私 の 体 験 し た 学 級 崩 壊

全文

(1)

私 の 体 験 し た 学 級 崩 壊

桜 井  醇 児

」unii Sakurai:AE)isturbance of rny Class by Students

富 山大学 入試 判 定 ミス と隠蔽 に関 して, 私 の授 業 にお け る体験 を報 告 いた します。

私 は担 当 の授 業 の時 に,   この事 件 につ いて少 し 話 してみ ま した。 こんな ことを授業 で話 す ことは, 固 い姿勢 の富 山大 の マ ナ ーで は避 け るべ きか も知 れ な い とい う気 は して いたのですが,他 方私 は こ の不祥事 を教官 と学生 が授業 を割 いてで も話 す と い う積極性 が大学 での意 見交換 の きっか け とな っ て,再 生 へ の手 がか りにで もなれ ば と思 って い る のです。 や は り, 自分 の大学 の地 に落 ちたモ ラル に は口を閉 じ,客 観 的 に中立 的 な授業 をす るな ど とい う気 にはな らなか ったのです。

「教育学部 の判定 ミスで は,関 係者 は 自分 の ポ ケ ッ トか らお金 を出 して不合格 とされ た一学生 の 私立 の入学 金 を償 うな ど, 学 生 に対 して姑 息 で は あ るが判定 ミスの繕 いの処 置 を とった。 しか し人 文学部 の判 定 ミス は隠蔽 され た。 十六 名 の学生 が 不 合格 とされ, 進 路変 更 を余 儀 な くされ た彼 らの ダメー ジ,ま た数年 に もわた り累積 した彼 らの経 済 的損失 な どの一 番基 本 的 な ことはす っか り無視 され た。事件 の責任者達 は,大 学 と教官 の体面 を 重 ん じ, 厄 介 な ことを もみ消 そ うとす る 「なれ あ い」村 で あ るか の よ うで あ ったのだ。 これ は強 く 非 難 され て も当然 で あ ろ う。」 とい う様 な ご く当 り前 の意 見 で はあ りますが,   こん な意 見 を私 が学 生 に対 して表 明す る こと も黙 って い るよ りはず っ

と意 味が あ る と思 ったので した。

大 学院 の セ ミナーや物理 の三年生 の授業 で は私

の意 図 は通 じたよ うで あ り,学 生達 は熱心 に聴 い て い る雰 囲気 で,進 ん で発言 し,授 業終了後 も私 の ところに寄 って きて昼食 もせず に,昼 か らの授 業 時間 にな るまで話 しを続 けた り しま した。

も う一 ク ラス, 物 理 序 説 は1 5 0 人の大 ク ラスな のですが, こ こで もや ってみ ま した。 この ク ラス は理学部 1年 生 の内,高 校 で物理 を と らなか った 者 を対 象 とす る もので す。 この授 業 で は数 式 の演 算 な どの詳 細 はな るべ く省 く代 わ りに, 物 理 が人 間 の物 の見方 を築 くた め に役立 ち, 科 学 技 術社 会 を支 えて い る ことを説 明 し,ま た地 球 の資源問題 や環境 問題,経 済 や軍事 の問題 に物理 が どの よ う に関与 して い るか を説 明 したい と,私 は意 図 して お ります。 ところが今年 この クラスを四月 に開始 して以来,ず っと授業 中騒 が しくて, これがだん だん エスカ レー トして放 ってお けない状態 にな り,

「騒 が しい人 は出て貰 う」 と云 って警告 す るはめ にな って お りま した。 こん な頃,私 が富 山大入試 判 定 ミスを話 し出 した と ころ, 教 室 は一 気 に騒が しくな り始 め たのです。私 は困惑 し,騒 が しい席 の中心辺 りで 目の合 った学生 に 「一体,君 は この ニ ュースを ど う思 ったのか ?」 と発言 を求 め ま し た。黙 って い るので何 回 か発言 を促 した ところ, や っと彼 は発言 を始 め,「 そん な ことは ど うで も よ く,無 関係 な事 で あ る。」 と云 い ま した。 私 は

「無 関係 とい う訳 で はあ るまい。 就 職 の求 人 が減 るか も しれ な い よ。」 と云 い ま した。 この学 生 は

「それ は困 ります ね。」 といいま した。 この学生 の 意 見 は私 に と って驚 きで した。 「自分 の意 見 を述

著者所属 :富 山大学理学部,Faculty of Science,Toyama University

(2)

94

べ た ことは尊重 す る し,い ろん な意見 が あ って当 然 だ。 みん な同一 の意 見 なの は良 くな い。 で もい まの意見 は自分 の事 だ け しか意識 して いないエ ゴ イ ス トの意見 で あ ると私 は思 う。 大学生 と しての 資質 に欠 くと ころが あ る。 就 職 まで の期 間 は大学 生 活 を楽 しめば よい と しか思 って いないので はな いか ?」 とコメ ン トしま した。折角合格 して良 い 気 分 にな って い るの に, 自分 の入学 す る以 前 に起 きた不祥事 の ことな ど考 え た くもない とで も言 う 気分 なので しょうか ?

この よ うに学生 と私 が意見 を交 わ して い るのを 他 の学生 達 は緊張 して耳 を そ ば立 て,教 室 が シー ンとす るのを期待 してお りま した。 と ころが教室 は こん なや り取 りとは無関係 に騒 が しくな るばか りなのです。 私 は教室 の後 ろで騒 が しくして い る 辺 りまで 出か けて行 って,無 神 経 に笑 って い る学 生 の内の二人 に 「出て行 け !」 と云 った ところ,

この二 人 は余 り気 にす る様子 もな く, う なず いて 教 室 か ら退 出 しま した。

しか し私 が二 人 の学生 を追 い出 して も,教 室 は 余 りぴ りっと した雰 囲気 が戻 って こな いのです。

騒 が しく して い る教 室 の別 の辺 りで,日 の合 った 学生 に 「君 の意 見 は ど うか ?」 と質 問 を繰 り返 し ま した。 この学 生 も重 い 口を開 き,「 そん な こと は ど うで も良 い。」 と云 い ま した。 私 は 「で は, 池 田小学校 の集 団殺人 (嫌なニ ュースが 目白押 し で,最 近 すで に殆 ど話題 にな らないですが, これ は直前 の ニ ュースだ ったのです)に つ いて は,ど う思 うの か ?」 と畳 み掛 け ま した。 そ の学 生 は

「それ も,ど うで もいい ことだ。」 と返事 したので す。 これ を聞 いて,私 は 「ど う云 うべ きか,返 す べ き言葉 が無 い。 自分 の意見 を云 うの は認 め るけ れ ど,そ ん な意 見 の若者 が多 くなれ ば, 日本 の将 来 は暗 い と私 は思 う。」 と コメ ン トしま した。

別 の学 生 が積 極 的 に発言 しま した。 「そん な こ とを云 うが,あ なた は富 山大 の入試判定 ミスに関 して何 も して いな いので はないですか ? あ なた 自身 の意 見 も云 って な い じゃな いで す か ? そ れ か ら, この授業 は今 まで殆 ど何 も教 えて いな い。」

と云 うのです。 この学生 は私 の授業 の進 め方 に反

発 して い る こ とが分 か りま した。 「この授 業 で物 理 の公式, 数 式 を云 々す るの は避 けて い るのだ。

難 しい話 しをす れ ば, つ いて行 けな い と苦情 が 出 るに決 ま って い るのだ。難 しくせず に,物 理 の本 質 を伝 え よ うと して い るのだ。 何 も して いな い と 言 うが, 授 業 の時 間 の一部 を割 いて,   この事 件 に つ いて敢 えて話題 に して い るのだ。騒 が しいか ら 私 の意 見 は まだ言 って な いだ けな の だ。」 と私 は 弁明を しま したが, や や くど くど しい と学生 は思 っ たか も しれ ません。 この途 中,こ の学生 は持 ち物 を ま とめて教室 か ら自分 か ら退 出 しま した。

「自分 の所属 す る富 山大 を良 くしよ うと努 力す るの は,富 山大 の構成員 の義務 で あ り,責 任 であ る。 同 じよ うに, 日本 に住 む我 々が, 日本 を良 く しよ うと し,地 球 に住 む我 々が,地 球 を大切 に し, これ を良 くしよ うとす るの は義務 で あ り,責 任 で あ るの だ。」 と私 は続 け ま したが,迫 力 が足 りな く, 教 室 を支配 して いな い と感 じざ るをえ ません で した。私 は重要 な話題提起 を学生 が緊張 して受 け取 る ことを期 待 して お りま したが,学 生 と私 の や り取 りには関係 な く騒 が しさが消 えず,緊 張 が 戻 らず, 結 局 合計 十 名 ほ どの学生 が前後 して別 々 に一 人 ずつ席 を立 って,教 室 か ら退 出 しま した。

学 級 崩壊 です。 「ど う して君 達 は退 出す るのか ? 怪 しか らぬ こ とだ。」 な ど と叱責 す る気 はあ りま せ ん で した。 も しそ う言 え ば,「 この授 業 はつ ま らな いので,退 出 します。」 とい う答 えが返 って きたで しょう。 ちなみ に,私 は授業 中,学 生 の入 室 や退 出 に は注意 を払 わ ない ことに してお り,学 生 の名前 を点 呼 して, 出 欠 をチ ェ ックす る ことさ え した ことが あ りません。 ですか ら学生 はいわば 匿名状 態 で あ り, 思 うまま振舞 うことが 出来 たの か も しれ ません。

この辺 りで,反 抗 的 な学生 はか な り退 出 して し ま った よ うです。今 まで のや り取 りを通 じて もっ と別の発言 を求 めた ところ,ま っとうな意見 もや っ と出て きて授業 の締 め くくりにな りま したが,授 業 が終 わ った ときに は私 はす っか り ぐった り して

しまい ま した。 今 まで私 の担 当 した殆 どすべての 授 業 にお いて, そ の時 々の社 会的 な事件 につ いて

(3)

私の体験 した学級崩壊

触 れ,感 動 を呼 び,モ ラルに訴 え るいろいろの出 来事 や体 験 な どにつ いて私見 を述 べ,雑 談 と して 積極 的 に時間 を割 いて きま した。 これが今 回 の授 業 で は通 用 せず,学 級 崩壊 とは こん な ことか !と 私 は実感 す る ことにな りま した。

しか し私 は授業 中 に は,入 試判定 ミス と隠蔽 と い う重大事件 に触 れ るべ きで はなか った とは思 い ませ ん。 富 山大学 の存立基盤 を問 うモ ラル につ い て は授業 中一切話題 にせず,物 理 式 の誘導 と展 開 だ けを教 え るのな らば,そ れ はオ ーム教 の科学者 を養成 す るよ うな ものだ と言 いた くな ります。 そ して,富 山大学 の入試判定 ミス と隠蔽事件 につ い て の責任 を持 つ教官 と,他 方 この事件 につ いて話 す ことに批判 的 で あ った私 の クラスの学生 とは, ち ょうど割 れ鍋 にぴ った りの閉 じ蓋 の関係 だ と悪 口を言 いた くな ります。 私 は と言 えば,割 れ鍋 で 作 る料理 に振 りか ける薬味の役割 を果 たそ うと思 っ て いたのですが,そ の薬 味 も今 で は味 が利 か な く な った と言 うところで しょうか ?

次 回 か らの授 業 で は,本 来 の物理 序 説 の授 業 内 容 の内で も効 果 的 な テ ンポで話 が進 む筈 の話 題 を 選 び ま したが,効 果 はあ ま り目覚 しくはあ りませ ん で した。依然 と して クラスはやや騒 が しく,大 げ さに言 え ば,私 の話 に は簡単 には乗 らな いぞ と で も言 うよ うな警戒 の雰 囲気 が クラスの中 に漂 っ て い ます。 うま く進行 して い る授業 で は,学 生達 が私 の話 を期待 して い る ら しい雰 囲気 が あ り,私 が何 か ち ょっと気 の利 いた ことを言 い始 め よ うと す る と,そ れ に積極 的 に乗 って来 て くれ る雰 囲気 が あ る ものです。 い ったん授業崩壊 が起 こる と,

この建 て直 しを行 うの は簡単 とは言 え な い ものが あ りま した。

□頭 の講義 だ けの授業 で はど う して も単調 で, 学 生 は注 意 力 を持続 で きな くな り,結 局学 生 が授 業 か ら途 中 で離 脱 して しま うこと も多 い よ うです が, この悪循環 を避 け るために は実験 を交 え る こ とは極 めて有効 です。私 は私 のお得意 で もあ る実 験 演 示 を行 い ま した。 で も,マ イ ナ ス196℃の液 体 窒素 を汲 ん だ ジュワー瓶 や真空 ポ ンプ等 々を手 押 し車 に載 せ て往復 して講 義 室 まで運 び,学 生 に

手 伝 って も らって, こ れ らを三 階 まで運 び上 げ る の は相 当面倒 なのです。 もと もと教室 が この よ う な実験演示 をす る ことを想 定 して設計 されて いな いのです。 これ らの実験 演示 の器具 を用 いて,低 温 は どの よ うに生 成 す るのか ? 温 度 とは何 か ?

低温 にな る と室 温 と比 べ て どの よ うな違 いが あ るのか ? 低 温 で は どの よ うな量子現 象 が顕在化 して くるのか ? な どにつ いて は説 明す る と,通 常 ,学 生 は とて も興 味 を持 って くれ,例 年 の富 山 大学 の 「夢大学」 で市 民 を対象 とす る ときに もな か なか効果 的で あ る ことを経験 してお ります。 こ の授業 で も殆 ど同 じ実験演示 を行 ったのですが, 通常 と比 べて,学 生 はやや控 え めに興 味 を示 して

くれ た よ うで した。

授 業 崩壊 の ことを あ ま り気 に して い るわ けには ゆ きません。 資源 問題 や環境 問題,経 済 や軍事 の 問題 に物 理 が どの よ うに関与 して い るか につ いて も説 明 したい と私 は学 期始 め に学生 に述 べて い る のです。 私 は授業を 20世紀 の物理学 と原子核分裂 の発見 へ と絞 り, こ の発見 は短期 間 の内 に原爆 に な って応用 され た こと,更 に これが兵器 の姿 を一 新 しエネル ギ ー源 と して の原発 と して登 場 す る こ とにな った ことを述 べ ま した。 そ して この原 発 に は,健 全 な エネルギー資源 と して考 え るわ けには ゆか な い理 由が い くつ もあ る ことを述 べ, こ れ ら の理 由を列挙 して説 明 しま した。私 の物理 序説 の 授 業 は これ で終 わ りとな りま した。

授 業 に関 す る学 生 の評価 採点 は予 告 して いた よ うに,試 験で はな くレポー トで行 いま した。 レポー トにお いて は 4設 間 を課 し,力 学 の設 間 に交 えて 一設間は 「私が授業中に説明 した原発に関する数々 の問題点 の内,最 も重 大 だ と思 う問題点 を三 つ挙 げて くだ さい。 それ に も関 わ らず原 発 を推進 す る べ き理 由があるか ? 原 発 はス トップす るべ きか ?

授 業 で述 べ た私 の意 見 を踏 まえ て,あ な た の考 え を賛否 いずれか 自由 に述 べて くだ さい。私 の意 見 を単 に無 視 した もの は駄 目です。」 とい う もの で した。 この設 間 は物理 の枠 内での回答 を要求 し て い るので はな く,科 学技術 と政治経済 の絡 んだ 大 問題 につ いて学生一人一 人 の考 え方,価 値観 を

(4)

96

問 う ものです。 です か ら学 生 の反 応 が学 級 崩壊 の と きと同 じで あれ ば,学 生 は この設 間 に対 して拒 否 反応 を起 すか も しれ ませ ん。 しか し, レ ポー ト 提 出の ために私 の部 屋 を訪 れ た学生達 はみ な礼儀 正 しく,一 人一 人 レポー トを レポー トの受付箱 に お いて ゆ きま した。 これ らを読 む と,設 間 の通 り に各 自,原 発 の問題点 を挙 げ,真 面 目に反対論 あ るい は賛成論 を述 べ てお ります。私 の採点 は平均 してか な りの高得点 とな った次第 です。学級崩壊 時 の学 生 の反抗心 は跡 形 が な いの は ど う して なの か ? 採 点 とい う教官 が学生 に持 つ権 力 を背景 に して, この設 間 が な されて い るか らだ とい うのが 一 番の理 由かな ?と 私 は思 った次第です。

今年 度 の後 期 か ら理 学 部 で も,学 生 に よ る授 業 評 価 ア ンケ ー トを必 ず実施 す る ことが決 ま りま し た。 この ア ンケー トに は,教 官 の授 業 はよ く準備 が な され て いたか ? 話 し方 は明快 で あ ったか ? 授 業 レベ ル は適 切 で あ ったか ? 授 業量 は適 量 で あ ったか ? 黒 板 の使 い方 は適切 で あ ったか ? 授 業 は有 益 で あ ったか ? な どの 12項目の質 問が 並 ん で お り,学 生 は これ を 1か ら 5ま で の 5段 階 で評価 す るのです。 自然科学 の揺 るぎ無 い構 築 を いか に要領良 く,学 習 のための無駄 な混乱 や苦痛 を与 えず に消化 させ るかが授 業評価 の対象 とされ て お りますが, これ らが重要 であ るの は勿論 であ

り,同 意 します。

と ころが私 は,非 人格 的 な科学研究 の構 築 を伝 授 す る一 方 で,一 科 学 者 と して社 会 や人生 につ い て思 い悩 む私 の考 え,見 方 をあ りの まま学生 に伝 え た い と思 ってお り,そ の よ うな授業 の こだわ り を持 って い るのです。 しか しア ンケー トには,私 の こだわ りな どに関係 す る設 間が あ りません。私

が授業 で入試判定 ミスを話題 に したの は今年度 の 前期 で したので, ア ンケ ー トは行 なわず にす ませ ま した。 も しこの ア ンケー トを私 の前 期 の授業 に 対 して行 な って おれ ば, 私 が授業 で取 り上 げた話 題 は準備 が全 くな されて お らず, 話 し方 は主観 的 で, 内 容 は逸脱 して お り, 適 切 で もな く, 学 生 の 気分 を暗 くさせ 0 0 0 等 々, ア ンケー トのすべて の設 間 に沢 山 の 1 が 並 んで いた ことで しょう。 こ の ア ンケー トで は各教官 によ る追加質 問 とい う項 目が あ るの で, 「私 は授 業 で入 試 判 定 ミスを話 題 に したが,   この ことは意義 が あ った と思 うか ? 」 と尋 ね ること も可能 なので しょう。 で もそれ は未 練 が ま しいので, そ ん な こ と も しなか ったで しょ

う。

私 は この春 停 年 を迎 え るまで勤 め させ て いただ きま した。私 は頭 が古 くて, い まだ に私 の大学生 の ときに受 けた授業 の ことが頭 か ら離 れて お りま せ ん。 秀才 タイプで はな い私 は学生 時代,授 業 に 従 って学 問 の構築 を要 領良 く理解 ・把握 す る こと が苦手 で,ち ょっと した きっか けで授業 へ の集 中 を失 い,私 の脳 は授業 か ら飛 び離 れて しま った と 思 い ます。 む しろ私 は授業時 の先生 の雑談 や感想

に聞 き入 り, この先生 はすば らしい と感 じると始 めてその授業 内容 が好 きにな る とい うあ りさまで あ った と思 います。 しか し学級崩壊 で も理学部 の ア ンケー トにお いて も,現 在 はそん な時代 で はな い と言 って い るよ うです。 で も,私 に はつ いて行 けない ものが あ ります。 大学 で は学 問 に対 す るパ トスの火 が燃 えて い る ことが もっと も必要 な はず で あ り, この ことは昔 も今 も全 く変 わ らない と私 は思 って い るのです。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :