<4D F736F F F696E74202D204A414D B F8089BB8A8893AE82CC8FD089EE81765F A957A8

19 

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

PDQ標準化活動

PDQ標準化活動

PDQ標準化活動

(社)日本自動車工業会 DE部会 普及展開WG

(ホンダエンジニアリング(株) )

多賀 和春

JAMA

JAMA

フォーラム

フォーラム

(2)

CAD

CAE

DMU

RP

CAM

良いPDQで目指す姿

• 後工程

次機種

CADバージョンUP時に

• 変形せずに

漏れなく

ゴミが混ざらず

• 手直しなく

CADデータが利用できること

(3)

0データ変換( STEP/ IGES変換、ダイレクト変換)の場面では

要素欠落、形状変形

ソリッドにならない

一つの面が、細かく面が分かれてしまった

変換エラーとなりお手上げとなった

問題事例(1)

フィレット面が分割(1枚→8

枚)

(4)

問題事例(2)

0同じCAD同士でも、

フィレットが途中までしかかからなかった

断面、オフセット、抜き勾配、フィレットなどでエラー

不必要にパッチが細かくなる

データが開けない

(5)

問題事例(3)

0CAEにおいては

メッシュがうまく切れない

結果がおかしい

(6)

問題の大きさ

車体メーカ

1次サプライヤ

2次サプライヤ以降

金型メーカ

悪い

悪い

PDQ

PDQ

が原因での損失を

が原因での損失を

車体メーカが直接授受する範囲で試算

車体メーカが直接授受する範囲で試算

最低でも年間約71億円

最低でも年間約71億円

/

/

(一桁多いと推定されている)

(一桁多いと推定されている)

(7)

これまでのPDQ標準化活動

99/10 00/4 98/11 01/9 02/12 04/1 05/05

1999 2000 2001 2002 2003

2004

2005

2006

V3

V3

V2

V2

V1

V1

V1

V2

V3

V1

V2

V3

V4

1Q2Q3Q4Q

1Q

2Q

3Q

V1

V2

V3

IS

IS

1Q

V4

SASIG

検証プロセス

実施

V4.1

V4.1

V4

V4

V4.1

共通展開

目標

準備

1Q

V4

PAS

PAS

各社展開

Quality stamp

CAD編

適合性検証

適合性検証

検証データ

ISO化

実務展開

CAEメッシュ

PDQ ツールの 適合化

実務適用

CADの 適合化

図面

図形以外

図形

標準化

曙期

標準確立期

普及展開期

CAD適合化

自働的補足

2007

準備

06/01

(8)

PDQ標準

JAMA/JAPIA

PDQガイドライン

V4.1

JAMA/JAPIA

PDQガイドライン

V4.1

SASIG

PDQガイドライン

V2.1

SASIG

PDQガイドライン

V2.1

(9)

49

70

73

64

64

82

64

63

19

19

57

57

0

50

100

150

200

V1

V2

V3

V4

V4.1

ガイドラインの項目数、分野の増加

JAMA/JAPIA PDQガイドライン

49

70

155

204

CAE

メッシュ

図形以外

図形

203

図面

(10)

名称:

エッジ間の隙間

ID:

G-LO-LG

義: 隣接するエッジ間で、

共有端点間の距離 Δd。

Δd

Δd

JAMA/JAPIA PDQガイドライン エッジ間の隙間

(11)

Technical

Specification (TS)

Publicly Available

Specification (PAS)

International

Standard (IS)

ISO(PAS)化

ISOドキュメントの種類

2006年1月18日

SASIG PDQガイドラインV2.1が、

ISO/TC184にて承認

ISOプロジェクト

(リーダ:中央大学平岡先生)

にて展開中

CD文書ができあがり、

CD投票を開始(2006年9月20日)

2008年度にIS化を目指す

公開技術文書

国際規格

(12)

06年度のすすめ

新テーマ、新標準、情報交換企画、維持改廃企画

技術データ交換WG

技術データ交換WG

3D図面標準化WG

3D図面標準化WG

標準企画WG

標準企画WG

企画・展開分科会

企画・展開分科会

普及展開WG

普及展開WG

JAMA標準の普及定着、活動完了宣言

維持改廃の実行

主要ベンダー

主要ベンダー

戦略立案 外部団体との協調(SASIG、ISOなど)

デジタルエンジニアリング部会

デジタルエンジニアリング部会

各社標準エキスパート

各社標準エキスパート

DE部会委員+WGリーダ

PDQタスクリーダ

(ホンダエンジニアリング)多賀、(スタンレー電気)小形

(1)PDQ展開準備状況の定期的捕捉 ( 2回 /年)

(2)普及啓蒙

セミナーでPDQ講演

PDQ情報交換会(成功事例等の横展開)

(3)PDQ国際標準化プロジェクトとの連携

(4)SASIG-PDQと共同

SASIGでのPDQ展開調査

SASIGでの

PDQツール適合性検証の実施

ベンダーセッション (Tool/CADへの要望と

ベンダー側対応のやりとり)

(13)

PDQ準備展開状況

PDQチェック

適用率

PDQ

クライテリア

遵守率

重要PDQ項目

適用率

OK率

展開フェーズ

2008

2008

2007

2007

Quality

Report/Stamp

適用率

適用会社

推進 管理項 目 モ ニ タ リ ン グ 項 目

推進コンセプト

2006

2006

2005

2005

普及展開期

普及展開期

(max 3

(max 3

年)

年)

活用期

活用期

導入期

導入期

自発的

自発的

拡大期

拡大期

標準

標準

策定期

策定期

関心期

関心期

100% 100%

32%

24% 35% 72% ステップ3 良いPDQの CADデータ流通 ステップ2 PDQ基準の 業界標準化 ステップ1 PDQレベルの 可視化 ヤマハ 08/01 36%(5社) 100% 川崎重 ホンダ トヨタ 22%

27%

50%(7社) ダイハツ

35%

77%

35%(5社)

マツダ 06/12立案 日野 07/03立案

調査時期:2006年5月

50%(7社)

三菱自、富士重、日産、スズキ 三菱ふそう、いすゞ、日産ディ

(14)

100% 80% 60% 40% 20% 0%

PDQ準備展開状況

凡例 半径:PDQチェック率 色:OK率 XX率では、提出と受領の 平均とした。 会社比率を優先した。 0 20 40 60 80 100 80% 60% 40% 20% 0% -10% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 110% 120% Quality Stamp 適用率 PDQクライテリア遵守率

日産

クライテリア遵守率=100% Stamp適用率=100% チェック率=100% OK率=100%

富士重工

クライテリア遵守率=100%

三菱ふそう

クライテリア遵守率=58% Report適用率=0%

いすゞ

クライテリア遵守率=32% Report適用率=25% チェック率=25% OK率=100%

スズキ

クライテリア遵守率=59% Report適用率=0% チェック率=50% OK率=50%

日産ディ

クライテリア遵守率=100% Stamp適用率=0.1% チェック率=0.2% OK率=50%

三菱自

クライテリア遵守率=89% Report適用率=100% チェック率= 100% OK率=85%

調査時期:2006年5月

(15)

PDQガイドライン記載の

Quality Stampの実現

Quality Stamp

図形34項目の実現 (SASIG Subset 1)

(PDQガイドラインと同じ項目名、同じID、同じ尺度)

図形の

ヒーリング機能

図形以外27項目の実現(SASIG Subset 1)

(PDQガイドラインと同じ項目名、同じID、同じ尺度)

図形以外の

チェック機能

図形34項目の実現 (SASIG Subset 1)

(PDQガイドラインと同じ項目名、同じID、同じ尺度)

図形の

チェック機能

要求内容

PDQツール 要求事項

(16)

PDQツールのガイドラインへの適合状況 Geometry チェック機能 18 15 10 18 20 18 19 18 20 20 15 15 8 20 11 4 15 17 14 13 17 16 4 15 19 11 15 11 6 11 20 7 15 20 20 13 15 20 17 17 18 17 15 16 19 20 20 18 19 13 18 20 19 13 20 11 19 7 0 5 10 15 20 仕様 検証 テ ゙ー タ 数 検証 結 果 次V er 仕様 仕様 検証 テ ゙ー タ 数 検証 結 果 次V er 仕様 仕様 検証 テ ゙ー タ 数 検証 結 果 次V er 仕様 仕様 検証 テ ゙ー タ 数 検証 結 果 次V er 仕様 仕様 検証 テ ゙ー タ 数 検証 結 果 次V er 仕様 仕様 検証 テ ゙ー タ 数 検証 結 果 次V er 仕様 仕様 検証 テ ゙ー タ 数 検証 結 果 次V er 仕様 仕様 検証 テ ゙ー タ 数 検証 結 果 次V er 仕様 仕様 検証 テ ゙ー タ 数 検証 結 果 次V er 仕様 仕様 検証 テ ゙ー タ 数 検証 結 果 次V er 仕様 仕様 検証 テ ゙ー タ 数 検証 結 果 次V er 仕様 仕様 検証 テ ゙ー タ 数 検証 結 果 次V er 仕様 仕様 検証 テ ゙ー タ 数 検証 結 果 次V er 仕様 仕様 検証 テ ゙ー タ 数 検証 結 果 次V er 仕様 仕様 検証 テ ゙ー タ 数 検証 結 果 次V er 仕様 仕様 検証 テ ゙ー タ 数 検証 結 果 次V er 仕様 CAD Doctor

CAD fix spGate CADIQ Q-Checker

CAD Doctor

CAD fix spGate CADIQ Q-Checker

CADIQ CADIQ CADIQ CAD fix MZ-Checker

spGate CATIA V4 CATIA V5 I-DEAS UG STEP

P D Q 項 目数 (重 要 2 0 項 目)

PDQツールの適合化状況

図形の項目のチェック機能

2005年3月PDQツール検証結果

検証結果

仕様上

CADdoctor CADfix spGate CADIQ Q-Checker

(17)

各社個別では対応が難しい項目について、JAMAとして要求する

5悪(折れ・隙間・微小要素・自己干渉・縮退)への対応

(1)元から悪いPDQの要素を作成しないように

(2)しきい値を設定できるように

(3)作られるのであれば、PDQチェックができるように

(4)それを修正できるように

(5)修正の際に履歴を保持した状態できるように

CAD 要求事項

(18)

CADの適合化状況

1c.

悪いPDQデータの作成

以下は、CAD毎の『悪い』PDQデータ作成状況に関する集計である

■作成実験(Nativeデータ)-『悪い』PDQデータ集計

0 0 0 0 0 0 0 17 11 2 20 45 7 50 0 0 0 0 0 7 0 4 2 9 23 7 3 1 37 45 47 15 6 41 7 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% CAD名 作成率 ◎ ○ △ (×) × ◎ 37 45 47 15 6 41 7 ○ 4 2 9 23 7 3 1 △ 0 0 0 0 0 7 0 (×) 17 11 2 20 45 7 50

AIS CADCEUS CATIAV4 CATIAV5 IDEAS NX TOGO・ Caelum2SOLID

2005年3月CAD検証結果

上下を間違えて説明してしまいました。

赤線より上は悪いデータを作成してしまう割合であるため、

赤線が100%となることが目標でした。お詫びして訂正いたします。

(19)

まとめ

• 3Dデータの流通拡大に伴って、PDQ問題が大きく顕在

化してくることから、早めに手を打っておくことが必要

• 標準化活動は、一段落した

• 普及展開活動では

JAMAとしてPDQガイドラインの

適用を宣言

し、

展開準備状況を公開

展開拡大、適用準備を進めている

• PDQツールは適合化を進めているものの加速が必要

• CADは適合化に向けた開発元体制を作ることが必要

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :