会議資料1 野田市青少年問題協議会|野田市ホームページ

29 

Full text

(1)

成 2 8 年 度

青 少 年 問 題 協 議 会

開 催 日 時: 成 29 2 月 17日(金) :午 前 10時 30分 開 会

開 催 場 所:野 田 市 保 健 セ ン タ 3 階 大 会 議 室

開 会

市 長 挨 拶

委 員 紹 介

議 事

会 長 副 会 長 の 選 出 に つ い て

会 議 録 等 の ム ジ へ の 掲 載 に つ い て

成 度 教 育 委 員 会 の 事 業 青 少 健 全 育 成

に 関 す る 取 組 に つ い て

成 度 青 少 健 全 育 成 の 取 組 に つ い て

そ の 他

閉 会

№ 配 資 料 一 覧

成 度 教 育 委 員 会 の 事 業 青 少 健 全 育 成 に 関 す る 取 組 に つ い て

成 度 青 少 健 全 育 成 の 取 組 に つ い て

(2)

教育委員会の事業

青少

健全育成に関する取組

について

青少

巻く社会情勢

く変化する中

青少

の健全育成及び非行

防止

図る

つの施策

推進い

青少

の健全育成活動の推進

青少

の非行防止及び環境浄化活動の推進

家庭教育学級の充実

度実施

諸事業

次の

青少

の健全育成活動の推進

○地区別懇談会の開催

地域社会の青少

育成機能の弱体化や青少

育成団体 の連携

どの

問題

解消する

各中学校区内

活動

ている育成団体等

一堂に会

子ども

の成長に関

情報交換や各団体間の事業調整

どについて連携

図るもの

実施状況

市内各中学校区に

いて

次の

地区別懇談会

開催

情報交換や

意見交換

行い

会議内容

青少

問題協議会

の報告

度青少

健全育成活動のテ

について

学校

団体

の連絡事項について

子ども安全情報の状況について

学校

地域

団体

の報告

各学校の今

度の取組状況

児童

生徒

の様子

瘡校

非行等

について

地域

団体

地域の子ども

の様子について

今後の取組についての意見交換

子ども

る時の

ンの作成について

(3)

2

団体

中学校区内の育成団体等

番号 地区名 第 回開催 第 回開催

1 関宿中学校区 月 日 月 日

2 二川中学校区 月 日 ―

3 木間ケ瀬中学校区 ― ―

4 川間中学校区 ― 月 日

5 北部中学校区 月 日 月 日

6 岩名中学校区 月 日 月 日

7 第一中学校区 月 日 月 日

8 第二中学校区 月 日 月 日

9 東部中学校区 月 日 ―

10 福田中学校区 月 日 月 日

11 南部中学校区 月 日 月 日

※記入の い学区について 会議の日程調整 つ 開催 て

(4)

の開催

土曜日に地域の教育力

活用

課外活動

行う

子ども

に体験

人間性の育成

共に規範意識

創出する

もの

実施状況

市内

会場

文化

芸術

体育の

土曜日の午前

青少

健全育成団体等の協力に

実施

生徒

齢の方々

交流

社会性や人間性

絶好の機会

のPR

相互の情報交換も兼

生徒

間行

活動成果

披露する

スタ

についても本日

日間

野田市郷土博物館

市民会館にて開催中

瘡録者数

29

1

21

日終了時

学校

中学校

合計

在籍児童 生徒

8,356

4,007

人 12,363

△26

瘡録者数

1,278

17

1,295

171

瘡録率

15.3

0.4

10.5

1.4

団体

団体等

団体

個人講師6

野田柔

野田市剣

連盟

NPO

野田

ク協会

ントンク

川間ジ

ントンク

中根ジ

ントンク

野田市

協会

野田現代邦楽

津久太鼓

野田市茶

協会

野田い

協会

野田日舞

連盟

横川礼法

もの学院

野田

碁会

日本将棋連盟関根金次郎支部

生涯学習

ンテ

の会

野田美術会

東京理科大

個人講師6

(5)

4

○柔剣

大会の開催

柔剣

て青少

の体

心身の錬成

青少

の健全

成に寄

する

目的

するもの

実施状況

野田市総合公園体育館に

いて開催

田柔

会及び野田市剣

連盟に

る模範演

の後

の部に

の部に

人の参加

部門別個人戦

団体戦

行わ

白熱

試合

団体

青少

相談員連絡協議会

青少

員連絡協議会

野田柔

野田市

連盟

中学校体育連盟

度も引

実施

○子ども釣大会の開催

時開催

い者釣大会

自然の中

の釣

体験

子ども

に社会活動

自然の大

教え

い者

健常者

の交流の場

福祉増進にも努

するもの

実施状況

6月

旧関宿ク

ンセンタ

調整池に

いて開催

の子ども

の参加

自然の中

親や

て大会関

者等

親睦

交流

い一日

子ども釣大会実行委員会

野田市釣会連合会

野田錦鯉

好会

野田市子ども会育成連絡協議会

いそ

動推進委員会

東葛

部土地改良区事務所

(6)

ども

の開催

子ども

良い

創造の文化

子ども

健全

地域社会

作るもの

実施状況

清水

学校に

いて開催

ども

実行委員会

構成する青少

健全育成団体

6団体

子ども

クシ

企画

子ども

の仲間作

や体験活動

地域や世代間の交流等

展開

人の子ども

保護者

い一日

団体

ども

実行委員会

野田市子ども会育成連絡協議会

野田市

スク

清水地区子

ども会連絡協議会

野田ス

ト連絡協議会

ト野田第

ト千葉県

野田市青少

相談員連絡協議会

田市民生委員児童委員協議会

野田

ンク

ン協会

野田地区更生保護女性会

野田市視覚

者協会

生涯学習

ンテ

の会

トく

中学校PTA連絡協議会

笑紫会

学区安全

トク

野田醤油一番隊

清水地区社会福祉協議会

クシ

ン参加協力

開会式

清水

学校吹奏楽部

獅子舞保存会

清水隊

一輪車

(7)

6

○少

野球教室の開催

市内の少

野球

ムの指

者及び子ども

対象に少

野球教室

開催する

生涯学習

ての地域ス

の振興

青少

の健全育成

図るもの

実施状況

野田市総合公園野球場に

いて開催

て招い

法政大学野球部真木

及び野球部員

野球

団体

中学校野球部

校の子ども

ム及び中学校野球部の 指

者6

の計

野球の指

普段

て接する機会の

い方

交流する

共に

野球

術の習得

規範意識の向

図る

団体

野田市少

野球連盟

営協力

ンテ

西武

千葉中

高等学校混成に

る吹奏楽部

ンス

西武

千葉高等学校野球部に

整備等

(8)

伝承講

の開催

世代間交流事業

中学校

会場に地域の育成者や関

団体の協力

得て

伝え

の文化や習慣

風俗

伝承する

世代間の交流

するもの

実施状況

学校支援地域本部

地域教育

の協働に

地域の人

紹介い

実施い

今回

日間

学校に

いて開催

対象に

野田市茶

協会の皆

に茶

の講義

実演体験に

る日本

人の心

礼法

実施

日に

トの会の皆

に千葉県の郷土料理

太巻

の体験

日本の食文化に関心

ても

共に世代間

の交流

特別支援学級の

保護者

対象に

開催

意義

団体

野田市茶

協会

会長

蓬莱

宗玲

トの会

代表

中野

満佐子

度も引

実施

○親子映画会の開催

親子の

あい

もに子どもの情操

養う

に実施するもの

実施状況

午後

野田市文化会館大

いて

開催する予定

スタジ

制作の大

怪盗

の第

作目

DVD

子の

あいの機会

子どもの情操教育

養うべく実施い

団体

野田市子ども会育成連絡協議会

(9)

8

○ジ

養成講習会の開催

子ども会の

ての役割や

野外活動等

習得

に実施するもの

実施状況

子ども会会員

現在

回中

回の講習会

終了

てい

その中

奥久慈県立自然公園

山本公園

日の

野外実習も実施

の育成

てい

団体

野田市子ども会育成連絡協議会

(10)

青少

の非行防止及び環境浄化活動の推進

○非行防止の

の街頭補

青少

の非行防止

図る

街頭補

積極的に行うもの

実施状況

青少

センタ

定期的に大型店

ムセンタ

等の街頭補

非行防止及び声掛

推進

青少

の合

地域の実態

考慮

集中的

街頭補

実施する

実施

ている県

一斉合

トロ

中央地域

夜間街頭補

列車補

駅周辺集中街頭補

も実施

街頭補

実施状況

成29 1月31日現在

補 時間帯

補 少 数 人 回 数 回

事者数 人

男 女 計

午前( 7時~11時) 12 7 19 292 683 午後(2時~5時) 12 13 25 300 751 夜間(6時~9時) 2 2 4 32 188

計 26 22 48 624 1,622

(11)

10

○環境浄化活動の実施

青少

の健全育成

阻害する

環境

浄化するもの

実施状況

青少

センタ

青少

青少

談員の

者合

る環境浄化活動

市内の電柱に貼

ている

撤去活動

実施

市内の状況

確認

実施

環境浄化活動

撤去

成28 12月17日実施

の撤去

回数

枚数

相談員

1

22

団体

野田市青少

員連絡協議会

野田市青少

相談員連絡協議会

(12)

○子ども安全情報の配信

学校や野田警察署

審者情報

家庭

学校

地域

連携

て児童生徒

犯罪

するもの

実施状況

審者情報

配信する

家庭

学校

地域

情報の共

童生徒の安全

安心に努

日現在の

子ども安全情報

の瘡録者数

度の

時期

比較

件の増

てい

次に

配信状況

度の

間配信件数

全部

露出

度6件

度の瘠生件数

く増加

ている

全体の配信件数

件増の

特に木間

瀬地域

件の

審者事案の内容や瘠生地域

一犯の

能性

高い事案

について

野田警察署に報告

早急に検挙

てい

トロ

の強

願いい

青少

健全育成団体

一堂に会する地区別懇談会及び地域

開催

る会議等に参加

てい

審者に遭遇

或い

審者

目撃

場合

警察署に

一報の

協力

参集の皆様方に

願い

啓瘠

子どもの安全情報

瘡録推進

月に入学する新

生の保護者に対

子ども安全情

報の配信状況及び加入

進の

の案内

学校

て入学説明会

等に配

入学予定者

瘡録者件数

情報配信数

(

)

日現在

(13)

12

○情報

に関する講演会

度青少

健全育成活動のテ

の一つ

ある

子ども

る社会環境

の推進活動事業

ンタ

特に携

帯電話

ォン等に

るもの

の危険性について

実際に自分の携

帯電話等

使い子ども

く利用

ている

トの実態

地域

家庭内

ンタ

ントロ

能力の向

目指すもの

実施状況

開催日

28

7

3

参加者

56

NPO

法人青少

研究協会

田真理子先生

第一部

齢化する

ンタ

ト利用問題

1.

ンタ

2.

ト利用問題の変化

病的

ト依存

3.

齢化するネ

ト利用問題

4.

す必要に

ンタ

ントロ

クシ

.

自分のス

使いVR

体験

.

ト端

利用

ゲーム機

の約束事について話

合う

子ども

利用

ているネ

ト情報の現状に触

大人

保護者

利用する子ども

に無関心

ト犯

々変化

対応

い現状

ンタ

ントロ

能力

の向

推進

啓瘠

市内の新中学

る生徒の保護者に対

ォン等

子どもに買い

える際の家庭

機能

の活用に関する

入学説明会等に学校

入学予定者

度も引

啓瘠及び大人の監視能力の向

図る

実施

※ ンタ ントロ 子どもに る ソ ンや携帯電話 どの情報通 信機器の利用 親が監視して制限す 取 組みの ある 最近 テ

(14)

家庭教育学級の充実

○家庭教育学級の開催

家庭や家族

巻く社会状況の変化の中

家庭の教育力の

指摘

ている

家庭教育の振興

目的

保護者

対象に家庭教

育に関する講

や講演

実施するもの

実施状況

■家庭教育学級の開催

幼児及び

学生の保護者

対象に

開設

家庭

の教育力の

図るもの

家庭教育学級の実施

学生の保護者

対象に

20

学校

つの

地域

に分

各公民館

45

回の講

実施

延べ

5,475

人の参加

幼児

の保護者

対象に中央公民館

関宿中央公民館

11

回の講

開設

延べ

262

人の参加

■就学時健康診断時家庭教育講演の開催

学校入学前児の保護者

対象に

家庭教育の必要性

理解

ても

もに

基本的生活習慣の啓瘠

図るもの

就学時健康診断時家庭教育講演の実施

学校

対象に計画

保護者に基本的生活習慣や入学

の心構え

等についての講演

実施

延べ参加者数

1,171

■出前家庭教育講演の開催

中学生の保護者

対象に

家庭教育のあ

親子の関わ

方や思春期の

子どもの健全育成

問題行動の防止等についての啓瘠

図るもの

出前家庭教育講演の実施

中学校行事

保護者

る機会

利用

て家庭教育のあ

親子

の関わ

方や思春期の子どもの健全育成

問題行動の防止等についての

講演会

実施

全中学校

対象に計画

川間中

学校

都合に

講演会の開催

10

実施

延べ参

加者数

1,411

(15)

1

度青少

健全育成の取組について

1 こ ま の経過につい

教育委員会 成 度 各中学校区に いて子どもの健全育成に 尽力

協力い いている団体の皆様に 集 い 青少 健全育成団体地区別懇談会

開催 てい す 懇談会 学校 家庭 地域に る子ども の様子や 各地域

実施 ている子ども の健全育成に わる事業 について 話 い 子どもの健

全育成に関する活動の現状や課題 どについての意見交換 行 てい す

成 度 地区別懇談会 の意見 も に青少 問題協議会 議論い い

内容 地域 家庭 学校に る青少 健全育成活動について 題 提案書 て

各地区別懇談会に いて提案 てい

成 度 地区別懇談会 出 意見 参考に 青少 の健全育成

活動 推進する の 青少 健全育成活動のテ 毎 見直 青少 問題

協議会に いて 審議い い 野田市全体の推進テ て各地区別懇談会に

報告 あ て地域の皆様に青少 の健全育成に向 ての更 る 協力 願い て

てい す

そ て 今 度の地区別懇談会 ス も度々取 沙汰 るい

瘡校 非行等の実態についても学校 話 い 現在の学校の状況 地域にや

てい い事 やるべ 事等 あ て 再確認する もに あい つ 声掛 等

推進する方法についても話 合い 今後の推進方策の手 も幾つ 見つ て て

い す

そう 中 見えて ているもの や 大人 保護者

の意識 高 地域も 一層良く 子ども も 一層健全に育つ いう

そ て そ 理想 く目標 て掲 家庭 学校 地域 団体等 青少 健全育

成の の活動 に盛 時に 相互に連携 的に取組 い

い いう 明 に て てい す

(16)

2 地区別懇談会からの意見につい

成 度の学校 家庭 地域に る子ども の様子 そ て学校 地域 団体

の青少 健全育成活動状況等 把握する 地区別懇談会 開催 学校 PTA

自 会 各種団体の代表者の方々 そ の青少 の健全育成 図る にど

取 組 日 どうい 感 考えに ているの 伺い

現在実施 ている活動 抱えている課題 地域の状況について様々 意見

そ 今回も の意見 成 度の青少 健全育成活動のテ に沿

て分類 整理い

マ1

学校

家庭

地域

あい

会話

推進

学校 市が流す 焼け 焼け 合図 家 帰 う指 してい す

暗 帰 う 声 掛けてい 繁に く う 学校に連絡 ても

て差 支え い 第一中学校区

昨 交法 改 自転車の安全 乗 方についての罰則 出来 学校 自

転車の乗 方の ンク ある 機会 見つ て 一生懸 や てい いている

一般 大人 方がル ル わ てい 関わ ル ル 無視して乗 てい 大

人が 手本 て いけ い 第一中学校区

最近 審者等 多いの 子 に声 掛 る方 少 く て ている

そうい 先生方 地域の方の努力 大 思う 私 も子ども 少 い

補 活動 や い いうの く 今後も引 活動 てい い 考えている

声掛け運動 犯罪 抑止力 の 今後も てい い 第 中学校区

心 育てる いう事 特にあい つ する う呼び て の 地域

方 あい が す いう報告 色々 形 い うに

先日 近所の方 う の妻にわ わ 声 掛 てい いて 中央 子

私 毎日あい して て 私 元気 え す 言 てい

い そう す 第 中学校区

防犯パトロ ル してい 時 気軽 声 掛け す 制服 脱 私 服 や 誘拐 ある 悪戯 い 事件 あるの 声 掛 い

(17)

3

地域 防犯 てい 方 知 いう意味 例え 何 の行 時 来てい

いて 紹 す いう も 先程の瘠言 て学校 そういう努力 くて い

いの あ いう 自分 思い 第 中学校区

声掛 するにも難 い 多々ある 通常 声掛け あ 互いが顔 憶え い

う て 大 考えてい すの 今後も子ども に愛ある声 掛 い

く う 願い い 川間中学校区

私ども ユニ ォ 着て そ 防犯ベスト 着てい の す 大人の方 す

う 苦労様 声 掛 てい る そ 当然 言え 当然 の も い

す ども 心して見てい 信頼 持 そうい もの い

言葉 掛 る い い 思う 関宿中学校区

時 時にス 公園 歩いてい す ども 子 大体あい し

す 大人 人 あい し い人がい 私も るべく 1人 誤解 女房 2人 歩いてい す ども 実際 うい ン 付 る

もいい も い 福田中学校区

学校 今 生活習慣 学習習慣 身 付け う いう 職員 合言

葉 して て あい 力 入 てい す 学習習慣の方も 人の話 く あ

る 本当の基本の す ども そ の や う いう事

生徒指 主任 中心 て生徒指 の方 毎回 職員 共通の理解 確認

進 ている 福田中学校区

岩 中地区別懇談会 あい し てい う いう あい 運動 言 してい 岩 中学校区

子 顔 憶えて え う 色々 顔 出す が大 思い す

岩 中学校区

マ2

地域

健全育成活動

推進

生 総合的学習の一環 シ 取 て 全校 落葉掃 朝 てい

校長 視点 す 学力が当然第一 が 子 が仲 汗 いて学校 綺 麗 してい いう そ が非常 す しい学び 自立へ 繋が の う

(18)

放課後 公園 子 多い そ 訳 く自転車の乗 方 悪い 散

す い 指摘 い 皆 うし 見掛け 場合 遠慮 注

意してい 学校に連絡 て てい い 第一中学校区

地域の 動会に 邪魔する 本校の生徒が役員 あ い 補助 して活動してい 景 い 見掛け うし 係わ 大 考える 第 中学校区

非常に豊 環境 川間地区にある 五駄 もあ 野田市 代表

する動物の宝庫 子 大人 巻 込 生物多様性 会議 いい す 環

境 が実現し いい 提案 てい いて終わ い 思い す 川間中学校区

今学校の図書館 いに う いう 地域 方 ボランテ

が入 て て 図書館 整備 て てい す 凄い 難い す

関宿中学校区

地域の自 会長 実行組合長 主体に畑の先生 や てい いてい す

陰様 木野崎地区 て 実情 実行組合長 行 すの い

す そのう の い 子 いう形もあ す 地域のど ど の

い 来ている や 学校 地域 人 繋が 場 いう が大

す 自 会もそう す ども 私も社会福祉協議会の方も わ てい すの

その中 も子 様々 ふ あい 場 セットして す 福田中学校区

図書ボランテ 方に来てい く うに て 子 がそ 方 接してい みてい す て いい関係が出来てい 感 てい 今 核家族化 増えて

生 親以 方 話す機会 いう 大変貴重 思 てい す 福田中学校区

岩 中 陰様 周 迎える

3 生 伝統芸能 大 してい い いう 学校生活 送 てい

(19)

5

社会環境

推進

審者情報について 明 時 詳細 聞 そ 警察に連絡 保護者

方 知 し 校内 ル 注意 呼び けてい 第一中学校区

保護者の方 ンテ の方に子 登 校 見 てい 中 自転車 無

灯火 あ 校時 歩行 仕方 いて 指摘 い いてい 子 全 いて地域 方 指摘 く いう事 大変 難い 話 の 々も

止 指 てい い 第一中学校区

音楽の演奏 ある 部活動に る 学校 交流 あ そういう中 子

地域 人 憶えてい け う いう 実践してい 互いに顔 憶え

あう事 子ども の安全に繋 る 考える 第 中学校区

毎日立哨い いてい 指 員 制服 着てい 子 朝認識す け 指 員 が制服 脱い う 顔 見えていて 姿 形が う い う あい し い いう があ み い す 第 中学校区

防犯 方 い い クラ 方 ベスト 腕章 け い してい いてい 子 心してあい が

活動服等 身 付けてい い時 多くの大人 声 掛 く 子 び

し 警戒し い が多々あ 川間中学校区

自転車通学 6割 いう 自転車 故が心配 大 故 いが し 接

触 故が 年 2件あ 交通 全教 実施し 全 いて呼び けてい

す 通学区 広い 見 ほう し 願いし す 川間中学校区

今 始 ても の 学生 中学生が何 時 合 校す い

う 試み て の 6月に 川中学校の近辺 ト 振

回 ている いう 審者 犯罪者 い いう事件 す

自 地域 い 学生 学年 子 顔 知 子 い すが 子 い いう 知 て 私 意義 あ の 思 てい す

関宿中学校区

一番いい 思うの ッ塚 学校区 高齢者 方が 時 散歩してい す あ

(20)

3 健全育成活動を進め 上 の 着目点

今 度の地区別懇談会等 の意見 見る 今後に向 ての新 取組 活動 行う

ント る う 意見 出 てい す

テ の 学校 家庭 地域 の あい つ 声 会話 の推進に関連

するもの て あい つの 要性 そ て 一部 推進 ているものの

家庭 地域 十分 ある いう

昨 地域全体 あい つ 声 会話 推進するにあ て 接する大人

安全 大人 見分 る ン る物 ン 腕章等 作る い 意

見について 今回の皆 の意見 必要 思う意見 目 悪用 る 心配 あ

る の意見 あ 引 検討 必要 の意見や子ども の交流に 地域の大人

子供 互いの顔 覚える 必要 の意見 あ

テ の 地域に る健全育成活動の推進 に関 て 地域の ベ

ントに 子ども 積極的に参加する う学校も地域も考え実施 ている そ て

単に参加する く 地域の方々 一緒に活動 子ども に色々 経験 踏

る 信 感 生 地域全体 活気あるもの る い 意見 い

テ の 子ども 安心 る社会環境 く につ て 子ども 犯

罪 事故等 る地域 連携 見 活動 引 必要 ある

も 大人 子供 の顔 つ 安全安心につ る 言 意見 あ

以 の 踏 え 来 度 別紙の つのテ 推進 ていく にい

■今回の地区別懇談会 見えて 健全育成活動 進 る の 着目

○あい 家庭 学校 勿論 地域内 絆 強

○学校 家庭 地域が連携し 大人が積極的 あい 声掛け す う推進す

○ 全 大人 サ ン いて 後 考え 共 あい 運動 推進し 全 心 地域環境 目指す

○子 地域 方々が色々 形 交流 深 互い 顔 知 が て 大

(21)

7

青少

健全育成活動のテ

青少年 健全育成活動 推進す 大人 意識改革並び 子 へ 見 が重要 あ いう考え 昨年 引 以 活動 年度 推進し す

学校・家庭・地域での

あいさ

・声

け・会話

の推進

地域に

健全育成活動の推進

子どもたち

安心で

社会環境

の推進

学校・家庭・地域での あいさ ・声 け・会話 の推進

次代 担う子ども 育 の 私 大人の責務 す 子育てや地域活動のあ

方について今一度見つ 直 大人 ての意識 高 親 も の事 地域の大

人 積極的に あい つ や 声 そ て 会話 実践 ていく 要

す 大人 家庭や学校そ て職場 あい つ そ 地域全体

広 明るく健全 地域社会 つくる う心掛 る必要 あ す

●家庭 全ての教育の出瘠 あ 規則 い生活 大 に 親 率先 てあ

い つ その日の出来事について話 する い 家庭環境 作る その中

子ども 家庭 の 社会 の 身に付 る う 家庭教

育 実践する

●学校 保護者 自 会 青少 育成団体 そ の 実情 理解 あい つ

声 動 一層推進する もに 子ども の行動に目 配 状況に

て 褒 る る い も実践する

● 地域全体 取組 あい つ 動 地域のスロ ガン て提唱 地域 ベ

ント等 行う際 あい つ 唱和する どの時間 設 地域全体 推進 てい

る 確認 啓瘠 ていく あ いそ 動推進委員会 実践 ている あ

いそ 動 千葉県 実施 ている 青少 健全に育てる 動 連携 図

推進する

(22)

地域に け 健全育成活動の推進

毎 各地域に いて 学校 PTA 青少 育成団体等 相互に連携 子ども

巻 込 事業 活瘠に展開 ている 以 に参加者 広 世代間のつ

のある地域 る う るネ トワ ク 活用 て 大人 子ども 多

くの方々 地域活動に参加 交流 深 る る う取 組 す

●地域の青少 健全育成に関する多様 意見に対応する 学校支援地域本部 公

民館 地域団体等 連携 情報 共 する もに 新 地域の取 組 に対

積極的に協力する

●地域行事 青少 の健全育成 結びつ る 各参加団体 の連携 密にする

もに 子ども 好奇心 持 て参加 る う 事 役割 える

●野田市に 他市に い歴 自然環境 ある そ 活用 野田の特色ある

地域行事 実施 子ども の郷土愛 育 伝統文化の 承そ て世代間の交流

明るい地域 く 目指す

●地区別懇談会 通 て 各団体の行事 教育委員会行事について周知 場合に

て 相互調整や情報交換 行う

子どもたち 安心で 社会環境 く の推進

携帯電話 ス ト ォン等の普及に 子ども 取 巻く環境 大 く変化

ンタ ネ トに るト 事件等 増えてい す 今 度 子ども の交

通事故 増えて 審者もその数 増加 て 相変わ 出没する い 状況

す 大人 う ト 事件 事故等 子ども る責任 あ す そ

の に ンタ ネ トの危険性について学 共に 交通安全 事故防止 審者

対策 非行防止等 様々 観 子ども 見 安心安全 社会環境 実現

る う取 組 す

● ンタ ネ トの危険性 保護者に周知 そ 日常生活の中 子ども に教育

する そ 家庭教育 実習 交え 講習会 実施 ていく 各青

少 健全育成団体等に対 ても 様に啓瘠するもの する

● 審者情報 配信する 子ども の安全安心 る の意識高 す

その効果 る メ 瘡録者 増える うPR活動に努 る

●地域安全 活用 事件 事故 非行防止等の見 活動 推進する

●青少 センタ 実施 ている トロ について 審者出没場所 時間帯の傾

向 び青少 の非行行動に対応 市内 トロ 臨機応変に実施する

(23)

9

青少

健全育成活動のテ

青少年 健全育成活動 推進す 大人 意識改革並び 子 へ 見 が重要 あ いう考え 昨年 引 以 活動 年度 推進し す

学校・家庭・地域での

あいさ

・声

け・会話

の推進

地域に

健全育成活動の推進

子どもたち

安心で

社会環境

の推進

学校・家庭・地域での あいさ ・声 け・会話 の推進

次代 担う子ども 育 の 私 大人の責務 す 子育てや地域活動のあ

方について今一度見つ 直 大人 ての意識 高 親 も の事 地域の大

人 積極的に あい つ や 声 そ て 会話 実践 ていく 要

す 大人 家庭や学校そ て職場 あい つ そ 地域全体

広 明るく健全 地域社会 つくる う心掛 る必要 あ す

●家庭 全ての教育の出瘠 ある 親 率先 てあい つ その日の出

来事について話 する い 家庭環境 作る その中 子ども 家庭

の 社会 の 身に付 る う 家庭教育 実践する

●学校 保護者 自 会 青少 育成団体 そ の実情 理解 あい つ

声 動 一層推進する もに 子どもの行動に目 配 状況に

て 褒 る る い も実践する

● 地域全体 取組 あい つ 動 地域のスロ ガン て提唱 地域 ベ

ント等 行う際 あい つ 唱和する どの時間 設 地域全体 推進 てい

る 確認 啓瘠 ていく あ いそ 動推進委員会 実践 ている あ

いそ 動 千葉県 実施 ている 青少 健全に育てる 動 連携 図

推進する

(24)

地域に け 健全育成活動の推進

毎 各地域に いて 学校 PTA 青少 育成団体等 相互に連携 子ども

巻 込 事業 活瘠に展開 ている 成 度も 以 に参加者 広

つ のある地域 る う るネ トワ ク 活用 て 大人 子ども

多くの方々 地域活動に参加 交流 深 る る う取 組 す

●地域の青少 健全育成に関する多様 意見に対応する 学校支援地域本部 公

民館 地域団体等 連携 情報 共 する もに 新 地域の取 組 に対

積極的に協力する

●地域行事 青少 の健全育成 結びつ る 各参加団体 の連携 密にする

もに 子ども 好奇心 持 て参加 る う 事 役割 える

●野田市に 他市に い歴 自然環境 ある そ 活用 野田の特色ある

地域行事 る 伝承講 実施 伝統文化の 承そ て世代間の交流

明るい地域 く 目指す

●地区別懇談会 通 て 各団体の行事 教育委員会行事について周知 場合に

て 相互調整や情報交換 行う

子どもたち 安心で 社会環境 く の推進

携帯電話 ス ト ォン等の普及に 子ども 取 巻く環境 大 く変化

ンタ ネ トに るト 事件等 増えてい す 今 度 子ども の交

通事故 増えて 審者もその数 減 ているものの 相変わ 出没する い

状況 す 大人 う ト 事件 事故等 子ども る責任 あ

す その に ンタ ネ トの危険性について学 共に 交通安全 事故防止

審者対策 非行防止等 様々 観 子ども 見 安心安全 社会環境 実

現する 目指 す

● ンタ ネ トの危険性 保護者に周知 そ 日常生活の中 子ども に教育

する そ 家庭教育 実習 交え 講習会 実施 ていく 各青

少 健全育成団体等に対 ても 様に啓瘠するもの する

● 審者情報 配信する 子ども の安全安心 る の意識高 す

その効果 る メ 瘡録者 増える うPR活動に努 る

●地域安全 活用 事件 事故 非行防止等の見 活動 推進する

●青少 センタ 実施 ている トロ について 審者出没場所 時間帯の傾

(25)

平成28年度 野田市子ども安全情報i

平成29年1月31日現在

種類別不審者情報件数

      こついて

子ども安全情報登録件数14,781件

子ども安全情報配信件数    34件

不審者の種類

分  類 平成28年度 平成27年度 平成26年度

刃物を持っている・脅される

刃物を持ち歩く・脅される  つけられる

f ※ 注1

2

強盗 強盗犯が逃走中・強盗に遭う

車1こ引き込まれる

車に引き込まれる・引き込

まれ ∼になる

2※ 注1 殴られる・蹴られる 殴られる・蹴られる

1

体の一部をつかむ・抱きつ く・はがいじめされる

1

5

1

倒され首を絞められる

体をつかまれる・倒される・

    触られる 倒される・倒されそうになる

2

2

体の一部を触る・押される

4

2

1

下半身を触らされる

液体等をかけられる スプレーを噴射される

追いかけられる・ついてこられる

2

4

3

追いかけられる

自転車・自動車で追いかけられる

2

下半身、全身露出

7

6

12

写真・映像を撮られる

1

不審者がうろついている

所持品を奪う

怒鳴る・声をかけられるなど

18

10

20

その他(道にロープを張る)

合  計

34

31

44

・平成27年度     ・平成26年度

※ 注1(10/20流山市〉  ※ 注1(6/17市原市)

        (7/25松戸市)

月別不審者情報件数

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計

平成28年度 5 4 4 2 0 6 6

4 2 34

平成27年度 4 1 4 2 0 3 2 4 2 1 4 4 31

平成26年度 4 3 7 8 1 2 1 8 4 1 3 2 44

9 8 7 6 5 4 3 2 1 0

発生件数 3年平均件数

一平成28年度

ごコ平成27年度

ロ平成26年度

+3年間平均

5 3.3 .7 4.3 ・ 5 0 6

弍汽ド

3 ジ

0.3

\ソ

10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月11月 12月 1月 2月 3月

(26)

発生時間別不審者情報件数

早∼6,

6∼8,

  ‖l l

8、∼]2,

←’

12∼16、

 タ方

16,∼18,

  間

181∼20、

 間

20、∼

合計

平成28年度 3 1 10 16 3 |

34

平成27年度 0 5 3 日 9 3 0 31

平成26年度 0 14 2 16 10 1 1 44

 発生件数       3年間平均件数

  16

  14

  12’

  6   4

     早朝    朝    午前    午後    夕方    夜間    夜間

     (∼6時)  (6∼8時)(8時∼12時)(12時∼16時X16時∼18時X18時∼20時)(20時∼)

発生曜日別不審者情報件数

■ ■ 平成28年度

E=コ平成27年度

[コ平成26年度

一醤一3年間平均

日曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 合 計 平成28年度 3 6 3 6 8 5 3 34

平成27年度 2 5 5 4 4 9 2 ’ 31 平成26年度 3 5 9 7 10 8 2 44 発生件数

 16  14  12  10

 8

 6

 4

 2

 0

    日曜日 月曜日

3年間平均件数

     8 7 6 5 4 3 2 1 0

■■ 平成28年度

【=コ平成27年度

=平成26年度

一翻一3年間平均

火曜日  水曜日  木曜日  金曜日  土曜日

(27)

発生地区別不審者情報件数

学校区 川間中 北部中 岩名中 東部中

中 二中 福田中 南部中 関宿中 二川中

木間ケ瀬

 中

市外 合計

平成28年度 0 5 3 5 8 1 0 7 0 1 4 0 34

平成27年度 0 6 3 2 3 1 2 11 0 2 0 1 31

平成26年度 3

11 4 1 9 4 5 2 1 0 2 2 44

発生件数

 12  10

 8

 6

 4

 2

 0

   竃竃㌦玩\s s

O

発生場所別不審者情報件数

3年間平均件数

    12

10 8 6 4 2

    0

■■ 平成28年度 =コ平成27年度 〔コ平成26年度

善3年間平均

シ玩輪㌦シ竃身

場 所 道路(学校近く) 道路〈住宅街〉

   ,田

畑1公風神社 1 い

道路(店舗前) 道路(工場脇)

公園 歩道橋 駐車場 池、空地、田畑

店舗内

建物内 神社

H28年度 5 18

4 4 0 2 0 1 0 0 0 34

H27年度 7

16 1 3 0 3 0 0 0 1 0 31

H26年度

14 16 7 2 0 4 0 董 0 0 0 44

20 18 16 14 12 10 8 6 4 2 0

件数

18

H

28年度

1616

14

口H

27年度

ロH

26年度

7 7 5 4 4 3 3 2 1 0   1   1 0 0 0  0  0 0      0

\:麟鷲:鱒ミ幾蔦べ這橋㍉

      ⑱獅

      匂6リ

辺㌔㌦㌦㌔

(28)

O

平成28年度不審者人物像

性別 男 女 不明

件数 34 0 0

年齢 20代前後 O代∼30 30才位 30才代 30代∼40代 40才位 40才代 40代∼50代 50才位 50代∼60代 不明

件数 2 4 4 2 6 4 2 0 2 2 6

行動手段 徒歩 麟云車 バイク 自動車 その他 不明

件数 22 10 0 2 0 0

口件数

不審者の行動手段

乙2

ロ件数

8

7

6

5

4

3

2

1

0 

1子

18

l l

i 8

亨 § 書 子

0

徒歩  自転車 バイク 自動車 その他 不明

不審者の年齢’

4

㌦.㍗㌧㌢醸㌦㍗㍗ピ㌧喝

(29)

 b 『 う 一

t t l

1

s t

l s

x [    r   _t 、

ウ いぷ1 ’ \山こ’ ㌧ ご

\. /ニー一

∫ち

d’

\\こζ

関痘三マ

駕〉

       寸

平成28年度 不審者発生場所(H29.1.31現在 34件)

簿’ 」・梧  I N x1         ノ

§

・轡7剰∼,

      競磯誌

      醸遼

       撫

\_:宝珠花

’ ∠㌔L

王螂

 }工己川1    )

 .」

   t       1

        パ

    〃卜

欝謙

工ヨ  ヨ{

,  仁 ・ツ寮        ノ     ノ       な

∫ i K\一 ㌔博 .一’ 一…

ノ ノ〉〆㌘

      ノ   z

・ 寧、/

\.秘\

ご恩s 董\\

  .羽嬰肺. “ −NS・A

バぬ  〆

  、長巷観吝\下一イ ノ… 藷。。這

ノ     ベ         に

i  1、 {

1長谷五

」滅㊦

 、一___k

文中kj i l 小

i ’

 ラ  r 之

や      ノ

・、慈  〆;㌢ :ξ一

\幾;ノ/>

1忘・諏.

      べら

い   一’ ㍗      ド        へ

 、

1’

.〆

 、    小泉

(  、  v−x

\ K −_);・一一、   ㌧

\〃    \ 」     、L

’tシ i 1  ・一       ;F倫‘多)

        ノパ     ・

        ノ 憲茸冶㌻1き\パ       \・4 s \wl

      “ “ Xv莚       ’ 薫

         膳裂ヅ

4酬蝶… /巨.

Figure

Updating...

References

Updating...

Related subjects :