野棲ハツカネズミの生活史VI : 繁殖習性

全文

(1)九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository. 野棲ハツカネズミの生活史VI : 繁殖習性 浜島, 房則 九州大学医学部寄生虫学教室. https://doi.org/10.15017/21567 出版情報:九州大學農學部學藝雜誌. 19 (1), pp.103-113, 1961-11. 九州大學農學部 バージョン: 権利関係:.

(2) 野 棲. ハ ツ カ ネ ズ. ミ の 生 活 史VI. 繁. 殖. 習. 性*. 浜. 島. 房. 則†. The life history of the Japanese mouse, Mus molossinus Temminck and Schlegel VI Notes on the breeding habit* Fusanori. Hamajimat. 日本 産 野棲 ハ ツ カ ネ ズ ミの繁 殖 に つ い て の詳 しい 報 告 は未 だ み られ な い.た は 一般 に 年 中繁 殖 す る といわ れ てい た に す ぎな い.著 青木(1926)が. 者 が 本種 の繁 殖 を し らべ る前 まで は. 本 種 を飼 育 し5仔 を分 娩 させ,Thomas(1905)が6胎. 体 を捕 獲 し,岸 田(1926)が. 産 仔数 を1腹5,6匹. 洋 種 ハ ツ カ ネ ズ ミの 繁 殖 はHinton(1918)を. だ この種 で. 児 を もつ た 雌1個. と報 告 して い る程 度 で あつ た.し. かし. は じめ多 くの研 究 者 に よつ て し らべ ら れ て. い る.そ れ に よ る と洋 種 ハ ツ カ ネ ズ ミは 年 中繁 殖 し うるが,そ. の妊 娠 の割 合 は 季 節 に よつ. て 相違 し,繁 殖 し易 い時 期 が あ る こ とを 報告 して い る. 著 者 は 本種 が 果 して周 年 繁 殖 し うるか,ま た も し繁 殖 す る とす れ ば,最 の は どの季 節 で あ るか を し らべ るた め に1955年6月. か ら1957年5月. も よ く繁 殖 す る. まで,福 岡 市 お よび. そ の近 郊 の家 屋,田 畑 か ら本 種 を捕 獲 し,各 季節 に お け る繁 殖 状 態 を検 討 した.こ. れに よ. り若干 の 知見 を うる こ とが で きた ので 報告 す る. この研 究 にあ た り,終 始 懇 篤 な指 導 と助 言 を賜 わ つ た 恩 師 元 九 州大 学教授 平 岩 馨 邦 先 生, 三宅 貞祥教授,内. 田照 章教官に 対 して 感 謝 の 意 を表 す る.ま た 本 稿 をな す 機 会 を与 え られ. た九 州大 学 医 学 部 寄 生 虫 学 教 室 宮 崎 一郎教授 に対 して心 か ら御礼 を 申 し上 げ る. 材 料 お よ び方 法 ハ ツ カ ネズ ミの捕 獲 に あ た つ て は家 屋 で は金 網 式 捕 鼠 器 を ,畑 した ・捕 鼠 後 直 ちに 体 重 を測 定 し,109以. で は機 条式 捕 鼠 器 を使 用. 上 の個 体 を 完 全 な成 体 とみ な し雌270個体,雄. 256個 体 に つ い て 繁 殖状 態 を検 討 した.す. な わ ち雌 で は 膣 脂 膏 法 に よ り腔 脂 膏 の性 状 を し. らべ,さ らに 肉 眼 的 に卵 巣 や乳 房 の発 達 状 態 も し らべ た.ま た 卵巣 と子 宮 の大 き さ を計 測 し て,そ の大 き さ と季 節 との関 係 を も検 討 した.さ. らに卵 巣 をBouin液. で 固定,Heiden‑. hainの 鉄 ヘ マ トキ シ リン ・エオ シ ンニ 重 染 色 し,卵胞 お よび黄 体 の発 達 状 態 を し らべ た .ま *九. 州大 学 農 学 部 動物 学 教 室 業 績 ,第301号.第27回 究 は 文 部 省 科 学 研 究 費 に よ つ て 行 な わ れ た.明. 日木 動 物 学 会 大 会 に て 要 旨 を 講 演 した.本 記 して 厚 く謝 意 を 表 す る.. † 九 州 大 学 医 学 部 寄 生 虫 学 教 室DepartmentofParasitology,FacultyofMedicine,Kyushu Univcrsity.. 研.

(3) た子 宮 を 肉 眼的 に観 察 して 妊 娠 か 否 か を確 か め た.さ. らに妊 娠 個 体 の 胎児 数 お よび 胎児 の. 発 育 状 態 を し らべ,こ れ らか ら も季 節 と繁 殖 の適 否 との関 係 を 調 べ た.雄 す るた め に 精 巣 上 体 の精 子 をChristian(1950)の. の繁 殖 能 を検 討. 塗 沫 法 に よ り確認 した.ま. た精 巣,精. 巣 上 体,精 嚢 と凝 固 腺 の大 き さを 計 測 して,そ の大 き さ と季節 との 関 係 を も検 討 した.さ らに 精 巣 を 卵巣 の 場 合 と同様 に 固定 染 色 し,造 精 機 能 を し らべ た. 観. 察. 結. 果. 前 述 の方 法 に よつ て野 棲 ハ ツ カ ネ ズ ミの 繁 殖 状 態 を毎 月 し らべ た.そ の結 果 を表1〜6, 図1〜6に. 示 した.表1か. ら明 らか な よ うに発 情 個 体(A)は. 毎 月み られ るが,4月. に一. 番 多 く,4月 に お け る 総 個 体数(E)に 対 す る発 情 個 体 の 百 分 率(A/E)は47%で あ る.10月 は最 低 を示 し,そ の百 分 率 は14%で あ る.妊 娠 個 体(B)に つ い てみ る とそ の 百分 率(B/E)は. 各 月を 通 じて 少 な く と も15%以. 高 く,春 で は4月 に 最 高 で41%,秋 は低 く15〜2296で. 下 を示 さな い.一 般 に 静 秋 に そ の率 は. で は9月 が高 く7096で あ る.一 方,冬. あ る(表1).ま. た 哺乳 個 体(C)も. 多 く,10月 の総個体 数 に 対 す る哺 乳 個 体 の 百分 率(C/E)は34%に. な つ てい る.さ らに. 発 情 個 体,妊 娠 個 体,哺 乳 個 体 を一 括 して 繁 殖状 態 に あ る も の と し,各 す る そ の百 分 率(A+B+C/E)を. み る と,春(3〜5月)で. 月の総 個体 数 に対. は65〜97%,秋(9〜11. 月)で は76.19〜100%と 高 く,夏(6〜8月)お よび冬(12〜2月)で 61.11%,45〜54%と 比 較 的 低 くな つ て い る(表1). Table. * The smear. individuals shows. represented the proestrus,. 1.. Breeding. state. as estrous estrus,. mice. metestrus. と夏 の 妊 娠 率. 年 中捕 獲 され て い るが10月 が一番. by. は それ ぞ れ47〜. month.. include. specimens. and diestrus. whose. stages..

(4) Table. 2. of. 表2は. Average foetus. 各 季 節 に お け る1腹. mortality(図. 版1,図1)の. number degenerating. は5.0匹. and. の 平 均正常 胎 児 数 は6.6匹. で 最 低 を 示 し て い る.ま. percentage. 3.. 高 く,そ. は2.3〜4.2%と. Average. size. で 最 高 を 示 し,春(3〜. た全 胎 児 数 に対 す る萎 縮 胎 児 数 の百分 率 に つ い. 夏(6〜8月)が. 冬(12〜2月)で Table. litter. 出 現 率 を 示 し た も の で あ る.. て み る と春(3〜5月)と 秋(9〜11月)と. foetus per by season.. の 正 常 胎 児 数 と全 胎 児 数 に 対 す る 萎 縮 胎 児intra‑uterine. こ れ に よ る と秋(9〜11月)の1腹 5月)で. of. of. ovary. の 百 分 率 は10〜11%で. 低 い(表12). and. uterus. by. season.. 表3は 卵 巣 お よび子 宮 の 大 き さを季 節 別 に示 した もの で あ る.こ. の 表 か ら明 らか な よ う. に卵 巣 の 大 き さお よび そ の重 さに つ い て は季 節 的 な関 係 はみ られ な か つ た.し け る卵 巣は 一般 に 丸 味 を も ち,組 織 学的 所 見 に よる と3〜5月. た雌 で は他 の季 節 よ りも成 熟 卵 胞 が多 数 み られ た(図 版1,図4).さ 月の季 節 に捕 獲 した雌 は成 熟 卵 胞 は あ ま り認 め られ ず,繁. か し秋 に お. と9‑‑11月 とに捕 獲 した雌 に. は妊 娠 黄体 や 哺 乳 黄体 が 多 く,と くに 秋 に 著 しい(図 版1,図2,3).ま. つ た(図 版1,図5).ま. あ る に 反 し,. た3〜5月 に捕 獲 し らに6〜8月 と12〜2. 殖 休 止 の 状 態 に あ る もの が多 か. た子 宮 角 の長 さは右 側 の方 が つ ね に 左 側 よ りもや や長 いが,長. が 季節 に よつ て相 違 す る こ とは な か つ た.子. さ. 宮 角 の 最 大 幅 に もほ とん ど季 節 的 な 相 違 は み. られ な い.つ ぎに 子 宮 角 の重 さに つ い て み る と春 夏 秋 に は そ れ ぞ れ 平 均39.76mg,39.03 mg,40.92mgで,重. さ と季 節 との間 にな ん らの 関係 もみ られ な い.し. し くそ の 重 さが減 少 し平 均23.26mgに. な つ て い る(表3).. か し冬 の 場 合 は著.

(5) 表4は 各 月に お け る精 巣 お よび 精 巣 上体 に 精 子 が 確 認 さ れ た 個 体 数(G)と,各jJの 観 察個 体 数(F)に (G/F)は. 対 す る精 子 確 認 個 体 数 の 百 分 率 を 示 し た も の で あ るが,そ. す べ て100%で,本. の 百分 率. 種 の 雄 で は 大体 周 年 に わ た つ て精 子 が 認 め られ る こ とが わ. か る(図 版1,図6). Table. 表5お. よび6は. 4.. Confirmation. 精 巣,精. of sperm. 巣 上 体,精. 嚢,凝. in testes. and. its. percentage.. 固 腺 の 大 き さ を 季 節 別 に 示 し た も の で あ る.. これ に よ る と精 巣 の 大 き さ に は 季 節 に よ る相 違 は 認 め ら れ な い.こ は 春 で は 平 均76.02mg,夏 mgで. れ な い.精 mg,夏 mgで. で は76.67mg,秋. 最 低 を 示 し て い る.精. 最 高 を 示 し,冬. で は65.15. 巣 上 体 頭 お よび 尾 の最 大 幅 に お い て も季 節 的 な 相 違 は認 め ら. 巣 上 体 頭 お よ び 尾 の 重 さ に つ い て み る と春 で は そ れ ぞ れ 平 均16.62mg,15.69. で は16.00mg,16、13mg,秋. で は18.07mg,18.79mg,冬. 秋 と冬 で は や や 相 違 が み られ,春. は 平 均10.30mm,夏. Table. に は91.21mgで. れ に反 し て精 巣 の重 さ. で は10.12mm,秋. Table. 5.. 6.. Average. Average. size. size. and. and. weight. で は15.60mg,15.34. と夏 で は 大 差 は 認 め ら れ な い.精 で は10.39mm,冬 weight. of. testis. of vesicular. 嚢 の長 さは 麻 で. で は9.83mmで,季 and. epididymis. and coagulating. by. glands. 節的な. season.. by season..

(6) 相 違 は 冬 の 場 合 を 除 け ば 大 差 は 認 め ら れ な い.精 3.66mm,3.54mmで れ な い.凝. 夏 と冬 で は3.29mm,3.01mmで. 固 腺 の 最 大 幅 は 春 で は 平 均2.31mm,夏. は1.86mmで. 秋 と蓉 に 幅 が 広 く,夏. あ つ て 秋 に 最 も重 く,冬. や は り著 し い 季 節 的 相 違 は み ら で は1.9mm,秋. で は2.04mm,冬. と冬 に 狭 い こ と が 認 め られ る.精. に つ い て み る と春 で は 平 均69.14mg,夏 mgで. 嚢 の 最 大 幅 に つ い て は 春 と秋 で は 平 均. で は64.55mg,秋. で. 嚢 と凝 固 腺 の重 さ. で は71.14mg,冬. で は57.34. に 著 し く軽 い こ と が わ か る. 考. 察. 日本 産 野 棲 ハ ツ カ ネ ズ ミ の 繁 殖 に 関 し て 詳 し い 報 告 が な い こ とは 前 述 し た が,一 木 種 は 周 年 繁 殖 す る と い わ れ て い る.洋 (1918)に. 般 に. 種 ハ ツ カ ネ ズ ミが 年 中 繁 殖 す る こ と はHinton. よ つ て 述 べ られ て い る.し か し 繁 殖 し 易 い 時 期 と そ うで な い 時 期 が あ る こ と も わ. か つ て い る.Kirkham(1920)に. よ る とシ ロハ ツ カ ネ ズ ミは暖 い間 に多 くの仔 を 生 む とい. い,Parkes(1924)に. よ る と夏 に 比 較 的 よ く繁 殖 し,11〜2月. う.牧 野(1941)も. 洋 種 ハ ツ カ ネ ズ ミ の 繁 殖 し 易 い 時 期 は4〜7月. た ソ 連 で はKalabukhov(1937)お. よびFenyuk(1937)が. 易 い 時 期 は 秋 で あ る と し,英. ま で の間 は繁 殖 しな い とい で あ る とい つ て い る ・ ま 畑 の ハ ツ カ ネ ズ ミの 妊 娠 し. 国 で はSouthernandlaurie(1946)がOxford地. 方 の畑. で 夏 に 繁 殖 し 易 い こ と を 報 告 し て い る. 以 下 日木 産 野 棲 ハ ツ カ ネ ズ ミ の 繁 殖 に つ い て 考 察 を 進 め て み た い. 1.発. 情 と発 情 休 止. シ ロ ネ ズ ミ の発情 周 期 に つ い て はLongandEvans(1922),ハ Allen(1922),Parkes(1926a)に 膏 は 有 核 上 皮 細 胞 の み か ら な り,発情. 者 が 研 究 室 内 で 飼 育,観. ら に よ る と発 情 前 期 の 膣 脂. 期 で は 無 核 角 質 細 胞 の み か ら な る と い う,ま. 後 期 で は 無 核 角 質 細 胞 と 白 血 球 か ら な り,発 い う.著. ツ カ ネ ズ ミに つ い て は. よ る 詳 し い 報 告 が あ る.彼. た発 情. 情 間 期 で は 白 血 球 と有 核 上 皮 細 胞 か ら な る と. 察 し た 野 棲 ハ ツ カ ネ ズ ミに お け る膣 脂 膏 の 性 状 は 上 述 の. 場 合 と ほ ぼ 同 様 で あ つ た ・ 本 種 で は 妊 娠 中 の も の を 除 く他 の も の は 膣 脂 膏 に 粘 液 を 含 ま な い の が 常 で あ る. StockardandPapanicolaou(1917)は. テン ジ ク ネ ズ ミが 寒 さ と 食 物 の 欠 乏 に よつ て. 期 を 休 止 す る こ と を 認 め て い る し,ParkesandBrambell(1928)も に 発 情休止. の 状 態 が あ る こ と を 論 じ て い る.著. な ん ら か の 原 因 に よつ て,性. 的 機 能 が 不 充 分 な 個 体 の あ る こ と を 認 め た.こ. 膣 脂 膏 は 後 報 に お い て 示 す よ うに2型 胞,無. 核 角 質 細 胞 の3種. 野 棲 の け つ 歯類 発情. 者 も 本 種 に お い て 老 衰 に よ る の で は な く,. が あ り,そ. の うち の 第1型. 類 の 細 胞 が 含 ま れ て お り,他. に は 白 血 球,有. こ れ ら の 場 合 に お け る 上 皮 細 胞 内 に は顆粒 や 空 胞 を 含 む こ とが 多 い.著. し,性. 期,発情. 後 期,発. 島,1961).. 者 は 前 述 し た発情. 情 間 期 の 各 期 に あ り性 的 機 能 を 示 す 個 体 を発情 個 体(A)と. 的 機 能 の 体 止 し て い る個 体 を 発 情 休 止 個 体(D)と. 名 づ け た.そ. こ で 妊 娠 個 体 と哺. 乳 個 体 を 除 い た 他 の 個 体 は膣脂 膏 の 性 状 か ら発 情 個 体 と発 情 休 止 個 体 の2群 る.こ. 核上 皮 細. の 型 はFreud(1938)のType3. に 似 た も の で 白血 球 と 有 核 上 皮 細 胞 に 伴 つ て 多 量 の 粘 液 を 含 む も の で あ る(浜. 前 期,発情. れ らの動 物 の. の よ うに し て 得 た 結 果 が 表1に. 示 さ れ て い る,こ. に わ け られ. れ に よ る と発 情 個 体 は 年 中 み られ.

(7) るが,4月. に 一 番 多 く,10月 に 少 な い.と. くに 発 情 個 体 の割 合 と妊 娠率 とを比 較 す る と興. 味 深 い 現 象 が み られ る.す なわ ち4月 の発 情 個体 の割 合(A/E)は47%,妊 は41%で. 娠率(B/E). あ り,両 者 が 同 じ程 度 の割 合 を示 して い る.し か し9月 と10月 で は4月 の場 合. と異 な つ て い る.す. なわ ち発 情 個 体 の割 合 は20%お. 70%お. 高 率 に な つ て い る.こ. よび52%と. 較 して妊 娠 が起 り易 い こ とが わ か る.ま は55%,4月. は3%,7月. よび14%で. あ るに 反 し,妊 娠 率 は. れ らの結 果 か ら,9月. お よび10月. た 発 情休 止個 体 の割 合(D/E)を. は53%で,9月. は4月 に 比. み る と12月 で. お よび10月 で は 全 くみ られ な か つ た.こ の結. 果 は発 情休 止 個 体 が春 と秋 に 少 な く,冬 と夏 に 多 くな る こ とを示 して い る. 2.妊. 娠. 妊 娠 個 体 の膣 脂 膏 に つ い てParkes(1926a)は. 妊 娠 初 期 の そ れ は 非 常 に 粘着 性 に 富 み,. 妊 娠 後2週 間 日頃 に な る と血 液 が ま じ り,妊 娠 の末 期 に な る と粘 性 が 減 少す る と述 べ てい る.片 山(1932)に. よ る とハ ツ カ ネ ズ ミで は妊 娠 約10日,早. くて1週 間 目に膣 上 皮 表 層 の. 細 胞 は原 形 質 が 膨 大 し,次 第 に丈 が高 い 円柱 状 とな り,「 ム チ カル ミ ソ」 弱 陽 性 を示 し,粘 液 化 の第 一 歩 に 入 る とい う.ま た竹 脇(1947)は. シPネ ズ ミで もハ ツ カ ネズ ミで も妊 娠 中. の膣 脂 膏 は多 量 の 白血 球 と少 数 の 上 皮細 胞 とか らな り,角 質 化 した細 胞 は全 く含 まな い と 述 べ て い る.し. か し本 種 で は 交 尾後 約7日. 11〜12日 日頃 か ら強 い 粘 性 を 示 し,少 る.交 尾 後11〜12日. 目頃 か ら膣 脂 膏 に粘 液が み られ は じめ,交 尾 後. 量の 白血 球 と膣 上 皮 の表 層 の細 胞 に粘 液 化 が 現 わ れ. 目頃 に な る とや は り血 液 が 膣 脂 膏 中に ま じ り,粘 液 と と もに矢 じ り形. 上 皮 細 胞 が 現 わ れ,そ れ が腔 脂 膏 の全 細 胞 の うち約70%を な い 白血 球 が約25%,無. 核 角 質 細 胞 が 約2〜5%現. しめ る.ま. た 核 が分蘖 してい. わ れ るの が 常 で あ つ た.妊 娠 末 期 に な. っ て もや は り腔脂 膏 に は 少 し血 液が み られ,ま た 粘 液 を も含 む.要. す るに 妊 娠 時 の膣 脂 膏. の特 徴 は 粘 液 と ともに 矢 じ り形 の 上 皮 細 胞 が現 われ る こ とで あ る(平 岩 ・浜 島,1960). 肉眼 的 に妊 娠 を確 認 で き るの は 交 尾後7日 数 は 交 尾後7日. 目前 後 な の で,表1に. 示 した 各 月の 妊 娠個体. 目前 後 の胎 児 か ら分 娩 直 前 まで の 胎児 を もつ個 体 数 であ る.表1か. か な よ うに妊 娠 個体 は年 中み られ,妊 娠 率(B/E)が15%以. ら明 ら. 下 に な る こ とは な か つ た.. い ま繁 殖 率 の低 い12月 お よび7月. と繁 殖 し易 い4月 お よび9月. とを比 較 してみ る と,こ れ. ら両 者 の間 に は妊 娠 率(B/E)に. 有 意 な 差 が 認 め られ た ・ この こ とは4月. お よび9月 は. 12月 お よび7月 に比 して そ の妊 娠 率 が高 い こ とを示 して い る・ また 妊 娠 率 が 高 い4月 月 を比 較 す る とそ の 間 に 有 意 な差 が認 め られ た.こ と を示 して い る.と ころで,9月 て9月. お よび10月. 中旬 か ら10月 上 旬 まで の1ヵ. Laurie(1946)はcornrick,食 ズ ミの 繁殖 状 態 を調 べ,cornrickで. と9. の こ とは 秋 は春 よ りも妊 娠 率 が 高 い こ. の妊 娠 個 体 と して示 され てい る もの は主 と し. 月間 に捕 獲 され た も ので あ る こ とを付 加 して お く. 糧倉庫 お よび 都 市 家 屋 の3地 区 に お け る洋 種 ハ ツ カ ネ 一 番 よ く繁 殖 し,こ. こで 年 中40%位. の 妊 娠個 体 を. 認 め て い る. Kalabukhov(1937)お. よびFenyuk(1937)に. よ る と,ソ 連 の 畑 に棲 息 す るハ ツ カ ネ. ズ ミで は秋 に最 も多 くの妊 娠 個 体 が え られ,冬 に 最 も少 な い とい う.こ れ は著 者 の観 察 結 果 に似 て い る.し か しSouthernandLaurie(1946)に よる と英 国 のOxford地 方では ハ ツ カネ ズ ミは冬 お よび 春 に は ほ とん ど繁 殖 せ ず,夏 にな つ ては じめ て よ く繁 殖 し,繁 殖.

(8) 可 能 な 個 体 の うち40%が 表2を. 妊 娠 して いた と報 告 して い る・. み る と各 季 節 に よつ て1腹 の平 均 正 常 胎 児 数 が 異 な つ て い る こ とが わ か る.最. 多 い の は秋 で6.6土0.168匹. も. を 示 し,最 も少 な い の は春 で5・0士0・204匹 を示 して い る・ これ. らの 結 果 か ら秋 と暮 との 間 の危 険率 は1%以. 下 とな り,秋 と春 の間 に 有 意 の差 が み とめ ら. れ,秋 の 方 が1腹 の平 均正常 胎 児数 の 多 い こ とが わ か る.Parkes(1926b)に よる とシ ロ ハ ツ カ ネ ズ ミは3〜8月 頃 まで は1腹 の平 均 産 仔 数 が 少 な く,9月 に最 大 に な る とい う・ こ の結 果 は 著 者 の野 棲 ハ ツ カ ネズ ミの場 合 に 似 て い る.さ. らに表2を. み る と各 季 節 に萎 縮 胎. 児 が 認 め られ るが,各 季 節 に お け る全 胎児 数 に対 す るそ の割 合 は春 と夏 が 高 くて10%と11 %を. 示 し,秋 と冬 が 低 く2.3%と4.2%を. 示 した.こ の結 果 か ら春 夏 と秋 冬 との 間 に は 明 ら. か に 有 意 の 差 が認 め られ,:春 夏 に 萎 縮 胎児 の 多 い こ とが わ か る 。 洋 種 ハ ツ カ ネ ズ ミに つ い てHollanderandStrong(1950)が 観 察 され て い るが,そ の72%が. し らべ た 萎縮 胎 児 で は 種 々 の発 生 段 階 に あ る個 体 が お そ ら く着 床 後2,3日. 以 内 の早 期 に お こ る と述 べ てい る・. 著 者 の観 察 した 萎 縮 胎 児 も種 々の 段 階 の もの を含 ん で い るが,と. くに 交 尾7日. 目の 胎児 の. 大 き さに 相 当す る萎 縮 胎 児 が 多 く発 見 され た(図 版1,図1). 3.哺. 乳. Parkes(1926a)お. よび 竹 脇(1947)に. 脂 膏 に似 て い る とい う.片. 山(1932)は. よ る と哺 乳 個 体 に お け る膣 脂 膏 は発 情 問 期 の膣 授 乳 時 の膣脂膏 には もは や 粘 液 化 は 認 め られ な い. といつ て い る.著者蒋 が 野 棲 ハ ツ カ ネ ズ ミで観 察 した とこ ろで は 哺 乳 中の 膣 脂 膏 に は 白血 球 は もち ろん 有 核 上 皮 細 胞 や 無 核 角 質 細 胞 もみ られ た.表1に に 多 い が,10月. が最 高 で34%を. 示 した よ うに 哺 乳個体 は春 秋. 示 して い る・ この こ とか ら10月 に は 分 娩 を す ませ て 哺 乳. 状 態 に入 つ て い るも のが 他 の 月に 比 較 して 多 い こ とが わ か る. 4.卵 巣 と子 宮 表3に 示 した よ うに 左 側 卵 巣 の大 き さ お よび 両側 卵 巣 の重 さ に は・ 一年 を通 じて と くに 季 節 的 な著 しい相 違 は認 め られ な い.し. か し秋 に お け る卵 巣 は一 般 に丸 味 を もつ てい る.こ. れ は お そ ら く卵 巣 に 黄体 の発 達 が み られ るた め で あ る.事 実,春. と秋 の季 節 に 捕 獲 した 雌. に は妊 娠̀輯本や 哺 乳 黄体 が 多 く,と くに秋 に 著 しい(図 版1,図2,3)・. また春 に 捕 獲 し. た 雌 で は他 の季 節 よ りも成 熟 卵 胞 が多 数 認 め られ た(図 版1,図4).ま. た 夏 と冬 の 季 節. に 捕 獲 した 雌 に は繁 殖休 止 の状 態 に あ る もの が多 い よ うで あ る(図 版1,図5). 子 宮 角 の長 さ とそ の 最 大 幅 につ い て は季 節 に よ る相 違 は ほ とん どみ られ なか つ た が,左 右 の子 宮 角 の長 さで は左 側 が平 均24.50mm,右 側子 宮 角 の 重 さは春 で は平 均39.76mg,夏 相 違 は認 め られ な か つ た.し. 側 が26・76mmで で は39.03mg,秋. か し冬 季 の場 合 で は23.26mgと. 右 が や や 長 い ・ また 両. で は40・92mgで. 季節的な. 他 の季 節 に 比 較 して著 し く. 軽 くな つ てい る. 上 述 した よ うに 卵巣 の 形,黄 秋 に あ り,夏. 体 や 卵 胞 の数,子. 宮 の重 さ な ど か らも雌 の 繁 殖 期 は春 と. と冬 に は 繁 殖 しに く く,と くに冬 に お い て 繁 殖率 が 著 し く低 下 す る と考 え. られ る. 5.精 巣 お よび 精 嚢 と凝 固 腺 表5,6に. 示 した よ うに精 巣,精 巣 上 休 の 大 き さに は季 節 的 相 違 は ほ とん どみ られ な い..

(9) しか し精 巣 や精 巣上 体 の重 さ,精 相 違 が認 め られ,春. 嚢 と凝 固 腺 の長 さや 最 大 幅 お よび重 さに は や や季 節 的 な. と秋 に そ の発 達 が 著 し く,夏 と冬 に そ れ が減 退 す る よ うで あ る.と. に精 巣 の重 さは春 では 平 均76.02mg,夏 mgで. で は76,67mg,秋. で は91・21mg,冬. く. では65・15. あ つ た.す な わ ち 雄 で は秋 に精 巣 が著 し く重 くな り,冬 に お い て 減 少 して い る.ま. た精 嚢 と凝 固腺 の重 さ も春 で は 平 均69.14mg,夏 で は57.34mgで. で は64・55mg,秋. で は71・14mg,冬. あ り,や は り秋 の発 達 が著 し く,冬 に減 退 して い る・. また表4に 示 した よ うに 精 巣 上 体 に お け る精 子 の 確認 率 を み る と各 月 と も100%を て い る.し か し冬 に 捕 獲 した 若 干 の 個 体 に 精子 数 の 少 な い も の を認 めた.こ 精 機能 の発 達 が遅 れ るた め と考 え られ る.こ. 示し. れ は冬 に は造. れ らの個 体 は 水 田の稲 藁 の 中 で捕 獲 した もの. で,体 重 の 点 か らは充 分 成 体 とみ な され る個 体 で あ つ た. 精 巣 お よび 精 嚢 と凝 固 腺 の重 さ,精. 巣上 体 に以上の お け る精子 の 確認 率 な どか ら雄 の 繁. 殖 能 は秋 に最 高 で冬 に最 低 であ る と考 え られ る. 6.繁. 殖 適 期. 著 者 の観 察結 果 に基 づ い て,野. 棲 ハ ツ カ ネズ ミの発 情 個 体,妊 娠個体,さ. そ の他 に つ い て 今 まで老 察 を進 め て きた が,こ. らに 哺 乳 個 体. れ らの 資 料 か ら繁 殖 に適 す る時 期 を総 括 的. に検 討 して み た い. 繁 殖 状 態 に あ る もの は雌 雄 と もに 周年 み ら れ る が,春 た.し か し前 述 した妊 娠 率,1腹. と秋 に 多 く,夏 と冬 に 少 な か つ. の正 常 胎 児 数,萎 縮 胎 児 率,哺. 乳 個 体 数,卵. 巣 の状 態,. 子 宮 の重 さ,精 子 確認 率,精 巣 お よび精 嚢 と凝 固腺 の重 さな どの 点か ら考 え て,雌 に春 よ りも秋 の方 が 繁 殖 に適 して い る.し 秋 で あ り,つ い で春,夏,冬. 雄 とも. た がつ て1年 の うち で 最 も繁 殖 に 適 す る時 期 は. の順 で あ る こ とがわ かつ た.. この よ うな 繁 殖 に 対 す る適,不. 適 を なす 環 境要因 に つ い て は光,温度,食. 物 な どが あげ. られ て い る.本 種 で界 秋 の うち秋 の方 が よ り繁 殖 に適 して い る理 由は 明 らか で は な いが, この時 期 が主 要 作 物 の収 獲 期 に あ た り,繁 殖 に は最 も よい 条件 をそ な え て い る こ とは 注 日 に値 す る. 要. 約. 福 岡市 の家 屋 お よび 田畑 か ら日本 産 野棲 ハ ツ カ ネ ズ ミを捕 獲 し,毎 べ た.そ の結 果 は つ ぎ の よ うで あ る.. 月の繁 殖 状 態 を し ら. 1.本 種 は家 屋 お よび耕 地 に お い て周 年 繁 殖 し うる.妊 娠 率 は春 と秋 に高 い が秋 の方 が よ り高 い. 2.雌 で は 春(3〜5月)と. 秋(9〜11月)に. 繁 殖状 態 に あ る個体 が多 く,夏(6〜8月)と. 冬(12〜2月)に は減 少 す る. 3.1腹 の平 均 正 常 胎児 数 は秋 の方 が春 よ りも多 い. 4.萎 縮 胎児 は秋 よ りも春 の方 が多 い. 5.子 宮 の重 さは秋 に最 高,冬. に最 低 で あ る.. 6.雄 で は精 巣上 体 尾 に年 中精 子 が 認 め られ る. 7.精 巣 お よび精 嚢 と凝 固腺 の重 さに は季 節 的 な 相 違 が み られ る.そ の重 さ は秋 が 最 高 で 冬 が最 低 で あ る・.

(10) 以上 か ら雌 雄 と もに1年. の うち で最 も繁 殖 に適 す る時期 は秋 で あ り,つ い で 春,夏,冬. の順 で あ る こ とを結 論 す る. 文 Allen,. E., 1922. The. 青 木 文 一郎,1926.名. oestrous. cycle. 献. in the. mouse.. Am.. Christian, J. J., 1950. A field method of determining male mammals. J. mamm., 31 : 95-96. Fenyuk, and Freud,. B. K., 1937. The influence the biological foundation. 492. J., 1938. Genital Acta. Brevia. J. Anat.,. 古 屋 市 及 び 其 の 郊 外 に 棲 息 す る鼠 類 の 観 察.動. status. of female. rats.. I. Anoestrus. mouse-like Saratov,. and. oestrus. of. small. rodents 16: 478inhibition.. 8: 127-133.. 浜 島 房 則,1961,野 棲 ハ ツ カ ネ ズ ミの 生 活 史VII性 Hinton,M.A.C.,1918.Ratsandmiceasenemiesofmankind.P.37,Lond. 平 君 馨 邦 ・浜 島 房 則,1960.野. reproductive. of agriculture on the numbers of of rodent control. Rev. Microbiol.,. accessories. Neerland,. the. 30 : 297-348. 雑,38:341‑346.. 周 期,九. 大 農 学 芸 誌,19:113‑122.. 棲 ハ ツ カ ネ ズ ミの 生 活 史II発. 情 周 期,交. 尾,妊. 娠 お よ び 分 娩.九. 大 農 学 芸 誌,18:161〜165.. IIollander, W. F. and L. C. Strong, 1950 Intrauterine mortality and placental fusions in the mouse. J. Exp. Zool., 115 : 131-149. Kalabukhov, N. I., 1937. Result of twenty years (1917-1937) research on the ecology of injurious rodents of the U.S.S.R. Zool. Zh., 6: 950-970. 片山 重 理,1932.「 Kirkham,. W.. マ ウ ス 」 脛 粘 膜 ノ 妊 娠 性 変 化 二 就 イ テ.愛. B., 1920.. The. life. of. the. white. mouse.. 知 医 学 会 雑 誌,39:710‑719.. Proc.. Soc.. Exp.. Biol.. and. Med.,. 17:. 196-198. 岸 田 久 吉,1926.哺. 乳.動物 図 解.P.140,日本. 鳥 学 会.. Laurie,. E. M. 0 , 1946. The reproduction of the house-mouse (Mus musculus) living in different environments. Proc. Roy. Soc., B. 133 : 248-281. Long, I. A. and II. M. Evans, 1922. The oestrous cycle in the rat and its associated phenomena. Univ. of California. Makino, S., 1941. Studies on the murine chromosomes I. Cytological investigations of mice, included in the genus Mus. J. Fac. Sci. Hokaido Impe. Univ., Series VI. 7: 305-380. Parkes, A. S., 1924. Fertility in mice. J. Exp. Biol., 2 : 21-31. Parkes, A. S., 1926 a. Observation on the oestrous cycle of the albino mouse. Proc. Roy. Soc. Lond., B. 100 : 151-170. Parkes, A. S., 1926 b. Studies on the sex-ratio and related phenomena. (9) Observations on fertility and sex-ratio in mice. Brit. J. Exp. Biol., 4 : 93-104. Parkes, A. S. and F. W. R. Brambell, 1928. The causation of the anoestrous period. J. Physiol. Cambridge, 64 : 388-392. Southern, H. N. and E. M. 0. Laurie, 1946. The house-mouse (Mus musculus) in corn ricks. J. Anim. Ecol., 15: 134-149. Stockard, C. R. and G. N. Papanicolaou, 1917. The existence of a typical oestrous cycle in the guinea-pig; with a study of its histological and physiological changes. Am. J. Anat., 22 : 225-283. 竹脇. 潔,1947.性. 現 象 の ホ ル モ ン 学.河. 出 書 房 ・,東 京.. Thomas, 0. F. R. S., 1905. The Duke of Bedford's Zoological Exploration — I . List of mammals obtained by Mr. M. P. Anderson in Japan. Lond., 1905, 348.. in Eastern Asia. Proc. Zool. Soc..

(11) Resume The main objects in this study were to find out what kind of a breeding habit has the Japanese mouse, Mus molossinus Temminck and Schlegel. For this reseach I have tried to capture mice throughout the year. The trapping was carried out at farming houses, urban houses and cultivated fields in Fukuoka district from June, 1955 to May, 1957. The investigation has thrown some light upon this problem. The results are as follows : 1. The mouse breeds throughout the year under the natural environments. But the rate of pregnancy in spring and autumn is higher than in the other seasons. However, the rate is at a maximum in autumn. 2. The majority of female mice caught in spring (Mar.-May) and autumn (Sept.-Nov.) are fecund, but in summer (June-Aug.) and winter (Dec.-Feb.) is fecundity at a minimum. 3. Average number of normal foetus per litter in autumn is more than that in spring. 4. Percentage of atrophic foetus in spring is higher than that in autumn. 5. In female mice is found the seasonal variation in average weight of uterus, and it is at a maximum in autumn and at a minimum in winter. 6. Male mice have spermatozoa in the epididymis throughout year. 7. The average weight of testes, vesicular glands and coagulating glands is at a maximum in autumn and at a minimum in winter. Judging from the inspections on the reproductive organs, the sexual activity in male mice seems to be varied seasonally. From the data mentioned above I conclude that the Japanese mouse is able to breed all over the year, namely polyestrus, but in autumn the breeding activity is the highest, secondly in spring, thirdly in summer and the lowest in winter. Zoological Faculty Kyushu. of. Laboratory, Agriculture, University.

(12) 第1図. 野. 棲. ハ. ツ. カ ネ. ズ. ミ の 生. 活. 史VI. 版.

(13) Explanation. Fig.. 1.. Atrophic. foetuses. by arrows. Fig.. 2.. Ovarian corpus. Fig.. 3.. corpus Fig.. 4.. ture Fig.. 5.. 6.. phase. phase. follicle.. Ovarian lack. Fig.. phase. luteum. Ovarian. x 500.. in 14 days. 1. post. coitus. indicated. phase. of. of the. pregnant. mouse. of pregnancy. of the. lactating. of lactation. in estrous. showing. the. showing. the. x 100. mouse, x100. stage,. showing. one. ma-. x100.. of growing. Smear. Plate. x 3.. luteum. Ovarian. of the. of. anoestrous follicle.. epididymis,. stage,. showing. x 100. showing. the. spermatozoa.. the.

(14)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP