k o j i m a s 0 1 0 7 0 2   行 政 学 演 習 A レ ポ ー ト 「 市 町 村 合 併 」 - そ の 在 り 方 と 今 後 の 展 望 - k 9 9 0 1 2 3   小 島   周 一 郎

Download (0)

Loading.... (view fulltext now)

Full text

(1)

k o j i m a s 0 1 0 7 0 2   行 政 学 演 習 A レ ポ ー ト

「 市 町 村 合 併 」 - そ の 在 り 方 と 今 後 の 展 望 - k 9 9 0 1 2 3   小 島   周 一 郎

1 、 は じ め に

 「市町村合併」-という言葉を聞いてもいまいち分からない方が多いかもしれない。私 自身も レ ポ ー ト を 進 め る ま で は 市 町 村 合 併 を な

ぜ 実 行 し な け れ ば な ら な い か 、 は っ き り と し た 理由 さ え も 分 か ら な か っ た 。 何 か 上 の 方(行政主 導 ) だ け で 話 が 進 み 、 い つ か ら こ の 町 と 合 併

し ま す か ら と 言 わ れ 、住民は興味が無く 分 か ら ぬ ま ま 合 併 が 進 ん で い

る の が 現 状 な の か も し れ な い 。 で は な ぜ 私 が 市 町 村 合 併 に 興 味 を 持 っ た か と い う と 、 地 元 の市の合併論議からである。私の地元の北海道室蘭市はかつて、 道央地方(主として夕

張)からの石炭輸送のため港湾施設が整備されそれにより 鉄鋼業が栄え 、人口 は 鰻 上 り で あ っ た 。 し か し 、石炭から石油へのエネルギー転換、また鉄 鋼業の不況 や 生産拠点の海外移転により人口減少が進み、現在は103、301人(2 001年5月現在)と10万人をかろうじて超えている状況である。その状況下で市町村 合併の話が出てきた。隣の伊達市 、登別市との合併論議 で あ る 。 し か し 、

な ぜ 合 併 を し な け れ ば な ら な い か と い う 理 由 は い ま い ち 分 か ら な か っ た 。 そ の 後 い つ の 間 にかこの合併論議自体も立ち消えとなった。

こ の 理 由 は 地 域 住 民 に な ぜ 合 併 し な け れ ば な ら な い の か と 言 う 理 由 が 示 さ れ ず 、 住 民 間 の 合 併 機 運 が 高 ま ら な か っ た か ら で あ ろ う 。   そ こ で こ の レ ポ ー ト で は 、 な ぜ 今市町村合併を行わな け れ ば な ら な い 理 由 や 、国や栃木県は市町村合併に対してどのよう な 支 援 を 行 っ て い る の か 、 栃木県内の合併に関する進展状況 を 書 い た 上 で 、それらから今後の市町村合併の在り方 と今後の展望 は ど う

あ る べ き か を 国、県、市町村、そして住民レ

ベ ル の そ れ ぞ れ に お い て 述べ、市町村合併の必要性について考察 し て い き た い 。

2、市町村合併の意義

 そもそもなぜ市町村合併を行う必要がある

(2)

の か と い う と 、 総務省ホームページでは5つの理由 を 挙げ て い る 。 1高齢化への対応

2多様化する住民ニーズへの対応 3生活圏の広域化への対応 4効率性の向上

5地方分権の推進

 1はこれから多くの地域で高齢化が進み、それにより福祉サービスが増加し財政負担や 人材の確保が問題となる。2は価値観の多様化などにより住民が求めるサービスの多様化 に対応する専門的、高度能力を持つ職員の育成確保が必要となる。3は住民が動く日常生 活圏がマイカーの普及により拡大したため行政も広域的に対応する必要がある。また、都 市地域のスプロール化に対応する、より広い視点から一体的な ま ち づ く り を 進める事が必要 で あ る 。4は近隣市町村の類似施設を無くし、より効率的な行政運 営を行う必要がある。5は分権された場合、自分たちで行政運営が出来るが同時に行財政 基 盤 の 強 化 も 行 わ な け れ ば な ら な い 、 と い う こ と か ら で あ る 。 その上、現在の国の財政状況を考えると地方への地方 交付税、補助金の負担が重く国としては歳出の見直しを行い地方への支出を削減するため に市町村合併を後押ししているのも事実なのだ。

 このような理由から現在市町村合併を行う必要性があるのだ。そして市町村合併を行う ことで、前述の問題を解決する以下のメリットが生じる。

1高齢者などへの福祉サービスの安定的供給、充実

2専門的、高度能力を有する職員の確保、育成による行政サービスの向上 3文化、公共施設の広範利用が可能に

4広域的な視点における一体的まちづくりの推進

5重点投資が可能に( 巨 大 プ ロ ジ ェ ク ト の 実 施 ) 6行政経費の節約

7地域のイメージアップ、若者の定着、職場確保

  こ の よ う な メ リ ッ ト は 広 域 行 政 で も 良 い の で は な い か と い う議論がある。広域行政1 とは廃棄物処理、保健・衛生事 務や上下水道、消防などの市町村事務に対して近隣市町村と共同で行うことであり、現在 中小市町村を中心に連携が進んでいる。しかしそもそも広域行政とは多数決で決める議会 とは性格が異なり構成市町村間の調整を必要としていて廃棄物処理、保健・衛生事務や上 下水道、消防などの利害対立が起こりにくいサービスの提供には適しているが、 そ れ以 上の連携は難しい。 ま た 、 調 整 を 必 要 と す る た め 迅速な決定 は 難 し い し、他市町村への配慮が働き、思い切った意思決定 も 困難 で あ る。議会や住民のチェックも市町村が単独で行う業務と違い複雑多岐に渡り、場合によっ

(3)

ては監視の目が 行 き 届 か な い 事 に よ り 非効率な事務が行われる可能 性 も あ る の だ 。

  ま た 合 併 す る こ と で 以 下 の よ う な デ メ リ ッ ト が 生 じ る と 述 べ る 人 が い る 。

1 今 ま で の サ ー ビ ス の 細 か さ の 喪 失 2市役所、町村役場が遠くなることで不便に

3中心部と周辺部の格差、サービス水準の低下・使用料手数料の負担増加 4各地域の伝統が失われる

5大きな市町村の方の発言権が大きくなる 6合併により地方交付税が減額される

  私 は こ れ ら の 合 併 に 関 す る デ メ リ ッ ト 一 つ 一 つに反対意見を述べていきたい。1はこの問題は合併後に地域住民の声を施策に反映させ きめ細かな行政サービスを実現させるために、合併前の市町村の協議により、合併前の市 町村区域を単位として設置できる地域審議会や公聴会を活用することで補えると感じる。

現在はその中に議員や公務員が多いのは事実であるが、そこに地域の様々な住民(主婦、

サ ラ リ ー マ ン 、 学 生 な ど ) が 参 加 す る こ と に より広い視野に立った様々な意見が出されれ

ば サ ー ビ ス の 喪 失 は あ り え な い だ ろ う 。 だ が そ も そ も 、 あ ま り 行 政 に 対 し て 住 民 が 「 お ん ぶ に 抱 っ こ 」 の 状 態 が 好 ま し い と は 言 え な い 住民の側からすれば小さい行政の方が自分た

ち の 意 見 を 通 し や す い と 安易に 考 え て い る の で は な い か 。 そ の よ う な 考 え か ら 脱 却 す る 事 が 重 要 で あ る と も 感 じ る 。 自 分 た ち の こ と は 自 分 た ち で や る と い う 意 気 込 み で あ る 。 そ う す れ ば 行 政 区 域 が 大 き か ろ う が 小 さ か ろ う が そ ん な こ と は 問 題 で は な い 。 また、後述するが市町村合併と同時 に地方分権が行われ、国の事務が市町村に移れば、自分たちが行いたい事が自分たちの意 思 で 出 来 る よ う に な る の で 今 以 上 の サ ー ビ ス の 多 様 性 が 生 じ る は ず で あ る 。 2は合併後も「さいたま 市」のように合併後もそれまでの市庁舎を新市役所の支所や出張所に使う事で解決する。

また、情報化 の 進展により今現在千葉県市川市では住民票を コ ン ビ ニ エ ン ス ス ト ア な ど で 受 け 取 る こ と も 可 能 に な っ て い る し 、 問 題 は あ る だ ろ う が 将 来 的 に は PC や 携 帯 の i モ ー ド な ど を 使 い そ の 場 に 居 な が

(4)

ら に し て 書 類 を 受 け 取 る こ と も 可 能 に な る の

で は な い か 。 そ う す れ ば 市役所や町村 役 場 が ど こ に あ ろ う と も 関 係なくなる。3は合併に関する様々な問題を話し合う合併協議会 に お い て 、住民

に合併市町村の将来のビジョンを与えハード・ソフト両面の施策を総合的・効果的に推進 するための合併市町村・関係都道府県が実施する事業内容等を内容とした市町村建設計画 を策定し、合併後は地域審議会でチェックすることで格差は是正される。また、サービス 水準の低下・使用料手数料の負担増加に関しては普通は合併協議会においてサービス水準 は高い方に負担は低い方に調整される。4の問題は旧市町村名は何らかの形で残される事 が多い。例えばさいたま市では現在旧市名は使われていないが政令指定都市になり区政が 敷 か れ た ら 区 の 名 前 に 旧市名が 使 わ れ る こ と が 既に 決 ま っ て い る 。 そ も そ も 伝 統 は そ こ に 住 む 住 民 が 作 り 上 げ て い く こ と な の で 合 併 し て も し な く て も そ こ に 住 む 住 民 の 意 識 に よ っ て 受 け

継 ぐ こ と が 可 能 で あ る 。 5 は そ う い う よ う な 自 分 達 中 心 の 考 え を 捨てて、逆に大きな自治体に入り一定の発言権を得るにはどうすればよいかと発想の転換

をする事が必要である。旧市町村同士が争うために合併するのではない 。 あ く ま で前述したような市町村合併の意義があるから合併を 行 う の だ 。 そ こ を 履き違えてはいけない。6は国の財政状況を

考えると遅かれ早かれ地方交付税が減額され

る の は 目 に 見 え て い る 。 そ う な る 前 に 無 駄 を 見 つ け 、 効 率 的 に 行 政 シ ス テ ム を 動 か す こ と で 後 々 に そ の 努 力 が 実 を 結 ぶ こ と に な る は ず である。住民 の 血税を 住 民 の た め に いかに効率的に使

う か を 考 え る べ き で あ る 。

3、国、栃木県の市町村合併に関する支援策と県内市町村の合併進展状況

 国(総務省)は市町村合併を円滑に進めるために多様な支援策を用意している。合併特 例法を改正(2005年3月までの時限立法)し、合併協議会設置の住民発議制度や合併 後10年間は合併しなかった場合の普通交付税額を全額保障するなどの地方財政措置、合 併準備補助金の支給などの特例措置。また、市町村合併に関して学識経験者や総務省職員 を派遣し幅広くアドバイスするアドバイザー制度や、旧市町村議員が一定の期間そのまま 新市町村でも議員でいることを保障したり、

定 数 の 特 別 枠 を 設 け る こ と を 認 め た り も し て い る 。

次 に 、 栃 木 県 は 市 町 村 合 併 に 関 し て ど の よ う に 取 り 組 ん で い る の か と い う と 、 県 で は

(5)

2001年1月に「栃木県市町村合併推進要綱」を策定した。これは旧自治省(現総務 省)が1999年に市町村合併に関する論議を活発化するために全都道府県に対して具体 的な市町村合併における市町村の組み合わせ案を作るように要請したものである。その中 で県は地方分権の進展や近年の厳しい地方財政状況の下において少子高齢化への対応、広

域 的 な ま ち づ く り の 推 進 を 行 う た め に 市 町 村 合 併 が そ れ ら の 問 題 を 解 決 す る た め の 有 効 な 方策の一つと考えている。しかし同時に、市町村合併は地域の将来や地域住民に多大な影

響を与えるため十分な論議を行い、自主的・主体的な取り組みの下に推進する事が基本で あるとも考えている。県内市町村を通勤・通学圏や商圏や広域事務組合を客観的に分析し た パ タ ー ン な ど 5パターン示し、合併が最大に進んだ場合のパタ-ンでは 県内を現在の49市町村から12に再編し、宇都宮市は河内町、壬生町、上三川町、上河 内町、石橋町、高根沢町の5町と合併し人口は60万人を超える大都市としている。ただ 県は合併推進要綱の中で合併パターンは示しているがいつまでに市町村合併を行うとの時 期目標は書かれておらず、また県の支援策(例えば財政支援も「合併の具体化に向けての 市町村等が行う調査研究事業への財政支援」としか書かれていない。)も抽象的かつ消極 的な内容である。

そこで、実際に県内市町村で合併の動きが出ているところの現状を調べた。現在栃木 県内では市町村合併を行うための「合併協議会」2 が設置されているのは、「栃木市・小 山市合併協議会」(1998年7月協議会設置)と「佐野市・田沼町・葛生町合併協議 会」(1998年7月協議会設置)の2ヶ所である。合併論議が出てきたそれぞれの経緯 は「栃木市・小山市合併協議会」は小山青年会議所を中心に、2市が合併し最終的には栃 木県南部ひいては北関東の中核市3 を目指そうとしたものである。また、「佐野市・田沼 町・葛生町合併協議会」はもともとこの地域は一部事務組合や協議会など(両毛地区広域 市町村圏事務組合、両毛地区広域行政推進協議会など)で広域行政の取り組みが行われて いたためその流れで佐野商工会議所を中心に合併論議が出てきた。加えて、合併協議会設 置までは進展していないが県北部の黒磯市、塩原町、那須町、西那須野町の4市町は20 01年6月に将来の合併に向けての研究を行う「4市町ステップアップ研究会」を設置4 した。この4市町は前述の「栃木県市町村合併推進要綱」での合併パターンに組まれてい ないがなぜ合併論議が出てきたのかと言うと、4市町とも温泉観光地と畜産が盛んであり、

なおかつ首都機能移転問題などの共通項があり合併議論がしやすいという理由から黒磯市 が 他 の 3 町 に 呼 び か け た も の で あ っ た 。

「栃木市・小山市合併協議会」は2000年6月の第6回合併協議会会議で「それぞ れの広域圏の合併を検討すべき」として、広域合併の方向性が出るまで当分の間一時中断

す る こ と を 決 定 し 現 在 も 休 止 状 態 が 続 い て い る 。 な ぜ そ の よ う に な っ た か と い う と 、 合 併 協議会が両市民に対して行った1999年8月のアンケート調査 5 が主な原因

と な っ て い る 。 そ の ア ン ケ ー ト 内 容 の 1 つ の

(6)

「 合 併 に つ い て ど う 思 う か ? 」 と い う 問 い に 対して、以下のように両市民は答えている。

(表3-1栃木市・小山市合併協議会アンケート)

「合併についてどう思うか?」 両市民合計の回答割合

(%)

合併が望ましい 16.6

ど ち ら か と 言 う と 合 併 が 望 ま し い

14.9

合 併 す る 事 が 望 ま し く な い

14.9

ど ち ら か と 言 う と 合 併 す る 事 が 望 ま し く な い

18.8

広域圏の市町村との問題処理が前提 15.7

分 か ら な い 16.9

そ の 他 2.2

(栃木市小山市合併協議会アンケートを基に筆者作成)

 このアンケート結果から分かる事は合併に関して賛成派(合計31.5%)よりも反対 派(合計33.7%)の方が多い事が分かる。しかも、「広域圏の問題処理が前提」とい

う 答 え が 多 い と い う 事 も 分 か る 。 実 は 両 市 は 現 在 そ れ ぞ れ の 市 と の 結 び つ き よ り も む し ろ 栃木市は西方町、大平町、都賀町(栃木地区広域行政事務組合など)と小山市は南河内町、

国分寺町、野木町(小山広域保健衛生組合、小山地区広域行政事務組合など) と の 間 で 一 部事務組合や事務の委託を行いこれらの町との結びつきが強い。このため両市民の間にも

合併に根強い反対論があるのと同時に、栃木市・小山市と合併するよりもまず周辺の町と 合 併 を 考 え た ほ う が よ い と 考 え る 人 が 多 く 、 そ の こ と が 行 政 側 と 住 民 側 と の 考 え 方 の ギ ャ ッ プ を 生 じ ア ン ケ ー ト 結 果 に 色 濃 く 反 映 さ れ た の だ 。

 もう一方の「佐野市・田沼町・葛生町合併協議会」も、合併に関してあまり進展してい ないのが現状である。現在の状況は合併協議会の下で設置されている小委員会において

「合併したら」という前提で合併のメリッ

ト ・ デ メ リ ッ ト の 理 由 付 け を し て 出 来 る だ け 早い時期に協議会へ案を提出するという状況

に な っ て い る 。 し か し 、 住 民 の 考 え 方 は と い う と そ れ ぞ れ の 市 町 で 実 施 し た ア ン ケ ー ト 調

(7)

6 の 「 合 併 に つ い て ど う 思 う か ? 」 と い う 問 い に 対 し て 以 下 の よ う な 結 果 に な っ て い る 。 ちなみに葛生町では1998年に合併に関するアンケート調査を行っているが資料が無か

っ た 。

(表3-2佐野市・田沼町・葛生町合併協議会アンケート)

「合併についてどう思うか?」 それぞれの住民の回答割合(%)

佐野市 田沼町

積極的に進める べ き だ

18.7 23.4

合併に賛成できない 10.4 13.2 ある程度時間を

か け て 進 め る べ き

22.6 30.2

も っ と 情 報 が ほ し い

23.1

ど ち ら と も 言 え な い

27.0

そ の 他 25.2 6.2

(注意) 佐 野 市 で は 「 ど ち ら と も 言 え な い 」 、 田 沼 町 で は 「 も っ と 情 報 が ほ し い 」 と い う 回答項目は無い

(佐野市・田沼町・葛生町合併協議会アンケートを基に筆者作成)

 このアンケート調査から分かることは、両市町とも合併賛成派が反対派を上回っている がそれ以上に「ある程度時間をかけて進めるべき」という現段階では消極派が多いのが特

徴 で あ る 。 そ し て 「 も っ と 情 報 が ほ し い 」 や 「 ど ち ら と も 言 え な い 」 と い う 意 見 も 多 く 住 民への合併に関する行政側の情報提供不足も言える。

 「4市町ステップアップ研究会」は市役所・役場の職員同士の研究会であり今後は月一 回勉強会を開き、合併のメリット・デメリットを研究し、住民に対するアンケート調査な どを行い今年11月には何らかの報告をする予定である。

 このように栃木県内の市町村合併進展状況は県内で設置されている二合併協議会とも合

併 に 関 す る 取 り 組 み が 停 滞 し て い る 。 ま た 「 4 市 町 ス テ ッ プ ア ッ プ 研 究 会 」 も ま だ 始 ま っ たばかりで具体的な進展が無いのが現状である。

4、市町村合併のあり方と今後の展望

 市町村合併に関する問題点は多い。これから市町村合併を実施していくには早急に対処

(8)

し 、 見 直 し て い か ね ば な ら な い 制 度 や 仕 組 み は多々ある。

 例えば、2001年度全国の地方自治体は合計89兆円の歳出を予定しているが、地方 税収(市町村民税、固定資産税、都市計画税、軽自動車税など)は36兆円のみで不足分 は地方交付税と補助金で埋めているのが現状である。このような状況は中央による地方の 支配につながる。そして、国会議員はいかに地元選挙民に対してその地域に金を落とすか という利益誘導型政治の原因ともなる。この状況が続く限りいくら市町村合併を行っても 地域の特色を出すことが出来ず、いつまでたっても地方は自立できない。2001年6月 に地方分権推進委員会が小泉総理大臣に提出した最終報告書の中で国民負担や国の歳入総 額を変えない「歳入中立」の観点から、地方への税源移譲分と同額を補助金、地方交付税 から削減するという内容や、同年6月に閣議決定された経済財政諮問会議のいわゆる「骨 太の方針」の中で「行政サービスの権限を住民に近い場に」を基本原則として補助金の整 理統合や国の地方に関する関与の縮小に応じて、地方交付税制度を見直す内容を下に国は 現在の税源を地方に移譲し、地方が自由に使える財源を作る必要がある。また同時に、現 在国が行っている事務も市町村または都道府県に権限を移譲することも必要だろう。住民 参加の視点からあらゆる自治は住民にもっとも身近な自治体(市町村)の権限とした上で カバーしきれないものを広域的な団体(都道府県や国)に委託する事が必要である。今の ままの中央からの関与や補助金、交付金に規制されたままでは地方は自立的な地域経営が 出来ないし、財政力が弱い自治体でも手厚い調整制度(例えば過疎地域に指定されると財 政面などで過疎地域向けの様々な特例措置が受けられている)の恩恵で高度な行政サービ

ス を 提 供 で き る 半 面 、 税 収 増 に 努 め る と か え っ て 地 方 交 付 税 が 減 額 さ れ る と い う お か し な 現状を変える必要がある。つまり国による財政調整とそれに基づく政策誘導を極力排し、

各自治体が財政責任とコスト意識を持ち地域レベルで財政運営を委ねなければならない。

国は市町村が主体性を発揮出来る仕組みを着実に整備することを自覚し、権限の受け皿整 備を実施し市町村が合併しやすい環境にする事が必要である。このような地方分権の実施 で市町村は責任逃れが出来なくなり、国の画一的な規準や各省庁毎の「縦割り行政」に縛 られない地域の実情やニーズに沿った個性的で多様な行政を展開出来るようになる。そし て国は、市町村合併に関して主導的に取り組むのは市町村自らであると自覚させ、側面支 援役になるべきである。地域事情も規模も多様な市町村を国は多様な要因を準備し自治体 のニーズに答え、合併に向かう自発性を自治体から引き出す努力が不可欠である。ただ、

ど う し て も 合 併 を し た く な い と い う 自 治 体 が 出 て く る 可 能 性 も あ る 。 そ れ は 自 治 体 が 決 め た こ と で あ り 尊 重 す べ き で あ る 。 自 治 体 の た め に 前 述 の 様 々 な 施 策 に よ っ て 合 併 に 意 欲 を もつ自治体の取り組みを加速させる一方、同時に合併をしたくないという自治体のために

も様々な広域行政の仕組みを整備し自治体に選択の余地を与えるべきである。権限や財源 の国からの移譲で自立性が向上した市町村が一部事務組合や協議会、広域連合など広域行

(9)

政の様々な仕組みを縦横に活用し、地域住民のニーズに応えうる体制整備もまた必要であ る。

次に、栃木県の「県市町村合併推進要綱」の市町村合併に対する支援策は先程述べた ように抽象的かつ具体性に欠ける。隣県の茨城県が2000年12月に策定した「茨城県 市町村合併推進要綱」では国の合併特例法が切れる2005年3月までに市町村の数を現 在の85から29に減らし、今世紀半ばに17にすると明記している。また茨城県独自の 財政支援策である合併特例交付金として1自治体あたり2億5千万円助成することも書か

れ て い る 。 県 が 強 力 な リ ー ダ ー シ ッ プ を 発 揮 す る の は 住 民 本 位 の 合 併 だ と は 思 わ な い が 、 ある程度の合併に対する支援策や目標を明記し合併への道作りを行うことは必要である。

国の財政状況を見ても、また前述した地方分権推進委員会の最終報告書や経済財政諮問会 議の答申内容からもいずれは補助金、地方交付税の在り方は見直されるのは明白である。

そのため財政規模の小さな市町村は合併せざ

る を 得 な い 状 況 に 追 い 込 ま れ る こ と も 考 え ら れる。その前に県が合併に向けての環境作り

を し て も 何 ら 問 題 は 無 い は ず で あ る 。

三つ目に、市町村自身も市町村合併に関する取り組みを見直す必要がある。例えば現

状 の 合 併 で は 合 併 を 行 う た め に は 議 会 の 議 決 が ど う し て も 必 要 で あ る 。 そ の た め 議 会 が 反 対すると、住民が直接請求を使い合併協議会設置請求を行ってもその設置請求の採決は議

会 が 行 う の で 意 味 が 無 い 。 そ れ で 良 い の だ ろ う か ? 住 民 の た め に 市 町 村 合 併 を 行 う の だ か らこのような重要な問題においては住民投票を行い住民が市町村合併に対してどのように

感じているのか直接意思を問う方が適当であると思う。もちろん地方議会や首長が住民か

ら 選 ば れ て い る 代 表 機 能 が 住 民 投 票 に よ っ て 損 な わ れ な い よ う に 配 慮 す る 必 要 は あ る が 、 これにより住民自治の要素が強まるはずである。実際2001年1月に田無市と保谷市が

合併して出来た「西東京市」では18歳以上の全市民を対象に住民投票形式の意向調査を 行った。法的拘束力は無かったが両市長とも反対が過半数なら合併しないと明言し、合併 賛成派が過半数を超えた。合併問題では自分の地位が脅かされるために事実上拒否反応し がちな議会、首長に対し住民自身の真を問う事が適当である。住民本位の考え方にたち、

ア ン ケ ー ト だ け で は な く 住 民 が ど の よ う に 感 じ て い る か を 知 る と い う 事 が 大 切 な こ と で あ る 。 ま た 、 現 状 で は な ぜ 合 併 す る の か と 分 か ら な い 住 民 が 多 い の も 問 題 で あ る 。 市 町 村 は 積極的に情報公開を推進し、地域住民に対してこの地域が合併したらこうなるのだという

位の青写真を示し今後在るべき行政サービス像を掲示する必要がある。加えて現在、合併 を協議するのは合併協議会のみであり、関係市町村議会議員や首長が主要メンバーである。

住民参加という点からもこの状況を改め、様々な立場の地域住民に参加してもらい広い視 点から合併に関して活発な論議をすべきである。一部の意見だけでは住民本意の合併と言

え な い 。

(10)

最後にそこに住んでいる住民も考え方を改

め る 必 要 が あ る 。 合 併 は そ も そ も 住 民 の た め に 行 わ れ な け れ ば な ら な い 。 そ の 合 併 に 対 し て 興 味 が 無 い や 分 か ら な い と 言 う だ け で 論 議 に 加 わ ら な い の は お か し い の で は な い か 。 そ の 後 や っ ぱ り 合 併 し な い 方 が 良 か っ た な ど と 述べる資格は無い。積極的にこのまちの将来

像に対して互いに意見をぶつけ合い、積極的

に 論 じ て い く 必 要 が あ る 。 言 う ま で も 無 く 行 政 は 住 民 の た め に 存 在 し て い る 。 そ の 行 政 の 在 り 方 を 判 断 す る の も そ こ に 住 む 住 民 で あ る 我 が ま ち の 在 り 方 に 対 し て 論 議 を し 、 我 が ま ち の 将 来 を 住 民 自 身 が 選 び 取 っ て い か な け れ ば な ら な い こ と で あ る 。 も し 地 域 住 民 が 合 併 を す る 必 要 が 無 い と 判 断 す れ ば そ れ は そ れ で よ い と 思 う 。 と に か く 住 民 が 自 分 た ち の ま ち の 将 来 に つ い て 話 し 合 う こ と が 大 切 な の だ 。  このように市町村合併を行うためには、地方分権、財政構造改革、住民参加、そして住

民 の 意 識 改 革 な ど と い っ た 国 レ ベ ル か ら 住 民 レ ベ ル ま で 様 々 な 問 題 が 生 じ る 。 そ し て 市 町 村合併が実施され、合併のメリットを効果的かつ十二分に得るためには、これら全ての問

題一つ一つを地道に解決して行く事が必要である。

5、 お わ り に

 市町村合併について調べていくと、市町村合併だけではなく地方分権や財政構造改革な ど様々な問題が付随してくる。そのため市町村合併は住民レベルの身近なミクロな問題で

あ る と 同 時 に 国 レ ベ ル の マ ク ロ な 問 題 も 含 ん で い る こ と を 改 め て 実 感 し た 。 た だ し 、 市 町 村合併に一番関係するのは、やはりそこに住む住民自身である。現在の市町村合併の議論

は行政主導で進み、合併しようとしている地域の住民が積極的に論議に参加して行われて いるようには見えてこない。「2、市町村合併の意義」で市町村合併における必要性や 様々なメリットを述べたが、結局一番大切なことは「そこに住む住民のための合併」-こ れが一番大切なことであり、国、都道府県、市町村、そしてそこに住む住民自身それぞれ が肝に銘じ、絶対に忘れてはいけないことである。全ての人達が市町村合併の意義につい て自覚し、広い視点から考察し、十分な論議をしたうえで実施されることが市町村合併の 一番望ましい流れである。

今回のレポートはマクロな視点で様々な視点での問題点を述べたので市町村合併につ

(11)

いて広範囲の考察が出来たが、同時に大きくなりすぎ個々の事象についてはあまり深く考 察する事が出来なかった。今度市町村合併についてレポートを書く機会があれば、さらに 個々の事象について例えば補助金、地方交付税問題についての問題点や在り方を述べてい

き た い と 思 う 。

最後にこのレポートを書くにあたり、葛生町役場企画課、小山市役所企画部の方々。

そして小山青年会議所の諏訪さん、小林さんに御協力頂いた。まことにありがとうござい ます。この場を借りて厚く御礼を申し上げます。

参考文献、参考URL

「市町村合併のススメ」小西砂千夫著、2000 年 、 ぎ ょ う せ い 読売新聞2001年6月28日記事

総務省ホームページ http://www.soumu.go.jp/

内閣府ホームページhttp://www.cao.go.jp/

財務省ホームページhttp://www.mof.go.jp/

栃木県庁ホームページhttp://www.pref.tochigi.jp/

茨城県庁ホームページhttp://www.pref.ibaraki.jp/

佐野市役所ホームページ http://www.sunfield.ne.jp/sanocity/

栃木市役所ホームページhttp://www.t-cnet.or.jp/~tochigic/

小山市役所ホームページ http://www.city.oyama.tochigi.jp/

市川市役所ホームページhttp://www.city.ichikawa.chiba.jp/

室蘭市役所ホームページ http://www.city.muroran.hokkaido.jp/

田沼町役場ホームページhttp://village.infoweb.ne.jp/~tanuma/

下野新聞ホームページ http://www.shimotsuke.co.jp/

毎日新聞ホームページhttp://www.mainichi.co.jp/

伊予市議会議員玉井彰のホームページ http://www2.ocn.ne.jp/~akiratam/home/

(12)

1広域行政とは

 行政が行う事務に対して周辺市町村が共同で事務を行う方式には現在以下のものがある。

・一部事務組合

 一般廃棄物、ゴミ処理、消防、福祉などの分野で行われる。特徴としては法人格を有し、一部事務 組合が設けられるとその事務は関係自治体の機能から除外される。

・広域連合

 1995年に制度化された方式で一部事務組合に近いが、国や都道府県からの事務の委任の受け皿 になりうる点や直接請求の制度が設けられている。これにより例えば都道府県の事務である産業廃棄 物に関する事務を広域連合で行い、市町村業務の一般廃棄物の事務を含めた広域的・総合的なゴミ処 理行政が行えるようになった。

・協議会

一部の事務に関する共同での管理執行や事務の管理執行における連絡調整。総合的な計画の共同で の策定などの目的で設置される。一部事務組合との違いは法人格を有さず、固有の職員・財産を有し ない議会を有しないなどが挙げられる。

・機関・吏員の共同設置

選挙管理委員会、監査委員などで行われる。地方自治体が規約を定め、共同して委員会、職員など を設置するもの。

・事務の委託

 自治体事務などの一部を他の自治体に委託して管理執行させるもの。

(参照総務省ホームページ)

ちなみに栃木県では2000年4月現在一部事務組合が33組合、協議会が9協議会。そして、事 務の委託は2000年7月現在15件行われている。

2市町村合併をするためには

市町村が合併するためには現在合併特例法により以下の手続きを踏まなければならない。

1、合併協議会設置請求(そこに住んでいる住民も有権者の50分の1以上の署名で請求する事が出来 る)

 一つの市町村で設置請求された場合は請求を受けた市町村長が当該市町村に対して意見紹介を行い 全ての当該市町村が議会付議しなければならない。

2、合併協議会設置請求案の議会での可決 3、合併協議会設置

4、合併協定書の調印

5、関係市町村議会で調印案に対する賛成 6、関係市町村が当該都道府県に申請 7、関係都道府県議会で申請案に対し賛成

8、関係都道府県知事の決定 9、内閣総理大臣への届出

10、官報で公示 11、合併市町村の誕生

(参照総務省ホームページ)

3中核市

 人口30万人以上、面積100平方km以上の市を対象に2001年6月現在宇都宮市や北海道旭 川市など27市が指定されている。中核市に指定されると、今までは都道府県の事務であった福祉、

衛生、まちづくりなどの分野において中核市自ら行う事が出来るようになる。それによりできる限り 住民の身近で行政を行うことができるようになり、地域行政の充実を目指している。(参照総務省ホ ームページ)

4「4市町ステップアップ研究会」

読売新聞2001年6月28日記事による

5栃木市・小山市合併協議会が行ったアンケート調査

 栃木市・小山市合併協議会実施。1999年8月。20歳以上の両市民1500人ずつ計3000 人無作為抽出。回答率37.5%(1124人)。

(13)

6佐野市、田沼町が行ったアンケート調査

 佐野市役所実施。2000年8月。20歳以上男女1000人無作為抽出。回答率40%。

 田沼町役場実施。1999年7月。20歳以上男女3000人無作為抽出。回答率41.5%。

Figure

Updating...

References

Related subjects :