オンライン授業に対応した英語試験用アプリの開発

全文

(1)
(2)
(3)

図2:英単語試験の正解表示と採点

 図3 は dig の英文用例から出題した英作文の設問である。日本語の意味に 合うように選択肢を並び替え,***** に入る語を選択肢から選ぶ設問である。

図3:英作文の試験

(4)

116 図4:英作文の正解表示  図5 の 02 は図 3 と同じく dig の用例から作成したリスニングの設問で ある。図5 では日本語の意味は表示されず,その代わりに英語の用例の合成 音声が再生される。学生はその音声を聞いて***** に入る単語を選択肢から 選ぶ。正解表示は図4 と同じような形式で選択肢の下に dig の用例“And I love to **dig** a hole.”が表示される。

図5:単語を補充するリスニングの試験

(5)
(6)

118  図1 〜 7 の 4 種類の試験に加えて,Web 演習 App2.0 にはさらに 4 種類の リスニング試験を用意している。すべての試験は, TED/JACET リストに登 録されたデータをプログラミング言語python で加工して作成した。例えば dig のデータは図 8 のように登録されている。英文の用例は Hembrey(2011) から引用しており,書誌情報と共にデータベースに登録されている。学生 は予習段階で試験範囲となる語彙データを学習し,試験を受験する。TED/ JACET リストではすべての用例が TED Talks のビデオにリンクしており,  文脈 ボタンをクリックすると用例が使われている場面の映像を確認できる。

図8:TED/JACET リストでの dig の登録データ

3. 受験記録

 2020 年前期のオンライン授業では,TED/JACET リストだけではなく, 『DUO3.0』や『キクタン TOEIC(R) L&R テスト SCORE 600』も教材として

(7)
(8)
(9)

われる学生に対応した。サーバーコンピュータに記録される試験結果には試 験の得点以外に学生の使用する機器のIP アドレスを記録した。同じ学生が, 複数の大きく異なるIP アドレスから受験している場合や,複数の学生が同 じIP アドレスで受験している場合には,不正行為の可能性があるため,事 情をメールで聞くようにした。学生には,可能な限り同じ機器から同じWeb ブラウザーを使用して同じプロバイダーを利用して試験を受験するように指 導した。 5. おわりに  2011 年度の授業から,担当する英語科目の授業では『DUO3.0』などの自 習用参考書を利用してきた。2019 年度までは授業はすべて対面式であったが, 教科書が自習用なので授業中に内容を解説する必要はほとんどなかった。そ のため,授業時間中は主に教室のパソコンを利用してオンライン試験を実施 した。学生からの質問の回答なども,解説用のWeb サイトを立ち上げて,そ こに書き込んできた。  2020 年度から始まったオンライン授業でも,自習可能な教材を教科書とし て指定して,学生は授業時間中に主に自分の情報端末から試験を受験する, という形式の授業を行った。学生からの質問なども,オンライン上で音声ま たはテキストで対応したため,対面式とほぼ同じ形態の授業をオンラインで も続けることができた。 参照資料

Hembrey, S. (2011). How I became 100 artists. TED2011. Longbeach, CA., USA. 大学英語教育学会基本語改訂特別委員会( 編著 ) (2016) 『大学英語教育学会基

本語リスト 新 JACET8000』,東京 : 桐原書店 .

(10)

122 NEWS LETTER』17 巻 2 号 , 3-4. 神奈川:専修大学教育開発支援委員会 . 佐藤弘明 (2019) 「『新 JACET8000 語彙リスト』に対応した TED の動画付き 用例集」,『専修大学外国語教育論集』47 号 , 101-114. 神奈川:専修大学 外国語教育研究室. 鈴木陽一 (2000) 『DUO3.0』,東京:アイシーピー .

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :