日本 におけ る壁 画古墳 の存在意味

13  Download (0)

Full text

(1)

日本 におけ る壁 画古墳 の存在意味

赤 井 友 洋

ConsiderationtothewallpaintingofancienttombsinJapan

TbmohiroAKAI

奈 良大学大学 院研 究年 報 第16号 別刷 平成23年3月

ReprintedfromAnnualReports

ofTheGraduateSchoolofNaraUniversity No.16,March2011

(2)

赤井:日 本 における壁画古墳の存在意味

日本 にお ける壁画古墳 の存在 意味

赤 井 友 洋*

ConsiderationtothewallpaintingofancienttombsinJapan

TbmohiroAKAI

要 目

これ ま で保 存 修 復 の対 象 と して 注 目 さ れ て きた 高松 塚 古 墳 ・キ トラ古墳 をは じめ とす る装 飾 ・壁 画古 墳 を朝 鮮 半 島 に存 在 す る壁 画 古墳 と の構 図比 較 か らそ の存 在 の 独 自性 、 及 び 信 仰 に よ る宗 教 美 術 と して の 存 在 意 味 につ い て 日本 ・朝 鮮 半 島 それ ぞ れ の代 表 的 な古 墳 壁 画 の構 図 か ら検 証 した 。 構 図 か らみ る と 日本 の 装 飾 石 棺 墓 ・古 墳 は朝 鮮 半 島 の も の と は異 な っ た もの で あ り、 また高 松 塚 古 墳 ・キ トラ古 墳 の壁 画 は 逆 に朝 鮮 半 島 に見 ら れ る壁 画 と共 通 す る部 分 が 多 く、 そ れ は 日本 に存 在 して い た 装 飾 古 墳 とは こ と な る もの で あ る 。

信 仰 の場 合 にお い て も 日本 にお い て 仏 教 伝 来 以 降 の宗 教 は仏 教 と神 道 の み と思 わ れ が ち で あ るが 、八 角墳 や 干 支 とい っ た仏 教 に は ない 部 分 の 存 在 か ら信 仰 とは 別 に風 習 と して道 教 が存 在 して い た こ とが う か が え る。

日本 にお け る壁 画 古 墳 の 存 在 す る 意 味 は、 美 術 作 品 と して の存 在 もさ る こ とな が ら当 時 の 日本 の信 仰 や風 習 を今 につ た え る もの であ る とみ て い る。

1は じ め に

2008年 は キ トラ古 墳 壁 画 と高松 塚 古 墳 壁 画 の 一 般 公 開 とい う私 の 卒 業論 文作 成 当 時 待 ち望 んで い た もの が 一 気 に行 われ た 。幸 い に も高 松塚 古墳 壁 画 とキ トラ古墳 壁 画 の 両 方 を見 る機 会 を得 ら れ 、 双 方 を見 比 べ 、 また 他 の装 飾 古 墳 を扱 った 論 文 ・図 表 集 ・報 告 書 と この 二 基 の 古 墳 を比 較 す る と高 松 塚 古墳 ・キ トラ古墳 の壁 画 は そ れ まで に存 在 した 装 飾 古墳 とは 明 らか に 異 な る印 象 で あ っ た 。

高松 塚 古 墳 内 部 の 壁 画 の 発見 に よっ て 「保 存 科 学 」 とい う言 葉 が 世 間 に 定着 して か ら ま もな く 40年 を迎 え る。2007年 に は最新 の 設備 の 下 、 保 存 が な され て い た 高 松塚 古墳 に対 し、 キ トラ古 墳

の 自然 環 境 下 で の 保 存 の ほ うが劣 化 の度 合 い が 比 較 的 緩 い とい う皮 肉 的 な現 状 を 生 み 出 す 結 果 と な っ た 。

平成22年9月17日 受理*文 学研究科文化財 史料学専攻博士前期課程

(3)

奈良大学大学院研 究年報 第16号(2011年)

本 論 は 高松 塚 古 墳 ・キ トラ古 墳 とそ れ以 前 か ら存 在 す る装 飾 古墳 の 違 い を壁 画 の構 図 と信 仰 を も とに検 証 して い く もの で あ る。

五 高松 塚 古墳 ・キ トラ古 墳 の 存 在

キ トラ古 墳 か ら四神 が全 て発 見 され、 高 松 塚 古 墳 の カ ビ問 題 が 公 と な る以 前 、 そ れ ぞ れ の古 墳 は存 在 は知 られ て い て もや は り再 び 注 目 され る まで は 目立 た ない 存 在 で あ った 。

高 松 塚 古 墳 は周 辺 が歴 史公 園 と して整 備 され、 壁 画 館 が 隣 接 す る こ とか ら周 辺 の小 中 高 の 遠足 のみ な らず 、全 国 的 に も修 学 旅 行 の 定 番 ス ポ ッ ト化 し、 どの 時 期 で あ って も団 体 客 が 多 い場 所 と な っ て い る。 最 寄 駅 か ら近 い こ と もあ り、 多 くは こ この 近 くにあ る 歴 史 公 園 事 務 所 で観 光計 画 を 練 っ た後 高松 塚 古 墳 も見 てお こ う とい うタ イ プ、 夕 方 で あ れ ば観 光 の 締 め く く りに見 て お こ う と い う主 と して二 つ のパ ター ンを見 る こ とが で きる。 当然 なが らそ うい う団 体 は壁 画 館 には 入 る も の の 、 そ こに 隣接 す る祠 が高 松 塚 古 墳 か ら出土 した 人骨 が納 め られ て い る とい うこ と を知 る人 は 少 な く、祠 の存 在 に気 が 付 く人 も多 くは ない 。

ま た、 再 調 査 以 前 の古 墳 はそ の 外 観 は竹 林 そ の もの で そ れで い て 前 室 の 入 口が 二 か所 見 えて い る状 態 で あ っ た の で、 高 松 塚 古墳 が 石 室 を二 つ 持 つ 古墳 だ と勘 違 い した人 もい た く らい で あ る 。 一 方 の キ トラ古 墳 は とい う と、1983年 に玄武像 が発見 されて以降、未整備の まま20年 以上が経過 し、 加 え て飛 鳥 で の有 名 な観 光 地 エ リア か らは外 れ た場 所 に あ った こ とか らそ の存 在 は 忘 れ られ て い き、古 墳 そ の もの も周 囲 の森 林 と同化 した状 態 に あ っ た ため 高 松 塚 古 墳 と比 べ る と観 光 客 は 極 端 に少 な い とこ ろ で あ っ た。

修 復 施 設 が作 られ た こ とで場 所 は わ か りや す くな って い る が、 施 設 以 前 は道 案 内 の 案 内 板 通 り に来 て も場 所 が よ くわか らない ま まUタ ー ン して い く人 を よ く見 か け た もの で あ る 。 加 え て発 見 され た順 番 の た め か 高松 塚 古 墳 の ほ うが キ トラ古 墳 よ り古 い とい うイ メ ー ジ を持 た れ て い るの も また現 状 で あ る 。

キ トラ古 墳 の壁 画 は 、 今 年 よ うや く四神 す べ て が 公 開 され る に至 っ た が 、近 年 に限 っ て は新 聞 等 メ デ ィア で 報 道 され て い る ほ ど特 別 展 そ の もの は 活 気 に溢 れ て い な か っ た よ う に見 受 け ら れ た 。特 別 公 開 時 の 会 場 の様 子 は イ ン ター ネ ッ ト上 で 期 間 中毎 日生 中継 され 、 また携 帯 電 話 の サ イ トで は待 ち 時 間 が 数 分毎 に更新 され る形 で 公 開 され 、 ど ち ら も飛 鳥資 料 館 の ホ ー ム ペ ー ジ か ら気 軽 に見 る こ とが で きる状 態 に あ っ たが 、 年 々訪 れ る人 の数 は減 少 傾 向 にあ る よ う思 え る。

高松 塚 古墳 壁 画 は先 に述 べ た歴 史公 園 内 に作 ら れ た修 復 施 設 で の 一般 公 開 とい う方 向 で壁 画 の 現 状 が事 前 応 募 の 抽 選 制 で 公 開 され た が 、 そ れ と て当 初 こそ 倍 率何 倍 とい う報 道 が な され て い た が 、 実 際 どん な もの か と一 回 目の公 開初 日に様 子 を見 る と高 倍 率 とは 裏腹 に参 加 者 自体 は少 ない の で は な い か とい う印 象 だ った 。 そ の こ と を裏 付 け る よ うに回 を重 ね る ご と に応 募 者 は 減少 して い きつ い には 定 員 割 れ とな っ て い る。

実 際 、 内 部 の 施 設 を見 る と今 回 の 公 開 で 何 を メ イ ン と して見 せ よ う と してい る か が わ か らい と い う印 象 を持 っ た。 実 際 の 見 学場 所 か ら壁 画 ま で が遠 す ぎ、 ま た見 え に くい 角 度 に あ った こ とが 自然 と興 味 を失 わせ 、 定 員 割 れ とい う状 況 まで 追 い 込 ん だ とみ て 間違 い ない 。

(4)

赤井:日 本 にお ける壁画古墳の存在意味

この よ う な興 味 ・関 心 が 離 れ て い くの とは対 照 的 に メデ ィ アで は 高松 塚 古 墳 や キ トラ古 墳 の 壁 画 の 保 存 処 置 に関 す る情 報 が提 供 され る 。 関心 の度 合 い とメ デ ィア 露 出 の 関 係 を見 る と反 比例 的 な関 係 に見 え、 そ こか ら受 け る 印象 は壁 画 の考 古 学 的価 値 と絵 画 的価 値 の比 重 を見 る と本 来 で あ れ ば ど ち ら も同 じだ け の価 値 が あ る の だ が 、実 際 に は壁 画 の歴 史 的価 値 で は な く絵 画 的 価 値 に よ

る と こ ろが 重点 的 に な っ て い る よ う に感 じられ る。

皿 装 飾 ・壁 画 古墳 の 系統 と国 内分 布

周 知 され て い る と こ ろ で は 、現 在 日本 国 内 に装 飾 古 墳 は約600基 確 認 さ れ て お り、 そ の うち約 60%が 鹿 児 島 を 除 く福 岡 ・佐 賀 ・熊 本 ・宮 崎 な ど九 州 地 方 に集 中 して い る。 古 墳 そ の もの が全 国 に約20万 基 以 上 存 在 して い る と され る なか 装 飾 古 墳 は そ の なか で 約600と い う極 め て少 な い状 況 か ら、装 飾 古 墳 は あ ら ゆ る年 代 を通 してそ の 特 異 性 か ら有 力 者 の 墓 で あ る と い う見 方 は 決定 的 と な っ て い る。 ま た、 建 造 時 期 や墳 丘 構 造 は異 な るが 、 全 国 に分 散 して い る こ とか らそ れ ぞ れ の地 域 有 力 者 の 中で も突 出 した有 力 者 が埋 葬 され て い る とい うの が 通 説 と な って い る1)。

小 林 行 雄 氏 は分 類 の 際 、 壁 画 古墳 は装 飾 古墳 の 中 に含 まれ て は い るが 、 高 松 塚 古 墳 や キ トラ古 墳 は国 内 の 他 の 装 飾 古墳 と は性 格 を異 と して い るた め か 装 飾 古墳 に含 ん で い ない 。 同氏 は装 飾 古 墳 を、 そ の装 飾 の位 置 か ら石 棺 の 内外 に 装 飾 を持 つ 「石 棺 系 」、 壁 面 の 前 に石 障 を 設 け 、 そ こ に 装 飾 を施 され た 「石 障系 」、壁 面 に彩 色 、線 刻 、 彫 刻 が施 され た 「石 室 系 」、 棺 の 存 在 す る横 穴 に 装 飾 が 施 され た 「横 穴系 」 の4つ に分 類 してい る。 さ らに技 法 の 面 か ら彩 色 され た もの、 彫 刻 さ れ た もの 、 彫 刻 され た 上 で 彩 色 され た もの と分 類 し、 そ の 中 で 装 飾 そ の もの の 技 術 は 同 じ大 陸 伝 来 の 技術 で あ る横 穴 式 石 室 よ りも古 い 時代 か ら存在 して い た と して お り、 出 現 した順 番 は、 石 棺 系 → 石 障 系 →横 穴 系 → 石 室系 と して い る2)。

日本 列 島 の 古墳 に見 られ る装 飾 、特 に壁 面 に描 か れ るの は 抽象 画 的 人物 像 ・模 様 で あ る こ と に 対 し、 同 時代 の 中 国 ・朝 鮮 半 島 の壁 画 の 印象 は異 な り、 彩色 や装 飾 の 意 味 合 い そ の もの も 日本 の

もの とは 異 な っ て い る。

最 も研 究 が 進 ん で い る 高句 麗 の古 墳 と 日本 の壁 画 ・装 飾古 墳 を比 較 す る と埋 葬 場 所 の 違 いや 石 室構 造 で は 日本 と異 な る が 、写 実 的 な 人物 画 や 四神 の描 写 は 高松 塚 古 墳 や キ トラ古墳 と同 じ表 現 技 法 と思 わ れ る 。 日本 と同様 、高 句 麗 の古 墳 にお い て も四神 が登 場 す る の は 高句 麗 で 古 墳 が 作 ら れ て もっ と も遅 い 時期 で あ り、 そ れ まで の朝 鮮 半 島 の古 墳 時代 の 中 で 石 室 が単 室 化 や 装 飾 文様 の 減少 な ど簡 素 な 時代 で あ る 。高 句 麗 で 四神 が描 か れ る以前 の古 墳 を見 る と 日本 に見 られ る よ う な 抽 象 画 的 な人物 画 や幾 何 学 模 様 は見 る こ とが で きる が 、 幾何 学 模 様 の み が描 か れ た とい う古墳 は 見 受 け られ な い。

彩 色 の 手 法 は そ の類 似 点 か ら 日本 の装 飾 古 墳 の壁 画 に技 術 的影 響 を受 け て い る とす る点 につ い て は 同 意 で きる が 、九 州 な どに見 られ る幾 何 学 模 様 単独 とい う構 図 は朝 鮮 半 島 で は あ ま り見 られ な い た め 日本 独 自 の もの と見 てい る。

構 図 の 違 い に つ い て は後 述 して い る が 、 そ の 当 時 の信 仰 の 違 い が葬 送 儀 礼 に 反 映 され て い るの で は な い か とみ て い る。

(5)

奈良大 学大学 院研究年報 第16号(2011年)

麗 日本 国 内 に お け る装 飾 ・壁 画古 墳 の編 年 と構 造

こ れ ま での 研 究 に よ って 日本 に お い て最 古 の もの と され る弥 生 時 代 終 末 期(香 川 県 仙 遊 遺 跡 ・ 石 棺 蓋 線 刻 画)か ら飛 鳥 時代 末 期 か ら奈 良 時代 初 期(高 松塚 古 墳 ・玄 室 壁 画)に 至 る まで 約400 年 に わ た り装 飾 ・壁 画 を有 す る石 棺 墓 ・古 墳 が建 造 され て い る こ とが 確 認 され て い る。 また 、 そ の 大 半 が横 穴 式 石 室 で あ る こ と もあ わ せ て 確 認 され て い る3)。

箸 墓 古墳 や纏 向石 塚 古 墳 に代 表 され る 国 内最 古 級 の 古 墳 が 畿 内 に集 中 して い る こ と に対 し、早 期 の装 飾 古 墳 が九 州 に集 中 して い る点 か ら、 埋 葬 施 設 の 装 飾 に関 す る技 術 や 風 習 そ の もの は大 和 政権 以外 の 集 団 が 受 容 し、後 に そ の 習慣 を大 和 政 権 が 取 り入 れ た とみ る こ とが で き る 。 しか し、

奈 良県 内 に あ る古 墳 で 高 松 塚 古墳 ・キ トラ古 墳 を除 け ば 日本 各 地 に見 られ る装 飾 古 墳 は御 所 市 に あ る水 泥 古 墳(石 棺 蓋 蓮 華 紋 線 刻)の み で あ る。朝 鮮 半 島 か ら伝 来 した と され る装 飾 古 墳 の技 術 で は あ るが 、 朝 鮮 半 島 にお い て は 幾何 学模 様 の 扱 わ れ 方 は あ く まで 石 室装 飾 の 一 部 分 で あ り人 物 像 な どの 背 景 にす ぎな い が 、日本 で は幾何 学 模様 が メ イ ン とい う構 図 が と られ て い る もの も多 い。

その 点 か ら も高 松塚 古墳 ・キ トラ古 墳 に 見 られ る装 飾 技 術 伝 来 以 前 に 日本 独 自の 装 飾 が 存 在 した とみ るべ きで あ る 。

装 飾 の 対 象 が 石 棺 で あ っ た もの が壁 面 へ と移 り変 わ っ た直 後 の時 代 の古 墳 は 、 石 室 の 切 石 に直 接 装 飾 が 施 され て い る 。現 在 も直 接 み る こ とが で きる も し くは記 録 と して残 され て い る これ ら に 見 られ る装 飾 と彩 色 され た もの で あ っ て も石 室 を構 成 す る石 室 の本 来 の石 の地 色 が 露 出 され た ま ま とな っ て い る こ ろ が特 徴 で あ る。 同 じ もの が朝 鮮 半 島の 古 墳 に も見 られ る た め 、 そ の 装 飾 技 法 は朝 鮮 半 島 か ら伝 来 した とす る これ まで の 先 史論 文 と同意 見 で あ る。

の り ば

5世 紀 か ら6世 紀 に は そ れ ま で の切 石 の 石本 来 の 部分 が見 え る 装 飾 か ら福 岡県 の乗 場 古墳 に見 られ る よ う な石 室 全 体 を彩 色 す る こ とで 石 本 来 の 色 を 隠す もの へ と変 化 し(図3)、 併 せ て そ れ まで 石棺 に み られ た線 刻 が 壁 面 に も施 され る よ う に な る。熊 本 県 の 井 寺 古墳(図4)で は 線 刻 と 彩 色 の 両 方 が施 され た もの が確 認 され て い る4)。6世 紀 後 半 か ら7世 紀 に か け て は福 岡 県 の 王塚 古 墳 の壁 面 や茨 城 県 の 虎 塚 古墳 の 白色 の よ うに壁 面 の 彩 色 は切 石 の 凹 凸 や 石 本 来 の模 様 を完全 に

隠す 役 目 と して使 用 され て い る 。

7世 紀 か ら8世 紀 に か け て は 高 松 塚 古 墳 に代 表 され る よ うに 下 地 は顔 料 か ら漆 喰 へ と変 わ る。

当然 なが ら技 術 伝 来 とい う点 で 交 流 が あ っ た こ と は まず 間 違 い な く、 壁 画 の 題 材 か ら宗教 的 な面 にお い て も渡 来 人 の増 加 に伴 い そ の影 響 は少 な くな い とみ てい る。

壁 面 の 装 飾 ・壁 画 は全 体 を通 して幾 何 学 文 、動 物 、器 財 、中 国 の伝 説 の4つ に分 類 され てお り、

その 中で も多 くが 三 角 文 及 び円 文 に よ る抽 象 的 表 現 で あ る幾 何 学 文 で あ る。 さ らに そ の な か で 四 神 は分 類 と して は 中 国 の 伝 説 の 中 に含 まれ てい る。 四神 は 現 在 の段 階 で は国 内 で は福 岡 の竹 原 古 墳 、 奈 良 の 高 松塚 古墳 、 キ トラ古 墳 で の み 確 認 され て い るが 、 竹 原 古墳 の 四神 と高 松 塚 古 墳 、 キ

トラ古墳 の 四神 は そ の技 法 が異 な っ てお り、系 統 が 異 な る もの で あ る4)。

これ まで の装 飾 古 墳 に対 し高 松 塚 古 墳 ・キ トラ古 墳 は 時代 が下 り8世 紀 頃 突 如 出現 す る よ うな 位 置 付 け と なっ て い る た め 、築 造 時期 とそ の 技術 か ら これ まで の装 飾 古墳 と は全 く異 な る壁 画 古 墳 と分類 で きる。

(6)

赤井:日 本 における壁画古墳 の存在意味

装 飾 古 墳 に描 か れ て い る幾何 学 文 は 、 そ の形 状 か ら円文 ・三 角 文 ・双 脚 輪 状 文 ・直 弧 文 、 そ し て そ れ 以 外 の 複 雑 な文 様 、 大 陸系 文 様 に分 け られ て い る 。幾 何 学 文 を中 心 に壁 面 に装 飾 が 施 され て い る もの は朝 鮮 半 島で は確 認 され てお らず 、 こ れ ら文 様 が そ れ ぞ れ何 を示 して い るか につ い て は 諸 説存 在 して い る が 、 いず れ も信仰 を基 に描 か れ た もの と され る 。

国 内 に 存在 す る 装 飾 石棺 墓 ・古 墳 の う ち高 松 塚 古 墳 ・キ トラ古 墳 以 外 の古 墳 は古 来 よ り存 在 す る シ ャ ー マ ニ ズ ム に よる もの 、 また は 日本 独 自の 技 法 に よ る装 飾 で あ る と見 る こ とが で きる。 対 して高 松 塚 古 墳 とキ トラ古 墳 はそ の 写 実性 か ら国 内 の 装 飾 古 墳 が 成 立 後 大 陸 か ら もた ら され た技 術 で 描 か れ た もの 見 る こ とが で きる。

V朝 鮮半島の壁画古墳

朝 鮮 半 島 の初 期 の古 墳 壁 画 は、羨 道 に従 者 を描 き玄 室 に埋 葬 者 と思 わ れ る人 物 が描 か れ て い る。

お そ ら く壁 画 そ の もの が墓 誌 の役 割 を担 っ て い た と考 え られ る 。

高句 麗 にお け る最 古 の壁 画 古 墳 は357年 に死 ん だ冬 寿 を埋 葬 した安 岳3号 墳 と さ れ 、 こ の 人物 は 中 国 人 で あ っ た6)。 石 室位 置 は 日本 の 古 墳 の よ うに墳 丘 部 分 で は な く、 中 国 の皇 帝 陵 に見 られ る よ う に地 下 に築 造 され、 地 表 面 改 め て墳 丘 が作 られ る とい う もの で あ る。 壁 面 全 体 は 、 当時 の 風 俗 や 生 活 の様 子 を描 い てい る。 この手 法 は す で に 中国 の 皇 帝 陵 で み られ る もの で あ り、石 室 に 壁 画 を描 くき っ か け とな っ たの は被 葬者 が 中 国 人 だ か ら とい う こ とで あ れ ば 間違 い な く壁 画 を描 く習慣 は 中国 か ら もた ら され た とい うこ とに な る 。埋 葬 者 を描 くとい う もの は儒 教 に見 ら れ る も の で あ り、 そ の 背 景 と して 人 とは異 な る人 格 神 を描 く とい う もの は 、 偉 人 信 仰 の 要 素 を持 つ儒 教 で は見 られ ない 部 分 で あ る こ とか ら道 教 に基 づ く もの と考 え られ る。 高句 麗 に仏 教 が 伝 来 した と され るの が こ の後 の372年 で あ る とい うの が 通 説 とな っ て い る た め 、仏 教 以 前 に高 句 麗 に儒 教 ・ 道 教 が伝 来 して い た とみ る こ とが で きる。 この 頃 の 壁 画 に は 四神 は登 場 せ ず 、壁 面 には 人物 像 や 当時 の生 活 風 景 、文 様 、 人格神 が 見 られ る 。

や が て 高句 麗 の古 墳 壁 画 で は四 方 を四神 が 守 護 し、 石 室 全 体 の壁 面 に 人物 像 が描 か れ る構 図 が 出現 し、 高 松 塚 古 墳 や キ トラ古 墳 に も見 られ る よ う に四 神 と人 物 像 が並 べ て描 か れ る もの が主 流 とな る。 四神 は道 教 の 陰 陽五 行 説 に基 づ く四 方 の 守 護 神 と さ れ、 同時 に玄 武 一朱 雀 、青 龍 一 白虎 を対 面 に描 くこ とで天 と地 を守 護 して い る と考 え られ る。 四 神 と と もに描 か れ る人 物 画 は そ れ ま で の 写 実 性 と比 較 す る と簡 略化 され、 人 物 よ り四 神 が 主 体 とな る。

四神 が 壁 画 の 中心 とな っ て以 降 、 高句 麗 の古 墳 は埋 葬 施 設 が 日本 の 古 墳 と同 じ単 室 とな り、 石 室 の 四 方 に四 神 が 描 か れ る。 しか し時代 が 下 る と南 面 が そ れ まで の 朱 雀 に対 し観 音 開 きの 扉 石 の 左 右 に鳳 鳳 が 描 か れ る。 通 常 四神 は雌 雄 を有 して い な い とい う信仰 か ら一 体 の み 描 か れ る もの で あ る 。朝 鮮 半 島 にあ る7世 紀 に築 造 され た江 西 中墓 に残 る壁 画 を見 る と、 本 来 雌 雄 が 存 在 しない もの で あ る た め全 く同 形 で 表現 され るべ き朱雀 が左 右 の扉 で部 分 的 に異 な る こ とが 見 て取 れ る6)。

(図1お よ び 図2)例 え ば 、羽 文 様 は東 西 で異 な って 描 か れ て い る 。 また 、 尾 は左 右 で長 さが 異 な っ て い る 。首 の 部 分 につ い て も細 部 の 模 様 が 異 な っ て い る こ とか ら描 か れ て い る の は朱 雀 で は な く、 雌 雄 を持 つ鳳 鳳 と考 え る こ とが で き る。 鳳 鳳 も四 神 と同 じ く陰 陽 思 想 に よる もの で あ り、

(7)

奈良大学大学院研 究年報 第16号(2011年)

陰 陽 思 想 の 視 点 か ら考慮 す る と描 か れ て い て も不 思 議 で は ない が 、 本 来 で あ れ ば対 に な る北 面 に は 玄 武 と類 似 した 雌雄 を有 す る霊 亀 が 描 かれ てい るべ きで あ る。 朱 雀 の 鳳 風 化 と い う信 仰 の変 化 と鳳 鳳 が 雌 雄 一 対 で表 現 され る こ と を常 とす る こ と を考 え る と南 側 に描 か れ た もの は朱 雀 で は な く鳳 鳳 で あ っ た と確 信 で き る。

刃1壁 画 古 墳 と信 仰

こ れ ま で の壁 画 の構 図 か ら朝 鮮 半 島 で は仏 教 伝 来 以前 に道教 お よび 陰 陽 思 想 が す で に普 及 して い た と考 え られ る 。 中 国 の漢 代 に はす で に四 神 と四霊 の 同一一化(朱 雀 一鳳 鳳 、 玄 武 一霊 亀 、 青 竜 一応 竜 、 白虎 一麟 麟)が あ り、 四神 の うち 南 面 の み が鳳 鳳 一対 が描 か れ る の は 朝 鮮 半 島 にお い て もそ の 思 想 的 影 響 を う けた もの とみ られ る。 時代 は 下 る が平 等 院鳳 鳳 堂 や 陰 陽 道 とい っ た言 葉 が 表 して い る よ う に 日本 にお い て は朱 雀 な どの 四神 思 想 は道 教 と、鳳 鳳 な どの 四 霊 思 想 は仏 教 と 結 び つ い た とい え る。

日本 にお け る装 飾 古墳 は、壁 面 の色 彩 か ら冠 位 十 二 階 の色 の根 拠 に な っ た 陰 陽 道 の 五 色 の 常 目 (仁 ・礼 ・信 ・義 ・智 の青 ・赤 ・黄 ・白 ・黒)7)と は異 な る古 来 の色 霊 信 仰 が存 在 して い たの で は ない か と見 て い る。 色 霊 信仰 とは色 そ れ ぞ れ に意 味 が あ り、 また力 を有 して い る とい う もの で あ る。

装 飾 古 墳 に多 く見 られ る赤色 に は色 合 い に よっ て意 味 が多 少 異 な る よ うだ が 、 高 松塚 古 墳 や キ トラ古 墳 の星 縮 図 や鳳 鳳 ・朱 雀 に み られ る よ う に永 遠 の命 を象 徴 す る色 と して広 く使 われ て い る。

同 時 に 赤 には 魔 除 け を意味 す る側 面 を持 っ て お り、 白鳳 時 代 の寺 院建 築 の赤 色 の 堂 宇 は魔 除 け の た め の彩 色 と もい わ れ て い る。 そ の よ うな魔 除 け とい う意 味 合 い か ら考 え る と、 装 飾 古 墳 の 壁 面 に使 用 され た赤 色 は埋 葬 者 の 身 を守 護 す るた め の色 だ っ た とい え る。

福 岡 の 王塚 古 墳 石 室 は現 在 で は岩 の地 色 部 分 が見 え て い る が、 復 元 図 に よる と作 られ た 当 初 は 岩肌 が 見 え な い ほ ど に彩 色 が 施 され て い た と さ れ て い る3)。 石 室 全 体 の メ イ ンの 色 が 赤 で あ り、

そ の色 自体 に被 葬 者 を守 る魔 除 けの 意 味 を持 た せ て い る の で は な い か と思 わ れ る。

仏 教 が 普 及 す る こ とで、装 飾 の み な らず 古 墳 の形 状 や 葬 送 に も変 化 が 現 れ る よ う に な る。た だ、

古 墳 の 形 状 な どか ら仏 教 と同 じ時 期 にす で に 道 教 が 日本 に存 在 した と考 え られ る 要 素 も見 られ る。

蘇 我 氏 に よっ て仏 教 が 隆盛 を始 め て以 降 、 日本 の宗 教 は仏 教 と神 道 の二 つ に絞 られ が ちで あ る が、 八 角 墳 や 干支 は存 在 す るが 道 教 が単 独 で信 仰 の対 象 とな っ て い た痕 跡 は少 な く、 現 在 が そ う で あ る よ うに道 教 の存 在 は信仰 と して で は な く、風 習 と して存 在 して い た可 能 性 が高 い 。

牽 牛 子 塚 古 墳 の墳 丘 の形 状 が 判 明 した こ とで そ の墳 丘 の形 が注 目 され る よ うに な った 。 天 武 持 統 天 皇 陵 と同 じ く八 角 墳 に分 類 さ れ、 こ れ が皇 室 関係 者 独 特 の墳 丘 形 式 で あ る こ とが そ の 要 因 で あ る。 こ の八 角 形 とい う形 状 は陰 陽道 ひ い て は道 教 に お け る主 要 方 位 を示 す と きに用 い られ る形 状 で あ る こ と と持 統 天 皇 の火 葬 とい う点 か ら天 武 天 皇 の時 代 に は仏 教 と融 合 した形 で 道 教 思 想 が 日本 に存 在 して い た こ とが うか が え る。 ま た平 城 宮 で の宮 廷 儀 礼 の再 現 図 や薬 師 寺 の仏 像 の 台 座 に四 神 が 描 か れ て い る こ とか ら もそ の こ と を垣 間 見 る こ とが で きる。

(8)

赤井:日 本 における壁画古墳 の存在意味

道 教 の 存 在 を示 す も う一 つ の 要 素 は高 松 塚 古 墳 とキ トラ古 墳 の 壁 画 の 描 か れ方 で あ る 。 陰 陽道 の思 想 の 一 つ で あ る気 脈 の流 れ に よ る吉 凶 や厄 災 回避 とい う考 え方 に基 づ く とキ トラ古 墳 の 四神 は、 思 想 通 り四 神 で 円 を構 成 す る こ とで 、 い わ ゆ る気 を 回流 させ る状 態 と な っ て い る 。 キ トラ古 墳 は四 神 の 構 図 だ け で な く我 々 が 現 在 の 生 活 で も広 く使 用 して い る十 二 支 を配 置 す る とい っ た道 教 的 要 素 が 強 く表 れ て い る。

高 松 塚 古 墳 の 四神 は 青龍 ・白虎 と も に南 を向 い て い る8)。 高松 塚 古 墳 の 壁 画 は、 壁 面 に描 か れ た人 物 群 像 の 服 飾 か ら被 葬 者 や そ の 冠 位 の 特 定 につ い ての 議 論 が しば しば な され て い る が 、先 に 述 べ た色 霊 信 仰 の 要 素 で 考 え る とい くつ が 別 の 答 え が で る。

紫 とい う色 は色 霊 信 仰 で は浄 土 その もの を示 し、 仏 教 にお い て は 浄 土 か ら射 す 光 の色 と され て い る。 そ の こ とをふ ま え て高 松 塚 古 墳 の 人 物 像 を見 る と、 東 壁 の 男 子 群 像 が 持 つ 紫 の傘 で傘 を持 つ 人 物 が 進 行 方 向 に他 の 人 物 と同 じ方 向 を 向 い て い る こ とか ら男 子 群 像 の 人 々が 埋 葬 者 を極 楽 浄 土 へ 導 こ う と して い る よ う にみ え る 。

これ らの 点 か ら高 松 塚 古 墳 の 壁 画 の 四 神 図 ・男 子 群 像 図 と もに仏 教 思 想 に よ る もの で は な い か と考 え られ る。 しか し、 持 統 天 皇 とい う仏 教 的葬 送 で あ る火 葬 の 先 例 が あ る に も関 わ らず土 葬 さ れ て い る とい う点 か ら完 全 に仏 教 の 要 素 に よ る もの で は な い と考 え られ る。

平 安 遷 都 後 、 平 城 京 にお け る仏 教 の 影 響 力 を警 戒 した結 果 重 要 視 され る よ うに な っ た の が 陰 陽 寮 で あ り陰 陽 道 で あ る。 平 安 京 に は東 西 南 北 に 四神 を配 し、 現 地 に はそ の そ れ ぞ れ の色 の不 動 明 王 を祀 る こ とで 治 安 を維 持 し、鬼 門 の 位 置 に延 暦 寺 を 置 くこ とで京 全 体 を守 護 して い る とい う。

これ ま での 思 想 と信 仰 とい う問 題 を踏 ま え る と高 松 塚 や キ トラの 壁 画 の 保 存 の扱 い は 宗教 美術 と見 るか 信 仰 の 対 象 とす るか で 異 な る。

宗 教 美 術 と りわ け美 術 作 品 と して の価 値 を重 視 す る の で は れ ば希 少 な もの で あ る か ら万 全 の環 境 下 で 保 存 され、 伝 承 され るべ きで あ る。 しか し、宗 教 的価 値 を重 視 す る の で あ れ ば そ の 当 時 の 信 仰 環 境 を配 慮 し、 現 地 で 保 存 し維 持 して い くこ とが 理想 とな る。

VIま と め

高 松 塚 古 墳 ・キ トラ古 墳 は修 復 作 業 が 開始 され て か ら改 め て注 目 の 的 とな っ た が 、 そ の 注 目点 は あ くま で美 術 的存 在 価 値 に重 点 を置 い た もの で あ り、壁 画 が本 来 持 っ て い る歴 史 的 価 値 は美術 的価 値 と比 較 す る と重 きが置 か れ てい ない よ う に思 わ れ る。

日本 に お い て装 飾 ・壁 画古 墳 は 、 日本 独 自の信 仰 に基 づ く と ころ が大 き く、 一 般 的 に装 飾 古墳 と分 類 され る壁 面 に装 飾 が施 され た古 墳 に描 か れ て い る の は抽 象 的 に表 現 され た 日常 ま た は信 仰 の対 象 で あ る 。

壁 画 古 墳 とい う独 自の 分類 を され る高松 塚 古墳 ・キ トラ古 墳 は 、 そ れ まで の 自然 信 仰 に基 づ く 壁 画 ・装 飾 とは 異 な り、 中 国 を起 源 と し朝 鮮 半 島 の 壁 画古 墳 に も多 く見 られ る四 神 が 描 か れ てい る こ とか ら、 当 時 す で に 日本 に伝 来 して い た仏 教 と も異 なる 思想 に よ る もの で もあ る。 そ の存 在 意味 は 日本 で の仏 教 以 外 の宗 教 の 存 在 を示 す もの で あ り、 渡 来 人 の 存 在 とそ の 思 想 を示 す 存 在 で あ る こ と を意 味 して い る。

(9)

奈良大学大学 院研究年報 第16号(2011年)

引用文献

1)白 石 太 一 郎1993「 装 飾 古 墳 へ の い ざな い」 国立 歴 史 民 俗 博 物 館(編)『 装 飾 古 墳 の 世 界 』 朝 日新 聞 社 2)小 林 行 雄1964『 装 飾 古 墳 』 平 凡社

3)柳 沢 一 男2004r描 か れ た黄 泉 の 世界 王塚 古 墳 』 新 泉 社 4)九 州 国 立 博 物 館 『装 飾 古 墳 デ ー タベ ー ス』http:〃kyuhaku.jmc.or.jp1 5)若 宮 町教 育 委 員 会1982『 竹 原 古 墳:竹 原 古 墳 保 存 修 理 事 業概 要 報告 』 6)平 山 郁 夫(総 監 修)2005『 高句 麗 壁 画古 墳 』 共 同通 信 社

7)平 田 取 二1988「 聖 徳 太 子 と冠 位十 二 階』 新 人 物 往 来社 8)文 化 庁(監 修)2004『 国 宝高 松 塚 古 墳 壁 画 』 中央 公 論 美術 出版

参考 文献

橿原考古学研究所(編)1972「 高松塚:壁 画古墳:調 査 中間報告』

高松塚古墳総合学術調査会(編)1972r高 松塚古墳壁 画調査報告書』便利堂 若宮町教育委員会1982r竹 原古墳:竹 原古墳保存修理事業概要報告』

善通寺市教育委員会1986「 仙遊遺跡発 掘調査 報告書』

国立歴史民俗博物館(編)1993『 装飾古墳 の世界』朝 日新聞社 東京都 目黒区教育委員会1993『広開土王碑 と古代 日本』学生社

桂川町教育委員会1994『 王塚古墳:国 指定特 別史跡:発 掘調査及 び保存整備 報告』

中国社会科学院考古研究所(編)1995『 杏 園東 漢墓壁画』遼寧美術出版社 文化庁(監 修)2004『 国宝高松塚 古墳壁 画』 中央公論美術出版

柳沢一男2004r描 かれた黄泉の世界 王塚 古墳 』新泉社 平山郁夫(総 監修)2005r高 句麗 壁画古墳』共 同通信社

佛教藝術 学会(編)2007『 佛教藝術 』290号 高松塚古墳 ・キ トラ古墳特集 毎 日新聞社

国立文化財機構奈 良文 化財 研究所飛鳥資料館2008『 キ トラ古墳 壁画十二支:子 丑寅』 国立文化財機構奈 良 文化財研 究所飛鳥資料 館

九州国立博物 館 『装飾古墳 デー タベース』http:〃kyuhaku.jmc.or.jp/

斎藤龍一200gr道 教の美術』読 売新 聞 ・大 阪市立美術館

国立文化財機構奈 良文 化財 研究所飛鳥資料館2009『 青龍 白虎』国立文化財機構奈 良文 化財研究所飛鳥資料 館

国立文化財機構奈 良文 化財 研究所(編)2009『 高松塚古墳 壁画 フォ トマ ップ資料』 国立文化財機構奈 良文化 財研 究所

国立文化財機構奈 良文化財 研究所飛鳥資料館2010『 キ トラ古墳 壁画四神』 国立文化財 機構奈良文化財研究 所飛 鳥資料 館

坂出祥 伸1994『 道教大辞 典』新 人物往 来社

(10)

赤井:日 本における壁 画古墳 の存在意味

Summary

InJapan,tombshaveinnerchambersandsarcophagusdecoratedwithgeometricpattemand abstractpo血aits.TheTakamatuzukaandKitoratombshoweverfeaturerealisticportraitsand depictionsoffourgods.Buddhismisnotafactorinthedecorationofthesetombs.

IntheirlackofgeometricpatternssimilartoTaoistdesignsseenintheGoguryoKingdomof theKoreanpeninsula.ForthisreasontheTakamatuzukaandKitoratombsareanomalousin Japan

(11)

奈良大学大学 院研 究年報 第16号(2011年)

薦 ー ︑

,︾

︑!̀{

砂D

∴曇り̀

'鋭

 く

霧 鍵  

髪憂ー沸〆蕩臓

%

蒸 隔

嵐 .

灘 麩翫 糎

鞍噸'

ヂ叢1  

ゼ 驚

算ー鮒%簑タ熱・漕〆︒苧〆嚢・〆

' ノ

ぎ 窟

。・・鱒.、

欝1

ξ 汐

弩 サ 。

熱 ・ 愛..曳 劇

糠 ∴ づ,藍 難 穣. .

織1溺 海 鑛欝 翼窮

図1.江 西 中墓 南壁 東側 図2.江 西 中墓 南 壁 西側

出典 平山郁 夫(総 監修)2005「 高句麗壁画古墳』共 同通信社pp.218〜219

解 謙肇 野藩詞 認

∵1' ・f・

噛鎌

ぐ:懸2三

騰酵 蟹ll'ご 響

婿

{1 .

辮.触.4.脱募

薫 嘉 禁 驚

ψ'尋

桑 ・ き

.籟∴腐惇ρ

..︑

:

.v2'・勿

'◎壕乙質.・磁誉

穿7 ' 悔蕪.︑

{ 9.

・・

/

織 欝 灘 誉

..輿

ヴノ リ けホ

図3.乗 場 古 墳 図4.井 寺 古 墳

出 典:九 州 国立 博 物 館 『装飾 古 墳 デ ー タ ベ ー ス』http:〃kyuhaku.jmc.or.jp/(2010年10月27日 現 在)

(12)

赤井:日 本 における壁画古墳 の存在意味

参考 高松塚古墳 ・キ トラ古墳 四神 図

キ トラ古 墳

御 毎

  ︾ 灘 ダ 多 ご 鞭 鐙 縣

高松塚古墳

獲綿

玄武 1議轟

… 撫 癖

∵ 瓢 ㌧ ・

男 冨轟 、

κ.顎.

弓 ダ な 易

骸̲

青龍

(13)

奈良大学大学院研究年報 第16号(2011年)

キ トラ古 墳

高松塚古墳

纂.欝 。 毫

./"》

・'.る

/

嘱 諺

ナ吻

弓 ∫多

」二磁

吻.

霧 .,

寮 三

〆 二!

轡 ㌧ 、

ニぞ

ク'ノ

.〃.4悔・

溺グ.癖

白虎

︑蟻

矛霧 露〃

δ

紘薄 ワt 鍵

論︑

,霧

朱雀

イ!

誓磁 魂

〆 轟、・ 蓬:

.藩

出典

キ トラ古墳 四神 図 高松塚古墳 四神 図

国立 文 化 財 機 構 奈 良 文 化 財 研 究 所2005『 キ トラ古 墳 』 よ り

国立 文 化 財 機 構 奈 良文 化 財 研 究 所2009『 高松 塚 古 墳 壁 画 フ ォ トマ ップ 資料 』 よ り

Figure

Updating...

References

Related subjects :