• 検索結果がありません。

若者の声に耳を傾けた「教育改革」か

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "若者の声に耳を傾けた「教育改革」か"

Copied!
2
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

Bungaku Kyouiku Kenkyuusya Syuudan

NII-Electronic Library Service Bungaku  Kyoulku  Kenkyuusya  Syuudan

若者

教育改革

 

の 風 が 感 じ ら れ る の で 、 新 聞 投 書 欄 に よ く 目 を 通 す 。 特 に こ の ご ろ 増 え て き た 若 者 の 投

に 注 目 し て い る 。

直 な 物 言 い に ハ ッ と す る こ と が 多 い 。 三 月 の 投 書 は

 

「 イ ラ ク 関

が 増 え 普 段 よ り 千 通 多 か っ た 。

い 層 の 投

も 目 立 ち 一 〇

二 〇 代 特 集 ( 二 七 日 の イ ラ ク 問

) に は 同 世

か ら 即 日、 次 々 と メ ー ル で

響 が あ っ た 」 ( 三 月 二 九 日 付 朝 日 新 聞 「 今 月 の 投 書 」 ) と い う こ と だ 。 反

さ も 若 者 の

徴 な の だ ろ う か 。 手 元 に あ る 購 読

の 朝 日

の 切 抜 き か ら、 私 の 印 象 に 残 っ て い る 若

の 声 を 幾 つ か 拾 っ て み た 。 全 文 引 用 で は な い の で

前 を

さ ず に イ ニ シ ャ ル に し た こ と を お 断 り し て お く 。   一 四 歳 の

M

さ ん は 「 憎 し み の 連 鎖 断 ち 切 り た い 」 と

え る 。 「 戦 争 に よ っ て 命 を

と す 人 々 の 中 に は 何 も 知 ら な い 幼 い 子 ど も や 、

し く て 一 生 懸

働 い て い る 私 と 同 じ く ら い の 子 ど も も い る 。 : ・ … 日

法 九 条 で

を し な い と

っ て い る 世 界 で た だ 一 つ の 国 だ と

い た 。 日 本 は 戦 争 と い う 憎 し み の 連 鎖 を 断 ち 切 る こ と を ま ず 考 え る べ き だ と 思 う 」 ( 三 月 五 日 「 声 」 ) 。 「 武 力 で 人 々 が 自 由 に な る の 」 と 問 い か け た 一 七

の ー さ ん は 、 「 私 た ち の 世 代 も も っ と

心 や

し 合 い の 場 を

っ て 、 意

を も っ て 、 行 動 し て い か な け れ ば 」 と

え る ( 三 月 二 七 日 「 声 」 ) 。   イ ラ ク 攻 撃 が 始 ま っ た 後 、

京 で

か れ た 一 つ の 集

に も

の 関 心 は 向 く 。 一 つ は 「 全 国

和 大 集

」 。 「

力 の 連 鎖 を 止 め る た め に 何 か で き る か こ と が あ る は

だ と 思 っ て 」 、 こ の 集 会 を

び か け た と い う

生 の

S

さ ん 。 そ の ホ ー ム ペ ー ジ に は 一 〇 一 二 通 の メ ー ル が 寄 せ ら れ た と い う 。 も う 一 つ は 国

を 越 え た 対

み た 大 学 生 の 「

界 学 生 会

」 。 そ こ で は、 「 立 場 の 違 い を 乗 り 越 え る こ と の

し さ と そ れ で も 対

を 重 ね る こ と の 大 切 さ を

か め 合 っ た 」 云 々 ( 四 月 七 日 付 朝 日 新 聞 社 説 「 問 い 、 語 り 考 え よ う 」 か ら ) 。   こ う し た

た ち と 心 の

も 握 手 を 交 わ し な が ら 、 私 は 考 え 込 ん だ 。   イ ラ ク

ま っ た 三 月 二 〇 日 、 ま さ に 同 じ 日 に 中 央 教 育

議 会 が 遠 山

部 科 学

に 答

し た 「 新 し い 時 代 に ふ さ わ し い 教

基 本 法 と 教

計 画 の

り 方 に つ い て 」 。 一

2

一 N工 工一Eleotronlo  Llbrary  

(2)

Bungaku Kyouiku Kenkyuusya Syuudan

NII-Electronic Library Service Bungaku  Kyoulku  Kenkyuusya  Syuudan

こ の 答

は 、 こ う し た 若 者 た ち の 声 に 耳 を

け て い る の だ ろ う か 、 と 。 若 者 は 上 か ら 教 え 込 ま れ る の で は な く

え の 違 う 人 た ち と も

気 強 く 対 話 を 重 ね 、 自 分 の 頭 で 考 え る 人 間 に な り た い と

え て い る の だ 。   一 四 歳 の ー さ ん は 「 教

で 愛 国 心 を 『

え つ け る 』 こ と よ り も ま ず 政 治 家 が 〔 税 金 を

駄 使 い せ

) 今 の 日

に 必 要 な も の を し っ か り と 見 て 国 民 の た め に 頑 張 っ て ほ し い 」

δ

一 … 年 一 一 月 一 九 日 「 声 」 〉 。

国 心 が 必 要 な の は

治 家 で あ る と

え る 。  

校 生 活 に 対 す る 「

」 も あ る 。 一 四

K

さ ん 。 「

生 た ち は

ピ リ ピ リ し て い て 言 え る

も 言 え な く な る よ う な 聞 き 方 を す る 」 。 「

た ち 生 徒 を 信 頼 し て も ら え な い の は

し い な 、 と 思 う 」 。 ( 〇 二 年 九 月 三 日 「 声 」 )   「

の 授 業 の

の 低 さ に

い て い る 」 一 八 歳 の

M

さ ん は 「 学 生 本

の 教

に つ い て 大 人 は も っ と ち ゃ ん と

え て ほ し い 」 ( 一 月 二 五 日 「 声 」 ) と

え る 。  

一 九 六 号 の 本 欄 で 、

廃 は

な る 上 か ら の 「 改

」 で

争 原 理 を 持 ち 込 ん だ 結 果 で あ る こ と を 、

分 で は あ る が

記 し た つ も り で あ る 。 ・ 王

を 賭 け た

と し て の

み で あ る 教 育

を す る こ と が

し い 現 状 に 教 師

身 が 悩 み

し ん で い る 。 現

的 に は さ ま ざ ま な

と し て 顕 れ る の だ が ど の 若 者 も 、 主 権 者 と し て の

立 し た 市 民 を 目 指 し て 模

し て い る の で は な い だ ろ う か 。 そ れ ゆ え の

な の だ ろ う 。 山 田 洋 次 氏 が

う よ う に 「 学 び た い 生

え た い 教

と が い て 学 校 は 成 り 立 つ 」 ( 三 月 五 日 朝 日 新 聞 「 競 争 が 教 育 で は な い 」 ) と い う

点 に 立 っ て 、 教

え た い と 思 う 。 教 育 行 政 は ( 教

ま な い ) 必

条 件 の 整

立 を 目 標 と す る と 掲 げ た 教 育 基 本 法 十

神 が

こ そ 必

で あ る 。  

五 二 回 全 国 集 会 ( 八 月 五 日 〜 七 日 ) は 、 「 太 宰 治 と ケ ス ト ナ ー に み る 戦 争 の 現

」 と い う 切 り 口 か ら、 「 現 代 市 民 社 会 と 文 学 」 を 継 続 し て

す る 。

の 日 、 八 王 子 セ ミ ナ ー ・ ハ ウ ス に

い 、

し ぐ れ の 中 で 、

日 的 課 題 を め ぐ り

り 合 え た ら と 思 う ( 四 月 八 日 記 ) 。 一

3

一 N工 工一Eleotronlo  Llbrary  

参照

関連したドキュメント

確かな学力と自立を育む教育の充実 豊かな心と健やかな体を育む教育の充実 学びのセーフティーネットの構築 学校のガバナンスと

残念ながら日本の教育現場には,改革の推進を

長野県飯田OIDE長 長野県 公立 長野県教育委員会 姫高等学校 岐阜県 公立 岐阜県教育委員会.. 岡山県 公立

「職業指導(キャリアガイダンス)」を適切に大学の教育活動に位置づける

具体音出現パターン パターン パターンからみた パターン からみた からみた音声置換 からみた 音声置換 音声置換の 音声置換 の の考察

取組の方向 安全・安心な教育環境を整備する 重点施策 学校改築・リフレッシュ改修の実施 推進計画 学校の改築.

❸今年も『エコノフォーラム 21』第 23 号が発行されました。つまり 23 年 間の長きにわって、みなさん方の多く

 米田陽可里 日本の英語教育改善─よりよい早期英 語教育のために─.  平岡亮人