目次 札チャレ通信 9 月号 発達障がい研修会を行いました HIV/AIDS 出張研修を行いました 札幌市障がい者 ITサポートセンター事業 平成 29 年度 11 月パソコン講習のご案内 札チャレ講習のご案内 就労移行支援グループ紹介 1

16 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

HSK

札 チ ャ レ 通 信

昭和48年1月13日第3種郵便認可 HSK通巻546号Vol.193 発行:平成29年9月10日発行(毎月10日発行) 編集:〒060-0807 札幌市北区北7条西6丁目1番地北苑ビル2階 NPO法人 札幌チャレンジド TEL:(011)769-0843 発行:HSK北海道障害者団体定期刊行物協会 定価:30円(年会費に含まれる)

月号

各種研修会を行いました

札幌市障がい者ITパソコン講習のご案内

札チャレ講習のご案内

後日差し替え

(2)

目次

札チャレ通信9月号

03

...

04

...

05

...

07

...

札チャレ講習のご案内

10

...

就労移行支援グループ紹介

11

...

就労継続支援(A型)グループ紹介

12

...

就労移行支援・就労継続A型メンバー募集

13

...

「コラム パソコンQ&A」

14

...

事務局日誌

札幌市障がい者ITサポートセンター事業

平成29年度 11月パソコン講習のご案内

発達障がい研修会を行いました

HIV/AIDS出張研修を行いました

(3)

「 発達障がい研修会を行いました 」

講習グループ リーダー 飯村 富士雄(いいむら ふじお) 本年4月より開始しました札幌チャレンジドの放課後等デイサービスも9月で半年となり、 利用者の数も30名に達しました。 スタッフ一同、日々児童とのふれあいを楽しませていただいています。でも、児童たちはどう なのでしょうか。果たして自分たちは間違った対応をしていないだろうか?どれだけ児童を理 解できているのだろうか?という不安、スタッフだけでは見えない問題があります。 それで、「そうだ、先生に聞いてみよう!」ということで7月29日、札幌学院大学人文学 部人間科学科の二通諭(につう さとし)教授に講師としてお越しいただき、「自閉症ス ペクトラムに焦点を定めながら発達障害を概観する」と題する研修会を実施いただきまし た。ボランティアさん、児童デイスタッフ、職員、併せて16名の受講です。 前半は二通先生による講義。ご自身の年少期の体験とその克服からはじまり、学校・教 室の現場での実例によるもの。詳細をここに記載する余裕はありませんが、児童の発するシ グナルに気が付かないままによる「善意ある対応」の孕む問題、一見奇異と思われる行動 や表現からどういう意味を見出すか等々、通常のものの見方が問われる、たいへん示唆に 富むものでした。 後半は質疑応答。主に放課後デイの現場で直面する問題についての質問とアドバイス がありました。 札チャレで学ぶ児童、働くチャレンジド、それぞれにとって札チャレが通いたくなる場である よう、多くのアドバイス今後とも必要と改めて考えました。

(4)

「 HIV/AIDS出張研修を行いました 」

就労移行支援グループ リーダー 大山 珠美(おおやま たまみ) 8月1日、北海道大学病院HIV相談室のソーシャルワーカー富田様にお越しいただ き、職員10名が「HIV/AIDS出張研修」を受けました。この出張研修は、北海道大学病 院HIV相談室が、医療・介護・福祉関係者等に平成23年度から行っているものです。 当日は、HIV感染症の歴史や基礎知識、HIVとAIDSの違い、HIVに関わる社会資 源や就労に関してなど、様々なお話を聞くことができました。 今回の研修で、HIVは感染力が低いということや、早く見つかれば薬でウイルスを減らせ てAIDS発症を防げることを知りました。北海道はHIVの検査に行く人が少ないというお話 もありました。また就職に関しては、働いているけれど職場には伝えていないという人が多いと いうお話もありました。 日ごろHIV感染症について正しい知識を得る機会が少なかったので、今回はとても良い 学びの場となりました。「知らない」とい うことが「不安」や「偏見」につながらな いように、これからも学びを続けていき たいと思います。

(5)

札幌市障がい者ITサポートセンター

平成29年度 パソコン講習のご案内

今月は11月の受講者を募集いたします!!Windows10のパソコンで講習します。 この「パソコン講習」は、団体講習のクラスと、講師と受講者の一対一での個別講習のクラスを用 意しています。 1 対象者 札幌市内にお住まいの、障がいのある方。(年齢は問いません) 「はじめてのパソコン入門」コースはパソコンに初めて触れる方が対象。その他のコースは文字入 力ができる方が対象です。 2 講習内容 (1)[はじめてのパソコン] ①パソコンの基本操作(電源の入れ方からマウスの操作など) ②文書の作成(文字の入力、文章の作成、ファイルの保存など) (2)[ワード入門B] パソコン入門から次を目指す方への講座。パソコンで文字を入力できる方が対象です。文書 作成ソフトのワードでイラストなどを利用して年賀状、ハガキをつくりながら、これだけは先ず覚えて ほしい基礎を学びます。 (3)[エクセル入門B] パソコンで文字を入力できるが、表計算ソフトのエクセルを全く使ったことがない方や、少し使 えるがよくわからない方が対象です。表作成の基礎と簡単な計算式を学び、作成例題としてカレ ンダーを作成します。 (4)[iPad基本] 電源の入れ方からはじまり、基本的な機能と操作の入門です。 3 クラス区分 (1)[筆談]:団体のクラス。聴覚に障がいのある方は筆談のサポートが対応します。 (2)[手話]:団体のクラスですが、聴覚に障がいのある方には手話通訳が対応します。 (3)[個別]:視覚に障がいのある方、視覚と聴覚の両方に障がいのある方、重度の障がいの ある方等、講師との一対一での指導を必要とする方の為のクラスです。

障がいのある方を対象とした

パソコン・iPad講習会のご案内

(6)

4 受講時間 1人あたり10時間(週に1回2時間30分,4週間にわたり受講します) 5 募集定員等

「11月講習内容」

6 講習会場 札幌市西区二十四軒2条6丁目 札幌市身体障害者福祉センター (地下鉄東西線「二十四軒駅」下車。1番出口から徒歩2分。エレベーターは4番出口です。) 7 受講料 2,000円(2.5時間 × 4回分) 8 申込み方法等 区役所等に設置されている案内書の申込み用紙に、必要事項を記入のうえ、 9月29日(金)までに郵送またはファックスにてお申込みください。 9 申込み及び問合せ先 〒060-0807 札幌市北区北7条西6丁目1 北苑ビル2階 札幌市障がい者ITサポートセンター TEL:011-769-0841 FAX:011-769-0842 10 受講の決定 応募者が多数で定員を超えた場合は、抽選で受講者を決定します。そのため、応募状況に よっては受講できないことや日程等の調整をさせていただくことがあります。 コース 区分 曜日 実施日 時間帯 定員 はじめてのパソコン 3 月曜 6日、13日、20日、27日 午後2時~4時30分 2 はじめてのパソコン 1 火曜 7日、14日、21日、28日 午前10時~ 午後0時30分 6 iPad基本 3 火曜 7日、14日、21日、28日 午後2時~4時30分 2 ワード入門B 1 木曜 2日、9日、16日、30日 午前10時~ 午後0時30分 6 エクセル入門B 1 木曜 2日、9日、16日、30日 午後2時~4時30分 6 ※11月23日(祝・木)は休みです。 〇区分1:団体の講習。聴覚に障がいのある方には筆談のサポートが対応します。 〇区分2:団体の講習。聴覚に障がいのある方には手話通訳の対応を用意します。 〇区分3:視覚に障がいのある方、視覚と聴覚の両方に障がいのある方、重度の障がいのあ る方等、講師との一対一での指導を必要とする方の為の個別指導クラスです。 「平成29年度 パソコン講習のご案内」

(7)

札チャレ講習のご案内(10月)

● 金額の表示は全て税込みです。 ● 今年度(29年4月~30年3月)初めての受講の方は、年会費1,000円をお納めください。 ● 開催中止の場合のみ、受講申込の方、ボランティア希望の方へご連絡いたします。

第3弾 GIMP入門講座

木曜(午前 6回) 受講日・時間 2017年10月19日~11月30日(11月23日 休 み)午 前 ク ラ ス(10時~12時半) 受講料 7,800円 テキスト代 1,080円 チャレ 600チャレ(¥3,000相当)まで使用可。 対象者 パソコンの基本操作(マウスのクリック・ダブルクリック)ができる。文書の保存と 呼び出しができる。 締 切 10月12日(木曜) 講師 前田 和範 詳 細 毎回好評の人気講座で第3弾になります。無料で使える高機能フォトレタッ チソフト「GIMP 2.8.22」の基本的な使い方を学習していきます。 これからGIMPを使い始める人はもちろん、もう一度GIMPの復習をしたい人に もおすすめです。 ★フォトレタッチソフト:写真、画像を加工・編集するソフトです。 画像の切り抜き、赤目補正、明るさ調整などの編集ができます。 ※持参するもの:USBメモリ(持っている方) ※定員は8名。この講習は受講者3名以上で開催されます。 ※市販テキスト使用のため、申込締切日後に受講をキャンセルの 場合はテキストのみご購入いただきます。

(8)

札幌チャレンジド行き FAX番号:011-769-0842 ※以前に申し込んでいる方はお名前と電話番号及び受講希望講座だけをお書き下さい。

参加申し込み用紙

(ふりがな) お名前 電話番号・ファックス 〒 住所 E-mailアドレス ◆講座名の「受講」あるいは「ボランティア」に○印をつけて下さい。 ・第3弾 GIMP入門講座・・・・・・10/19~11/30(木)午前 ● 受講 ■ ボランティア (11/23休み) ◆受講の方はご記入下さい *車椅子は ・使用している ・していない *パソコン使用歴 ・およそ 年 (またはおよそ カ月) *パソコン講習受講中に、どのような補佐が必要ですか? (注:要約筆記、手話通訳の手配はご自身でお願いいたします。) *さしつかえなければ、どのような障害かお書き下さい。 ◆ボランティアの方はご記入下さい *ボランティア保険の加入 ・加入済み ・未加入 *セミナーサポーター登録 ・登録済み ・未登録

(9)

2017/September(9月)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 午前 はじめての Windows10① 15 16 17 18 敬老の日 19 20 21 午前 はじめての Windows10② 22 23 秋分の日 24 25 26 27 28 午前 はじめての Windows10③ 29 通信発送日 30

2017/October(10月)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

1 2 3 4 5 午前 はじめての Windows10④ 6 7 8 9 体育の日 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 午前 第3弾GIMP 入門講座① 20 21 22 23 24 25 26 午前 第3弾GIMP 入門講座② 27 通信発送日 28 29 30 31

(10)

就労移行支援グループ紹介 ㊿

「 メンバーさんにインタビュー! 」

就労移行支援グループ スタッフ 赤坂 かおり(あかさか かおり) 今回は、今年の4月から移行支援のメンバーになった、ペンネームマスカットさんにインタ ビューをしたいと思います!

Q.自己紹介をお願いします

初めまして。マスカットです。趣味は料理と読書です。

Q.好きな講習はなんですか?

私の好きな講習は日商PCの資格を取るのに必要な「検定対策」という講習です。 「検定対策」を教えてくれるパソコン講師の石島先生の講習は、とてもスムーズで分かりす いので頭に入りやすいです。

Q.今、頑張っていることはなんですか?

今、頑張っていることは、パソコン講習とビジネスマナーの電話応対です。 電話応対は、まだそこまで上手くはできませんが、何回か練習を重ねて上手く出来るよう になりたいです。

Q.最後に一言お願いします

札チャレに入ってまだ3か月ですが、これから色々なことを学んでいきたいと思っています。

マスカットさん、ありがとうございました!

(11)

就労継続支援(A型)グループ紹介 ㊾

「障がいのある方の全国テレワーク推進ネットワーク

(全障テレネット)

」発足のお知らせ

就労継続支援(A型)リーダー 佐藤 美貴(さとう みき) ITを活用した障害者の就労・就職支援を行っている全国の8団体が、平成29年6月15 日、「障がいのある方の全国テレワーク推進ネットワーク(全障テレネット)」を発足いたします。 【背景と目的】 現在、国の「働き方改革」の後押しもあり、障がいのある人に「在宅テレワーカー」として力を発 揮してもらうことを考える企業も増えてきました。数年後には法定雇用率が引き上げられることが 決定し、こうした新しい雇用の形は更に注目されることが予想されます。一方で、企業で雇用さ れて働くことは困難であっても、ITを使った仕事で社会と繋がりを持ちたいと考え、フリーランスや 社会就労のサービスを利用する方々も大勢います。 そこで、長年障がいのある方のテレワークに関わる支援を行っていた団体が集結し、より積極 的なテレワーク推進を目的として、全国的なネットワーク組織を発足することといたしました。団体 メンバーは、北海道、関東、中部、中四国と広域であり、かつ、その組織の形も、非営利団体、 企業、第3セクターなど多様であるのが特徴です。 【ネットワーク団体】 特定非営利活動法人札幌チャレンジド(札幌市)<共同代表>/社会福祉法人 東京コロニー(東京都)<共同代表>/特定非営利活動法人ぶうしすてむ(愛媛 県)<共同代表>/特定非営利活動法人バーチャルメディア工房ぎふ(岐阜県)/ 株式会社沖ワークウェル(東京都)/株式会社広島情報シンフォニー(広島県)/ 一般社団法人えひめICTチャレンジド事業組合(愛媛県)/社会福祉法人かがわ 総合リハビリテーション事業団(香川県) 【当面の具体的な活動】 主に次のように、「働き方モデル・支援モデル検討分科会」「共同受注分科会」「広報・啓発活動 分科会」といった分科会の活動を予定しています。今後の情報につきましても随時、当通信や facebook等で発信してまいりますので宜しくお願いいたします。

(12)

就 労 移 行 支 援 メ ン バ ー 募 集

札幌チャレンジドでは、現在、Adobe・illustrator を使い、 イラスト・デザイン業務のお仕事を担当いただけるチャレンジドの 方(障がいのある方)を増員募集しています。(就労継続 支援サービス利用対象者に限ります) 現在増員募集のイラスト・デザイン業 務は、障害者アートのような芸術的な作品づくりではなく、クライアン トさんのニーズにあわせて商用イラストを作成する業務になります。 (左右のイラストを参照ください) 興 味 の あ る 方 は、メ ー ル challenged@s-challenged.jp または電話(011-769-0843)にてお問い合わせください。 就労G(就労継続支援A型)担当:佐藤、林、千葉、髙井

就労グループメンバー募集 【イラスト・デザイン業務の増員募集】

【2種類の雇用体系】 札幌チャレンジドでは「A型サービス利用」「雇用契約」の2種類の雇用体系でチャレンジドに 合った雇用をサポートしています。「まだフルタイムの就労には自信が無い」方もご相談ください。 働き方もチャレンジドの方の体調・能力にあわせた『働く』を支援いたします。 就労移行支援グループでは、企業で働くための社会人基礎力を育成し、就職活動の サポートをします。ご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。 ~主な訓練内容~ ※利用は体験講習のあと順次面談を行い、選考させていただきます。 《お問い合わせ・お申し込み》 NPO法人 札幌チャレンジド 就労移行支援グループ(大山・栄田・赤坂) 電話:011‐769‐0843 FAX:011‐769‐0842 メール:challenged@s-challenged.jp 1.スキルアップ訓練 2.コミュニケーション訓練 3.就職活動に向けた準備 4.グループワーク 5.実務訓練 6.資格取得学習 これらをベースとした50以上のプログラムで「社会人基礎力」を身につけます!

(13)

コラム 「パソコン Q&A」

(参照 「パソコンQ&A ブログ・ポポックルの部屋」 http://pasoo9.blog95.fc2.com/) Q.名前(ファイル名)を変更したら、「拡張子を変更すると、ファイルが使えなくな る可能性があります」と表示されました。どうすればいいですか? A. 拡張子を表示させた状態で、ファイル名を変更する際に、拡張子の変更、または、 削除(拡張子がない状態)を行おうとしたときに表示される警告です。 拡張子とは、ファイルの末尾に付いている「 .(ピリオド)+ 3~6文字の英数字」で、ファ イルの種類を示すのに使われます。 この警告が表示されたら通常は 「いいえ」をクリックし、拡張子はそ のままの状態にします。 Windowsは拡張子でファイルの 種類を識別するので、変更すると そのファイルを正しく扱えなくなり、 トラブルの原因になるので、理由 がなければ拡張子を変えないでく ださい。 拡張子が表示さ れているとき

(14)

札チャレ事務局日誌(7月 ~ 8月)

日時 できごと 7月28日 札チャレ通信8月号の発送日。 発送ボランティアの皆さん、いつも本当にありがとうございます。 7月29日 「発達障がい研修会」を行いました。詳しくは本号 3ページをご覧ください。 8月1日 「HIV/AIDS出張研修」を行いました。詳しくは本号 4ページをご覧ください。 8月17日 移行支援の講習で外部講師を招き、「カラーコーディネート」を開催しました。 メンバーのみなさんは自分に合う色を知ることができ、今後の参考にすると感想 を言っていました。

(15)

札幌チャレンジドでは、様々な活動を支えてくださるボランティアさんを募集し ています。パソコン講習会での手話通訳、要約筆記をはじめ、札チャレ通信の 印刷・発送のお手伝いを頂ける方を募集しています。 お手伝いいただける方は、事務局までご連絡ください。 ボランティア登録をさせていただき、お願いしたい時に随時連絡をさせていただ きます。 詳しくは、ホームページの「ボランティアがしたい」のページをご覧ください。 (ホームページアドレス:http://s-challenged.jp/?page_id=213)

1.郵便振替 郵便局においてある振替用紙でお納めいただく (1,000円の場合は窓口手数料130円、ATM手数料80円) <振込先>口座番号 02750-5-1346 「特定非営利活動法人 札幌チャレンジド」 2.銀行振り込み (北洋銀行から1,000円を振り込む場合、手数料108円) <振込先>北洋銀行 札幌西支店 普通 3966083 「特定非営利活動法人 札幌チャレンジド 理事長 加納尚明」 3.現金書留で送っていただく 4.札幌チャレンジドの事務所にお持ちいただく 5.訪問講習を受けている方は、訪問講師にお預けいただく 「 札 チ ャ レ 通 信 」 次 号 の 発 送 は 9 月 2 9 日 ( 金 ) を 予 定 し て い ま す 。

◆◆ 札チャレ通信についてのお知らせ ◆◆

この度札幌チャレンジドは、年間11回発行しています「札チャレ通信」の掲載

内容及び発行サイクルを見直しすることに致しました。

見直しの概要としましては、従来通りの「札チャレの活動報告」の掲載での発

行を4月、7月、10月、1月の年4回とし、他の5・6・8・9・11・12・3月の7回

はITサポートセンターパソコン講習会と札チャレ講習会の案内の掲載内容で検

討を進めております。詳細が決まりましたら改めてご案内いたします。

(16)

HSK 札幌チャレンジド通信 昭和48年1月13日第3種郵便物認可 発行:平成29年9月10日(毎月10日発行) HSK通巻546号 Vol.193 編集人:札幌市北区北7条西6丁目1番地北苑ビル2階 NPO法人 札幌チャレンジド TEL:(011)769-0843 FAX:(011)769-0842 発行人:HSK北海道障害者団体定期刊行物協会 定価:30円(年会費に含まれる)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :