全文

(1)

取 扱 説 明 書

シャット - オフ・バルブ

LVSO-202※シリ-ズ LVSH-20※※シリ-ズ HLS-20※Gシリーズ LVMH-20※※シリーズ HLM-20※Gシリーズ LVPH-20※※シリーズ HLP-20※Gシリーズ LVSW-20※Gシリーズ

冨士エンジニアリング株式会社

(2)

【概 要】

本バルブはソレノイド操作スプリングオフセット型二方向切換弁で“ゼロリーク”

の特許機構を持つ球状ポペット構造で圧力平衡・流体平衡構造、そして軸推力補償 構造の採用により圧油を完全に遮断“ゼロリーク”で、しかも静粛で安定した作動 が得られ、更に耐久性に富み、保守点検が容易である特徴を持っています。

【仕 様】

型 式 呼び径(口径) 最大流量 最大使用圧力

(ℓ/min) (MPa)

LVSO-202※-W※※ 02(1/4) 15 14

LVSH-202※-※※-※※ 02(1/4) 20 35

LVSH-203※-※※-※※ 03(3/8) 50 35

LVSH-204※-※※-※※ 04(1/2) 70 35

LVSH-206※-※※-※※ 06(3/4) 180 35

HLS-202G-※※ 02(1/4) 15 70

HLS-203G-※※ 03(3/8) 30 70

HLS-204G-※※ 04(1/2) 50 70

【作動原理】

本バルブは圧油がA→B、B→A何れの方向で仕様条件下で作動します。

特に本バルブは圧力平衡型球状スプ-ルである為、圧力及び流量に関係なく軸方向に 力が発生せず、シ-ト部についても球状スプ-ルの為、着座性及びシ-ト性が非常に 良く且つ耐久性は抜群に良好です。それはシ-ト力はスプリングの力のみでシ-ト しているためです。

【取扱方法】

1)

停電又はソレノイド焼損等の場合、ソレノイドケ-スの端にあるピンを押して 手動操作させることが可能です。ML付の場合、一般標準品は前述のように 手動操作が可能ですが、ロックしたい場合はML仕様にしなければなりません。

ロ ッ ク 方 法 は 、 ロ ック 用 ナ ッ ト を 回 し て 固 定し て 下 さ い 。 (時 計 方向 で ロッ ク 、 反 時 計方 向 で 解 除 ) M L 付 ソ レノ イ ド 使 用 の 場合 、 AC ・ DC ・ ウェ ッ ト型 と 異 な り ま すの で 特 に ロ ッ ク 状 態 を 確認 し て 操 作 し て 下 さ い。 但 し 、 D C ソレ ノ イ ド 及 び ノ -マ ル ・ オ - プ ン タ イ プ (A C ・ D C 共 ) は 、 押し ボ タ ン で は なく ネ ジ 方式のため特に操作方法に注意して下さい。

ウェット型 ドライ型AC ドライ型DC

矢印の丸い部分が手動操作用のピン押部です。

(3)

2)ソレノイドの結線方法

①ドライ型(交流)

ソレノイド型式:SM-4A-92.93・SM-6A-64

(製品型式例)

LVSH-202※-A※-※※

LVSH-203※-A※-※※

LVSH-204※-A※-※※

LVSH-206G- A※-※※

★リード線タイプ(SM-4A-92)は左図の 回路図通りに結線して下さい。

②-1ドライ型(交直変換) ②-2 ドライ型(直流)

ソレノイド型式:SMD-6A-97 ソレノイド型式:SMD-6A-96

(製品型式例)

LVSH-206G-D※-TB 以上-NO含む LVSW-20※G-D※-TB

★ 直 流 タ イ プ も 左 図 の 図 通 り に 結線して下さい。

注)DCソレノイドは全て2端子で 極性はありませんのでどちらの 端子に接続しても結構です。

(製品型式例)

LVSH-206G-A※D-TB HLS-203G-A※D-TB 200V 60Hz

100V 60Hz 200V 50Hz(220V 60Hz) 100V 50Hz(110V 60Hz)

赤 (200V)

青 (100V)

50Hz 60Hz COM

COM 50/60Hz この端子に結線して下さい

(4)

③ウェット型(交流・直流)

ソレノイド型式:AL-2・DL-2・WD-30C-16・WD-32C-22

④ウェット型(交直変換)

ソレノイド型式:ADL-2・WR-32C-12

(製品型式例)

LVSO-202※-WA※D LVSH-202※-WA※D LVSH-203※-WA※D LVSH-204※-WA※D HLS-202G-WA※D

以上-NO含む

注)DCソレノイドは全て2端子でどちらの端子に 接続しても結構です。極性はありません。

この端子に結線して下さい

COM

50/60Hz

ア ー ス

COM (DC) (AC)

50/60Hz

この端子に結線して下さい

ア ー ス

(製品型式例)

LVSO-202※-W※※

LVSH-202※-WD※ LVSH-202※-WD※X LVSH-203※-WD※ LVSH-203※-WD※X LVSH-204※-WD※ LVSH-204※-WD※X

以上-NO 含む

(5)

3)ML(マニュアル)付手動操作の方法

M L 付 手動 操 作 の 方 法 は 下記 の 通り 、 交流 (A C )ソ レノ イ ド、 直 流(D C)ソレ ノ イ ド、ウェットソレノイドは異なります。(下図参照)

①ACソレノイド

押釦を押すことによってバルブは開になり、

ロックしたい場合は、押釦を押した状態で ロック用ナットを右に回してロックして下さい

。操作終了後は必ず元の状態に戻して下さい。

②DCソレノイド(ドライ型)

手動操作用ネジを回す事によりバルブを開閉出 来ます。操作時、カバーと手動用操作ネジの間 にある六角ナットを取外し、手動用操作ネジで 操作を行って下さい。操作終了後は必ず六角ナ ットを元の状態に戻してロックして下さい。

③AC,DC,交直変換ソレノイド(ウェット型)

M L ナ ッ ト と 操 作 用 ネ ジ の 間 の ダ イ ス レ ッ ド と 六 角 ナ ッ ト を 取 り 外 し 、 手 動 操 作 用 ネ ジ で 手 動 操 作 を 行 っ て 下 さ い 。 操 作 終 了 後 は 必 ず ダ イ ス レ ッ ド と 六 角 ナ ッ ト を 元 の 状 態 に 戻 し て ロ ッ ク して下さい。

※MLナットの締付トルクについて ソレノイド AL・DL・ADL-2 W※-3※※

締付トルク 8N・m 12N・m

【分解方法】

1)ソレノイドケ-スの4本の十字穴付小ネジを弛めて、ソレノイドを取外します。

ウェット型ソレノイドの場合は、樹脂ナットを弛めソレノイドコイルを取出し、

プランジャ-を弛めて取外します。

2)ソレノイド取付の反対面にある六角穴付プラグを六角棒レンチで取外しスプリン グとスプリング受を取り出して下さい。

3)六角穴付ボルトを弛めてプレ-トを外します。

ロ ッ ク 用 ナ ッ ト

押 釦

手 動 操 作 用 ネ ジ

六 角 ナ ッ ト

カ バ ー

M L ナ ッ ト ダ イ ス レ ッ ド

手 動 操 作 用 ネ ジ 六 角 ナ ッ ト

(6)

【点検方法】

1)“Oリング”、バックアップリング及びシ-ルを確認して下さい。

2)ピストンの摺動面及びブッシュのアタリ具合を調べて下さい。

3)ブッシュも同様にピストンのアタリ具合を注意深く点検して下さい。

4)塵埃などの異物の混入により、上記シ-ト面及び摺動面に損傷が見られる 場合ありますので特に注意して下さい。

5)損傷していた場合はメーカーに依頼し修理して下さい。

【組立方法】

1)組立の際は必ず各部品を完全に洗浄して下さい。

2)“O”リング、パッキン等は傷を付けないよう部品に装着します。

3)ピストン、ブッシュ、スリ-ブは本体組込み前にシ-ト面に注意して一体化 して下さい。

4)組立の際は、先ずボデ-内にカ-トリッジ(ブッシュ、ピストン、スリ-ブ)

を装着し、次にパッキン→プレ-ト→パッキン→ソレノイドの順序で組立て 下さい。ウェット型ソレノイドの樹脂ナット締付トルクは型式がAL-2,DL-2 ADL-2は6.9Nm、W※-32C(-30C)は9.8Nmです(標準品)。

5)最後にソレノイド反対面の穴にスプリング受、スプリングの順に入れて六角穴付 プラグを締めて下さい。

6)以上で組立は完了しましたが必ずソレノイド端面のピンを手動操作し、スプール の動きに異常のないことを確認して下さい。

O - リ ン グ O - リ ン グ

バ ッ ク ア ッ プ リ ン グ

O - リ ン グ

バ ッ ク ア ッ プ リ ン グ

ピ ス ト ン

ス リ ー ブ ブ ッ シ ュ

ピ ス ト ン 抜 出 方 向

(7)

【取扱上の注意】

1)本バルブは塵埃等の異物により作動不良、性能不良が生じ易いので、作動油の 汚染には十分管理し定期的に点検して下さい。

2)ソレノイド結線時には電圧、電流、周波数に注意して下さい。

3)ソレノイド部分は出来るだけ、水分、湿気を避けて下さい。

4)不燃性作動油を御使用の場合は、“O”リング材質がフッ素ゴムになります。

5)一般作動油は油粘度ISOVG32、又は46を御使用下さい。

それ以外の油を使用する場合はご相談下さい。

6)ソレノイドの使用電圧範囲は定格電圧の±10%ですので、注意して 御使用下さい。

【お問い合せ先】

冨士エンジニアリング株式会社

TEL:0296-57-9977 FAX:0296-57-9862

平成24年 5月末日現 在

(8)

LVMHシリ-ズ (手動操作)

LVPHシリ-ズ (油空圧パイロット操作)

1.LVMHシリ-ズ及びLVPHシリ-ズの取扱いについては、LVSHシリ-ズと 操作方式のみ異なり、その原理は全く同様です。

仕様についてはLVSHを参照願います。

2.最も重要な部品であるカ-トリッジ(ピストンとスプ-ル)は全て互換性のあるもの で、分解、点検、組立方式及び注意事項についてもLVSHシリ-ズをご参照下さい 3.特にLVMHシリ-ズについては、レバ-方式のため省略します。

4.LVPHシリ-ズで相違点のみ下記します。

【LVPHに関して】

1)作動原理

油圧又は、空圧によりパイロットキャップ内のパイロットピストンが作動し、

更に、本体内ピストンが働きバルブの開閉を行なうものです。

2) 取扱方法

パイロットポ-ト及びドレンポ-トの配管をし、パイロット圧力範囲は最低 0.5MPa~最高14MPaで、ドレンポ-トには背圧0.07MPa以下に なるようにして下さい。

(回路例) (回路例)

LVPHシリーズ LVMHシリーズ

(9)

LVSWシリ-ズ (ダブルソレノイド操作)

【概 要・作動原理】

本バルブはダブルソレノイド操作デテント型二方向切換弁で“ゼロリーク”の特許 機構は弊社LVSHシリーズと全く同じでデテント方式の採用により省力化された 製品です。2個のソレノイドのON/OFFによりバルブは作動します。又、デテン ト構造の為、長時間通電の必要がありません。

【仕 様】

型 式 呼び径(口径) 最大流量 最大使用圧力

(ℓ/min) (MPa)

LVSW-202G-※※-※※ 02(1/4) 20 35

LVSW-203G-※※-※※ 03(3/8) 50 35

LVSW-204G-※※-※※ 04(1/2) 70 35

LVSW-206G-※※-※※ 06(3/4) 180 35

HLSW-202G-※※ 02(1/4) 15 70

HLSW-203G-※※ 03(3/8) 30 70

HLSW-204G-※※ 04(1/2) 50 70

【取扱方法】

Aポート側のソレノイドAONにてバルブ開、OFFにてその状態保持、Bポート 側ソレノイドBONにてバルブ閉になります。その他の取扱はLVSHシリーズの 説明書を参照して下さい。

(回路)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP