平成28年度財務諸表等 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会 h28 chuuki

全文

(1)

重要 会計方針

独立行政法人会計基準 及び 独立行政法人会計基準注解 成27 1 27日改訂 並び 独

立行政法人会計基準及び独立行政法人会計基準注解 関す Q&A 成28 2 改訂 以 独立

行政法人会計基準等 いう 適用し 務諸表等 作成し ます

た し 独立行政法人会計基準 第43 注解39 規定 い 独立行政法人通則法 一部

改正す 法律 附則第8条 経過措置 適用し い こ 経過措置終了ま 現行セグメン

ト区分 基 くセグメント情報 開示 行 ます

運営費交付金収益 計 基準

業務達成基準 採用し ます

業務 進行状況 運営費交付金 対応関係 明確 あ 活動 除く管理部門 活動 い 期

間進行基準 採用し ます

会計方針 変更

運営費交付金収益 計 基準 い 前事業 度ま 費用進行基準 採用し ました 独

立行政法人会計基準等 改訂 伴い 当事業 度 業務達成基準 採用し ます 業務

進行状況 運営費交付金 対応関係 明確 あ 活動 除く管理部門 活動 い 期間進行基

準 採用し ます

こ 前事業 度 同一 方法 た場合 比 経常利益 税引前当期純利益 そ

121,855,485 増加し ます 行政サービス実施コスト 与え 影響 あ ませ

減価償却 会計処理方法

形固定資産 リース資産 除く

定額法 採用し ます

主 資産 耐用 数 以 あ ます

建 物 2 ~ 58

構築物 2 ~ 60

機械装置 2 ~ 15

車両運搬具 2 ~ 6

工具器具備品 2 ~ 20

特定 償却資産 独立行政法人会計基準第87 減価償却相当額 い 損益外減価償却累計額

し 資 剰余金 控除し 表示し ます

無形固定資産 リース資産 除く

定額法 採用し ます

法人 利用 ソフト ア い 法人 け 利用可能期間 ~ 基 い

ます

リース資産

リース期間 耐用 数 し 残存価額 零 す 定額法 ます

引当金 会計処理方法

退職給付 係 引当金及び見積額 計 基準並び 退職給付費用 処理方法

(2)

自己 源 人件費 ま い 職員 い 職員 退職給付 備え た 当該事業 度

け 退職給付債務及び 金資産 見込額 基 計 し ます

退職給付債務 算定 あた 退職給付見込額 当事業 度 ま 期間 帰属させ 方法 い

期間定額基準 ます

過去勤務費用 そ 発生時 職員 均残存勤務期間 一定 数 定額法

費用処理し ます

数理計算 差異 各事業 度 発生時 け 職員 均残存勤務期間 一定 数

定額法 按分した額 そ 発生 翌事業 度 費用処理す こ し ます

そ 他 区分 国立劇場区分及び新国立劇場区分 役職員及び 基金区分 うち 運営費交付金

人件費 ま い 職員 い 運営費交付金 源措置 さ た 退職給付

係 引当金 計 し ませ 厚生 金基金 支給さ 金給付 い 運営費交付金

厚生 金基金 掛金及び 金基金積立 足額 関し 源措置 さ た 退職給付 係

引当金 計 し ませ

行政サービス実施コスト計算書 け 引当外退職給付増加見積額 独立行政法人会計基準

第 38 基 計算さ た退職給付債務及び 金資産 見込額 基 く退職給付引当金 当該増加額

計 し ます

賞与引当金 計 基準

独立行政法人日 芸術文化振興会 関す 省 第十五条第一号 係 経理区分 基金区分 うち

自己 源 人件費 ま い 職員 い 職員 賞与支給 備え た 振興会 賞与

支給 係 規程 基 く支給見込額 うち当事業 度 担額 計 し ます

そ 他 区分 国立劇場区分及び新国立劇場区分 役職員及び 基金区分 うち 運営費交付金

人件費 ま い 職員 い 運営費交付金 源措置 さ た 賞与支給

係 引当金 計 し ませ

行政サービス実施コスト計算書 け 引当外賞与見積額 当期 運営費交付金及び文化芸

術振興費補助金 源措置 手当さ い引当外賞与見積額 あ 独立行政法人会計基準 及

び 独立行政法人会計基準注解 関す Q&A88-2 基 い 計 し ます

貸倒引当金 計 基準

債権 貸倒 損失 備え た 一般債権 い 貸倒実績率 貸倒懸念債権及び破

産更生債権等 い 個別 回収可能性 検討し 回収 能見込額 計 し ます

価証券 評価基準及び評価方法

満期保 目的 債券

償却原価法 定額法 適用し ます

そ 他 価証券

期 日 市場価格等 基 く時価法 適用し ます

(評価差額 純資産直入法 処理し 売却原価 移動 均法 算定)

た 卸資産 評価基準及び評価方法

(3)

行政サービス実施コスト計算書 け 機会費用 計 方法

国又 地方公共団体 産 無償又 減額さ た使用料 貸借取引 機会費用 算出方法

大阪市 償使用し い 土地 い 特別減免 し い地代 現行 い 支払い 行

い 地代 差額 機会費用 し 計 し ます

政府出資又 地方公共団体出資等 機会費用 算出 用いた利率

機会費用算出 用いた利率 成29 3 10 長期国債利回 参考 し ます

消費税等 会計処理

(4)

注記事項

貸借対照表関係

役職員 引当外退職給付 当期 見積額 7,345,053,912 ます

役職員 当期 運営費交付金 源措置 手当さ い引当外賞与見積額 175,513,095

ます

損益計算書関係

当 度中 け 退職手当 計 方法

当 度中 発生した退職手当 一般管理費人件費 基金助成事業人件費 計 し ます

フ イナンス リース取引 損益 与え 影響額 1,837,766 あ 当該影響額 除いた当

期総利益 140,313,890 あ ます

キャッシュ フロー計算書関係

資金 期 残高 貸借対照表科目別 訳

現金及び預金 定 9,583,479,816

定期預金 △2,400,000,000

資金期 残高 7,183,479,816

重要 非資金取引

フ イナンス リース 資産 取得

機械 装置 6,191,669

工具器具備品 27,744,258

ソフト ア 67,854,561

寄附 入 資産 取得

機械装置 48,275,057

行政サービス実施コスト計算書関係

政府出資等 機会費用 計算 使用した利率 0.065% あ ます

引当外退職給付増加見積額 うち 国 出向職員 係 7,047,348 含ま ま

(5)

固定資産 減損関係

翌事業 度以降 特定 日以後使用し い 決定した固定資産

途 資産 称 種類 場所

使用し く

日 予定

使用し く 日 け 価額

帳簿価額 見込額 回収可能サービス

価額 見込額 減損額 見込額

職 員 宿 舎

船橋第

職員宿舎

土地 千葉県

船橋市 前原西

成29 4

35,700,000 31,976,850 3,723,150

建物 4,433,799 5,693,443 ―

習志

職員宿舎

土地 千葉県

習志 市

津 沼

成29 4

71,800,000 69,367,200 2,432,800

建物 11,316,554 31,384,311 ―

使用し い いう決定 行 た経緯及び理

独立行政法人 職員宿舎 見直し計画 成24 4 3日行政改革実行 部決定 基 独立

行政法人 職員宿舎 見直し 関す 実施計画 成24 12 14日行政改革担当大臣 取 ま

こ 実施計画 従 職員宿舎 見直し 行い 廃止 決定した あ ます

使用し く 日 け 帳簿価額 回収可能サービス価額及び減損額 見込額

記職員宿舎 成 使用し く こ 予定さ い こ 減損 兆候 認

ます

使用し く 日 け 帳簿価額 見込額 い 成 日 見込帳簿価額 記載

し ます

使用し く 日 け 回収可能サービス価額及び減損額 見込額 い 土地 路線価 成

分 建物 固定資産税評価額 成 度 回収可能サービス価額 し 帳簿価額 差

(6)

価証券関係

満期保 目的 債券

区 分 貸借対照表日 け

貸借対照表計 額

貸借対照表日 け

時価 差 額

時価 貸借対照表計 額

超え 73,073,828,976 81,731,200,000 8,657,371,024

時価 貸借対照表計 額

超え い 1,800,000,000 1,689,480,000 △110,520,000 合 計 74,873,828,976 83,420,680,000 8,546,851,024

満期保 目的 債券 貸借対照表日後 け 償還予定額

種 類 以 超 以 超 以 超

債券

国 債 - 3,500,000,000 - -

地方債 - 2,500,000,000 20,900,000,000 31,200,000,000

事業債 - 1,500,000,000 600,000,000 1,800,000,000

投機関債 - - 3,600,000,000 1,000,000,000

金融債 - 1,000,000,000 - -

外国債 - - 1,000,000,000 6,300,000,000

合 計 0 8,500,000,000 26,100,000,000 40,300,000,000

当期中 売却した満期保 目的 債券

(7)

退職給付関係

採用し い 退職給付制度 概要

当法人 確定給付型 制度 し 退職一時金制度 厚生 金基金制度 文教関係団体厚生 金基

金 併用し ます 当該厚生 金基金 昭和 設立時 加入いたしました

厚生 金基金 代行部分 い 成 日 厚生労働大臣 将来分支給義

務免除 認可 け 成 日 最低責任準備金 一部16,349,089 前納し

ます

当事業 度 い 測定さ た返還相当額 最低責任準備金 15,329,356 あ 当該返還

相当額 最低責任準備金 支払い 当期 日 行わ 仮定し 退職給付 関す 会計基準

適用指針 企業会計基準適用指針第 号 第 項 適用した場合 生 利益 見込額

59,702,083 あ ます

退職給付債務 期首残高 期 残高 調整表

期首 け 退職給付債務 151,084,842

勤務費用 7,225,329

利息費用 528,372

数理計算 差異 当期発生額 △ 22,655,415

退職給付 支払額 △3,024,082

厚生 金基金団体 け 脱退事業所 係 配分加算額 △ 629,427

期 け 退職給付債務 132,529,619

金資産 期首残高 期 残高 調整表

期首 け 金資産 22,371,600

期待運用収益 691,282

数理計算 差異 当期発生額 10,351,526

事業主 拠出額 2,642,418

退職給付 支払額 △ 2,050,582

制度加入者 拠出額 407,430

(8)

退職給付債務及び 金資産 貸借対照表 計 さ た退職給付引当金及び前払 金費用 調整表 単

積立型制度 退職給付債務 85,890,763

金資産 △ 34,413,674

積立型制度 積立退職給付債務 51,477,089

非積立型制度 積立退職給付債務 46,638,856

小計 98,115,945

認識数理計算 差異 46,956,781

認識過去勤務費用 4,067,179

貸借対照表 計 さ た 債 資産 純額 149,139,905

退職給付引当金 149,139,905

前払 金費用 0

貸借対照表 計 さ た 債 資産 純額 149,139,905

退職給付 関連す 損益

勤務費用 6,817,899

利息費用 528,372

期待運用収益 △ 691,282

数理計算 差異 当期 費用処理額 4,385,850

過去勤務費用 当期 費用処理額 △ 6,972,307

厚生 金基金団体 け 脱退事業所 係 配分加算額 △ 629,427

合計 3,439,105

注 勤務費用 従業員拠出額 控除さ ます

金資産 主 訳

金資産合計 対す 主 分類 比率 次 あ ます

代行返 伴う最低責任準備金前納額 43%

債券 27%

株式 22%

現金及び預金 2%

そ 他 6%

合計 100%

長期期待運用収益率 設定方法 関す 記載

金資産 長期期待運用収益率 決定す た 現在及び予想さ 金資産 配分 金資産

構成す 多様 資産 現在及び将来期待さ 長期 収益率 考慮し ます

数理計算 計算基礎 関す 事項

割引率 %

長期期待運用収益率 %

0.34%

(9)

金融商品関係

( )金融商品 状況 関す 事項

当法人 資金運用 い 独立行政法人通則法第47条 規定及び 独立行政法人通則法第47

条第1号 規定 基 く 独立行政法人日 芸術文化振興会 取得す こ 価証券 指定

い (通知) 等 基 預金及び 価証券 行 ます 株式等 保 し ませ

( )金融商品 時価等 関す 事項

区 分 貸借対照表日 け

貸借対照表計 額

貸借対照表日 け

時価 差 額

1 現金及び預金 9,583,479,816 9,583,479,816 0

2 事業 収金 95,294,059 95,294,059 0

3 収金 242,097,785 242,097,785 0 4 収収益 313,203,323 313,203,323 0

5 価証券及び投資 価証券 74,873,828,976 83,420,680,000 8,546,851,024

6 長期 収金 65,696,000 65,696,000 0

資産計 85,173,599,959 93,720,450,983 8,546,851,024 7 払金 3,970,591,972 3,970,591,972 0

8 リース債務 371,072,697 372,222,803 1,150,106

9 預 金 36,038,695 36,038,695 0

債計 4,377,703,364 4,378,853,470 1,150,106

(注1)金融商品 時価 算定方法並び 価証券等 関す 事項

1 現金及び預金 2 事業 収金 3 収金 4 収収益

こ い 短期間 決済さ た 時価 帳簿価額 近似し い こ 当該帳簿

価額 ます

5 価証券及び投資 価証券

価証券及び投資 価証券 い 取引金融機関 提示さ た価格等 ます

また 保 目的 価証券 関す 注記事項 い ( 価証券関係) 記載し ます

6 長期 収金

長期 収金 い 時価 会計 度 け 貸借対照表価額 貸倒引当金 控除し

た金額 近似し い 考え た 当該価額 時価 し ます

7 払金 9 預 金

こ い 短期間 決済さ た 時価 帳簿価額 近似し い こ 当該帳簿

価額 ます

8 リース債務

リース債務 い 返済予定額 合計額 一定 期間 区分した金額 同様 新規借入

行 た場合 想定さ 利率 割 引い 算定す 方法 ます リース債務

(10)

(注2)金銭債権及び満期 あ 価証券 決算日後 償還予定額

区 分 以 超 以 超 以 超

現金及び預金 9,583,479,816 ― ― ―

事業 収金 95,294,059 ― ― ―

収金 242,097,785 ― ― ―

収収益 313,203,323 ― ― ―

合 計 10,234,074,983 ― ― ―

満期 あ 価証券 決算日後 償還予定額 い ( 価証券関係) 記載し ます 長期 収金 い 償還予定額 見込 ませ 記区分 含 ませ

(注3)リース債務 決算日後 返済予定額

区 分 以 超

超 以

超 以

以 超

リース債務 215,586,579 70,312,766 53,200,945 31,777,225 195,182 -

合 計 215,586,579 70,312,766 53,200,945 31,777,225 195,182 -

資産除去債務 関す 事項

当法人 事業用地 賃貸借契約 基 返還時 け 原状回復 係 債務 し ます

当分 間 当該債務 関連す 賃借資産 使用し また 将来移転す 予定 いこ 資産除去債

務 合理的 見積 こ ませ そ た 当該債務 見合う資産除去債務 計 し ませ

重要 債務 担行為

該当事項 あ ませ

重要 後発事象

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP