排出量取引につい 排出量取引につい てて

28  Download (0)

Full text

(1)

排出量取引につい 排出量取引につい

て て

~日本から見る排出量取引の意義~

~日本から見る排出量取引の意義~

      

       早稲田大学 早稲田大学  地球環境班

 地球環境班

       

        外山公一 柿 外山公一 柿

澤和哉 佐々木圭 澤和哉 佐々木圭

               

 川谷絵美 川上かおり  川谷絵美 川上かおり

 

(2)

1.はじめに

1.はじめに

(3)

2.排出量取引とは

2.排出量取引とは

(4)

  2005年   2005年    

     

      京都議定書 京都議定書    

効 効

⇒ 温室効果ガスの削減が  

       

         取り決め

られる

(5)

 京都議定書  京都議定書

     

           

制度実施のための柔軟性措置

        ⇒ 京都メカニズム

    ・排出量取引

    ・クリーン開発メカニズム

    ・共同実施

(6)

排出量取引とは 排出量取引とは

各国家・企業ごとに温室効果ガスの排出 各国家・企業ごとに温室効果ガスの排出

枠を定め、

枠を定め、 排出枠を超えて排出した国 排出枠を超えて排出した国 ・ ・ 企業と 企業と 排出枠が余った国 排出枠が余った国 ・企業との間で ・企業との間で

排出量を取引する制度である

排出量を取引する制度である

(7)

   

排出量取引の仕組み

       

       排出枠

100

万トン       排出枠

100

万トン

     

              

       A 国       

B 国

(8)

   

排出量取引の仕組み

         

       

実排出量 110 万トン       

      実 排出量 90 万トン

         

 

超過

               

余剰

               

              

           

支払い

       

A 国      

  B 国

(9)

3.排出量取引の現状

3.排出量取引の現状

(10)

2008 年 10 月 22 日

CO₂ 排出量取引に関する国内統合市場の試 行的実施が正式発表

→ 自主的参加の企業からなる国内排出量取    引市場ができる

cf . 佐川急便 独自で実施

日本の現状

日本の現状

(11)

消費者

佐川急便 千趣会

配送量

日本政府

(消費者1円+

千趣会1円)

佐川急便

HP

より作成

(12)

EU 諸国

  EUETS  

  全世界排出量取引の 3 分の 2 を占める アメリカ  州単位で京都議定書に批准

 北東部10州 地域温室効果ガスイニシアティブ  シカゴ気候取引所

 企業団体  USCAP ( 27 団体、 6 社)

その他、オーストラリア、ニュージーランド、カナ ダなどが排出量取引制度導入を検討

世界の現状

世界の現状

(13)

4.排出量取引の仕組み 4.排出量取引の仕組み

 (1) EU - ETS の仕組み

 (2)日本の国内排出量制度の仕組み

(14)

   

 

出典:環境省

HP

(15)

EUETS

EUETS ( ( 第一期: 第一期: 2005 2005 2007 2007 年 第二期: 年 第二期: 2008 2008

2012 2012 ) )

      キャップアンドトレード型 キャップアンドトレード型

EUETS

AB

政府 政府

企業 企業

クリーン開発 メカニズム事業

共同実施事業

排 出 権 配

分 排 出 枠 返 却

排出量取引市場

購入

購入

排 出 権 配

出枠 返却

(16)

排出権の配分 排出権の配分

グランド・ファザリング方式 による

配分

目標値

(17)

グランドファザリング グランドファザリング

方式 方式

A

B

C

政府機関

昨年実績 昨年実績

全社に昨年比90%

CO2

排出を許可 する権利を与えま

10%

10%

10%

(18)

グランド・ファザリング方式 グランド・ファザリング方式

過去の排出実績 などをもとに排出権を 無償配布        

これまで排出削減努力をしてきた企業な どにとっては 不公平

オークション方式だと有償だが不公平感は出に

くい

(19)

EUETS

EUETS ( ( 第一期: 第一期: 2005 2005 2007 2007 年 第二期: 年 第二期: 2008 2008

2012 2012 ) )

      キャップアンドトレード型 キャップアンドトレード型

EUETS

AB

政府 政府

企業 企業

クリーン開発 メカニズム事業

共同実施事業 排

出 権 配

分 排 出 枠 返 却

排出量取引市場

購入

購入

排 出 権 配

出枠 返却

(20)

EUETS

EUETS 成功要因 成功要因

・企業にとって無理のない範囲の排出権配分

⇒EUETS の第一歩を後押し

・生産量の増える場合や新規参入にも対応でき る仕組み

排出権を 可変的な活動許可証 といった性

格にしたことが大きな成功要因

(21)

国内取引制度試行実施 国内取引制度試行実施

・試行排出量取引スキーム

⇒ 参加企業が自主的に排出削減目標を設定

        EUETS (グランドファザリング方式)

        との違い

   自らの削減努力に加えて、達成のための排出枠・

クレジットの取引を認める

       

       ※自主参加  国は強制力を持たない

(22)

5.考察 5.考察

(23)

政府が各企業に削減を命令

     ⇒ 企業側のモチベーションがあが らない

排出量取引をはじめとする経済 排出量取引をはじめとする経済

的手法を取り込んでいく必要性

的手法を取り込んでいく必要性

(24)

削減目標設定方法の違い 削減目標設定方法の違い

メリット デメリット グランド・フ

ァザリング方 式

初期の費用負担が小

さい ・不公平感が生まれ

・過去の努力が反映 されにくい

オークション 方式

公平感が得られやす

い 初期の費用負担が大

きい

自主設定 自主設定 方式 方式

・公平感が得られや

・公平感が得られや すい すい

・初期の費用負担が

・初期の費用負担が 小さい 小さい

排出効果が得られる

排出効果が得られる

か疑問 か疑問

(25)

削減目標の設定方法は?

削減目標の設定方法は?

試行排出量取引スキームと同様に各企 業に設定を任せる

   ⇒経済界からの反発が抑えられ る

第三者機関による監視

(26)

6.まとめ

6.まとめ

(27)

 

市民 政府

地球環境問題

企業 結節点

(28)

排出量取引

・排出量全体の削減に貢献

・市民の環境問題に対する意識を高め、自発的な 行動を促す手段になる

⇒ 企業にとってだけでなく市民にとっても  

           有益

        

        

Figure

Updating...

References

Related subjects :