龍谷大学学位請求論文2014.09.18 上枝, いづみ「ガンダーラにおける仏伝図の研究」

399 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

龍谷大学 大学 院文学研 究科 学位 (課程博 士

)申

請論 文

ガ ンダー ラにお ける仏伝 図の研 究

龍 谷 大 学 大学 院 文学研 究科 東 洋 史学 専攻

L13R532(L04D015)

上枝 いづみ

(2)
(3)

目 次 序 論 … … … 。1 第一節 ガンダーラにおける仏伝図制作の重要性・・・・・・・・・・1 第二節 ガンダーラの仏伝図の配列 と場面選択・・・・・・・・・・・3

- (一

)「教化・ 神変説話表現」系統・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・・ 6 二

(二

)「 一代記的仏伝表現」系統・・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・・ ・8 第 二節 ガ ンダー ラの仏 伝 表 現 の特 質 ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・15

-

伝記的・叙事的仏伝表現 ・ ・・ ・ ・ ・ ・・ ・・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・16叙景的・叙情的表現 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 18仏蹟・ 聖蹟 を中心 とす る表現・・・ ・・ ・ ・ ・・ ・ ・・ ・ ・・ ●021 第 四節 ガ ンダー ラの仏伝 図 と仏伝 文 献 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・ ● ●026 第 五節 本 研 究 の 目的 と研 究 方 法 ・・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・・ ● ● ● ● ● ●42

第 一部

ガ ンダー ラ仏教寺院 にお ける

仏伝 図 の配列 に関す る諸 問題・・ … … … … 。

57 第一 章 主塔 円胴 部 を飾 った一代記 的仏伝表現 一 サイ ドゥ・ シ ャ リフI主塔 円胴 部 の仏伝 図浮彫 の検討――・58 は じめに 。・・・・ ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●58 第 一節 主塔 円胴 部周 囲の仏伝 図浮彫 の検討 ・・ ・・・ ●●●●●059

-

仏伝図浮彫パネルの設置状況・・ 。・・ ●●●●●●●●●●●●59仏伝図浮彫パネルの配列・・・ ・・ ●●●●●●●●●●●●●●61 第 二節 浮影 の年 代 と表 現 ・・・・・ ●●●●●●●●●●●●●●65 結 び にか えて ・ ・ ・ ・ 71 第 二 章 小 塔 円胴 部 を飾 つた一 代 記 的仏 伝 表 現 ・ ・ ・ ・ ・ ● ● ● は じめ に 。・ ・ ・ ・ ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●● ● ● ● ● ● ● ● 第 一節 小 塔 円胴 部周 囲 の仏 伝 図浮 影 の検 討 ・・ ・ ・ ・ ● ● ● ● 一 同一の小塔 を飾 つた一連の浮彫群・ ・・ ・ ・ ● ●● ● ●● ● ● ● ●78 仏伝図浮彫の配列 ・ ・・・ ・ ● ● ● ● ● ● ●● ● ●・・ ・ ・ ・ ・ 84 仏伝図浮彫の内容 ・・ ・ ・ ・ ● ● ●● ●・・ ・ ・・ ・・ ・・ ・ ・ 9o O ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 103 ・ ・ 77 ・ 。 77 ・ 。 78 一 一 〓 一 び 結

(4)

第 二部

ガ ンダー ラ仏伝 図 にお け る

誕 生場 面 の形成 に関す る諸 問題・ … … ・ … ・

117 序 章・・・・・・・・・・ ●●●●●・・・ ・・・・・・・・ ・・・

H8

第一節 ガ ンダー ラにお け る 「誕 生」 の表 現・ ・・ ・・・・・・・・118 第 二節 誕 生伝 説 の背 景 に関す る先行研 究・・・・・・・・・・ ・・125 第 二節 本研 究 にお け る 目的お よび使 用す る仏伝 文献・・・・・・・129 第 一 章 「誕 生 」 図 の諸 問題・ ・ ・ ・ ・ ● ● ● ● ●・・ ・ ・ ・ ● ● ●139 は じめ に・ ・ ・ ・ ・ ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●139 第 一節 「誕 生 」 図 、「誕 生・ 七 歩 」 図 の表 現 ・ ・ ・ ・・ ・・ ・ ・ 。140

-「

誕生」図における主要登場人物の図像的特徴 一右脇か ら生まれ る太子、母、イ ン ドラ神―・・ ・ ・・ ・・ ・・ 141 二 指笛 を吹 く男性 の図像的特徴 。・・ ・ ・ ● ●● ● ●・ ・・ ・ ・ 0145 三 細長い持物 と水瓶を持つ女性 たちの図像的特徴 。・ ・ ・・ ・ ・・ 。147 第 二節 文 献 に現 れ た 「誕 生 」 図 の 図像 的特 徴・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・ 。148

-

「自右脇生」 ・・・・・・・・・ ●●●●●●●●●●・・ ・・ 148 ニ イ ン ドラ神 とブ ラフマー神・・ ・・ ・ ●●●●●●●●●●●●●153 三 指笛 を吹 く男性・ ・ ・・ ・・ ・ ・ ・ ・ ● ● ● ● ● ● ●● ● ●・ ・156 四 細長い持物 と水瓶 を持つ女性 ・ ・・ ・・ ・ ・・ ・ ・ ●● ● ● ●・ 158 結 び 。・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 160 第 二 章 「灌 水 」 図 の諸 問題・ ・ ・ ・ ・ ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●・ ・ ・167 は じめ に 。・ ・ ・・ ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●167 第 一節 「灌 水 」 図 の表 現・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・ ● ● ● ● ●・ ・・ ・ 168

-

主要登場人物の図像的特徴 とその構成 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・170 二 侍立す る男性像・ ・ ・・ ・ ● ● ●● ●・ ・・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・・ ・173 三 太子 を支 える女性像・ ・・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ● ● ● ● ●174 四 ガンダー ラにお ける龍王灌水図 ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・176 五 ガ ンダー ラにおける灌水者 の特徴―他 地域 との比較一 。・・・・・ 179 第 二節 文 献 にみ る 「灌 水 」 図 の 図像 的特徴・ ・ ・ ・ ・ ● ● ● ● ●・ 182 結 び・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・・ ・ ・・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ● ● ● ● ●190 結 語・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ● ● ● ● ●・ ・ ・ ・・ ・・ ・ ・ ・ ● ● ●0198

(5)

第 二 部

ガ ンダー ラ仏伝 図 にお け る

競 試 武 芸 図形 成 に 関す る諸 問題・ … … … ・・

205 序 章 ガ ンダー ラの競 試 武 芸 図 とそ の背 景・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ 。206 は じめ に 。・ ・ ・ ・ ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●0206 第 一節 ガ ンダー ラの競 試 武 芸 図概 観 ・・・・ ・・・・・・・ ・・・ 210 第 二節 文 献 に あ らわれ た競 試 武 芸 図 の 図像 的特 徴 。・ ・・ ・ ・ ・ ・ 217

-

仏伝の伝 える太子時代の競試武芸 ・ ・ ・ ・・ ・・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ 217ク リシュナ神話 と仏伝 の競試武芸説話の類似・・ ・ ・・・ ・ ・・ ・231 結 び にか えて ・・ ・・ ・・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・ ・ 236 第 一 章 レス リング図 の諸 問題 ・ ・・・・・・・ ・・・・・・ ・・ 。242 は じめ に 。・ ・ ・・ ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●242 第 一節 「 レス リン グ」 の説 話 概 観 ・・ ・・・・・・ ・・・・・ ・ 。244 第 二節 「レス リン グ」図の表 現――競 技者 の図像 の二つ の タイ プー 。247 第 二節 ス ワー ト地方 出上 の作 例・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・・ 248

-

第一 タイプの競技者 と「敗者の男性像」 ・・・・・・・・・・ ・・ 248 二 初期漢訳 文献にみ られ る 「レス リング」 と 水 を注がれ る敗者の男性の記述 ・・・・・ ・・・・・・・・・・ 254 三 ス ワー トにおける第ニタイプの作例・・・・ ・・・・・ ・・ ・・・ 257 第 四節 デ ィール 地 方 出 上 の作 例・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・・ 258 第 五節 ガ ンダー ラ盆 地 出上 の 「レス リン グ」 図像・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・261

-

第一 タイプの 「レス リング」図像 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ● ● ●0261 二 第ニ タイプの 「レス リング」図像 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・ 。263 結 び・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 。266 第 二 章 「榔 象 」 図 の諸 問題 ・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ 275 は じめ に・ ・ ・ ・ ・ ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●o275 第 一節 「椰 象 」 図 と仏伝 表 現 系 統・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・ 。276 第 二節 ガ ンダー ラの 「椰 象 」 図 の表 現・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 277

-

三通 りの構図 と主要な図像 ・ ・・ ・ ・ ● ● ●● ●● ● ●● ● ●●277城 門に塞が る象の表現・ ・ ・・ ・ ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●284城壁の表現 ・・・・ ・・ ・・・・・・・ ・・・・・・・・ ・・・ 285競試武 芸図にお ける 「榔象」の位置・・・・・・・・・ ・・・・ 。287 第 二節 文 献 資料 に記 され た 「榔 象 」 図 の 図像 的特 徴・ ・ ・ ・・ ・ 。291

-

「榔象」を記す文献資料・・・・ ・・・ ・・・・・・・・・・・・291 二 仏伝 文献にみ る 「榔象」の時系列・・ ・・・ ・・・・・・・・・ 。292

(6)

三 城 門に塞がる象 ・・・・・ ●● ●●●・・・・・ ・・・・ ・・・ 294 四 登場人物の姿勢・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 299 五 城壁 の記述 と登場人物の移動 ・ ・・ ・・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ 。303 第 四節 『 大唐 西域 記 』 の伝 え る 「瑯 象 」説 話 と象 坑・ ・ ・・ ・ ・ 。304 結 び ・・ ・ ・・・ ・ ・・ ・・・ ・ ・・・ ・・ ・ ・・・ ・ ・・ ・ ・・ 。306 結 語 。・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・ ● ● ● ● ●・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・

論 。… … … ・

引用 。参考文 献・・・・・・・・・・・・・・ ・・・ ・・・・・ ・・・333 図版 一 覧・・・ ・ ・・ ・・・・・・・・・・・ ・・・ ・・・・・・ ・・345 付 録 ・・ 353 ・ 地図①・・・・・・・・・・・・・・ ●●●●●●●●●●・・・ 。354 ・地図②・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 。355 。地図③・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ●●●●356 ・付表 :誕 生に関連する仏教文献の記述一覧・・・・・ ●●●●●●●357 ・作例一覧 作例一覧①・・・・・・・・・・・・・・ ●●●●●・・・・・ ●362 作例一覧②・・・・・・・・・・・・・・ ●●●●●・・・・・ 0366 作例一覧③・・・・・・・・・ ●●●●●・・・・・ ●●●●●0368 作例一覧④・・・・・・・・・・・・・・ ●●●●●・・・・・ 0377 作例一覧⑤・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・377 作例一覧⑥・・・・・・・・・ ●●●●●・・・・・・・・・・ 。382 作例一覧⑦・・・・・・・・・ ●●●●●・・・・・・・・・・・386 313 319

(7)

資料 略号 DN. Ⅳ歓●メ年3vols,用 NIN. 拗 層商 "Ⅳり 3voL,riゝ

Vh

レうれッ暉 “ 洲商に4vols,ris Ja 磁 6vols,恥 S■ S滅曖″11蔵らrlヽ

Bc JontoL Elgm H 1984物助 ″ し ηtt α/“φ ″

&幽

陸 Dem:

BhaP Sh壺

J.L,こ

1983-■

″″■Deh:Mttlalbmlstts

HV V江

a Past―

,こ1貿91971動¢肋

"所

山 fレ咤 ル 励Й α 刷塑 ど “ ι″わル ル勧 励 れ PoOm:助狐 回 厳

0愉

d Res―

hh輛

Lv

外薗幸-1994『ラリタヴィスタラの研究』大東出版社 本文校訂

Mv

動 血 ,こ 1882ク ルレaも餞 3Юb Lヽ 回 版 名著普及会 1977 TTll) SBV GnOlt Ranた に,41977ル Gむf滋物 ロ ツ グ ル … 2vos Romc: ¨

T

大正新脩大蔵経

Bc

アシュヴァゴーシャ (A,電h寧 馬鳴 )撲述 『ブッダチャリタ』(B塑勧 “″滋:仏の行状)

Lv

『 ラリタヴィスタラ』(ルカゅ … 遊戯の展開) い、 『マハーヴァストゥ』

(…

″:大事) 『簡 』 扁 『異側 『綱 『作彗ク加』 随 劃 『鋼 r方嘲 『絣 』 『修行本側 (後潔 竺大力・康孟詳訳) 『太子¨ (鼎支謙訳) 『異出琢 (西晋/署道真訳) 贈喝制 価 欧 竺離 調 :サンガラクシャ ー 僧伽罹刹、衆議

)撰

述 『帥 剌 (欄帥 鰤 ) 随 去現倒コ尉 到 (劉朱球那助略購訳) 『″ヽ本イテ弊説堅』 嘲 障屈夕垢尺) 『方広大脚 0曽地婆訂羅訳) 『衆許摩訂側 (1開法賢訳)

(8)

作例一覧表、図版、表内の略字

′‐晰 鮨 略

んAⅣ

t SF As面

AIt M嘘輌of助l FralE‐SanFm七鴫USA AM,Oxfold: Ashtmolcan Mttulll,m LIK

Allahabad M: Al回は 劇 Museurn,Al励山4 1ndね

BM B面 轟Museurn,LondorL UK

CSNIVS,MulnMi ChM‐ Sh市可i Mttntt VaSttl ttgttdγ へMImbal(旧 Pnncc ofWales

OfWestem indO,Indね

Chndセ血 M: Govc― ent Mllsculn and AIt Galけ,Chandmchandむ耐L Indね

Chlcago: ¬にAIth雨面にofCh骸BQ Chcago.USA Clcveland M: h CICvcland Mttuln of工 ClevelmこUSA

ColurnЫa M¨ 釧m ofAItand Archaeobs,Unlvcrs″ ofMka爵cOlulnbれColullab● USA

Dlr M: DI Musculn,CMd颯 ¨ Gumd: M¨

Guh軋PttS Frallce

Havad M: AnurM蹴 klcr Museuln,鵬醐 Un市ぃ ●Alt MILSeurns,Cm蹴q

USA

Indian M: Indian Mttuln,Kok颯 Ko囀 Indね

師 hi MI Natlonal Muscum ofPaktt ω hi PakiStan LACMへ LA: l os Angclcs Com,Musellln ofArL Los Angcに U鉄

M:

M輛

,LhOre,Pantan Luckntt M: Statc Mu∝ uln,Lucknow,L∝ knon,Indla

MAK Bcrlh: M“Culn ttAsttsche KШ軋BeruCemany

MMA,NIY:

■F MCmpolim MIIsculn ofA屯 Ncw YⅢ USA

NAOR: MuseoN面

融 d'/mにOnentalc,Roma

Mttura M:

加 haeolむd MILqcum,M山崚

M山

嗅 hdね

IIM,DehI Nttonal Mttm,New DchLNtt Dehl,Indね Pama MI Pama M“劇m,動血a.India

Peshanar uAM: Pcshanar Un゛、 ″Archo聰kal Ⅳl聰cu嘔鰤 wェPよ晟m m、 va M: Pes朦 なMuseurn,断wェPak面

ROM,Tomnto: Royal(htto M¨,ToЮnQ Cana

Suat M: Archaeob」 cal MllSelm,Swat MduShd Pakも 価 Ttth M: 加 haeologlcal MtteuQ Taxila Paklsm

(9)

出典 略 字 M¨ ………・ シルクロー ド学研究センター 編 1997『シルクロー ド学研究3 イム伝美術の伝 播と変容―シルクロー ドに沿つて=』 シルクロー ド学研究センター、 リス ト 緩 乳 ガンダーラ科研……・ 平成20年藤 平成 24年

A硼

やお 宮治 昭)『ガンダーラ美術の資料集成とそ¨ 鴎 栗田………・ 栗田功21X13『ガンダーラ美術I 仏伝 (改訂増櫛 』 二軋 肥塚・……… 肥塚隆1979『美術にみる和馘ν罰嘲 刊叱札 古代オリエント1985¨ 円辺勝美編 1985『ガンダーラの貴婦人とイロ曲

J古

代オリエン ト博物館 古代オリエント1992・・ タオ・ コミュニケーションズ 編 、堀暁 執筆 1992『ゴータマ・プッダ の生 涯』古代オリエン け劇刻葛 タレリ・……… 水野清―・樋 口隆康 編 1978『タレリ ガンダーラ仏教寺院址の発掘報告 1963‐1朔ι 同朋亀 田辺2X13………。 田辺勝美 監修21X13『平山郁夫コレクション ブッダの生涯とガンダーラをめ ぐる人々』 力車県立歴史博物的 ま力、 田辺η "・ ・…………。 田辺勝美編節 "『ガンダーラ佛教美術 平山コレクション』 織 東博1996・・…………・ 蜘 立麟 企画監修1996『シルクロー ド大美術劇 展覧剣]風 奈良博1988…………・ 奈良国立博物館 編 1988『シルクロー ド大文明展 シルクロー ド・仏教美術伝 来の道』奈良国立甑 奈良博20Xl…………・ 奈良国立博物館 lnfl仏教美術協会編節∞『お釈迦さま調 イ″炭富樹盤銘 樋日1984………・ 樋口隆康 監修1984Fパキスタン・ガンダーラ鋼 属駆購

J

叫 平山節 "………・ 平山郁夫シルクロー ド美術館編節"『ガンダーラー仏像のふるさと=』 勇喜郁 夫シルクロー 匡き相塩 ブッダ展…………・・・ 東武美術館他編 1998『ブッダ展:大いなる旅路』 Щ 根津・……… 根津美術館学芸部編2XXl『ガンダーラの彫像美術Чム・菩薩像と浮彫仏伝図=』 … 毎日新聞社1961・……

RAカ

ーン他 監修 1961レヾキスタン古代美術』 毎日新聞

L

前田ηυ………・ 前田たつひこ 監修2X12『アフガニスタン文化財復興支援 アフガニスタン 悠久嘲 松岡………・ 松岡美術館編 1994 は 代凍祥彫刻』 松岡範 松戸1997………・ 松戸市立博物館 編1997『シルクロー ドとガンダーラ :開館5周 ― llN 松戸市立臨 宮治1996・……… 宮潤昭1996『ガンダーラ 仏の不圃 講談社 大和文華館・………… 大和文華館 編1985『ガンダーラの彫刻―東洋の古典的人間像の源流¬』大和 文軌 ラニガ ト………・ 口│1幸治 編1994『ラニガ ト:19831992ガンダーライ月関鬱加絲蟹編昭瓢 京 ¨ 気 龍谷・¨・・……… 龍谷 ミュージアム編211H囲噂 と親薦■ インドから日本狐 』 臨 龍谷2011(13)……… 龍谷轟 ミュージアム 編 20H『釈尊と親鸞 嘲 1∼3期 出品悧 …

(10)

龍谷節H146N・ ……・ 龍谷大罰指谷ミュージアム 編 節H『釈尊と親鸞 釈尊編第ケ%期出剛 嫁 魏

ASM: 魚 縁 ob酢」Sm7 0flndla"― h dlC Indla OfFlce∞llemons h he ttish LL町 , httm Mus―&輛魂SmlNunber

勲 ¨ : 翡 呻 Hans_oph 1975′V“

“"`賑 吻 ル

G″捌犠ra″ ヵ姥 レlαα″ ″″ Иみ″ ル′躊のけ ″L“崚凛RmF:IsMEO

Akha Akhェ Nasem 21Xll物ルんSa″C“″解 瞼 R■,Mlmm

BNer&W珈 &電∝ Evm and Ph‖lp Wnght 1941動商 螂 レい 。 婢 た プ レ 滋 溶 レル 0ぉ″7″″o 9ら40m磁 昭 ル々歿 お ゞ織 ′¨ 化が ガS"9げ I繊。Nαα,New Dehi節並mttd

Sぃ7 ofindla B― dL … Ktt A 21X4″′3″滋 虚 励 ″ “物にグじ ad場曖 レ組m:【bttm:Bn‖

詢 噂 、 1978 B哩 鰯 ,Jarles 1978ル G物 滋 ″ &″ 瘤 O Delli Ga油 aM: Gn面 ヽM“ 1974陸 ル4れ

'2″““グ ″″

oル薇降″ ,欧m晦 :TheBOn OfTNes

ofdle PmceofWales Musetm ofWemm hdla

Q狐れ P: G触 れ P―Od 1970■″ "Й 滋 刻り 励 グ ル伝 ′ ",bttL AmenM Inmare Of ltt Stldles Coom192& C¨ 徊 "Amda K前 ふ 1928 Nctt sttr h Sctphr b畑Jq鳴 Ⅲ Tmls BcReleS du Gtthm麟に な ′お な む ' C21ma C21ma.飾 lsh J 1985 κ漆施 "島咋勒`h墜 o力物 レ リ:戯,OhO

Danl Dani,Ahmad H¨m186869-FcrandGan― ArL′ ″た

"R猛讀″4

Dar Ett Sallllr nhmm 19997421XXI The S面 ∝uいr、PIOlego―∞ α呵 だ0軋blt¨ Coll“M ofG耐論m m hdle m Musalln S′たR物グ′″

`潔 り )194

De S]、●Vu∝ DeSllla Vu∝ A岨 1955%ι′9亀ルB囮りαR動的た

"′κ滋 助峰 Lmm:PnaldOn

FTcenna■2 F凛 卸t碗耐 脈,1962&夕な ジ 勧 滋 勒 力 ω グB幽腸 ′β ″ ″ ん 臨 ω ,V01

2お

:ISNIEO

FTcenna■ ■ Fど覇 嘔 嚇 lC0 1964■■ 飲 ジ "ル &“′′翅 びB″瀞 a′0に ″ ん は の ,V01 113,Rme:Isヽ ∞

Facma21Xll: Ftt Domcnt・ ●21Xll〃 Fragro i蓼

“ :Dttο 勁 ″ ル た,ル :N″力″ 励 &滋力磁 1,勧″ 墨 ヽ、疏 :LMEO F∝蹴 F∝ L漸 置 190551ι ′イ ♂″0械滋 “ 滋 ⑫ 物 に 3vols¨ deほった 儀率洒 “

d'E絢尚肛く獅ent%Pttζ :E嚇

Gandhara L協如 嶋 ChSuan"cd208 6‐凸%潮′勲 ″ 府H赫呼 び′油 動 喀

″ 臨 ルイ笏 ″ れ

漏 λぃお。Malnz VagPhn■ vm zabm

H」 はた: 叫 Madeleme 1968 Gの磁σ “

′″ グ 'V"力

′渤 α α″ ル G… 2″h"Й I直 2おれ α″C嗣 ′sれNow Y泳:HN A―

H畿 & =日 QJ枷いCand ttvT甲 偽 は,87′滋 “

′″″ル ′力 湖 ω ηい 、飲 誡

Tcぃ驚 仕 Ashola Muselm

Ц ⅢL IngloL uld 1957 C― ′″″ね 億″ ヽN"Ytt Pandleon Books

Joshi&肺耐 Jon,Nllabul瞳軌 曲 m and R C Sha1969 Cα 曰解 グ Gα磁 ″α動 物 “

(11)

Stae Ivfu s an, Luchrtw, lttcgwl

K

&yi

Kaetd<y, Pmicia Eidrcnbaun.l992. np Lfe of tlc BuMa: Arciert fui4wal md Pidcial

Trcditiots,

L

thfrn,Md : Univasity Pres of Ameica

Khan:

Khtr! Shalr Naa. 1995. Prcliminary repqt of excavaics d Majanai Katr.l, Svt - hriett

PqkisaX:l-14

Khal

M.:

I(h4 Makin 1997. Arclwological Munu

kidt

S@

S'ed.,4 Gd&, Said Slrtrif tudrmlogi:al Musam Saifu Shtrif, Swa.

Khan,

MA.:

Kha\ Muhanmad Ashraf 1993. Gcttdlwa &ulpwq in the fuat Musettn, l.ztse: fu(ta print€$.

Khaf

N{.B.:

I(lal Muharnmad Batudr. 1994. Gqdh<t'a St<tc htlfioes in ftsila Museun k}rcre: The

Pianeers hblistrcrs.

Khanl99:

Khe! Mul'anmad Ashraf & Muhanmad Bahada'l<}eul'.lc99. A G'ui& S\ed lvtuseun,Peslwtar.

Deprunat ofAdrmlo$r & MuserunE Govsnment of fhkifiL

LIItf:

Fcndai:n pour le texicon lconographicun Mltlologia Clzssie-l l-1999. Lqiant

lqrugrqhiqn i4tMogie C/arsicae 8voh Zrich: Aternis.

Lippe:

Lifpe, nsOMin. I C70 . Tlc Freq bdior hlpdo.es, Washingtm: Smihsnim InstiMim

to

Muzio:

to Muzio, Cio. 1989. Classficazime degli Stwn€nti Musir:li RafEgu-*i nell'Arte Cradhtoica

Riv i*a @l i Sudi Gienoli 58:, 257 2M.

Maslult

Mashall, John.l%0. llte Bu&hist Art of Godhoa Cantridge: Rrblished for the Dept of

Adneolog/ in PakisE, d the University Rrss.

Ndtru:

Ndrrq tolib-1989. Oigits of tlc Godhwot Sqle: A Study ol Conriknry lflluqta. Dehi:

Nerv York: Oxfcrd Univmity Rrss.

Primoo:

PairnrneRdatl9n. Li[e of Budda in ]ndictt&ulfiie,Mw Delhi: D. K Printwald

attrrtat:

@nr, Mian Sail 2004. A k€limirwy Rqort m 0r Excavdin of a Bddhi$ Site d Nar"gai

TdEil Btrfto( Swd. Ei4s ed We* 5+14.

Ralrnarl90:

Rahmar, Amat ur. 1990. Bukara m: keliminily Reporr ln Sad, Asia

ArMog

1987,vo12" ed Maurizio Taddel 693-706. Rans lsMEO.

SchneiE

Sdrneitrr, Bervrice Creoftoy2ml. Godhoa;

|lc

Mm<ry of Afdretija New ycdc

Assouline.

Spiehnam:

Spiehnarq Heinz ed 2003. Kw& ot

b

&ibtfiak. Faeinotim BuMa Harrio,xg: Hqe

Canv.Ye,j€&

Stoye:

Stoye, Mdina 2008. The Life ofthe Buddha in Gardha.ar Art ln Gcndwr.lg3-l%. Mainz

Verlag Philip von Zbern

Tissd

rissot, Frutcine.l98s. Gotdtbq kt rie pr\iqe d Fivee &u l'fub oriaue,Ze serie, pris: J.

Maiscrmve.

ZwaE

ZwaE Wladimirlg6. A Cddogte of c Godwa htltwe in tlE bitish Musewr,2voh,

(12)
(13)

序 論 第 一 節 ガ ン ダ ー ラ に お け る 仏 伝 図 制 作 の 重 要 性 紀元一世紀か ら二世紀 にかけて、古代イ ン ド西北部 に位置す るガンダ ー ラ地方では、片岩 に刻む浮彫彫刻 として、釈迦の生涯の場面を表 した いわゆる仏伝図が数多 く制作 され、寺院内の様 々な箇所に取 り付 けられ た。 出土 した浮彫 の遺例総数 も極めて多量で、 この地方で仏伝図が愛好 され た状況が うかが える。 この時代のガンダー ラにおける仏伝図の愛好 は、仏像、菩薩像 な どが生み出だ されたガンダー ラ美術全体か らみて も 大 きな特徴 となっている。 周知 の よ うに、それ までの時代 において も、既 に紀元前一世紀 ごろか ら中イ ン ドでは仏伝 図の制作は行われていた。 しか しなが ら、この時代 のガンダー ラにおいて、は じめて百を超す仏伝の場面が知 られ るよ うに な り、そのなかには当地で新たに創作 された場面 も数多い。 この時代のガ ンダー ラにおいて仏伝 図の主題が飛躍的に増加 した背景 には、仏伝 図に釈迦 の姿を人間像 (仏像)と して表す よ うになつた こ と が関連す るであろ う。ただ し、ガンダーラの仏伝図では、後述す るよ う に時代的に前後す るイ ン ド内部の叙景的な表現 とは異なつた、釈迦の生 涯 を年代 に沿つて時系列で示す叙事的表現が展開 してお り、当地方の独 自性 として特筆 され る。 この叙事 的 な仏伝 表現は、仏塔 (ス トゥーパ:smpa)の 円筒形 の胴 部周 囲の帯状 区画 において、一つ一つの場面を水平方向に連続的に巡 るかた ちで取 り付 け られた仏伝 図、なかでも、 「燃燈仏授記」や 「託胎霊夢」 には じま り、 「出城」に至る釈迦太子時代の場面を詳細に描 き、続いて 二、三の教化場面を描いた後はす ぐに 「涅槃」のエ ピソー ドヘ と進む、

(14)

釈迦の一代記的構成 を とる表現系統 において とりわけ顕著 になる。 この よ うな釈迦の太子時代 をも詳細 に追 ってい く叙事的 。伝記的表現は、実 は、同時代 のマ トゥラーや南イ ン ドの各遺跡 の作例 に も、その後のイ ン ド内部 の作例 に も珍 しい。一代記的構成 を とる仏伝表現 はガンダー ラで 発達 し、そ して、ガ ンダー ラで成立 した釈迦の太子時代 を含む多様 な主 題 が、やがて中央アジアや 中国、 日本 に も伝播 している。 これ らの点を鑑みれば、ガ ンダー ラにおいて仏伝 図が愛好 された背景、 なかで も釈迦の生涯 について、 「誕生」か ら 「涅槃」まで逐一事蹟 を追 つて一代記的に表す とい う表現傾 向が成立す る背景について考察を行 う ことは、仏伝の伝播 と変容 を考える上でも、また、この時代のガンダー ラにお ける仏教の信仰形態 を知 る上で も非常に重要である。 しか しなが ら、当地方に独 自に展開 した この一代記的仏伝表現 について特化 した先 行研究はみ られ ない。 さて、 この よ うなガンダー ラの仏伝 図制作の様相 については、二つの 側面か ら考 えることができる。一つは、個 々の仏伝 図浮彫 は当初 どの よ うなま とま りを もつて全体 を構成 していたのか、 といった組み合わせや ま とま りの問題 であ り、二つには、それぞれ の仏伝場面が どの よ うな表 現 をみせ てい るのか とい う表現上の特質の問題 である1。 これ らの問題 は仏伝 図の制作側の問題 、つま り、石工たちは古代イ ン ドや ギ リシア、 ローマ、イラン美術の伝統 をどのよ うに継承、発展 させたか とい う問題 や、教団内お よび信者層での仏伝 に関わる思想の伝承形態 、文献の成立 に関連 している。 そ こで本研 究では、ガ ンダー ラにお ける仏伝図制作 とその背後 にある !宮治昭 [1994]2010,187

(15)

仏教信仰 を探 るために、第一部 として、ガンダー ラにお ける仏伝 図の寺 院内にお ける全体の配列状況 を とりあげ、 とりわけ仏塔周囲に取 り付 け られた仏伝 図に着 目して考察 を行 う。 そ して、第二部、第二部では、ガ ンダー ラ独 自の表現がみ られ る釈迦の 「誕生」図や太子時代の競試武芸 図の成 立に関 して、個 々の主題 の表現上の特質か ら考察す る。 序論 ではそのは じめ として、ガンダー ラの仏伝図の全体の配列や場面 選択 についての諸特徴 、お よび、ガンダー ラで成立 した仏伝図の表現系 統の特質 について、時代的 に相前後す る各地の仏伝 図 と比較 しなが ら概 観す る。そ して、 これ まで仏伝図の主題考察に用い られ てきた文献群 と 仏伝 図 との関連性 を考察す る。最後 に本研究における研究 目的 と方法 を 述べてお きたい。 第 二 節 ガ ン ダ ー ラ の 仏 伝 図 の 配 列 と 場 面 選 択 ガ ンダー ラの仏教寺院遺跡はその初期か ら盗掘に さらされ、考古学的 発掘が不十分のまま、寺院 を荘厳 した浮彫作例の多 くが当初の配置 を離 れ て断片の状態 で世界各国に分散 している。 このため、仏伝図の当初の 配列状況 を知 ることは非常に難 しい。 ただ し、発掘成果や現存す る浮彫 の形状な どか ら、 〔図1〕 にみ るよ うに、ガ ンダー ラにおいて仏伝 図の 大半の ものは、寺院内で中心 となる主塔 (大塔:MJn stupa,G“江Stipa)、 そ して 主塔 の周 囲 に次 々 と建 立 され た小塔 (奉献塔、奉献小塔SmJI smpa, Vot市e Stipa)2の それぞれの方形基壇 〔図lB〕 、円筒形 の胴部 (以降は円胴 2加藤・矢谷・増井2009aが指摘す るように、ガンダーラの仏教寺院における仏塔 に関 して、従来の研究では様 々な呼称が混在 している。つま り「①規模 を表現す

る場合、大規模 なものは「大塔great stupa」 、小規模なものは「4ヽ塔small stupa」 、

(16)

部と呼ぶ

)〔

図lD〕 、破 風形 装飾 〔図lG〕 、覆鉢 上部 の平頭 の四側 面 〔図lJ〕 に設置 され ていた とみ られ る。 さらには、仏立像 の台座や 、階 段蹴込 といつた建築装飾 に表 された例が知 られ る。 この うち、仏塔 の破 風形 装飾や 平頭 に は四大事 (誕生・成道・初転法 輸・涅槃

)な

どの主要 な仏伝 主題 が組 み合 わ され る傾 向にある。 これ に 対 して、仏塔 円胴部 の周囲 を続 っては、おそ らく仏塔周囲を右 回 りに回 る右続の流れ に沿 つて連続 した仏伝場面 を表 した浮彫石板 を配列 してい た。 この よ うな設置状況は徐 々に明 らか となってきているものの、周囲 の浮彫装飾 も完存 した状態で出土 した仏塔は皆無に近 く、未だ仏伝図配 置の全体像 については不明である。 このために、

Aフ

ー シェ『 ギ リシア 風ガンダー ラ仏教美術』 (A FoucheL ι'α″′grισο―bο″″″ “′ルGα″″`″ α,3vds,

Pa‖s、 1905‐51 Pa●sI E Leroux)に は じまる、文献比較 を通 じた主題比定 と、

各主題 の図像学的考察がガ ンダー ラ仏伝図研究の主流 となつてきた。 しか しなが ら、近年は既知の博物館資料や十九世紀初期か ら行 われ て いた発掘 当時の記録、写真 を用いて同一遺跡の同一遺構か ら出土 した と 思われ る作例群 を集 め、仏伝 図浮彫の当初 の配置状況 を再現す る研究 も

stupa」 に対 し、主従 関係 を表現す る「従属す る仏塔subJ山 stupa」 、③ 設置場 所 に

よる場 合 は、祠 堂 内 に設 け られ た もの を「グ リハ ス トゥー パgHha stupa」 、④ 仏 塔

の性格 に よる場合 は、 寄進 、奉 献 され た とい う「vo■ ve stupι donated stupa」 等 」(引

用 :加 藤・ 矢谷・ 増井2009a,注 10)と い う状 況 で あ る。 た だ 、 これ まで は 中心 と な る意 味 での 主塔 に対 し、周 囲 の小塔 を信 者 た ちの「寄進 」に よ る奉 献塔 、奉 献 小 塔 な ど と呼ぶ組 み合 わせ が多 い と思 われ る。 た だ 、最 近Gシ ョーペ ンは、仏 塔 周 囲 の 小 塔 群 は そ の 寺 院 に属 した 比 丘 た ち の 墓 塔 で あ つ た とい う見 方 を提 示 し (Schopen[1994]2005)、 主塔 周 辺 の小塔 群 は信 者 た ちの寄進 に よ る とい う旧来 の考 え方 に再 考 を迫 る もの で あ る。 この よ うな状 況 に鑑 み 、本研 究 で は以 降 、 寺 院 の 中心 とな る塔 を「主塔 」、周 囲 にみ られ る小塔 群 につ いて は奉 献塔 とい う呼称 を用 いず 、単 に「小塔Jと 呼 んでお く。 なお総 称 と して使 宜 上「仏塔 」を用 い る。

(17)

進 んでい る3。 また、仏伝 図を表 した浮彫 余部に刻 まれたカ ロー シュテ ィー文字がその配列順序 を示す場合があることも示 された4。 近年 の この よ うなガンダー ラの仏教遺跡 の当初の様相の再考や、仏伝 図の当初の設置状況の再現 に関す る研 究のなかでは、宮治 [1994]2010 お よび、Bchrendt 2005の 研 究が注 目に値す る。 これ らの研究によ り、ガ ンダー ラの小塔円胴部に連続的に配置 されていた仏伝図の構成には (一) 釈迦の求道の説話、お よび成道後の様 々な教化活動や布施 にまつわ る説 話 に主眼 をお く説話表現 と、 (二

)釈

迦伝 の前 半部 (特に幼年・青年期の 説話が重視される)と 涅槃 の場面の前後 を合わせて釈迦の一代記 を表す伝 記的な仏伝表現 とい う二系統が存在す ることが指摘 された点は重要であ る。宮治は、 日本国内に所蔵 され る同一小塔 に属す る一連の作例群 を中 心に、K.ベー レン トは、発掘報告お よび初期の発掘記録写真 をもとに、 当初の配置状況に置 き直す ことのできる作例 を とりあげて考察を行つた 結果、両者 ともに、ガンダー ラにお ける仏伝 図の配列 にみ られ る二系統 を指摘 してい る。 当地 にお ける仏伝図の制作状況を考える上で、 この二 系統の手がか りは有用である。 本研 究では以降、 このガ ンダー ラにおける二つの仏伝表現系統につい て、 (―

)を

「教化・神変説話表現」系統、 (二

)を

「一代記的仏伝表

サ ー リー・ バ ロール (sahrl bahlol)遺跡 につ い て はFテ ィ ッ ソが (Tissot1985;同 1990;同 1994)、 ジ ャマ ール・ ガ リー (Jamal―garhl)遺 跡 につ い て は

Eエ

リン ト

ンが (Errington 1 990)、 シ ク リ (Sikri)に つ い て は

SRダ

ール が (Dar1999/2000)

それ ぞれ 再検討 を行 つて い る。 藤 原 達也 はい わ ゆ るシ ク リ・ ス トゥーパ 仏伝 図 と して知 られ る一群 の仏伝 図石板 の 当初 の配 列 につ い て再考 した。 そ の 上 で こ れ らの石 板 が釈 迦 の生涯 を物 語 る 目的 で使 用 され てい なか った と指 摘 し、 一般

的 な仏伝 図 とい う呼称 に も疑義 を呈 して い る (藤原2007)。

(18)

現 」 系 統 と呼 ぶ こ と とす る。「一 代 記 的 仏 伝 表 現 」系 統 とい う用 語 の使 用 につ い て は後 述 す る。 一

(一 )「

教 化 。神 変 説 話 表 現 」 系 統 まず、 (一

)の

「教化・神変説話表現」系統について とりあげよ う。 この表現系統 が具体的 に観 察で きる作例 として、 シク リ (skH)出土、 現在 ラホール博物館所蔵の、いわゆるシク リ・ ス トゥーパ仏伝 図 として 知 られ る十二石板 〔図3〕 が挙 げ られ る。 二世紀か ら三世紀 の制作 とみ られ、同一遺構 に属す る一連 の仏伝 図が揃 う点で貴重である。 しか し最 近 、保存修復の過程 で当初 の配列 と異なって復元 された状態 にあつた こ とが明 らかに され た5。 さらに、 この浮彫群が設置 され ていた祠堂 〔 2, Rl〕 か らは仏塔 の覆鉢 、平頭 、傘蓋 を示す石材 片 が見つか らなかった ことか ら、仏塔 円胴部の装飾 と考 えられ て復元 され、シク リ・ ス トゥー パ仏伝図 と呼ばれてきたこの石板群は、聖遺物を祀つた祠堂内の円筒形 構造物 の周 囲に取 り付 け られ た もの とい う指摘が な され てい る6。 ただ し、 これ らの各浮彫の場面比定については、1903年にフー シェによつて な された ものが現在 も受 け入れ られている (Foucher:903)。 なお最近、藤原達也は、シク リ・ ス トゥーパに関す る研 究の進展や先 述 のベー レン トの復元的考察をふまえて、 これ らシク リ・ ス トゥーパ仏 伝 図の再構成 を行 つた (藤原2007)。 その見解 に従 つて シク リ・ ス トゥ ーパ仏伝図の主題 と配列 を概観すれば以下のよ うである 〔図3〕 。 北側 に出入 口が開 く祠堂内に安置 された、円筒形構造物の周囲を巡 つて嵌 め 込まれ た十三枚 の石板は、北か ら入 つて右 回 りに、① 「ヤ クシャの帰仏」 Dar1999/2000;庫 晨原2007 藤原2007,97‐100

(19)

〔図3a〕 、② 「四天王奉鉢」、③ 噸 猥奉蜜」、④「アームラパー リーの 寄進」、⑤「樹下観耕」〔図3b〕 、⑥「カー リカ龍王の讃歎」、⑦「兜率天上 の菩薩 (も しくは弥勒菩薩)」 、③「草刈人の布施」 〔図3c〕 、⑨「比丘に囲 まれ た釈迦」 〔図3d〕 、⑩「二十三天での説法」 〔図3e〕 、⑪ 「梵天勧 請」、⑫ 「帝釈窟説法」 〔図30、 ⑬ 「燃燈仏授記」の順に連続的に配 列 されていた とみ られる。藤原は、これ らの構成について、二つのまと ま りの相互関係 を想定 している。すなわち、北から東にかけての①∼④ の場面は何れ も布施・寄進の場面、次に東か ら南にかけての⑤∼③の場 面は釈迦の菩薩時代の説話場面、西から北東にかけての⑩∼⑫の場面は 仏法の開示、教団成立のまとま りである。そ して最後の⑬「燃燈仏授記」 図によって、①∼④の布施の場面 と、⑩∼⑫の仏法の開示が連結 され る とい う。布施の徳を説 く①∼④の場面から順に巡覧を始めて⑬に至れば、 釈迦 も前世において燃燈仏に布施を行つたことが効果的に語 りかけられ るとい う。 さらに、この二つのまとま りは、一つ 目の①∼④の布施、寄 進の場面は 「寄進者」 (優婆塞・優婆夷)、 二つ 目の⑤∼③の場面は菩薩 道 を実践す る「僧」(個々の比丘)、 三つ 目の⑩∼⑫の場面を「法」(仏寺) とい う仏寺運営にかかわる三者を関連 させる意図があつたとい う。その 解釈にはなお検討を要するとしても、おそ らくこうした仏伝図のまとま りと配列はこの祠堂の建立意図と関わるもので、単純に釈迦の生涯を辿 る目的をもつてなされたものではないとい う指摘は示唆に富む。右回 り に周囲を巡つた として、その配列は時系列に沿つたものではなく、布施、 釈迦の神変、教化場面を特定の意図を持つて連続的に配列 していること が明らかである。 このような傾向は、ベー レン トによつて一基の仏塔周囲を飾った一連 の石板群 とみなされた作例にもみることができる。ベー レン トはナ トゥ

(20)

上 部僧 院 の十 九世 紀 発 掘 時 の記 録 写真 か ら、一連 の浮彫 群 と して十 石 板 を想 定 した7。 この想 定 は記 録 写 真 に基 づ い た もの で 、 そ の 当初 の 配 列 は未だ明 らかではないが8、

_連

のものとして、①「誕生」、②「四天王奉 鉢」、③「初転法輪」、④「三法輪礼拝」、⑤「禰猥奉蜜」、⑥「アームラパー リーの寄進」、⑦「不明 :仏 説法図」、③「梵天勧請」、⑨「不明 :仏 説法 図」、⑩「兜率天上の菩薩 (も しくは弥勒菩薩)」 の場面が認められ る。二つ の不明場面があるが、教化場面に関連することは明白で、以上の十石板 の場面選択は、先述のシク リ・ ス トゥーパの例 と共通性が うかがえる。 おそ らくこの十石板が取 り付け られた仏塔 (も しくは構造物)円胴部でも、 釈迦の生涯を時系列にあらわす とい う意図でなく、別の 目的のもと布施、 釈迦の教化場面を連ねて配列 していた とみることができる。 二

(二 )「

一 代 記 的 仏 伝 表 現 」 系 統 第一の仏伝表現系統「教化・神変説話表現」に対 し、第二の系統である 「一代記的仏伝表現」系統は、釈迦の生涯を年代順に伝記的に表現 しよう とする意図が明確に うかがえる。現存する最 も古い作例は、ガンダーラ 北部スワー ト地方のサイ ドゥ・ シャ リフI遺跡主塔の円胴部周囲を飾つ たもので、全部で六十五枚 もの浮彫石板で構成 されていた とみ られ る。 7 Behrendt2005,388,flgs 4a― 萄 8こ の うち三点の作例 については現在の所蔵先で確認す ることができるものの、 他 の七点 につ いては現在 の所蔵先 も不明である。 まず 、本文 で、⑧「梵天勧請」 (Ingho■1957,■g73)、 ⑨「不明 :仏 説法図」(Ingho■1957,■g190)と した二例は、 Ingho■1957の記録 によ リラホール博物館蔵 と思われ る (Bchrendt2005,391)。 この 二例の他 に、① 「誕生」図浮彫 については、現在チャンデ ィガル博物館 に所蔵 さ れ てい るのが確認 できる (Bhattacharyya2002,■ g307)。 ただ し、

DCバ

ッタチ ャ ールヤによる本作例解説 では、ナ トゥ下部僧院出土 とされている。

(21)

主塔の 円胴部周 囲で、右続 の流れ に沿 つて 「託胎霊夢」か らは じま り、 太子時代の宮廷生活、 「出城」前後の求道場面、 「涅槃」の前後が釈迦 の生涯の年代に沿つて展開 していた とみ られ る。発掘者 のD。ファ ッチェ ンナは主塔の造営年代 を一世紀第二四半世紀 (25-50年)と みて、円胴部 周 囲の仏伝 図浮彫の制作年代は一世紀 中葉 とい う早期の もの とみな して い る。浮彫制作年代 については一世紀後半 とみ る見方9も あるが、 こ う した「一代記的仏伝表現」が早 くか ら行われていたことは注 目に値す る。 そ こで、サイ ドゥ・ シャ リフI主塔 円胴部周 囲の仏伝 図については第一 部第一章において詳述す ることにす る。 しか し、「一代記的仏伝表現」は、ガンダー ラでは主塔の周囲よ りも、 小塔 の方形基壇 、円胴部 において行われた よ うである。方形基壇の例 と

しては ロー リヤー ン・ タンガイ (Lo‖yan Tang猜

)遺

跡 出土、現 コルカタ・

イ ン ド博物館蔵 の小塔 〔図4〕 が挙げ られ る。 これ をみ ると、方形基壇 の四方にそれぞれ2場 面ずつの仏伝場面を表 してお り、向かつて右 か ら 左 に、順 に、①「託胎霊夢」 〔図4a〕 、②「占夢」、③「誕生」、④「灌水 (?) 10」 、⑤「帰城」 〔図4b〕 、⑥「占相」 〔図4c〕 、⑦「出城」 〔図4d〕 、③「御 者 と愛馬 との別離」 〔図4e〕 とい う8つの場面が確認できる。 小塔方形基壇 とい う限 られた区画であ りなが ら、誕生か ら求道までの 釈迦伝 の前半部が、伝記的 に配置 され ているのがわかる。 小塔 円胴部 においては、 さらに多 くの区画数 を用いて釈迦の生涯が仔 細 に物語 られ ている。小塔 円胴部周 囲を飾 つた一連 の作例 として、本研 究では、十例 ほ どのひ とま とま りの浮彫群 を推定 している。 この十浮彫 群 に もそれぞれ場面選択 な どに ヴァ リエー シ ョンはみ られ るが、いずれ 9 宮 治2011,25;Behrendt2004,102‐ 103 10欠 損 の た め詳 細 不 明 、推 定 の もの。

(22)

も数多い場面を用いて、釈迦の生涯を伝記的に表す傾向が共通 している。 この うち出土地等の詳細は不明であるものの、場面数が最 も多 く残 る 奈良国立博物館蔵の一連の作例11は貴重である。 これ をみると、やは り 向かつて右か ら左へ、① 「城門」、② 「燃燈仏授記」、③ 「託胎霊夢」、 ④ 「占夢」、⑤ 「誕生」、⑥ 「灌水」、⑦ 「輿の化作」、⑧ 「太子の帰 城」 、⑨ 「帰城」、⑩ 「帰城の歓迎 (楽隊)」 、⑪ 「帰城の歓迎 (壺を 執る王族)」 、⑫ 「カ ピラヴァス トゥの城 門」、⑬ 「占相」、⑭ 「愛馬 の同時誕生」、⑮ 「御者の同時誕生」、⑩ 「饗応の準備」、⑭ 「バラモ ンヘの饗応」、⑬ 「通学」、⑩ 「勉学」、⑩ 「弓技1」 、⑪ 「弓技2」 、 ② 「デー ヴァダッタの撲象」、④ 「ナンダの牽象」、② 「太子の榔象」、 ⑮ 「出城」、④ 「御者 と愛馬 との別離」、② 「衣服交換」、④ 「草刈人 の布施」、④ 「梵天勧請」、⑩ 「涅槃」、⑪ 「茶毘」、⑫ 「舎利人分」、 ① 「舎利の運搬」、⑭ 「起塔供養」 とい う実に34の場面数を用いて、釈 迦の生涯を実に詳 しく伝記的に表現 している 〔付録 :作 例一覧②〕。 これ ら仏塔円胴部の作例をみると、いずれ も「燃燈仏授記」あるいは 「託胎霊夢」にはじまり、釈迦の悟 りとも直接結びつかない太子時代の 競試武芸などの場面を詳細に描き、続いて釈迦の発心に至るまでを丁寧 に追った後は、二、三の教化場面を挿入 しす ぐに 「涅槃」のエ ピソー ド ヘ と進んでいることがわかる。 「誕生」から「涅槃」までを年代に沿つ て伝記的に描 く、まさに釈迦の一代記の構成 といえる。 しか し、宮治の指摘12するように、ここで注意 されねばな らないのは、 これ ら (二)「一代記的仏伝表現」を構成 している場面は、 (一

)「

教 化・神変説話表現」系統 と対照的に、釈迦の前半生 と涅槃の周辺で構成 本研究第一部第二章図la_dおよび第二部第二章図1参照。 1]キヨ [1994]2010,190 10

(23)

され 、成道後の釈迦の様 々な教化、或いは布施の場面がほ とん ど表 され ていない ことである。釈迦の生涯の中心的出来事 となるはずの教化・説 法の場面が 「一代記的仏伝表現」系統 では省略 されているのはなぜであ ろ うか。 この問題 に対 して、宮治はまず、後述す る 「一代記的仏伝表現」の構 成 と、いわゆる仏伝文献の構成 との共通性 を挙げている。すなわち、ほ とん どの仏伝文献は長 くて も 「帰郷説法」までで終わつてお り、その後 は成立の古い涅槃経類が伝 わっていた。「一代記的仏伝表現」とはその両 者 の内容 を結びつけた もの とす る13。 また、宮治 は最近 、ガンダー ラにおける仏伝の編年傾向 とい う観点か らも 「一代記的仏伝表現」系統の配列 について言及 を行 つている。そ も そ も仏伝 とは律典 (戒律文献

)の

なかで様 々な説話 として伝承 されてき たために、特 に成道以降は具体的に年代的に辿 ることは難 しく、そのた め伝記的に配列す る意図か らは不向きとな り除外 された可能性 を指摘す る。 さらに、既 にみた よ うに、教化や神変、布施の場面は別個のま とま りとして表現す る系統が存在す ることか ら、ガンダーラにおける仏伝表 現では、 (一

)「

教化・神変説話表現」 と (二

)「

一代記的仏伝表現」 とが補完的な関係 にあつて機能 した とい う可能性 も述べている・ 。 ただ し、先 に も述べた よ うに、 この二つの表現系統の配列は、全 く異 な る 目的 を持 つた ものであることが、両者の表現上の特質か らもうかが える。 (―

)の

「教化 。神変説話表現」はおそ らく布施や釈迦の教化の 13 宮 ツ台 [1994]2010,1905-6 ・ 宮 治2013,458-459 なお藤原 は、 この二 系統 につ い て 「両系統 の図像 を持 つ寺 が多 いが 、

1つ

の建 物 を飾 るの は前者 後者 どち らか の 系統 で 、決 して両方 ではな い」 (引用 :藤 原2007,9312-13)と い うが 、そ の根 拠 は述べ られ てい ない。

(24)

場面を効果的に組み合わせ 、布施や法の功徳 を強調す る意図をもつて構 成 され てい るのである。 (―

)の

「教化・神変説話表現」系統での各主 題 の表現 をみ ると、 (二

)の

「一代記的仏伝表現」 と共通す る主題 の他 は、中央 に釈迦坐像 を、左右 に礼拝者 を配 して、左右対称性 のある釈迦 礼拝図 といい うる表現 をみせ ている。 一方、後述す るよ うに (二

)の

「一代記的仏伝表現」は、物語性 に富 む表現 をみせ 、登場人物の動作に も動 きがあ り、釈迦の生涯 にお ける事 蹟 を現実的、合理的に表そ うとす る意図が うかがえる。 この両者 の意図 が異な ることは補完関係 を考 える上で も留意 してお くべ き問題 と考える。 なお、ベー レン トは、 (二

)の

「一代記的仏伝表現」系統は釈迦の伝 記の強調、 (一

)の

「教化・神変説話表現」系統は、画面中央における 釈迦の如来 としての図像の強調であると述べて、正面性 の強い釈迦坐像 で概ね構成す る (―

)の

系統は、ガンダー ラの制作後期にス トゥッコで 行われ るよ うになつた、仏・ 菩薩像 を連続 させ る仏塔 円胴部の装飾 につ なが るもの と考 えてい る15。 しか し、 (一

)の

「教化・神変説話表現」 系統で選択 され てい る主題 は、それ までのイ ン ド古代初期美術 に も既 に 表れていた主題 を継承 した もの も多い。 この点、 (一

)の

系統 の年代が 必ず しも (二

)の

「一代記的仏伝表現」に比べて後代のもの とはいえな い。 さらに、 この両者 の系統 の関連性や役割 を考察す るにあたつては、ガ ンダー ラにおいて 「教化・神変説話表現」をま とめる動 きは、仏塔 円胴 部周囲に限 らず行 われていた ことに も考慮す る必要がある。例 えば、長 方形 の石板 に、五段 ほ どの区画 を分か つて釈迦成道後 の「教化・神 変説 話」を上下に連続 させ る仏伝 図の作例 〔図5〕 も少 なか らずみつかつてい r5 Behrendt2O05, 391 う 4

(25)

る。 〔図5〕 に とりあげた石板 に表 された5場面については仏伝 の どの説 話 を表 してい るのか不明な ものが多いが、上か ら「帝釈窟説法」、成道後 の釈迦 と礼拝者 を示す説話不詳の二場面、そ して「酔象調伏」、「アーム ラパー リーの寄進」とみな され る場面が連続 している。 これ らをみ ると、 釈迦の生涯 を物語 ろ うとす る 目的ではな く、や は り布施や、釈迦の神変 についてなん らかの意図で組み合わせたもの と考えられ る。 このよ うな 仏塔 円胴部以外 の作例の検討 もふ まえなが ら、 この二系統 の関連性や寺 院内での役割 については、 さらに考察 を加 えてい く必要があるだ ろ う。 ただ し、「一代記的仏伝表現」については、現存す る作例の形状か らみて、 仏塔 円胴部周囲においてのみ行 われ ていた もの と思 われ る。 そ こで、ガ ンダー ラの仏伝 図の全体の配列や場面選択を考える うえで も、ガ ンダー ラの制作以前の中イ ン ドの仏伝 図の主題 とガンダー ラの仏 伝 主題 を比較 してみ ることに しよ う。 イ ン ド古代初期美術 (シュンガ朝およびサータヴァーハナ朝時代初期

)の

代 表 的な遺跡 であ る、 中イ ン ドのバール フ ッ ト (Bharhut:紀元前一世紀)、 ボー ドガヤー精舎 (Bodhgayユ :紀元前一世紀末)、 サー ンチー (sanci:紀元 前一世紀∼一世紀

)で

は、釈迦 の存在 は聖樹や仏足石 、法輸 な どで象徴的 に表す 「釈迦 の不表現」力`とられ なが らも、かな りの数の仏伝図が制作 され ている“。 す なわちこれ らの三遺跡 の作例か ら、「託胎霊夢」、 「出城」、 「降魔 成道 」、「草刈 人 の布施」、 「梵天勧請 (?)17」 、 「ムチ リンダ龍 王の

6イ

ン ド古代初 期 の仏伝 図 の作例 主題 につ い ては 、宮 治編 1997,100-104の 作例 リ ス ト、お よび井 ノ ロ・ 宇 野1979;肥塚 1979,H3‐ 147で 挙 げ られ た主題 を参 照 した。 17前一 世紀 の制作 であ るバール フ ッ ト欄楯隅柱方形 区画の一つ に 「梵天勧 請」 を

(26)

護 仏」 、 「四天王奉鉢 」 、 「三迦葉帰仏 」、 嘱 猥 奉蜜」、 「帝釈窟説 法」、 「三道宝階降下」、 「エー ラパ トナ龍王の礼仏」、 「プ ラセーナ ジ ッ ト王への説法」、 「帰郷説法」、 「阿閣世王の礼仏」、 「舎利 の争 奪」、 「舎利 人分」 とい う仏伝場面が造形化 され ていることがわか る。 なお、サー ンチーでは釈迦の四大事 (誕生・成道・初転法輸・涅槃

)を

象徴 的に表 した可能性 が指摘 されてい る。しか し具体的な表現ではな く、イ ン ド古代初期美術には「誕生」や「涅槃」の説話表現は認 められない。 これ に対 して、第一節 冒頭で も述べた よ うに、ガ ンダー ラでは仏伝 図 の主題 が飛躍的に増加 し、新たな場面が創始 されている18。 す なわち、 「占夢」、 「誕生」、 「灌水」、 「輿の化作」、 「太子の帰城」、 「帰 城」、 「帰城 の歓迎」、 「占相」、 「愛馬 の同時誕生」、 「御者 の同時 誕生」、 「饗応 の準備」、 「バ ラモ ンヘの饗応」な どの誕生前後の事細 かい場面には じま り、 「通学」、 「勉学」、 「弓技」や 「榔象」な どの 太子時代 の競試武 芸 の場面 、 「婚約 」 、 「出家 の決意」 、 「出城 」、 「御者 と愛馬 との別離」な どの太子時代の求道の場面、成道前後の場面 や教化活動について も、新たに 「衣服交換」、 「施土供養」、 「酔象調 伏」、 「アパ ラー ラ龍王調伏」な どの説話がみ られ 、そ して涅槃周辺 で は、横 たわる釈迦 を生々 しく表 した死の場面 としての 「涅槃」図、その 後の 「茶毘」の様子が新たに造形化 されている。 この よ うに比較す る と、 (―

)の

「教化・神変説話表現」系統で選択 表 した 可 能 性 を指 摘 され る浮 彫 が あ る (Coomaraswamy1956,■gs 36,10&宮治 編 1997,H-04‐01)。 しか し現 在 は 主題 比 定 に つ い て解 釈 が 分 かれ 、 この 作 例 をみ て も、 ガ ン ダー ラの 図像 との 関連 性 は認 め られ な い。 18ガ ン ダー ラの 仏伝 図 の 主題 お よび 作 例 一 覧 につ い て も、宮 治編1997,135-208を 参 照。 14

(27)

され ている主題 は、新たな教化や布施 の場面 も増 えているが、やは りそ れ までのイ ン ド古代初期 において も表 され ていた主題お よび、その表現 伝統 を汲んだ もの も多い ことがわか る。 この一方 で、 さらに注 目しうるのは、ガンダー ラで創始 された主題 は、 主に (二

)の

「一代記的仏伝表現」系統に関連 しているといえる点であ る。すなわち、 「誕生」前後や、太子時代の競試武芸や結婚の場面、求 道 に関わる場面は、主に 「一代記的仏伝表現」系統 に関わるもの として 当地で具体的な説話表現 を もつて創始 されているのである。つま り、こ の 「一代記的仏伝表現」 こそ、当地における仏伝図の際だつた特徴であ り、独 自の仏伝表現 の展開 として位置づけることができる。それは年代 に沿つて、釈迦の生涯 を物語 ることに主眼をおいた表現 とも相侯 つて、 仏伝 の伝播 と変容の観 点か らみて も大 きな転換点 として重要な意味をも つ。 そ こで次節 では、 この仏伝表現の特質について概観 しておきたい。 第 二 節 ガ ン ダ ー ラ の 仏 伝 表 現 の 特 質 宮治は、ガンダー ラを含むイン ドの仏伝美術について、その説話表 現の様相 を理解す る上で次の よ うな二つの類型 を提示 している (宮治 [1994] 2010) 。

(1)ガ

ンダー ラに顕著にみ られ る伝記 を主眼 とす る叙事的仏伝表現

(2)サ

ー ンチーや南イ ン ドのアマ ラー ヴァテ ィーの浮彫彫刻にみ られ、 ア ジャンター (村anta)石窟 寺院壁 画 に典型 的 とな る叙景性 。叙 情性 に富んだ仏伝表現

(3)サ

ー ンチ ー に そ の萌 芽 が窺 われ 、 ク シ ャー ン朝 マ トゥラー

(28)

(Mathu餞

)や

、 グプ タ朝サールナー ト (samah)の 浮彫彫刻 に顕著 とな り、パー ラ朝 において継承発展 され る、仏蹟 を軸 に展開す る 仏伝表現 この二つの類型はそれぞれ相互に関連す る部分 もあ り、混合す る場合 もあるが、イ ン ド仏伝美術の展開を明 らかにす る上で役立つ。本節 では、 宮治に よって提示 された二類型 の事例や諸特徴 をふまえて、ガンダー ラ の仏伝 図の表現上の特質について、 「一代記的仏伝表現」の成立を重視 して、ガンダー ラ以前のイ ン ド古代初期美術 をは じめ、上述のイ ン ド各 地 の仏伝表現の傾 向 と比較 してお きたい。 そ して、ガ ンダー ラの「一代 記的仏伝表現」が伝播・ 展開 した仏伝 図について も確認 してお く。 一 伝 記 的 ・ 叙 事 的 仏 伝 表 現 まず 、伝記的・叙事的仏伝表現 として先行研究で指摘 されている表現 傾 向を整理 しよ う。先行研究で注 目を集 めるのは、ガンダー ラでは仏塔 の周囲に仏伝 図を表 した石板 を連続 させ、仏伝場面が右か ら左へ と水平 方 向に順 に展開す る傾 向である19。 それぞれの場面は 〔 図3〕 や 〔図4〕 にみ られ るよ うな付 け柱 な どの建築モテ ィー フ、あるいは柱礎 上に立つ プ ッ トな どで区切 られて、一 区画につ き一場面が順番 に配 され る。 この よ うな構成 に よ り、仏伝 は説話の連続 として、一前ずつ読 めるよ うに展 開 している。 宮治は先 に挙げた ロー リヤー ン・ タンガイ出上の小塔方形基壇 の仏伝 図 〔図4〕 を例 に挙げ、ガ ンダー ラの説話表現の特徴 を次の よ うに端的

t'

Taddei Ugg3) 2003,376-378 16

(29)

に述べ る。 〔図4a〕 に示 した 「託胎霊夢」の場面では、宮殿 をかた どる 梯形破風型 の建築モテ ィー フを表 し、その内に横 臥す る釈迦の生母マー ヤー、上方 に円盤形 のなかに象を表出す る構図がみ とめられ る。 「マー ヤーが夢に象が右脇 よ り入 るのをみて受胎 した」出来事を明確 に表そ う とい う表現 と言 える。象は右脇 よ り入ったので、マーヤーは左脇 を下に 横 たわってお り、寝台の背後の ランプが夜 を示 している。夢に象 をみた ので、現実 とは区別 され る夢の聖なる表象 として円盤 内に象が示 されて い る20。 この表現では話の筋 を明示す ることに力点が置かれてお り、仏 伝 の出来事 を現実的、合理的に表そ うとす る点に特徴がある。 このよ う にガ ンダー ラでは、仏伝の内容が判然 とわかるように簡明で、叙事的 と いえる特徴が顕著である。 「ガンダー ラの説話表現においては、話の筋 に直接 関係 しない人物・ 動物・ 自然な どの背景の描写は極力抑 えられ る」 とい う。 この よ うにガ ンダー ラの仏伝図の表現系統は、「伝記的・叙事的」であ ると指摘 され ている。 ただ し、本研究では以下の点 を重視 しておきたい。 先 に触れた よ うに、ガ ンダー ラにおいて も、 (一

)の

「教化・神変説話 表現」では、左右対称性 のある釈迦礼拝図が主 となってお り、仏伝 の連 続性 、つま り時系列 に も関連性 がな く、それぞれ独立性 が高い。す なわ ち、仏伝 を場面の連続 として捉 え、仏伝の出来事 を現実的合理的に表そ 20非 現 実 の存 在 が 円盤 内 に示 され る とい う表 現 形 式 につ い て は 、宮 治 [1988] 2010,224-225も 参 照。 宮治 は、イ ン ド古代初期美術 に属す るバ ール フ ッ トの作例 で はマー ヤ ー に向 か つて降 下す る象 がそ の ま ま表 され るの に対 し、 ガ ンダー ラで は象 が 円盤 内 に表 され て い る点 につ いて 、 ローマ 皇帝 美術 や キ リス ト教美 術 に見 られ る、実際 に は不在 で あ りなが ら精神 的 にそ の場 に存在 を喚起 す るイマ ゴ・ ク リペ アー タの表 現 工夫 との類 似性 を指 摘 し、 ガ ン ダー ラにお い て も円盤 内 の表象 が非現 実的 な存在 で あ る可能性 を述 べ る。

(30)

うとす る伝 記 的・ 叙 事 的表 現 の傾 向 とは 、 (二

)の

系 統 に最 も顕 著 で あ る とい え る。 そ して 、 イ ン ドの仏 伝 図 の展 開 をみ る と、伝 記 的 ろ少 な く、対 照 的 に 、宮 治 の指 摘 す る叙 景 的表 現 、 中心 とす る表 現 が 主 流 とい え る。 「一代記 的仏伝 表 現 」 ・叙事的表現はむ し お よび仏蹟・ 聖蹟 を 二 叙 景 的 ・ 叙 情 的 表 現 サー タ ヴァーハナ朝 下で制作 され た 中イ ン ドのサー ンチー (紀元前一 世紀∼一世紀

)や

南イ ン ドのアマ ラー ヴァテ ィーの浮彫 (二世紀∼三世紀前 半

)で

は、話 の起 こった舞台や環境 の描写に熱心で、場面の雰囲気 を描 出す る傾 向が著 しく、 自然景 を構 図の全面に据 える傾 向にある。画面に は説話 の筋には直接 関連 しない人物や動物 も数多 く登場す る。 この よ う な叙景的・ 叙情的な仏伝表現 は西イ ン ドのアジャンター石窟壁画 (五∼ 六世紀

)に

受 け継 がれ てゆ くと考え られている21。 ここでは、叙景的・叙情的な仏伝表現についてガ ンダー ラの伝記的表 現傾 向 と比較 しうる作例 を示 してお きたい。 まず、サー ンチー第一塔南 門第二横 梁背面に表 され た 「舎利 の争奪」図 〔図6〕 を と りあげてみ よ う。 この場面に塔門横梁 とい う横長の帯状 区画を用いなが ら、ガンダー ラのよ うに出来事の時系列 に沿つて単一場面を水平に連続 させ るのでは な く、出来事の舞台を中心に情景がま とめ られてい る。すなわち、区画 の中央 に城壁のある都城が示 され 〔図6a〕 、その左右 に象軍や馬軍が大 挙 して押 し寄せ る様子が表 され ている。都城 上端の建物 内では舎利 とそ の左右 に四人ずつ計人人が認 められ、 この場面が「舎利人分」であること 冽 官治 [1994]2010,192-202 18

(31)

を示 してお り、軍勢 は舎利 を求めて一触即発の様子を表 している。宮治 の指摘す るよ うに、都城のあ り様は城壁 。城 門・望楼な どの建築構造が 念入 りに表 され 、戦間の様子 として も城壁 をよじ登 る者、城門に押 し入 ろ うとす る者 、また城壁 の中では石 を落 とそ うとす る者な どが生 き生き と描写 され ることで、ここでは、戦闘の様子 を細部 にわたって描出す る ことが重視 され、「舎利の争奪」、「舎利人分」、「舎利の運搬」といつた説 話 の筋 はその情景に組み込 まれ てい るといえる。 叙景的 。叙情的な表現はアマ ラー ヴァテ ィーの仏伝美術 に顕著 となる。 アマ ラー ヴァテ ィーの作例についても、ガンダーラとの比較のために、 横長 の帯状 区画 に表現 され た仏伝 図をみてお きたい。 〔図7〕 は コルカ タ 。イ ン ド博物館蔵 の作例 である。 この作例では左か ら右 に「兜率天上 の菩薩」、「白象降下」、「託胎霊夢」とい う連続 した場面を表 した もの と 考 え られ る。 この うち中央の「白象降下」は神 々や小人形ヤ クシャが象 を 載せ た輿 を運ぶ様子 を表 した場面であ り、ガ ンダー ラにはみ られず、ま た文献 に も少ない主題 である。喜ぶ神 々とヤクシャたちの様 々な容態を 重ねて配置 し、釈迦誕生前の奇瑞 を伝 えてい る。 この作例では、ガンダ ー ラのよ うに仏伝の事蹟を時系列に沿つて水平に配列 し、建築モティー フで各場面が区切 られている点で一見す ると伝記的 とも受 け取れ るが、 建築モテ ィー フは宮殿の城壁 として表 されているために観者の視点は内 部 を俯厳 した もの とな り、区画中に人物や 自然 を重ね ることで空間的な 広が りが認 め られ る。右端の「託胎霊夢」の場面をみて も、寝台は俯厳 し た視点で表現 されている。 さらに取 り囲む人々もまた、ガンダー ラには み られ ない描写である。 四天王が四方で見守 り、寝台の手前には眠 りこ ける女性たち、背後に払子 をもつて見守 る女性 たちが確認 され る。宮治 は、 この よ うな女性 たちが描かれ る意味について、奇瑞 に気づかず に眠

(32)

りこける侍女たち と、逆に心配げにマーヤー を見遣 る侍女たちを配置 し 対照を際立たせ ることで、奇跡的なあ り様、奇瑞 を描 出 した とみて、ガ ンダー ラの仏伝表現 とは異な り、副次的な人物 も効果的に用いてその場 の雰囲気 を描写す る表現であると指摘す る22。 さて、 この よ うな叙景的・ 叙情的な仏伝表現は、西イ ン ドのア ジャン ター石窟後期壁画 に も認 め られ る。 アジャンター石窟では各窟 に優れた 説話図が残 るが、本研 究で も以降、ガンダー ラの仏伝図の表現 との比較 で触れ る次の二窟 は、釈迦 の生涯 を一連のエ ピソー ドとして描 く傾 向が 認 め られ る点で重要 な石窟 と考 える。 まず、釈迦の 「誕生」前後の場面 を描 く第2窟 左 廊壁 画 (六世紀前半

)が

あ る。 そ して 、第16窟右廊壁 画 (五世紀

)〔

図8〕 では、側壁全体 とい う大画面に 「誕生」前後の場面の みな らず、その後の官廷生活や求道、成道後の場面のい くつかを描 き、 この意味ではガンダー ラの仏伝 図 と共通す るといえる。 ここでは、第16 窟右廊壁画 を例 に とり、釈迦の太子時代の場面 を中心に、その表現 をみ てお きたい。第16窟壁画は劣化 と剥落が激 しく観察が容易でないが、D. シュ リングロフによつて、入 リロ周辺上部 の 「兜率天上の書薩」 〔図8‐ 1〕 か らは じま り、画面上部 に「誕生」 〔図8-6〕 や「七歩」 〔図8-7,図8-8〕 といつた誕生の場面、それか ら画面下部では入 り口近 くか ら後廊側 にか けて、太子時代 の競試武芸 〔図8‐18,図8‐19〕 や「宮廷生活」 〔図8‐17〕 や 「四門出遊」 〔図8‐21〕 、そ して後廊側上部 では出城 後の菩薩時代の説話 〔図8‐26∼31〕 が描 かれ てい ることが明 らか となった23。 仏伝 をあ る程 度 ま とめて描いてい るが、その描 き方 はやは り、仏伝の起 こつた舞台や 環境 を軸 にま とめなが ら、出来事をそのなかに組み込む表現法が採 られ モ]力争 [1994]2010,199 Schlingloff1 988,1-48,Chap,2 22     23 20

(33)

ている。画面右上に「兜率天上の菩薩」や「託胎霊夢」、「占相」な ど誕生以 前 の奇瑞 をま とめ、そのまま右 に視点 を移動 させて「ル ンビニー園へ」と い う移動の場面に移 り、画面上端 中央にル ンビニーでの「誕生」の奇瑞 を 表す まではある程度、出来事 に沿つているともいえる。 しか しなが ら、 ル ン ビニーでの出来事が画面上端 中央である程度連続す ると、その後の 場面は画面右へ と戻 つて展開 し、カ ピラヴァス トゥでの誕生後の事蹟 と 太子時代の逸話がま とめ られている。そ して、ルン ビニーでの釈迦誕生 の奇瑞が画面上方中央にま とめられているのに対 して、カ ピラヴァス ト ゥで釈迦誕生 と同時 に御者 と愛馬 が誕生 した とい う説話 については、画 面右下に表す 〔図8-H〕 ことか らも、時間の軸 よ りも、ル ンビニーでの 場面、王宮での場面 とい う環境 ごとに出来事 をま とめる傾 向を指摘でき る。 さらに、諸場面の間にはアマ ラー ヴァテ ィーの例にみたよ うな城壁 によつて区切 られ ることが多いが、やは り俯腋す るよ うに描かれ、その 下には副次的な人物 を登場 させ 、その視線 によつて画面 を追 う指示的な 働 き もみ られ る。太子 をその傍 らで見守 る王官の人 々の艶やかな姿や 様 々な動作は話 に関連せず とも生 き生 き と描かれ、 自然描写 も多い。 こ の よ うに、アジャンター石窟では、大画面を用いてある程度まとまった 仏伝 の流れ をみ ることがで きるが、その表現は、叙景的・叙情的表現が 発展 した もの とみ ることができる。イ ン ド内部では、例 え大画面であつ て も、横梁や横長の水平の区画があろ うとも叙景的・ 叙情的表現が愛好 され てい る。 三 仏 蹟 。聖 蹟 を 中 心 とす る 表 現 このように、イン ド内部では舞台や環境、場所 ごとに表現する仏伝表 現傾向が認められるが、宮治は、聖地を軸に仏伝全体をまとめる第二の

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :