環境にやさしいグラビア印刷を目指して

全文

(1)

環境にやさしいグラビア印刷を目指して

2014年8月6日 全国グラビア協同組合連合会 大日本パックェージ株式会社

包装用グラビア印刷の現状と環境に配慮した印刷の取り組み

1 全国グラビア協同組合連合会

(2)

講演内容

1.印刷産業と全国グラビア協同組合連合会について 2.工業的印刷方式の原理と特徴、及び産業規模

3.グラビア印刷及びインキの特徴とグラビア印刷製品 4.固定源からのVOC排出量と印刷業界のVOC排出量 5.グラビア印刷のVOC排出削減対策

1)全国グラビア協同組合連合会が取り組んできたVOC発生削減活動 2)印刷工場におけるVOC発生削減の取り組みの具体例

6.更なるVOC削減を目指した活動について 7.まとめ

2 全国グラビア協同組合連合会

(3)

1‐1.印刷産業の位置・規模(平成24年度工業統計ー経産省 )

業 種 事業所数 従業員数

(人) 出荷額

(百万円)

印刷業 22,479 257,319 5,004,708

製版業 1,637 22,175 321,237

製本業 1,986 14,970 145,588

印刷物加工業 1,848 12,596 105,731 印刷関連サービス業 297 2,523 39,695 印刷産業合計 28,247 312,592 5,616,960 印刷産業(印刷・同関連事業)の事業所数は製造業24業種中では5番目 に多く全産業の6.6%を占める

1.印刷産業と全国グラビア協同組合連合会について

3 全国グラビア協同組合連合会

(4)

1‐2.日本印刷産業連合会

我が国の産業発展及び国民生活文化の向上に寄与することを目的として 印刷産業10団体が結集して1985年設立された

合計8,464社

94社 5,186社 123社 877社 905社 220社 619社 171社 169社 100社

全日本光沢加工組合

全日本スクリーン・デジタル印刷協同組合連合会 全国グラビア協同組合連合会

全日本シール印刷協同組合連合会

日本グラフィックコミュニケーションズ工業組合連合会

全日本製本工業組合連合会

日本グラフィックサービス工業会 日本フォーム印刷工業連合会

全日本印刷工業組合連合会 印刷工業会

4 全国グラビア協同組合連合会

(5)

全国グラビア会員会社(平成24年度)

総売上推計値 :約2,300億円

1‐3.全国グラビア協同組合連合会

単組名

北海道グラビア協同組合 関東グラビア協同組合

関東プラスチック印刷協同組合 埼玉県グラビア協同組合

東海グラビア印刷協同組合 関西グラビア協同組合

岡山県グラビア印刷協同組合 九州グラビア協同組合

全国グラビア協同組合連合会 5

(6)

1‐4.軟包装産業の規模(2009年度)

売上規模別の売上比率(総売上推計 約8,780億円)

売上100億円以上

売上50億円以上 売上50億円以下

合計5,430億円

(62%)

合計1,570億円

(18%)

合計1,780億円

(20%)

0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100%

売上規模別の会社数比率(総会社数約501社)

売上50億円以下(92%)460社

売上50億以上 5%(25社)

売上100億円以上 3%(16社)

全国グラビア協同組合連合会 6

(7)

2‐1.工業的に行われている印刷方法

2.工業的印刷方式の原理と特徴、及び産業規模

印刷方式 主な用途 インキの特徴と

セッティング方法 オフセット印刷

(平版印刷) 出版、包装紙、カレンダー カートン、ライナー紙、ポスター

VOC成分量少ない 高粘度 酸化重合乾燥 フレキソ印刷

(凸版印刷) 段ボール、ポリエチレン表刷 牛乳カートン、紙器

VOC成分量多い低粘度 (水・アルコール)

蒸発乾燥 グラビア印刷

(凹版印刷) 出版、軟包装(食品包装)

紙器、建装材

VOC成分量多い(有機溶剤) 低粘度 蒸発乾燥(速い)

スクリーン印刷

(孔版印刷) 工業製品(電機・電子部材)

ポスター、看板、Tシャツ、点字

VOC成分量多い(有機溶剤) 中粘度 蒸発乾燥(遅い)

電子印刷

(無版印刷) インクジェット印刷機、コピー機 ポスター、写真、書類、Tシャツ

粉体 液体トナー 等各種

全国グラビア協同組合連合会 7

(8)

2‐2.印刷製品と印刷方式別生産金額及びインキ出荷量(平成24年度)

製品別生産金額比率

出版印刷 23.9 商業印刷

32.5 証券印刷

1.4 事務用品

12.8 包装印刷

19.7 建装材 3.8 その他

5.9

活版 5.8 オフセット

67.5 スクリーン

0.8 グラビア

19.3 フレキソ

0.9 その他

5.7

金属印刷 3.3 オフセット

32.9 新聞 12.4 グラビア

36.6 フレキソ 5.5

その他 9.5

版式方式別生産金額比率 印刷インキ出荷量比率

401,229百万円 401,229百万円 424,938 t

8 全国グラビア協同組合連合会

(9)

フィルム用グラビア印刷機

洋紙用グラビア印刷機 グラビア版シリンダー

全国グラビア協同組合連合会 9

(10)

Copyright © 2011 TOYO INK CO., LTD. All Rights Reserved.

10

ドクター ブレード 印刷基材

インキ 乾燥器

3.グラビア印刷及びインキの特徴

グラビア印刷の特徴 グラビアインキの特徴

小さいセルにインキを 供給し、ドクターブ レードで掻きとる

インキは低粘度 30~100mPa・s 乾燥速度が早い

シリンダー表面は クロムメッキ

ロングラン印刷可能

多様な樹脂・有機溶剤の選 択が可能で様々な性能を持 つインキの設定が可能

巻き取り方式で様々な 印刷基材印刷可(各種フィ ルム・紙・アルミetc)

階調再現に優れる

多様な印刷基材・加工方法 に対応可

幅広い最終製品に展開可能

版の表面 印刷階調 全国グラビア協同組合連合会 10

(11)

3‐1.グラビアインキの組成

グラビアインキは溶剤を使用することで優れた印刷適性と幅広い用途 適性を確保しています

含有量

(%)

着色剤 無機顔料

有機顔料 10~45

5~10 色素の母体

天然樹脂 :ロジン、シェラック等 合成樹脂 :硝化綿、ポリアミド

ウレタン系、アクリル系 15~25 フィルムへの接着性付与

インキ化適性の付与

印刷適性、印刷効果の付与

油性インキ :アルコール系、ケトン系

エステル系、炭化水素系

水性インキ :アルコール系/水 40~60 樹脂の溶解と流動性の付与 乾燥、粘度のコントロールの付与 印刷適性、印刷効果の付与

添加剤

天然WAX:ロウ

合成WAX:ポリエチレン,樹脂アマイド その他:静電防止剤

分散剤、表面改質剤

0.5~5

耐摩擦性向上 ブロッキング防止

発色性、流動性付与 耐熱性向上

帯電防止

11 全国グラビア協同組合連合会

(12)

3‐2.グラビアインキに使用される主な有機溶剤

沸点(℃) 蒸発速度*

酢酸エチル 77 615

酢酸プロピル 101.5 276 イソプロピルアルコール 82.3 230 メチルエチルケトン 79.6 572

トルエン 110.6 205

(参考)エチルアルコール 78.3 230

*蒸発速度:酢酸nブチルの蒸発速度を100とした比蒸発速度 グラビアインキに使用されている溶剤は蒸発速度が非常に早い

12 全国グラビア協同組合連合会

(13)

3‐3.グラビアインキにおける溶剤の役割

グラビア印刷の高品質、高性能は溶剤に支えられています

印刷物の性能

・接着性や後加工適性を可能とする樹脂を溶解

印刷効果

・各種フィルムへの転移性を向上

・網点の再現性を確保し優れた印刷物にする

印刷適性

・インキの粘度・流動性を調整し印刷安定性を確保 ・高速印刷を可能とする乾燥性を調整

13 全国グラビア協同組合連合会

(14)

3‐4.グラビア印刷の用途

グラビアインキは優れた適応性、性能を有するため

暮らしの“こんなところにも”活躍し、毎日の生活と文化を支えています。

日常生活で目にする グラビア印刷

● ポスター、カタログ、カレンダー

● 医薬品の包装

● 週刊誌、月刊誌のグラビア頁

● カセット包装

文化

● プリント布地

● 洗剤箱

● ネクタイ、カーテン

● ラーメン、ポテトチップ等の包装

● ビールラベル等の瓶ラベル

● 冷凍食品の包装

● レトルト食品の包装

● 家 ● タンス、テーブル (家具)

● 床材、壁材

14 全国グラビア協同組合連合会

(15)

「※掲載写真は「グラビア印刷の見本」であり、広告・宣伝等を目的にしているものではありません。」 15

(16)

「※掲載写真は「グラビア印刷の見本」であり、広告・宣伝等を目的にしているものではありません。」 16

(17)

印刷業界は、規制による削減と自主的取り組みによる削減活動にて

2010年末までに2000年比30%削減する目標を5年前倒しで達成した

0 200,000 400,000 600,000 800,000 1,000,000 1,200,000 1,400,000

2000年 2012年

その他 接着剤 工業用洗浄剤 印刷インキ 化学品 燃料ガス 塗料

2012年度の排出VOC量

・全体 2000年/2012年比 ⇒47.5%減

・印刷インキ

2000年/2012年比 ⇒72.6%減

印刷インキからの排出量は 2000年度の第4位から 2012年度は第6位になった

(t)

4‐1.発生源品目別VOCの排出量推定値 (環境省)

4.固定発生源からのVOC排出量の現状

全国グラビア協同組合連合会 17

(18)

0 30,000 60,000 90,000 120,000 150,000 180,000

使用量 排出量

2000年比 73%削減

グラビア印刷

0 10,000 20,000 30,000 40,000 50,000 60,000

使用量 排出量

2000年比 36%削減

オフセット印刷

0 50,000 100,000 150,000 200,000 250,000

使用量 排出量

総合

(トン)

(トン)

(トン)

2000年比 70%削減

4‐2.印刷産業関連排出VOC量(*日印産連)

大気汚染防止法で設定された削減 目標“2010年度までに2000年度比 30%削減する“は前倒しで達成さ れ、2012年度は70%の削減と なっている。特にグラビア印刷で の大幅な削減が貢献している

18 全国グラビア協同組合連合会

(19)

4‐3.VOCが関係するグラビア印刷業関連の主な法規制

具体的な規制、目的 対策、管理事項

労働安全防止法 職場環境の維持

特に有機溶剤規制の遵守 作業環境濃度 特殊健康診断 消防法 危険物の表示と適正管理 危険物倉庫

防爆仕様機械設備 悪臭防止法 生活環境の保全と健康保護 VOC排出処理装置

臭気物質の漏洩防止 大気汚染防止法

(埼玉県条例) VOC排出規制 VOC排出処理装置

法令に従うことは最低限の行動、さらなる改善を目指して努力している

19 全国グラビア協同組合連合会

(20)

5.グラビア印刷のVOC排出削減対策

グラビア印刷のVOC排出を削減するためには

①低VOC材料の採用

②印刷現場に於ける発生源抑制対策

③発生したVOCの適切な処理

が重要であると認識して対策をすすめてきました。

VOC排出削減

低VOC材料

高濃度インキ化 水性化

発生VOC処理

VOC回収 VOC燃焼 印刷現場から

の発生源対策 印刷ユニット の密閉化

20 全国グラビア協同組合連合会

(21)

5‐1.全国グラビア協同組合連合会が取り組んできたVOC排出削減活動

プロジェクト名 活動のねらい

1

水性問題勉強会

(セミナー3回開催)

水性問題協議会

(セミナー5回開催)

2000年1月 2003年9月

インキの水性化を目指した研究会

2 環境対策協議会

(セミナー12回開催)

2004年6月 2009年7月

VOC排出削減自主的取組の実践発表会

3 地球温暖化防止 実行委員会セミナー

(セミナー7回開催)

2009年11月 2012年11月

印刷メーカーが出来る地球温暖化防止活動

4 コンバーティングの 明日を考える会

(セミナー2回開催)

2013年6月

グラビア印刷業界が生き延びていくために やらねばならないことを真剣に考える会

21 全国グラビア協同組合連合会

(22)

冷却ロール

グラビアインキ

巻き取り 乾燥器

ドクター 圧胴 巻き出し

局所排気へ

VOC処理装置へ

局所排気へ

5‐2.印刷工場におけるVOC排出削減の取り組みの具体例 1) グラビア印刷のプロセスとVOCの発生

インキ

全国グラビア協同組合連合会 22

(23)

2) 印刷現場での発生源対策具体例

印刷ユニットをロールカーテンでカバー フード内でドクターの洗浄をする

23 全国グラビア協同組合連合会

(24)

印刷ユニットをカーテンでカバー インキ缶の蓋閉め

24 全国グラビア協同組合連合会

(25)

3) インキ使用量の削減

①プロセス印刷のカラー分解方法の工夫

ハイライト~シャドウ部全領域のCMYグレー成分を墨インキに置き換える GCR(Gray Color replacement)手法を応用

プロセス色合計で約19%のインキ使用量を削減

②白インキの高濃度化と白ベタ版の浅版化

・白ベタ版の製版条件 : 175線、24μ ⇒ 200線、20μ

白インキの使用量約15%の削減

25 全国グラビア協同組合連合会

(26)

③本生産機から校正機による校正へ

インキ:数十kg~数百kg

フィルム:数百m~数千m インキ:数百g フィルム:数m グラビア印刷機 グラビア校正機

インキの使用量、電力を大幅に抑える事が出来る

26 全国グラビア協同組合連合会

(27)

5‐4.発生VOCの処理

印刷の乾燥から発生する VOCを燃焼処理する装置

触媒燃焼型脱臭装置 蓄熱式脱臭装置 ①燃焼装置

27 全国グラビア協同組合連合会

(28)

②溶剤回収装置

発生VOCガスを液体として回収する装置

活性炭吸着式溶剤回収装置

28 全国グラビア協同組合連合会

(29)

<背景>

・流通・食品メーカーの要求する品質レベルが高くなっている

・虫眼鏡でなければ発見できない微細なものも不良となることがある

・原料(フィルム)の品質基準より厳しいものまで対象となることがある 原料起因の不良部分を取り除き、過剰品質対応で社内廃棄(ロス)が多く なっている

資源の無駄を引き起こしVOC排出の増加になっている

6. 更なるVOC排出削減活動

6‐1.過剰品質問題

全国グラビア協同組合連合会 29

(30)

過剰品質によりロスとなるフィルムの量

プラスチックフィルム 包材年間使用量

約160万t 約5~10万t 推定 金額換算で

約200億円~400億円

一企業あたり総売上の3%~5%と推定される

30 全国グラビア協同組合連合会

(31)

コンバーティングの明日を考える会の進捗状況

過剰品質問題に対する取り組み

サプライチェーン企業間ですり合わせを行いながら共同で進める

原料メーカー・コンバーター・顧客のサプライチェーン単位または業界単位で取り組み を行う。大手コンバーター、フィルムメーカーへの協力要請を行った

目標:原料の曖昧な品質基準 ⇒ 統一基準の制定

発注者

食品メーカー 流通業者 コンバーター

大手 中小

原材料メーカー 目標

協力

統一基準の制定

品質統一基準の設定

全国グラビア協同組合連合会 31

(32)

グラビア印刷工場では空調、乾燥装置、排ガス処理設備に関わる電力 が印刷機運転の電力より大きい

6‐2.省資源・省エネルギー活動

①グラビア印刷工場における電力消費構造

空調機器関係 38%

乾燥装置関係 22%

排ガス処理装置関係 16%

印刷機 13%

その他 7%

大日本パックェージ㈱資料

32 全国グラビア協同組合連合会

(33)

排ガス処理装置

・排ガス濃度コントロール:排ガスの高濃度・小風量化 ・廃熱回収:熱回収、蒸気回収、温水回収

乾燥装置

・乾燥装置関連ファン:モーターインバーター化、ノズル風速適正化 ・排ガス濃度コントロール:排ガスの小風量化

空調関係

・空調関連ファン、ポンプ:インバーター化 ・高効率空調機:ヒートポンプ、ターボ冷凍機 ・冷暖房不可の低減:全熱交換器

②グラビア印刷工場における電力削減策の導入

33 全国グラビア協同組合連合会

(34)

イオン吸着式全熱交換器 冷暖房負荷の低減の事例

室内の熱と湿度を外気 と交換します。

臭気は交換しません。

34 全国グラビア協同組合連合会

(35)

V O C

VOC燃焼

易回収溶剤

VOC回収装置 交換式

リサイクル 印刷に 印刷会社

VOC回収装置

②VOCリサイクルシステム

*単一・易回収溶剤インキの開発

再生工場

混合溶剤 精製業者 溶剤

リサイクル 印刷に

*レンタル方式の回収装置

他用途に外販 単一溶剤

サーマルリサイクル 燃料・発電

リサイクル 印刷に 他用途に外販

35 全国グラビア協同組合連合会

(36)

企業が事業運営においてどれだけ

・環境に配慮した資材を使用しているか

・環境に配慮した印刷工程を運営しているか

を設定された客観的な評価基準のもとに判定し一定レ ベル以上の評価が得られた工場をグリーンプリンティ ング工場として日本印刷産業連合会が認定する制度 6‐3.グリーンプリンティング認定工場

①グリーンプリンティング工場認定制度とは

36 全国グラビア協同組合連合会

(37)

②工場認定の仕組み

印刷関連事業者

GP認定事務局 申請書審査

現地審査 GP認定審査員

委託 報告

認定

・登 録・ 公表

公平・公正な審査

報告 GP工場認定委員会

●第三者からなる委員会

(学識経験者、環境団体、

マスコミ、ユーザー業界等)

●認定合否の判定 判定

申 請

37 全国グラビア協同組合連合会

(38)

③グリーンプリンティング評価項目例

●資材 : 環境・健康配慮のフィルム購入

環境・健康に配慮のインキ・溶剤・接着剤購入

●営業 : 環境配慮基準(安全素材、肉薄フィルム等)の設計 見本作成は省資源・廃棄物抑制を行う

●製版 : 版下のデジタル化、廃液・製版フィルムの銀回収 PRTR物質把握、銅粉のリサイクル

●印刷・ラミ : VOC発生の抑制

(VOCの管理と発生の抑制ーインキや接着剤の使用量と

排液量の把握、インキや溶剤缶、廃ウエス容器等の蓋閉め)

レンタルウエスまたは再生ウエス使用、騒音、振動抑制 ●加工 : VOC発生の抑制(VOCの管理、発生抑制)

使用エネルギー、騒音等把握

●デリバリ : ダンボール等包装資材のリサイクル

運搬車両の環境負荷低減(低公害車、アイドリングストップ)

全国グラビア協同組合連合会 38

(39)

GP認定工場へ印刷(包装材料)発注 結果としてVOC排出の低減に貢献

④グリーンプリンティング認定工場

現在グラビア印刷部門の工場では、45工場が認定されている

39 全国グラビア協同組合連合会

(40)

環境、安全衛生等を配慮した工場運営を行っている会社に与えられるマーク等

GP工場認定証 軟包装衛生協議会 各種ISO登録書

認定工場認可証

40 全国グラビア協同組合連合会

(41)

終わりに

私達が関わる、食品包装用プラスチックフィルムのグ ラビア印刷は国民のライフラインを担う重要な産業の 一つであると認識しています。一方事業を行うために は法令遵守は勿論、社会に受け入れられ歓迎される事 業者としてより快適な生活環境づくりにも積極的に取 り組むべきと考えております。

今後もVOC排出削減にとどまらず、省資源・省エネ ルギーなどサスティナブルな社会づくりに向けて、私 ども印刷業者は、関連する皆様と共に知恵を出しあっ て安全安心な環境づくりに努力していきます。

41 全国グラビア協同組合連合会

(42)

ご清聴ありがとうございました

お問合せ 全国グラビア協同組合連合会

東京都墨田区業平1‐21‐9 あさひ墨田ビル2階 TEL:03‐3623‐4046 FAX:03‐3622‐1814 http://www.gcaj.or.jp

E‐mail: zenkoku‐grv@jfpiorjp 村田英雄

大日本パックェージ株式会社 埼玉県越谷市平方1004‐11

TEL:048‐973‐0301 FAX:048‐973‐0300 http:// www.daipake.co.jp

E‐mail :moroishi@daipake.co.jp 諸石武士

42 全国グラビア協同組合連合会

Updating...

参照

関連した話題 :