PowerPoint Presentation

37 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)
(2)

Technical Presentation 概要

 Rotax – 2017エンジン  オーバービュー  メンテナンスチャートの見直し  Line-up –改良点と新しい特徴  スパーク  GTIシリーズ  GTR  GTXシリーズ  PDI – 2017モデルに関して

(3)
(4)

Rotax – エンジン概要

2017年従来と同じ  900 ACE & HO

 Spark と GTI  1503 NA 155

(with rear throttle body configuration)  GTX S only  1630 ACE 300

IMPROVED

1503 HO

260

1503

130

& NA

155

NEW

1500 HO ACE

230

(5)

1503 HO 260 – 改善ポイント

 スーパーチャージャー  ダイナミックバランス改善 

メンテナンスフリー*

 RXT 260 とGTX Limited S 260に使用 *激しい使用条件下ではスーパーチャージャーの200時間毎か2年間毎に点検が必要です。

(6)

1503 130 / NA 155 – 改善ポイント

内部のパーツを

共通化

 ECM キャリブレーションの違い (130 vs 155)

1630

ACE 300より

 バルブカバーオイルフィラーキャップ付き  スキャベンジポンプカバー オイルフィラーチューブ取り外し  イグニッションコイル ボルト留め仕様  水の シーリング に対して有効  イグニッションのエネルギーが倍に (35mJ vs 16mJ)

(7)

1500 HO ACE 230 – 紹介

4-Tec 215

から

ACE 230に

進化

A

dvanced

C

ombustion

E

fficiency

全ての細かい部分を改善し最適化し

結果として性能、効率を高めた

レギュラーガソリン

対応

(8)

1500 HO ACE 230 – 実績のあるデザインと技術を使用

1503 HO 260

 “メンテナンスフリー ”スーパーチャージャー  外部 インタークーラー 使用 75% 向上 冷却容量 215との比較 *激しい使用条件下ではスーパーチャージャーの200時間毎か2年間毎に点検が必要です。

(9)

1500 HO ACE 230 -実績のあるデザインと技術を使用

1630 ACE 300

 シリンダーヘッド より良い熱交換効率  バルブカバー オイルフィラーキャップ一体化  スキャベンジポンプカバー オイルフィラーチューブ取り外し  イグニッションコイル ボルト留め仕様  水の シーリング に対して有効  イグニッションのエネルギーが倍に (35mJ vs 16mJ)  エンジンハーネス と センサー  プラズマコーティング テクノロジー メタルスリーブに対してのメリット:  スムーズ、硬度UP, より良い熱交換  摩擦低減 結果として燃焼効率向上

(10)

メンテナンスチャートの改訂

Engines

First

maintenance

Supercharger

maintenance

1630 ACE

300 50h/1year Maintenance Free*

1503 HO 260

1500 HO ACE

230 100h/1year Maintenance Free*

1503 130/155

900 ACE & HO

60/90 100h/1year -

(11)
(12)

Spark-新しいTrixx パッケージ

 2up HO iBR 仕様  専用カラー仕様  4 つの特徴

(13)

Trixx – 独自のステアリングシステム

より高く、より広く、強固な

ハンドルバー 

新しい

スィッチ

ハウジング

カバー

新しいコンソール

:  新しいステアリング

コラム

 新しい配線と取り回し

(14)

Trixx – アジャスタブルアルミライザー付きハンドルバー

150mm (6”) 従来の長さ(705mm)+50mm (2”)

(15)

Trixx – 新しいステンレススチールハンドルバー

 新しいスィッチハウジングとカバー

(16)

Trixx – 新しいコンソールと配線

新しい

ステアリングコラム

に使用

新しい

配線

の取り回しに適合した設計

(17)

Trixx パッケージ – 独自のリアステップウェッジ

以下の部品が含まれます:

 マット  サポート  ブラケット  他のスパークではパーツ 入れ替えとなります

(18)

Trixx パッケージ –独自のリアステップウェッジ

 リアのインサート部分の補強

は2017モデルのリアパネル のみ対応

(19)

Trixx – レンジを拡張した Variable Trim System (VTS)

 独自の iBR

キャリブレーション

が ノーマルに比較し

2倍の

VTS

レンジ を提供  新しい VTS 用ランプを 2017全ての Sparkラインナップに設定

(20)
(21)
(22)

New GTI

68kg

軽量化

NEW

GTI

POLYTEC

ハル

 スタンダードGTI アッパーデッキはFRP とゲルコート仕上げ  実績のある

900 ACE HO

パワーパッ クとドライブシステム  1503 ジェットポンプ

+

(23)

GTI – 軽量化のメリット

0-50

km/h

3,33s

Top speed

同等

as GTI SE 130

数マイル

less than GTI SE 130

(24)

GTI – ボディとハル

ハルとデッキボルト止め

– 接着剤無

特徴

: 

シートの下に

迅速にアクセス可能

 アッパーデッキを取り外し、フルアクセス 可能  SPARKと同じタイプのラバーガスケット使用  新しいサイドバンパー ノート: 2017ラインナップにも使用  吊り具は従来のもの使用可  インサートナットに対して安全な位置に吊 り具の力がかかる

(25)

GTI – ハル

新しい GTI Polytec ハル

 外観形状は従来の GTI ハルと同じ 

着色材質

使用でスクラッチ傷等が 目立ちにくい 

実績のある

強度をクリアしたPWC 用の材質 

軽量

 Replaceable 交換可能  Repairable 修理可能  Recyclable リサイクル可能

CM-Tec

Polytec

(26)

GTI – ハル

新しいスポンソン

GTI & GTI SE

のみ

(27)

GTI – エンジン

 Sparkと同じショートブロック  ECM キャリブレーションは異な る  ECM エアボックス上に配置  1503 GTI フュエルタンク  1503 エアボックス使用  900 ACEにつなげるホースは 新作

(28)

GTI – 排気システム

 900 ACE HO マフラー  1630 レゾネーター

 排気口フィッティングはハルの一部分になっ

(29)

GTI – 推進システム

 1503 GTI ポンプ使用、新しいインぺラとウェアリング 約150mm  新しいドライブシャフト

 カーボンリングは無

(30)

GTI – 電装システム

 共通化 900 ACE エンジンハーネス  メインハーネスを簡素化.

(31)
(32)

 RXP-X デザインと外観:  2 シーター  エルゴロックシステム  新しいカラーリング  GTR ハルとスポンソン  1500 HO ACE 230

(33)

GTR-X 230 はもっともリーズナブルなX モデル

GTR Hull

RXP-X Deck

(34)

GTR-X 230 – 新しいアッパーデッキ構造

外観品質向上:

 サーモフィルムフィニッシュ  ゲルコートより傷つきを防ぐ  多層サーモフォームドシート (アクリルとABS樹脂)  アクリル塗料にて修理可能  修理コストの削減

構造:

 CM-Tec (クローズドモールド技術):  内部構造の寸法精度向上  内側のなめらかな仕上げ  BRP独自の製造方法

(35)
(36)

GTX- サスペンション構造をシンプルに

 RXT-X aS 260はラインナップから外れる  GTX Limited iS 260 は GTX Limited S 260  GTX S 155 と GTX limited S 260 は: 

14cmのサスペンショントラベル量

マニュアル調節

シート下の部分で乗員重量による

(37)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :