問題を 解 こう

Download (0)

Full text

(1)

小学 6年

国語第回

30

ふしぎ

な こ と ば ことば

の ふ し ぎ⑥

池 上 嘉 彦

いけひこ

動 物 の

「 こ と ば

た ち の ま わ り に は

、 い ろ い ろ な 動 物 が 住 ん で い ま す

。 こ う い

わた

う 動 物 た ち も

「 こ と ば

」 を 持 っ て い る の で し ょ う か

。 み な さ ん は

、 ア リ を 観 察 し た こ と が あ り ま す か

。 甘 い ケ ー キ の

あま

か け ら な ど を 落 と し て お く と

、 し ば ら く す る と た く さ ん の ア リ が そ の ま わ り に む ら が っ て

、 せ っ せ と そ れ を 巣 の 方 向 へ 運 ん で 行 く の が 見 ら れ ま す

。 巣 へ 戻 る と ち ゅ う の ア リ が

、 巣 か ら や っ て き た

もど

ア リ と 出 会 う と

、 二 ひ き は し ば ら く 立 ち 止 ま っ て な に か を 話 し て い る よ う に 見 え ま す

。 ま る で 道 を 教 え て や っ て い る よ う で す

。 ア リ

「 こ と ば

」 を 持 っ て い る の で し ょ う か

。 動 物 学 者 が 調 べ た と こ ろ で は

、 つ ぎ の よ う な こ と が わ か っ て い ま す

。 ま ず 最 初 に

、 一 ぴ き の ア リ が 甘 い も の が 落 ち て い る の を 発

あま

見 し ま す

。 そ う す る と

、 そ の ア リ は 巣 の 方 へ 戻 り は じ め る の で す

もど

、 そ の と き ア リ の 脚 の 先 か ら

、 あ る 特 別 な に お い の す る も の が

あし

(2)

で て き ま す

。 そ れ で ア リ の 巣 ま で 戻 っ た と き に は

、 巣 と 甘 い も の

もどあま

と の 間 に は

、 一 本 の

「 に お い の 道

」 が で き あ が り ま す

。 巣 に い た ア リ た ち は

、 こ の

「 に お い の 道

」 を た ど っ て

、 甘 い も

あま

の の あ る と こ ろ ま で 行 く と い う の で す

。 人 間 の こ と ば が 耳 に 聞 こ え る 音 や

、 眼 に 見 え る 形 に よ っ て 成 り 立 っ て い る の と は ち が っ て

ア リ の こ と ば は

、 に お い に よ っ て い る と い う わ け で す

。 に お い は

た ち の 身 近 な 犬 や 猫 に と っ て も

、 大 切 な こ と ば で

わたねこ

。 町 を 歩 い て い る と

、 犬 や 猫 が 電 柱 や 壁 に お し っ こ を し て い る

ねこかべ

の を 見 か け る こ と が あ り ま す

た ち は

、「 お ぎ ょ う ぎ が 悪 い な

わたし

」 と 思 う で し ょ う が

、 じ つ は

、 あ れ は

、 こ こ は 自 分 が 通 り ま し た よ

、 と か

、 こ の あ た り は 自 分 の 住 ん で い る と こ ろ で す よ

、 と い う

こ と を 知 ら せ る た め の 大 切 な 印 だ そ う で す

た ち は

、 ふ つ う 決 ま っ た 家 に 住 み

、 ふ だ ん は い つ も の か よ い

わた

な れ た 道 を 通 っ て 生 活 し て い ま す

。 犬 や 猫 た ち も

、 そ の 点 で は 私 ねこわたし

た ち と そ ん な に は 違 い ま せ ん

。 ( もしか

し たら、

私 た ち の ほ う が

ちがわたし

犬や 猫と 似ているのか

もしれ

ま せん

。 )

ねこ

犬 や 猫 は

、 し っ ぽ の 動 き で で も

、 い ろ い ろ な こ と を 伝 え ま す ね

ねこ

ペ ッ ト と し て 犬 や 猫 を 飼 っ た こ と の あ る 人 な ら

、 し っ ぽ の か っ こ

ねこ

う で

、 犬 が 喜 ん で い る と か

、 猫 が 怒 っ て い る と か が 分 か る は ず で

ねこおこ

。 面 白 い の は

、 犬 は う れ し い と き に し っ ぽ を 振 り ま す が

、 猫 が

おもしろねこ

し っ ぽ を ピ ン と 立 て て 先 を ピ ク ピ ク 動 か す の は 怒 っ て い る と き で

おこ

(3)

。 動 か し 方 は ち ょ っ と 似 て い ま す が

、 意 味 は 反 対 に な っ て し ま い

ま す

。 犬 と 猫 は 昔 か ら あ ま り 仲 が よ く な い も の と 言 わ れ

、 ど う し て 仲

ねこ

が 悪 く な っ た か と い う

「 な ぜ な ぜ 話

」も あ る く ら い で す

。で も

、 幼 おさ

い と き か ら い っ し ょ に 育 て る と

、 同 じ 家 で 仲 よ く 暮 ら す こ と も あ

る そ う で す

。 そ し て

、 そ ん な と き に は

、 お た が い に 相 手 の 身 振 り

の 意 味 を 理 解 す る よ う に な る と い い ま す

。 犬 や 猫 で も

「 外 国

ねこ

」 を 学 べ る わ け で す

。 動 物 の こ と ば の 中 で

、 ミ ツ バ チ の

「 こ と ば

」 は い ち ば ん よ く 研 究 さ れ た も の の ひ と つ で す

。 蜜 の あ る 花 を 見 つ け た ミ ッ バ チ は

みつ

す ぐ 巣 へ 飛 ん で 帰 り ま す

。 そ し て 巣 の 入 口 の と こ ろ で

、 い そ が し く ま っ す ぐ 走 っ て み た り

、 ク ル ッ と 回 転 し て み た り

、 決 ま っ た 動 作 を し て み せ ま す

。 こ れ を

「 ミ ツ バ チ の ダ ン ス

」 と 呼 ん で い る 人

も い ま す が

、 こ の ダ ン ス に は 二 種 類 あ る と い う こ と が 知 ら れ て い ま

。 ひ と つ は

、 蜜 が わ り あ い 近 く に あ る と き

、 も う ひ と つ は

、 も っ

みつ

と 遠 い と こ ろ に あ る と き

、 そ し て こ の あ と の 場 合 に は

、 そ の ミ ツ バ チ の 走 っ て み せ る 方 向 と そ の と き の 太 陽 の 位 置 と か ら

、 ほ か の ミ ッ バ チ た ち は 甘 い も の の あ る 方 角 ま で が わ か る と い う こ と で す

あま

た と え て い う な ら ば

、 ミ ツ バ チ は ふ た つ の 単 語 を 持 っ て い て

、 そ れ を 使 い 分 け て い る わ け で す

。 ミ ツ バ チ の こ と ば は

、 人 間 の 身 振 ぶり

(4)

り に 似 て い ま す

。 鳥 の な か で は

、 お う む や い ん こ は 人 間 の こ と ば を 大 変 じ ょ う ず に ま ね を し ま す

。「 ア

・ キ

・ コ

・ チ ャ ン

」 と か

、「 オ

・ ハ

・ ヨ

・ ウ

」 な ど と

、 と て も じ ょ う ず に 言 う の で

、 び っ く り し た と い う こ と が み な さ ん も お あ り で し ょ う

。 そ れ で

、 昔 は

、 お う む や い ん こ は 大 変 頭 の よ い 動 物 だ と 思 わ れ て い た こ と も あ り ま し た

。 で も

、 い く ら じ ょ う ず に 言 え て も

、 お う む や い ん こ に 自 分 の 言 っ て い る こ と の 意 味 が 分 か っ て い る わ け で は あ り ま せ ん

。 そ れ に

、 い く つ か の 言 い 方 が で き る よ う に な る と

、 そ れ ば か り を く り 返 し て

、 な か な か

新 し い も の を 覚 え よ う と は し な い そ う で す

。 鳥 の な か で も

、 お お ぜ い の 鳥 が 鳴 き な が ら い っ せ い に 飛 び 立 っ た り

、 地 面 に 舞 い 降 り た り し て い る の を 見 て い ま す と

、 な に か 鳴

き 声 で 合 図 を し 合 っ て い る よ う に 思 え ま す

、 り こ う で お し

から

ゃ べ り な 鳥 と 言 わ れ て い ま す が

、 み ん な で い っ し ょ に 行 動 し て い る と き

、「 集 ま れ

」 と か

、「 散 ら ば れ

」 と い う よ う な 意 味 の 違 っ た

ちが

鳴き 声 を 使 い わけ ているそう

で す

。 し か も

、 住 ん で い る 場 所 に よ っ て

、 そ れ ぞ れ の 意 味 を 表 す 鳴 き 声

は 違 う と い い ま す

。 あ る 人 が あ る 場 所 の

の 鳴 き 声 を 録 音 し て

ちがから

他 の 場 所 の

に 聞 か せ た ら

、 ぜ ん ぜ ん 反 応 し な い で 無 視 さ れ た と

から

い う 話 も あ り ま す

。 人 間 の こ と ば と 同 じ よ う に

「 こ と ば

から

に も

違 っ た 国 語 や 方 言 が あ る と い う わ け で す

ちが

(5)

水 中 に 住 ん で い る 動 物 の な か で は

、 イ ル カ が と て も す ば ら し い

「 こ と ば

」 を 持 っ て い る よ う で す

。 イ ル カ は

、 高 い

い 笛 の 音 の

する

よ う な 音 声 を 出 し て

、 た が い に 何 か を 伝 え 合 っ て い る と 言 い ま す

そ の よ う な 音 声 に は

、 数 十 個 も の 違 う も の が あ る こ と が 知 ら れ

ちが

て お り

、 そ の う ち の あ る も の は

、 こ ん な 意 味 で は な い か と い う こ と

が 分 か っ て い ま す が

、 ほか の も のは まだ分か

っ て いません

。 そ れ に

、 イ ル カ も 人 間 の こ と ば を と て も じ ょ う ず に ま ね る こ と が で き ま す

。 し か も

、 そ れ を 人 間 よ り も 八 倍 も 早 く し ゃ べ る そ う で す

。 イ ル カ は

、 と て も 早 口 の 動 物 な の で す

。 あ る 学 者 が

、 飼 っ て い る イ ル カ に 向 か っ て 話 し か け

、 返 っ て き た イ ル カ の 鳴 き 声 を 録 音 し て 聞 い て み ま し た

。 最 初 は 何 の こ と か 分 か ら な か っ た の で す が

、 テ ー プ の 回 り 方 を う ん と ゆ っ く り に し て み た ら

、 イ ル カ は じ つ は さ っ き 自 分 の 言 っ た こ と ば を そ っ く り そ の ま ま

、 ま ね て く り 返 し て い た の が 分 か っ た と い う こ と で す

。 も っ と 研 究 が 進 め ば

、 人 間 が イ ル カ の

「 こ と ば

」 を 習 っ て

、 イ ル カ と お し ゃ べ り が で き る よ う に な る か も し れ ま せ ん

。 そ う す れ ば

、 イ ル カ は

た ち に ど の よ う な

た ち の ま だ 知 ら な い 世 界 の こ

わたしわたし

と を 教 え て く れ る で し ょ う か

(6)

「『 外 国 語

』」 を 学 べ る

」 と あ り ま す が

、 ど う い う こ と で か。

最も ふさわしいも

の を 次から 選 び、記

号 で 答 えな さい。

英 語 や ド イ ツ 語 な ど

、 日 本 語 以 外 の 言 語 を 理 解 で き る よ う に な る と うこ と。

自 分 の 住 む 国 と は 異 な る 国 に 住 む 動 物 の 鳴 き 声 の 意 味 を 理 解 で き る

こと

う に な る と い う こ と

自 分 と は 異 な る 種 類 の 動 物 の 身 振 り の 意 味 を 理 解 で き る よ う に な る

こと

い う こ と

。 二

「 違 っ た 国 語 や 方 言 が あ る

」 と あ り ま す が

、 ど う い う こ

ちが

で す か

。 最 も ふ さ わ し い も の を 次 か ら 選 び

、 記 号で 答 え な さ い

住 む 場 所 に よ っ て

、 同 じ 意 味 で も

、 そ の 意 味 を 表 す 鳴 き 声 は 違 う と

ちが

うこ と。

み ん な で い っ し ょ に 行 動 し て い る と き

、 意 味 の 違 っ た 鳴 き 声 を 使 い

ちが

けて い る とい うこ と。

違 う 場 所 に 行 っ た ら

、 自 分 が 住 ん で い る 場 所 で の 鳴 き 声 と は 違 う 鳴

ちがちが

声 を 出 す と い う こ と

「 そ の よ う な 音 声

」 と は

、 ど の よ う な 音 声 で す か

。 次 の う に ま と め た と き

、 A

~ C に あ て は ま る 言 葉 を 答 え な さ い

。 た だ し A

、 C は 文 章 中 か ら ぬ き 出 し

、 B は 文 章 中 の 言 葉 を 使 っ て

、 そ れ ぞ 指 定 の 字 数 で 答 え な さ い

三 字

) が

十一字

) た め に 出 す

、(

四字

)音声。

問題を 解 こう

Figure

Updating...

References

Related subjects :