PowerPoint プレゼンテーション

13 

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

Sublimation Ink for Textiles & Apparel

出力ガイド

グローバルマーケティング部

2016/7/11

Ver0.4

本内容は技術改善等により、予告なく変更する場合があります

自動色置換で指定色を簡単に出力

Artista Textile Color Collection

for Fluorescence

(2)

目次

2

1. ARTISTA TEXTILE COLOR COLLECTION

P.3

2.蛍光インクの効果・メリットとデメリット

P.4

3.蛍光インク対応機種・RIP・インクセット

P.5

4.カラーチャートデータ・スウォッチカラーファイル

P.6

5.自動色置換 準備(データ作成)

P.7

5-1.出力手順 RasterLink6を使用する場合

P.8

5-2.出力手順 TxLink3を使用する場合

P.9-10

6.RIPソフトによる色置換機能比較

P.11

付録①.マルチカラー出力(TxLink3のみ対応)

P.12

付録②.蛍光インクの転写条件

P.13

(3)

3

1.ARTISTA TEXTILE COLOR COLECTION

(for Fluorescence)

■ ARTISTA TEXTILE COLOR COLECTION( for Fluorescence )とは

・昇華転写におけるテキスタイルプリントで、ユーザー様の色指定工程を簡単にできるツール

《提供するもの》

①カラーチャート

プロセスカラーチャート・蛍光カラーチャートのEPSデータ

②デザインアプリ用カラースウォッチファイル

- Adobe

®

Illustrator

®

用カラースウォッチ(aseファイル)

- CorelDraw

®

用カラースウォッチ(cpl/xmlファイル)

③ Mimaki RIP用カラーコレクションファイル

- RasterLink6:カラーコレクションデータ

- TxLink3:Namedカラーデータ

《提供方法》

-デザインアプリ用カラースウォッチファイルおよびMimaki RIP用カラーコレクションファイルは、

RIPインストーラを使用して提供する

- カラーチャートはMimaki公式サイトより単独でダウンロード提供する

■ARTISTA TEXTILE COLOR COLLECTION 特長

・イラストレーター上でスウォッチカラーで色を指定できる

・RIPソフトから出力する際に、ソフト上での色置換作業が不要で自動置換できる

・カラーチャートデータがあるので生産側と発注側で同じ色が管理でき、色合わせの

時間が短縮できる

(4)

2.蛍光インクの効果・メリットとデメリット

4

■蛍光インクの効果

・蛍光インクを特色として画像の一部に使用することで、周りの基本色に比べて発色が際立つ

・スポーツアパレルやファッション等の色表現にメリハリを持たせられる

■蛍光インクのメリット・デメリット

メリット

・プロセスカラー(BL/M/Y/K)だけでは表現できない色域を表現することが可能

・ユニフォームやファッションで目を引くロゴや柄の色表現が可能

デメリット

・プロセスカラー(BL/M/Y/K)のインクに比べ、蛍光イエローの耐光性が低い

・蛍光色とプロセスカラーの混色の表現では、プロセスカラーの比率が多くなった場合

蛍光色の表現感がなくなってしまう

(5)

3.

ARTISTA TEXTILE COLOR COLLECTION

動作環境

5

RIP

対応ver

対応日程

TxLink3 Lite/Std/Pro

Ver3.1.3以降

2016年7月15日

RasterLink6

Ver6.5.0以降

2016年7月15日

機種

対応ファーム

TS300P-1800

Ver1.7.0以降

対応可能インクセット

6C+蛍光Y,蛍光P

4C+蛍光Y,蛍光P

Bl

M

Y

K

Lbl Lm

+

FY

FP

Bl

Bl

M

M

Y

K

+

FY

FP

■対応機種

■対応RIP

■対応インクセット

ソフト

対応Ver

Adobe

®

Illustrator

®

CS2以降

CorelDRAW

®

11以降※

■デザインソフト

※プリンタ導入時に、RIPソフトををご選択ください

※ご選択されるRIPソフトにより色置換機能に違いがあります(11ページ参照ください)

※CorelDRAW®のスウォッチファイルは、バージョンにより 使用できる拡張子が異なります ※CorelDRAW®X4以下の場合は「CPL」、 ※CorelDRAW® X5 以上の場合は、「XML」を使用して下さい

(6)

4.カラーチャートデータ・スウォッチカラーファイル

6

■カラーチャートデータ(EPSデータで提供)

・プロセスカラーと蛍光色を含むカラーチャートデータを提供

※カラーチャートは、プロセスカラーチャートと蛍光色チャート全7ページ

《プロセスカラーチャート(1ページ)》

・BL/M/Y/Kを使用したカラーチャート

・グレースケールチャート

《蛍光カラーチャート(6ページ)》

・蛍光イエロー、蛍光ピンクを使用した

カラーチャート

■スウォッチカラーファイル「Artista Textile Color Collection.ase」

・イラストレーターのスウォッチカラーに色指定用のファイルをインストール

【インストール方法】

①パソコン上のイラストレーターが入っているホルダーを

開き、スウォッチホルダーを開く

例:ローカルディスク(C:)⇒ Program Files ⇒ Adobe ⇒

⇒ Adobe Illustrator CC 2015 ⇒ プリセット ⇒ ja_JP ⇒ プリセット

②ファイル「Artista Textile Color Collection.ase 」を

スウォッチホルダーにコピーする

③イラストレーターのスウォッチライブラリーに

「Artista Textile Color Collection」ができる

カラー見本として出力し

データの色変更時に

活用できる

カラーチャートの番号とスウォッチカラーの番号が同じ番号でリンクしているので

RIPソフトで自動色置換設定が可能となります

Artista Textile Color Collection.ase

(7)

5.自動色置換 準備(データ作成)

7

■蛍光色データを作成する

【元データ】

《配色》 ボディ:赤(MY100%) 脇下/マーク:紺(CM100%)、マゼンタ(M100%)

【蛍光カラー変換データ】

《配色》 ボディ:蛍光イエロー(ASC-FL001) 脇下:蛍光ピンク(ASC-FL002)、蛍光グリーン(ASC-FL0011) マーク:蛍光バイオレット(ASC-FL072)

【色置換 操作手順】

1)メニューの「ウィンドウ」から「スウォッチ」を選択

2)「スウォッチ」を開き

「スウォッチライブラリー

メニュー」を選択

3)「スウォッチライブラリー

メニュー」内にある

「 Artista Textile Color

Collection 」

を選択

4)「Artista Textile Color

Collection」のスウォッチ

ライブラリーが表示される

5)元データの各色を選択し

変更したい色を「 Artista

Textile Color Collection」の

ライブラリーの中から選択

6)元データが蛍光カラーに

置換したデータが簡単に

作成できる

スウォッチライブラリー メニューを選択

※カラーチャートに同じ番号の

カラー番号が振られているので

色見本として活用できます

※グラデーション色置換に関しては、11ページを参照ください

(8)

5-1.RasterLink6を使用する場合

■蛍光色を自動置換⇒出力条件設定⇒出力

【操作手順】

1)RasterLink6を立ち上げ、メニューバーの

「ツール」から「カラーコレクション」を

選択

2)カラーコレクション内の

「Artista Textile Color Collection」を選択(☑)

※RsaterLink6 Ver6.5.0以降からカラーコレクション内に

「Artista Textile Color Collection」が追加されています

3)ツールバーの「色置換設定」を選択

4)イラストレータのスウォッチカラー「Artista Textile Color

Collection」で指定した色が自動的に色置換されている

5)ツールバーの「実行」でプリンタに出力

拡大

入力:Artista Textile Color Collectionの番号 出力:Mimaki設定の配色値(蛍光含む)

※カラーチャートデータもカラーコレクションの入力番号と同じ

(9)

9

5-2.TxLink3を使用する場合

■蛍光色を自動置換できるように設定

【操作手順】

1)ミマキWebページよりプリンターのカラー数に合わせてカラーセット名に

「FyFp」が入っているプリント環境ファイルをダウンロード

(※)カラーセットの“+”の有無により色再現が異なります。P.12を参照のこと。

2)TxLink3立ち上げ、プリント環境を保存先のフォルダーからインポートする

3) メニューの「ツール」から「オプション」を選択

4)オプション内の「プレファレンス」の「画像」内の「カラーマネージメント」にある

「PostScript/PDF」を選択

5)下記の4項目に☑を入れる

《チェック項目》 □ スポットカラーの色置換に「Namedカラープロファイル」を使用 □ Postscript/PDF Interpreterを使用して、カラーマネジメントを行う □ PDF/X及び詳細設定を表示 □「Namedカラープロファイル」を使ってDeviceN カラースペースを変換

(10)

10

5-2.TxLink3を使用する場合

■スウォッチライブラリーをTxLink3にインストール

【操作手順】

1)プリント環境の設定画面を開き[拡張]を選択

2)[Namedカラープロファイル]欄の[外部]チェックボックスを

ONにする

3)ドロップダウンリストより「Artista Textile Color

Collection.icm」を選択

※TxLink4.1.3以降からNamedカラープロファイルとして

「Artista Textile Color Collection」が追加されています

4) プリント設定画面を【OK】で閉じる

5)メニューより[ツール]-[カラー&特殊機能]-[Namedカ

ラー]を選択し、Artista Textile Color Collectionが

表示されることを確認

■蛍光色を自動置換⇒出力

【操作手順】

1)プリントするデータを開く

2)イラストレーターの「Artista Textile Color Collection」を使用して作成した

データはTxLink3で開くと自動的に色置換される

3)プリントを選択して、出力を行う

《自動色置換で出力する場合のデータ作成時の注意事項》

・自動色置換をする場合は、RasterLink6/TxLink3ともにイラストレーターの

スウォッチカラーライブラリーの「Artista Textile Color Collection」を使用して

色指定を行ってください

・データ上の色番号とRIPソフト側の色番号が異なってしまうと自動色置換が

されません

(11)

11

6.RIPソフトによる色置換機能比較

■RIPソフトの色置換操作の比較

項目

RasterLink6

TxLink3

ウォッチカラー 「Artista Textile Color Collection」 の自動色置換

「Artista Textile Color Collection」のカラー番号を設定した色を自動色置換

⇒P9で説明

「Artista Textile Color Collection」のカラー番号を 設定した色を自動色置換

⇒P9で説明

ウォッチカラー 「Artista Textile Color Collection」 の濃度変化を色置換 に反映

「Artista Textile Color Collection」の濃度をイラ ストレータ上で調整すると、入力の色%が変わって しまうため、色置換に反映できない ※入力のカラー番号(名前)が同じなので、 濃度の薄い色を置換する為の追加ができない ※イラストレーター上でスポットカラー設定必要

「Artista Textile Color Collection」の濃度をイラス トレーター上で調整しても、カラー番号が同じであれ ば、濃度差も反映してくれる 出力結果を確認するプリフライト機能で、吐出してい るインクカラーを確認(濃度差が反映されている) ウォッチカラー 「Artista Textile Color Collection」 を使用したグラデー ション色置換

「Artista Textile Color Collection」を使用したグ ラデーションデータの色置換は出来ない

※RasterLink6では、グラデーションを色置換する 場合、単色(K100%)を蛍光イエローもしくは 蛍光ピンクへの置換しかできない

「Artista Textile Color Collection」を使用したグラ デーションデータも自動色置換可能 出力結果を確認する プリフライト機能で 吐出しているインク カラーを確認 (蛍光色グラデー ションが反映) ASC-FL002 100% ASC-FL00250% ASC-FL00220% 3色ともすべて同じ 「ASC-FL002」で 濃度を変更 濃度の薄い2色は、色置換 されずに出力される 色置換 される A SC -FL 002 100 % A SC -FL 001 100 % 入力データの読み取りができない ため、色置換操作もできない ASC-FL002 100% ASC-FL00250% ASC-FL00220% 3色ともすべて同じ 「ASC-FL002」で 濃度を変更 チャンネル9:蛍光ピンクのカラー版 ASC-FL002 100% 出力結果表示 ASC-FL002 50% 出力結果表示 ASC-FL002 20% 出力結果表示 A SC -FL 002 100 % A SC -FL 001 100 % チャンネル8:蛍光イエローのカラー版 チャンネル9:蛍光ピンクのカラー版 AS C -F L 0 0 1 100% 出力結果表示 AS C -F L 0 0 2 100% 出力結果表示

(12)

12

付録①:マルチカラー出力(TxLink3のみ対応)

■マルチカラー出力とは

・プロセスカラー(BL/M/Y/K)に加え蛍光色(蛍光ピンク/蛍光イエロー)を含んだ

iccカラープロファイルを使用することで、より明るく鮮やかな色表現が可能になります

・グラフィックの表現全体を明るく鮮やかにすることが可能です

6色+蛍光でプリントしたグラフィック 6色でプリントしたグラフィック

【マルチカラー出力のデメリット】

・鮮やかな表現になり過ぎ、濃度が薄くなる場合がある

・色によっては、蛍光色を含むため実際の色と異なった

色再現となる

■TxLink3設定方法

6色の表現に比べて色が鮮やか

①ミマキWebページよりカラーセット名に “+”を含まないファイルを選択し、 ダウンロードしてTxLink3にインストール ②メニューの「ツール」から「オプション」を選択、「プレファレンス」ー「画像」ー 「カラーマネージメント]ー「PostScript/PDF」を選択 CMYKデータの入力プロファイルとして“WideMimaki2013forSign.icm”を選択 ※”+”の有無により以下のように色再現が異なります。 +なし BMYKFyFp等 マルチカラーで出力します。色置換していない箇所 にも蛍光カラーが使用されます。 +あり BMYK+FyFp等 プロセスカラーで出力します。色置換しないと蛍光 カラーは使用されません。 どちらの環境ファイルでも、蛍光カラーの自動置換が行えます

(13)

13

付録②:蛍光インクの転写条件

0.00 0.20 0.40 0.60 0.80 1.00 1.20 1.40 1.60 0% 20% 40% 60% 80% 100%

蛍光Pink反射濃度

MIMAKI 200℃60sec MIMAKI 200℃75sec 0.00 0.20 0.40 0.60 0.80 1.00 1.20 1.40 1.60 0% 20% 40% 60% 80% 100%

蛍光Yellow反射濃度

MIMAKI 200℃60sec MIMAKI 200℃75sec

【蛍光色推奨転写条件】

200℃, 75秒

【蛍光インクの転写時の注意事項】

・蛍光インクは、通常色の昇華インクよりプレス温度を高くするまたは、プレス時間を長くする

必要があります

・通常の転写条件である200℃60秒の場合、発色濃度が低下する傾向があります

※転写温度や転写時間が長くなる為、生地の伸縮や硬化が発生する場合がありますので

事前のテストをお勧めいたします

・蛍光インクは、通常の転写条件の200℃,60秒の場合濃度が低下します

・推奨の転写条件にてプレス加工することをお勧めいたします

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :