ジェンダーフォーラム読書会活動報告

全文

(1)

107

 特別寄稿

ジェンダーフォーラム読書会活動報告

土野 瑞穂

ジェンダーフォーラム教育研究嘱託

ジェンダーフォーラムではたなみとして

2017

年度から読書会開催している

。2018

年度 読書会学内外わずくのにご参加いただ

、毎回盛況

のうちにえることできた

。参加者

、前期全 6

開催

50名、後期全4

開催

25名

だった

2018

年度参加者関心かったセクシュ アリティをテーマとして

前期では森山至貴

『LGBT

みとく

クィア

スタディーズ入門』

(筑摩書房、2017

年)をテキストにげた

今日、日本社会では

「LGBT」

がブームのように られ

、表向

きはセクシュアル

マイノリティに 好感すような言説れている

しかしテキ ストや参加者での議論からかびがってき たのは

セクシュアル

マイノリティがマジョリ ティを

「承認」

するという権力構造であり

また 人々

「好感」

とはらに影響ぼさない のものであるということだった

。読書会

では

、商

業、メディア

、教育現場

などでのセクシュアル

マイノリティの表象のされとその問題点、セク シュアル

マイノリティをめぐる言説現実 離、そしてあまり注目されていないセクシュア

マイノリティ

「間」

格差について

、共

った

後期のテキストは

キリストのなかでレズビ アンとして格闘んできた軌跡した堀江有 里『レズビアンという方―キリスト異性 愛主義

』(新教出版社、2006

年)である

本書げた理由

セクシュアル

マイ

ノリティのでもなぜレズビアンは

「見

えない 在」とされているのかをえるためである

べたように

、現在「LGBT」

がある 行語のようにられ

、「

みんなっていい

とい うスローガンがばれている

しかし堀江

はなぜ

ある

「祝福」

され

また

ある

「否定」

される

」(本書 p.158)

のかと

なかでもレズビアンは異性愛主義 性差別によって

「存在

しない者」とされてき

。本書

では異性愛女性たちと

〈同化〉

すること 家父長制

、時

には異性愛女性たちに

〈異化〉

することで異性愛主義うてきた むレズビアン女性たちの葛藤かれてい

。読書会

では

そうしたフェミニズムのにあ 異性愛主義

レズビアンとしてのカミングア ウトに問題、また堀江

そこに 人間 がいる

ということに

どれだけの想像 かせることができるのか

」(本書p.57)

しくさせていることの原因についてった

2018年、日本社会

ではセクシュアル

マイノリ ティにするきな出来事こった

。一

7

にお水女子大学がトランスジェンダー 学生れを発表したことである

もう つは

、杉田水脈自民党衆議院議員

8

月号月刊 誌「新潮

45」

「LGBT

生産性がない

発言 したことだ

セクシュアル

マイノリティの人権 きがみつつある一方

バックラッ シュのきも同時こっているといえよう

最近問題になっているのは

水女子大学

(2)

108

立教大学ジェンダーフォーラム年報 第20号(2018)

がトランスジェンダー学生れを発表した あたりから

トランスジェンダーの女性して せられている

、「女

のふりをした性犯罪 すのではないか

といった差別的意見誹謗中 である

。現在、twitter

では

「#

トランスジェ ンダーとともに

」「#

ともにあるためのフェニミ ズム

というハッシュタグがまっている

ちな みに

、2017年度

のジェンダーフォーラム読書会 テーマは

フェミニズム

だった

。「男性

反対 する運動」

「女性

男性のようになること

って解釈されがちなフェミニズムについて

、私

たちはベル

フックスの

「性

にもとづく差別 抑圧をなくす運動のこと

という定義 議論してきた

。「

セクシュアリティ

という時宜 たテーマでめてきた

2018

年度読書会

、今日

日本社会におけるセクシュアリ ティをめぐる状況えたとき

フックスが定義 するフェミニズムの意味がもつ重要性めて じずにはいられない

。今後

もジェンダーフォーラ 読書会では

フェミニズム

をキーワードに

ジェンダーとセクシュアリティの

、家父

長制異性愛主義、性別二元論性差 別・抑圧うための共有・交換・創造して いきたい

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :