• 検索結果がありません。

関 口 久 雄

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "関 口 久 雄"

Copied!
57
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

令 和 二 年 の 壁 の な い 教 室 と 印 刷 術 教 授 が 教 授 す る 時 空 間 で の リ テ ラ シ ー あ る い は 彷 徨 に つ い て

関 口 久 雄

今 日 、《 … 》 学 習 の 多 く が 教 室 外 で 行 な わ れ て い る 。《 … 》 教 室 の 壁 そ の も の が 突 然 、 砕 か れ た た め に 、 わ れ わ れ は 混 乱 し 、 当 惑 し て い る の で あ る 。

れ は 、 世 界 が 強 い ら れ た 令 和 二 年 の 非 日 常 の 描 写 で あ ろ う か 、 否 、 一 九 五 七 年 に 書 か れ た 、 マ ー シ ャ ル ・

ル ー ハ ン

(MarshallMcLuhan)

の ⽛ 壁 の な い 教 室

(ClassroomWithoutWalls)

⽜ の 一 節 で あ る 。 で は 、 今 か ら 六

年 前 に も 同 様 の 未 曾 有 の 事 態 と 対 峙 し た の で あ ろ う か 、 否 、 今 日 の 教 育 現 場 の 日 常 と 同 様 の 混 乱 が 起 き て

の で あ る

(

1)

壁 の な い 教 室 ⽜ の 冒 頭 は こ の よ う に 綴 ら れ て い る 。

今 日 わ れ わ れ が ⽛ 視 聴 覚 教 材 ⽜ と 当 然 の こ と の よ う に い う の は 、 わ れ わ れ が い ま だ に 本 を 標 準 と 考 え 、 他

(2)

の メ デ ィ ア を 付 随 的 な も の と 思 っ て い る か ら で あ る 。 わ れ わ れ は ま た 新 し い メ デ ィ ア

(新聞、ラジオ、テレ ビ)

を マ

・ メ

と 考 え 、 本 を 個 人 的 な 形 式 と 思 っ て い る 。 本 は 読 者 を 沈 黙 の う ち に 孤 立 さ せ 、 西 洋 的 ⽛ 個 我

⽜ の 確 立 に 寄 与 し た か ら 個 人 的 な 形 式 だ と い う の で あ る 。 し か し 本 と い う も の は 、 大 量 生 産

の 最 初 の 生 産 物 な の で あ る 。[ マ ク ル ー ハ ン 一 九 五 七 = 二 〇 〇 三 ,p . 1 0 5 ]

少 部 数 の 手 書 き か ら 大 量 の 印 刷 へ 、 本 と い う 新 し い メ デ ィ ア が 登 場 す る こ と に よ っ て 、 い わ ゆ る ⽛ マ ス メ デ

ィ ア ⽜ が は じ ま っ た と さ れ る 、 と 同 時 に 、 独 占 さ れ て い た 知 は 解 放 さ れ た 、 と 喧 伝 さ れ る 、 し か し 、 本 の 誕 生 に よ っ て 、 い わ ゆ る 学 ぶ ス タ イ ル が 、 す ぐ に 変 わ っ た 訳 で は な い 。 マ ク ル ー ハ ン は 説 く 。〈 本 と い う 形 式 に よ

っ て だ れ で も 同 じ も の に 接 す る こ と が 可 能 と な っ た 。 中 世 に は 、 多 く の 学 生 や 研 究 所 が 同 じ 本 の コ ピ ー を 持 つ

こ と は 不 可 能 で あ っ た 。 手 書 き の 稿 本 や そ れ に つ い て の 解 説 は 口 述 さ れ た 。 そ れ を 学 生 は 記 憶 し た の で あ る 。

授 業 は ほ と ん ど 全 面 的 に 口 頭 で 、 か つ 集 団 的 に 行 わ れ た 。 一 人 だ け で の 勉 強 が で き る の は 程 度 の 高 い 学 者 の 場

合 に 限 ら れ て い た 。〉 当 時 は ま だ 本 は 貴 重 だ っ た の で あ る 。 ゆ え に 、〈 も っ と も 初 期 の 印 刷 本 は 、 口 頭 に よ る 授

業 の ⽛ 視 覚 補 助 教 材 ⽜ で し か な か っ た 。〉 。 そ の 後 、 そ れ な り の 年 月 を 経 て 、 新 し か っ た 本 が 新 し く な く な る と

と も に 、 そ の 立 ち 位 置 を 確 立 し て い く 。 た だ し 、 そ の 時 代 の 学 び の 場 は 、 教 室 の 外 で あ っ た 。〈 印 刷 術 以 前 に

あ っ て は 、 若 い 学 徒 は 耳 で 聞 き 、 目 で 見 、 自 ら 行 為 す る こ と に よ っ て 学 ん だ 。 ご く 近 年 ま で 、 田 舎 の 子 供 た ち

は そ の よ う に し て 年 長 者 の 言 語 や 行 動 を 学 ん だ の で あ る 。 学 習 は 教 室 の 外 で 行 な わ れ た の で あ る 。 そ も そ も 学

術 専 門 家 を 目 指 す 者 だ け が 学 校 に 行 っ た の で あ る 。〉 [ 同 マ ク ル ー ハ ン ,p p. 1 0 5 - 1 0 6 ]。

(3)

二 十 世 紀 に 入 る と 、⽛ 視 聴 覚

(audio-visual)

⽜ に 強 く 働 き か け る 新 し い メ デ ィ ア た ち が 世 の 中 に 現 れ は じ め た 。

そ し て 、 一 九 五 〇 年 代 の 後 半 に 、 あ の 混 乱 が 記 さ れ た の で あ る 。

今 日 、 都 市 に お い て は 、 学 習 の 多 く が 教 室 外 で 行 な わ れ て い る 。 印 刷 物 、 映 画 、 テ レ ビ 、 ラ ジ オ で 送 ら れ

て く る 情 報 量 は 、 学 校 で の 授 業 、 教 科 書 の 情 報 量 を は る か に し の い で い る 。 こ の 挑 戦 に よ っ て 、 本 の 補 助

教 材 と し て の 独 占 が 崩 壊 し 、 教 室 の 壁 そ の も の が 突 然 、 砕 か れ た た め に 、 わ れ わ れ は 混 乱 し 、 当 惑 し て い

る の で あ る 。[ 同 マ ク ル ー ハ ン ,p p. 1 0 6 ]

か つ て の 新 し い メ デ ィ ア 新 聞 、 ラ ジ オ 、 テ レ ビ を 、 現 代 の コ ン ピ ュ ー タ 、 イ ン タ ー ネ ッ ト 、 そ し て 、 ス

マ ホ に 置 き 換 え れ ば 、 そ の 混 乱 は 、 二 十 一 世 紀 の 教 室 で 起 き て い る こ と そ の も の と な る 。 ど ち ら の 時 代 で も 共

通 し て い る の は 、 教 え る 者

(たち)

と 教 え ら れ る 者 た ち の 間 の 齟 齬 。〈 こ う し た 混 乱 し た 社 会 状 況 に あ っ て は 、

多 く の 教 師 は 当 然 の こ と な が ら 新 し い メ デ ィ ア の 提 供 す る も の を 、 教 材 と し て よ り も 娯 楽 と し て み る こ と に な

る 。〉 だ が 、 過 去 を き ち ん と 顧 み れ ば わ か る 、 歴 史 は く り 返 さ れ る の で あ る 。〈 し か し 、 こ れ で は 学 生 た ち を 信

服 さ せ る こ と は で き な い 。 い っ た い 最 初 に 軽 い 娯 楽 も の と 考 え ら れ な か っ た よ う な 古 典 が あ る だ ろ う か 。 一 九

世 紀 に い た る ま で 、 ほ と ん ど す べ て の 自 国 語 で 書 か れ た 古 典 は 、 そ の よ う な も の と し て ま ず は 受 け と ら れ た の

で あ る 。〉 [ 同 マ ク ル ー ハ ン ,p . 1 0 6 ]。 さ ら に 、 そ の 混 乱 は 、 令 和 二 年 の 非 日 常 に お い て は 、 皮 肉 な 状 況 を も た

ら す こ と に な っ た 。 い わ ば 戒 厳 令 の よ う な 社 会 統 制 に よ り 、 平 時 で の ⽛ 面 倒 が ら ず に 図 書 館 に 行 け ⽜ が ⽛ 家 で

(4)

ネ ッ ト で 調 べ ろ ⽜ に 変 更 を 余 儀 な く さ れ た 、 新 し い メ デ ィ ア に 否 応 な く 頼 ら ざ る を え な か っ た の で あ る 。 マ ク ル ー ハ ン は 、 そ の よ う な 新 し い メ デ ィ ア の 効 能 を 見 出 し

(

、 そ し て 、 そ れ ら を 新 た な る 言 語 = 可 能 性 と み

2)

な し て 、 使 い こ な せ る か ど う か は 、 私 た ち 自 身 の 問 題 で あ る 、 と す る 。〈 い ま や わ れ わ れ は 、 新 し い メ デ ィ ア

は 幻 の 世 界 を つ く り 出 す た だ の ト リ ッ ク な の で は な く 、 新 し い 、 独 自 の 表 現 力 を も っ た 新 し い 言 語 で あ る こ と

に 気 づ き は じ め て い る 。 歴 史 的 に は 、 英 語 の も ち う る 資 源 は つ ね に 新 た な 変 化 を 受 け て 形 づ く ら れ 、 表 現 さ れ

て き た 。 印 刷 術 は 書 き も の の 量 だ け で は な く 、 言 語 の 性 格 、 な ら び に 作 者 と 公 衆 と の 関 係 に 大 き な 変 化 を 与 え た 。 ラ ジ オ 、 映 画 、 テ レ ビ は 、 書 か れ る 英 語 の 性 格 を 、 話 さ れ る 言 語 の も つ 自 発 的 で 自 由 な 動 き の 性 格 に 変 え

て い る の で あ る 。 そ う し た メ デ ィ ア の お か げ で わ れ わ れ は 、 表 情 言 語 や 身 ぶ り 言 語 に 対 す る 強 い 意 識 を 回 復 さ

せ て き て い る の で あ る 。 も し こ う し た ⽛ マ ス ・ メ デ ィ ア ⽜ が 、 こ れ ま で 人 間 が 獲 得 し て き た 言 語 と 視 覚 的 文 化

の 水 準 を 低 く し た り 、 あ る い は 破 壊 し た り す る の に 力 と な る ば か り で あ る と す れ ば 、 そ れ は 新 し い メ デ ィ ア に

本 質 的 に 欠 点 が あ る た め な の で は な い 。 そ れ は わ れ わ れ が 、 そ う し た 新 し い メ デ ィ ア を 、 や が て わ れ わ れ の 全

文 化 遺 産 の 中 に 統 合 し て い く た め の 新 し い 言 語 だ と し て 、 自 分 た ち の も の に な し え て い な い か ら な の で あ る 。〉

[ 同 マ ク ル ー ハ ン ,p p. 1 0 7 - 1 0 8 ]。

い わ ゆ る 学 び の 場 に お い て は 、 そ の 問 題 は 、 さ ら に 鮮 明 化 さ れ る 。 新 し い メ デ ィ ア は 、 授 業 の 頼 も し い 助 っ

人 な の か 、 教 員 を 脅 か す 邪 魔 者 な の か 、 そ し て 、 そ の 挑 戦 へ の 対 応 は 、 い つ も の ご と く 否 定 す る こ と だ け な の

(5)

か 、 貴 重 な 考 具 に な る こ と は な い の か が 問 わ れ て い る の で あ る 。

こ の よ う に 新 し い 展 開 を 分 析 的 に 考 察 し て く る と 、 教 室 に と っ て の 基 本 的 な 文 化 戦 術 が 明 ら か に な る 。 最

初 に 印 刷 本 が 現 わ れ た と き 、 そ れ は 口 頭 に よ る 授 業 の 手 続 き へ の 挑 戦 と な り 、 今 日 み る よ う な 教 室 が 生 ま

れ た 。 自 分 の 教 科 書 、 自 分 の 辞 書 、 自 分 の 文 法 を つ く る か わ り に 学 生 は 、 そ う し た 道 具 を も っ て ス タ ー ト

す る の で あ る 。 こ う し て 学 生 は 、 一 つ の 言 語 で は な く 、 い く つ も の 言 語 を 学 ぶ こ と が で き る よ う に な っ た 。

今 日 、 新 し い メ デ ィ ア は こ の 伝 統 的 な 教 室 授 業 を 、 単 に 補 強 す る だ け で は な く 、 お び や か し て い る の で あ る 。 こ の 挑 戦 に 対 す る 常 套 的 な 回 答 は 、 か つ て マ ン ガ 本 が 怖 が ら れ 、 軽 蔑 さ れ 、 教 室 か ら 閉 め 出 さ れ た の

と 同 様 に 、 映 画 や テ レ ビ の も つ 不 幸 な 性 格 や 影 響 力 を 告 発 す る こ と で あ る 。 そ う し た メ デ ィ ア の 内 容 と 形

式 の 良 い 点 、 悪 い 点 を 慎 重 に 他 の 芸 術 や 叙 述 と な ら べ て 検 討 し て み れ ば 、 教 師 に と っ て も 重 要 な 資 産 と な

り う る こ と は 明 ら か だ ろ う 。[ 同 マ ク ル ー ハ ン ,p p. 1 0 8 - 1 0 9 ]

で は 、 そ れ ら の 新 し い メ デ ィ ア を 単 に 受 け 入 れ れ ば 問 題 は 解 決 す る の で あ ろ う か 、 そ も そ も 、 な に が 解 決 す

る の で あ ろ う か 。 別 の 側 面 か ら 、 思 考 し て み る 。

変 わ ら な い 教 室 の 光 景 。 永 遠 に 続 く で あ ろ う と 思 わ れ る そ の 日 常 を 打 ち 破 ろ う と す る 者 が 時 と し て 現 れ る 。

一 八 八 六 年 生 ま れ の フ ラ ン ス 人 、 セ レ ス タ ン ・ フ レ ネ

(CélestinFreinet)

は 、 ニ ー ス の 師 範 学 校 在 学 中 に 第 一 次

(6)

世 界 大 戦 に 召 集 さ れ 、 ド イ ツ 軍 の 毒 ガ ス に 胸 を 冒 さ れ 、 元 気 な 子 ど も た ち が 騒 ぎ ま く る 授 業 中 に 大 き な 声 が 出

せ な い と い う ハ ン デ を 背 負 い な が ら 教 師 生 活 を は じ め た 。 か れ は 、 ま ず 、 生 徒 た ち を 学 校 の 外 に 連 れ 出 し 、 観

察 し た も の を 、 思 う が ま ま に 作 文 さ せ た 。 そ れ が ⽛ 自 由 作 文

(letextelibre)

⽜。 そ し て 、 一 九 二 三 年 、⽛ 印 刷 機

(l’imprimerie)

⽜ を 購 入 し た 。 自 由 作 文 と 印 刷 機 に よ っ て 変 わ ら な い は ず の 日 常 が 大 き く 変 化 し だ し た の で あ る

(

3)

あ る 日 、 フ レ ネ は 教 室 に 印 刷 機 械 を 持 ち 込 み ま し た 。 黒 板 や ノ ー ト に 書 か れ た 後 は 消 さ れ て し ま う 子 ど も

た ち の 生 活 や 思 考 を 紙 の 上 に 固 定 化 し 、 永 続 的 な も の に し た の で す 。 子 ど も た ち は 自 ら 活 字 を 拾 い 、 版 組 を し て 印 刷 す る と い う 作 業 に 夢 中 に な り ま し た 。 そ れ は 自 分 の 考 え を み ん な に 読 ん で も ら え る と い う 自 己

表 現 の 手 段 を 手 に し た か ら で す 。 こ の こ と は ク ラ ス の 中 だ け に 留 ま ら ず 、⽛ 学 校 間 通 信 ⽜ と し て 、 遠 く 離

れ た 学 校 の 生 徒 た ち と の 交 流 の 手 段 と も な り ま し た 。[ フ レ ネ 教 育 と は / 箕 面 こ ど も の 森 学 園 ] < htt ps : // co kr eo no -m or i.c om /k od om on om or i/f re in et.h tm l>

⽛ 学 校 に 印 刷 機 を 񨑵

(L’imprimerieàl’école!)

⽜。 い わ ゆ る 教 室 に は 似 つ か わ し く な い 印 刷 機 と い う 当 時 の 新 し い

メ デ ィ ア が 、 教 材

(aids)

と な っ て 教 員 の 声 の 補 助 と な っ た 、 そ し て 、 そ の 能 力 を 助 長 し た 。 里 見 実 は 、 メ デ ィ

ア と い う 観 点 か ら フ レ ネ 教 育 を 論 じ る

(

4)

教 育 の 歴 史 と は 、 メ デ ィ ア の 歴 史 で す 。 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ・ メ デ ィ ア の 様 式 を 基 準 に し て い え ば 、 近 代

(7)

学 校 は 、 活 字 文 化 に 対 応 す る 制 度 と し て 成 立 し た と い っ て も 過 言 で は な い で し ょ う 。《 … 》 も と も と 本 と

い う メ デ ィ ア は 、 相 互 的 な 対 話 よ り も 、 一 方 的 な 伝 達 に 適 合 す る メ デ ィ ア で す 。 書 き 手 は あ く ま で も 書 き

手 で あ り 、 読 み 手 は あ く ま で も 読 み 手 で あ っ て 、 そ こ に 役 割 の 相 互 転 換 と い う も の が 起 こ り に く い の で す 。

相 手 が 目 の ま え に い な い と い う こ と も 原 因 し て 、⽛ 書 く ⽜ と い う 行 為 は ど う し て も モ ノ ロ ー グ 的 に な り が

ち で す 。《 … 》 教 室 の な か で の 教 師 と 生 徒 の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン は 口 伝 え の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン で す か ら 、

よ り 対 話 的 で あ っ て よ い の で す が 、 じ つ は そ う で は あ り ま せ ん 。《 … 》 フ レ ネ は 、 こ の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ

ン の あ り 方 を 変 革 す る テ コ と し て 学 校 印 刷 を 提 案 す る の で す 。 学 校 印 刷 と い う メ デ ィ ア を も ち い る こ と に よ っ て 、 メ ッ セ ー ジ の 受 け 手 と し て の み 位 置 づ け ら れ て き た 子 ど も を そ の 発 信 者 た ら し め 、 そ れ と 同 時 に 、

よ り 横 断 的 で 相 互 的 な コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン の ネ ッ ト ワ ー ク を 、 学 校 空 間 の 内 部 に 創 出 し よ う と す る の で す 。

教 科 書 文 化 の 牙 城 で あ る 学 校 空 間 の 内 部 に 、 で す 。《 … 》 伝 達 の メ デ ィ ア と し て 存 在 す る 活 字 と 本 を 、 対

話 の メ デ ィ ア と し て 使 い こ な す 、 そ の 可 能 性 を か れ は 子 ど も た ち と と も に 追 求 し た の で す 。⽛ 学 校 ⽜ 的 な

コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン の あ り 方 を 変 え る 、 と い う こ と は 、 じ つ は 近 代 の ⽛ 活 字 文 化 ⽜ そ の も の の あ り 方 の 変

革 と 密 接 に つ ら な る も の で あ っ た の で す 。[ 里 見 一 九 九 四 ,p p. 6 5 - 6 7 ]

教 育 の 世 界 の 、 新 し き 、 ま さ に 異 物 で あ っ た ⽛ 印 刷 ⽜ の 技 術 に つ い て 、 も う 少 し 歴 史 を 遡 っ て み る 。

マ ク ル ー ハ ン が 指 摘 し た よ う に 、〈 最 初 に 印 刷 本 が 現 わ れ た と き 、 そ れ は 口 頭 に よ る 授 業 の 手 続 き へ の 挑 戦

(8)

と な り 、 今 日 み る よ う な 教 室 が 生 ま れ た 。〉 本 と い う 新 し い メ デ ィ ア の 登 場 が き っ か け で 教 育 の 現 場 は 大 き く

様 変 わ り し た 。 そ し て 、 現 行 の 一 人 の 教 師 に よ る 同 質 集 団 に 同 一 の 内 容 を 同 時 に 教 え る 一 斉 型 の 教 育 の 方 式 =

近 代 的 な 学 校 制 度 を 生 み 出 し た の が 、 日 本 で 豊 臣 秀 吉 が 朝 鮮 出 兵 を 始 め た 一 五 九 二 年 に 、 現 在 の チ ェ コ 共 和 国

の 東 部 モ ラ ヴ ィ ア 地 方 で 生 ま れ た 、 ヨ ハ ネ ス ・ コ メ ニ ウ ス

(JohannesComenius)

と い わ れ る

(

。 そ の コ メ ニ ウ ス が 、

5)

徳 川 光 圀 が 大 日 本 史 の 編 纂 に 着 手 し た 一 六 五 七 年 に 、 ラ テ ン 語 で 出 版 し た の が 、⽛ あ ら ゆ る 人 に あ ら ゆ る 事 柄

を 教 授 す る ・ 普 遍 的 な 技 法 を 提 示 す る ⽜ を 掲 げ た ⽝ 大 教 授 学

(DidacticaMagna (

)

⽞。

6)

コ メ ニ ウ ス の 唱 え る 教 育 技 術 の 特 徴 は 、 イ ギ リ ス 経 験 論 の 祖 と さ れ る フ ラ ン シ ス ・ ベ ー コ ン 的 な 帰 納 法 と 、

世 界 の さ ま ざ ま な 事 象 を 類 比

(アナロジー)

を 通 し て 理 解 さ せ よ う と す る こ と で あ っ た 。〈 ア ナ ロ ジ ー に は 時 に 論

理 の 飛 躍 が 見 ら れ る 。 し か し 、 新 た な 気 づ き や 共 感 を 呼 び 起 こ す こ と も あ る 。⽛ 竹 の よ う に ⽜ と い う 一 言 が 加

わ る だ け で 、⽛ ま っ す ぐ に ⽜ と だ け 言 わ れ る よ り 抵 抗 感 が 和 ら ぐ よ う に 、 ア ナ ロ ジ ー は コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン に

介 在 す る 暴 力 を 緩 和 す る こ と も あ る 。 コ メ ニ ウ ス の 独 創 性 は 、 ア ナ ロ ジ ー 的 思 考 を 教 育 を は じ め と す る 人 間 生

活 の 改 善 に 応 用 し た と こ ろ に あ る 。 彼 の 哲 学 は 、 一 見 す る と ⽛ 何 の 関 係 が あ る の か ⽜ と 思 わ れ る と こ ろ に 意 味

を 見 出 そ う と す る ⽛ 関 係 発 見 ⽜ の 学 だ っ た と 言 え る 。〉 [ 相 馬 二 〇 一 七 ,p . 7 0 ]。 コ メ ニ ウ ス は 、 当 時 の 新 し い メ

デ ィ ア で あ っ た 印 刷 の 技 術 に 注 目 し て い た 。 そ し て 、 印 刷 術 と 教 育 の 技 術 に つ い て 、 教 授 法 の 詳 細 な 解 説 の 後 、

⽛ 第 三 十 二 章 ご く 精 密 な ・ 学 校 の 全 般 的 な 秩 序 に つ い て 。⽜ に お い て 、〈 〔

1 .〕 【 前 述 の 要 約 。】 学 校 改 革 の 必

要 と そ の 方 法 と に つ い て は す で に か な り 詳 し く お 話 し い た し ま し た 。 こ こ で 私 た ち の 希 望 な り 工 夫 な り を

(9)

か い つ ま ん で 申 し 上 げ る の も 、 あ な が ち 不 適 当 な こ と で は あ り ま す ま い 。 そ れ は 次 ぎ の よ う な も の で あ る と 、

お 考 え い た だ か な け れ ば な り ま せ ん 。

2 .【 第 一 の 希 望 は 、 教 授 術 を 印 刷 術 な み の 確 実 さ と 美 事 さ と に 引

き 上 げ る こ と で あ る 。】 私 た ち は 、 教 授 の 方 法 を 完 成 さ せ て 、 今 ま で 因 襲 的 に 使 わ れ て ま い り ま し た 教 育 形 式

と 私 た ち の ・ 新 し い 教 育 形 式 と の 間 に あ り ま す 相 異 が 、 ペ ン 書 き で 書 物 の 数 を ふ や し て 行 く ・ 旧 式 の 技 術 と

そ の 後 に 発 明 さ れ て 今 で は ど こ で も 使 わ れ て お り ま す ・ 活 字 に よ る 技 術 と の 間 に 見 ら れ る 相 異 に 匹 敵 す る も

の で あ る こ と が 明 ら か に な る と こ ろ ま で 、 も っ て 行 き た い の で あ り ま す 。《 … 》〉 [ コ メ ニ ュ ウ ス 一 六 五 七 = 一

九 六 二 b, pp . 1 3 4 - 1 3 5 ] の 後 、

3 .【 筆 写 に ま さ る 印 刷 術 の 長 所 。】 、

が 今 ま で 使 わ れ て き た 教 授 方 法 に ま さ る 点 。】 を 踏 ま え て 、 こ の よ う に 類 比 し た

(

4 .【

(私たちが求めている)

完 成 し た 教 授 方 法

7)

5 .【 個 々 の 点 の 探 究 。】 そ う で す 、 私 た ち は 、 印 刷 術 か ら 得 た ・ こ の た と え を 固 く 守 り た ち と 思 い ま す し 、

ま た 印 刷 術 と の 比 較 に よ っ て 、 こ の ・ 新 し い 教 授 方 法 と い う ・ 精 巧 な 機 械 が ど の よ う な も の に な る の

か 、 も っ と は っ き り さ せ た い と 思 う の で す 。 こ う す れ ば 、 知 識 が 、 外 面 的 に 紙 に 刷 り 込 ま れ る の と ほ ぼ 同

じ 方 法 で 子 ど も た ち の 精 神 に も 書 き 込 ま れ る こ と が 、 明 ら か に な っ て ま い り ま す 。 こ の 理 由 か ら す れ ば 、

印 刷 術 の 名 前 を も じ っ て 、 こ の 新 し い 教 授 学 に 教 刷 術 と い う 名 前 を 考 え て も 必 ず し も 不 適 当 で は あ り ま

す ま い 。 と こ ろ で 、 中 味 の 方 を 一 つ 一 つ 申 し 上 げ る こ と に し ま し ょ う 。

6 .【 印 刷 術 の 分 析 。 そ の 材 料 と

作 業 。】 印 刷 の 技 術 に は そ れ 相 応 の 材 料 と 作 業 と が あ り ま す 。 主 な 材 料 は 、 用 紙 活 字 イ ン ク 圧 印

機 で す 。 作 業 は 、 用 紙 の し た く 原 本 ど お り の ・ 活 字 の 組 み イ ン ク の 塗 り 校 正 刷 り 乾 燥 な ど で

(10)

す 。 こ れ ら に は 皆 き ま っ た や り 方 が あ る の で す し 、 こ れ を ま も れ ば 仕 事 は う ま く 運 ん で 行 き ま す 。 7 .【 同 じ く 教 授 術 の 分 析 。】 教 刷 術

(この言葉に固執することをお許し下さい)

の 場 合 に は 、 こ れ は 次 ぎ の

よ う に な り ま す 。 用 紙 は 生 徒 で す 。 生 徒 の 精 神 に 知 識 と い う 文 字 が 印 刷 さ れ る の で す 。 活 字 は 教 授

用 図 書 と そ の ほ か の 教 具 の 準 備 で す 。 こ れ が あ れ ば 、 学 習 し な け れ ば な ら な い 知 識 が 苦 も な く 精 神 に

刻 み 込 ま れ る の で す 。 イ ン ク は 教 師 の 肉 声 で す 。 こ れ が 、 事 物 の 意 味 を 教 科 書 か ら 聴 講 者 の 精 神 の 中

へ 運 び 込 む の で す 。 圧 印 機 は 学 校 の 規 律 で す 。 教 師 の 教 え が 、 こ れ に よ っ て 教 え や す く な り ま す し

ま た い や お う や く 教 え 込 ま れ る の で す 。[ コ メ ニ ュ ウ ス 一 六 五 七 = 一 九 六 二 b, pp . 1 3 6 - 1 3 7 ]

⽛ 教 刷 術 / 教 育 印 刷 術

(didacographia)

⽜。 た だ し 、 そ の 類 比 は 、 か つ て 教 育 の 機 会 が 不 平 等 で あ っ た 時 代 に は 、

限 ら れ た 予 算 と 時 間 を 上 手 く 使 う と い っ た 、 そ の 効 率 性 ゆ え に 評 価 さ れ た 。 け れ ど も 、 い わ ゆ る 個 性 が 重 視 さ

れ 、 学 校 教 育 自 体 が 否 定 さ れ る よ う に な る と 、 そ の 術 は 知 識 の 押 し つ け で は な い か 、 と 批 判 さ れ は じ め た 。 だ

が 、 相 馬 伸 一 は 、 予 告 さ れ た も の の 生 前 に 公 刊 さ れ る こ と は な か っ た 全 七 部 構 成 の ⽝ 人 間 に つ い て の 熟 議 ⽞ の

第 四 部 ⽝ パ ン パ イ デ ィ ア

(PAMPAEDIA)

⽞ で の 、 知 恵 を 紙 で は な く 胸 に 刻 み つ け る 技 術 ⽛ 生 け る

(vīva)

印 刷 術 ⽜

を 援 用 し て 、 以 下 の よ う に 反 論 す る

(

8)

し か し 、 こ こ で 言 わ れ て い る 印 刷 は 、 単 な る 知 識 の 受 容 で は な く 、 精 神 に 送 ら れ た 知 恵 が 表 出 さ れ 、 表 出

さ れ た 知 恵 が 同 時 に 他 の 精 神 に 贈 ら れ る 、 と い う 連 即 的 な 伝 搬 の 過 程 を 指 し て い る 。 人 間 と は 、 刻 印 の 対

(11)

象 で あ る だ け で な く 、 表 出 す る 主 体 で も あ る の だ 。《 … 》 印 刷 が 、 単 に 世 界 か ら の 刻 印

(インプレス)

で は な

く 、 同 時 に 世 界 へ の 刻 印

(エクスプレス=表現)

を 可 能 に す る と 考 え ら れ て い た こ と を 踏 ま え れ ば 、 教 育 印 刷

術 に お け る 紙 も イ ン ク を 吸 収 す る 力 が 紙 に ま っ た く な け れ ば 印 刷 が で き な い よ う に 精 神 の 受 容 力

の 比 喩 と し て 用 い ら れ て い る と 言 え る 。 コ メ ニ ウ ス の ⽛ 機 械 ⽜ や ⽛ 印 刷 ⽜ と い う 用 語 法 は 論 争 を 招 い て き

た 。 し か し 、 あ ら ゆ る テ ク ス ト が 現 に 私 た ち に あ る 印 象 を 刻 印 し 、 そ こ か ら 異 論 で あ れ 何 で あ れ 、 さ ま ざ

ま な 解 釈

(表現)

が 強 制 的 で な い 仕 方 で 生 み 出 さ れ る こ と は 誰 も 否 定 で き な い 。 そ う し て 見 る と 、⽛ 生 け る

印 刷 術 ⽜ と は 、 テ ク ス ト の 外 部 に 出 る こ と が で き な い 私 た ち の 生 の あ り よ う を 言 い あ て 、 そ の 限 界 と 可 能 性 を 示 す 優 れ た 洞 察 だ っ た と 言 う こ と が で き る 。[ 相 馬 二 〇 一 七 ,p p. 1 1 7 - 1 1 9 ]

そ し て 、 多 才 な ア イ デ ア マ ン で あ っ た コ メ ニ ウ ス は 、 一 六 五 八 年 、⽝ 世 界 図 絵

(OrbisPictus)

⽞ を 出 版 し た 。

文 字 と 挿 絵 か ら な る こ の 本 は 、 視 覚 に も 訴 え る マ ル チ な メ デ ィ ア な 教 科 書 で あ っ た

(

9)

絵 の 中 の 主 要 な 事 物 に は 番 号 が ふ ら れ 、 そ れ ぞ れ の 事 物 に つ い て の 説 明 が 母 語 と 外 国 語 で 示 さ れ て い る 。

実 際 に 使 っ て み る と 、 挿 絵 と 照 ら し 合 わ せ る こ と で 母 語 の 説 明 を 理 解 し 、 そ れ を 基 に 外 国 語 の 意 味 も 類 推

で き る よ う に な っ て い て 、 そ の 便 利 さ に う な ら さ れ る 。 そ れ ば か り で は な い 。 読 ん で い る う ち に 自 然 、 社

会 、 人 間 に つ い て ひ と と お り の 知 識 や 処 世 術 が 学 べ る よ う に な っ て い る 。 コ メ ニ ウ ス は 、 言 葉 が 依 拠 す る

事 柄 を 挿 絵 で 示 し て 対 応 さ せ る こ と で 、 世 界 全 体 を こ の 上 な く 明 瞭 に 一 冊 の 書 物 の 中 に 表 し て み せ た の で

(12)

あ る 。⽝ 世 界 図 絵 ⽞ 以 来 、 彼 の 発 想 は 事 典 や 図 鑑 に 応 用 さ れ 、 そ れ は 今 日 の イ ン タ ー ネ ッ ト の 検 索 機 能 に

ま で 及 ん で い る 。 私 た ち は 今 も コ メ ニ ウ ス の も た ら し た 恩 恵 に 属 し て 生 き て い る の だ 。[ 相 馬 二 〇 一 七 ,p .

1 2 ]

以 上 の よ う に 、 変 わ ら な い 日 常 と 思 っ て い た 教 室 の 光 景 も 、 こ れ ま で 当 然 と 考 え て い た 歴 史 観 と は 異 な る 様

相 か ら 覗 き 見 る こ と に よ っ て 、 歴 史 と 伝 統 を 継 承 し 、 か つ 常 に 変 化 を し て い る 生 々 し い 時 空 間 だ と 気 が つ く の

で あ る 。 さ ら に 、 現 代 の 教 室 で は 、 も う 一 つ の 視 点 が 必 要 に な っ て く る 。⽛ 学 び の 共 同 体 ⽜ を 希 求 す る 佐 藤 学 に よ れ ば 、⽛ リ テ ラ シ ー

(literacy)

⽜ と い う こ と ば は 、 今 で は ⽛ 読 み 書 き 能 力 ⽜⽛ 識 字 能 力 ⽜ と 訳 さ れ て い る が 、

も と も と は 学 校 用 語 と し て 成 立 し 、⽛ 読 み 書 き が で き る ⽜ と い う 意 味 の ⽛ リ テ レ ィ ト

(literate)

⽜ は ⽛ 文 字

(literature)

⽜ か ら 派 生 し た こ と ば で 十 五 世 紀 か ら 用 法 が 見 ら れ 、 そ の 反 対 語 で あ る ⽛ illit er ate ⽜ は 、⽛ 教 養 が な

い ⽜ と い う 意 味 で 十 七 世 紀 か ら 使 わ れ て い る 。 つ ま り 、⽛ リ テ ラ シ ー ⽜ と は 、 い わ ゆ る ⽛ 読 み 書 き 能 力 ⽜ に 限

定 さ れ る も の で は な く 、 む し ろ ⽛ 共 有 す べ き 活 字 文 化 を 媒 介 と す る 教 養 ⽜ と 定 義 し た 方 が 正 し い 、 そ し て 、 学

校 の 教 育 内 容 の 大 半 が ⽛ リ テ ラ シ ー ⽜ の 内 容 を 構 成 し て い る 、 と し た 上 で 、 二 十 五 年 前 の 今 日 を 語 っ て い る 。

フ レ ネ 教 育 が メ デ ィ ア 革 命 と し て 成 立 し た こ と の 意 味 は 、 い ま ふ た た び に わ か に 重 要 性 を 帯 び て い ま す 。

通 産 省 と 文 部 省 の 主 導 で 、 あ と 五 年 以 内 に 全 国 の 学 校 で 一 人 一 台 の コ ン ピ ュ ー タ 教 育 の 環 境 を 整 備 し 、 す

べ て の 学 校 を 光 フ ァ ィ バ ー で 結 ん で マ ル チ メ デ ィ ア の ネ ッ ト ワ ー ク に 組 み 込 み 、 教 育 市 場 の 拡 大 を も く ろ

(13)

む 学 校 教 育 専 用 の 衛 星 を 打 ち 上 げ る 計 画 も す す ん で い ま す 。 こ の マ ル チ メ デ ィ ア の 大 が か り な 普 及 計 画 は 、

学 校 教 育 を 根 底 か ら 揺 る が し 変 貌 さ せ る 危 険 性 を 秘 め て い ま す 。 こ う い う 状 況 に 対 抗 し て 、 私 た ち は 、 フ

レ ネ が ⽛ 学 校 に 印 刷 機 を 񨑵 ⽜ と 告 げ て ⽛ リ テ ラ シ ー 革 命 ⽜ を 宣 言 し た よ う に 、 コ ン ピ ュ ー タ と い う テ ク ノ

ロ ジ ー を 武 器 と し た 権 力 的 な リ テ ラ シ ー の 浸 透 に 対 抗 し う る 、 私 た ち の ⽛ メ デ ィ ア 革 命 ⽜ と ⽛ リ テ ラ シ ー

革 命 ⽜ を 準 備 す る 必 要 に 迫 ら れ て い ま す 。 フ レ ネ が み ご と に 洞 察 し た よ う に 、 学 校 は そ れ 自 体 が 、 さ ま ざ

ま な 文 化 と 文 化 を 結 び 、 さ ま ざ ま な 人 と 人 を 結 び つ け る ⽛ メ デ ィ ア ⽜ と な っ て 、⽛ 学 び 合 う 共 同 体 ⽜ へ と

脱 皮 す る こ と が 求 め ら れ て い ま す 。 フ レ ネ 教 育 の ⽛ 自 由 作 文

(自由テキスト)

⽜⽛ 学 習 文 庫 ⽜⽛ 学 校 間 通 信 ⽜ な ど の 一 連 の ⽛ 技 術 ⽜ か ら 、 私 た ち は 、 た く さ ん の こ と を 学 び な お す 必 要 が あ る と 思 い ま す 。[ 佐 藤 一 九

九 五 ,p p. 9 1 - 9 2 ]

さ て 、 教 育 現 場 の 混 乱 の 歴 史 を 改 め て 概 観 し て き た が 、 そ れ ら の 過 去 を 踏 ま え た 上 で 、 自 分 た ち の 現 在 、 そ し

て 、 未 来 を ど の よ う に 考 え る べ き な の か 񩀢

い わ ゆ る 外 の 世 界 の 人 た ち か ら は 不 可 侵 な 聖 域 で あ っ た 大 学 、 そ こ は あ く ま で も 学 問 の 場 、 い わ ゆ る 教 育 活

動 は 軽 視 さ れ て き た 。 し か し 、 近 年 、⽛ 大 学 の 学 校 化 ⽜ が 声 高 に 喧 伝 さ れ 、 さ ま ざ ま な 改 革 が 行 わ れ は じ め て

い る 。 た だ し 、 そ こ で 為 さ れ よ う と し て い る の は 、 い わ ゆ る 小 中 高 の 初 等 ・ 中 等 の 教 育 の 現 場 で 長 年 培 わ れ て

き た 、 種 々 の 知 識 や 蓄 積 を き ち ん と 踏 ま え て い く と い う こ と な の で あ ろ う か 񩀢

(先人たちが辿った多くの苦難の道

(14)

を改めて歩み直すのであろうか񩀢)

、 そ れ と も 、 そ の 住 人 た ち は 、 わ れ わ れ が 属 す る の は 、 あ く ま で も 高 等 な 機 関

だ か ら と 嘯 い て 、 そ れ ら の 歴 史 を 無 視 ・ 軽 視 し て 、 机 上 の 空 虚 な 横 文 字 の 世 迷 言 で そ の 場 を 取 り 繕 う だ け な の

で あ ろ う か 񩀢

(

10)

あ る い は 、 令 和 二 年 は 未 知 の ウ ィ ル ス と の 接 触 を 避 け る た め に 、 教 室 は 閉 鎖 さ れ 、 教 員 た ち は 届 け る べ き

⽛ 声 ⽜ を 失 っ た 、 け れ ど も 、 二 十 一 世 紀 の 新 た な ⽛ 印 刷 術 ⽜ に よ っ て 、 大 学 の 外 に い る 学 生 た ち と の つ な が り

を 持 つ こ と が 可 能 と な っ た 。 し か し 、 そ の よ う な 非 日 常 時 だ け で な く 、 現 在 、 大 学 に 限 ら ず 、 あ ら ゆ る 教 育 現 場 で 、 日 常 的 に 、 さ ま ざ ま な 情 報 機 器 等 の メ デ ィ ア を 活 用 し た 、 新 し い ⽛ 方 法 と 技 術 ⽜ が 求 め ら れ て い る 。 だ

が 、 は た し て 、 そ れ ら は 、 な に を 根 拠 に 進 め ら れ て い る の で あ ろ う か 񩀢 い わ ゆ る 教 え る 者 た ち / 教 わ る 者 た

ち 、 否 、 と も に 学 ぶ 者 た ち は 、 そ の よ う な 時 空 間 で 、 な に を 求 め 、 な に が 求 め ら れ て い る の で あ ろ う か 񩀢

(

11)

こ れ か ら 大 学 に 集 う 者 た ち は 、 そ の よ う な 問 い を 常 に 自 問 自 答 し て い か な け れ ば な ら な い の で あ ろ う 、 否 、

も っ と 大 事 な 根 本 的 な 疑 問 が 残 さ れ て い る 。 そ も そ も 、 大 学 と は 、 な ん で あ ろ う か 񩀢 誰 の た め に 、 な ん の た

め に 、 存 在 す る の で あ ろ う か 񩀢 マ ク ル ー ハ ン は 、⽛ 壁 の な い 教 室 ⽜ を 、 こ の よ う に 締 め く く っ た

(

12)

学 生 の 関 心 が す で に 集 ま っ て い る と こ ろ こ そ 、 他 の 問 題 や 関 心 事 の 解 明 に 向 か う 自 然 の 出 発 点 で あ る 。 教

育 の 目 的 は 、 認 識 の 基 礎 的 な 手 段 を そ な え さ せ る ば か り で な く 、 日 常 的 な 生 活 経 験 に つ い て の 判 断 力 や 識

(15)

別 力 を つ け さ せ る こ と で も あ る 。 新 聞 を 分 析 す る こ と が で き る 学 生 は ほ と ん ど い な い 。 映 画 を 知 的 に 議 論

す る こ と の で き る 者 は も っ と 少 な い 。 日 常 的 な こ と 、 情 報 に つ い て 判 断 力 が あ り 識 別 力 が あ る こ と こ そ 、

教 育 を 受 け た 人 間 の 証 拠 で あ る 。 教 育 と 娯 楽 の 間 に な に か 根 本 的 な 差 異 が あ る と 思 う の は 誤 り で あ る 。 こ

う し た 区 別 を つ け る こ と に よ っ て 人 は 、 事 態 に 対 す る 探 求 の 責 任 を 回 避 す る に す ぎ な い 。 そ れ は あ た か も 、

一 方 が 教 え 、 他 方 が 楽 し ま せ る と い う こ と で 、 教 訓 的 な 詩 と 抒 情 的 な 詩 を 区 別 す る よ う な も の で あ る 。 し

か し 、 な に ご と に よ ら ず 人 を 楽 し ま せ る も の が 、 よ り 効 果 的 に 人 を 教 え る も の で あ る の は つ ね に 真 実 で あ

っ た 。[ マ ク ル ー ハ ン 一 九 五 七 = 二 〇 〇 三 ,p . 1 0 9 ]

(

せ、それを(一字一句)書かなければ合格させなかった。そして、都合三回、その⽛教育原理⽜を受講したが、その単 テストを受けたが不合格であった。いわゆるペスタロッチを奉るその担当教員は、自らが設定する⽛正解⽜を暗記さ ある程度の分別ある大人として、持論を一方的に展開する、その退屈な講義を真面目に受講、自分なりに勉強をして、 ⽛教育原理⽜であった。いわゆるかつてチャラついていた現役の学部生時代とは異なり、それなりの社会生活を経て 動を総括するために大学院に入学し、さらに学芸員資格を修得するために、指定された科目を履修した。その一つが ていないからである。簡略すれば、大学を卒業、いわゆる数年の社会人生活の後、それまでのメディアの現場での活 あるとともに、⽛教育原理⽜という科目を合格できなかった、つまり、制度的に言えば、教育の原理=根本を理解し 格かもしれない。というのは、いろいろな場で公言しているように、幼い頃から学校も教師も嫌い(現在も大嫌い)で を一当事者として、考察するものである。そもそも、本稿の筆者は、いわゆる教育について論じることは、最も不適 1)本稿は、いわゆるメディアについて考える/教育することを現時点の生業にしている輩が、門外の⽛教育⽜の世界

(16)

位を取ることができなかった、結果、その他の必要な科目の単位を問題なく修得し、学芸員実習等をきちんと終えたが、その科目一つのために学芸員資格を取ることができなかった。今でも自分の解答を間違ったとは思っていない、そして、教員によって選択された、いかなる高邁な理想も否定するつもりはない、しかし、教育の現場において、それを強いることが絶対的な正解なのであろうか。ただし、その担当教員を糾弾あるいは恨みつらみ等を述べるために、この文章を書いているのではない、教育という制度/実態はあくまでも、恣意的な、良くも悪くも適当なものである、ということを改めて確認したいだけである。それとともに、制度というものは、時代とともに変遷する。そもそも、名称的にも教育の最も根本を学ぶはずの⽛教育原理(省令科目名は、教育原論)⽜とは、本来、教職課程の必修科目の一つであり、あくまでも教員志望の学生のための講義である。しかし、なにかしらの適当な事由によって、学芸員資格においても必修科目になったのであろうが(学芸員も、教員と同様に、いわゆる教育という行政/制度/産業等の一員のみなされていたのであろうか)、⽛教育とは〇〇だ⽜と信念を持つ(ことを強いられる)、学校という閉じられた世界の純粋な住人になることを願う者たちには、その講義は適合するのかもしれない、けれども、世間という外の世界の現実をそれなりにわかっている者たちには素朴な񩀢が多い授業であることは否めない。よって、なぜ学芸員志望者が、その科目を受講/合格しなければならないのであろうか、と考えるのは当然であろう。やはりというか、同様の疑問や苦情等が多数あったのかもしれない(既存のルールを当然とせず、きちんと見直す人たちが現れたのかもしれない)。学芸員資格が生まれた昭和三〇年十月四日から平成九年三月三一日までは、その必修科目は⽛教育原論⽜であったが、平成九年四月一日から⽛教育学概論⽜に、平成二十四年四月一日からは⽛博物館教育論⽜へと変更してしまっている[⽛学芸員資格取得に関する単位及び試験科目⽜新旧科目の比較文化庁]<https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/hakubutsukan/hakubutsukan01/03/pdf/92000001_01.pdf>。各時代の担当者たちが真摯に考え決定したのであろうが(そう信じたい)、あくまでも変更の十五年後に再変更された、そんな制度なのである。つまり、学芸員課程に関わらず、入試を筆頭に、恣意的で曖昧なさまざまな制度に、生徒/学生、そして教員たち、現場は常に翻弄されているのである。なお、筆者は、大学院修了後、(現実的には、ほとんど効力のない)学芸員資格を

(17)

持たずに、美術館の現場で働き、その後も、ワークショップ等の教育普及活動で美術館業界とかかわりを持ち、現在は⽛博物館情報・メディア論⽜という学芸員課程の必修科目の講義も担当している。ただし、今も自問自答は続いている、時代に応じて(流されて񩀢)設けられた、名称自体が日本語としても意味不明なその科目で、なにを講じなければならないのか、そもそも、その名称に応じた講ずべき内容など存在するのであろうか、と。そのような状況にもかかわらず、本稿を書こうと考えた事由はいくつかあるのだが、その一つは、ある研究者の私家版のデジタルな研究書を読んだからである。【本書の成り立ちは、今年二〇一七年の春に始まったわたしのささやかな⽛educatioを巡るアヴァンチュール⽜に発している。⽛アヴァンチュール⽜ᴷaventureᴷとは、英語でadventure、冒険のことだ。これに、フランス語でaventureと言うと、意外な出来事、そして恋愛・色事、浮気といった猥雑で淫らな意味合いが加わってくる。まさに、わたしはこの春から、〝educatio〟(エデュカチオ)ということばを巡る冒険に淫していたのである。というのも、わたしはこの春で停年となり、このさい煩わしく騒々しいばかりの世間の縁もすっぱり切って、憧れの隠棲生活に入り、以前から時間さえあればそうしたいと常々考えていたように、古代キリシア・ローマ思想文献に温泉代わりに浸っていた。ただ、それだけだと漫然と読むだけになり、さすがに芸もなく味気ない。これまで

異な概念として近現代〈教育(education)〉は生成しました、発明されました、それにすこしは中世以前の こう続ける。〈弁解はできる。これまでのわたしの商売上の守備範囲は⽛近代⽜だったから、中世以前とは異なる特 6羽目になった。まだまだ安直、未熟、そしてなにより疑うことが足りなかったのだ。】[寺崎二〇一七,p.]。さらに、 ラテン語〝educatio〟に遡り、そこでとどまったものであり、大きな二つの欠落を伴うものだったことを知らされる 向かうべき新たな地平を発見したのである。【しかし、それは今から考えれば、⽛教育(education)⽜の語源を安直に 彙の系譜に関する基礎的研究⽞で科研を取り、研究書も上梓していたが、それまでの自己を省察しなければならない、 5がら読み進めてみようと思い立ったわけだ。】[寺崎二〇一七,p.]。その研究者は、かつて⽝ヨーロッパ教育関連語 た。それで、せめてスパイス代わりにその語源であるはずのラテン語〝educatio〟に拘泥するくらいのことは考えな 40年余りすこしは商売柄⽛教育(education)⽜という言葉には関わり続けた縁はあっ

(18)

〝educatio〟の世界を垣間見ることもできました、はいお終い、で済んだのだ。だが、もうそれで気が済む年齢でもない。それに、もう一歩踏み込んで、たとえ更なる詮索の結果見出されるものが自分で自分の脚を斬ることになるものであったとしても、あるいは商売上の学問基盤そのものを台座ごとひっくり返すものであったとしても、もうなんの憂いもないことだ。いやむしろ、現代のような、ことばの重みが軽んじられ歴史の表層をただ滑っていくような軽佻浮薄な言葉の群れが自己増殖的に繁茂する時勢にあっては、それこそ憂さも晴れようというものだ。】[寺崎二〇一七,p.6]。では、なにを問おうとしているのか。【一つは、〈教育(education)〉の語源は安直にラテン語〝educatio〟に遡り得るものなのか。もう一つは、そのラテン語〝educatio〟の語源は、教育を語る人々の間で暗黙裡にあたかも常識であるかのごとく〈教育(education)〉の淵源をそう考えているように、古代ギリシアの⽛パイディア(παιδεία,paideia)⽜(教養と訳されることの多い)にもとめられるものなのか。すなわち、第一に、(

第二に、( ⇨現代education〉の系譜を認めることの可否を問い、もしも可としてもその継承のメカニズムを問うこと。そして 1)〈ラテン語educatio=

まったようだ。大学を辞めねば、⽛暇に任せた⽜研究には手を染めることさえできなくなった。これが研究の醍醐味 な余裕(scholē)の最たるものが大学という時空だったはずなのだが、いまや大学はbusy-nessの場になり下がってし ことなのだろう。その作業をやることでなにが出て来るか見えない、結果が出るのに何年かかるかわからない、そん 解⽜の見える即製テーマのやっつけ仕事で⽛業績⽜稼ぎに精を出すことで精一杯の場所になってしまっていたという なことをこれまで誰も思いつきもしなかったなんて、不思議なことだ。余程研究世界というのは、ありきたりの⽛正 単調な作業が蟻の一穴を開き、ここからすべての突破口が押し開かれたのだった。まったく、こんなまっとうで簡単 シア語原文とラテン語訳・英語訳を一語一語照合し希羅英対照一覧表にするという、暇に任せた、当てのない地道で 7七,p.]。その探究の方法は、ある一冊の本と真摯に対峙することであった。【このたった一冊の書物を対象に、ギリ それ自体を⽛大いなる錯誤(dergroßeIrrthum)⽜(ニーチェ⽝偶像の黄昏⽞)として問いにかけること。】[寺崎二〇一 παιδεία(education)〉に憑き纏う〈ギリシア語=⇨ラテン語educatio=⇨現代education〉というリニアな系譜意識、 παιδεία2)〈ギリシア語=⇨ラテン語educatio〉系譜を認めることの可否を問うこと。総じて、〈教育

(19)

である、というのに。】[寺崎二〇一七,p.8]。そして、宣言する。【そのときわたしは、芸術家(artiste)にはなれようはずもなく、職人(artisan)に徹し、策謀・策略(artifice)をめぐらす爆破工兵(artificier花火師)たらんとした。】[寺崎二〇一七,p.7]。その論考に触発され、にわか仕込みの知識を持て余す素人仕事(=bricolage)になることを想定しつつも、無謀にも、上述の理由から避けてきた厄介な⽛教育⽜という問題と真摯に対峙し、そして、⽛大学⽜という究極の知の遊び場について思考を巡らそうと考えたのである。爆破どころか、考究の種火も満足に起こせない門前のおっさんは、いかなる経を読むのであろうか。(

( 106-107をおおいかくす無用のものである。〉[同マクルーハン,pp.]。 といった言葉にもそのことは明らかにうかがえる。こうしたいい方は、英語自体がマス・メディアであるという事実 の人びとへの拡大という現象によって縮小してしまったと感じている人がいる。⽛マス・メディア⽜、⽛大衆娯楽⽜ 同じように映画は、複製手段なのである。テレビ番組は五千万の人びとに同時に見られる。読書経験の価値が、多く れた回数・場所に限定されるものを、映画は多くの人びとに、なんどでも、多くの場所で提供できるのである。本と である。映画と演劇との関係は、書物と手書き稿本との関係に等しい。映画がなければ、ごくわずかの人びと、限ら えており、高い水準でのシェクスピアとなっていながら、しかも若い人たちが容易に楽しんで見ることのできるもの ローレンス・オリビエの演じる⽛ヘンリー五世⽜や⽛リチャード三世⽜は、学術的にも芸術的にも高度のものをそな 映画は、少なくとも、今日の教科書に認められている水準に匹敵する程度の洞察と成熟度をもってつくられている。 2)マクルーハンは、たとえば、映画や演劇をはじめとする新しいメディアの効能をこのように述べている。〈多くの 代用教員になり、そして戦場へと送られ、そこで毒ガスでしたたかに肺を侵され、七〇 る。フレネがニースの師範学校で最終学年を過ごしていたとき、第一次世界大戦が勃発した。彼は、卒業を待たずに ト⽜によれば、〈フレネ教育とは、セレスタン・フレネ(フランスの教育者一八八六~一九六六)の名前からきてい 19983)あくまでも、いわゆるオルタナティブとしてのフレネ教育について、⽛フレネ教育者国際集会のパンフレッ

彼は、自分が経験した退屈な学校生活と、悲惨な戦争への批判を胸に秘めて最初の赴任地バル・スール・ルー小学校 %肺切除の障害者となった。

(20)

に向かった。新しい教育を求めて、⽛解放された学校⽜グループに加わり、ドイツやロシアの学校を訪ね、スイスの新教育国際会議などにも参加する模索の道程が始まった。■表現を中心にすえた学習の開始大声を出せないというハンディキャップを持ったフレネは、伝達本位の教育ではなく、こどもの生活、かれらの表現そのものを学習の中心にすえることに活路を見いだした。こどもが書く自由作文を手がかりにそれぞれの研究へというコースである。そのために印刷機が導入され、プリントを交換する学校間通信が始まった。こどもたちが教科書に頼ることなく自分の力で研究を進めていくためには参考資料が必要だ。そこから、資料カードや小冊子が整えられることになり、学級文庫Bibliothequedetravailが誕生した。■自己訂正式カードとクラス自治の実践こどもたちは自由研究だけでなく、計算や文法のシステマティックな習得もしなければいけない。しかしそれは画一的に強制されるのではなく、個々のこどもが自分のレベルに合わせて自分のリズムで学習し、自分自身で誤りを訂正できることが望ましいとフレネは考え、プログラム化された自己訂正式自習カードが作成された。ここから、自分でつくる学習計画表が生まれた。自らのイニシアティブで学習を進めるこどもたちは、その学習が行われる場=クラスの自治を確保しなければならないということで、学級協議会が組織されるようになった。教育における民主主義がこのようにして形成された。〉[フレネ自由教育とは񩀢/ジャパンフレネ]<http://www.jfreinet.com/educat/free002.htm>。(

せます。さまざまな種類の魚。海藻。藻。それから、海に生きる人々を支配する闘いや心配の種などについて。一九 の仕事。一方、ブルターニュの漁村からとどく⽛生活の本⽜は、フレネの教室の子どもたちを海というものに親しま こと。それは文通の相手に自分たちの心を知らせる心づかいだ⽜。プロバンスの風景。オリーブやオレンジの木。畑 自分の暮らしを相手に伝えるためには、それを見る目そのものをとぎ澄ますことが必要です。⽛まず一番にするべき 人的体験を報告する手紙や文集がおくられます。フランスのもう一方の端にとどける印刷物なにを語るべきなのか。 ニュの子どもたちへ、ブルターニュの海辺の村からバー・シュル・ルーの子どもたちへ、それぞれの村の暮らしや個 アとしての学校印刷の役割は、学校間交信においてもっとも鮮明なものになります。南仏の子どもたちからブルター 4)その他にも、たとえば、⽛学校間通信⽜は、インターネットでの対話を先んじていたとも言えるであろう。〈メディ

(21)

二六年には国境をこえてベルギーの子どもたちとの交流がはじまります。お互いの地域の暮らしと心を伝えあうこの学校間通信は、いかなる書物にもまさって、強く子どもたちの興味をひきつけるかれらの⽛教科書⽜となるのです。〉[同里見,pp.76-77]。フレネ自身、印刷機以外の当時の新しいメディア、たとえば、映画(単なる鑑賞だけでなく、撮影も)、レコードやテープレコーダー(単に聴くだけでなく、生徒たちの活動等の録音も)、ラジオ(未使用であるが、現代世界を知るために必要と考えていた)、タイプライター(贅沢品であるが、印刷機の役割を補完するとともに、教育技術を大きく変革するかもしれない)等の可能性や学校の予算で購入できるのか、といった現実的な問題も言及している[フレネ一九四六=二〇一〇,pp.148-153]。また、一九九〇年代における、新しい印刷術=コンピュータ+プリンタとフレネ教育についての田中仁一郎の一教員としての現場からの視点による考察も興味深い[佐伯、田中一九九九]。(

( 八]等を参照。 で、その一端しか紹介しきれない。コメニウスの詳細については、[相馬二〇一七][相馬二〇二〇]、[井ノ口一九九 まさしく汎の知の巨人である。本稿では、文字数の制限および筆者の能力(特にラテン語、ギリシア語の語学力)不足 分野のみならず、文学、哲学、言語学、自然科学、神学、そして、政治…さまざまな難問と実践的に対峙してきた、 れるのみ、そして、その評価も時代とともに大きく変化してきたコメニウスであるが、その知られざる実体は、教育 5)いわゆる教職関連の⽛(西洋)教育史⽜の教科書等で、試験対策として⽛近代教育の祖⽜と紋切り型に数行で紹介さ る・あらゆる事柄を僅かな労力で愉快に着実に教わることのできる学校を創設する・的確な・熟考された方法。〉 学問を教えられ、徳行を磨かれ、敬神の心を養われ、かくして青年期までの年月の間に、現生と来世との生命に属す あれ、それの集落すなわち都市および村落のすべてにわたり、男女両性の全青少年が、ひとりも無視されることなく、 ていた。〈あらゆる人にあらゆる事柄を教授する・普遍的な技法を提示する大教授学。いかなるキリスト教王国ので 語であったラテン語に書き直して、一六五七年にアムステルダムで刊行された。当時の慣習であった長い副題も付い 6)当初チェコ語(ボヘミア語)で書きはじめ一六三八年頃には完成し、他国の人にも読みやすいように、学問的な公用

(22)

コメニウスは、後述するさまざまな活動における種々の工夫の一つとして、著作においても独自の試みをしている。たとえば、わかりやすく対話形式を用い、論点が細かく整理されている。ただし、その結果、訳者もかなりの工夫=苦労を強いられることになる。⽝大教授学⽞の訳者の鈴木秀勇は、〈訳文のスタイルについては、できるだけ話しことばで書くようにいたしました。これは⽛親しみやすく誰にもわかりやすく⽜書く、それゆえ⽛対話・会話⽜の形式で書く、という・原著者の心にそいたかったからであります〉〈また、訳文をわかち書きにしました。これは、読みやすさをえるためと原文の・論理の筋をできるだけ正しく表わしたかったためであります〉〈しかし、話しことばでわかち書きをすることが、その目的をはたしたかどうかについては、読者の方々のご批判とご教示を仰がなくてはなりません〉〈原文中に多く出ております・イタリック体の箇所については、適当な表示方法が工夫できませんでした〉[コメニュウス一六五七=一九六二a,訳者のまえがき]。ゆえに、本稿における引用についても、そのわかち書きとレイアウトを可能な限り、再現しようと試みる(ただし、文字数の問題で時おり挿入されるラテン語/ギリシア語については割愛する)。たとえば、冒頭の⽛読者にあいさつをおくります⽜では、〈〔

めました。しかし、その企てもまちまちであれば成果もまちまちでありました。《…》 授の技法をいいます。最近幾人かの・すぐれた人々が学校での・シジフォスの石に心を痛め、この技法の探究を始 1.〕教授学とは教 た一筋の川にあつめて普遍的な学校を建設する・ある・普遍的な技法をうち立てるわけです。《…》⽜。そして、 づいて示します。それはいわば、生きている泉から流れてやまぬ細流を導き出すのに似ています。これをま 私たちは、これらの技法を皆ア・プリオリに、いいかえれば事物の・いちばん奥低にある・ゆるぎない自然に基 でなく、本当の学問と愛すべき徳行と魂の底からの敬神とに進ませるように、教授を行なう方法です。ところで この上もない楽しさを感じさせるように、教授を行う技法です。またそれは着実につまりうわべだけ見せかけだけ つまり教授する者あるいは学習する者に少しも苦痛や嫌悪の気持ちを抱かせることがなく、かえってその両方に までもなくそれは、間違いなくつまり成果が現れずにはいないように、教授を行う技法です。またそれは楽に 学いいかえますと、あらゆる人にあらゆる事柄を教授する・普遍的な技法をお目にかけたいと思います。申す 3.私たちはあえて大教授

(23)

コメニウスは、以下のようなことを読者に求めている。〈

どれほどの眼識をそなえていても、おびただしい事柄がその瞳から逃げ去るのを防ぐことができないからです。 とに骨の折れる事柄でありますし、一個人だけでなく多くの人々の熟慮を必要とします。なぜなら、ひとりだけでは 6.ところで、技術中の難技術を世に伝えることはまこ す。 を正しく批評される方々すべてのまごころにゆだね、後者をその方々の・今後の検討にゆだねるためでありま り、また新しい発明の由来をごくかいつまんで申し述べなければなりますまい。これはあとで自信をもって前者 判断力ばかりでなく賢明な判断力もそなえていただきたいのです。さて私はこの企ての動機を少しくふりかえ てくれると思うのです。最後に、読者はぜひこの・いちばん重大な事柄にふさわしい緊張と熱意とそれに縦横の 所期の目的がはたしたとはいえなくても、とにかく一段登って今までよりも一歩目的に近づいたことは事実が教え 種子が育ちそれからだんだんに成長するほかないのですから。ですから、たとえ私の大教授学が不完全であって 通りのものが私の手ですべて完成すことがなくてもすぐには落胆なさいませんように。なぜならものごとはまず それは全く人類の救いのを思えばこそのことでありますから。第二に、第一歩の努力がすぐさま実を結ばず望み の探求ばかりでなく発表を思い立った者がおります時、これにいたずらな批評はならいませんように。なぜなら、 ためにお願いいたしますのは当然のことであります。第一に、この種の、またこのように重大な事柄についてそ 7.ですから私が、この大教授学をごらんになる・すべての読者に次ぎのことを求めますのは、いや人類の救いの

ト)であった。〈 ことはできませんでした。《…》〉。そして、同時に、コメニウスは、あくまでも敬虔なキリスト教徒(プロテスタン ったのは、このためであります。ここから、人並みすぐれた天分に恵まれた人でなくては着実な学識にたどりつく たってほとんど見られませんでした。学問も学校も苦労と苦痛あやふやとごまかし間違いと失敗ばかりであ 8.この・教授および学習の技法で現在上昇を望まれているほどの完成度に達したものは、過去数世紀にわ 2 慈悲深い者であることを実際にあかしするために、求める者には与え門をたたく者には開きたずねる者には見 いつも幼な子の口を通じて自らをたたえさせる神の発明であります。神は自らが信頼される者であり真実な者であり 1.ところで、もしこの著作の中にうまい発明があるとしますなら、それは私の発明ではなくて、

(24)

いださせるのです(ルカによる福音書第十一章)。私たちが、与えられたものを私することを許されず、これを他人に伝えるのも、これによるのです。私のキリストは、私の魂がこだわりを知らぬ魂であり、したがって人に教えるのも人から教わるのも、人にさとすのも人からさとされるのも、(なにかの機縁で)教師の教師となるのも(またどこかに成果が望まれる場合には)生徒の生徒なるのも、私にとってはなんの違いもないことを、知っておりました。 2 す。 2.ですから、私は、神の力によって観察しましたものを今こうしてすべての人に伝え共有の財産とするので 2 ( 20-27からざるべし。〉[コメニュウス一六五七=一九六八a,pp.]。 第十九章)。大いなるものを求むるはよし。そはよかりき。また常によからん。主において始められたる業はむなし たちがそれぞれそのミナを銀行に預けミナをふやすように商売することを、望んだのでした(ルカによる福音書 ているミナをふくさに包み隠して、神から罪としてあばかれることがないようにするためです。神は、そのしもべ 3.もっとすぐれたものを発明されました方もやはりこのようにしていただきたいのです。それは、持っ

7)その続きとして、

8.【どんな用紙が望ましいか。】、

9.~ 1 4.【活字と教授用図書との関係】、

1 教授用図書】の次に、〈 5.【二種類の 1 とります)。同じように、教師の声が、なめらかな油のように学習者の魂の中に流れ込み同時に事物を流し込む 性です(印刷にかけてはひけをとるまいとする人は、石灰の粉を使ってくるみの実からできるだけきれいな油を ようになるのです。しかし、印刷用のインクは筆記用のものとは種類が違います。いいかえますと、水でなく油 して初めて子どもは、自分で学んでいるものを真底から理解するのですし、また自分になにができるか理解する も教える教師の、です)声が加わりますと、書物の内容が生きてきます。子どもの魂に深々と刻み込まれます。こう はないのです。そこへ教師の(もちろん分別があってすべて学習者の理解力に応じた説明もすれば応用の仕方 に、口をきかない教師つまり書物が子どもに示しますものはそれこそ口をききません、はっきりしません、完全で おしつけてみても、紙に残るのは目にはっきりとしかもほとんど色あせない・文字の形をしるします。同じよう 師の声である、と申し上げました。いいかえますと、活字そのものは乾いています。これを(圧印機にかけて)紙に 6.【教授学の場合のインクとはなにか。】私たちは先ほど、教授学の場合のインクは教

(25)

には、気持ちがよく・わかりやすい教授方法をとらなくてはなりません。

1 139-140=一九六二a,pp.]。さらに、 進んでなんでもやろうという熱意をかき立てる目的以外のものであってはならないのです。〉[コメニュウス一六五七 合には、罰することです。しかし、これらのことは皆よくよく考えてしなくてはなりません。どの子どもにとっても、 すぐに㗫って、理性と従順との道へ呼び戻してやってほしいのです。最後に、言いつけや言いきかせても守らない場 す)、子どもの動きをいつも目で追っていなくてはなりません。第二は、㗫ることです。道からはずれた子どもは 子どもの探究心とか善意などというものはまだあてにはならないのですから(なんといってもアダムの子どもで です。しかしこれには段階があります。第一は、いうまでもなく絶えず注意して見ていることです。なぜなら、 ませんが、それと同じように、学校で教育を受けなければならない子どもは共通の規律に従うことがのぞましいの 時には(かたい紙にはかたく柔らかい紙には柔く印刷するにしましても)とにかく圧印機にかけないわけにはいき を開発されない者はひとりもいなくなるのです。ですから、どんな紙を使ってでも書物をつくらなければならない 規律。】最後に、印刷術の場合の圧印機と同じ働きをするのは、学校ではただ規律だけです。これがあればこそ魂 7.【教授学の場合の圧印機、すなわち

1 8.~ 2 6.【二つの作業の対照。】【注意せよ。大切な忠告】、

2 ( で、その章は終わる。 7.【結語】 形成されなければならぬこと⽜において、〈〔 異なるであろう。コメニウス自身は、⽝大教授学⽞の第六章⽛人間は、人間になるべきであるとすれば、人間として 8)いわゆる教育という行為の役割、すなわち、人間とはそもそもどのような存在と捉えるかによっても、その評価は

受け取り方は違ったものになる。たとえば、寺崎弘昭は、イヴァン・イリイチ(IvanIllich)が一九八四年の世界比較 81す。〉[コメニュウス一六五七=一九六二a,p.]と説く。それとともに、近代社会をどのようにみなすかによっても、 っていなかったことになります。申すまでもなく、教育されなくては、人間は人間になることができないのでありま 行ないによって、獲得されるものなのです。このところから申せば、人間を教育される動物と規定した人は、間違 ・それぞれの種子は、上に見たとおり、自然が与えているわけではありません。これらは、祈りにより学習により 1.〕【種子はまだ果実ではない。】知識と徳行と神に帰依する心との

参照

関連したドキュメント

There is a bijection between left cosets of S n in the affine group and certain types of partitions (see Bjorner and Brenti (1996) and Eriksson and Eriksson (1998)).. In B-B,

“Breuil-M´ezard conjecture and modularity lifting for potentially semistable deformations after

Непосредственно инициационный характер имеет такие сюжетные моменты, как закалка кузнецами некоторых якутских богатырей, а в нартском эпосе — это закалка

○○でございます。私どもはもともと工場協会という形で活動していたのですけれども、要

Abstract: About 2,900 residential land of Kumamoto City, received a severe damage by liquefaction of 

本判決が不合理だとした事実関係の︱つに原因となった暴行を裏づける診断書ないし患部写真の欠落がある︒この

[r]