小学 4 年

Download (0)

Full text

(1)

小学 4 年

国語 第 回

29

砂鉄 と じ し ゃ く の な ぞ

板倉 聖宣

さてつ

いたくらきよのぶ

砂 鉄 は

、 ど こ の 砂 に も

ず と い っ て い い ほ ど 含 ま れ て い る よ う

さてつすなかならふく

で す

。 そ れ な ら

、 ど こ の 砂 で も

、 含 ま れ て い る 砂 鉄 の 割 合 は 同 じ

すなふくさてつわりあい

で し ょ う か

。 日 本 全 国 各 地 の 海 岸 や 川 の 砂 を 集 め て き て

、 そ の な

かくちすな

か に 含 ま れ て い る 砂 鉄 の

を し ら べ た ら

、 ど の く ら い の ち が い が

ふくさてつりょう

で る で し ょ う か

。 あ な たは

、どう思

いま すか

。 砂 の 半 分 以

が 砂 鉄 だ と い う 海 辺 も あ る で し ょ う か

すないじょうさてつうみべ

わ た し は な ん と な く

「 ど

こ の 砂 だ っ て 砂 鉄 の は い っ て い る 割 合

すなさてつわりあい

は あ ま り ち が わ な い の で は な い か

」 と 思 っ て い ま し た

。 と こ ろ が

、 前 に い っ た

『 理 科 事 典

( 一

九 五 一 年

) の

「 砂

」 の と こ ろ を 見 る

じてんさてつ

「 北

海 道 の 海 岸 に は

、 磁 鉄 鉱 の

が 五

〇 パ ー セ ン ト に も 達 す

じてっこうりょうたっ

る と こ ろ が あ る

」と 書 い て あ り ま す

。日 本 全 国 に は

、そ の 他 に も 砂 鉄 てつ

が と く に た く さ ん 含 ま れ て い る と こ ろ が あ っ て

、 そ こ か ら 砂 鉄 を

ふくさてつ

と っ て

、 産

的 に 利 用 し て い る

( ま た は

、 し て い た

) と こ ろ も あ

さんぎょうてきりよう

るよ う な の で す

(2)

「 本 当 だ ろ う か

わ た し は

、 す ぐ に は 信 用 で き な い よ う な 気

しんよう

分 で い ま し た

。 と こ ろ が

、 あ る と き 北 九 州 の 小 学 校 の 先 生 を し て い る

田和伴

さ ん が

やなぎたかずとも

「 大 分 県 の 北 の は し

、中 津 市 の 海 岸 に い っ て

、磁

で た く さ ん 砂 鉄

なかつしじしゃくさてつ

を と っ て き た

」と い う 手 紙 を く れ ま し た

。そ し て

「 そ

の 海 岸 の 砂 浜

すなはま

、 砂 鉄 の た め 気 味 の 悪 い ほ ど 真 黒 だ っ た

」 と し ら せ て く れ ま し

さてつ

田 先 生 は な ん で も 夢

に な る た ち の 人 で

、 そ の こ ろ

、 わ た

やなぎたむちゅう

し と 同 じ よ う に 磁

や 砂 鉄 に

味 を も や し て い た の で す

じしゃくさてつきょうみ

そ れ か ら

、 し ば ら く た っ て

、 わ た し も 中 津 市 の 海 岸 へ 行 く 機 会

なかつしきかい

に め ぐ ま れ ま し た

。 中 津 市 は

、 大 分 県 の 北 の は し に あ り ま す

。 明 治 時 代 の 文 化 の 先

なかつしめいじせん

覚 者 と し て

、 わ た し も 日 ご ろ 尊 敬 し て い る 福 沢 諭 吉 の 出 身 地 で

かくしゃそんけいふくざわゆきち

い ま は 記 念 館 が で き て い ま す

。 目 的 の 海 岸 は

、 そ こ か ら 車 で 数 分

きねんかんもくてき

の と こ ろ で す

。 そ の 海 岸 に 打 ち よ せ る 海 水 が 真 黒 に 見 え ま し た

。 わ た し は は じ め

、 こ れ は 砂 の 中 の 真 黒 い 砂 鉄 が 波 の た め に お ど り

すなさてつ

あ が る せ い か と 思 っ た の で す が

、 そ う で は あ り ま せ ん で し た

。 真 黒 に く さ っ た 海 草 か な に か が

、 た く さ ん 海 水 の な か に ま じ っ て い た

の で す

。 さ て

、 問 題 な の は 砂 浜 で す

。 砂 浜 の 乾 い て い る と こ ろ を 歩 く と

すなはますなはまかわ

ふ つ う よ り 砂 が 黒 ず ん で 見 え ま す

。 と こ ろ が

、 波 打 ち ぎ わ ま で 来

すな

たとき

、 わ た しは そ の 砂浜 に真 黒 な と こ ろがシマ模

様 のよう

に 見

すなはまもよう

(3)

え る の を 見 つ け ま し た

こ れ は ま ち が い な く 砂 鉄 で す

。 海 の 波 が 砂 浜 に お し よ せ て

さてつすなはま

そ の 水 が ひ く と き

、 軽 い ふ つ う の 砂 は 水 と 一 緒 に 海 の 方 に 流 し 返

すないっしょ

さ れ る の に

、 重 い 砂 鉄 だ け は の こ さ れ る の で

、 一 部 分 だ け 真 黒 に

さてつ

な る の で す

。 砂 の な か に ま じ っ て い た 砂 鉄 が

、 自 然 の 力 に よ っ て

すなさてつしぜん

き れ い に よ り わ け ら れ て い る の で す

。 わ た し は し ば ら く の 間

、 そ こ

に し ゃ が み こ ん で

自 然 の

み を 眺 め て い ま し た

しぜんいとななが

そ れ か ら

、 砂 浜 の な か の 真 黒 く シ マ に 見 え る と こ ろ を 指 先 で す

すなはま

く い と っ て み ま し た が

、 そ の 厚 み は な ん と 一 セ ン チ 近 く も あ る で

あつ

は あ り ま せ ん か

。 わ た し は

め て 自 然 の

み の 素 晴 ら し さ に お

あらたしぜんいとなすば

ど ろ い て し ま い ま し た

。 わ た し は

、 そ の 部 分 を 手 の ひ ら で す く い と

っ て

、 ビ ニ ー ル

に い れ て も ち 帰 り ま し た

。 あ と で し ら べ た と

ぶくろ

こ ろ

、 そ の な か に は ふ つ う の 砂 も ま じ っ て は い ま し た が

、 五

〇 パ

すな

ーセ ン ト 以

が 砂 鉄 だ っ た の で す

いじょうさてつ

東 京 に 帰 る と

、 わ た し は 知 っ て い る 学 校 の 先 生 た ち に そ の 話 を し ま し た

。 す る と そ れ か ら ま も な く

、 神 奈 川 県 藤 沢 市 の 小 学 校 の

かながわけんふじさわし

佐 藤 建 文 先 生 が

「 学

校 の 近 く の 鎌 倉 の 海 岸 に も

、 砂 鉄 が 真 黒 に 集

さとうかまくらさてつ

ま っ て い る と こ ろ が あ る の を 見 つ け た

」 と 教 え て く れ ま し た

。 や っ ぱ り

、 東 京 の 近 く に も あ っ た の で す

。 場 所 は 稲 村 ヶ 崎 だ と い う

いなむらがさき

こ と で し た

。 そ れ で

、 わ た し は ハ イ キ ン グ の つ も り で 家 族 づ れ で い っ て み る

(4)

計 画 を た て

、 地 図 を 買 っ て し ら べ て み ま し た

。 す る と

、 そ の 地 図

( 『

鎌 倉 市 街 図

』 一 九 七 六 年

、 昭 文 社

) に は

、 稲 村 ヶ 崎 の と こ ろ に

かまくらしがいずいなむらがさき

は っ き り と

砂 鉄 採 取 場

( 正

宗 の 名 刀

)〉 と 印 刷 さ れ て い る で は

きゅうさてつさいしゅまさむねいんさつ

あ り ま せ ん か

。 稲 村 ヶ 崎 の 砂 浜 で は

、 砂 鉄 の 集 ま っ て い る と こ ろ は す ぐ に は 見

いなむらがさきすなはまさてつ

つ か り ま せ ん で し た

。 し か し

、 海 岸 ぞ い の 道 路 の 下 か ら

、〈 海 岸 に 注 い で い る 小 さ な 川

( 極 楽 寺 川

)〉 の 水 の な か を の ぞ き 見 る と

、 そ

ごくらくじ

の 底 に 黒 ぐ ろ と し た も の が 見 え ま し た

。 砂 鉄 で す

。 そ こ で 注 意 し

そこさてつ

て 見 る と

、 そ の 流 れ の 岸 に な っ て い る 砂 浜 は 黒 ぐ ろ と し て い ま し

すなはま

。 砂 鉄 は 水 に ぬ れ て い る と

、 と て も 黒 く 見 え る の で す が

、 乾 い

さてつかわ

て い る と ふ つ う の 砂 の 方 が め だ っ て

、 あ ま り 黒 く は 見 え な い の で

すな

。 そ れ で

、 見 つ け に く か っ た の で す

。 や は り 九 州 だ け で な く

、 ほ か の 海 岸 に も 砂 鉄 が た く さ ん 集 ま っ て い る と こ ろ が あ っ た の で

さてつ

。 わ た し は 満 足 で し た

まんぞく

読 者 の み な さ ん も

、 海 岸 へ 行 く こ と が あ っ た ら

、 砂 鉄 の こ と に

さてつ

も注 意し てみ てくださ

]

(5)

「 こ れ

」の さす 内容を六字

で 書きぬ

き な さ い

ないよう

「 自 然 の

」 と は

、 何 が ど う な る こ と で す か

。 (

しぜんいとな

は い る 言 葉 を 答 え な さ い

。 海の(

一 字

) の 力 に よ っ て

、 砂 鉄 が

九 字

)こ と

さてつ

B 文 章 の 内 容 と し て 正 し い も の を 選 び な さ い

ないようえら

どこ の砂 に も

ず砂 鉄が 同 じ

だ け ふ く ま れ て い る

すなかならさてつりょう

砂 の 半分以

が 砂 鉄 だ と い う 場 所 は 日 本 に は な い

すないじょうさてつ

場 所 に よ って、砂

に ふ く ま れている砂

鉄 の割 合 は ちが う。

すなさてつわりあい

問題を 解 こう

Figure

Updating...

References

Related subjects :