全文

(1)

九州大学学術情報リポジトリ

Kyushu University Institutional Repository

歯冠補綴材料による対合エナメル質の摩耗に関する 研究 : 表面性状と接触状態の違いによる評価

橘, 慶州

http://hdl.handle.net/2324/1654783

出版情報:Kyushu University, 2015, 博士(歯学), 課程博士 バージョン:

権利関係:Public access to the fulltext file is restricted for unavoidable reason (3)

(2)

(様式3)

氏 名 :橘 慶州

論 文 名 :歯冠補綴材料による対合エナメル質の摩耗に関する研究

:表面性状と接触状態の違いによる評価

区 分 :甲

論 文 内 容 の 要 旨

近 年 急 速 に オ ー ル セ ラ ミ ッ ク 修 復 が 普 及 す る 中 , 非 常 に 硬 度 の 高 い 高 強 度 セ ラ ミ ッ ク ス が 直 接 対 合 歯 質 と 接 す る 機 会 が 増 え , 対 合 歯 質 の 摩 耗 が 懸 念 さ れ て い る . ま た , 研 磨 が 不 十 分 な 場 合 の 対 合 歯 質 の 摩 耗 も 検 討 す べ き 事 項 で あ る . 一 方 , 咀 嚼 を は じ め と す る 様 々 な 下 顎 運 動 に よ っ て , 歯 の 様 々 な 接 触 部 位 は , 衝 突 滑 走 , 滑 走 , 衝 突 な ど の 異 な る 状 況 に さ ら さ れ る 場 合 が あ る . そ こ で 本 研 究 で は , 研 磨 状 態 と , 削 合 調 整 後 研 磨 を し て い な い 粗 い 表 面 性 状 を 模 し た 研 削 状 態 の 2種 類 の 表 面 性 状 を 作 製 し , 衝 突 滑 走 運 動 ( 実 験 1), 滑 走 運 動 ( 実 験 2) 衝 突 運 動 ( 実 験 3), の 3つ の 異 な る 接 触 状 態 で の 咀 嚼 シ ミ ュ レ ー タ ー に よ る 摩 耗 試 験 を 行 っ た . す な わ ち , 各 材 料 の 表 面 性 状 と 接 触 状 態 の 違 い に よ る 対 合 エ ナ メ ル 質 の 摩 耗 量 を 評 価 す る こ と を 目 的 と し た .

す べ て の 実 験 に お い て , 咀 嚼 シ ミ ュ レ ー タ ー 上 部 に は , ヒ ト 抜 去 大 臼 歯 の 非 機 能 咬 頭 エ ナ メ ル 質 を 取 り 付 け , 下 部 に は 各 種 被 験 材 料 , す な わ ち 歯 冠 修 復 材 料 の ゴ ー ル ド ス タ ン ダ ー ド と さ れ る タ イ プ 3金 合 金 (Au),オ ー ル セ ラ ミ ッ ク 修 復 材 料 で あ る 二 珪 酸 リ チ ウ ム ガ ラ ス セ ラ ミ ッ ク ス (LD)お よ び 高 透 光 性 ジ ル コ ニ ア (Zr)と , コ ン ト ロ ー ル に エ ナ メ ル 質 を 取 り 付 け た . 被 験 試 料 は そ れ ぞ れ に 研 磨 群 (各 n=8)と 研 削 群 (各 n=8)を 作 製 し た . 試 験 前 後 の 被 験 試 料 の 表 面 粗 さ お よ び 試 験 後 の 対 合 歯 の 摩 耗 量 を レ ー ザ ー 顕 微 鏡 に て 計 測 し , 解 析 を 行 っ た .

実 験 1 : 衝 突 滑 走 運 動 に よ る 咀 嚼 を 想 定 し , 垂 直 圧 49N, 垂 直 方 向 2mm, 水 平 方 向 1mm, 周 波 数 2Hz,30万 サ イ ク ル の 条 件 で シ ミ ュ レ ー シ ョ ン 試 験 を 行 っ た .そ の 結 果 ,Au,LDは 研 磨 す る こ と で エ ナ メ ル 質 よ り も 小 さ な 表 面 粗 さ を 得 ら れ た が , 摩 耗 試 験 に よ り 表 面 性 状 が 粗 く な っ た . ま た LDで は , 研 磨 群 と 研 削 群 で 対 合 歯 摩 耗 量 に 差 が な く , 対 合 エ ナ メ ル 質 の 摩 耗 量 は , 表 面 粗 さ に よ る 影 響 が 少 な い 可 能 性 が 示 唆 さ れ た . 一 方 , Zrは 研 磨 す る こ と で , エ ナ メ ル 質 よ り も 小 さ な 表 面 粗 さ が 得 ら れ , 対 合 エ ナ メ ル 質 の 摩 耗 量 を 小 さ く 抑 え ら れ る こ と が 示 さ れ た .

実 験 2 : 接 触 滑 走 部 位 を 想 定 し , 垂 直 圧 49N, 水 平 方 向 1mm, 周 波 数 2Hz, 45万 往 復 の 条 件 で 往 復 滑 走 運 動 に よ る シ ミ ュ レ ー シ ョ ン 試 験 を 行 っ た . そ の 結 果 , 衝 突 を 含 ま な い 往 復 滑 走 運 動 で は , す べ て の 被 験 材 料 に お い て 材 料 自 体 の 表 面 性 状 の 変 化 が 小 さ か っ た . 一 方 , 対 合 エ ナ メ ル 質 の 摩 耗 量 は , す べ て の 被 験 材 料 に お い て 研 磨 群 よ り も 研 削 群 の 方 が 大 き く , 研 磨 の

(3)

効 果 が 示 唆 さ れ た .

実 験 3 : 点 接 触 部 位 を 想 定 し , 垂 直 圧 49N, 垂 直 方 向 2mm, 周 波 数 2Hz, 90万 サ イ ク ル の 条 件 で 反 復 衝 突 運 動 に よ る シ ミ ュ レ ー シ ョ ン 試 験 を 行 っ た . そ の 結 果 , Zrは 反 復 衝 突 運 動 に お い て も 表 面 性 状 の 変 化 が 小 さ い こ と が 示 さ れ た . ま た LDと Zrに よ る 対 合 エ ナ メ ル 質 の 摩 耗 は , 表 面 粗 さ に よ る 影 響 は 不 明 瞭 で あ り , 研 磨 , 研 削 に よ ら ず エ ナ メ ル 質 よ り も 対 合 エ ナ メ ル 質 を 摩 耗 さ せ る こ と が 示 唆 さ れ た .

以 上 よ り ,過 去 の 報 告 と 同 様 に ,Au は 対 合 歯 摩 耗 の 観 点 か ら 優 れ た 材 料 で あ る こ と が 示 唆 さ れ た . ま た Zr は , 表 面 性 状 の 変 化 が 極 め て 小 さ い こ と が 示 さ れ た .LD と Zr の 対 合 エ ナ メ ル 質 の 摩 耗 は , 往 復 滑 走 運 動 に お い て 表 面 粗 さ の 影 響 を 受 け る と す る 過 去 の 報 告 と 一 致 し , 反 復 衝 突 運 動 に お い て は 逆 に , 表 面 粗 さ に よ ら ず エ ナ メ ル 質 同 士 よ り も 対 合 歯 を 摩 耗 さ せ る 可 能 性 が 新 た に 示 唆 さ れ た .ま た 衝 突 滑 走 運 動 に お け る 対 合 歯 の 摩 耗 は ,Zr の よ う に 硬 さ や 破 壊 靭 性 が 極 め て 高 い 場 合 ,表 面 粗 さ が 大 き い 方 が 摩 耗 量 も 大 き く な る 可 能 性 が 示 唆 さ れ た . 一 方 Zr と 比 較 し て 硬 さ や 破 壊 靭 性 が 小 さ な LD で は , 表 面 粗 さ の 影 響 が 現 れ に く い 可 能 性 が 示 さ れ た . 本 研 究 の 結 果 は , 口 腔 内 で の 対 合 歯 と の 接 触 状 態 を 考 慮 し た 材 料 選 択 へ の 示 唆 と な る . ま た 定 期 的 リ コ ー ル に お い て は 、 本 研 究 の 結 果 を 踏 ま え て 接 触 状 態 の 観 察 を 行 う こ と で , 咬 合 調 整 や 再 研 磨 の 必 要 性 を 的 確 に 判 断 す る こ と に 役 立 つ こ と が 示 唆 さ れ た .

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP