つくばリポジトリ TSHG 7 109

25 

Full text

(1)

近年におけるブナ帯山村の山域利用の変貌 : 山形

県置賜小国の場合

著者

石井 英也, 山本 正三

雑誌名

筑波大学人文地理学研究

7

ページ

109- 132

発行年

1983- 03

その他のタイトル

Rec ent Changes i n t he U

t i l i z at i on of M

ount ai ns

Loc at ed i n t he J apanes e Beec h Tr ee Zone: I n t he

Cas e of O

ki t am

a- O

guni , Yam

agat a Pr ef ec t ur e

(2)

近年におけるブナ帯山村の山域利用 の変 貌

一 一 山 形 県 置 賜 小 国 の 場 合 一

井英1

f

t

f-U

:1

]

:

:

l はじめに

]

f J 山戒の 概 抗

11t 伝 統 的 生 業 形 態 に お け る¥11)戒中

JH

l

車- 1 伝 統 的 生 業 形 態

JI[- 2 伝統j'iりな山 城の 利)lj)陪出

1

1I---- 3 伝

*

f

e'l¥JJI1¥J-,;

x

耳切

lV ;丘介二のIUJf!Q手I.J

H

J

J V

- -1

Qュ tQ ZェセAヲM QI Q

N - 2 人会山町の利丹i

百- 3 近 年 の 山 域 利 用 の 意 義

V おわ りに

l

はじめに

山 形 県 西 置 賜A-I ): の小

i

IHIJは , お お よ そ 北 粋38 0

,東 経140 0

近 くに位 置し ,ブナ 帯に! 寓する1) ( 第 1図)

0 4 O km

ゥセセ@ 11泊 MI ピヲ ムj 象 i色 jャセ@

ブナ帯 とは , TUセ 851J f に

発 達 する 冷 温花: 洛 葉 樹 林 帯を 意 味 す

る2) こ こ に は 有 用 な 動 . j宙物が多く. それ ら は 古 くか ら 資 源 と し て活 用 さ れ

てきた . と く に 来 日 本 の 山 地 で はy そ

れらの 山地 資説、の利用が人々の生活隊

式 の 形 成 に 大 き な 役 割 を 果た し て き

N セゥ

めた j 守猟 や 探 集 とい っ た 素 朴 な 利 用 形

態 は , そ の 後 , 稲 作 や 養 蚕 を は じ め3

セ i

入な どに よ ってその 意義を 減じ, 変 質

したり, Q↓ セ ■@ ゥセjセ N しかし3

山 地 資 源 や 山 域 を 利 用 す る と い う 特 性

は3 フごナ

:fW

山 村 に お け る生 活 様 式 形 成

の基底条件とな っ た は ず であ り3),今 日 そ れ は 弱 ま り つ つ あ る とはいえ3 そ

の 環 境 に 過 した 新 し い 複 合 形 態 が 形 成

さ れ つ つ あ る は ずである

このよ うな

1

m

.'

えか ら,我 々は, ブナ

:

(3)

110 人 文 地 3A 学 研 究 班

に す る た め の 1つの事例として, ここで はLL i形県の 位協小国を例に, とくに 生 業 を つ くるJ

3

!

- i

長として

の山域; f

u

m

の 変 貌 と そ の 窓 誌 を 検討す る. 小l;illは U_/

)

I

"

;

;

ji ャセェyim N jjセ )i'ilIIi:lを

山 に

r

m

まれた地 域 で ,Gᅪ mセi GjG j QN ゥ SRゥ N し か し , そ れ は 近 年3 と

くに1960年 代 のlEJ j度 経 済 成 長 期 以 降 急 速 に 崩 壊 し つ つあり, [ ョセ[ lャNャ Q セi

しうるj也i或と考-え られる

ところ で我々は, 長 崎 県 の 白 馬村や背 エjZなど の

U

J

村 に お い て4),3J1¥1' [行 な わ れ て い る 経 済 活 動や, か つて行なわれた経済活動の技象を手がかり( . こ地域生態論1:";J1iJi究 を 進 め て き た . 地 域 生 態ijiHとV;J:,

短 に い え ば5), ある地域の人々が, ある11も: 代の政治・経済的条件や以

W

J

水 準 に 対 応 し な が ら , そ の 地

セ ○サ セ ZエN セZ ャ

るいは 土 地 利

F

F

J

を 形 成 す る さ ま を 解 明せ ん と す る 視 点 で あ る . 従来の

M

I

究 成 果 に よ れ ば , 生 業 や土 地

利用の変貌と( ム 一般にIIJj:1日!と空11¥1の利Jfl の 強 度化 を は か る べ く, ある 地 域 の 各 要 素 が 専I"I J分 化 し て

い く 過 程 と い え る が , そ の 対 応 の 仕 方 は さまざま である. この点、に

l

刻 す る 在 諸 積 す る こ と も , 本 m Q Q セ QQ セ iGj

JL 地 域 の 概 況

イAャ tセ Gj ,越後山lJ眠中の断層盆地を

r

+

1

心とし て,北i}ISは 大 朝 日 岳 ( 1. XWPュI [G[MQI ェセォ iJ_/ ( 2, 105

m ) を主111全とする連山に12I l まれた地域であ る

i

,町主Iltiifこ起泌をも つ い くつ か の 川)11が こ の 余 地 を 持 ちt

j設Eこを 形 成 し , 人 々 の 生 活 の 非 合 を 提 供 し ているが, 大自ら分は 出111変なL lJJ也j戒 に お お わ れ ‘て い る. III

r

ェセ ■IH@

は 東 西 約15k01, 南 北51k01で,* 日羽積 は約7 4 0 k m2 に 達 す る が , そ の9 5 %は

L

U

林であり,人口 は12,649 4こすぎ ない6) 気 候 は 典 型 的 な 妥 日本 書! の気候であり,冬季 に は 全

l

Ji:

jJfu

ifi

の降雪がある.

i

置法積雪l主.

i ut iセ エ セヲi I R 7凡を│ご らな いし3 山 I'M'jfil Sでは5,..._.,6 mに も及ぶ . また , 地 形 の 関 係 から , 日

f W

1

1

1

m

が 少 な い こ と や 秋 り ん 現 象 が 目 立 つ こ と な ど も , この地 域 の 気 候 上 の 特 色 で あ る . こ れら の 厳 し

い自然条件は, 小 田 の 人 々 の 生 活 に さ ま ざ まな 影 響 を 及 ぼ し て き た .

小越後地 ブ7と 米 沢 を 結 ぶ 組 後 街 道 沿 い に 発j主した小 国本 村 を 中心 lこ, QYUTセ Z Q QQ OJ

│習村 北 小

i

主l村と 合 体 合 併 し, 1960年 に は 津 川村を編入合併こして成 立 した. これらの1¥::1村 に は各々 ,

玉 川 ・ 荒 川 横 川 が 流 れ , こ れ ら の 支 流 を 含 む 流 域 に 大 小100余 に お よ ぶ 集 j 容が 散 ,紅 している . QセQA

山 を め ぐ ら す 地 形 の た め , 他 地 域 と の 交 通 が二

i

まか ら! 到来であ った. 明治時代にな って現在の1 J51巡113

J

;j-械 が 漸 く 開i刊され, QYSV ャセュIャャゥ N しかし, iセ QYWU QZ{Z

保 さ れ る よ う に な っ た に す ぎ な い

Jll

J

の中心部には, 1937年 に 立 地 し た 日 本 竜 興 株 式 会 社 〈 現 在 の 東 芝 セ ラ ミ y クスと! とi本 意 化 学 工 業〉があり7), 他 の 関 連 工 場 も 立 地 す る . そのため,第二次産業に従事ーする人口のj1nl合 は1975年で38. 7

% に 達 し , 山 村 に し て はかなり 高い. しかし, I1I

J

iセ i ャ ゥjイj Aゥ ェ ] 975i'

f

.

以 降 改 良 さ れ つ つ あ る が途絶す ることが多く, とくに山

n

日の 集 部 では ,農業と111Aかな林j'2

C

物 に 強 く 依 存 す る伝 統 的 生 活 が 長 いl'lJ

i

営 ま れ てきた. 人口 は1955年 の18,366をピ ー ク に 減 少 の 一 途 を た ど り, 小[ 同( j :

(4)

1

1

1

近年におけるブナ帯山村の山城利用の変貌

J

lt 伝 統 的 生 業 形 態 に お け る 山 域 利 用

伝 統 的 生 業 形 態 11[ - ]

そ の た め , 人 々 ぬ そ の う ち の

7 0 %

強 は 国 有 林 で あ る

I

E

I I

J

りで は 全 加 積 の 約

9 5 %

が 山 林 で あ る が ,

あ く ま で も農 業 を 主 体 と し て 彼 ら の 生 業 形 態 を つ く っ て き た . くか ら,

まず

:1935

年 頃 の 生 業 第 二 次 世 界 大 戦 前 の 北 小

1

1

1

の 経 済 活 動 を 考 察 し た 上EEIの 論 文8) などを参考に,

他 の

31

日付 で は

9 0 %

近 く を 占 め て い た (第 成家: 宇治2小 国 本 村 を

i

徐きp

f

LE

J:.J

也利j刊 を 概 す ると,

耕地は戸 r)I

I

t

JiE

] 弘之). 彼 ら の ほ と ん と は 問 : 業 で あ っ た が , 経 営 規 模 の 小 さ い 小 作 や 自 小 作 が 多 か っ た .

森 林 の 大 部 分 は ブ ナ や ミ ズ ナ ラ な ど の

第l 京農家;lflJ 合と操業経営戸数 ( 1935年)

γ

J

!

一諒家- 託J数総数似削、数側

γ

刻搬良山数版数山似竺

T

一│、悦片似

?

¥竺竺竺

T

!片家

!i

j恰一合竺型些竺型也一空竺竺些一室!と 円竺竺竺

ι 1

引ベ

I

:

竺?一一農蹴蹴家数

[

?│

l

仰 I

タ 〉

(

( い

F

(

兼染

( 自

[0 日 h a l1...2h a12 ha以 上

北 小 国

I

291

I

91

I

250 i 41

I

70 i 75

I

146

I

152

I

79

I

54

I

9

ry:j I卜

l

l

I

195

I

88 ! 164

I

31

I

101

I

41

I

53

1

45

1

44

I

94 ! 12

ゥ セ ェ IQ Q

i

326

I

91 1 326 1 0

I

219

I

82

I

25

I

59

I

186

I

42 1 39

I

'fJ木村 720 1 67

I

513

I

207 1 155 1 403 1 162

i

190 1 193

I

247

I

90

Mセ NN⦅N⦅M

W j

吋じ小

1

m

の分について統 計上の 誤他 があり,合計 があ わない.

A■ ヲュ￯セ ■セ

J

1J

x

の 狭 いtji.

J

長[ J 告に

l

決らj,し

ス ギ の 植 林 地 と 草 刈 場 が 集 溶 の 近 く に み ら れ る に す ぎ な か っ た .

しかし ,集 活 に 近 い 部 分 は 薪 炭 の 獲得ー など の た め に 利 森 林 は

? 在葉樹林からなる天然林で,

ほ と ん ど 伐j采 さ れ な か っ た 交 通 が 不 便 な た め ,

A mj WPE QSS S QセMQ Nシ

ダ イ コ ノくレ イ ショ

ア ス キ

;:'!f

if

f

i1

1

:

ltは 宅 地 の 近 く に 存 在 し,ここで は ダ イズ

り の 緩 斜 面 にf f: られ,

ま た , 麓 の 原 野 を 利 用 して, i カ ノ 」 と 呼 ば れ る 焼 ン な ど の さ ま ざ ま な 自 給

JT

I

作物が栽培ーされていた.

モ ロ コ シ な ど は ほ と ん ど 作 ら れ な か っ た の

ヒ エ よ111が 若 干 行 な わ れ , ソ パ が 少 し 栽 培 さ オ し た が , アワ

こ れ に

1

1 I l 地での{ 韮かの商業的 農 業 と自給 月 多くの 農 家 が 稲 作 を 中 心 と して3

このようトこ /ト 、でV

i

.

n

詰 品 作 物 と し て は , 養

j乏し、! 出あ

t

けらオもできた 作 物 の 栽 培 を 組 み 合 わ せ て

:

:

1

:

.

業のI:

l

k

本とすることが,

後 者 の そ れ

ゥ QゥセェZス uェ QPI ,

ア オ ソ ウノ レシ

蚕のほかに,

ヲ iGセェZ

ら は

1

1

1 も な く 衰 退 し¥ 3

rl tJ )J主主:

多くの 農 家 が これ を 行 な うよ うに な った が, 第 二 次111:界 大 戦 後 に は │ 京と! この 飼 育 が 導 入 さ れ3

何 れ に せ よy 既 に み た よ うな/ ト

[El

の 厳 し い 自 然

.

m

H!

生 産 額 に Ili め る そ の 割 合 は

20%

1

,こみ た な か っ た .

と りオっけ悲

;

i

ノ1:.計 を 維 持 す る の に さ ま ざ ま な7; 11'1業 の 存 在E 必 然 な ら し め た i セエ Vj:,

そ の 必 ブ ナ と い う環 境 の1:1:1で 年 による 収 量 の 変 動i慌 が 大 き い こ とな ど も,

j

f Lj f とともい え る稲作は,

ェ ゥHセ uj j

こオしを可

f

iE

にしたのが, iセiセ セスwゥ ゥ

山地の来リ

稲 作 は 冷 夏 や 初 駄 の

1

&

義 援 と と も に ,

労 働 の 季 節 配 分 を みると, 水 田 耕 作

1937

(r

l

三頃 の 重 要 な 生 業と して, そ れ に 少 数 で あ る が

1

1

'

,稼ぎが挙げられていた.

fJ'ij述 の j二

1

11

の 論 文 によっ ても ,

!

(5)

112 人 女 地 主1¥学 研 究 班

fJ

R

の 襲 来 を 避 け る た め, なる べく 111摘 を 早 め る よ う に 工 夫 さ れ て い た . 3月 の 末 , ま だ 雪 が あ る う ち

jャ セ

Wj

QU

iセ|セ ャ

Q QZ

雪 し て

5

月 初 旬 に 播 航 し た . ついで撃地して,

6

1

0

日[ 設には! 王をし,

9

月 末 か ら

1

0

月 上旬(,こは

J!

入れがなされた。養蚕は, eiセQ X ャ N

1920

年 代 の 最 焼 却jに は 生 糸 に が

J

い だ が , そ の

後 は 繭 の ま ま 出 荷 さ れ た . こ の よ う な 農 業 活 動 の 合

n

n

を ぬ什て,さまざ‘ まな 山 城 キI j J l

J

の活動が行ーなわ れてきずこわけ で、ある

j f f - 2 伝 統 的 なL

i

L

l或 の 利 用 形 態

新 炭 の 製 造

長 い 間 営 ま れ て きた , し か も 重 要 な 山地の利用形態として, 主ず示

ir

切りや 木 炭 の 製 法 が 挙 げ ら れ よ

う. 新 は 炊 事燃 料 と し て の ほ か , ャゥ jェセN ャゥ} ヲ セセェイ S 雪が! 固まる 2

月 か ら3月 に か け て 行 な わ れ た. 私有林, 共 有 林 の ほか, 払 い

i

ごげを受 けた│ 盃!千

f

i

本、fこ入り, フIナ材ーな

ど を 伐 採 し , そ れ を 縫 で 直 接 宅 地 に 迎 ん だ り , あ る い は 川 の 近 く 主 で 燥 で

/

:U

し,

1

0

月 下 旬: こ雪が降 る 前に)1 1に 流 し . 宅 地 に 運 ん だ . 宅 地 で は , 縦

4. 2

尺 (

1

.2

6

1

1

1

)

I

H

I

'i6

(1 .

8m ), Q セGiᅫ U HQN UQQQI

i

i

を つ く り 乾 燥 し た11) かつてはどの家でも, 一冬: ここの手

I

i

f

加を 3セ@ 5

H

! n

必要とした. しかし , 近 年 で は 灯 油 な ど の 埠 入 に よ り , 訴 を た く 家 は 少 な く な っ た

ij HIェ セャ ↓セゥjャj W

して急 速 に 発 達 し た . これは , 共 有 林 や , セゥゥイ セャヲ S M

イタヤ . グリなどを) }衣料とし て 行 な わ れ た . 北 小 │羽のがりを

λ

て も7 木 炭 の 生 産 量 は

1

9 1

3

年 頃 に は 約

4

0

t に す ぎ な か ったが, ャセェセj Qヲャ ゥ F QYSW ゥZ ェ UVP t に ふ え た ( 第

2

閃) . 小 │五│におけーる

i

長ーも- ---fi]支

3,500

1,5001

1,000

[ f @ J 小国町会仰木炭生産量

園 北 小 国 の 木 炭 生 産 量

1929 iき351937 1957 1960

?

r

t

2

1

立i ノj、

i

P

lIJに お け る 木 j長引陀の1 f

t

(6)

近年におけるブナ帯i J

l H

の山域利用の変貌

1 '

1';;な 炭 焼 形 態 は,

'

} ll

;

l

停で 共同でヰ の 払 い 下 げを受け, そ れ を く じ 引 し て 個 人 に 分 割 し ,各自

こ に 祭 を 築 い て 炭 を 腕 く とい う も の で あ った. 10月 下 旬 か ら 楽 作 り が 始 ま り , そ の 後3月 下 匂 ま で 炭

焼 が 行 な わ れ た .

ZZセゥ j￯ャ

) そ( 1. 8 m),

セZZ ゥ

c QN UュI

Qス

TBGMGU

] 俵

8

ヲ ヲ エI

Bj p jZ

ャ }

QPPセ

QUP

W

生 産 し た と い う . 雪が深く, 原 料 の 伐 採

も3 ニ荷負つての炭の柄引+11も 大 変 な 仕 事 で あ 勺た . 炭 焼 は 第 二次 111:界 大 戦 後 も 暫 く の 問 臨 ん で あ っ た

が ,QYVP セ -) て, 急 速 に 衰 退し た . 北 小 閣 の 五 味 沢 の 例

をみ、ると,炭焼 に 従 事 し てい た 人 数 は, 第 三; 大大 戦 中 に は 約20人であっ たが, 1955年 頃 l こはそ の 数 は

8人となり, 現在ではI! 仕 1人がこ れ に 従 事 し て い る に す ぎないという

2)

L

L

I

菜 と 茸 の 採 集

山 地 利 用 の 三 つ め の 形 態 は ,宅 地 の 問 辺 か ら │司 有 林 の 普 通 共 用 林 聖 子 ま で に お け る 食 料 と し て の L

L

!

SU NセG I N lliセ 雪 解 け 直 後 の 前 山 で の フ グ ノ ズ 〈 フ キ ノ ト

ウ) . コゴミ( クサソテツ〉 の 採 集 で始まった。 5月 中 句 か ら 奥 山 に もJ采集範囲を広 げ , ゼン マイ

ウド シト。ヂナ 〈モミジガ サ) ・ショーデ ( シオデ ),

6

月 に 入 る と ワ ラピ・ブキ . ミズ( ミズ ナ 〉 な ど を 採 集 し た . ゼ ン マ イ 以 外 の 山 菜 は 一 般に野菜といわれ, そ の 筏 類 は30種 類 にものぼる] 皇ーから 駄

にかけては, ナメコ マ イ タ ケ アガキノコ( マスタケ〉 ムキタケ・ワガイ( ヒラタケ) ・シシタケ

キ ク ラ ゲ な ど の 多 間 多 様 な 茸 類 や 卜 チ グルミ ーヤ マ ゲ り な ど の 木 の 実 が 採 集 さ れ た . こ れ ら の 多 く は イ セ Zj キ=. t: , 什)1は 乾 物 あ る い はj話漬 けにさ れ , 積 雪 期 の 大 切 な

食 料 に なっ た これらのうち? とくに ゼ ン マ イ とナ メ コ の 探11支や栽培が , 山 城 利 用 の 経 済 活 動 という

Iセ@.I, で , 炭 焼 と と も に 最 も 重 要 な も の と な' : ) てき た これらも 現 在 で は 衰 退 傾 向 に あ る がp 今J=iまだ 続 け ら れ て お り , 近 年 の ー 一つ の 特 徴 的 な 土 地 利 用 で あ る 「 ワ ラビHl}J 12 )と と も に 後 で 述 べ る

3) 木地の製作こと

H

木j也の製 作,木の皮や/ ) る の)JlIT_, Qセf

と っ て 重 要 な 現 金 収 入 源 で あ った. 木 地 の 製 造 は ,小 国 で は 五味? 尺や赤 沢 で 盛 ん で あ っ た13) とこで

は同 開 の

jl!:

汗Jな 雑 木 を 利 用して, KQZャゥ セゥセ N 木 地 に す る 木 は 夏 に 伐 採

し , そ の ま ま 山 に放置し, 私'十こ水量: が多 くなった l時 期 に 各 家 の 区 別 の た め に 「 判 」 を 山 刀 で 彫 っ て 目

印 を つ け , 共 同 で 川 に 流 し て 述 ん だ14) 冬 に な っ て , ん よ う な 〈 手 斧 〉 で 荒 型 を 作 り , 水 力 ろ く ろ で 木 地 を 作 っ た . i セ ャ エ Q GI 多 く は 詮 り を 施 し て 商If j! と した ! 日. これら

セi ゥイ 1922年 に 斉 際 某 に

よって再建され, 工 場 が 設 立 さ れ た が, 1952年 頃 再 び 消 滅 してし主' ),1こという. し か し , 木i也の製 造

は, こ れ ら の 集 治 で はト ー! 昨冬 季 の 重 要 な1;';IJ3it

S

で あ 1 た

本 のJ支や つ る の

1

J 1 l 工も仁冬の話I j 業として行なわれた たとえば,フ, 1,ウの本! 支から山刀の袋やノ、ヶ マタタピやアケビのつるから- ザノレやテンコi /

_

f

!

r::られ, マ ダ ( シ ナ ノ キ 〉 か ら はl支を来 iJ

m

して 昼 飯

p ゥセGiI iェ jャ j シG N QPセ Qャ

い は 古rpに 保 存 し , 冬 に し7こ. これらはlまとんどが 女

I

'l

の{ 士

)

)

1

主で、あ4〉fこ.

(7)

114 人 文 地 理 学 研 究 班

翼 冬 のアオシシ( カモ シカ〉 到: りと春と秋 の

t

i&

狩 りが主なもので あった16) これらの 集 裕 に は

;J

:

:

I

越ま た ぎ 共 通の,

d

守猟に まつわるイヌ説,

U

-

'

言葉や狩a 7i ¥? 去 ?狩猟組! など が存不

E

して いた17) しかし, これも カ モ シ カ が 天 然 記 念 物 に 指 定 さ れ た か 厳 し い 戒 伴 と 作 法 に し ば ら れ る こ と か ら 若 者 に 敬 遠 さ れ9

1955

年頃には衰退した. 現在三では, 狩猟はウサギ・ニヤジ ・ ヤ マ ド リ ・ タ ヌ キ な ど を 対 象 に 趣 味"1りに行 ー ゥ Q ャiA ス S Pセ

4) か や と 干 草 の 採 取

山城のもう一つの重姿な矛

IJH

:J

形態が, 入会山で のかやと干 の 採 取 で あ コた これは現金収入訪日と

してよりも3 家 の 保 持 や 農 業 を 営 む た め に 不 可 欠 な も の で あ っ た GセQOP Ijセ@ 1;I1Jが あ

るのが一般で3 こ の 意 味 で は , 共 同 体1'1守│生絡の強い伝統的な生活版式を制

i:N

J

ーする仁│川家ともなってき た . か や は 屋 根 を 葺 く の と , 冬 lこ 家 の 周 囲 に 雪 囲 い を す る の に 必 要 で あ っ た . かやは,

1

0

月 下 匂 か ら

1

1

月 の 降 雪 ま で の

n

:

']

セ か やj易で共同で採取された . メIJり取ったかやは一 地えの大 きさに束ねて , 保 販 後 全 員 に 平 等 に 分 配 さ れ た. このか やは雪間いと して使用し た あ と , 保 存し,屋根葺 きに利用 した.

屋 恨 を 葺きかえ る家があるj易壬七 かやを

1

定供し合うかや無 jまがあった

また,小匡! では大抵の農家ヵ: 馬か牛を飼育していた i セH Z エャ ャ ェエゥェ セjャ

し て 飼 育 さ れ た . こ れ ら 家 畜 の 飼 料 と し て , あ る い は と く に 厩肥 をつくるために,

1

采ljiは 農 業 経 営 上

必 要 不 可 欠 な も の で あ っ た . 5 月上 旬 ,

1

向雪とともに採草地に火入れをし ,匠! の平取が終る 7f セ@ 1=j:1句

X N セiMZj ! 日{J 革や午革の採取

は共同 で行なわれた. その場壬弘 1戸 あたりの人数 (11;出ミがな されていた. によっては,

1

采草地を

個 人 に 分 割 し た り , 草 が 豊 富 たζ とこ ろ で は い く ら 刈 っ て も よ い 場 合 も あ っ た . メJIり液った翠[は,

1

宗主主 地 で 乾 燥 さ せ て か ら 家 に 淫 んfご. 小国では DFi'草の成育がよく, ,主! 有地の-i }l ) も 採 草 地 と し て 利 用 さ れ

ていたため, か つ て は 周 辺 農

4

寸ーか ら 干 草 を 買 い に く る も の も 多 か っ た

この ように山 村 で の 生 活 に 重 要な 意 味 を も っ て い た 入会山 も3 しかし ,新建材の 普 及 や と く に 化 学

肥料の出現によって,

1960

年 l演 を 境 と し て その多 くが不用にな った. これが3 後 で 述 べ る ワ ラ ビ 町 が

成立する 直 接 的 な条件となっ? と .

] [ - 3

ヲセ Iz

ノト匡! の伝統的な生業形態を担乏観してきたが,その特徴は3 シ Q セ Q Z Q

のであ ったがp 農 業 だ け で は ゴ三計を維 持 す る こ と が できず, 災 に さ ま ざ ま な形での山 城 の 利j刊を 組 み

合 わ せ てきたこと にあった . しかも, その山j或の利 用 は , 後 で述べるナメ コ,ゼン マイやワラビ 採 取

も 合 め て , あ く ま で 国 有 林 と 入 会 山 の 利 用 をlこ│二l核 と し た 生 産 性 の 低 い も の で あ っ た . このことが, 方では住民が農業を中心にさ住吉 十を つ く る こ と を 余 儀 な く し た が , 他方で、はそれを補うべく1!IRji広い i上IJ 或

利 用 の 機 会 を 提 供 す る 悲

2

2

と な っ て き た

周知iのように 東 北 諸 県 で は , ! 亙有林 野 の 割 合 が 非 常に正j:い. これは, :J也秘改正に お け る 明 治 維 新11ネ

の勢力 関 係 の 反 映 とか , 官 民 辛子IK分 事 業 笑 施 の 際 の 淳 一 者 の 欠 如 などから 説 明 さ れ て い るが3 小 田 も

(8)

近 年 に お け る プ ナ 帯LLJ村 の

JJj

域 利 用 の 変 貌

115

セセl

ィ。

P Q}N

このうちp お お よ そ 半 分 ほ ど が ,入 会 林 野 の国 有 林 へ の 編 入 の 代 償

と し て の 共 用 林 と し て , 住 民 の さ ま ざ ま な 利 用 に 供 せ ら れ て き た . た と え ば ,

1962

年 に は

1

8

891ha

/す

j Gf i セ Qス

L899ha

の 薪 炭 共 用 林

日1}と

148ha

の放牧共用林町' が存在していた. 現在

で も 約

2

6

O

O

O

ha

の普通共用林野が, IlJ

J

全 体 に 広 範 に 分 布 す る ( 第3図) . これは住民が山菜や茸など

の 天 然 物 を 採 取 す る林 野で,現在ではH l } が そ の 利

用 権 を 営 林 署 と 契 約 す る が , 実 際 の 利 用 に あ た っ

て は 従 来 の 利 用 慣 行 が 重 視 さ れ , 部 落 の 専 用 利 用

に供せられること が多 い18) すなわち, 共 用 林 野

は一 方 で は , 住 民 の 伝 統 的 利 用 権 を 保 護 す る 側 面

をも ってい る. しかし,共用林野は{ 也方では,住

民 に 国 有 林 を 保 護 管 理 す る 義 務 を 課 す . そ の た

め,その利用( ,ζ は さ ま ざ ま な 規

t

W

J

が伴う.

1942

年 頃 , 小 国 の 農業 生 産 の 諮 問 題 を 検 討 した

斉 藤 も こ の こ と を 指 摘 し て い る19) 彼は,

r

明治

I

3

5

( 1902)

年頃までは官有地の無断開墾も寛大? と

喜多 国 石 共 用 林 野

- ナ メ コ 栽 培 貸 付 地

第31盟 小悶IHTの 国 有 共 同 林 野 と ナ メ コ 栽 培 貸 付

地 の 分 布

許 可 さ れ , 米 ・ ソ パ な ど の 収 益 も あ り , 村 民 の 経

済 生 活 は 決 し て 憂 慮 す べ き で は な か っ た しか

し,

t

斬 次 取 締 り が 厳 霊 化 せ る 結 果 , 無 断 使 用 は 全

く不可能となり, 生 産 活 動 の た め の さ ま ざまな 弊

害 が 目 立 っ て き た .

J

と述べている . つ ま り , 計 画 伐 採 と 植 林 に 伴 う管 理 強 化 や 国 有採 草 地 で の火

入 れ の 禁 止 な ど を 通 じ て3 音)1落 自 体 か ら 生 ま れ る

経 済 活 動

v

; t 大きく制約されることになったわけで、

ある.

資 料 : 小 国 営 林 告 の 資 料 よ り , 斉 jj渠 功 - 市 南 女 ー と と も に 作 成

ま た , 小 国 に は 入 会 山 と し て 利 用 さ れ て き た 民

有 林 野 も あ る . こ れ は 近 年 で は 植 林 さ れ た も の も

多 い が3 か つ て は そ の 多 く が 薪 炭 林 や 採 草 地 と し て 利 用 さ れ , 国 有 共 用 林 野 と 同 様 の 機 能 を 果 た し て

きた. 1]Xel; 4図 は ,I日} 有 地 の 一 部 〈 部 落 へ の 慣 行 貸 付 地 ) ) 部 落 有 林 と 共 有 林 の 合 計 で20), 入 会 的 に 利

用 さ れ て き た 氏 有 林 市 積 を 部 落 男JIに示したものである. 南 小 医 ! と 津 川 に 多 い パ タ ー ン を 示 し て い る

が, これらの総市在

i

は尖に

1

3

400ha

に達し3 こ れ だ け で も 私 有 林 面 積 の

3

倍 に 近 い

こ の よ う に 国 有 林 と 入 会 山の 広 範 な 存 在 は , 住 民 の さ ま ざ ま な 山 城 利 用 を 共 同 体1(悦生格の強い , か

っ粁げj文的なものにとどめ る大 き な 条 件 に な っ て き た. しかし ,

1960

年 代 の 高 度 経 済 成 長 期 を境と し

(9)

¥ -﹁ ︹ J / / J J 1 1 / r J { /

/

/

/

/

f 〆 r J / 〆 / / r J 、 、 ﹀ { , J 、 ‘ 、 ¥ 、

且、

h

J

¥

/

〆一

}

1

-L

t

i

-一、

J

?

-一

--J i -ー

t

L

f

r

e

f

J

γ

!

}

1

1

v・、

t

人 文 j也 ] 史 学 iiJI 究 t 16

2. 000ha

J

{

k

十 騒 議 総 議 融

:ニ

{

f

j

緩 議 議 議 機 鋒 夢 選 翻 織 議

i h/ー_._ノ

議 機 議 議 饗 藤 議 機

1

ぷ謬数滋懇欝

¥ 議 議 議 議 議 欝 瀦 綴 繍 霊 安 ¥

機 麟 議 議 懇 議 機 釘 一 機 鱗 闘 機 ダ

!

¥議議選叫林綾援護譲緩護費 必撃か紘総勢崎断

織 機 ハ 干 緩 議 欝 議 議 機 繍I ) ' :>>

〉 警 護 鰹 翠 謬 鮒

f

j

f 将警護綴縫室参崎議議ぎて 鱗議議議繋 J

持議議議援議議幾多7,-一一¥ がう滋り経験伊 / )

ノ |セ ' ¥ . _ 為 畿 綴 議 議 滋 野 /

〆 ー ¥ 喰 務 総 捻 詩 謹 援 に ノ

I ¥.._ 匂 鯵 グ/ f f」f f

/

/

¥

¥

'

!

.

J

戸r

¥ (. /

¥

¥ ,1 I

(

)

¥

¥ ノ

¥ セM

¥''-、、 戸 ノ

セI@ (

ノ '

/

" へ /

}ーノ

¥、 l

、/ 、、,

¥ . . - . _ rノ

、 _ . - 、 、 l / 、 , 、 、 t ¥J i

500 100 50 10

j生前J . !JIfHt.J;hi ( uf費

む 5 k m

ャャゥャ A■ ij ュ ェ セ|ェM ゥヲャエエ

(10)

近年におけるブヅ;fi ¥:iiiセZ[I QiQ ェ ェ

_ ゥセFiセiA l lゥ j オュ

百 近 年 の 山 域 利 用

日1 - - ]

I

i

有林間・の手

U

)

伝 統 的 なj主

i

有 林 野 利 用 を 引 き 継 ぎ ¥ し か も 支 経 済 成 長 期 以 降 も 特 徴 的 な , し、なむしろその問に急

したLLI 域 別 と し て , ゼ ン マ イ と ナ メ コ の 採 取 が 挙 げ ら れ よ う

1) ゼンマイ j

JI支

で い つ 頃 か ら ゼ ン マ イ 際 取 が 行 な わ れ る よ う に な っ た か は 不 明 で あ る . 自 給 食 料 と し て の 採 取

は く か ら 行 な わ れ た ら し し 、 が , ゼ ン マ イ が 商 品 化 さ れ , 小 国 の 住 民 の 経 済 活 動 と し て 意 味 を も つ よ

う に な っ た の は 明 治 末 頃 か ら と い わ れ て い る . 1937年 頃 lζ は3 そ れ は 生 業 と し て か な り 重 要 な 地 位 を

li ゥ RQI ャャャセ 1955,:

Q

ミ頃から,消費生活の向│二lと伴う

成 長 し た22) ( 第

5

図) .

15

10

1957 1960

1952 1965 1967 1970

tg

51玄i ゼンマイとナメコの生産主の推移

資料:ノト│ 主]OIT勢 変

!s

i

な ど よ り 作 成

ゼ ン マ イ の 探JI支は, 5月 初 旬 にTFTLLJで始まり,

n

日もなく奥山に移行し, 5月末、まで行なわれる. か

(11)

118 人 女 地 ]当l 学 研 究 VII

導 入 に よ っ て 田 植 時 期が 早 ま ったが,

I

¥1寺に省力化 も実現し,

ii ャェZ セ

れ て い る.

ゼンマイの採取は, 滑りおや福島県などの他の地域と同様に? 宿泊と

i

i

l

l

い の 二 つ の 形 態 で 行 な わ れ て

きた23) 両者ーには伝統的な採取区があり ,互 い に 淡 合 し な い よ う に 配 広 さ れ て き た . 百

/

)

1

宗としての採 取 区 は , 大 字 界 で 決 定 さ れ て い る 5月初旬 , この付 近ーで は ブ ナ が 芽 吹 き 始 め る . そ の ブ ナ の 業 の 色

をみて , ス ノ 山 ( UJ菜とりのi J _j ) 入りの 日を決める . 宿泊の 場 合 , 4月下旬 か ら 資 材 食料を) iliび あ

げ3 スノ 小屋と 呼 ば れ る 小 屋 づ くりを始 める. ス ノ 小j屋歪土コ、はは十lj主: ブオ' ( " 常;

に建てら れ る 仮 小

i

屋歪で、ある. Hセ j場揚如

J

所珂 は' 探] 収反の{ 使史' エ平F-宜坦

J

j地色であ ること》 日当りの よいこと , 水 流 が あることなどを考! をして選ばれており ,サ j 内iセセ灼│Iqに三淀

E

まつている .

u

山J jに 入 る の は ,

一i判! 何司からおり人( 男

1

性) 1人 と も み 人 ( 女

i

性生) 1人 の2名でで、ある 各 戸 がj採采l板反する

u

J

-

'

1.

でで、あるが , 実 際 には慣例│めな「なわばりj が 存 在 す る24)

お り人はゼン マ イ を 採 取 し , これを 1: ]1: に 午 前 と 午 後 の 2[ f I 1,小尽にわ

1

ける . も み 人 は 小 康 で そ の

わたをと り, 3階 級 に 品 質 区 分 を し て わ らで料り3 灰 を 入 れ た鍋でゆでて, 冷 水 で 冷 や し て か ら 廷 に

広げて乾佼ーさせる. こ の 間 に 品 質 を よ く す る た め に ,何 度 も 〈 一 般 に7凶〉手でもむ. 天:: ]1:乾 燥 が 一

般であるが, 雨 の 日 な ど は か ま ど の 上 に 金 網 を ひ い て 弱 火 で 乾 燥 さ せ る こ と も あ る . 天 候 に よ っ て 異

な る が , 乾 燥 に は 2,.__,4 日位要する . こ う し て 完 全 に 乾 燥 し た も の は , 生 ゼ ン マ イ の10分の 1に 重 量

が 減 少 す る . そ の 後p 家 に 運 び , 麻 袋 に 詰 め て 入 梅 前 に 業 者 に 売 り j皮す. お り 人 は 個 人 授 が あ る がp

1X GTPセXPォァ 約20E:] 1M] LLiで 生 活 を し て , で80,.__,150k gの] ; 吃ゼ

ンマ イ を つ く る . これは3 最 盛 期 に は こ の 地 域 の 1 h a 弱の水田に1 2 . s 敵するl収益をあげたとし内、25) 1970年 頃 に は50以 上 の ス ノ 小 屋 が あ っ た . 通 い の j場 合 は , 早 朝 家 をtl:',て夕方まで採1]記し,それを自宅

で 夜9時 頃 ま で か か っ て 処 辺 す る . 採 取 す る沢は ,協 議 し て 時 々 か え る と と も あ る が , 宿 泊 の 場 合 と

向 様 , 各採 取 者 の な わ ば り が 暗 黙 の う ち に 認 め ら れ て い る .

これ らのゼン マ イ 採 取 は , 五 味 沢 や 長者原など, 荒川

l

と玉川 の 上 流 地 域 で と く に 盛 ん で あ っ た . し

かし ,最近で は 他 の 震 用 機 会 の 増大, 家 政 構 成 の 変 化 や 、 あ るいはゼンマイ 係 坂 は 危 険 な 重 労 働 で、あ

ることな どから26), そ の 活 動 は 急 速 に 衰 え て き た 〈 第5図参照) . iセ i A S

1981年 に 宿 泊 で ゼ ン マ イ を 採 取 す る の は 五 味 沢 に13軒 , 石 市 に 2iH

l

存 在 す る に す ぎ ずp あ と は 全 て 通 いで、ある . そ の 採 坂 活 動 は , 次 第 に 高 齢 者 の 小 遣 い 稼 ぎ の よ う な'1):1:

1

:

名 を 帯 び て き て お り , 代 わ っ て よ

そ 者 が う 町 に 入 山 料 を 払 っ て , ェ セI

てきた

2) ナ メ コ 生 産

天 然 ナ メ コ の 採 取 は3 ス ゥヲゥゥゥ{￟セゥ

て い る が , 鉄 道 が 関 連 し た193611:ミ頃から

iM

-f

2

えした. ェ [セ ゥ

事する 家 が 北 小 国 だ け で10戸ほどあったと い: )27) . 1940年頃 に ナ メ コ の 校 日 に 成 功 し2 第 ごj大11LW大

ゥャ セf Oヲ 19551=1三頃から再び 急 成 長 し た く 第5 1玄

l

参照) . ナ メコの係

/

J

支や栽培

(12)
(13)

120 人 文 1:也 主: I! 学 研 究

w

[jセ@ 6I立I /j'-I'

巴 川 川 川 山lヒM一 ミ 夕 ワ

z

z

月肥M叶仙断η附ψ fj山伽託巴十山:い山'7うヒYi

口机ワラヒlii l

(14)

j庄{I二におけるブナ;:lhiLj;、jのL1. 1域手I j nJ の変引!

と さ れ て い る ( 第2 1ミ) . し か し , 王 な 状 態 で は10 aあたり300kg位の1 j 児島: があると

i

してJ;すり,実

I

I

J

f

の は こ の 数 促iーをかなり上回るものと考えられる

121

小 の ワ ラ ビ リ

i

F

,の

現 在 約1,100haに達する. ワ ラ ビ 野 の 分 布 を み る と 61辺) , 4ha以

S iht QPォュ ゥセhセ

の 上 に 多 く 分 布 し て い る . サセ[セセョ jゥ QPPィ。 itャス これは全く

*

1リ

j文│ 杓に利jご円されている荒したワラピ

U

1

1

である. LLJ菜 は 経 済 林 が 育 ち に く い 所 で よ く 繁 茂 す る と い わ

;flJて い る が3

w

むこ述べたように共同利用の林野面積が広いうえ, 1975年まザで、小

[s

lI

:I

=

1

J

L

i'

m

と の 冬 季 交 通 が 完 全 に 途 絶 す る よ う な 地 域 で あ っ て , 造 林 事 業 も 遅 れ た 地 域 で あ っ た .

ワ ラ ビ 栽 は , セu ェ ャ

対立であるが,

m

f

焼きをしたり, Iゥj ェ[[Zセ _ZZ 1976: ;=r ' - 頃からj主 成 さ れ る よ う に なJげ'こ. こ れ は ? 北 小

i

五! の針生平に5ィ。 iセ ゥ RPィ。

i

'

l

:lj11の 新 肢 と 河 原 角 lこ10ha

S iセji ffj H V IN

ワラピD l } は,よそ者の

M

[1引采 11;<を

lU

j

も あ っ て3 ら れ て い る . か つ て の 探 平 地 や か やj易のうち, も の が ワ ラ ビ 野 と し て 利fj干されているjっけである. ワラビ

W

}

は,

の( 頃会

i

;

の緩やかな分 5 0 0 m以 F ) に位置するものもあるが, 多 く は 河 川 に 国 し

る. セセ ャ ワラピ く, lJ

E

i

J . 、で,とくに保水力に富む地によく繁茂するためと

え ら れ る . 日 照 は そ れ ほ ど 多 量 に 必 要 と し な い が , セ SRI ,日のあ

た る 斜

lf

ii

に つ く ら れ て い る . 大 規

!

1

英なワラビU l }は ( 100ha),ノトヨミ)11 ( 80ha), 片 貝 ( 60ha),

( 60ha), 五 味 沢 ( 50ha),ノ? 山・尻尺 ( 50ha),大石沢 ( 50ha) などにみられるが, Qo セSPィ。@

ものが多い. ほかに,

は 一 両 も え ゥセ

ごく近辺にも,小規模なワラビり! } がみられる. ワラビ野は, 夏 に

らは牧] 草地のようにみえるが, Iぬ 駄 に は も て 茶 褐 色 に な る .

2) ワラピy !} の利用Jf: ?岳1.

ワラビUFI ' は,かつての

J

未 草 地 や か や 場 に つ く ら れ て い る た め , そ の 経 営 ・ 信 は

i

刊 誌 に よ っ て 行 な わ れ て い る も の が ほ と ん ど で あ る . 北小毘! の石

I

む と 川 の 沼 沢 ・ 新

l

i

支. 大石沢ー [=::I子 沢 に は 共 有 地 を よって経営されてし¥るワラピ野があるが, 他 の ワ ラ ピU! J 'はその地がIWf有 地 の 貸 付 地

であれ, あれ,

1

iiJ

れも

ワラビU ' } の一般的な造成法は, ワラ

の 場 合 , 火 入 れ 後 約1 週間jから101:]

が で き る よ う 調 整 し な が らp

JV

J

に , よ そ 者 が 無11)[で ワ ラ ビ

行1:た況をみながら,

そ れ に 近 く に

lこ迎給する lilHJ'fき

ワ フ ヒ

ある.

■セQ N

ることができるようになるので, その! 日) f こ

i

は5月15,.__,20 1-=1

る の を 防

きを行なう こし: 立}日=lj直[Ij片手jの

もある. 火 入 れ[1は, {i

i

'

雪 の 状 悲 や 作 業 の 進

予め1週間のill

λ て ,IHJ

p 大入) ,しのをEj : J 話しておく. 実施日には,

] 戸 か ら1 人 で る に一

(15)

!

"“

1

1

人 文 地

J

J

!f セ 122

¥

1

/

存j廷の 総 意 で

t

J

と定

I

J

支の おFJ始1- ': と終了l二,セZZャZ @

6月末 まで続 く

ワラビ の

J

采取は日刊直後に始まり,

ェ j iQiセ ヲZャ iji セ]M ェャ QT QQ H 採 取 人 数 ( ] 戸

2

人まで〉

部 落 に よって 若 干 異 な るが,採取日 される

ゥ j Q ヲ セQ セ iGi Iセセ R PQ}

1

J

I

I

支する

また,

5

ョ QPQQセ○ Z シ

セ G

しか し, ; 刊誌か ら

I

:U

た 人 は5 [:1 に1uUI決 される とい った決 ま り な ど も あ る .

こ と が で き る が3

ェ ャ jjセセ ヲ N J采取

次 第 に 意 味を うたい, 規 定 は 近 年 の 就 業 の 多 様 化 に 伴 い3

RU」ュ H ャセ ュ セ

に は , 老 人 や 主 婦 が 従 事 す る こ と が 多 い

[ セ ィ[セ 普通, 採 取 開 始 後

3

1

1

寺山 位 で 引 き あ げ る.

暑 く な る と 労 働 がき つ い の で1

1

人で

1

20

_____,

40k g

採 取 す る . 野焼きワラビ野の場合,採取終了後,

3

2

年 の 火 入れまで欣I' i

R

する

刀〉,

次 第 に ワ ラ ビ の 品 質 が 溶ち るという

Q セ

ワ ラ ピ の 発

ャ iセi ゥ Z ST I

}

j巴培ワラビ野の造成は,

t

ニ じ 雑 草 が 多 く な る 6月初旬と 7月中旬頃に,

2

' "' -' 3

年 こ れ を 施}j巴管辺lする 生を 促 進 さ せ るために ,

3:1'1二

面 刈 払 い を 行 な って 肥 料 を 泌 す . 肥 料 は ,

10 a

あたり

2

( 40kg)

のJ未来ヵ 肥料 を 投 下 す る 探取引j 始 │ヨは 天 候 によって影 響 さ れ

i

可じ方法で管 l盟する

目から4Aイセ

成 長 の 度 合 い を み な が ら ,3r--J 5 E: I お き に 採: J医する . 養 分 の その後,

5月25日 頃 か ら 始 ま る るが,

必 要 な 場 合 に またワラビが│頂 くなることもあ って,

1

*

11

支は6月 末 でや め る.

蓄積をはかるためと,

Jl 巴培ワラビ日l}で は 火 入 れ を し な い の が は , 融 雪 後 の ワ ラビ の 萌 芽I1寺 (5月上 旬 〉 に も 施 肥 を 行 な う

G Q セ QQ

一 般 で あ るが,

5月 l:j= 1 句に雑木の

t

j!f :!L

い と 施 肥 を 行 な う といっ たが1]35) もあ で,

セゥ QP

そ れ 以 る

と斐の

F

'

i

i

ブゴ が 採 取 に従 事することが 多い .施} ] 巴の効果は ,

前 の 収 穫 量 の デ ー タ が な い の で 不 明 で あ る が , 発 生 率 が ふ え たう 持口ワラピ闘の観光 客数

( 1 981年〉

8 1 1 1 3 6 4 3 2 3 1 2 2 4 2

7 1 4 1 l i l i -l i l i l i -i l l -l i l i -7 ! 1

i

5

1

1

1

2 2 1 1 2 1 1 1 ] 1

2

'

t

'

-一

1

1

1 1 1 1 1 1

1 1 1 1 1 l i l i -l i l i -i l i l l i t 1 1 l l i │ │

l

i

一ノ

7 3 5 2 4 5 5 6 3 4 7 0 9 4 0

4

9 3 1 3 7 7 2 2 6 8 4 7 7 1 2

5

1 A 1 i 1 i A

'

J

Y

J

τ

1

ν

!

第 3表

ワ ラビ が太く, 質 が 一 様 に な っ た と い う

多 く は 山 系統

i

土日fjされるも の も あ る が ,

j采取 され

7

こワラ ピは,

津川

i

で は ほ と ん ど が 農 協 を 通 菜のイ111

I

ヨ 商 に 生 の ま ま 販 売 さ れ る

マミ叱i、1.1.1

i1 叶ゾti ェセQQ| G ゥj@

し た 系 統 出 荷 で あ る が3 他 で は 多 く が 個 人!=Uサ Giセj N

と個人 出荷の ;! 司令は,小 国 i1lT全 体 で お お よそ2対8 と推定 され て

系 統

I

:U

パ苛の場合,

1

k g

の 束 に し て ,

4

ォァ セZュ A i ェ

いる

業 者 に 販 売 す る 場 合 ,

2

k g

の束 にして そ の まま波す

l

f

反 す る が ,

イ1:11

貿 業 者 は , 小 田 売

{

if

lit

各は ,

1980

年に

1 kg2

0

0

- - - 3

0

0

円で あ った

米 沢 市 な ど か ら も 買 い に

111形TI:T

ITIJーか ら だ け で は な く , 新 潟 市

その 数は, 約

20

人 と い わ れ て い る . さI:=-で、売り 残 し た ワ ラ ビ くる

n

A e F h u

i

n

o

n

1

J n u -A d

h

v

i

n

i p o q L q , L

u

q

L

q

U 1 i -i 1 i 1 i 1 i 1 a n L

L I F J J J J F D F O

そ れ ピニ ール 袋にiijiめ か え ,

ェ } jQ セ[￯

を さ ら に1斗 協 に 詰 め て 迎 宣 販 売 す る

43

このI ;IJ:JUI )に は 労 働 力 の 集

そ と で

1976

年から入山平│を と っ て ,制 光 客 に自

1

1

:

:1に ワラビの採 取 は繁J切にあたるた め,

1=1:]が

iO

x

しい

(16)

近年におけるブナ帯IJli'すのはl城京)J刊の変貌

ヲ I JMセi

1

9

8

]

年に日ff ' 焼きワラビ野で

1

000

円, lJ

E

培 の 場

Q UPPセR ooo N そ れ よ り 長 い ワ ラ ビ を 自 由 に ほ 較 さ せ る が , ほ

と ん ど の ワ ラ ピ

U

l}

で は , 地 元 氏 が 採 取 し 終 え た 午

l

?j

i I1

0

1

1

#

l

から,をiHl

I

J

浪 し て 観 光 客 に 開 放 し て い

る.

1

シ ー ズ ン で

1

500

人{ 立の観光客を入山させているワラビ閣もあり

3

表), ワラビの成育の関

係 か ら 毎 日 入111さ せ る こ と が で き な い の でp 現在では[ j1: し 込 み に 応 じ き れ な い と い う . 観 光 客 は 県 内

存 地 か ら の ほ か , 新 潟 ・ 市 応 ・

1

1

1

η

2

7

などの都市ーからくるが

1

:

:

1

帰 り が ほ と ん ど で あ る 。 こ の よ う な ワ ラビ狩りの観光客数は, lilJ全体で1万 人 近 く に な る と み ら れ て い る .

1

Y

- - 3

近年のi - ! _ JJ1J兄弟 jJljの

以上, この章では

1960

年l表 以 降 の 山 城 利 用 を み て き た . そ の 特 徴 の 一 つ は3 一

1

1

寺,

1

上i菜 需 要 の 増 大 としてゼンマイとナメコの生産が急) 瓦長したが, 〕; 去近で、は{也の伝統的1111或手l J ) 二百と同様,

し て き た こ と で あ っ た . こ れ ら は ,L況 に 述 べ た よ う に 国 有 林 を 利 用 し た 経 済 活 動 で , そ の 衰 退 の

の原│ 主! が千七氏の

{

W

l

にあれ,

u

D

i

に あ れ , 小 田 のUJr ! 日注氏の「国有林離れ」

と み る こ と が で き ょ う

実際,住民の伝統的なLLJ域 活 動 の 哀 退 とH

す る よ う にJ

1960

年 頃 か ら 国 有 林

I

T

I

r

における に 行 な わ れ る よ う に な っ た

ノト

i

君 は 広 大 な 林 野 間 積 を 拾 え な が ら , 交 通 条

件 の 改 良 が

Ja

れ , 人 工 林 の 造 成 は そ れ ま で ほ

とんど、行なわれてこなかった.

1960

年 以 降7

100

r---'

300ha

の ス ギ の 造 林 が な さ れ て き た

( 第

7

悶) •

1970

年 に 入 っ て か ら は ? 林 業 構 とし

2 ,600

n

u

u

v

n

u

n

u

-n

u

n

U

U

n

b

R

v

n

2 ,500

20 ,000

保 育 運 積

て,

1

ミ 有 林 に お い て も に対ーする関心

が ま っ て き た . そ の 結 果 , 人 工 林 率 は

1961

6 .

5 %

にすぎなかったが,

1975

年 に は

1 2 . 6 %

, 現 在 で は

2 0 %

近 く に 増 大 し て き た こ の 造 林 事 業 の つ い て は 後 で ふ れ る

一 方 , 伝 統 的 な11r J 或利用が一般に弱化する

な か でJ

l

L

J士

f

u

利 用 の 新 し い 一 つ の 形 態 と し て

↓セHセ N ここでは

ワラビ! H }の成立と j到 す る 若 干 の 条 件 を

ることによコて, J_j_JJ)j日手!J)羽

しよう

(17)

[

E

2

1

人文士むl Jlj や{I)f }t;

/1 2 4

I ェ jセ セ ャj

? とず ,

J"

I

設に お け る ワ ラ ビ野 の 成 立 と発 達 を 支 え る条例こと して,

もIIJ : ) らカ斗 こさjしてし、ZJ

必 ず し

ワ ラ ビ の 自 生 地 がJi足斗けーる.E JUj]=jについては,

挙むずることが で き ょ う.

-

t

i二年平均1¥年水

Jit(

年三F' :

J

勾会

Li R

泊三 10. 9

0

Cで' J HiJ: '辺j忠

JlJX

にj七 しi ;:i jJiill で,

こ の 地j或は ,

わLゴーではないが,

S QSR NVQQQ

QQQ

-- -I[l 引 こ LLI;京 成 育 に必公: とされ る 条 件 にき わ め て 点主れ てL、お

r; ブ ヒ

jこj京rl: :/の 有 機J兵: の分併を平め, J l 自伝な j-. tNを つ く る -I )i lと な る

雪? 立その保温効果によって,

し/

l_ ' ¥

ことが必三! ぐといわ

J

してし¥るが J卜1,1:.1,

1

) ,( 水力に ニL:.

t&

がj従く, 比較的Jl巴jλ で ,

野σコJ1 え立には,

セ ヲ ヲA Q

この 点 で も ワラピ III}の

JJx

i' (

=

に 南 部 の 地 域 は 安 山 岩

1

4

の ーは そで 水 も ち が よく,

備 え て い た

ノ!::.JYょするすること

ト ト

E

I

はi! iくか ら 良j託の

'j

l

i

こ れ ら の 自 然 条 利 二 はUlf '卒の) j x宵にも過して. ic;; り,

主fこ

I

m

]3

D

J

J!N

か つ て 各 農 家 が 巴 を 獲 得ーす る の に 必 斐 不 刈 欠 な も の で ,

j采] 草 地l t,

矢11ら れ て きた

i セ ォ A二,

イ セ Q j Oセ|Z Lて い た

農 家 が 良 質 な 野 草Lを 求 め て 買 い に く る こ と も あ っ て ,

/ ょと(こよ

R PPPィ 。 j ェ ヲ[ セャt jZ ェ N N 1960 {I二頃 か ら の 化 学JJ巴本│ の は ,

Jとjしが

1

:l

i

l

平1・

j ι

ぐはな く ,

この広大な採草地の不F/ =J 化 と,

採 草

u

自のほとんどは不1 +1になづ1こ

"I '-,

h Zj j Gセセ[ヲゥョャ ず な オプ

t h

ワラビ的成、' /-の jにきな条判ーにな っ た

のタ七 千( j也であJ〉fこことが,

QjN セ Qfこは約]. ,100 haの

l lj Gセ NーゥセZ ○G ャ

宗fJ 三, 1960年 頃 か ら

全 て ほ 苧

H

)

,!IJ

ぷi!j

H

i

■ セ r

ワ ラ ビ 野 が 存 在 す る が3

セg

山 村 に と って い か な る 意 味 を 利 し て い る の で あ

今日3

このよ うに

)lX

ぶ し た ワラビ虫干 は,

l_ .,.. 、7 .-,ペ

三二千c _/コ ¥._,

そ の 利JFJ は , 必 ず

t :J度 経 済 成 長 期 以 降 に 9 E 達 し た も の で あ る に も か か わ ら ず ,

ワラビ聖子lよ,

ろ う カ ¥

ェ セ |ヲ QZ

そ れ に は ,

Q GェゥセQ ェ N

{ 也の{ 工、統1'1

1、

JIJI

ワラビ!ll 予を 存 立 さ せ て い る 条件とも与ーえられるし,

そのこと( 立 ,

i

主に ,

る; よずである

1960年 以 降 の 小

I

J i Iの経済活動 トこ│ 刻する

ii1

1

1

l!

の う

そ こ で

J

欠に,

j或手I j )I-Jの 衰 退 の 条 件 と も :考 え ら れ る

い くつ か の 特 徴 的 な 変 化 を み て み よ う4

ペコ,

ま ず3 農 業 は 耕 地 面 積 が1960年 か ら1978年lこ, l,667 haか ら1,304haに 減 少 し た こ と に 示 さ れ て い る

1幾 械 化 な と に よν〉て

イゥ セ iZ ヲIt{ 間 場 整 備

稲 作v'i) よ う に , 相 対 的 に そ の 意 義 を 減 少 さ せ て き た .

S jセ QQ Q あ る

セャ Aャヲエ ゥヲゥ WU E QU S

R セjャ ャ H Q XEI ャィ A j AGf jャ ャ NセyゥャAゥ

水1: 1:1面 積 そ の も の さ え 減 少 し て き た37)

1)ヘ

1960{ 1三頃か

)J巴育はp 良 質 な 草 資 こ 恋 ま れ て い る こ と も あ っ て 第 二 次 I : I

J

界 大 戦 後 急 述 に)iii:及 し た が ,

i1

V

;

が, サl [ ヲセiyj LLJJ 或平IJ

そ れ ゆ え3

1970年 か ら 飼 育 頭 数 も 減 って きた38)

ら 飼 育 農 家 数 は 減 少 し,

用 の 衰 退 や ワ ラ ビ 野 成 立 の 条 件 と な っ て き た と は 考 え ら れ な い

i

J

J j或 利 用 の ー っ と し て 造 林 事 業 が 活 発 に な 3た こ と に つ し、てはl況に ふ

J=JEEJ

5-, 高 度 経 済 成 長 期 以 降p

{以内などのー述の作業: を

セ iG Zケ ェゥセャ エj ャ

j

!

の 十

J

営 林 署 は , J . 主林事業のための基幹作業! 被員37名 と 定 期 作 業 員531

'

1のほかに,

の 休 業 労 務 者 を 躍 っ て い る 〈 第

7

Aセ i j ュ IN

造 林 の た め の 伐 採

れ た- } 玄 い 意 味 で の 造 林 事 業 と は ,

合之f " _

森 林 組 合 も

220

人 の 林 業 ジ

;f

先者 在 抱 えて いる?9)

よ り少数 まずこ,

う に , 近 年 の 造 林 業 は , 住 民 全 員 が か か え っ る 伝 統 的 な 山 城 利 ) 刊 を 京j差 さ せ た ;ゥ、わりに,

(18)

近 年 に お け る ブ ナ;Hfl Lii、J:のIL i 域利用の変貌 代'125

Mセセセセセ⦅|セ

1960

年以降の,

-

G

l j

度 経 済 成 長 は , さらに 大 き な い く つ か の 変 化 を も た らし た . す な わ ち ,

二 次 産 業 の 拡 大 を も た ら し , OェZ⦅ ji GH セセゥセj ゥャヲイ サQ QO iセZ ェ

KjヲQj N ￝ZセG ゥ セセ@ , Iェスセ QYVP _ 減 少 傾 向 が:x しくな った 4

災) . 炭 家 ネ は , 第 二 次W-_ 界 大 戦 前 に は

8 0 %

をj也えていたが,

1955

年 に は 約

505

ちになり,

1975

年 に は

2

7

2

0

2

'

r

k

p b n U F O Q u z d )

7

5

2

f

干品

J

9 9 5 2 3

-一

l

I

l

一円

f Q d n u -? μ

J

i

i

l

d r o ρ b d

-l

f

q,

i

a l i -3 1 1 1 ,

7

7

1

6

0

L Q U 7 a n u

U

v

2

2

1

1

r

n

H

V

I

5 7 6 0 7

-一

8

i

L

n

u

Q

J

3

4

4

5

6

l

一・

d

/

l

I l i -ー

! I l l i -i l l i t

-一

6 6 0 1 0 0

/

E

U

2

F

1

2

1

1

t

7 4 4 7 2 1

1

1 J P O Q U F O Q U A

-t

f

i

仁れに

n

u

Q

y

q

u

q

u

j

J

1

!

!

:

6 8 1 8 9 6

四・

J

u n u r J A

U

D

2

2

一川

昨メ

一中

7 4 6 9 2 9

ω

9 8 5 6 1 7

¥ノ

つ山

ρ h U ρ h U

/ n U V 4 ・

f O P O F D A

7

d

n

L

U

1 L L L L L L

5 0 5 0 5 8

d

p

b

ρ

・0

i

/

/

A

H

J

V

A

u

h

u

J

h

d n H d n u d

4 0 %

弱 に ま で 減 少 し て き た . さ らに3 と第 一回 兼 業 農 家 が 減 少 す る 第 二 極 兼 業 農 家 が

lfn

j

) f l し 兼 業 の 形 態 も 大 き く 変 化 し て き た .

1955

年 か ら

1

975

年 に か け て , 兼業民家のうら, セ ( 士約

55 %

か ら 僅 か

4 %

に 減 少 しアこ が , 常 勤 兼 業 は

2

3%

か ら

4 8 %

,iセu R E QTE 人 夫. 日j

E

:川

Q R P E S SNUE iZ セェェ ェ ji Qi ZO エ ェ セ ャャヲ ゥ 短j期切のものも合めると,

1970

1

-

f

に は 総 農 家 数 の

2

9

タ%,

1975

年 に は

2 2 %

1978

年 に

2 0 %

にも 達 す る . こ の よ う な な か で , 若 年 労 働 力 が

流 出 し ,QYVP ャ HPヲセ

5

表)•

U

%

h

L

6

1

1

3

4

?

I

l

l

i

-i

l

i

s-一

d

l

p

b

I

I

1

i

一心

μ

z

z

a

l

川一

1

%

4

3

4

0

Z

S

1

8

1

2

1

ι

a

j

7

]

w

m

L

Q

/

L

F

8

1

9

n u -R u q J

1

2

-Q

d

む入

3

9

4

0

1

山主

8

2

2

3

一寸

9

8

3

8

ι

!

f

h

﹁│

│一

7

9

9

9

肌安

O

J

7

t

γ

7 t 1 i Q U

i

n

u

7

t

b

n

u

一次

7

λ R U , 4 ・ ・

1

6

1

L

J

¥

A

U

D

﹁ひ

¥

'

4

1

6

QQQZ

i |Z Zj

イス エjセA

iヲ tj

J:_

の 意 欲 と 結 ひ つ い て ,一一 方 で は 伝

ZGGI

セ■ゥ

_

他 方 で は , ぞ れ が 不 安 定 な も の で あ れ , 多 く

ゥt

ャャ

nhIセ

I:

J

ミを賃労(肋イヒする%;)1:リミをもたらしてきた . このことは,

Oセ

iセHG[ I

江 主 艇 を 崩 壊 さ せ た ばかり で は な) くγ 一般: こは

L

L

I

間 集 誌 の 仕 氏 の 農 業 や 山 地 へ の 依 存 度 ,

とくに @!有 林 へ の{衣存

J3

2

を 一 層 弱 めることに な っ た . そ れ は さ ら に , 人 口 の 老 齢 化 な ど と 相 まって,

Figure

Updating...

References

Updating...

Download now (25 pages)