect ur al st yl es

howe v e r

do not di f f er m

u c h f r om

t he

or di nar y

( t ypi cal l y Canadi an) st reet s.

E v e n i n

Chi nat ow

ns of

Tor ont o a nd Vanc ouv er

t he

t wo l ar gest o

f

t hat sor t i n

Ca na da

onl y sever al bui l di ngs out of

hundr eds ha v e char act

e-ri st i cal l y

Chi nes e ar chi t ect ur al st yl es .

D

i ver s i t y

i n

Canadi an

t ow

ns c ape sti l l e

exi st s

a nd

i n

s o m

e cases

it

is

enc our aged t o be s o

but t he gener al

t r end is

t o uni f y or assi m

i l at e

r at her t han var i egat e

or gi nal l y

di f f er ent ar chi t ect ur al st yl es.

It

coul d be c ons i der ed t hat

Ca na da

l

s

t ow

ns c ape does not v ar y so m

u c h as i ts

var i et y i n

et hni ci t y.

Thi s

is

s har pl y

cont r as t ed w

i t h t he f act t hat J apan

a

m

ono- et hni c nat i on

is

consi st ed of

var i ous cul t ur al

t rai t s

i nt ent i onal l y

i nt r oduc ed w

i t hout si zabl e

i m

m

i gr at i on of

peopl e.

A

t y p

i cal e x a m

pl e is

Tor ont o. T he r e ar e m

a n y et hni c s hoppi ng st r eet s t her e. But m

os t

of t he st r eet n a m

e s ar e Engl i sh.

E v e n i n

Chi na t ow

n

t he st r eet

n a m

e s ar e Engl i s h s uc h

as Dundas . O

nl y t he n a m

e s of t he s hopes ma y be Chi nes e. T o be s ur e t hat ev en Chi nes e

s hops n o r m

al

1y

ha v e t hei r si gn n a m

e s i n

al phabet --

a

f e w us e Chi nes e char act er s sol el y

Ar ound

t her e

ar e

s o m

e

sect i ons

whe r e

Chi nes e

peopl e

l i ve

i n

m

o r e or l ess

cl ust er ed

f or m

.

Al l

t he

hous es 100

1<:

l i ke or di nar y Canadi an

houses.

It

is

ex t r em

el y

d

i f f i cu

l t t o

r ecogni z e Chi nes e

char act er i st i cs

t her e exc ept f or peopl e w

a1k i ng

by.

S o m

e w

oul d ar gue

t hat Chi nes e char act er i st i cs ar e

t r em

endous

i n

Chi na t ow

n

bec aus e

m

a n y

st r eet s

ha v e

Engl i s h nar nes w

r i t t en i n

bot h Engl i s h al phabet a nd Chi nes e char act er . Thi s is

howe v e r

t o be i gnor ed if

c om

pa r e d w

i t h J apanes e t ow

ns c ape i n

whi

c h num

e r ous st r eet n a m

e s ar e

w

r i t t en i n

bot h kanj i a nd r om

aj i or ev en al phabet i n

Engl i s h ( e g

.

Sakur a. dor i Av e) . 1n

J apan

j uxt aposi t i on of

bot h J apanes e ( Eas t er n)

a nd W

e s t e r n ar chi t ect ur es is

ubi qui t ous.

T hi s phe nom

e non is

not except i onal at a

l l

but a

nat i onw

i de t hi ng. 1n cont r ast

,_

t he pat

ch-wo r k o

f

et hni c

quar t er s i n

Ca na da is

onl y

l i m

i t ed t o

t he

f unct i ons a nd t he st or e si gns

but

t he

ar chi t ect ur es

ar e

near l y

1 0 0 %

¥

Vest er n.

Of cour s e

var i et y

c an be r ec ogni z ed

w

i t hi n ar chi t ect ur al f or m

. Engl i s h vs F r e nc h

Gr e e k vs Ge r m

a n

a

l l

o

f

t hes e exi st i n

t he

Canadi an t o¥

vns cape

but a

l l

o

f

t h e m

bel ong

t o vVes t er n

t y pe ( i ncl udi ng

m

o d e r n i nt er

na-t i onal na-t ype. ) .

1n

s u m

t he m

ono- c ul t ur e- or i ent ed t ow

ns c ape i n

m

ul t i -et hi nc Ca na da is

t o

be cont r as t ed

w

i t h t he m

ul t i - cul t ur e- or i ent ed t ow

ns c ape o

f

m

ono- et hni c J apan

T h e aut hor deepl y appr eci at es ac adem

i c s uppor t s b y t he schol ar s m

ent i oned i n

t he l ast

par agr aph o

f

t he

J apanes c - l anguage

por t i on

o

f

t hi s

paper a nd t he

f i nanci al

s uppor t b y

t he M

i ni s t r y o

f

E x t er nal Af f ai r s of t he Canadi an Gov e r nm

e nt a nd t he Canadi an E m

b a s s y

Figure

Updating...

References

Updating...

Download now (13 pages)