は じ め に 近 年 のた び 重 なる 自 然 災 害 や 事 件 事 故 によ り 安 全 安 心 の 価 値 がこ れま でに なく 社 会 の 中 で 認 識 されるようになってまいりました 自 然 災 害 からの 安 全 安 心 を 得 るためには 行 政 による 公 助 はもとより 個

全文

(1)

(社)全国建築コンクリートブロック工業会

あんしんなブロック塀をつくるためのガイドブック

シリーズ 1 建築主編

主 な 内 容 ● 知 っ て お き た い 「 コ ン ク リ ー ト ブ ロ ッ ク 塀 の 基 本 」 ● 完 成 ま で の 流 れ ● ブ ロ ッ ク 塀 の で き る ま で ● つ く っ て い る と き に 注 意 す る こ と ● し て は い け な い ブ ロ ッ ク 塀 の つ く り 方 ● あ ぶ な い ブ ロ ッ ク 塀 の あ れ こ れ ● ブ ロ ッ ク 塀 を 長 持 ち さ せ る に は ● あ ん し ん な ブ ロ ッ ク 塀 の 提 案 ● 巻 末 「 ブ ロ ッ ク 塀 工 事 記 録 表 」

(2)

- 1 -

は じ め に

近 年 の た び 重 な る 自 然 災 害 や 事 件 ・事 故 に よ り 、安 全 ・安 心 の 価 値 が こ れ ま で に な く 社 会 の 中 で 認 識 さ れ る よ う に な っ て ま い り ま し た 。 自 然 災 害 か ら の 安 全 ・安 心 を 得 る た め に は 行 政 に よ る 公 助 は も と よ り 、個 々 人 の 自 覚 に 根 ざ し た 自 助 、身 近 な 地 域 コ ミ ュ ニ テ ィ 等 に よ る 共 助 が 必 要 で あ り 、社 会 の 様 々 な 主 体 が 連 携 し て 防 災 の た め に 行 動 す る こ と 、そ れ ら の 主 体 が し か る べ き 安 全 の た め の 対 策 を 講 じ る こ と が 必 要 で す 。 住 宅 を 建 設 す る 場 合 は 、住 宅 の 品 質 確 保 の 促 進 及 び 住 宅 に か か わ る 紛 争 の 迅 速 、 か つ 適 正 な 解 決 を 図 る こ と を 目 的 と し て 「 住 宅 の 品 質 確 保 の 促 進 等 に 関 す る 法 律 」 が 平 成 12 年 4 月 1 日 に 施 行 さ れ て い ま す 。 こ の 法 律 に は 建 物 の み で 外 構 (塀 等 )ま で は 含 ん で い ま せ ん 。そ こ で 社 団 法 人 全 国 建 築 コ ン ク リ ー ト ブ ロ ッ ク 工 業 会 で は 、危 な い ブ ロ ッ ク 塀 の 発 生 を 未 然 に 防 止 し 、地 震 時 に お け る コ ン ク リ ー ト ブ ロ ッ ク 塀 の 道 路 側 へ の 倒 壊 に よ る 人 身 事 故 や 、 道 路 を ふ さ ぐ と い う 不 安 を 少 し で も 解 消 す る こ と を 目 的 と し て 、「 あ ん し ん な ブ ロ ッ ク 塀 を つ く る た め の ガ イ ド ブ ッ ク 」 を 作 成 し ま し た 。 「 家 は 人 生 で 最 大 の 買 物 」と か「 家 づ く り は 建 築 主 と 建 設 業 者 の 共 同 作 業 」な ど と い わ れ て い て 、建 築 主 も 家 づ く り に つ い て 学 ぶ こ と が 必 要 と い わ れ て い ま す 。 家 を 建 て た り 買 う 場 合 は 、 立 地 条 件 ・ 建 物 の 構 造 ( 耐 震 性 )・ 間 取 り ・ 建 物 の 状 態 ・ 法 規 に 合 致 し て い る か 等 を 十 分 に 検 討 す る こ と と 思 い ま す 。 ブ ロ ッ ク 塀 も 建 物 と 同 じ よ う に 法 規 に 合 致 し た 耐 震 性 の あ る 塀 と し て 建 設 さ れ な け れ ば な り ま せ ん 。 塀 は 、一 般 的 に 建 物 本 体 と 切 り 離 さ れ 、設 計 者 や 建 設 業 者 が か か わ ら な い 工 事 と し て 、建 築 基 準 法 な ど の 基 準・規 準 に 詳 し く な い 職 人 (工 事 業 者 )が 自 分 の 判 断 で 、見 栄 え と 工 事 の や り や す い 方 法 で つ く る こ と が 見 ら れ 、こ れ が 欠 陥 ブ ロ ッ ク 塀 を 生 む 土 壌 と な っ て い ま す 。 社 団 法 人 全 国 建 築 コ ン ク リ ー ト ブ ロ ッ ク 工 業 会 ( 以 下 、JCBA と い う ) で は 、 こ の ガ イ ド ブ ッ ク が 活 用 さ れ る こ と に よ り 、皆 様 の 資 産 と も な る「 あ ん し ん・あ ん ぜ ん な ブ ロ ッ ク 塀 」 を 普 及 し て い た だ く 一 助 と な る こ と を 願 っ て や み ま せ ん 。 平 成 20 年 6 月 30 日 作 成 : あ ん し ん な ブ ロ ッ ク 塀 推 進 委 員 会

(3)

- 2 -

知 っておきたい「コンクリートブロック塀 の基 本 」

➊ コンクリートブロック塀 のつくりかた 建 物 は 柱・は り・壁 、床 な ど か ら な り 、こ れ ら が 一 体 (箱 状 )と な っ て 地 震 や 強 い 風 な ど の 横 か ら の 力 に 抵 抗 す る 安 定 し た 形 を し て い ま す 。ま た 、道 路 に 見 か け る 電 柱 は 、地 中 に あ る 程 度 深 く 埋 め 込 ま れ て 、横 か ら の 力 に 対 し て 埋 め 込 ま れ た 柱 の 部 分 を し っ か り と 周 り の 土 が つ か ま え て 、倒 れ な い よ う に 考 え ら れ て い ま す 。 塀 と い う の は 、一 枚 の 長 い 板 を 縦 長 に し て 立 て て 、下 の ほ う を 少 し 土 の 中 に 埋 め 込 ん だ だ け と い う 形 を し て い ま す 。 コ ン ク リ ー ト ブ ロ ッ ク 塀 (以 下 、ブ ロ ッ ク 塀 と い う )で は 、塀 の 安 定 を 保 つ た め に 、基 礎 を 地 面 の 中 に 塀 の 高 さ に 応 じ た 深 さ を 埋 め 込 み (根 入 れ 深 さ )ま す 。ま た 、 基 礎 は ブ ロ ッ ク 塀 の 高 さ や 埋 め 込 ま れ る 土 の 固 さ に よ っ て 、I の 字 の 形 、L の 字 の 形 、 T の 字 を 逆 に し た 形 (P4 図 2 参 照 )と し ま す 。 高 さ の 高 い ブ ロ ッ ク 塀 や 長 さ の 長 い ブ ロ ッ ク 塀 は 、 壁 の 根 元 の 部 分 (基 礎 と の 取 合 い 面 )の 強 さ と 、 地 面 へ の 埋 め 込 み 深 さ に 限 り が あ る の で 、 壁 の 端 や 壁 の 途 中 に 壁 と 直 角 方 向 に 控 え 壁 を つ く っ て 、地 震 な ど の 横 か ら の 力 に 抵 抗 し て 、倒 れ な い よ う (人 は 押 さ れ る と 足 を 後 ろ へ 広 げ て 踏 ん 張 り ま す 。 こ の 踏 ん 張 る 足 が ブ ロ ッ ク 塀 の 控 え 壁 で す )に つ く り ま す 。 当 然 、 壁 (ブ ロ ッ ク )の 中 や 基 礎 の 中 に は 鉄 筋 を 縦 横 に 配 置 し ま す 。 控 え 壁 壁 又 は 塀 本 体 縦 方 向 の 鉄 筋 横 方 向 の 鉄 筋 基 礎 と の 取 合 い 面 根 入 れ 深 さ 基 礎 基 本 ブ ロ ッ ク 写 真 1 ブロック塀 の施 工 写 真

(4)

- 3 - ➋ ブロック塀 にもつくるための法 律 があります た か が ブ ロ ッ ク 塀 と 思 わ な い で く だ さ い 。ブ ロ ッ ク 塀 を つ く っ た 後 で 、地 震 な ど の 災 害 で 倒 れ な い よ う 、建 物 と 同 じ よ う に 建 築 基 準 法 と い う 国 の 法 律 に よ る 基 準 と 関 係 団 体 に よ る 規 準 が 定 め ら れ て い ま す 。次 の 基 準 や 規 準 を 守 っ て つ く る こ と が 建 築 主 の 努 め で す 。 国 の 法 律 と 規 格 で は 建 築 基 準 法 ・ 日 本 工 業 規 格 に 、 そ し て 権 威 の あ る 社 団 法 人 日 本 建 築 学 会 で は 、 コ ン ク リ ー ト ブ ロ ッ ク 塀 設 計 規 準 ・ 壁 構 造 配 筋 指 針 ・ 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ・ ブ ロ ッ ク 塀 施 工 マ ニ ュ ア ル に よ り 、 ブ ロ ッ ク 塀 の 材 料 ・ 設 計 ・ 施 工 に 関 す る 規 準 が 定 め て い ま す 。 ● 建 築 基 準 法・ 同 施 行 令 第 62 条 6,8: 塀 の 高 さ と ブ ロ ッ ク 厚 さ な ど 、塀 の 高 さ と 基 礎 の 大 き さ ・ 深 さ な ど 、 控 え 壁 の 位 置 、 鉄 筋 の 太 さ と 間 隔 な ど ブ ロ ッ ク 塀 の 設 計 の 基 準 と な る こ と が 定 め て い ま す 。( 建 築 基 準 法 は 、皆 様 の 安 全 を 守 る た め の 最 低 の 基 準 で 、 定 め ら れ て い る 数 値 は 下 限 値 と お 考 え く だ さ い ) ● 旧 建 設 省 告 示 第 1355 号 : 構 造 計 算 の 基 準 に つ い て 定 め て い ま す 。 ● 日 本 工 業 規 格(JIS):使 わ れ る ブ ロ ッ ク 、 鉄 筋 の 材 料 に つ い て 定 め て い ま す 。 ● コ ン ク リ ー ト ブ ロ ッ ク 塀 設 計 規 準 : ブ ロ ッ ク 塀 を つ く る た め の 設 計 ・ 施 工 全 般 を 建 築 基 準 法 よ り 細 か く 、 推 奨 さ れ る 数 値 を も っ て 規 準 が 定 め て い ま す 。 ● 壁 構 造 配 筋 指 針 : ブ ロ ッ ク 塀 の 配 筋 の 方 法 な ど 設 計 規 準 を ベ ー ス に 、 よ り 細 か く 定 め て い ま す 。 ● 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 (JASS 7 メ ー ソ ン リ ー 工 事 ): ブ ロ ッ ク 塀 の 施 工 に 関 す る こ と を 設 計 規 準 を ベ ー ス に 、 よ り 細 か く 定 め て い ま す 。 ● ブ ロ ッ ク 塀 施 工 マ ニ ュ ア ル : 上 記 3 規 準 を ま と め て 、 わ か り や す く 解 説 を し て い ま す 。 写 真 2 基 準 ・規 準 書 の類

(5)

- 4 - ●コンクリートブロック塀 設 計 基 準 の抜 粋 建 築 基 準 法 は あ く ま で も 最 低 の 基 準 で す か ら 、 こ こ で は わ が JCBA が 推 奨 を し て い る 日 本 建 築 学 会 設 計 規 準 の 抜 粋 を 列 記 し ま す 。 図 1 ブロック塀 の断 面 ・配 筋 例 及 び記 号 図 図 2 基 礎 の形 状 図 ① 高 さ は 、2.2m 以 下 と す る こ と ② 壁 の 厚 さ は 、15cm(高 さ 2.0m 以 下 の 塀 で は 12cm)以 上 と す る こ と ③ 壁 頂 及 び 基 礎 に は 水 平 方 向 に 、壁 の 端 部 及 び 隅 角 部 (曲 が り 角 )に は 垂 直 方 向 に 、 そ れ ぞ れ D10(直 径 1 ㎝ )以 上 の 鉄 筋 を 入 れ る こ と ④ 壁 内 に は 、D10 以 上 の 鉄 筋 を 垂 直 方 向 に 40∼ 80 ㎝ 、水 平 方 向 に 80cm 以 下 の 間 隔 で 入 れ る こ と ⑤ 高 さ 1.2m (条 件 に よ り 1.6m )を 超 え る 塀 で は 、 長 さ 3.4m 以 内 ご と に D 10 以 上 の 鉄 筋 を 配 置 し た 控 え 壁 (壁 面 か ら 高 さ 1/5 以 上 の 長 さ )を つ く る こ と ⑥ 鉄 筋 の 末 端 部 は か ぎ 状 に 折 り 曲 げ て 、縦 筋 は 壁 頂 及 び 基 礎 の 横 筋 に 、横 筋 は 縦 筋 に そ れ ぞ れ か ぎ 掛 け す る こ と ⑦ 基 礎 の せ い (高 さ )は40 ㎝ 以 上 と し 、根 入 れ の 深 さ は 35 ㎝ 以 上 と す る こ と( 寒 冷 地 で は 凍 結 深 度 に 注 意 す る )。 図 2 で の B は 、 地 面 の 硬 さ に よ り 変 わ る 以 上 の よ う に 、 い ろ い ろ な 部 分 で そ れ ぞ れ の 数 値 な ど が 定 め ら れ て い ま す 。 I 形 基 礎 逆 T 形 基 礎 L 形 基 礎

(6)

- 5 -

完 成 ま で の 流 れ

ブロック塀 工 事 の契 約 から完 成 までの大 まかなフローは、次 のとおりです。 ① 打 ち合 わせ(ブロック塀 の設 計 ・施 工 ) ○ ブ ロ ッ ク 塀 の 規 模 ( 高 さ や デ ザ イ ン な ど の 検 討 ) ○ ブ ロ ッ ク 塀 か 、 フ ェ ン ス 付 ブ ロ ッ ク 塀 か ( 塀 の 意 匠 ) ○ 地 盤 の 強 さ( 軟 ら か い 土 か 固 い 土 か で 、基 礎 の 大 き さ が 変 わ る ) ○ 工 事 の 方 法 ・ 期 間 ○ 工 事 記 録 書 ( 工 事 写 真 と 工 事 記 録 な ど ) の 作 成 の 依 頼 ○ ブ ロ ッ ク 塀 の メ ン テ ナ ン ス 契 約 を 依 頼 す る か 、 否 か ② 工 事 契 約 書 の締 結 ○ 契 約 約 款 ( 工 事 費 総 額 、 工 事 期 間 、 工 事 費 支 払 い 方 法 な ど の 内 容 の 詳 細 が 書 か れ た も の で 、 後 々 の た め に 非 常 に 大 切 な 書 類 ) ○ 工 事 内 訳 書 ( 工 事 費 用 の 明 細 が 書 か れ た も の ) ○ 設 計 図 ( ブ ロ ッ ク 塀 の 高 さ ・ 厚 さ 、 基 礎 の 大 き さ 、 配 筋 な ど を 図 面 で 表 し た も の ) ○ 工 事 仕 様 書 ( ど の よ う な 材 料 を 使 っ て 、 ど の よ う な 作 業 を す る か を 文 章 な ど に し て 書 い た も の ) ③ 工 事 の始 まりから終 わりまで ○ 基 礎 工 事 (塀 の 位 置 出 し 、 塀 の 縦 筋 を 含 む 配 筋 、 型 枠 組 み 、 コ ン ク リ ー ト 打 ち な ど の 工 事 ) ○ 組 積 工 事 ( ブ ロ ッ ク 積 み 、 横 鉄 筋 の 配 筋 、 笠 木 を 据 え 付 け る 工 事 。控 壁 が あ る と き は 、塀 本 体 と 一 緒 に 積 み 上 げ る ) ④ 工 事 が 終 わ っ て 、 ブ ロ ッ ク 塀 の 受 け 取 り ○ 受 取 り ( 設 計 図 通 り に で き て い る か を チ ェ ッ ク す る ) ○ 工 事 保 証 が あ れ ば 保 証 書 、 そ の 他 工 事 記 録 書 類 等 の 受 理 ○ 永 く 安 心 で き る ブ ロ ッ ク 塀 と す る た め に 、 定 期 点 検 な ど の ア フ タ ー サ ー ビ ス の 依 頼 を す る こ と が 大 切 で す 。

(7)

- 6 -

ブ ロ ッ ク 塀 の でき る ま で

● ブロック塀 のできるまでを順 を追 って写 真 で説 明 します。 ①地 面 を掘 り砕 石 を敷 い ②基 礎 と塀 の鉄 筋 を配 筋 、 ③型 枠 をはずし、埋 め戻 し て埋 戻 して、機 械 で転 圧 枠 を組 み、コンクリートを打 込 む をして、基 礎 の完 成 ④1段 目 のブロック積 み ⑤2 段 目 以 降 、所 定 の高 さ ⑥縦 筋 の部 分 、縦 目 地 の (ブロックの水 平 に注 意 ) ま で 積 む 空 胴 部 分 に モルタルを 詰 め る ⑦所 定 の段 に横 筋 を配 筋 ⑧横 筋 を配 置 したところは ⑨笠 木 をモルタルで モルタルを詰 める しっかりと付 ける ⑩目 地 さらえ、目 地 押 さえ ⑪控 え壁 は、本 体 の壁 と ⑫完 成 をする 一 緒 につくる 写 真 3 ブロック塀 の工 事 工 程

(8)

- 7 -

つ く っ て い る と き に 注 意 す る こ と

● ブロック塀 の工 事 中 (または、設 計 図 )のチェック事 項 ブ ロ ッ ク 塀 は 、 完 成 し て か ら で は 工 事 の 不 備 は わ か り ま せ ん 。 工 事 中 に 設 計 図 通 り に 仕 事 が で き て い る か チ ェ ッ ク を し て く だ さ い 。 工 事 に 不 備 が あ っ て 、 地 震 な ど の 災 害 で ブ ロ ッ ク 塀 が 倒 れ て 人 災 、 物 損 な ど が 起 き て も 誰 も 責 任 は 取 っ て く れ ま せ ん 。 民 法 上 で は 建 築 主 が 賠 償 責 任 を 負 う こ と に な っ て い ま す 。 図 3 ブロック塀 チェックポイント図 ①地 盤 :地 盤 は軟 らかくないか 地 盤 は 、 ブ ロ ッ ク 塀 (以 下 、 塀 と い う )全 体 の 重 量 を 支 え る 役 目 を も ち ま す 。 基 礎 と 一 体 と な っ た 塀 が 地 震 等 で 倒 れ な い よ う に す る に は 、地 盤 に 見 合 っ た 基 礎 の 形 や 根 入 れ 深 さ (地 面 の 中 に 埋 め 込 ま れ る 深 さ )が 必 要 で す 。盛 土 さ れ た 地 盤 で は 、大 き く し っ か り と し た 基 礎 が 必 要 で す 。ま た 、余 分 に 掘 っ た と こ ろ を 埋 め 戻 す に は 、な る べ く べ と べ と し た 粘 土 質 系 で な く 、さ ら さ ら で よ く 締 め 固 め ら れ る 良 質 な 土 を 使 う こ と が 必 要 で す 。 ②基 礎 :基 礎 は鉄 筋 コンクリート造 か、根 入 れ深 さは十 分 か 基 礎 は 、鉄 筋 コ ン ク リ ー ト で つ く り 、そ の 上 の ブ ロ ッ ク 造 の 壁 と 一 体 と な っ て 、 地 震 な ど の 横 か ら の 力 に も 倒 れ な い よ う 35cm 以 上 ( 塀 の 高 さ に よ っ て 45 ㎝ 以 上 )地 面 に 埋 め る 必 要 が あ り ま す 。掘 っ た 地 面 に 砂 利 な ど を 撒 き 、モ ル タ ル を 流 し 込 み 、 そ こ に 縦 筋 を 埋 め 込 む な ど と い う こ と は 絶 対 に し て は い け ま せ ん 。 基 礎 は 、低 い 塀 で は I 型 が 、道 路 な ど 境 界 沿 い で は L 型 が 、敷 地 に 余 裕 が あ る と き は 逆 T 型 と し ま す 。 地 盤 が 弱 い 場 合 は 、 鋼 管 杭 打 ち 基 礎 な ど と し ま す 。 ③縦 筋 :縦 筋 は、基 礎 の中 から塀 の頂 部 までの長 さとなっているか、鉄 筋 の直 径 は 1 ㎝ (D10)以 上 、間 隔 は 80cm 以 下 (塀 の高 さによっては、D13 以 上 、間 隔 40cm 以 下 )とな っているか 縦 筋 は 、塀 に か か る 横 か ら の 力 (地 震 や 風 な ど に よ る )に 負 け な い よ う に が ん ば る 大 切 な 背 骨 の よ う な も の で す 。基 礎 の 中 か ら 壁 (塀 本 体 )の 上 ま で を 1 本 の 鉄 筋 を 使 っ て 立 ち 上 げ ま す 。基 礎 へ の 埋 め 込 み が 短 か っ た り 、塀 本 体 の 途 中 で つ な い

(9)

- 8 - だ り し な い で く だ さ い 。地 震 の と き に 、鉄 筋 が 塀 か ら 引 き 抜 け て 倒 れ る 原 因 に な り ま す 。 ④横 筋 :横 方 向 の鉄 筋 は直 径 1 ㎝(D10)で、間 隔 が 80 ㎝(一 般 には 60 ㎝)以 下 となっ ているか 横 筋 は 、塀 の 長 さ 方 向 を 1 枚 の 板 の よ う に す る 役 目 を も つ も の で 、控 え 壁 が あ る と き は 塀 本 体 と 控 え 壁 を つ な ぎ 全 体 が 一 体 と な る た め の 大 切 な 鉄 筋 で す 。 ⑤かさ(笠 )木 :笠 木 はあるか、笠 木 はしっかりと下 のブロックに止 められているか 笠 木 は 、塀 の な か へ 雨 水 が は い り 込 む こ と を 防 ぎ 、ブ ロ ッ ク や 鉄 筋 を 保 護 す る 大 切 な 役 目 を も っ て い ま す 。笠 木 が 浮 い て い た り 、少 し の 力 で 落 ち た り す る の は 危 険 で す 。 笠 木 は モ ル タ ル 等 で 壁 に 確 実 に 固 定 し ま す 。 ⑥控 え壁 :控 え壁 の間 隔 が 3.4m以 下 となっているか、塀 本 体 と一 緒 につくられているか 控 え 壁 は 、 倒 れ よ う と す る 塀 を 防 ぐ 役 目 を 持 ち ま す 。 塀 の 高 さ が 1.2m( 条件 に よ っ て 1.6m ) 以 上 に な る と き は 、 塀 の 長 さ 3.4m 以 内 ご と に 控 え 壁 が 必 要 と な り ま す 。 控 え 壁 は 、 基 礎 に も 塀 に も 鉄 筋 を 入 れ て 塀 本 体 と 一 緒 に つ く り ま す 。 控 え 壁 の 部 分 だ け を 塀 の 本 体 よ り 深 く 基 礎 を 下 げ て 塀 を 倒 れ な い よ う に す る 方 法 ( 控 下 基 礎 工 法 ) を 採 用 す る と 基 礎 を 小 さ く す る こ と が で き ま す 。 ⑦透 かしブロック(ガラスブロック):縦 や横 方 向 に連 続 して使 われていないか 透 か し ブ ロ ッ ク は 見 た 目 や 風 通 し の た め と い う だ け で 多 く 使 う と 、塀 の 強 さ が 弱 く な り ま す 。特 に 横 方 向 に 2 つ 以 上 連 続 し て 使 う と 、そ の 部 分 に 必 要 な 縦 筋 が 十 分 に 入 ら な い の で 、 地 震 の と き に 被 害 が で る 恐 れ が あ り ま す 。 ⑧充 てん(填 )モルタル:鉄 筋 の回 りや縦 目 地 部 分 の空 洞 にモルタルが充 填 しているか 充 填 モ ル タ ル は 、鉄 筋 と ブ ロ ッ ク 、ブ ロ ッ ク と ブ ロ ッ ク を 一 体 化 さ せ る も の で 、 塀 全 体 を 強 く て 丈 夫 な 1 枚 の 壁 と す る 役 目 を も ち ま す 。 ま た 、 鉄 筋 を 錆 (さ び ) さ せ な い 役 目 も も っ て い ま す 。 ブ ロ ッ ク の 空 洞 に 入 っ て い る 鉄 筋 の ま わ り に モ ル タ ル が 十 分 に 詰 め ら れ て い な い と 、塀 が 十 分 な 強 さ を 発 揮 で き な か っ た り 、鉄 筋 が 錆 び て 塀 の 寿 命 を 短 く さ せ ま す 。 ⑨その他 :設 計 図 ・工 事 記 録 及 び工 事 写 真 の提 出 を依 頼 したか 塀 工 事 に 対 す る 設 計 図 、工 事 仕 様 書 が 契 約 書 に 添 付 さ れ て あ れ ば よ い の で す が 、 小 規 模 の 塀 や 設 計 図 等 が な い 場 合 は 、最 低 限 契 約 前 に 巻 末 の 工 事 記 録 表 と 工 事 写 真 記 録 簿 の 提 出 を 依 頼 し て お き ま す 。工 事 写 真 は 、工 事 の 工 程 ご と の 写 真 を 撮 り ま と め 1 冊 の 写 真 帳 と し ま す 。こ れ ら の こ と が 、塀 の 品 質 向 上 、ま た 塀 の 価 値 に 良 い 影 響 が 生 ま れ ま す 。 = ポ イ ン ト = あ ん し ん・あ ん ぜ ん な ブ ロ ッ ク 塀 を つ く る に は 、設 計 や 施 工 管 理 を 建 築 士 や 施 工 管 理 技 士 に 、施 工 は ブ ロ ッ ク 技 能 士 や ブ ロ ッ ク 工 事 士 が 在 籍 し て い る 会 社 に 依 頼 す る こ と が 一 番 大 切 な こ と で す 。新 築 建 物 と 同 じ よ う に 工 作 物 と し て 確 認 申 請 を 行 う こ と も あ ん し ん あ ん ぜ ん な ブ ロ ッ ク 塀 を つ く る 近 道 で す 。

(10)

- 9 -

し て は い け な いブ ロ ッ ク 塀 の つく り 方

こ れ ま で の ブ ロ ッ ク 塀 の 地 震 被 害 は 古 い 塀 に 多 く 、中 に 入 っ て い る 鉄 筋 が 錆 び て 鉄 筋 と し て の 役 目 を な し て い な い 塀 や 、ブ ロ ッ ク 塀 そ の も の が 傷 ん で し ま っ て い る 例 が 多 く 見 ら れ ま す 。 こ の 他 、 こ れ ま で の 地 震 被 害 や 現 況 調 査 で は 次 の 3 点 の 欠 陥 が 多 く 見 ら れ て い ま す 。 ① 鉄 筋 コ ン ク リ ー ト 造 の 基 礎 が な い ② 縦 の 鉄 筋 が 入 っ て い な い 、 ま た 入 っ て い て も 途 中 で つ な い で い る ③ 必 要 な 控 え 壁 (柱 )が な い 、ま た あ っ て も 飾 り (塀 本 体 と 一 緒 に つ く ら れ て い な い )と な っ て い る ① 鉄 筋 コンクリート造 の基 礎 がない ブ ロ ッ ク が そ の ま ま 地 中 に 埋 め 込 ま れ た 塀 を 見 か け ま す が 、こ れ は 鉄 筋 コ ン ク リ ー ト で つ く ら れ る 基 礎 が な く 、塀 本 体 を 下 に 延 ば し て 地 中 に 埋 め 込 む と い う 方 法 (埋 込 み 基 礎 工 法 )と っ た も の で 、地 面 を 20∼ 30 ㎝ ほ ど 掘 り 、砂 利 を 敷 き 、モ ル タ ル を 流 し 込 み 、縦 の 鉄 筋 を こ れ に 埋 め 込 み 、そ の 後 ブ ロ ッ ク を 積 み 上 げ て (写 真 4)仕 上 げ ま す 。 で き た と き は 見 た 目 は き れ い に 仕 上 が っ て い て も 、 根 入 れ が 少 な い こ と や 鉄 筋 が 簡 単 に 引 き 抜 け る こ と な ど が 重 な り 、横 か ら の 力 に 非 常 に 弱 く 、 大 き な 地 震 で は 塀 全 体 が 傾 い た り (写 真 5)、 倒 壊 す る こ と と な り ま す 。 写 真 4 埋 込 み基 礎 の施 工 例 写 真 5 地 震 で倒 れかかっている塀 の 被 害 例 ② 縦 の鉄 筋 が入 っていない、また入 っていても途 中 でつないでいる ど ん な に 立 派 な 基 礎 を つ く っ て も 、 塀 本 体 に 大 事 な 縦 筋 が 入 っ て い な け れ ば 、 積 み 木 を 糊 付 け し て 積 ん だ こ と と 同 じ で 、ち ょ っ と し た 力 で 押 し た だ け で 倒 れ て し ま い ま す 。 ま た 、 短 い 鉄 筋 を 使 っ て 基 礎 に 差 込 み (差 し 筋 工 法 :写 真 6)ブ ロ ッ ク を 積 む と き に 鉄 筋 を 継 ぎ 足 す と 、大 き な 地 震 の と き に は つ な い だ 鉄 筋 の 部 分 で 鉄 筋 が 塀 か ら 抜 け だ し て 、 倒 れ て (写 真 7)し ま っ た り し ま す 。

(11)

- 10 - 写 真 6 短 い縦 筋 を差 し込 んだ 写 真 7 地 震 時 に縦 筋 が抜 けて だけという施 工 例 しまって倒 壊 した塀 の被 害 例 ③ 必 要 な控 え壁 がない、またあっても飾 りとなっている 控 え 壁 は 、長 い 塀 が 地 震 な ど の 横 か ら の 力 で 塀 全 体 が 一 緒 に 倒 れ る の を 防 ぐ 役 目 を も つ も の で 、 塀 の 高 さ 1.2m (条 件 に よ っ て は 1.6m )を 超 え る も の は 、 塀 の 長 さ 方 向 に 3.4m ご と に つ く る よ う 規 定 さ れ て い ま す 。 控 え 壁 は 、塀 本 体 と 鉄 筋 を つ な ぎ な が ら 一 緒 に ブ ロ ッ ク を 積 上 げ な け れ ば な ら な い も の で 、控 え 壁 が 塀 本 体 と 取 り 付 く 部 分 は 、塀 本 体 の ブ ロ ッ ク を 控 え 壁 の 厚 さ よ り 6 ㎝ ほ ど 狭 く し た 幅 で 欠 き 込 み 、控 え 壁 と 塀 本 体 と に で き た 空 洞 部 と 入 れ た 鉄 筋 の 周 り に モ ル タ ル を 詰 め て 、 塀 全 体 を 一 体 と し な け れ ば な り ま せ ん 。 写 真 8 控 え壁 を後 からつくっている 写 真 9 地 震 で塀 本 体 が倒 壊 した 施 工 不 良 の例 施 工 不 良 の被 害 例 (左 上 の写 真 :正 しい施 工 例 ) = ポ イ ン ト = こ れ ら の 地 震 被 害 の 写 真 に 現 れ て い る よ う に 、 つ く ら れ て か ら 30 年 を 超 え て い る 塀 と と も に 、 俗 に い わ れ る ブ ロ ッ ク 塀 を 地 中 に 埋 込 ん だ 形 の 埋 込 み 基 礎 。 基 礎 に 短 い 鉄 筋 を 差 し 込 み 、 そ の 鉄 筋 に 縦 筋 を 添 え て 壁 の 中 で つ な ぐ 壁 中 継 手 。 控 え 壁 を 塀 本 体 と 同 時 に 施 工 し な い で 、 あ と か ら 控 え 壁 を 本 体 に 付 け て つ く る は 控 え 壁 後 施 工 は 、 3 大 欠 陥 工 事 で す か ら 注 意 が 必 要 で す 。

(12)

- 11 -

あ ぶ な い ブ ロ ック 塀 の あ れ こ れ

塀 が高 過 ぎる(擁 壁 +塀 ≦2.2mが規 定 値 ) 透 かしブロックの多 用 新 旧 の 塀 の 取 り 合 い 部 分 の 基 礎 と 塀 に 、 大 きなひび割 れが発 生 していて非 常 に 危 険 な例 (高 さ 3.1mの塀 ) 最 上 段 に 透 か し ブ ロ ッ ク を 連 続 使 用 し た 地 震 被 害 の例 (縦 筋 が透 かしブロックの部 分 に入 らない結 果 ) 普 通 (空 洞 )ブロックでつくる土 留 め壁 基 礎 の形 ・大 きさや根 入 れ深 さの不 良 高 さ1mの土 留 め壁 の地 震 被 害 の例 。 多 くの自 治 体 では土 留 め高 さは 60 ㎝程 度 までと規 制 塀 の 高 さ か ら 基 礎 は 、 L 形 と し な け れ ば な らない。基 礎 の形 状 と根 入 れ深 さ不 足 の 地 震 被 害 の例 石 垣 の上 へ直 接 塀 をつくる メンテナンス不 良 の塀 石 垣 の上 にたつブロ ック塀 で、石 垣 自 体 の 強 度 不 足 で転 倒 した地 震 被 害 の例 ブロックの中 の鉄 筋 が錆 びて、ひび割 れが でき、ブロック表 側 が剥 がれ落 ちた例

(13)

- 12 -

ブ ロ ッ ク 塀 を 長持 ち さ せ る に は

● ブロック塀 の耐 用 年 数 はどのくらいでしょう 一 般 に 使 わ れ て い る 塀 の ブ ロ ッ ク の 厚 さ は 10 ㎝ (最 低 基 準 厚 さ )で 、鉄 筋 の 直 径 は 1 ㎝ 、間 隔 80cm が 多 く 、こ の 塀 の 耐 用 年 数( 構 造 上 の 見 地 )は 10 年 か ら 15 年 程 度 と 考 え ら れ て い ま す 。最 近 の 建 物 は 200 年 住 宅 の 建 設 が 叫 ば れ て い る な か 、 そ の 建 物 の 周 囲 の 塀 が 10 年 と か 15 年 で よ い の で し ょ う か 。 塀 も 建 物 の 耐 用 年 数 に 見 合 っ た 長 持 ち を さ せ る よ う 考 え る べ き で は な い で し ょ う か 。 塀 を 長 持 ち を さ せ る に は 、 ど ん な 方 法 が あ る の で し ょ う か 。 写 真 10 ブロックの形 状 の種 類 奥 から: 隅 用 、 横 筋 用 、基 本 形 ブロッ ク ① ブロックの品 質 を上 げる ブ ロ ッ ク に は 表 1 の よ う な 種 類 が あ り ま す 表 1 ブロックの種 類 ・記 号 ・性 能 ・寸 法 の一 例 (断 面 形 状 による区 分 :空 洞 ブロック) モデュール寸 法 ⑤ 外 部 形 状 による 区 分 ① 圧 縮 強 さ による区 分 の記 号 ② 透 水 性 による 区 分 / 吸 水 率 ③ 化 粧 の 有 無 に よる区 分 全 断 面 に 対 する 圧 縮 強 さ 気 乾 かさ 密 度 長 さ ㎝ 高 さ ㎝ 厚 さ ㎝ 08(A) 4N/㎟ 以 上 1.7g/㎤ 未 満 12(B) 普 通 ブロック / ― 6N/㎟ 以 上 1.9g/㎤ 未 満 基 本 形 異 形 16(C) 普 通 ブロック 防 水 ブロック / 10%以 下 あり なし 8N/㎟ 以 上 ― 30 40 45 50 60 90 10 15 20 25 30 10 11 12 13 14 15 19 注 :モデュ−ル寸 法 とは基 準 寸 法 をいい、目 地 幅 を含 んだ寸 法 のこと ②項 での(A)、(B),(C)は以 前 のA種 、B種 、C種 とお考 えください 一 般 に は 、圧 縮 強 さ に よ る 区 分 の 記 号 ② で 08(A)も 使 わ れ ま す が 、少 な く と も 12(B)が 最 低 ラ イ ン で 、 塀 の 耐 久 性 を 考 え れ ば 16(C)を 使 う こ と が 望 ま し い 。 ② 鉄 筋 のサイズ(直 径 )を上 げる、間 隔 を狭 くする 一 般 に 、縦 筋 は D10 を 80∼ 40 ㎝ (ブ ロ ッ ク 2 本 ∼ 1 本 )間 隔 で 入 れ ま す 。こ れ を す べ て 、D13 と し 間 隔 を 40 ㎝ と し ま す 。ま た 、も っ と 耐 久 性 を 考 え る の な ら

(14)

- 13 - ば 、 樹 脂 で 巻 い た エ ポ キ シ 樹 脂 塗 装 鉄 筋 な ど を 使 う こ と も 考 え ら れ ま す 。 ③ 塀 全 体 を被 覆 する 塀 全 体 に モ ル タ ル を 塗 る 、ま た タ イ ル な ど を 貼 る な ど が 考 え ら れ ま す が 、い ず れ の 工 法 を 採 用 し て も そ の ま ま 放 置 を し て い れ ば 、や は り 耐 用 年 数 は 少 し は 伸 び ま す が 、15 年 を 超 え る 長 期 間 を 考 え る と 、 車 や 住 宅 と 同 じ よ う に メ ン テ ナ ン ス を 定 期 的 に 行 わ な け れ ば な り ま せ ん 。 ● メンテナンス ブ ロ ッ ク 塀 は 家 の 周 り に つ く ら れ て 、い つ も 直 射 日 光 や 風 雨 に さ ら さ れ て い ま す 。ま た 家 の よ う に 張 り 出 し た 屋 根 や 庇( ひ さ し )が な い の で 、直 接 ブ ロ ッ ク 塀 が 雨 露 に さ ら さ れ る こ と に な り ま す 。こ れ ら の 自 然 現 象 に よ る 塀 の 劣 化 は 次 の よ う に 進 ん で い き ま す 。 第 1 段 階 ① ブ ロ ッ ク 劣 化 : ブ ロ ッ ク の 表 面 が 痛 ん で く る ② モ ル タ ル の 劣 化 : 中 性 化 (劣 化 の 現 象 )が 進 み 鉄 筋 が 錆 び や す く な る ③ 目 地 の ひ び 割 れ : 雨 露 が ブ ロ ッ ク の 中 に 入 り や す く な る 第 2 段 階 ④ 塀 の 中 に あ る 鉄 筋 に 錆 (さ び )が で る:①・②・③ か ら 塀 の 内 部 に 雨 水 が 入 り 込 み 、鉄 筋 に 錆 が で る 、特 に 基 礎 と ブ ロ ッ ク 最 下 段 の 間 の 箇 所 に 注 意 が 必 要 第 3 段 階 ⑤ 鉄 筋 の 錆 が 多 く な り 、ひ び 割 れ が で る:④ の 進 行 で 鉄 筋 の 錆 に よ っ て 、 鉄 筋 の 部 分 が 膨 れ 上 が っ て (体 積 膨 張 )ブ ロ ッ ク に ひ び 割 れ が で き る 第 4 段 階 ⑥ ブ ロ ッ ク の 表 面 が は が れ る ⑦ ブ ロ ッ ク 表 面 に 錆 汁 が で て き て 汚 れ が 目 立 つ こ の 第 1 段 階 か ら 第 4 段 階 へ の 進 み 方 は 、 地 域 ( 海 岸 近 く と 奥 陸 地 、 都 市 の 農 村 な ど )よ っ て の 違 い も あ り ま す が 、そ れ よ り 大 き い 進 み 方 は 、メ ン テ ナ ン ス に よ っ て 大 き く 違 い が で て き ま す 。ブ ロ ッ ク 塀 も 愛 車 ほ ど に 定 期 点 検 や 適 切 な 修 理 を し て い れ ば 15 年 と は い わ ず 、そ れ 以 上 の 年 月 を あ ん し ん あ ん ぜ ん な ブ ロ ッ ク 塀 と し て の 役 割 を 果 た し ま す 。 = ポ イ ン ト = こ の ブ ロ ッ ク 塀 の 劣 化 を よ く 理 解 し て 、 建 築 主 は も ち ろ ん の こ と 、 塀 を つ く っ て く れ た 工 事 業 者 の 方 々 と メ ン テ ナ ン ス 契 約 を 結 び 、 定 期 点 検 や 適 切 な 修 繕 (ひ び 割 れ 、き ず 、汚 れ 、塀 の 傾 き な ど の 補 修 )を 行 っ て く だ さ い 。

(15)

- 14 -

あ ん し ん な ブ ロ ッ ク 塀 の 提 案

あ ん し ん・あ ん ぜ ん な ブ ロ ッ ク 塀 と は 、地 震 な ど の 大 き な 揺 れ や 衝 撃 に 対 し て 瞬 時 に 倒 れ な い 塀 で あ る こ と で す 。 こ の よ う な 塀 は 、平 面 的 に L 形 、T 形 、凹 形 な ど と し て 地 震 や 強 風 な ど の 横 力 に 抵 抗 力 を 向 上 さ せ る こ と や 道 路 境 界 か ら 塀 自 体 を 後 退 さ せ 、最 悪 塀 が 倒 れ て も 道 路 や 歩 行 者 に 被 害 を 及 ぼ さ な い 方 法 を と る こ と で す 。 ● 平 面 的 な工 夫 をした塀 ● 道 路 境 界 から離 した塀 平 面 的 に 塀 に 凹 凸 を つ け て 、 そ の 凹 部 塀 を 道 路 か ら 後 退 を さ せ 、 後 退 を に 植 栽 な ど を し て 、 町 並 み の 緑 化 に も さ せ た 空 間 を 利 用 し て 植 栽 な ど で 工 夫 し て い る 例 町 並 み の 緑 化 に も 工 夫 し て い る 例 ● 門 ・塀 の工 夫 ア プ ロ ー チ・導 入 部 分 の 塀 を L 形・T 形( 平 面 的 に )と し 、地 震 に 強 く 、景 観 に 工 夫 し て い る 例

(16)

- 15 -

ブロック塀 工 事 記 録 表

設 計 者 氏 名 印 (所 属 会 社 名 ) 工 事 責 任 者 名 印 (所 属 会 社 名 ) 項 目 仕 様 等 特 記 事 項 着 工 年 月 日 年 月 日 竣 工 年 月 日 年 月 日 支 持 地 盤 □ 地 山 □ 盛 土 □ 改 良 土 形 状 □ I 形 □ 逆 T 形 □ L 形 □ 杭 打 ち 各 部 の 厚 さ ベ ー ス 厚 さ ( )㎝ 立 上 り 厚 さ ( )㎝ 根 入 れ 深 さ ( )㎝ 主 筋 : □ D 10 □ D 13 基 礎 鉄 筋 そ の 他 の 鉄 筋 : □ D 10 間 隔 ( )㎝ 塀 の 長 さ 全 長 ( )m 、 道 路 面 ( )m 道 路 側 の 最 高 の 高 さ 道 路 面 か ら の 高 さ ( )m ブ ロ ッ ク の 種 類 □ 08(A) □ 12(B) □ 16(C) □ 化 粧 ブ ロ ッ ク の 厚 さ 正 味 厚 さ ( )㎝ 、 実 厚 さ ( )㎝ 縦 主 筋 : □ D 10 □ D 13 間 隔 ( )㎝ 鉄 筋 そ の 他 の 鉄 筋 : □ D 10 間 隔 ( )㎝ モ ル タ ル の 調 合 容 積 比 : セ メ ン ト ( )/ 砂 ( ) 間 隔 ( )m 控 え 壁 ( 控 え 柱 ) 主 筋 : □ D 10 □ D 13 塀 本 体 笠 木 □ 無 し □ 有 り (□ 既 製 品 □ モ ル タ ル 他 ) 注 □ : 該 当 項 目 に チ ェ ッ ク を 入 れ る (): 当 て は ま る 数 値 を 記 入 す る こ の 記 録 簿 は 、 塀 の 高 さ が 異 な る 場 合 は 高 さ ご と に 1 枚 に 記 入 す る こ と フ ェ ン ス 付 ブ ロ ッ ク 塀 も 特 記 事 項 欄 を 利 用 し て 作 成 す る こ と

Updating...

参照

関連した話題 :